Global Ethics


by limitlesslife

伊藤惇夫が主権回復の日とネット選挙を語る

宇宙保護法はクシニッチ議員ひとりが賛成 – kei2 
2013/04/29 (Mon) 06:28:46
 イラク戦争の時のブッシュ息子大統領を批判するクシにっちし
http://blog.goo.ne.jp/arai647/e/0bb31d5500b8f0354d9e9d84c0ad098f

オレゴン州選出民主党下院議員クシニッチ氏は川田龍平議員が米国を訪問した時に日本の健康保険は素晴らしいから維持するようにと言った話が川田議員のブログで読んだことがありますが、彼の感性は米国の本当の一部の人にしか伝わっていないと感じます。宇宙を守らねばならないというのは米国の軍事 宇宙開発など 世界を支配しているからです。
こういったことをまともに情報拡散出来る人は少ないです。
日本ならジェイさん 神と悪魔の狭間で ブログなど。

http://homepage3.nifty.com/gaia-as/Chemtrail.Amy.html

開発中の新たな「死のテクノロジー」については、2001年にオハイオ州のデニス・クシニッチ下院議員が提出した「宇宙保護法」の中に垣間見ることができる。この法令は不成立に終わったが、次のような兵器を宇宙に配備することを禁止しようとするものであった4。

* 電子工学・意識工学・情報兵器

* 高空超低周波兵器

* プラズマ・電磁・音波または超音波兵器

* レーザー兵器

* 戦略・戦域・戦術または地球圏外兵器

* 生物化学・環境気候操作または地殻操作兵器

* ケムトレイル(この項目は、後の版では削除されている。強要されたことがうかがえる。)

戦争を絶え間なく供給する者たち は、「殺りく連鎖」の中で勝者であり続けるため、肺を詰まらせるような微粒子やポリマーを用いて、地球に生命をもたらす日光を意図的に薄暗くし5、大気の透明度を低下させてきた6。この環境テロによって人々の健康状態が深刻に悪化したことは、何千もの証言で立証されている。この壊滅的な大気の悪化に関し、その情報と停止を求めて、国会議員、マスメディア、および軍当局者に対し、何年にもわたって集団で訴えてきたが、彼らは官僚的で聞く耳を持っていない。「内情に通じている」者たちは、国家機密保護法によって口封じされており、また国民には国家機密に関する事柄に挑む権限がない。そのため、私たちに起こっていることに対する一般国民の認識は、依然として頭上の空と同じくらいどんよ りしたままである。そんな状況の中、これまでに分かっているのは、次のようなことである。

1.エアロゾル・プロジェクトの少なくとも一部は、その多面性から「クローバーリーフ(クローバーの葉)」作戦と呼ばれている7。この作戦には、気象改変、軍事通信、宇宙兵器開発、オゾンと地球温暖化調査、そして生物兵器とその検出テストなどが含まれる。

2.航空機から何トンもの微粒子状物質を散布することにより、大気が高帯電の導電性プラズマになる8。これは軍事プロジェクトにおいて非常に有用である。私たちが呼吸する空気には、アスベストほどのサイズの合成繊維、そしてバリウム塩、アルミニウム、そして(伝えられるところによると)放射性トリウムなどの有毒金属がた っぷり含まれている9。これらの物質は、軍のレーダーや電波の伝導性を高める効果のある電解質として機能する10。大気中のバリウムは、ヒ素と同等の毒性があり、人体の免疫系を抑制することが証明されており11、また心臓を含む、人体の筋力を弱める12。体内に吸い込んだアルミニウムは脳に直行し、脳組織に酸化ストレスを引き起こし、神経原線維がもつれてアルツハイマー病のような症状を引き起こす原因となることが医療専門家によって確認されている13。また、放射性トリウムは、白血病やその他のガンの原因となることが知られている14。

3.軍の行う数々の大気改変プロジェクトのうち、明白に見えるものは、ほんの一部に過ぎない。しかし私たちの目に見えないものも同様に危険である。 電離層や地球とその住人は絶えず高周波マイクロ波の襲撃に曝されている。それを、帯電した大気を人為的に操作し、気象改変、情報収集、そして(地震を引き起こす)地殻変動兵器などに利用しているためである15。ケムトレイルを独自に調査しているクリフォード・カーニコム氏によると、私たちは絶えず4ヘルツの倍数で振動する極超低周波(ELF)に曝されていることがわかっている。この周波数は、人体の生体機能および精神機能に大きな影響を及ぼすことが知られている16。

4.継続的に行われている数々の大気実験に生物学的要素があることは文書で十分立証されている。これらの実験では、ウイルス、バクテリア、菌類、マイコプラズマ、乾燥血球、そして特異な生物学的マーカーなどを混 合したものを、特別に設計された散布システムを使って複数の国や地域に密かに散布し、それに対するヒトや動植物の反応を調査しているのである17。

5.このような非人道的な生化学プロジェクトを実行しているのは、複数の機関からなる巨大組織である。これには、アメリカ国防総省(DOD)とその研究機関のDARPA(国防総省国防高等研究事業局)、そして国立研究機関や大学から成る巨大ネットワークを持つエネルギー省が含まれる。民間の防衛関係会社や製薬会社もこのプロジェクトに深く関わっている18。また、プロジェクトに協調する他国政府や、おそらく国連機関の一部も共謀していると思われる。なぜなら、このエアロゾル・プロジェクトは地球全体が対象範囲となっているからである。

化学物質や電磁波によるこのひどい汚染は、私達のおぞましき現実のほんの一部に過ぎない。厚かましくも、自分達の権力や利益のために空や気象・気候を悪用している反社会的行為者たちは、1991年以来4回の限定核戦争を遂行してきた同一の「狂人」たちなのである。放射能兵器が違法で社会的倫理に反していることは全ての文明国が断言しているが、米軍は、「砂漠の嵐」作戦(湾岸戦争)、バルカン半島での軍事行動、そして現在進行中のアフガニスタンとイラクへの侵略戦争においてその放射能兵器を使用しているのである。しかし、この地球上でアメリカの名において行われている大虐殺が、どれほどの規模のものかを正確に理解しているアメリカ人はほとんどいない。

いわゆる「対テ ロ戦争」において、イラクとアフガニスタンに対し米英軍が放ったミサイル、戦車貫通弾、バンカーバスター弾は、科学的には「核兵器」と定義されるものである19。核兵器からの排出物は消散することなく大気中に留まり、その先45億年間も、あらゆる生体に対して生物毒性、突然変異性、発ガン性を与え続ける。

米軍によって新たに「開放された」2国の住民は、放射能と重金属の毒で今徐々に命が失われようとしている。米軍がアフガニスタンで使用した兵器によって、その地の人々の体内に、かつてないほど高濃度の非劣化ウランアイソトープが取り込まれた20。使用された何トンもの劣化・非劣化ウランはその地の土壌、大気、食糧、水系を汚染し、住民は苦しみながら死んでいくこととなる。原 子物理学者ローレン・モレがイギリス原子力公社(UKAEA)のデータを用いて算出したところ、1991年と2003年にイラクで使用された2,500トン以上の劣化ウランは、2500万人の新たなガン患者を生み出すのに十分な量であったという21。CIAによるとイラクの人口は2500万人ということだが、これは偶然の一致であろうか?

Re: 宇宙保護法はクシニッチ議員ひとりが賛成 – kei2 
2013/04/29 (Mon) 06:35:59
 使用された何トンもの劣化・非劣化ウラン・・
劣化ウランは原発の副産物でもあります。日本国内には劣化ウランの貯蔵所は各地にあります。http://sekaitabi.com/uraniumjp.html
2013年4月29日(月 )の空模様(観測投稿スレ) – – kei2 
2013/04/29 (Mon) 05:06:01
 本日のケムトレイル目撃情報や雲の様子などは、こちらのスレッドに投稿してください。
目撃した[地域]なども大まかで結構ですので書き込んでいただけると助かります。

以前の目撃や何日かまとめてのご報告もこちらへどうぞ。
こちらの枠中の【返信】をクリックすると、この下へ書き込み出きます。
(*゜∇^*)ノ~よろしくおねがいします。

ただ今 1244441

Re: 2013年4月29日(月 )の空模様(観測投稿スレ) – MR.T 
2013/04/29 (Mon) 05:36:00
 おはようございます!粉っぽいですね。
Re: 2013年4月29日(月 )の空模様(観測投稿スレ) – – kei2 
2013/04/29 (Mon) 06:20:38
 http://tentohiroba.tumblr.com/
http://www.youtube.com/watch?v=5OvuXb4wdvQ
http://www.youtube.com/watch?v=jFs9MBV1ZMI

沢田研二さんのfriday Voice 金曜日の声 脱原発広場とともに。

この国から全ての原発と米軍基地が撤去されるように願います。しかし自主防衛と重なりますから、どうあるべきかは意見が分かれます。

アジアに緊張をもたらすことのないように。資本主義経済をとりいれている中国、世襲の北朝鮮、社会主義国は形が違うと思いますね。

日本が普通の人々が心豊かに暮らせる国になるように。願いばかりで朝が来る。

写真は近くの空き地。この花名前しりませんか?昔はなかった。ひめじょおんと一緒に写しました。

Advertisements