Global Ethics


10月8日 安倍9条改憲NO大学人と市民のつどい by limitlesslife

みなさま

安倍9条改憲がいよいよ政治日程に上程されそうです。これはなんとしても阻止しなくてはなりません。

阻止のために、今回、大学人と市民のつどいが開催されますので、ふるって、ご参加ください。

よろしくお願いいたします。

小澤浩明(東洋大学)

********************************************************************************
安倍9条改憲NO大学人と市民のつどい

【第1部 安倍9条改憲NO! 憲法問題シンポジウム】
安倍9条改憲NO大学人と市民のつどい!

〇プログラム〇
あいさつ
広渡 清吾(東京大学名誉教授・日本学術会議前会長)

憲法問題シンポジウムと大学有志の会ブロック連絡会発足記念集会
会 場 明治大学リバティータワー
時間2017年10月8日(日)13:30~16:30(13:00開場)

基調講演 水島 朝穂(早稲田大学教授:憲法学)
シンポジウム 水島 朝穂
大澤 眞理(東京大学教授:社会政策)
三成 美保(奈良女子大学教授:ジェンダー法学)
中野 晃一(上智大学教授:政治学/コーディネーター)

【第2部 大学有志の会ブロック連絡会発足記念集会】
各ブロックからの報告
北海道/東北/首都圏/北陸・甲信越/東海/
関西/中国/四国/九州 (予定)
まとめと行動提起
佐藤 学(学習院大学教授)

Attachments area

10月8日 安倍9条改憲NO! 大学人と市民のつどい

Advertisements


TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ!(2017/9/13) 近藤勝重 圧力で北朝鮮(共和国)状態は解決しない、民進党と柏崎刈羽原発のことを語る&毎日放送ちちんぷいぷい 与良正男&三澤肇 国政解説 by limitlesslife

永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 水曜日のコメンテイターは毎日新聞客員編集委員の近藤勝重さんでした。近藤さん、クライマックスシリーズは巨人でなくて横浜に来てほしいと言われて、対戦成績は巨人にトラは苦手、広島と巨人に弱く、横浜とヤクルトに強く、トラはサヨナラ勝ちが多く、一日の疲れが取れると、強啓さんもトラはやることが粋と言われました(笑)。

ニュースランキング、3位は柏崎刈羽原発、2位は民進党お家騒動、1位は北朝鮮(共和国)情勢、近藤さん、朝鮮半島情勢が関心の高いことを重視されました。

その関心1位の、共和国は国連安保理の制裁決議に猛反発であり、トランプ大統領は不満もいい、共和国は、核実験場で新たな動きとアメリカの分析サイトが報告、トランプ大統領は11月に来日、ASSと会談、アメリカの対日赤字削減について語るもので、これについて近藤さん、日米一体で圧力というが、共和国は屈しないというもので、これを侮ったらだめ、プーチン大統領は雑草を食べてでも言うものであり、意味深、共和国のトップは、国民は食べられなくても戦争するというのは、戦前の日本の、贅沢は敵、欲しがりません勝つまでは、今の共和国は戦前の日本の比ではなく、圧力で屈しない、圧力をかけたら反撃する教育をしており、ところが日本は馬鹿の一つ覚えで圧力というが、鍵を握るのは中国、核ドミノを恐れる、アメリカは最後の最後に軍事行動すると見たら、日本は何らかのパイプで話すべき、小泉氏の時の田中均氏のような存在はあるのか、強啓さん、日本には拉致問題があり、日本のアプローチでこれによる交渉が出来ると言われて、近藤さん、2002年は拉致と経済協力をバーターにして、しかしこのまま日米一体になって戦争の当事国になりかねず、もちろんこんなことをやっては絶対にダメ、しかし、今2002年の時のようなパイプはあるのかと指摘されました。

ランキング2位は民進党離党ドミノ、鈴木氏が離党、民進党執行部は困惑、合計5人が離党を画策して、強啓さん、民進党代表選の際にどうしていたのかと問われて、近藤さん、無効票8つがそれ、その段階からトンズラを画策して、若狭氏はオール阪神巨人の阪神さんに似て、オール巨人=オール与党化、後ろに小池氏がいるにしても、小池氏は関東大震災時の朝鮮人ぎゃくさつの追悼文を出さず、虐殺されたものと災害で死んだものは異なり、小池氏は右でも左でもないというが、実態は右寄り、離党組は、長島氏にしても右系でどうかと指摘されて、強啓さん、ゴルフしたら右のラフ行きと指摘されました。

3位は柏崎刈羽原発の審査案の取りまとめを規制委員会は先送り、事実上の合格ではなく、東電のこれまでの姿勢を評価するというものの、東電に審査はまとまらず、近藤さん、先送りではなく、これにごまかされたらアカン、社長や経産省の大臣に聞くのではない、あんな巨大な組織を社長で対処できず、規制委員会は体質が変わり、委員長の変更時にこんなことは、新潟県補選も関係して、米山知事は福島事故の検証なしに再稼働しないと言い、来月の補選に自民党は前知事の泉田氏を擁立、再稼働に反対していた泉田氏の擁立は、選挙に勝てる人材として、これは新潟県民に失礼、強啓さん、こんなにすっと泉田氏が立候補することの問題も問われました。

時事川柳、国防のニュースで隠す悪巧み、堂々と一線超えた100m(桐生選手のこと)、かぶります私責任彼パンツ(笑)、脱ぎかぶり漏れたらパンツ窮すです(万事休す)、近藤さん、2つ目をトップとされました。以上、近藤さんのお話でした。

 

なお、毎日放送のちちんぷいぷいにて、政界についての報告があり、毎日新聞の与良正男さんと東京報道の三澤肇さんが出られました。

東京報道の三澤肇さんが細野氏にインタビューして、様々なところに取材したらあちこちで揉めて、会派を作るにしても複数出来る可能性があり、次の選挙は生きるか死ぬかの戦いで、若狭氏は第2民進党ではダメといい、細野氏は誰が主導権に握るのかというものであり、若狭氏と細野氏は何度も会い、政策を埋め合わせて、長島氏はずれがあり、解散総選挙の話もあり、新党を年内に作るから、臨時国会に合わせるものと指摘されて、小池氏は都政をやる、国政は若狭氏というものの、小池氏のバックなしに新党は選挙を戦えず、であり、ヤマヒロさん、全員の意見がバラバラと指摘されて、三澤さん、政策の一致した人間で合わないと空中分解と指摘されて、与良さん、改革への取り組みを問われて、三澤さん、共和国への対応で現実的となるものの、そうしたら自民党と違いがなくなると指摘されて、ヤマヒロさん、新党に高揚感なし、与良さん、細野氏は改憲論者で、離党組は憲法改悪のみ一致して、しかしそれ以外はバラバラ。

与良正男さんが、来月のトリプル補選に合わせて解散総選挙の可能性は少ないと語られて、仮に自民党1勝2敗、ましても3連敗だとASS政権は死に体になり、今は共和国情勢で煽っているものの、3つとも自民党議員の死去による補選で自民党は勝って当然だがしんどく、理由はASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)にとって最優先は憲法改悪であり、衆参で2/3を持っている今の情勢で憲法改悪の発議をしたい(=解散総選挙で衆院が2/3を割ったら憲法改悪の発議ができない)、そのために、来年の6月に通常国会で発議→国民投票と同時に解散総選挙もあり、与良さんはそれは良いとは思わないものの、国民投票に持って行くのは針の穴を通すようなもの、しかし今解散総選挙となったら2/3を失う危惧があり、国民投票と解散総選挙の可能性があり、しかし来年末がタイムリミット、そして通常国会が始まると、森友学園問題、加計学園問題が再燃することになり、国民投票で憲法改悪→オリンピックを総理として迎えるのがASSの理想と指摘されました。以上、ちちんぷいぷいの内容でした。



日本国憲法は世界の道しるべRe: 4都県71小選挙区の地域組織 by limitlesslife

情報記載石垣
みなさん鈴木国夫さん
お世話様
韓国の仲間が「日本の憲法は本当に素晴らしい」と
言っています。
スペイン・カナリア諸島に「九条の碑」があります。
日本国憲法は日本人300万、アジア人2000万人の
犠牲の上に立っただけでなく、
アメリカの独立宣言、フランスの人権宣言、等々
世界人民の犠牲に上、歴史を背負って創られたものです。
人権・平和を守り、活かす、この憲法は世界の道しるべであり、
日本人は勿論、世界人民に訴えてでも、自公政権による
懐憲を阻止しなければなりません。
                        石垣敏夫
以下転送です
4都県71小選挙区の地域組織
つなぐ会通信 2017/9/10(転送歓迎、重複済みません)
市民の地道な努力で、市民と野党の共同を進める地域組織
がかなり作られてきています。自立・独立した市民が、
それぞれの地域で自ら組織を作って動いていることが、
明治維新以来初めての画期的な政治形態ではないかと思います。
4都県をリストにまとめてみました。ほとんどが、
安倍壊憲が現実味を帯びてきたこの1年で作られています。
(もし記載間違いがありましたら、ご連絡ください。
4都県71小選挙区の地域組織(2017/9/10 つなぐ会作成)
******東京都*********************
第1区 東京1区市民連合(仮称)準備会
第2区 みんなで未来を選ぶ@文京台東中央(略称 ぶたちゅう)
第3区 — 
第4区 戦争法廃止オール大田実行委員会
第5区 市民連合 めぐろ・せたがや (略称めぐせた)
第6区 市民連合 めぐろ・せたがや (略称めぐせた)
第7区 選挙で変える!しぶや・なかの市民連合
   (通称しぶなか市民連合)
第8区 自由と平和のために行動する議員と市民の会@杉並
第9区 練馬・みんなで選挙 (略称ねりせん)
第10区 TeNネットワーク
第11区 チェンジ国政!板橋の会 
第12区 みんなで選挙@東京12区準備会
第13区 市民と政治をつなごう!市民連合あだち
第14区 —
第15区 江東市民連合(2017/10/1発足予定)
第16区 江戸川市民連合(仮称)の立ち上げ準備中
第17区 — 
第18区 選挙で変えよう!こがねい市民連合
選挙で変えよう!ふちゅう市民連合   
統一候補を実現する武蔵野の会
みんなで選挙東京18区 (ミナセン18区)
第19区 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める
市民連合@国分寺(略称・市民連合@国分寺)
第20区 選挙で変えよう東久留米市民連合
    選挙でかえよう20区市民の会(仮称)準備中
第21区 アベ政治を許さない日野市民連合
    UNITE!日野
第22区 東京22区市民連合(仮称)2017/11/18立ち上げ予定
第23区 市民連合 東京23(仮)
   まちだ市民連合 2017/10/7発足予定
   多摩市民連合 2017/10/7発足予定
第24区 — 
第25区 あにすんだ勝手連東京25区
   選挙で変えよう!市民連合あきる野
****** 埼玉県********************
第1区 安保法制廃止・立憲主義回復をめざすオール一区連絡会
第2区 政治転換を追及する川口実行委員会
第3区 オール3区(越谷・草加)連絡会
第4区 市民が野党をつなぐ埼玉4区の会
第5区 安保法制廃止、立憲主義回復をめざす5区市民連合
第6区 市民が野党をつなぐ埼玉6区連絡会
第7区 安保法制廃止・立憲主義回復をめざす
オール川越・富士見・ふじみ野連絡会(略称オール7区連絡会)
第8区 野党共闘8区の会 (準備会)
第9区 アベ政治はイヤだ!野党共闘・市民連絡会(9区連絡会)
第10区 10区市民の会
第11区 オール11区市民の会結成準備会
第12区 安保法制を廃止し、立憲主義を回復する埼玉12区の会
第13区 4野党合意事項を実現する13区の会
第14区 安保法制廃止・立憲主義回復をめざすオール14区連絡会
第15区 安保法制を廃止し、立憲主義を回復する15区市民の会
******* 神奈川県************
第1区 神奈川1区市民連絡会
第2区 アベ政治NO!神奈川二区市民連絡会
第3区 野党共闘の実現を求める市民の会・鶴見〔準備会〕
第4区 4区衆議院選を考える会
第5区 かながわ5区市民の会(泉・瀬谷・戸塚)
第6区 かながわロックの会
第7区 つながり&変えよう都筑連絡会
    市民と野党との共闘を進める港北の会
第8区 青葉・緑(8区)市民連合
第9区 99%の市民のために!あさお・たま連絡会
第10区 なんてん 神奈川10区の会
第11区 よこすか・みうら市民連合
第12区 野党統一候補を求める神奈川12区市民の会
第13区 戦争法廃止4市共同市民の会
第14区 市民連合14区かながわ
第15区 いちご市民の会
第16区 16区市民連合
第17区 いいなイエロー市民の会
第18区 18区市民の会
***** 千葉県************
第1区 千葉1区市民連合
第2区 千葉2区市民連合
第3区 ちば3区結の会市民連合
第4区 選挙で変える!4区船橋市民の会
第5区 千葉県第5区市民連合(市川・浦安市民連合)
第6区 つながろう!ちば6区市民連合
第7区 未来をつくる千葉7区市民連合
第8区 8区柏市民連合
第9区 千葉9区市民連合
第10区 市民連合ちば10区
第11区 千葉11区市民連合
第12区 安房市民連合
第13区 千葉13区市民連合
記載間違いがありましたら、下記へご連絡ください。
ren_tunagu2@yahoo.co.jp  鈴木国夫


市民のための自由なラジオ(2017/7/22) 伊藤真さん、憲法をもう一度教えてください、忘れず、あきらめず戦争しようとするものと闘おう&今中先生 飯舘村と科学者について語る by limitlesslife

 

永岡です、市民のための自由なラジオLIGHT UP!第69回、今週はジャーナリストの西谷文和さんの司会で大阪から放送されました。西谷文和のニュースの歩き方、です。

ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)内閣の支持率が急落、3割を切って危険水域、森友学園問題、加計学園問題+こんな人たちに負けるわけにいかないと、総理として言ってはいけないことを言うASSの危険性に国民は気づいて、しかし安倍一強は続き、今こそ日本国憲法のことを学びたいと、今週のゲストは弁護士で伊藤塾塾長の伊藤真さん、東京からわざわざ来られて、日本国憲法について改めて語られます。

伊藤さん、支持率が急落しても憲法改悪を加速すると言い、ASSは5/3に日本会議の会合で憲法改悪を語り、広報紙の読売新聞を読め、その読売新聞が前川氏の誹謗中傷をする中で、伊藤さんが改めて憲法を語られます。

前半のテーマは、9条に自衛隊を追加するASSの狙いについて、日本国憲法の成立、日本は明治維新後、西洋から、憲法がいるとドイツを手本に大日本帝国憲法、天皇主権、国民は臣民を道具として戦争をやってアジアで2000万人殺し、日本人も300死んで、戦前は「家」を、家父長制、父親の言うことを聞け、天皇のいうことも聞け、女性には個人は否定されて、臣民として、軍部の暴走を許し、日本国憲法では個人を大切にして、2度と戦争をしない、戦争の元である軍隊を持たない(2項)、交戦権を認めない=敵の兵士を殺せない=侵略戦争を否定。

侵略戦争否定は1928年のパリの協定以来あるので、9条の1項は世界標準であり、2項が重要「2項があるから日本国憲法は素晴らしい」、戦争しないのは世界標準で、そこに全ての戦争を否定した2項を自民党は撤廃したく、しかしASSは2項を置いて自衛隊を入れるのは、方針転換ではなく作戦変更、自民党は2012年の憲法草案で国防軍を持つと言い、これは今も生きていて、しかしこれは国民に抵抗があるので、前段階で、自衛隊は災害救助もして、これを違憲と言うのか?自衛隊を9条に入れるのは国民の抵抗もなく、しかしこれを一里塚として、実際戦争準備法案が出来て、自衛隊は海外で人殺し出来て、この自衛隊を9条に入れるのはもちろん専門家として矛盾、自衛隊の交戦権を認めたら、自衛隊ではなく軍隊で2項は骨抜き、集団的自衛権、戦争準備法案があり、その上に自衛隊を9条に入れたらアメリカと一緒に世界で自衛隊は戦争出来て、自公で国会は2/3を占めて、憲法改悪の発議は可能で、自民党の中で案を作り、衆参両院の2/3が必要で、しかし憲法改悪の案はあっても、国民が騙されて、専守防衛、災害救助のためと、自民党と公明党、維新も賛成して、しかし憲法改悪は国民投票の過半数(有効投票の過半数、投票率40%なら20%の得票で改悪される)で通り、憲法改悪に熱心な人は投票に行き、投票に行かない人が多いと、有効投票の半分は取られて、都議選の投票率も50%くらい、しかも国民投票には公選法が適用されず、テレビCMは可能で、お金をかけてCMできて、アイドルに憲法改悪に賛成と、吉本の芸人たちにさせることも可能、広告資金の上限もなく、そして憲法改悪の国民投票と総選挙を一緒にやると、選挙は公選法が適用されても、国民投票には共謀罪も適用されて、こんなことでいいのか、ASSは拙速であり、憲法改悪には、来年国民投票はとてもできず、教育費の無償化、緊急事態条項、参院の選挙区のことなど、国民に時間をかけて理解してもらうべきことを、共謀罪のようにデタラメな展開で押し切ることを、憲法改悪で行われたら、将来に禍根であり、ASS内閣の支持率が急落して、2/3を持っているうちにやってしまえ、はあり得るのです。

 

LIGHT UP!ジャーナルは元京都大学原子炉実験所の今中哲二先生、全村避難6年、福島、飯舘村と科学者の役割について語られました。今中先生、5/28に映像’17に出られて、飯舘村と今中先生、映像’17は沖縄のこともやり、全村避難6年で、今中先生のやってこられたことをMBSディレクターの津村健夫さんが作られて、津村さんは熊取6人組の番組に激怒、これは2008年のこと。

今中先生、飯舘村の測定を、原発事故のあと2週間後に入られて、避難指示は20km、しかし飯舘村は20~40km、阿武隈山地の農業の町で、最近は肉牛、飯舘村ブランドのところに原発事故、家に住めなくなり6年間、今年3月に帰還困難区域以外は解除でも、線量は10~20倍、帰るには被曝の覚悟が要り、セシウムの半減期を見たら50年以上かかる、100年で1/10、300年で1/1000、物凄い長い時間軸で見ないとダメ。

飯舘村は高齢者の町で、原発事故の影響はなくなったとアピールしたい、そうして不満をそらしたい意図もあり、今中先生はお年寄りが仮設住宅で苦労するより、国の責任でケアする必要はあり、しかし「帰りたくない人も帰れはおかしい」、飯舘村に戻ると余計な被曝をして、福島の汚染地域にいるのは被害者であり、被害者を国と東電はちゃんとケアすべきなのに、同心円で仕切ってすべてやるのは間違い、飯舘村の移染に3000億はかかり、それだけのお金を、もっといい使い方がある、避難している人にケアするなど必要だと、今中先生締めくくられました。

 

ここで音楽、オリジナルは美空ひばりさん、一本の鉛筆、一枚のざら紙があったら戦争反対と言える、今回はクミコヴァージョンです。これはYou tubeにライヴ映像がありました。

https://www.youtube.com/watch?v=WC7EnbPVwUQ

 

後半は、ヒトラーから学ぶ権力者とメディアについての伊藤さんのお話です。

伊藤真さんのお話、ヒトラーがいろいろな本を書いて、我が闘争で何を書いたか、政権を取る前につかまり、1925年に獄中で書いたもの、ドイツの全家庭に聖書のように配られて、ドイツ民族の純粋、優性政策、ユダヤ人や障碍者を毒ガスで抹殺するホロコーストだが、プロバガンダの、大衆をコントロールするもの、理解力は小さいがすぐに忘れると、難しいことは分からないがすぐ忘れる、次々と事件、オスプレイ墜落、沖縄の女性殺害などあり、強行採決、秘密隠蔽法などしても、忘れて、効果的な宣伝、冷静な熟慮より感情的に民衆は動き、肯定か否定か簡単であり、9・11のあとにブッシュ氏がアメリカに付くのかテロリストに付くのかと言ったのと同じ、国会答弁も同じことを繰り返し、これは今も同じ。

オリンピックも利用して、盛大な祭典にして、聖火リレーもヒトラーが始めて、だから戦後オリンピックの政治利用はダメ、ASSがマリオの真似はダメであり、緊急事態条項を入れて、1930年に首相になったときはヒトラーは力もなかったものの、共産党の弾圧、数千人逮捕して、社民党の弾圧、教会も弾圧して、全権委任法を作り、内閣が法律を作れて、憲法に違反してもOK、ワイマール憲法は実質なくされて、西谷さん、プロバガンダ、上手に言葉を言い換えて、独裁→決められる政治、橋下氏、ASSもそう、戦争の準備→平和と安全の確保と言い、これは戦争準備法案時も同じ、民族と国家を防衛するとの大義名分で全権委任法を作り、危機に対処するのでは反対できない、そして国民を戦争に駆り立てて、戦争準備法案とは印象操作とうそぶき、武器輸出→防衛装移転、カジノ解禁→IR推進、共謀罪→テロ等準備罪、と言うと、みんな必要。

そして南スーダンで、戦闘を衝突と言い換えて、西谷さん、日本のメディアは両極、朝日や毎日は共謀罪、読売やNHKはテロ等準備罪という言葉の言い換えに怒られて、しかし言葉の言い換えはヒトラー、ブッシュ氏、トランプ氏もやっており、ヒトラーの片腕ゲーリング、ゲジュタポを作り、国民は戦争を望まない、どこの国も同じ、人々を従わせるのは、我々は攻撃されかかっている、平和主義者は戦争が嫌というものと言われて、西谷さん、背筋が凍り、北朝鮮のことで今の日本も同じと言われて、9条を守る=非国民というもの。

伊藤さん、平和度指数ランキングがあり、1位はアイスランド、2位はデンマーク、3位はオーストリア、日本は長い間8位、先進国ではドイツ16位、フランス18位、アメリカ103位!アメリカは世界最大の軍事力を持ち、抑止力というが、平和の度合いでは最悪。

相手がミサイルを持ったら、もっと持つというのは、「抑止力は挑発になる」、自分の国を守るために軍事力を高める→相手も持つ、果てしなき軍拡=血を吐きながら続ける悲しいマラソン((c)ウルトラセブン、モロボシ・ダン)、しかし儲けるのは武器を作っている会社で、アメリカは1位ではなく、シリアと南スーダンは下から1位と2位、しかし南スーダンは平和だから自衛隊が行ったはずなのに、西谷さん、南スーダンを取材されて、世界で2番目に危険な国。

しかし、日本は9条+戦争をしない、でこのランキングのベストテンであり、しかし10年前は日本はベストスリー→日本はアメリカの片棒を担ぐと見られて、8位→9位には2015年、もちろん戦争準備法案のためであり、戦争準備法案を伊藤さんたちは憲法違反として違憲訴訟して、戦争準備法案にはほとんどの憲法学者が憲法違反、弁護士も憲法違反といい、それが強行採決であり、これは許せないものであり、平和的生存権を侵害された皆さんが、2016年4月26日に東京地裁に提訴、そして全国20カ所で北海道~沖縄まで6000人以上の原告、1600人の弁護士が参加して、自衛隊へのイラク派兵の際にも、名古屋高裁で憲法違反の勝訴であり、憲法、法律の専門家にとって戦争準備法案は憲法違反であり、あきらめずに、裁判をする権利はあり、メディアも権力者に忖度するものだけではなく、忘れず、あきらめず、闘って選挙で意思を表示すべきなのです。

権力者がファシズムに走る14の兆候を伊藤さん挙げられます、自由なラジオのHP http://jiyunaradio.jp/ に載っています。

 

今週の特集、西谷さん、伊藤真さんにもう一度憲法を教えてほしいであり、ファシズムの兆候は、アメリカのワシントンにホロコースト記念館があり、協力で継続的なナショナリズム、敵国を設定、マスメディアのコントロール、安全保障への執着、知性や芸術の軽視、身びいきの蔓延、詐欺的選挙(一票の格差)など、全てASS政権のやっていることは14とも当てはまり、今、重要な時代にいて、歴史の過ちを繰り返してはならず、次世代の若い人たちのために必要、何があってもあきらめてはだめなのです。以上、伊藤さんのお話でした。

今回の内容、昨年暮れの瀧本さんのお話と同じく、素晴らしいものでした。この内容、いくらでも拡散してください、ファシズム、戦争を志向する勢力を倒して、本当の平和な世界をGETしましょう!

 

 

 

 

Attachments area

Preview YouTube video クミコ 「一本の鉛筆」 (美空ひばり) Kumiko “Ippon no enpitsu”

クミコ 「一本の鉛筆」 (美空ひばり) Kumiko “Ippon no enpitsu”

 



9条に自衛隊明記・改憲問題7.13集会   by limitlesslife
情報記載 石垣
9条加憲問題・自衛隊明記にどう向き合うか
7月13日(木)午後18時
文京区民センター(後楽園下車 03-3814-6731)
お話 高見勝利さん(上智・北大名誉教授・憲法)
入場無料
主催 改憲問題対策法律家6団体連絡会
連絡先 03-5367-5430(日本民主法律家協会)


安倍の10大犯罪世直し全国永続デモ ◆6/18共謀罪は廃止!安倍ヤメロ★デモ &『2017ZENKOin東京』成功させるつどい   by limitlesslife
情報記載石垣
安倍・10大犯罪告発・退陣要求・全国永続デモ
賛同します
 (韓国の大統領退陣民主化デモから学ぶ)
1 違憲の強行採決・共謀罪(テロ等準備罪)は無効
2 違憲の強行採決・戦争法(安保関連法)は無効
3 違憲の強行採決・特定秘密保護法は無効
4 森友・加計問題は犯罪、徹底糾明
5 自衛隊の加憲提案は違憲
6 米軍基地は縮小撤去・対米属国の解消
7 武器輸出・武器開発は違憲
8 非正規雇用の増大、貧困較差拡大は政治の怠慢
9 原発再稼動は犯罪
10 防衛費の拡大、教育勅語礼賛は違憲
  石垣敏夫
以下転載   
明日デモをやります!ご参加下さい。
◆6/18共謀罪は廃止!安倍ヤメロ★デモ
加計・森友問題の幕引きは許さない!&『2017ZENKOin東京』成功させるつどい
6月18日(日)
14:30 集会 中之島水上ステージ
         (地下鉄「淀屋橋駅」「北浜駅」から徒歩約5分・京阪 なにわ橋駅①すぐ)
15:10 デモ出発 御堂筋を南へ 難波まで
『2017ZENKOin東京』成功させるつどい
18:00 中央会館 大阪市中央区島之内2-12-31(地下鉄「長堀橋」下車 徒歩6分)  参加費300円
2017ZENKOin東京 関西実行委員会 TEL 090-8162-3004(川島) HP http://www.zenko-peace.com/
6月15日朝、安倍政権は共謀罪法を委員会で採決を中止し、いきなり本会議で採決、という歴史に汚点残す暴挙で強行採決しました。私たちは、満身の怒りを込めて抗議・糾弾
する!
委員会で集中して詳しく専門的に議論を尽くした後に本会議にかけるという国会運営の基本を自らが破壊したのです。本会議で最後の抵抗である牛歩戦術を行った7人のうちの3
票の反対票を時間切れとして無効にしました。異を唱えるものは徹底的に排除する血も涙もない恐ろしい政権です。
しかし、短い委員会審議の中でも共謀罪法は「テロ対策とは全く関係がない」、「環境保護や人権団体なども捜査対象にされる」、“組織的犯罪集団の周辺者”というあいまいな
形で一般人を捜査の対象にする、ことが浮き彫りにされました。共謀罪法の中身を多くの市民が知り反対の声がさらに広がるのを恐れ、委員会での審議も採決もしない「強行採決
」の暴挙にでたのです。
そして国会の会期延長をせずに、安倍政権の国家私物化である加計疑惑問題の幕引きを図ろうとしています。共謀罪法は無効です、廃止しなければなりません。憲法違反・人権侵
害の共謀罪を適用させてはなりません。
このような暴挙に出ざるを得なかった安倍政権は追い詰められています。2020年憲法を改悪し戦争できる国をめざす安倍政権の暴走をこのまま黙って見過ごすわけにはいきま
せん。
共謀罪は無効!廃止しろ!加計・森友問題の責任を取れ!安倍はヤメロ!の声を一緒にあげましょう
*****************************
川島実穂
TEL 090-8162-3004
*****************************


憲法根本三原則は日本発:戦争放棄こそ最善・唯一の実利・勝利 by limitlesslife

 

    Peace Philosophy Centre


『バンクーバー新報』5月26日より:青山学院大学中野昌宏さんインタビュー(日本国憲法のルーツについて)An Interview with Professor Nakano Masahiro on the Formation of Japan’s Post-War Constitution

Posted: 07 Jun 2017 07:57 PM PDT

カナダ・バンクーバー地元の日本語紙『バンクーバー新報』2017年5月26日号より許可を得て転載。バンク―バー9条の会、ピース・フィロソフィー・センター共催の、中野昌宏さん(青山学院大学教授)を迎えた「日本国憲法のルーツを学ぶシリーズ」最終回の第3回は「ハーバート・ノーマンと日本の近代化」7月8日(土)1時半からです。「ハーバート・ノーマンコレクション」を持つUBCのあるバンク―バーならではのトピック、参加ご希望の方はこの記事の末尾にある申し込み用メールアドレスにメールください。(会場は、参加申し込みをした人に直接案内します)Aoyama Gakuin University professor Nakano Masahiro, currently a visiting professor at UBC, will give a talk on E. Herbert Norman and his involvement with the birth of Japan’s post-war constitution, at 1:30 PM, July 8. It will be in Japanese. For inquiry, email peacephilosophycentre@gmail.com.

——————
コメント:憲法三根本原則は日本の発案であって、決してGHQの押し付けでないことが明らか。その平和主義に違反する「自衛隊」(戦力世界第九位:下記参照)を九条に加えることは許されない。(自他に関わらず防衛の名で行われる)戦争の放棄こそ最善・唯一の実利・勝利の方法である。