Global Ethics


(沖縄)基地映画、反米のレッテル 戦後70年・第4部 by limitlesslife

2015年6月7日05時00分

 基地の記憶を残そうとする試みはあった。

《事件を埋もれさせてはならないという気持ちから(略)書いた》

作家の松本清張が著書を手に語るシーンから始まる。小説「黒地の絵」の映画化に向けて、1984年に書かれた脚本だ。故郷・北九州市の市立松本清張記念館に保管されている。

作品は、武装した黒人米兵らが福岡県小倉市(現・北九州市)内の兵舎から集団脱走した50年の事件を描いた。住宅街で略奪や傷害、強姦(ごうかん)。米軍占領下で警察は捜査できず、新聞はまともに報じなかった。

現場の数百メートル先に清張の当時の自宅があった。53年に上京した清張は、事件が知られていないことにショックを受けて取材を開始。58年に小説を発表した。

78年には映画プロダクションを設立。黒澤明熊井啓らが映画化に意欲を示したが、幻に終わった。その理由を、清張は後に振り返った。「反米的、反戦的である内容とアメリカの人種差別問題を含んでいることなどによると思う」

封切り前日に突然、公開が見送られた映画がある。富士山麓(さんろく)の米軍基地をテーマに東宝が53年に制作した「赤線基地」。監督は谷口千吉。主演は三國連太郎。54年に「ゴジラ」を生む田中友幸がプロデューサーをつとめた意欲作だった。

谷口の手記によると、試写を見た米国人記者らが「反米」と批判。その後、見送りが決まった。《誰を非難し誰に抗議するというものではありません》。約2カ月遅れで公開された作品の冒頭に字幕を入れた。映画研究が専門で、「赤線基地」を調べた立教大教授の中村秀之(59)は「大手が基地を取り上げた映画はほとんどない」と言う。

■50年代本土、「撤去」の渦

50年、9歳の女の子が海水浴中に米軍の機銃弾を受けて死亡(茨城県)。52年、住民4人が米軍機の墜落で死亡(埼玉県)。53年、19歳の女性が米兵に暴行される(新潟県)――。

防衛省によると、52~59年度の米軍人らによる事件・事故の死者数(沖縄を除く)は、583人に上る。

「県民感情からして耐えがたい」「米軍駐留はやむを得ないが、国民等しく負荷すべき義務じゃないか」

53年7月の衆院外務委員会で群馬、神奈川、千葉の各県から知事や町長が参考人として出席し、訴えた。

57年1月には群馬県の演習場で、薬莢(やっきょう)を拾っていた女性を米兵が射殺。米兵の名を冠した「ジラード事件」は、日米のどちらが米兵を裁くかなどをめぐり外交問題になった。反基地運動は全国に広がっていた。

「兵力を減らさないと、反米感情の盛り上がりは避けられない」

一橋大大学院生の山本章子(35)が米国で一昨年見つけた米公文書には、当時の大統領、アイゼンハワーがこの年の5月に、国務長官のダレスに伝えた危機感が記されていた。

1カ月後、アイゼンハワーは首相の岸信介との会談で、日本本土の地上部隊撤退を決める。「親米保守」の岸政権を支える思惑があった。翌年、撤退が実現。米兵が姿を消していき、事件も減った。横文字の看板もなくなっていった。

50年代に本土の基地面積が4分の1に減る一方、沖縄は約2倍に増えた。9対1だった本土と沖縄の基地の面積比は70年代前半に、1対3となり、いまの構図ができあがった。沖縄でも反基地運動が続いたが、流れは変わらなかった。

72年まで米軍占領下で、日本の憲法が適用されなかった沖縄に基地を集中させることで、日米両政府は両国の関係を安定化させた。

■封印した被害「私も怒っていいんだ」

那覇市で先月17日、米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の辺野古移設阻止を掲げた県民大会があった。登壇者が、普天間返還合意のきっかけになった95年の少女暴行事件にふれた。群衆のなかで、女性(48)は体をこわばらせた。

「忘れるくらいになってほしい。でも、忘れてはいけないとも思う」

84年の秋、下校途中だった。車に乗った米兵に道を聞かれると同時に、後ろから別の米兵に羽交い締めにされ、ナイフを突きつけられた。声一つあげられないまま、3人に乱暴された。

当時、高校2年生。警察に行けば事件を再現させられると聞いていた。家族にも相談できなかった。被害届も出せなかった。原因不明の体の痛みに苦しんだ。過呼吸で倒れた。何度も死のうとした。

95年9月。仕事から深夜に帰宅してテレビをつけ、その場で崩れ落ちた。《米兵3人が12歳の女の子を暴行》。事件のニュースを見て、封印してきた11年前の記憶がよみがえった。部屋の明かりをつけるのも忘れ、暗闇で泣いた。

「こんな幼い子が犠牲になったのは、私があのとき黙っていたからだ」

翌月、突き動かされるようにバスに乗った。事件を糾弾する県民総決起大会の会場を目指した。涙が止まらず、最寄りの停留所で降りられない。たどり着くと大会は終わっていた。帰路につく人波があった。

「多くの人が怒っていた。私も怒っていいんだと思えた」

基地被害を訴える大会や運動に足を運びはじめた。それから20年。01年北谷町、03年金武町、05年本島中部、08年北谷町、12年那覇市……。米兵による性犯罪は後を絶たない。

女性はいま、那覇市で夫と暮らしながら月に1回ほど辺野古に行き、抗議の輪に加わる。「基地から遠くにいる人たちは、近くにいる私たちのことに気づかないのか。気づいても見ないふりをしているのでしょうか」

忘却と、無関心。小さな声が問い続ける。

=敬称略

(木村司、吉浜織恵)

■取材後記

映画「赤線基地」を東京国立近代美術館フィルムセンターで見た。10年ぶりに中国から引き揚げた主人公が「基地の街」の現実と向き合う物語だ。農地を奪われ、悔しさを吐露する老人。基地を拒みたいのに、米兵相手の商売で生きる葛藤を抱えた人たち。基地のそばで暮らす人びとの姿は、取材してきた「沖縄のいま」と重なった。各地の地元紙や市町村史にもあたった。想像を超える米軍の事件・事故があった。沖縄の基地問題は、沖縄だけの問題ではないはずだ。足元の「埋もれた記憶」に目を向けていきたい。

(木村司)

きむら・つかさ 1977年山梨県生まれ。那覇総局などを経て西部報道センター記者

よしはま・おりえ 75年沖縄県生まれ。大阪社会部などを経て東京社会部記者

_________________________

コメント:1952年4月28日(安倍政権で「主権回復の日」制定)は日米安保条約発効で沖縄の米国統治を認めた沖縄の「屈辱の日」、1972年(日本)復帰後も基地はそのままで12歳の少女暴行事件など犯罪や飛行機墜落など事故は止まず、沖縄差別が続行。辺野古などこの差別・屈辱を押し付けるアベノミス、それを認める日本国民(米国民・世界市民)は差別の共犯者であり、安倍と同様「堕落者」である(白人の有色人差別と同様であり、平等・民主主義など言う資格はない)。

Advertisements


憲法も国会も無視する安倍売国内閣打倒! by limitlesslife

知人友人の皆さんへ

杉浦公昭

 

平和こそ我が命

2015年05月01日

Posted by kyutono9 at 10:01 │Comments( 0 ) │ 政治問題 │ 日本の真の独立 │ 集団的自衛権問題

憲法も国会も無視する安倍売国内閣打倒!

杉浦公昭

私たちは、集団的自衛権を行使容認した閣議決定の撤回を強く求めます。

もともと、この「閣議決定」は立憲主義に反していたにもかかわらず、安倍首相は、さらに国民も国会も無視して、真っ先に米国に同法案を含む「戦争立法」の推進を約束し、この圧力を利用して国会に押し付けようとする極めて異常な売国政治を進めています。
事の本質は、日米ガイドラインや安保条約で日本国憲法破壊する行為であり、許されざる憲法乗っ取りのクーデターです。一体、安倍首相は何処の国の総理大臣か? 安倍売国内閣を打倒しない限り日本は滅びます。
まず、この違憲「閣議決定」の撤回を求める国民運動強めることから始めて、安倍売国内閣を打倒しましょう!

 

 

2 Attachments

 

 

Preview attachment 5・31オール埼玉総行動.pdf

5・31オール埼玉総行動.pdf

Preview attachment 閣議決定の撤回を.pdf

閣議決定の撤回を.pdf

__________________________

コメント:国民・国会・憲法を無視して金権・米帝に隷従するアベコベ・アベノミス・アベノクー・想い上がりを許すことは出来ない。

 



朝日放送おはようコール 木原善隆が日米首脳会談と小渕氏不起訴を語る by limitlesslife

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝はABCコメンテーターの木原善隆さんのお話でした。
今朝の朝刊は、全て日米首脳会談がトップです。
その日米首脳会談、満面の笑みで安倍総理とオバマ大統領が握手で、安倍氏は国賓級の対応で、木原さん、オバマ氏が厚遇した理由について、過去になく、国家元首級のものでこれは異例、安倍氏がたくさん手みやげを持ってきたからで、ガイドライン改悪、日本の安保拡大、オバマ氏は責任を共有と言うもの、アメリカが世界の警察官で、それを日本も担うと言うのは、日本としては待ってくれ、日本は専守防衛で、これは前のめり過ぎる。
また、TPPで中国に対抗、AIIBもアメリカに付き合い日本は参加しなかった(アメリカの同盟国のイギリスは参加)もアメリカへのおみやげなものの、昨日の報道ステーションでアメリカは参加とあり、これははしごを外される可能性はある。
しかし、ガイドラインも国会審議なしで、日本国内のコンセンサスを得ておらず、公明も了承せず、問題と言われました。また、オバマ政権はアメリカで主導権を持っておらず、オバマ政権への日本の一方的な肩入れは問題とも言われました。

そして、小渕氏の政治資金問題、小渕氏は東京地検により不起訴、会計関係者(元秘書ら)を在宅起訴にしました。しかし、虚偽記載は3億を超えており、簿外支出のラッシュで、木原さん、知らなかったこと自体が問題で、観劇会は有権者への利益供与なのに、帳簿を合わせるものにされて、小渕氏、父親のいたみこしは腐っていたものの、15年議員をして気づかないのはおかしいし問題で、しかし不起訴なのは、議員の役割から問題と言われました。

京都で、バスの運転手が意識を失い、乗客がサイドブレーキをかけて無事に済みました。運転手は当日の健康チェックで問題なしで、しかしこういう事故は2013年度に293件あり、こういうものに遭遇したら、サイドブレーキを入れる、ギアをニュートラルにする、エンジンを切るであり、スタジオでも、普段からできないとの声があり、木原さん、幸運が重なり、ブレーキを止めた乗客の方が何度も見て知っていたためで、しかしバスの健康チェックはスポーツより緩く、バスは飛行機や鉄道より運転手に任されるので、チェック体制の見直しが必要だと言われました。

なお、今日は夕方、読売テレビのTENで大阪徒構想について、橋下・維新と野党の討論が放映される模様です。



(社説)日米防衛指針の改定 平和国家の変質を危ぶむ by limitlesslife

2015年4月28日05時00分

 実に18年ぶりの「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)改定である。

日米両政府が今後の安全保障政策の方向性を確認する新指針には、「切れ目のない」「グローバルな」協力がうたわれ、自衛隊と米軍の「一体化」が一段と進む。憲法の制約や日米安保条約の枠組みは、どこかに置き忘れてきたかのようだ。

これまでのガイドラインは、1978年に旧ソ連の日本侵攻を想定し、97年には周辺事態を想定して改定された。今回はさらに、次元の異なる協力に踏み込むことになる。

改定の根底にあるのは、安倍政権憲法解釈の変更によって集団的自衛権の行使容認に踏み切った、昨年7月の閣議決定だ。それを受けた安保法制が今国会の焦点となる。

その審議を前に、新指針には早々と集団的自衛権の行使が反映されている。自民党公明党との間で見解の割れる機雷掃海も盛り込まれる。

対米公約を先行させ、国内の論議をないがしろにする政府の姿勢は容認しがたい。

■戦後日本の転換点に

「積極的平和主義」のもと、国際社会での日本の軍事的な役割は拡大され、海外の紛争から一定の距離を置いてきた平和主義は大幅な変更を迫られる。

それはやがて日本社会や政治のあり方に影響を与えることになろう。戦後日本の歩みを踏み外すような針路転換である。

その背景には、大国化する中国に対する日本政府の危機感がある。

――軍事的に日本より中国は強くなるかもしれない。それでも、中国より日米が強ければ東アジアの安定は保たれる。緊密な日米同盟が抑止力となり、地域の勢力均衡につながる。

そんな考えに基づき、より緊密な連携機能を構築して、共同計画を策定。情報収集や警戒監視、重要影響事態、存立危機事態、宇宙やサイバー空間の協力など、日本ができるメニューを出し尽くした感がある。

だがそれが、果たして唯一の「解」だろうか。

中国の海洋進出に対して一定の抑止力は必要だろう。だがそれは、いま日本が取り組むべき大きな課題の一部でしかない。経済、外交的な手段も合わせ、中国という存在に全力で関与しなければ、将来にわたって日本の安定は保てない。

軍事的な側面にばかり目を奪われていては、地域の平和と安定は守れまい。

■あまりにも重い負荷

新指針が示しているのはどのような日本の未来なのか。

まず多額の防衛予算を伴うはずだ。5兆円に近づく防衛費は自衛隊が海外での活動を広げれば、さらにふくらむ可能性が大きい。財政健全化や社会保障費の削減を進めながら、防衛費の大幅な拡大に国民の理解が得られるとは考えにくい。

自衛隊員への負荷はいっそう重いものとなる。

特に、戦闘現場に近づく活動が見込まれる陸上自衛隊には、過酷な任務が待ち構えている。海外で治安維持の任務にあたれば、銃を撃ったり、撃たれたりする危険がつきまとう。とっさの判断で現地の人を撃つ場面がないとは言い切れない。

国際社会で日本の軍事的な関与が強まれば、それだけテロの危険も高まるだろう。

近年は、警備の手薄な「ソフトターゲット」が攻撃される例が目立つ。外交官やNGO関係者ら日本人対象のテロを、より切実な問題として国内外で想定しなければならない。

将来的には、過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いで自衛隊が米軍の後方支援に派遣される可能性もゼロとは言えない。南シナ海では、すでに米軍が警戒監視などの肩代わりを自衛隊に求め始めている。

■問われる方向感

メニューを並べるだけ並べながら日本が何もしなければ、かえって同盟は揺らぐ。米国から強い要請を受けたとき、主体的な判断ができるのだろうか。

安倍政権の発足から2年半。日本の安保政策の転換が急ピッチで進められてきた。

安全保障政策の司令塔となる国家安全保障会議(NSC)を創設し、国家安全保障戦略(NSS)を初めて策定。特定秘密保護法が施行され、武器輸出三原則も撤廃された。

新指針では、「政府一体となっての同盟としての取り組み」が強調されている。政府が特定秘密保護法の整備を進めてきたのも、大きな理由の一つは、政府全体で秘密を共有し、対米協力を進めるためだった。

安倍政権による一連の安保政策の見直しは、この新指針に収斂(しゅうれん)されたと言っていい。

だが、国内の合意もないまま米国に手形を切り、一足飛びに安保政策の転換をはかるのは、あまりにも強引すぎる。

戦後70年の節目の年に、あらためて日本の方向感を問い直さなければならない。



在日米軍再編:辺野古移設が唯一の解決策 日米両国で確認 by limitlesslife

毎日新聞 2015年04月28日 東京朝刊

 【ニューヨーク飼手勇介】日米両政府は27日(日本時間28日未明)、共同文書「変化する安全保障環境のためのより力強い同盟」を発表した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設について「普天間飛行場の継続的な使用を回避するための唯一の解決策」と改めて確認し、米国は、移設作業の「着実、継続的な進展を歓迎する」と強調した。沖縄の基地負担軽減のため、米軍嘉手納基地以南の施設・区域の返還計画の実施に決意を表明した。(5面に要旨)

また、2プラス2文書としては初めて、沖縄県・尖閣諸島が日本の領域であり、日米安保条約の「コミットメント(約束)の範囲に含まれる」ことを確認。「尖閣に対する日本の施政を損なおうとするいかなる一方的な行動にも反対する」と明記した。

______________________

コメント:憲法が先(安保に非ず)!平和が先(戦争に非ず)!! 国民が先(公僕に非ず)!!! 命が先(金に非ず)!!!! 真理が先(虚偽に非ず)!!!!!



安倍内閣の暴走を止めよう全国行動ブログ 更新 by limitlesslife
April 26, 2015, 3:47 am
Filed under: アベノミス, 献金(賄賂、買収、, 福島原発事故, 秘密保護法, 籾井勝人, 経済(不振、膨張、破裂、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 金字塔文明, 金権、, 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 首相不信任, 高浜原発・美浜原発・大飯原発, 農業・食料・環境, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, TPP, 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 吉田調書(フクシマ原発事故調書:政府秘匿:朝日スクープ、・・・), 国家安全保障会議, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地位協定, 基地, 安倍晋三, 安全保障(安保)条約, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国主義, 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日中, 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 朝日新聞, 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 枠組転換(金字塔から命帝網へ、・・・), 核廃絶, 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 沖縄, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化

安倍内閣の暴走を止めよう全国行動ブログ    http://tomeyou.exblog.jp/ 更新しました。
     安倍内閣の暴走を止めよう!全国行動 2015.4.25
 4月25日12:00現在、呼びかけに応じて参加表明されているのは、13都道府県34のイベントです。
【茨城県】5/3
【東京都】5/6
【新潟県】6/20
【富山県】4/19、4/26、5/2、5/10、5/16、5/19、5/30
【長野県】4/17 ~5/3、4/26、5/3
【岐阜県】4/29、5/3、5/6、5/10、5/17,6/6
【静岡県】4/28、4/29、5/6
【愛知県】4/28~5/3 連続
【三重県】5/2、5/3、5/10、
【京都府】5/6、6/6、6/20
【大阪府】5/6
【岡山県】5/14、5/21、5/28
【広島県】5/3
さらに広げて行きたいです。
皆さまのお知り合いがスタッフとなっているもので、趣旨に合致するイベントにつき、「安倍内閣の暴走を止めよう全国行動」への参加を呼びかけて頂けると嬉しいです。
 問合せ先: nowar0420@gmail.com
  又は
    名古屋共同法律事務所 TEL  052(262)7061  FAX 052(262)7062
*************************************
近藤 ゆり子  k-yuriko@octn.jp

〒503-0875 岐阜県大垣市田町1-20-1
TEL 0584-78-4119, 090-8737-2372

徳山ダム建設中止を求める会事務局長ブログ
http://tokuyamad.exblog.jp/
*************************************



戦争する国、絶対反対!4・24緊急国会前行動 by limitlesslife
高田健です。
「解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会」からのお願いです。
本日、21日の緊急行動はam9:00~30名以上の市民によって行われました。
ひきつづいて、以下の行動にご参加ください。統一地方選後半戦の最中ですが、
力を合わせて可能な限り、行動したいと思います。
-------------------------------------
戦争する国、絶対反対!4・24緊急国会前行動
国際戦争支援法反対、戦争法制のための与党協議に抗議します
――――――――――――――――――――――
戦争法制具体化に関する与党協議が暴走しています。
自公は国会事前承認という条件を付けたとして恒久法案「国際平和支援法」を容
認しました。
これは「国際平和支援」に名を借りた「国際戦争支援」法であり、
日本国憲法の第9条をはじめとする平和主義に真っ向から反するものです。
もともと国会は与党が多数を占めるのですから、政府の出す法律の事前承認にど
れだけの意味があるのでしょう。このままでは文字どおり海外で戦争をする自衛
隊になってしまいます。
この「国際戦争支援法」と「戦争関連一括法」の準備は、黙って見過ごすことはできません。
ささやかな行動であっても、市民として、主権者として、意思表明をしたいと思
います。
各種の調査でも明らかなように、世論はこうした与党の戦争法制準備を支持しておりません。
市民が集まりにくい時間ですが、「解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会」は、
ひきつづき与党協議に合わせて、上記の次第で、抗議の行動を行います。
与党が戦争法案を合意すると言われている27日もやる予定です。
各種の調査でも明らかなように、世論はこうした与党の戦争法制準備を支持しておりません。
御参加を呼びかけます。
なるべく、プラカードなどをご持参ください。

●4月24日(金)am9:00~10:00
場所:衆議院第2議員会館前
呼びかけ:解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会
連絡先:03-3221-4668(市民連絡会)
03-3261-9007(憲法会議)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
当日お問い合わせ先 090-2232-7534(高田 健)
————————————————————
許すな!憲法改悪・市民連絡会
高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
東京都千代田区三崎町2-21-6-301
03-3221-4668 Fax03-3221-2558
http://web-saiyuki.net/kenpoh/
憲法審査会傍聴備忘録
http://web-saiyuki.net/kenpou/