Global Ethics


ギャグか悪夢か by limitlesslife
October 2, 2017, 12:21 am
Filed under: アベノクー, アベノミス, 憲法

 川西玲子です。
 政治はひどいことになっていますねぇ。ギャグだか悪夢だか分からない感じですが、何とか良い方向に向かってくれる事を祈っています。大手術をしたばかりで外出もできない私には、もう祈ることしかできないもので。しかし小池都知事もすごいですね。どうしたらあそこまで激しく権力を志向するのか、私には謎です。
 それで私は今ニュースをチラ見しながら、中島岳志の『アジア主義 その先の近代へ』という本を読んでいます。私は常々、日本が自前の民主主義を構築するには、左翼的戦後民主主義に立脚するのでなく、自由民権運動にまで立ち戻る必要があると思っているのです。いま我々が眼前にしているのは、国民主権の空洞化ですから。

「自由民権運動とは、身分制を批判し専制的な政府の在り方を批判する運動でした。そのなかでは、『国民主権』の原則が主張され、国会開設と参政権の確立が展望されました。『国家は一部の特権的な人間のもの』ではなく、『国家は国民のもの』という主張が、自由民権運動を支えていたのです」(77ページ)

それが拡張主義と侵略思想に転化していった事に、近代日本の過ちと矛盾があったわけですが。その点を見極めつつも、自由民権運動から大正デモクラシーに到る一連の流れを丁寧に追って検証し、その上に日本ならではの民主主義を構築していくべきだと私は考えます。今からでも。いや、今だからこそです。極端なグローバル経済や自由貿易が危険なのは、国民主権を破壊するからです。護憲リベラルはそこを批判する必要があります。西洋啓蒙主義的な進化論に乗せられてはいけませんよ。

Advertisements


ママさん弁護士を囲んで憲法カフェ by limitlesslife
September 19, 2017, 6:19 am
Filed under: 憲法
知人友人の皆さんへ
    杉浦公昭
› 平和こそ我が命
ママさん弁護士を囲んで憲法カフェ
杉浦公昭

 916日あさか憲法カフェが埼玉県朝霞市中央公民館で開かれ、会場は満席で大成功でした。

 お話は2児の子育て中のママさん弁護士の竪十萌子さんで、憲法を分かり易く話しました。

この会は、昨年10月に始まり、今回で丸1周年になります。

この間同様の学習会が、埼玉県内の各地で開かれ、竪さんは100回以上話題を提供をしてきました。

参加者には美味しいコーヒーとお菓子が振る舞われ、竪弁護士のお話に引き込まれました。

竪さんは最初に明治憲法と現行憲法との違いについて、それぞれの主役は誰?  と会場の皆さんに質問しながら進めました。

憲法は誰を縛っているのか ?  会場からは思い思いの答えが出ました。

戦争やテロの温床は何 ?  みんなで一緒に考え、「貧困」「格差」「差別」などの声が出ました。

 竪さんが参加者と一緒になって考えたり答えたりして話を進めます。

 このやり方は、竪さんのペースで進み、聞き手を逃さないとても良い方法でした。

 特定秘密保護法、安保法制、共謀罪についても、具体的な分かりやすい事例を上げて説明しました。

 難しことを易しく話すので、納得がいき、良い勉強になります。

 「安倍首相は、憲法9条の改正を、第3項に自衛隊を明記し、自衛隊を合憲とすることで、やろうとしています。」

「このやり方は中々手ごわいですよ」と、竪さんは警鐘を鳴らします。

 「国民の中には大災害で活躍する自衛隊のイメージが強くありますし、北朝鮮脅威論が煽られる中では、さらに油断できませんよ」と指摘します。 

 竪さんは「知らないことが一番怖いこと」そして「政治は無関心ではいられても無関係ではいられない」ことをしっかり認識しよう」と呼び掛けました。

 これならできるアクションリストを示して、「ニュースを読む、署名に応じる、選挙にいくなど、まず自分が日常できることから始めよう」と締めくくりました。

  講演後、小グループに分かれ、コーヒー片手におしゃべりタイムに突入しました。

 この場がいつも大変盛り上がります。

 自己紹介し、講演の感想などを出し合い、活発な意見交換が行われます。

 グループ発表では、どのグループからも「とっても判りやすかった」「あっという間の90分でした」「改めて憲法の素晴らしさを知った」などの感想が共通して出されました。

主催者の実行委員長は、閉会あいさつで「次回のあさか憲法カフェは、1024() 午前10時~12時 朝霞市中央公民館で開かれます。また多数お集まりください」と案内して終わりました。



緊急憲法 by limitlesslife
September 13, 2017, 7:23 pm
Filed under: 憲法

憲法学習会は今週の土曜です。お忘れなく。

〇安倍総理が提案する9条改憲のねらいは?
日時 9月16日(土)午後6時~8時
講師 髙橋 勲弁護士
会場 若葉区千城台コミニティセンター、多目的室
モノレール千城台駅より徒歩3分
参加費 無料

佐倉で開いた9月3日の憲法学習会は、参加者95名、
賛同人が5名増え、3万円を超えるカンパが集まり、大成功でした。
現在、賛同人は460名を超えています。
9区市民連合は、11月25日のパネルディスカッションまでに
1000名の賛同人を集めようとしています。
一人でも多くの市民に声をかけましょう。

八街でも学習会を開きます。

〇9条加憲と緊急事態条項新設がねらう
 「戦争する国」と私たちの権利・くらしは
日時 10月8日(日)13:30~15:30
講師 清田乃り子弁護士
会場 八街市中央公民館

〇つながり、変えよう!みんなの政治に
「野党共闘とその政策を考える」・パネルディスカッション
日時 11月25日(土)午後6時〜
会場 四街道文化センター



日本国憲法は世界の道しるべRe: 4都県71小選挙区の地域組織 by limitlesslife

情報記載石垣
みなさん鈴木国夫さん
お世話様
韓国の仲間が「日本の憲法は本当に素晴らしい」と
言っています。
スペイン・カナリア諸島に「九条の碑」があります。
日本国憲法は日本人300万、アジア人2000万人の
犠牲の上に立っただけでなく、
アメリカの独立宣言、フランスの人権宣言、等々
世界人民の犠牲に上、歴史を背負って創られたものです。
人権・平和を守り、活かす、この憲法は世界の道しるべであり、
日本人は勿論、世界人民に訴えてでも、自公政権による
懐憲を阻止しなければなりません。
                        石垣敏夫
以下転送です
4都県71小選挙区の地域組織
つなぐ会通信 2017/9/10(転送歓迎、重複済みません)
市民の地道な努力で、市民と野党の共同を進める地域組織
がかなり作られてきています。自立・独立した市民が、
それぞれの地域で自ら組織を作って動いていることが、
明治維新以来初めての画期的な政治形態ではないかと思います。
4都県をリストにまとめてみました。ほとんどが、
安倍壊憲が現実味を帯びてきたこの1年で作られています。
(もし記載間違いがありましたら、ご連絡ください。
4都県71小選挙区の地域組織(2017/9/10 つなぐ会作成)
******東京都*********************
第1区 東京1区市民連合(仮称)準備会
第2区 みんなで未来を選ぶ@文京台東中央(略称 ぶたちゅう)
第3区 — 
第4区 戦争法廃止オール大田実行委員会
第5区 市民連合 めぐろ・せたがや (略称めぐせた)
第6区 市民連合 めぐろ・せたがや (略称めぐせた)
第7区 選挙で変える!しぶや・なかの市民連合
   (通称しぶなか市民連合)
第8区 自由と平和のために行動する議員と市民の会@杉並
第9区 練馬・みんなで選挙 (略称ねりせん)
第10区 TeNネットワーク
第11区 チェンジ国政!板橋の会 
第12区 みんなで選挙@東京12区準備会
第13区 市民と政治をつなごう!市民連合あだち
第14区 —
第15区 江東市民連合(2017/10/1発足予定)
第16区 江戸川市民連合(仮称)の立ち上げ準備中
第17区 — 
第18区 選挙で変えよう!こがねい市民連合
選挙で変えよう!ふちゅう市民連合   
統一候補を実現する武蔵野の会
みんなで選挙東京18区 (ミナセン18区)
第19区 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める
市民連合@国分寺(略称・市民連合@国分寺)
第20区 選挙で変えよう東久留米市民連合
    選挙でかえよう20区市民の会(仮称)準備中
第21区 アベ政治を許さない日野市民連合
    UNITE!日野
第22区 東京22区市民連合(仮称)2017/11/18立ち上げ予定
第23区 市民連合 東京23(仮)
   まちだ市民連合 2017/10/7発足予定
   多摩市民連合 2017/10/7発足予定
第24区 — 
第25区 あにすんだ勝手連東京25区
   選挙で変えよう!市民連合あきる野
****** 埼玉県********************
第1区 安保法制廃止・立憲主義回復をめざすオール一区連絡会
第2区 政治転換を追及する川口実行委員会
第3区 オール3区(越谷・草加)連絡会
第4区 市民が野党をつなぐ埼玉4区の会
第5区 安保法制廃止、立憲主義回復をめざす5区市民連合
第6区 市民が野党をつなぐ埼玉6区連絡会
第7区 安保法制廃止・立憲主義回復をめざす
オール川越・富士見・ふじみ野連絡会(略称オール7区連絡会)
第8区 野党共闘8区の会 (準備会)
第9区 アベ政治はイヤだ!野党共闘・市民連絡会(9区連絡会)
第10区 10区市民の会
第11区 オール11区市民の会結成準備会
第12区 安保法制を廃止し、立憲主義を回復する埼玉12区の会
第13区 4野党合意事項を実現する13区の会
第14区 安保法制廃止・立憲主義回復をめざすオール14区連絡会
第15区 安保法制を廃止し、立憲主義を回復する15区市民の会
******* 神奈川県************
第1区 神奈川1区市民連絡会
第2区 アベ政治NO!神奈川二区市民連絡会
第3区 野党共闘の実現を求める市民の会・鶴見〔準備会〕
第4区 4区衆議院選を考える会
第5区 かながわ5区市民の会(泉・瀬谷・戸塚)
第6区 かながわロックの会
第7区 つながり&変えよう都筑連絡会
    市民と野党との共闘を進める港北の会
第8区 青葉・緑(8区)市民連合
第9区 99%の市民のために!あさお・たま連絡会
第10区 なんてん 神奈川10区の会
第11区 よこすか・みうら市民連合
第12区 野党統一候補を求める神奈川12区市民の会
第13区 戦争法廃止4市共同市民の会
第14区 市民連合14区かながわ
第15区 いちご市民の会
第16区 16区市民連合
第17区 いいなイエロー市民の会
第18区 18区市民の会
***** 千葉県************
第1区 千葉1区市民連合
第2区 千葉2区市民連合
第3区 ちば3区結の会市民連合
第4区 選挙で変える!4区船橋市民の会
第5区 千葉県第5区市民連合(市川・浦安市民連合)
第6区 つながろう!ちば6区市民連合
第7区 未来をつくる千葉7区市民連合
第8区 8区柏市民連合
第9区 千葉9区市民連合
第10区 市民連合ちば10区
第11区 千葉11区市民連合
第12区 安房市民連合
第13区 千葉13区市民連合
記載間違いがありましたら、下記へご連絡ください。
ren_tunagu2@yahoo.co.jp  鈴木国夫


市民のための自由なラジオ(2017/7/22) 伊藤真さん、憲法をもう一度教えてください、忘れず、あきらめず戦争しようとするものと闘おう&今中先生 飯舘村と科学者について語る by limitlesslife

 

永岡です、市民のための自由なラジオLIGHT UP!第69回、今週はジャーナリストの西谷文和さんの司会で大阪から放送されました。西谷文和のニュースの歩き方、です。

ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)内閣の支持率が急落、3割を切って危険水域、森友学園問題、加計学園問題+こんな人たちに負けるわけにいかないと、総理として言ってはいけないことを言うASSの危険性に国民は気づいて、しかし安倍一強は続き、今こそ日本国憲法のことを学びたいと、今週のゲストは弁護士で伊藤塾塾長の伊藤真さん、東京からわざわざ来られて、日本国憲法について改めて語られます。

伊藤さん、支持率が急落しても憲法改悪を加速すると言い、ASSは5/3に日本会議の会合で憲法改悪を語り、広報紙の読売新聞を読め、その読売新聞が前川氏の誹謗中傷をする中で、伊藤さんが改めて憲法を語られます。

前半のテーマは、9条に自衛隊を追加するASSの狙いについて、日本国憲法の成立、日本は明治維新後、西洋から、憲法がいるとドイツを手本に大日本帝国憲法、天皇主権、国民は臣民を道具として戦争をやってアジアで2000万人殺し、日本人も300死んで、戦前は「家」を、家父長制、父親の言うことを聞け、天皇のいうことも聞け、女性には個人は否定されて、臣民として、軍部の暴走を許し、日本国憲法では個人を大切にして、2度と戦争をしない、戦争の元である軍隊を持たない(2項)、交戦権を認めない=敵の兵士を殺せない=侵略戦争を否定。

侵略戦争否定は1928年のパリの協定以来あるので、9条の1項は世界標準であり、2項が重要「2項があるから日本国憲法は素晴らしい」、戦争しないのは世界標準で、そこに全ての戦争を否定した2項を自民党は撤廃したく、しかしASSは2項を置いて自衛隊を入れるのは、方針転換ではなく作戦変更、自民党は2012年の憲法草案で国防軍を持つと言い、これは今も生きていて、しかしこれは国民に抵抗があるので、前段階で、自衛隊は災害救助もして、これを違憲と言うのか?自衛隊を9条に入れるのは国民の抵抗もなく、しかしこれを一里塚として、実際戦争準備法案が出来て、自衛隊は海外で人殺し出来て、この自衛隊を9条に入れるのはもちろん専門家として矛盾、自衛隊の交戦権を認めたら、自衛隊ではなく軍隊で2項は骨抜き、集団的自衛権、戦争準備法案があり、その上に自衛隊を9条に入れたらアメリカと一緒に世界で自衛隊は戦争出来て、自公で国会は2/3を占めて、憲法改悪の発議は可能で、自民党の中で案を作り、衆参両院の2/3が必要で、しかし憲法改悪の案はあっても、国民が騙されて、専守防衛、災害救助のためと、自民党と公明党、維新も賛成して、しかし憲法改悪は国民投票の過半数(有効投票の過半数、投票率40%なら20%の得票で改悪される)で通り、憲法改悪に熱心な人は投票に行き、投票に行かない人が多いと、有効投票の半分は取られて、都議選の投票率も50%くらい、しかも国民投票には公選法が適用されず、テレビCMは可能で、お金をかけてCMできて、アイドルに憲法改悪に賛成と、吉本の芸人たちにさせることも可能、広告資金の上限もなく、そして憲法改悪の国民投票と総選挙を一緒にやると、選挙は公選法が適用されても、国民投票には共謀罪も適用されて、こんなことでいいのか、ASSは拙速であり、憲法改悪には、来年国民投票はとてもできず、教育費の無償化、緊急事態条項、参院の選挙区のことなど、国民に時間をかけて理解してもらうべきことを、共謀罪のようにデタラメな展開で押し切ることを、憲法改悪で行われたら、将来に禍根であり、ASS内閣の支持率が急落して、2/3を持っているうちにやってしまえ、はあり得るのです。

 

LIGHT UP!ジャーナルは元京都大学原子炉実験所の今中哲二先生、全村避難6年、福島、飯舘村と科学者の役割について語られました。今中先生、5/28に映像’17に出られて、飯舘村と今中先生、映像’17は沖縄のこともやり、全村避難6年で、今中先生のやってこられたことをMBSディレクターの津村健夫さんが作られて、津村さんは熊取6人組の番組に激怒、これは2008年のこと。

今中先生、飯舘村の測定を、原発事故のあと2週間後に入られて、避難指示は20km、しかし飯舘村は20~40km、阿武隈山地の農業の町で、最近は肉牛、飯舘村ブランドのところに原発事故、家に住めなくなり6年間、今年3月に帰還困難区域以外は解除でも、線量は10~20倍、帰るには被曝の覚悟が要り、セシウムの半減期を見たら50年以上かかる、100年で1/10、300年で1/1000、物凄い長い時間軸で見ないとダメ。

飯舘村は高齢者の町で、原発事故の影響はなくなったとアピールしたい、そうして不満をそらしたい意図もあり、今中先生はお年寄りが仮設住宅で苦労するより、国の責任でケアする必要はあり、しかし「帰りたくない人も帰れはおかしい」、飯舘村に戻ると余計な被曝をして、福島の汚染地域にいるのは被害者であり、被害者を国と東電はちゃんとケアすべきなのに、同心円で仕切ってすべてやるのは間違い、飯舘村の移染に3000億はかかり、それだけのお金を、もっといい使い方がある、避難している人にケアするなど必要だと、今中先生締めくくられました。

 

ここで音楽、オリジナルは美空ひばりさん、一本の鉛筆、一枚のざら紙があったら戦争反対と言える、今回はクミコヴァージョンです。これはYou tubeにライヴ映像がありました。

https://www.youtube.com/watch?v=WC7EnbPVwUQ

 

後半は、ヒトラーから学ぶ権力者とメディアについての伊藤さんのお話です。

伊藤真さんのお話、ヒトラーがいろいろな本を書いて、我が闘争で何を書いたか、政権を取る前につかまり、1925年に獄中で書いたもの、ドイツの全家庭に聖書のように配られて、ドイツ民族の純粋、優性政策、ユダヤ人や障碍者を毒ガスで抹殺するホロコーストだが、プロバガンダの、大衆をコントロールするもの、理解力は小さいがすぐに忘れると、難しいことは分からないがすぐ忘れる、次々と事件、オスプレイ墜落、沖縄の女性殺害などあり、強行採決、秘密隠蔽法などしても、忘れて、効果的な宣伝、冷静な熟慮より感情的に民衆は動き、肯定か否定か簡単であり、9・11のあとにブッシュ氏がアメリカに付くのかテロリストに付くのかと言ったのと同じ、国会答弁も同じことを繰り返し、これは今も同じ。

オリンピックも利用して、盛大な祭典にして、聖火リレーもヒトラーが始めて、だから戦後オリンピックの政治利用はダメ、ASSがマリオの真似はダメであり、緊急事態条項を入れて、1930年に首相になったときはヒトラーは力もなかったものの、共産党の弾圧、数千人逮捕して、社民党の弾圧、教会も弾圧して、全権委任法を作り、内閣が法律を作れて、憲法に違反してもOK、ワイマール憲法は実質なくされて、西谷さん、プロバガンダ、上手に言葉を言い換えて、独裁→決められる政治、橋下氏、ASSもそう、戦争の準備→平和と安全の確保と言い、これは戦争準備法案時も同じ、民族と国家を防衛するとの大義名分で全権委任法を作り、危機に対処するのでは反対できない、そして国民を戦争に駆り立てて、戦争準備法案とは印象操作とうそぶき、武器輸出→防衛装移転、カジノ解禁→IR推進、共謀罪→テロ等準備罪、と言うと、みんな必要。

そして南スーダンで、戦闘を衝突と言い換えて、西谷さん、日本のメディアは両極、朝日や毎日は共謀罪、読売やNHKはテロ等準備罪という言葉の言い換えに怒られて、しかし言葉の言い換えはヒトラー、ブッシュ氏、トランプ氏もやっており、ヒトラーの片腕ゲーリング、ゲジュタポを作り、国民は戦争を望まない、どこの国も同じ、人々を従わせるのは、我々は攻撃されかかっている、平和主義者は戦争が嫌というものと言われて、西谷さん、背筋が凍り、北朝鮮のことで今の日本も同じと言われて、9条を守る=非国民というもの。

伊藤さん、平和度指数ランキングがあり、1位はアイスランド、2位はデンマーク、3位はオーストリア、日本は長い間8位、先進国ではドイツ16位、フランス18位、アメリカ103位!アメリカは世界最大の軍事力を持ち、抑止力というが、平和の度合いでは最悪。

相手がミサイルを持ったら、もっと持つというのは、「抑止力は挑発になる」、自分の国を守るために軍事力を高める→相手も持つ、果てしなき軍拡=血を吐きながら続ける悲しいマラソン((c)ウルトラセブン、モロボシ・ダン)、しかし儲けるのは武器を作っている会社で、アメリカは1位ではなく、シリアと南スーダンは下から1位と2位、しかし南スーダンは平和だから自衛隊が行ったはずなのに、西谷さん、南スーダンを取材されて、世界で2番目に危険な国。

しかし、日本は9条+戦争をしない、でこのランキングのベストテンであり、しかし10年前は日本はベストスリー→日本はアメリカの片棒を担ぐと見られて、8位→9位には2015年、もちろん戦争準備法案のためであり、戦争準備法案を伊藤さんたちは憲法違反として違憲訴訟して、戦争準備法案にはほとんどの憲法学者が憲法違反、弁護士も憲法違反といい、それが強行採決であり、これは許せないものであり、平和的生存権を侵害された皆さんが、2016年4月26日に東京地裁に提訴、そして全国20カ所で北海道~沖縄まで6000人以上の原告、1600人の弁護士が参加して、自衛隊へのイラク派兵の際にも、名古屋高裁で憲法違反の勝訴であり、憲法、法律の専門家にとって戦争準備法案は憲法違反であり、あきらめずに、裁判をする権利はあり、メディアも権力者に忖度するものだけではなく、忘れず、あきらめず、闘って選挙で意思を表示すべきなのです。

権力者がファシズムに走る14の兆候を伊藤さん挙げられます、自由なラジオのHP http://jiyunaradio.jp/ に載っています。

 

今週の特集、西谷さん、伊藤真さんにもう一度憲法を教えてほしいであり、ファシズムの兆候は、アメリカのワシントンにホロコースト記念館があり、協力で継続的なナショナリズム、敵国を設定、マスメディアのコントロール、安全保障への執着、知性や芸術の軽視、身びいきの蔓延、詐欺的選挙(一票の格差)など、全てASS政権のやっていることは14とも当てはまり、今、重要な時代にいて、歴史の過ちを繰り返してはならず、次世代の若い人たちのために必要、何があってもあきらめてはだめなのです。以上、伊藤さんのお話でした。

今回の内容、昨年暮れの瀧本さんのお話と同じく、素晴らしいものでした。この内容、いくらでも拡散してください、ファシズム、戦争を志向する勢力を倒して、本当の平和な世界をGETしましょう!

 

 

 

 

Attachments area

Preview YouTube video クミコ 「一本の鉛筆」 (美空ひばり) Kumiko “Ippon no enpitsu”

クミコ 「一本の鉛筆」 (美空ひばり) Kumiko “Ippon no enpitsu”

 



7月29日(日程変更後)の午後、湯島で「憲法を考えるサロン」を開催 by limitlesslife
July 22, 2017, 3:55 am
Filed under: 憲法

お詫びと日程の変更のお知らせ

コンセプトワークショップの佐藤修です。
先日、直前のご案内をさせていただいた「憲法を考えるサロン」ですが、
7月22日の予定を1週間延期して、7月29日に開催することになりました。
勝手な変更で申し訳ありません。
時間や場所は同じです。
よろしくお願いいたします。詳しい案内は下記にあります。
http://cws.c.ooco.jp/info1.htm#170722

**********************

 

佐藤修

コンセプトワークショップの佐藤修です。

直前の案内ですが、7月22日の午後、湯島で「憲法を考えるサロン」を開催します。

いろんな視点から不定期に話し合っているサロンですが、今回は川本兼さんという長年、人権や平和の問題に取り組んでいる人が10年ほど前に起案して本などで紹介している憲法私案を材料に、平和と憲法を話し合う予定です。
いつも比較的メンバーが常連化してきているので、今回は少し広げたいと思い、直前ですが、案内を流させてもらいました。
サロンですので、極めてカジュアルな場ですが、もしご関心を持っていただけるようであれば、ご参加ください。
誰でも歓迎なサロンで、いろんな人の意見に触れるのが一番の主旨です。
考え方も、さまざまな立場の人が集まります。

以下、案内文です。

■私たちの生活を方向づける憲法を考えるサロンに遊びに来ませんか。
今回の憲法を考えるサロンは、長年、人権や平和の問題に取り組んでいる川本兼さんの憲法改正私案を題材に話し合いたいと思います。
前回は統治体制の視点が中心でしたが、今回は基本的人権と平和から憲法を考えます。

川本さんは基本的人権の広がりという視点から、ずっと民主主義や平和の問題を追求してきていますが、2004年に、主に若い世代の人たちに向けて、『自分で書こう!日本国憲法改正案』(明石書店)を出版されています。
そこに川本さんの憲法案がすでに掲載されています。
この本の序章で、川本さんは「希望する平和」から「獲得する平和」への転換を呼びかけていますが、それからもわかるように、基本的人権とそこから必然的に生まれてくる平和の実現が、川本さんの改正案の核になっています。
ふだん、憲法などは読んだこともないという方にこそ、参加してほしいと思います。
憲法なんて自分の暮らしには関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、私たちの生きる社会を方向づけるのが憲法です。
その憲法の改正が話題になっている今、改めて憲法を考えてみるのはどうでしょうか。

私たちの生き方に深く影響していることですので。
憲法サロンと言っても、湯島サロンなので、いつものように気楽なサロンです。
憲法に無縁な人はいませんので、だれでも歓迎です。
もちろん日本国籍のない人も。
みなさんのご参加をお待ちしています。
〇日時:2017年7月22日(土曜日)午後2時~4時(1時半開場)
〇会場:湯島コンセプトワークショップ(文京区湯島3-20-9-603)
http://cws.c.ooco.jp/lcmap.pdf
〇問題提起者:川本兼さん(思想家)
〇テーマ:私(川本さん)の憲法改正私案
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

**********************
佐藤修
qzy00757@nifty.com
http://cws.c.ooco.jp/
http://facebook.com/cwsosamu
㈱コンセプトワークショップ代表
コムケアセンター事務局長
**********************

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



私たちの生活を方向づける憲法を考えるサロンに遊びに来ませんか。(追加: 日程の変更のお知らせ) by limitlesslife
July 20, 2017, 11:39 am
Filed under: 憲法