Global Ethics


朝日放送おはようコール 中川譲がCPO21と年金運用損失を語る by limitlesslife
 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は帝塚山学院大学客員教授
の中川譲さん(元朝日新聞編集委員)のお話でした。

各紙朝刊一面はCOP21のことです。日経は日産・ルノー提携のことです。

地球温暖化対策COP21が開幕し、200の国が法的拘束力のあるものを目指して、厳戒態勢のパリで、デ
モが出来ない市民が靴を置き、アメリカと中国が排出量削減で合意し(排出量はこの2国でダントツ)、し
かし実現は課題です。97年の京都議定書時に中国は不参加、アメリカは離脱でした。先進国と新興国の対
立もあります。

これについて中川さん、各国がやる気になったのは、排出権取引もあり損にならないためで、新興国、
中国が最多であり、しかし日本とEUも多く、中国がいきなり減らせと言われても対応できないと言うの
が言い分であり、 また、削減目標を達成しても2度上がり、中国が最大と言うものの、アメリカ、日本、
EUの加算はそれより多くそして罰則規定がなく、法的拘束力がなく、これはアメリカの問題で、共和党
が石油資本とつながり罰則を拒否しているために、アメリカは目標でお茶を濁して、しかしアメリカも履
行すべきで、これは米中が大事な問題だと言われました。

年金運用で過去最大の7.9兆円(7.9億ではない!)、運用したGPIFの担当者も釈明し、GPIFは
世界最大の機関投資家、安倍政権は株でのハイリスクハイリターン運用をして、夏の株安で損失であり、
年金積立金は大赤字、年金の運用は国債→株で運用されて、これで博打に失敗したようなものであり、し
かし厚労省はこれで年金は減らないと釈明しています。

これについて中川さん、8兆円の損失はリーマンショック並みかそれよりひどく(厚労省ののんきな説明
とは違う!)、今株式が低迷しても、2年前よりは高く、こんな損失は信じがたい、リスクを受けやすい年
金運用であり、運用益を増やすためではなく、アベノミクスの成功を証明するために株に年金をつぎ込み
やったもので危なく、さらに損失が増える可能性があり、厚労省は年金を守るべきで、守るべきは株価で
はないと言われました。

漫画家の水木しげるさんが93歳で亡くなられました。家族に見守られながら亡くなられ、水木さん太平
洋戦争で左腕を無くし、そしてマンガで過酷な戦争体験を描き(上官の暴力にさらされた)、もちろん国
民的キャラクター、ゲゲゲの鬼太郎の生みの親であり、中川さん、水木さんは活字ではなくマンガでのみ
描けるものを書き、またヒットラーの内面もマンガでこそ描かれて、水木さんに書かせたのは戦争体験で
あると言われました。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace