Global Ethics


終戦史をめぐる最大の難問に正面から挑んだ意欲的な研究 by limitlesslife
「1945 予定された敗戦」

ソ連を分析 終戦時の謎に迫る 小代有希子著

本書は、終戦史をめぐる最大の難問に正面から挑んだ意欲的な研究である。
その難問とは、日本の国家指導者たちは米国との直接交渉を回避しつつ、
なぜソ連を仲介者とした非現実的な和平交渉に執着したのか、である。

著者によれば、日本側はソ連が参戦すれば、戦後の東アジアで米ソの
対立が激化し、日本の戦略的地位が上昇することを見通していた。
だとするならば、ソ連参戦前に米国に降伏する事態は回避しなければならない。
そのため、日ソ交渉によってソ連の戦後構想を探りつつ、
米国との直接交渉を遅らせていた。

この魅力的な仮説を導き出すために著者が重視したのは、
東アジアにおけるソ連の影響力の大きさを冷静に再検証することである。
もう一つは、日本政府が入手していた情報、特にソ連に関する情報を
徹底的に分析することである。
これによって、日本側がかなり正確なソ連情報を入手していたことが
明らかにされていく。
この点に関する分析はまさに重層的であり、対ソ諜報(ちょうほう)活動だけで
なく、研究機関、雑誌や新聞によるソ連分析などにまで光が当てられている。

また、社会や文化の次元における分析も興味深い。
政府部内で、重要な情報がどこまで共有されていたのか、
その情報が政策決定過程に反映されていたのか、という問題に関しては、
いっそうの検証が必要だが、情報の持つ重要性を具体的に明らかにしたのは
本書の大きな貢献である。

歴史認識の問題も重要である。
本書によれば、米国の政策もあって、戦後の日本社会では
日中戦争・日ソ戦争の記憶、植民地帝国日本の記憶は抹消され、
日米戦争の記憶だけが正当性を獲得した。
しだいにアジアとの戦争の記憶もよみがえってはくるが、
日ソ戦争は忘れられたままだった。
著者は記憶の再構築のためには、日ソ戦争も包含した
「ユーラシア太平洋戦争」という捉え方を提唱する。
日本の歴史家の虚をつく新鮮な問題提起である。

(人文書院、3780円)
著者は2006年から日本大教授。専攻は歴史学。

=====【評】 吉田 裕 (一橋大学教授)====
信濃毎日新聞書評 2016年2月21日

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



「戦後レジーム」の正体と、現在にまで及ぶその影響の根源が実によく分かる本 by limitlesslife
(書評より)「戦後レジーム」の正体と、現在にまで及ぶその影響の根源が実によく分
かる本

著者は、昭和天皇や安保条約を中心とした多くの著者がある現代史家である。本書関連
では、すでに『昭和天皇・マッカーサー会見』(岩波書店)などがある。本書は、2014
年に完成・公開された『昭和天皇実録』を基本史料として丹念に読み込み、戦後史に果
たした昭和天皇の役割を検証したものである。著者の既著における仮説が検証されるな
ど、確実な史料により「戦後レジーム」の正体と、現在にまで及ぶその影響の根源が実
によく分かる。今後、いかなる戦後史の著者も本書を無視することはできないであろう

戦後における昭和天皇の二大危機として著者は、「天皇制廃止と戦犯報道」および「共
産主義の脅威」を挙げる。第一の危機「天皇制廃止と戦犯報道」ついて、昭和天皇の動
きは迅速だった。側近を使ってマッカーサーの意向を把握した上で、GHQが戦後日本を
統治するために天皇の存在が不可欠であることをマッカーサーに確認した。この過程が
帳に包まれたマッカーサーとの会見記録から浮かび上がってくる。これと同時に、天皇
を戦犯から免責し、東條首相以下に全責任を負わせることが確定的となった。また、憲
法改正も日本案を急ぎ準備し、それに飽き足らないGHQが最終案を急遽作成する過程で
、天皇の関与が明らかにされた。「象徴天皇制」は、天皇制を維持するための手段とし
て、昭和天皇も歓迎したのである。

第二の危機「共産主義の脅威」への天皇の対応も戦後日本の体制に決定的な役割を果た
した。共産主義の脅威への対応を名目に、講和後の日本に、米軍が「望むだけの軍隊を
、望む場所に、望むだけ駐留させる権利」(講和問題交渉開始前のダレスの発言)ため
の仕組みとして日米安全保障条約が講和とセットで締結される。改めて驚くのは、米軍
に日本を守ってもらう仕組みを昭和天皇が提案し、かつ沖縄を米軍に差し出す旨の発言
まで行っているのである。この旧安保条約には、日本国内で起きた内乱や騒乱の鎮圧に
米軍の出動を認める条項がある。つまり、共産主義の脅威に怯えた昭和天皇は、万一天
皇制廃止を掲げた内乱が起きた際には、米軍に守ってもらうことまで想定していたので
ある。この天皇の意向は、米軍基地の約75%が国土のわずか0.6%の沖縄に集中し、ま
た辺野古基地新設問題として、戦後70年の現在も沖縄の人々を苦しめている。

評者は、本書で「戦後レジーム」の正体を知り、衝撃を新たにした。戦前の「国体」(
天皇を神と崇める国家体制)が、戦後は「安保国体」(日米安保条約・対米従属で天皇
を守る国家体制)になったと著者は総括する。「安保国体」とは、政治家・官僚・マス
コミ・財界の対米従属の深さの淵源でもあり、「官僚主権国家」の別名でもある。「安
保国体」をキーワードにすると、安保法制・TPP参加・原発再稼働・消費税増税などの
政策を安倍政権が推し進める理由が実によく理解できる。

本書は、「押しつけ憲法論」や「東京裁判史観」の虚妄さも鋭く指摘している。本書が
実証した通り、現憲法は民主的な自主憲法作成の能力がない当時の政治家にあきれ果て
たマッカーサーが、天皇の支援の下で作成したものであり、また東京裁判は天皇の免責
と引き換えにA級戦犯に全責任を押しつけたものである。「押しつけ憲法論」や「東京
裁判史観」論者たちは、本書が明らかにした経緯を読み、どのように考えるのであろう
か。

「昭和天皇の戦後日本」――〈憲法・安保体制〉にいたる道
豊下 楢彦

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



朝河貫一 by limitlesslife
October 6, 2015, 12:34 am
Filed under: 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・)
朝河貫一からのメッセージ <上>
日本の精神的危機とアジア太平洋戦争
http://mediajuku.com/?p=2686

朝河貫一からのメッセージ <下>
天皇制度と「民主主義」の共存
http://mediajuku.com/?p=2765

「朝河は日露戦争に勝利した後の日本国家のありように警鐘を鳴らす書『日本の危機』
を著し、日露戦争後に『変われなかった』日本が進んでいくであろう道を、正確に予測
していた。『変われなかった』ことで、起きてしまった今回の大事故に、日本は今後ど
う対応し、どう変わっていくのか。これを世界は厳しく注視している」

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



70年談話は“私的見解”に 「安保」狂い生じた安倍首相の窮地 by limitlesslife
June 23, 2015, 10:33 pm
Filed under: 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノクー, アベノミクス=ダメノミクス, アベノミス, イスラーム国(ISIS, オスプレイ, カジノ(賭博、破産、破壊、・・・), ジュゴン, バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, ヘイトスピーチ(錯誤・差別・殺戮・・・), マスコミ(第四権力), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 砂川事件(判決、憲法違反、司法権放棄、・・・), 社会保障(切り捨て、負担増、給付減、・・・), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(不振、不正、崩壊、・・・), 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 首相不信任, 読売新聞(黄泉売り?オマル売り?・・・), 軍産複合体, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), TPP, 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地位協定, 基地, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍晋三, 安保法案(戦争法案、・・・), 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 拉致(誘拐、・・・), 放射線汚染・被曝, 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日本(投売り、評価低下、資産低下、・・・), 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 枠組転換(金字塔から命帝網へ、・・・), 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 権利(侵害), 権力, 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 沖縄, 河野談話, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 信>食>兵

  安倍首相がいよいよ追い詰められてきた。戦後70年談話を「閣議決定」しない方向で調整に入ったという。日本政府の公式見解ではなく安倍首相“個人”の見解ということにすれば、過去の植民地支配への謝罪などを盛り込まなくて済む――ということらしい。なんとも姑息な発想だが、こうした“奇策”が出てくるのは、安保法案の審議で、安倍首相の描いたスケジュールが大きく狂った焦りの裏返しだ。

「もともと70年談話は、必ず出さなくてはいけないものでも何でもなかった。しかし、安倍さんは戦後50年の村山談話の謝罪イメージを上書きして薄めたいことに加え、小泉元首相が60年談話を出していることへの対抗心もあって、70年談話に固執した。こんなことになるなら、出すなんて言わなきゃよかったんです」(自民党関係者)

安倍首相の当初の想定では、70年談話を出す「終戦の日」(8月15日)までに安保法案を成立させるはずだった。いわゆる「戦争法案」の審議中に謝罪ナシの談話を出せば、中韓の反発は必至で、そのハレーションが審議に影響するのは確実。そこで、安倍首相は橋下徹大阪市長を利用してでも維新を取り込んで、早期の安保法案成立を目指した。

 しかし、安保法制の維新の対案は政府案と離れすぎていて、スンナリ修正というわけにはいかない。そのうえ、そもそも衆院審議はいまだ51時間にとどまり、今月中の衆院通過は物理的にもムリ。どうあがいても8月15日以前の成立は不可能となったのだ。

結局、会期延長は8月15日を越え、衆院での再可決の60日ルールを見込んだ9月下旬までの大幅延長となった。

政治評論家の野上忠興氏がこう言う。

「70年談話を『私的見解』にすることを検討していると知り、またか、と思いましたよ。安倍さんはいつも威勢のいいことをブチ上げて、都合が悪くなると、裏口からコソコソ逃げるようなやり方をとる。憲法改正の発議に衆参それぞれ3分の2以上の賛成を必要としている憲法96条の見直しも尻すぼみ。憲法改正そのものも解釈変更でごまかす。全員を返すと宣言した北朝鮮拉致問題も何も動いていません。いずれにしても、『安保法制は違憲だ』と憲法学者3人が国会で断言したのをきっかけに、潮目が変わり、安倍首相の工程表はことごとく崩れた。順調に航路を進んできたつもりでしょうが、ここへ来て、急速に舵が重くなり、絡まり始めたように思います」

「違憲」の声の拡大で支持率が下落し、安倍首相はイライラが募っているという。安保審議が9月まで長引けば、安倍首相のデタラメ答弁はますます強調され、支持率がさらにガタ落ちする可能性は高い。最近、国会の審議途中にトイレに立つ回数が増えているという。安倍首相は窮地に立たされた。

____________
コメント:赤字ブロガー:裏口入学・裏口卒業?! 金権(死の商人)オトモダチ内閣!? 戦争・基地・原発(原爆)・TPP・労働・増税・財政・バブル・アベコベ・アベノミス・アベノクー!? 私見・私利・私(死)欲で国民・国際・衆生・生系の差別・搾取・殺戮・破壊!?


北朝鮮のような国になってしまう、、、キム家と安倍家が一緒になっちゃう by limitlesslife
「恐ろしいのは、安保法制のような憲法違反がまかり通ると、憲法に従って政治を行う
というルールがなくなり、北朝鮮のような国になってしまうことです。キム家と安倍家
が一緒になっちゃう。それは絶対阻止しなければいけない。安倍さんのいうとおりにし
たら、日本の自衛隊はアメリカの軍隊の“二軍”になるだけで、何ひとついいことはな
い。だから、安保法制は撤回すべきで、撤回しないならば選挙で倒すべきです」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/160828/1



朝日放送おはようコール 二木啓考が戦争準備法案を語る by limitlesslife
June 11, 2015, 7:31 am
Filed under: アベノミクス=ダメノミクス, アベノミス, アメリカ合衆国(米国), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, 生態系(生命系、命連鎖、命帝網、・・・), 真理:平和:非虚偽:非暴力:非人為:非権力, 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 金字塔文明, 金権、, 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 首相不信任, 農業・食料・環境, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), TPP(自由貿易?), 利己主義, 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 地位協定, 基地, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍晋三, 安保法案(戦争法案、・・・), 帝国支配(米国支配), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争犯罪人(戦争裁判、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 朝日新聞, 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 沖縄, 河野談話, 三権分立(立法・行政・司法), 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 信>食>兵
 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は
ジャーナリストの二木啓考さんのお話でした。
今朝の朝刊は、朝日は派遣法改悪、読売は経済財政会議、産経も骨太の方針、毎日
は戦争法案の憲法問題、日経はゆうちょ銀行です。

その、戦争準備法案((c)牧太郎さん)、憲法学者3人が全員違憲と語り雲行きが怪
しくなり、昨日の委員会で、菅干渉長官((c)やくみつるさん)、辻元氏に一杯賛成
の学者の名前を挙げろと言われて、言えず、数ではないと開き直りです。
そして、2週間での採決は困難として、二木さん、子どものやり方と同じと語ら
れ、国会は安倍自民のイケイケから潮目が変わり、この違憲問題で、自民の呼んだ人
が違憲といい、法案が憲法違反となった+年金問題(125万件漏洩、マイナンバー制
度も不透明)+世論調査で反対多数、説明が十分でないが81%で、谷垣氏も説明不足
を認めて、安倍氏と谷垣氏、24日までに収まらないと、延長するとしたものの、今の
24日までの審議で、野党は90時間審議せよとして、安倍総理に夏休みもなくなり、1
か月~9月まで下手したら国会は伸びて、数で強行できても、今やったら大騒ぎにな
り、会期が伸びる=衆院通過が7月下旬になり、安倍政権、調子がよかったのに風向
きが変わり、これからどうなるか、注目と言われました。

山口での障碍者施設での虐待事件、元職員が、映像が決め手となり逮捕です。下関
市には内部告発もあり、福祉施設での虐待は2013年度で266件、これは発覚したもの
だけで実際はその4倍、二木さん、下関市は本気で解決せず1年放置し、テレビでの告
発で動き、前提として、この施設は障碍者就労施設、親御さんには子供より早くなく
なるので、子どもの自立をさせるもので、他に行くところはないのに、これでは暴力
団で、行政が放置し、下関市、障碍者施設の認定を取り消すというものの、行政がお
粗末で、もう一度全部やり直すべきと言われました。

高層マンションから水の入ったペットボトルを落としていた少年が逮捕され、二木
さん、2kgのダンベルが落ちたようなものと語られ、女性がケガして、妊娠していた
もの胎児は無事で、上を見て歩かず、何度もやっており、命にかかわり、人間は善意
で暮らしているが、こういう悪意には対処できないと言われました。

また、97年の神戸事件の少年Aが手記出版で、二木さん、この本が出ることは3か
月前から話題になり、どこの出版社かと疑心暗鬼になり、結局太田出版であったもの
の、被害者遺族には、ちゃんと謝罪もなく問題だと言われました。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

_______________________
コメント:アベノミックスがアベノミックスアップ・アベノミス・アベコベ心臓・アベノクーになり安倍・政権・自公まで見放されるでしょう。そもそも個人的偏見・執着の岸戦犯容疑(憲法改悪)・佐藤安保失脚・安倍晋太郎コンプレックス・本人名利欲から国民庶民・世界市民・一切衆生・自然環境を(その錯誤・束縛から)差別・搾取・殺戮も構わない小我・小見から我利我利亡者ぶりを通そうとしてきたが、憲法三原則破壊・原発再稼動・辺野古強行・TPP強行・選挙制度無視・庶民生活無視・差別無視など事大主義・時代錯誤・未来盲目・金字塔強行・金万能主義・死の政商など先進者・知識人・良識派から反対されていたが憲法破壊クーデターが庶民にも判り始めたのであろう。そもそも「戦争」を決してしない為に造った憲法を、自民が曲解・強行してきた憲法ぎりぎりを、もはや超えられぬ一線を越えようとするのだから、国民・国家への反逆・クーデターである。戦争は人類史の千分の一の極最近の金字塔墓場文明の異常事態であり、本来は平和・融和・大和が日本・東洋・仏教・生命の精髄であり、安倍・安倍政権はアベコベをごり押ししようと言うのである。憲法は武力・軍隊・戦争を完全に否定・放棄して智慧・(布施・友愛・信頼としての)産業・平和を貫徹しようと決意したものである(下記ご精読を乞う:全世界の国民が、等しく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する:戦争の悲惨・被害を日本人だけでなく誰にも蒙らせないのである。)。

憲法前文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。



毎日放送VOICE 玉本英子 イスラム国報告 by limitlesslife
 永岡です、毎日放送テレビのニュース「VOICE」に、アジアプレスのジャーナ
リスト、玉本英子さんが出られて、イスラム国の報告をされました。
玉本さん、イラクで取材され、イスラム国は勢力を伸ばし、イスラム国は様々な国
籍の人間がいるものの、モスルでは8割が地元の人です。
イスラム国は地元民を拉致し、奴隷のように扱い、他方、戦闘員は、イラク人でそ
うなった人には、3日働き3日休みで、建設業の倍の給料を払い、これ目当てに、貧し
い人がイスラム国の戦闘員になります。
イスラム教以外の人を、イスラム教にして、解放させると、元戦闘員は語り、ま
た、子どもも迫害され、子ども同士を争わせるものです。
イスラム国に、ヤズディの子供たちが拉致され、戦闘員にされています。イスラム
教に改宗させられ、そして、子どもたちは、ヨルダン人パイロット殺害の映像も見せ
られ、子どもたちの一部は脱出したものの、まだたくさんいて、イスラム国への嫌悪
を語ります。
玉本さん、脱出した少年は、弟、母と脱出したと報告され、地元のシリアの人たち
の協力があり、イスラム国に参加しないでほしいと訴え、武力でイスラム国を追い出
しても、イスラム国やそれに準ずるものが武力で仕返しする危険性もあるのです。
元戦闘員は、日本人を殺せと言われたらどうするかと玉本さんに聞かれて、イスラ
ム教なら殺さず、日本人が仏教徒と聞くと、信仰していないという反応でした。
しかし、今もイスラム国は拡大が懸念され、場所により異なるものの、イラクで戦
闘が続いているのです。
毎日新聞の由良正男さん、日本に何ができるかと聞かれて、玉本さん、ここで何が
起こっているかをちゃんと知るべき、状況は厳しいと言われました。
玉本さん、イスラム国の支配地域には入れないが、のがれた人たちを取材したいと
言われました。
由良さん、玉本さんの活動に、敬意を表されました。以上、玉本さんの報告でし
た。

さらに、世論調査で、戦争準備法案((c)牧太郎さん)について、反対が賛成を大
きく上回り、そして、先日新宿で説明した谷垣氏は、市民に帰れと怒鳴られました
(テレビでは報じられませんが、谷垣氏、20分でトンズラと、日刊スポーツの記事が
ありました)。
これについて由良さん、先週の憲法調査会で潮目が変わり、安倍政権は今月中の衆
院通過は困難になったものの、強行採決される可能性もあり、自民の良識派は、少な
いが、良識を見せてほしいと言われました。

そして、奨学金のこと、先日の放送は大変な反響で、姫路の酒屋さん(50歳)、85
年に東京の大学へ通い、その際は親の仕送りがあったものの、酒屋さんの売り上げは
この10年で半減し、娘さんが地元の県立大学に通うのに、奨学金を借りざるを得なく
なり、しかしその返済に長い年月がかかることを懸念され、奨学金の世代間格差を語
られました。
学費は高騰し、そして親の収入は減り、学生の過半数が奨学金を借り、対策をして
いる弁護士さんは、これではサラ金だと言われます。

日本は、学生さんが安心して勉強もできない始末で、これで日本を戦争に向かわせ
る安倍政権こそ、売国奴でしょう、以上、VOICEの内容でした。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

________________
コメント:自公に良識なければ政権は任せられない、自滅するのみ。