Global Ethics


民主主義をかけた生死の攻防 立憲の飛躍次第で一筋の光明 by limitlesslife
October 20, 2017, 9:35 pm
Filed under: 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノクー, アベノミス, トランプ(ドナルド、大統領), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, 独裁・権力集中・金字塔, 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 緊急事態法(権力集中法、・・・), 総選挙, 自然, 自由, 自民党, 自治, 自主, 共謀罪(法案、市民運動弾圧?), 利己主義, 前川喜平(前次官), 創価学会, 加計学園, 原爆被害・秘匿・実験・政策・権力・利得・・・, 原発廃止, 地球倫理(4原則:不殺・不盗・不偽・男女平等協働):五福:覚醒・自由・平等・博愛・平和:5S:, 基地, 大絶滅, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 安倍晋三, 安全・安心・安寧(生命・平和vs軍備・戦争), 従軍慰安婦, 徴兵制度, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 我(利、利己、我利我利亡者、・・・), 戦争は嘘・不法・廃止・・・・, 戦争・核廃絶, 政治屋(商売、・・・), 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日本会議, 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 枠組転換(金字塔から命帝網へ、・・・), 核(戦争、破滅、・・・), 核兵器禁止条約, 森友学園(瑞穂の國記念小學院:安倍晋三記念小学校で寄付集め)、安倍昭恵名誉好調、籠池理事長、土地問題, 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 死の商人, 沖縄, 人口文明金字塔か自然文化帝釈網か
保守論客の小林よしのり氏(左)も支援(C)日刊ゲンダイ
保守論客の小林よしのり氏(左)も支援(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 衆院選の投開票日まで残り3日。終盤に突入した選挙戦をめぐる大マスコミの情勢分析は、安倍自民の圧勝一色に染まっている。「自民単独で最大300議席超」「自公で3分の2維持」などと報じられ、緩みを警戒した安倍自民は接戦の49選挙区を重点区に指定。党きっての人寄せパンダ、小泉進次郎筆頭副幹事長をはじめとする人気弁士を次々に投入し、引き締めを図っている。

焼け太りの自公に“是々非々”のエセ野党である日本維新の会と希望の党がスリ寄ればどうなるか。安倍首相が悲願とする憲法改正に前のめりな勢力は衆院の8割に達し、公示前をはるかに上回る巨大勢力に膨れ上がる。その先に待つのは、なし崩しにされた議会制民主主義、そして大政翼賛会の復活だ。そうなれば、安倍本人が疑惑の核心であるモリカケ問題は吹き飛ばされ、安倍独裁体制が完成してしまう。

一般市民が治安維持法に怯えた戦前戦中の記憶を講演で伝える筑波大名誉教授の小澤俊夫氏はこう言う。

「大マスコミの情勢分析は果たして真実なのでしょうか。有権者の半数が安倍首相の続投を望んでいない中でこんな数字が出るなんて、信じられません。自民圧勝という流れをつくり、政治不信が深まった有権者を棄権に誘導し、投票率を下げる意図があるんじゃないのか。そう疑ってしまいます。自民党を勝たせれば、安倍首相は来秋の党総裁選で3選され、さらに3年間は首相の座に居座り続けることになる。

必ずや改憲を成し遂げるでしょう。安倍首相のバックにはカルト的右翼組織の日本会議という怪物がいる。戦後史観を否定し、戦前回帰を目指す連中の思想は戦前戦中の軍部そのものです。彼らに抵抗し得る最後の砦は、枝野代表が率いる立憲民主党でしょう。希望の党の小池代表が強要した安保法容認、改憲支持の踏み絵を突っぱね、筋を通した。平和憲法と立憲主義を守るまっとうな政治を訴えている。枝野代表の演説を聞きにいきましたが、聴衆はみるみる膨れ上がり、拍手とエールが自然に湧き上がり、ものすごい勢いを感じました。彼らに民意の受け皿になってもらうしかない」

■加憲は事実上の新憲法制定

立憲民主の支持の広がりは加速度的だ。あの石原慎太郎元都知事が「節を通した枝野は本物の男に見える」と称賛したのには驚いたが、保守論客で鳴らす漫画家の小林よしのり氏も支援に回る。枝野らと並んで街頭でマイクを握り、「一に立憲民主党、二に共産党」などと呼び掛けている。

高千穂大教授の五野井郁夫氏(国際政治学)は言う。

「国のかたちを変えようとする安倍政権の暴走を止めるには、立憲民主党を中心とするマトモな野党勢力が結集するほかありません。自民党は選挙公約で初めて憲法改正に言及し、9条に自衛隊の存在を認める3項の追加を明記しました。いわゆる加憲は改憲よりもソフトに聞こえますが、法律には後法優先の原則がある。安倍首相が主張するこの手法を通せば、1項の戦争放棄、2項の戦力不保持と交戦権否認は死文化します。改憲どころか、新憲法制定と同じ効果を発することになるのです。こんな卑劣なやり方を許していいのか。枝野代表が〈よりマシな政治状況をつくろう〉と戦略的投票を呼び掛けている通り、よりマシな政党、よりマシな候補を選び、安倍1強に終止符を打たなければ取り返しがつかなくなります」

民進党の空中分解で無所属出馬を選んだ前職も各地で善戦している。立憲民主と共闘する共産党、社民党の存在もある。立憲主義で通じるこうした枝野連合に激戦の小選挙区と比例区で反アベ断罪票を集約させれば、首の皮一枚ではあっても、崩壊寸前のこの国の民主主義を辛うじてつなぎ留めることができる。

 

Ž

 

 

 

 

 

 

 

安保法で米軍との一体化に加速

(C)日刊ゲンダイ

 

■この5年間で時計の針は1世紀巻き戻された

 安倍が首相の座に返り咲いて5年、この国はメチャクチャになった。米国と一緒に戦争をできる国につくり替えるべく、戦争準備体制を整えてきた。

 日本版NSC(国家安全保障会議)の創設で防衛・安保情報を一元管理し、官邸機能を強化。政府に都合の悪い情報を隠蔽する特定秘密保護法、米軍後方支援や集団的自衛権行使を可能にする安保法を強行採決で通した。国民の内心を統制する共謀罪法は、それ以上にデタラメだった。テロ対策だと大ボラを吹き、国会安保法で米軍との一体化に加速(C)日刊ゲンダイが立ち往生すると、中間報告なる禁じ手を使って委員会審議を打ち切り、力ずくで成立させた。

「われわれが置かれた状況は治安維持法が全面改正され、戦時体制の下準備が進められた昭和3年に酷似しています。贈収賄事件やスキャンダルが多発した大正から昭和初期にかけて政治不信が高まる一方、世界恐慌も重なった。豊かな生活を渇望する民意が即断即決、拡大路線の軍部に力を与え、軍国主義に向かう一因を招いてしまったのです」(五野井郁夫氏=前出)

スローガンだけが立派なマヤカシのアベノミクス、国家を私物化したモリカケ疑惑。秘密保護法、安保法、共謀罪の「戦争3法」。まさに90年前の焼き直しだ。安倍悪政でこの国の時計の針は1世紀も巻き戻されてしまっている。

九大名誉教授の斎藤文男氏(憲法)は言う。

「大手メディアは公正中立な選挙報道という大義の下、全政党、全候補者を横並びに報じるばかり。肝心の争点は棚ざらしにされてしまっています。この選挙の最大の争点は、安倍首相にフリーハンドを与えていいのか、その一点です。北朝鮮危機を引き合いに、世論の猛反発を招いた安保法を〈つくって本当に良かった〉と自賛し、日米同盟のさらなる強化に腕まくりしている。ここで自民党を勝たせれば、安倍首相は宿願の改憲に向けて一瀉千里に突っ走るでしょう」

■ノンポリ有権者が支持拡大に汗

大マスコミはてんで報じないが、立憲民主には凄まじい熱気が取り巻き、安倍1強に風穴をあける勢いを見せている。

公式ツイッターのフォロワー数は、立ち上げからわずか2週間で18万人を突破。政治に無関心だった有権者がボランティアを引き受け、選挙戦をサポートし、支持拡大に連日汗をかいている。

立憲民主の飛躍次第で、改憲翼賛会を打破する一筋の光明が見えてくる。

 安倍に対峙するマトモな野党候補者は立憲民主78人、共産243人、社民21人。「立憲民主+共産+社民」で70議席を勝ち取る。民進系無所属の前職もおよそ20人が戦っている。格差を是正し、社会的弱者に手を差し伸べる「まっとうな政治」を訴える枝野を先頭に大同団結すれば、安倍独裁に頭を垂れるばかりだった国会のムードはきっと変わる。

 この選挙は議会制民主主義の存亡がかかった攻防戦だ。政権ブン投げ再演の寸前まで追い詰められた安倍がここで息を吹き返せば、どんな悪辣な手を使ってでも悲願成就に猛進するだろう。有権者のマトモな一票が、この国の行く末を決める。

ーーーー

コメント:トラの威を借るポチ(盲目隷従):稀代の二人の「俺第一」:俺の金・力・物第一:皆の命・和・心無視:「死の商人」「死神ゾンビ」:核戦争で世界週末:人類・生類の運命決める選挙!

「全電源喪失なし」と(原爆オプションの)原発推進の為大嘘とついて「全電源喪失で最悪原発事故を起こし」ながら釈明・謝罪・責任を一切不問にし、あまつさえ再稼動・輸出・協定・補償をして、唯一核被害国にも関わらず「核兵器禁止条約に反対して」「何処の国のしゅしょうか?」詰め寄られても、核トラの「原爆保有推奨を渡りに船」と武装・核戦争・核破滅にひた走る死神!!!

その餓鬼道・修羅道・畜生道・地獄道の罪(=差別:錯誤・束縛・搾取・殺戮)業・罪科は枚挙に暇ないが、極め付きは:

北朝鮮の核についてトランプの圧力一辺倒を「一貫して支持する」「必要なのは対話ではなく圧力だ」として、過去の交渉・圧力は全て失敗し「唯一のモノしか効かない」と主張・脅迫するトランプを支持しているが、この二人だけが異常・例外的に対話を排除し軍事攻撃を辞さず世界指導者達の中の例外で、識者・論壇は対話・交渉が必要であるとしている。

軍事攻撃・北朝鮮の反撃で初日に百万人死ぬとはスタンフォード大学の推計であるが、原発・基地を攻撃され、まして核攻撃・核応戦となれば百万では済まず、核戦争は日中ソを巻き込み放射能・爆撃塵は世界を覆い核の冬・世界終末となる。軍事攻撃は北朝鮮は金政権崩壊・国家滅亡と受け取られ全力応戦となり途中で止める事などできない。

圧力を強めて核兵器を明らめさせて交渉に入ることは、「核を持っていなかったからサダム政権のイラク崩壊がなされた。核を持たなければそれを防げない」と信じて核とミサイルの開発を急いできたので、それはあり得ない。

国民・国家の安全を本当に望むなら与野党国民全体が話し合い解決をはかるべきであり北朝鮮との交渉の具体的計画も提示せず、中ソなど関係国と話し合いもせず、トランプと連絡を取り彼一辺倒の阿部政権は唯Jアラートで国民に恐怖心を植え、米国から武器を買いその事故にも基地問題等にも無策である。

朝鮮戦争休戦中の米韓演習に日本まで参加して、しなければ敵視されることはないのに、敵国視されている。一旦軍事攻撃・衝突があれば、多くの原発と基地を持っている日本は原発・基地・中枢機構・都市も狙われその被害は計り知れない。

権力者としては外に敵を作り・内を味方にし・力(支配力・軍事力:トランプの勧めで原爆保持など)を増したいだろうが、選挙の為に危機を煽って、宿願の憲法改悪(自衛隊:世界第七位の軍隊を九条に追加訂正で実質訂正前を無効化)して戦争法・秘密法・共謀法・緊急事態条項発動で独裁に向かいたいのであろう。選挙後は希望の党の小池・前原が一昔前に話し合っていた大連立をして、自公希維心の大連合のもって行きたいだろうが、危険が大いに懸念される。そのような事になれば韓国も核武装・中国と周辺諸国の国境問題・米国の世界支配は極東に緊張・危機を生み国民・国家は益々核戦争の危機に巻き込まれる。

一切衆生の為の覚道・正道・聖(=全体健全:覚醒・自由・平等・博愛・平和)道を選ぼう!!!!!

Advertisements


教科書問題 NHKご覧ください(平井美津子) by limitlesslife
August 28, 2017, 6:15 am
Filed under: 教科書問題

転送します(石垣)

*******************************

MBSの番組を機に、神戸新聞、朝日新聞、毎日新聞、週刊朝日などで右派による私
立中学校への理不尽な攻撃の様相が大きく報道されています。

さて、NHKが教科書問題に本腰を入れて番組つくりを進めています。
今回のNHKの取材は、基本的な姿勢として、教科書検定や採択に政治が介入するこ
とはおかしいというスタンスに立ってディレクターたちは番組つくりを進めていま
す。
この間、NHKにレクチャーしにいったり、インタビューを受けるなど協力してきま
した。関西と東京とで協同しながら、関西、沖縄や名古屋方面にも取材をしているよ
うです。

教科書問題を初めてとりあげるというディレクターたち。
本を読んだり、取材をする中でとてもしっかりと問題点がどこにあるのかを見つめて
います。
今回の番組は、「学び舎」の問題だけを取り上げるというよりも、これまでの採択の
問題点を浮かび上がらせること、道徳の教科書に焦点を当てているようです。
どんな教科書をこどもたちに手渡したいのか?教科書を採択するのは誰なのか?教科
書はそもそも誰のものなのか?
そういったことを番組に生かしてもらえたらと願ってます。
番組の放送は9月1日(金)午後7時半~「かんさい熱視線」、9月5日(火)午後10時
~「クローズアップ現代プラス」です。
立正大学の名誉教授の浪本勝年先生が、放送日当日スタジオでインタビューを受けら
れるとお聞きしています。

平井美津子

以上

MLホームページ: http://www.freeml.com/all-rentai



教育と愛国 今教科書で何が起きているか(2017/7/31放送) by limitlesslife
August 8, 2017, 11:25 am
Filed under: 教科書問題

 

永岡です、先週毎日放送の深夜に放映された映像’17、教育と愛国、今教科書で何が起きているか、デイリーモーションに動画がありました。先週の放送ですが、今内容書き起こしします。ディレクターは沖縄問題をこれで扱われた斉加尚代さんです。

http://www.dailymotion.com/video/x5vobru

礼儀正しい挨拶、おじきの仕方など、小学生向けの道徳、戦前の反省から特別科目が、来年から72年ぶりに復活し、8つの出版社の教科書が展示されて、検定前と、その後のもの、道徳の復活は戦後教育の大転換であり、小学生にこのような教育に異を唱える方もあり、教科書は国の指定に沿えば自由にやれるという名目、実際は教科書の検定制度に阻まれて、2012年の大阪、道徳が強化に格上げした背景にASSがいて、教育の一丁目一番地に道徳としたものであり、政治家は教育に介入すべきと、戦前の反省無視、教科書の中身に政治団体が介入、育鵬社が都市部で伸びるなどして、日本軍の慰安婦問題を書いて倒産した教科書の会社もあり、これが自虐的だと言われて、日本書籍の編集者は、これほど政治が教科書に介入するのかというのです。

特定の教科書を標的にした行動、これが身近になり、学校に大量のハガキが送られて、圧力とも、脅しとも受け止められるものの背後に何があるのか、教育と愛国、教育と政治、教育の舞台裏について特集されます。

今年3月、道徳の教科書で、パン屋が検定で和菓子屋にすり替えられて、自分の町に孫が愛着を持つというもの、検定でこの改竄、全国のパン屋さんの組織が怒り、パン屋は愛国心がないのかと憤り、検定制度は学習指導要領に沿っているか、8社に200件の文句、伝統、郷土などに問題と因縁をつけて、文科省の役人は言い訳にならない発言、道徳で学ぶものは愛国心など20以上身に着けるべきものがあり、教科書は完成に4年、数百万円の費用がかかり、検定意見は第3者の意見が入り、出版労連の方は、忖度が決まり、検定でサジェスチョンして、調査官とすり合わせして、直接こう直せとは言わないが、実際は圧力がかかり、しかし直した責任は教科書会社になり、検定の意見書は文科省→調査官、どこをどう修正するか、2時間で検定意見の真意を聞くのは大変であり、パン屋さんは、給食で文科省と信頼関係があったのに、というのです。

教科書での、特に歴史教科書では圧力があり、新しい歴史教科書を読もうと区役所を訪れた男性、元教科書会社の社員、13年前に倒産(日本書籍)、教科書の変化を追われて、日本書籍は戦前からあり、東京23区で採択されて、ところが2001年の検定、執筆に参加した歴史学者が慰安婦問題を取り上げて、当事者の韓国人女性の裁判も取り上げて、慰安婦問題で日本が孤立した時期、保守系からの圧力で教科書会社は慰安婦問題を避けて、日本書籍は避けられるようになり、この男性、東京都で採択されなくなり、予想だにしていないと語り、そして96年に新しい歴史教科書をつくる会が立ちあげられて、極右系の教科書、2001年に完成、日本書籍の部数が激減し、これはつくる会の成果だと嘯くものであり、日本書籍の執筆の吉田裕さんは、この教科書は標的にされるとコメントして、そして標的にされて採択されなかったと語り、吉田さんは学術成果を教科書に、軍隊、戦争は間違いと語り、しかし吉田さんのために採択が減り会社が倒産して、負い目、責任感を感じて、その後は教科書の執筆をせず、頼まれてもかかない、トラウマになったと言われました。

教科書が歴史の記述で捻じ曲げられて、先の日本書籍の元社員さんも、加害の問題は教科書で避けて通れないと語り、現在中学校の歴史教科書は100種類、つくる会系のものは2つに分裂して、つくる会系のものは神話を取り上げて、神武天皇までの神々のことを書いて、しかし南京事件はこの1冊のみ全く触れず、育鵬社のものは、国の誕生、出雲大社、伊勢神宮を書いて、教育勅語も肯定しているのです。

2012年、ASSが教育再生のシンポジウム、育鵬社関係者の主催、維新の松井知事も参加して、ASSは首長が信念を持っていたらこのような教科書が採択できる、横浜では育鵬社は採択されないといい、教育委員を入れ替えろとASSは言い、教育委員は知事が指示して、育鵬社のシェアは全国で6%、育鵬社の執筆者伊藤氏は毎度おなじみ自虐史観、日本に誇りを持てないと因縁をつけて、育鵬社の教科書は既存のものと競合して、伊藤氏が歴史教育に求めるのは、イデオロギーに支配されないものをというものの、歴史から学ぶ必要はないと放言して、記者が、日本がなぜ戦争に負けたかと聞くと、伊藤氏は弱かったからといい、ちゃんとした歴史教科書、左翼ではない!と失笑もの、昔からの伝統を引き継ぐ、今の教科書は反日、左翼と放言で、私も唖然です。

慰安婦問題で会社が倒産した社員の池田さんは、これで業界が委縮、日本書籍のように潰れていもいいのかという圧力が編集者にあり、生きた教材があるのに、影響が出たと言われました。

沖縄県渡嘉敷村、沖縄戦での集団自決のことがやり玉にあがり、軍の命令、圧力が削除されて、渡嘉敷村の理科の先生であった吉川さん、6歳で集団自決の現場におられて、72年前の沖縄戦はまだ研究対象であり、吉川さんは集団自決にこだわり、10年前の歴史教科書で、日本軍の強要で集団自決にて800人以上犠牲と書いて、これについて沖縄戦に誤解と検定意見がついて、これに吉川さんは怒られて、教科書検定で、5つに軍の命令なしとトーンダウン、沖縄から抗議ももちろん出ました。

この中で、当時の文科相の伊吹文明氏は、教育に政治は介入すべきでないと語り、集団自決の記述は一部復活して、吉川さんは集団自決の場に高校生と入り、なぜ生き残ったのかと語り、村長が低能屁下万歳!!で自決、米軍にとらえられる前に自決のところで、母の助言により、人間は生きるべきだ、死ぬのはいつでもできると、当時こんなことを言ったらスパイと見なされた時代であったといい、集団自決の改竄を招いた結果に、今年3月に出た沖縄県史で、沖縄戦と教科書の項目があり、学術研究の枠を超えて政府の意図に教科書が左右されたと書いてあり、吉川さんは、教科書に政治の介入することを批判されます。

集団自決における日本軍の関与を消しかけた検定意見、国は今も間違っていなかったと嘯くのです。

人間は火を使うことでどう進化したか、考える先生が作った学び舎の教科書、去年から使われて、暗記ではなく、歴史がどう作られて、生徒に疑問を持たせて、慰安婦問題も復活、政府の公式見解なもの、執筆者の本庄さんは、権力者が歴史を作ったのではなく民衆が作ったものが大事と語り、学び舎は難関進学校で採用されて、考え、議論する文科省の方針に沿ったものであり、MBSは学び舎の教科書を使った授業の取材を申し込んでも拒否されて、学び舎の教科書を採用した学校に、大量の脅迫ハガキが送られて(これは神戸新聞の8月4日の記事ありもhttps://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201708/0010432190.shtml )、軍隊を美化するものすら載せられて、反日教育をやめろと、一つの学校に全く同じ文面のハガキが200も送りつけられて、慰安婦問題を書いた反日極左!と罵詈雑言の文面なのです。子供に反日教育をなぜすると誹謗中傷。

ハガキの送り主はどんな人たちか、実名での投函者の中に、かつてASSを信奉していた籠池泰典氏や、山口県調布市の松浦市長も書いて、育鵬社の推進のこともしており、MBSは松浦市長にインタビュー、教育と政治の距離が近くなり、松浦氏、教育再生会議は150人、歴史を正しく教えて、諸外国の言い分を聞くなというものであり、学び舎の教科書に抗議書を送った理由を聞いたら、松浦氏、学び舎の名前を知らず、しかし教育再生会議として発信した、学び舎は偏ったことを書いていると情報を得て、しかし松浦氏は学び舎の教科書を読んでおらず、20~30送り、圧力なら謝るというのです。

学び舎の教科書を採択した私学の校長が、国会議員と兵庫県議の抗議文を受けたとして、産経新聞が取り上げて、学び舎の教科書を採用に圧力、ハガキのラッシュに、一連の動きは政治的な圧力と感じたというのです。

極右の推進する育鵬社の採用に揺れた東京都大田区、教育委員6人のうち5人が育鵬社の採択、残り1人の桜井弁護士、大和朝廷の記述に問題であり、大和朝廷を神話化しているもので、しかし他の教科書は中国から鉄の精錬技術をもらって大和朝廷は進化したと書いていると指摘されて、市民の呼びかけで、教科書を考える会が行われて、4年後には育鵬社の教科書は採択されず、元の教科書に戻り、思想信条ではなく、教育の観点から、レベルの高い教科書、できる子どもだけがわかるのではなく、教育のために、と語ります。

戦前戦中の反省から、教育は政治と距離を置いていたのに、その仕組みが揺らぎ始めて、来年から正式教科となる道徳、教科書は子供たちの知性の骨格を作るもの、現在の教科書を巡る論議は、教育のためか?教科書は誰のものかと問われて、締めくくられました。以上、映像‘17の内容でした。

 



今日 8日のTBSテレビの「報道特集」で道徳教育・教科書問題を特集 by limitlesslife
April 8, 2017, 1:24 pm
Filed under: 教科書問題

<転送>

俵義文です。

今日 8日のTBSテレビの「報道特集」で道徳教育・教科書問題を特集します。

開始時刻はいつもより30分早く、17時00分からです。

私もインタビューを録画されました。 ぜひ、ご覧になってください。

ni0615田島拝

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



19日、緊急理事会で小池百合子候補の支持決定。小池知事誕生の際には、東京都教科書に強い影響を与える可能性 by limitlesslife
July 24, 2016, 11:08 am
Filed under: 選挙, 都知事, 教科書問題


M.nakataです。

孫崎さんの、配信メール、少し読みやすいように編集して、ご紹介いたします。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

◆孫崎 享   2016/07/21  配信     《孫崎チャンネル》

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

東京都知事選、都民考えるべし。小池候補、「新しい歴史教科書をつくる会」(従来の「東京裁判史観」等に与しない歴史教科書)は19日、緊急理事会で小池百合子候補の支持決定。小池知事誕生の際には、東京都教科書に強い影響を与える可能性

_______________________________________________________

webで読む                   : http://ch.nicovideo.jp/article/ar1071722
電子書籍で読む(月まとめ)  : http://ch.nicovideo.jp/epub/201607/ch1332
電子書籍で読む(本記事のみ): http://ch.nicovideo.jp/epub/ar1071722

A:声明主要論点

地方選挙でも教科書改善運動への影響があまりに大きい場合は、私達の目標を成し遂げるためにも、一定の立場を表明する。?外国人参政権問題について、有力三候補の中で唯一、明確に反対しているのは小池候補だけ。?東京オリンピックホスト役として、小池候補最適当?歴史観、小池候補はしっかりとした見解。国会議員として教科書問題にも取り組んでこられ、3人の候補のなかで、「つくる会」の運動支持唯一の候補。

参考1「新しい歴史教科書をつくる会」自身の説明

:Q1「つくる会」の目的は何ですか?

A1これまでの教科書が日本を不当に悪く描いていたのを改め、子供たちが日本に誇りを持てる教科書で学べるようにすること。

Q2そのために何をするのですか?

A2:主に2つの柱があります。

その1は、適正な教科書を新しく作って、子供たちに届けること。

その2は、これまでの不健全な教科書を是正すること。

Q3これまでに実際に何をしてきたのですか?

A3?『新しい歴史教科書』『新しい公民教科書』(ともに中学生用)を検定合格させ、各地の公立・私立の中学校で採択されています。すでにこれらの教科書を使用した授業が行われています。

?これまでの教科書の問題点を追求して、その結果、教科書の記述内容が改善されたり、不適切な教科書が採択数を激減させ、教科書会社自体が解散に追い込まれた例もあります。

?教科書採択のゆがんだ実態を明らかにし、各地で正常化に取り組んでその成果として、

健全化した教科書の採択数がはっきり増加してきました。

?教科書問題を広くアピールするために、単行本の刊行や講演会・シンポジウムの開催などを、行ってきました。

Q4今後、取り組むことは何ですか?

A4教科書の現状のひどさを更に多くの人々に伝え、『新しい歴史教科書』『新しい公民教科書』の内容の向上と採択数の拡大を通して、教育の現場を変えることです。

Q5そのために必要なのは何ですか?

A5当会を支援頂ける人々の輪がより大きく、力強いものになることです。どうぞ「つくる会」をご支援下さい。

参考2:新しい歴史教科書をつくる会(ウィキペヂア)

新しい歴史教科書をつくる会は、1996年に結成された日本の社会運動団体。従来の歴史教科書が「自虐史観」の影響を強く受けているとして、従来の「大東亜戦争肯定史観」にも「東京裁判史観」ないし「コミンテルン史観」にも与しない立場から新たな歴史教科書をつくる運動を進めるとしている。

つくる会の地方支部のほか、地元財界や旧軍関係者による採択支援運動が行われている。平沼赳夫や萩生田光一といった会の主張と同じくする保守政治家から強く支持されているほか、日本会議も支援している。

賛同者の一部には在日特権を許さない市民の会や河野談話の白紙撤回を求める市民の会などの政治活動にも参加している者もいる[要出典]。またつくる会として、アメリカ合衆国下院が日本政府に対し従軍慰安婦問題への謝罪を迫ったアメリカ合衆国下院121号決議に対して、民主党の慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会とともに強い反発を表明している

新しい歴史教科書をつくる会は、中学校社会科の歴史的分野における教科書そのものや、つくる会が執筆した『新しい歴史教科書』を取り巻く環境について主に次のような主張をしている(この主張に対する反対意見・賛成意見などについては、後述の不採択活動、世間の評価を参照)。

まず1997年に発表された趣意書で、次のように主張している

日本の戦後の歴史教育は、日本人が受けつぐべき文化と伝統を忘れ、日本人の誇りを失わせるものであった。特に近現代史では、日本人は子々孫々まで謝罪し続けることを運命づけられた罪人の如くにあつかわれている。

冷戦終結後は自虐的傾向が強まり、現行の歴史教科書は従軍慰安婦のような旧敵国のプロパガンダを事実として記述している。

つくる会は、世界史的視野の中で、日本国と日本人の自画像を、品格とバランスをもって活写することで、祖先の活躍に心踊らせ、失敗の歴史にも目を向け、その苦楽を追体験できる、日本人の物語を語りあえる教科書をつくる。

子供たちが、日本人としての自信と責任を持ち、世界の平和と繁栄に献身できるようになる。

2005年5月10日に、つくる会が外国特派員協会で開催された記者会見において『新しい歴史教科書』の近現代史の英訳版を配布するとともに、欧米のプレスとの質疑応答で次のように主張した

『従軍慰安婦や強制連行、南京事件を削除し、創氏改名を正当化することが正しい教科書なのか』の質問に対しては、『1996年以前の韓国の教科書にも従軍慰安婦は記述されていなかった。また2005年4月12日付の朝日新聞の記事によると、全社の教科書が従軍慰安婦を削除している。それは証拠によってサポートされていない』と回答した。ただし他の問については回答を避けた。

扶桑社の教科書が学校で使われないのは、日本にある2大教職員組合がマルクス・レーニン主義を信奉しているため、国民との意識に大きなギャップがあるにもかかわらず、(教科書)採択に大きな影響力を持っているためである。

『日本軍の虐殺や強制連行や南京事件を書いていない。日本は戦前に戻るのではないかと心配になる』との指摘に対しては『町村外務大臣(当時)も検定を合格した教科書の中で、戦争を美化している教科書はないと言っている』として、『歴史の事実が明らかになればそのような誤解もとける』と主張していた。

つくる会の教科書について、以下の事柄を主張している。

近代日本を悪逆非道に描き出す「自虐史観」を克服し、次世代の子供たちに誇りある日本の歴史の真の姿を伝えるべきである。この教科書は「階級闘争史観」や「自虐史観」の拘束から自由になり、世界史的視野のなかで日本国と日本人の自画像を品格とバランスをもって論述している。そのため面白く、通読に耐える唯一の歴史教科書である]。

記事をシェアするにはこちらから:
http://ch.nicovideo.jp/article/ar1071722

“”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””



TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ 宮台真司 教科書検定は日本を弱体化させる&朝日放送キャスト 西谷文和 安田純平さん拘束事件を語る(2016/3/18) by limitlesslife
March 19, 2016, 12:03 am
Filed under: アベノミス, 原発危機, 教科書問題

永岡です、荒川強啓デイ・キャッチ、金曜のレギュラーは社会学者の宮台真司さんでした。

まず、高浜原発「お迎え」に、関電の森会長がごねて、仮処分に因縁をつけて、仮処分できないようにしろとぬかし、関経連の会長もごねて、強啓さん、避難も出来ないのに、と言われました。リスナーより、高浜で事故なら関西経団連はエライことになるぞと、国が安全と判断しても司法がアカンと言ったことを分かっているのか、分からないなら小学生に戻れとあり、宮台さん、その意見に賛成であり、阪急の会長は三権分立を理解していない、しかしこれは枝葉であり、一番は震災をどう見るかであり、3・11を経て、従来の政治・行政システムでいいのか、上からの押し付けで従来からの公共事業で、東北でやる裁量行政で自分のコストを得るものであり、原発は高く、30~40年運転しないと元が取れず、関電は原発の比率が高く、避難計画も出来ておらず、アメリカでも避難計画のできていない原発にお迎えが来ており、事故で逃げられないなら処置なし、関経連もこれでいいとは思わず、沈みかけた船の中であがいており、本来なら船を作り直すべきなのに、日本だとそれをやらず、関経連、その他は逃げられると思っており、宮台さんの知り合いの官僚はオリンピックの後逃げると言っており、そんなエリートに依存して良いわけはない、関西で大地震なら原発事故で大変なことになり、しかしエネルギーの分散が日本の最大の安全保障であると言われました。

強啓さん、NHKの、福島原発事故の8時間を関経連の人間は見ろ、どれだけやっても安全性は担保できないと言われて、宮台さん、福島事故の原因はわかっていないのに、と言われました。

 

今日のトップは、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)のロケット発射、その狙いについて、共同通信の磐村さんのお話、今各国が北朝鮮に自制を求めても耳を貸さず我が道、ロケットを撃ったのは、米韓軍事演習の牽制であり、さらに北朝鮮はアメリカ本土に届くものの開発も進めており、その誇示であり、今後もロケットを撃つと言われるのです。

北朝鮮が求めているのは、アメリカに届く核を持って、アメリカと対等に交渉して、アメリカとの安保関係を築きたいというもので、アメリカのカービー氏は止めてくれと言っても答えず、北朝鮮はアメリカと対話したく、その前にいつでも攻撃できるぞと、かつての冷戦時の旧ソ連vsアメリカの再来、米ソの冷戦は核削減に最後はなり、これを北朝鮮は知っており、北朝鮮もアメリカと対話するのに核はいる、交渉に乗ってくれであり、アメリカには対話に出てほしく、しかし条件があり、非核化=丸腰で対話するのではなく、アメリカ同様核を持ってのものであり、間に入る国もなく、対話したいとしても米朝の趣は正反対、韓国も間に入れず、5月の朝鮮労働党の大会までは強硬に行く、大会でアメリカに勝ったと言いたいと、磐村さん締めくくられました。

 

そして、消費税増税延期に関して、宮台さん、野党は増税延期を言うのではなく、安倍総理はアベノミクスが盤石だから増税できると言った=アベノミクス失敗と突っ込むべき、消費税増税延期で選挙をするのはマッチポンプ、安倍政権、官僚はオリンピックまで持てば、後は逃げるものだと言われました。また、馳文科大臣の、高校生に政治活動の届け出をさせるなには賛同されて、エネルギーも再生可能エネルギーと蓄電でやるべきで、原発に頼るのは安全保障にならず、日本の地域社会は参加もみんな積極的にやり、日本の地域は学区に基づき、社会参加を政治と切り離すのはおかしい、選挙はどぶ板ではあるが、学校は地域の中心で、そこに非政治性を求めるのは、食やエネルギーの安全保障に反して、日本で任せてブータレ政治ではなく、参加してやるべきで、参加する政治文化、ソーシャルキャピタルを発展させるべきで、これは公共財、自民も民進党も共産党も使えるもので、しかし自民は公明と、広告代理店的動員で、個人を分断して総取り、ソーシャルキャピタルの分断、自民に都合のいいソーシャルキャピタルにして、これは世界的にこんな国はなく、安全保障は戦争だけでなく、食、エネルギーもそうで、自然に参加するようにすべきで、政治活動を届け出にさせる=売国奴であり、強啓さんは市民の反発を政治家は分からないかと問われて、宮台さん、そこに政治家も官僚も気づくべきで、愚かな政治家の発言が恐れられるヘタレ政治家が排除される、住民投票を否定する政治家は日本にしかいないと、宮台さん言われました。

 

デイキャッチャーズボイス、宮台さん、教科書検定で日本は弱体化すると言われて、文科省が検定の結果を公表して、領土記述が今の1.6倍になるものの、宮台さん、教科書検定は日本特有で、文科省は日本以外にもあると言うが、嘘、ドイツでは検定は州によるもので、ただのガイドライン、州政府の意見を言うのみで強制力はなく、州政府の言うことと教科書の違いを言うのみ、アメリカには教科書はなく、基本的に町であり、国家レベルでやらず、フランスも国家は口を出さず、国家が教科書を検閲するのは日本のみ、日本は「国定教科書」であり、基本的に文科省の調査官のチェックがあり、基本的に教科書は4年に1度変わり、申請~採択に2年かけて国定教科書にして、中国には似たものはあるが、「先進国には国定教科書はない」と宮台さん言われて、国定教科書の目的は、様々な学習をするというものの、政府見解を竹島、尖閣について強く書いており、「政府のやっていることに文句を言わないようにする」ものであり、先の馳文科相のように、政治参加が社会になじまないソーシャルキャピタルはどの党にも共用罪なのに、政権の都合のよいようにソーシャルキャピタルを動かしており、そして教科書検定で日本が弱体化するのは、誰が立派かの判断が要るが一人でできず、多くの人の知恵を結び付けるのが日本の根幹なのに、分厚いソーシャルキャピタルの中でたくさんの人の提案をみんな見て考えるべきで、国が一律に決めるのはおかしく、固有の事情から自分が考えるべきで、検定がある先進国はない、日本以外は州のみであり、ただのガイドライン、異論が出たら検討すべきで、ドイツはポーランドと教科書も話し合い、どういう教育をするかをやっており、州により見解は異なるものの、地域ごとに判定し、日本のような検定制度は世界に他にないと、宮台さん締めくくられました。

 

そして、安田純平さんのヌスラ戦線拘束に関して、朝日放送のキャストで、ジャーナリストの西谷文和さんが解説されました。昨日ネットに公開された動画で、安田さんの安否が心配されて、入国から9か月過ぎても日本政府は何もできず、安田さんの身に何があったのか、西谷さんのスタジオでのお話で、安田さんとは中東で一緒になり、10年前のイラク戦争以来の友人関係で、勇敢な方であり、最先端を取材する、西谷さんの尊敬するジャーナリストで、西谷さんはトルコに行かれて、失踪した安田さんの後を追い、安田さんの座ったテーブルも確認して、安田さんが国境を超えるのを手伝った方を西谷さん尋ねられて、安田さんはシリアの、ヌスラ戦線の制圧した町に行かれて、ガイドはシリアが安田さんを受け入れられるか、昨年の6月の痕跡で、ガイドも見つかって、しかし安田さんは別のガイドと行き、西谷さんはこのガイドが裏切って安田さんを売ったと推定されます。

安田さんはトルコ~シリアの国境沿いに入り、そこは厳重な警備であり、トルコ政府は難民のふりをしたテロリストを警戒しているためであり、安田さんはシリアに入ったところで拘束された模様で、西谷さんはヌスラ戦線を知っている人を取材し、ヌスラ戦線はロシアの空爆で逃げまくっており、拘束から9か月、ヌスラ戦線は身代金のために拘束or空爆から逃げるために声明を出せなかったといい、安田さんを救うために情報収集がいると言われるのです。

安田さんは、ギャングに捕まり(金になる、内戦で人の心は荒れている)→そのギャング団をヌスラ戦線が知って捕まえて、安田さんをお金になるととらえており、ヌスラ戦線はアサド政権と対立して、ロシアはアサド政権を守るためにヌスラ戦線を攻撃、空爆で弱体化して、自由シリア軍が相対的に強くなり(停戦で空爆されない)、ヌスラ戦線は、携帯の番号から場所が分かり空爆されるので、西谷さんの通訳がヌスラ戦線と交渉しようとしても、そのためにじっくり交渉できず、自由シリア軍が強くなり、刑務所を襲って解放し、捕虜の半分は流れ弾で殺されて、しかし安田さんの拘束場所がやられたら、日本も困るだろうと、安田さんを交渉の切り札にしており、現地の情報だと、安田さんはアレッポに連れていかれて、その時はスペインの人質と一緒にいて、しかしそこは空爆されて、今はトルコ~シリア国境(車で1時間)、交渉が上手くいけば、安田さんは1時間で解放されて、しかし安田さんは衰弱しており、しかしロシアの空爆が続けばそれで安田さんも殺される、他の武装勢力がヌスラ戦線を攻撃して安田さんの危ない、最悪は、交渉が上手くいかないと他の武装集団に転売されて、直接イスラム国に売ることはないが、仲介業者がいてイスラム国に売り渡される危険性もあり、日本政府は西谷さんの通訳の情報だと何もしておらず、現地も、西谷さんも後藤さんの二の舞を危惧して、司会の浦川さんも、日本政府は安田さんを早く救出すべきと締めくくられました。

 

これについて、日刊ゲンダイの記事もありました。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/177559

元外務省の天木直人さんは、自分なら安田さんの救出を最優先させると言われています。

http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/03/18/post-4132/

田中康夫さんが、外務省ではなく害無能省と喝破された通りです。安倍総理がタイガースの監督でこんな失態をしたら、トラキチにより大阪南港に放り込まれますよ!ちゃんとせんかい、安倍総理!以上、宮台さんと西谷さんのお話でした。



教科書採択傍聴拒否-損害賠償-第3回-口頭弁論のお知らせ by limitlesslife
March 16, 2016, 1:01 pm
Filed under: 教科書問題
愛媛の奥村です。
BCCで送ります。重複される方、すみません。
教科書採択傍聴拒否-損害賠償
第3回-口頭弁論のお知らせ

———————-
●訴えの要旨

今治市教育委員会は、2014年8月29日に開催された教育委員会会議(小学校
用教科書採択審議)の傍聴受付手続きを、「傍聴受付時間を終了している」との理由
で、①傍聴席が6席残っており、②会議も始まっていないにもかかわらず、拒否し、
傍聴させなかった。

①②の状況であれば、今治市教委は、傍聴受付手続きを行う必要がある。今治市教
委の前記傍聴受付手続き拒否は、原告(主権者=住民)の「知る権利」・「表現の自
由」の保障(参政権など憲法21条)としての会議の公開にもとづく「傍聴の自由」
の侵害である。

上記の理由から、今治市を被告として、原告の「傍聴の自由」の侵害に対する慰
謝料(損害賠償)の請求。

●「傍聴の自由」の確立

1,憲法などが規定する「会議の公開原則」

憲法第57条において、「両議院の会議は、公開とする」と規定し、地方自治法
第115条において、「普通地方公共団体の議会の会議は、これを公開する」と規定
している。教育委員会の会議も、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第14条
7項において、「教育委員会の会議は、公開する」と定め、今治市教育委員会会議規
則第11条で「会議は、公開する」と定めている。

2,会議の「公開原則」と「傍聴の自由」

会議の「公開原則」は、下記の3つの自由などを含むと理解されている。
①「議員・委員以外の者が会議の内容を直接見聞する」ことを意味する
「傍聴の自由」。
②「報道機関が新聞やテレビなどを通して会議の内容を」「広く一般に知らせ
る」
ことを意味する「報道の自由」。
③「会議の記録」を公表することを意味する「会議禄の公開」。

3,「傍聴の自由」は、「知る権利」・「表現の自由」(憲法21条)の基礎

①「傍聴の自由」は、情報を直接入手するために不可欠な行為で、「知る権利」
(憲法21条)の基礎をなし、住民(主権者)自らが政治に参加するために不可欠の
前提をなす権利である「表現の自由」(憲法21条)のなす。

②「傍聴の自由」は、行政や議会が公平かつ公正に行われているか否かの監視に
不可欠な行為である。

しかしながら、「傍聴の自由」は、会議の会場の広さを理由に傍聴席数を制限し
たり、傍聴受付時刻や諸事前手続きを求めるなどの様々な制限があり、実体的「傍聴
の自由」は、制限されている。
今治市教育委員会では、教育委員会会議の日時・場所の周知を、会議の1週間程
度前に、教育委員会のホームページに掲載するだけであり、実体的な会議の公開とは
いえない状況にある。

4,住民自治(主権実現)の基礎をなす本来の「傍聴の自由」の実現を!

自らが政治に参加するために不可欠の前提をなす権利である前記①②の「傍聴の自
由」は、制限され、傍聴者には、会議の資料も十分配布されることもなく、黙して椅
子に座っているだけの存在に貶められ、恩恵的な存在になっている。

この現実を変え、主権者の権利としての「傍聴の自由」を実現するための一つの方
法としての訴訟です。
ぜひ、裁判の傍聴を!

これまでの経過・準備書面は、下記に掲載しています。
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2/32/32.html

***************
Okumura Etuo
gf742bpjye82j6v7vzw2@mopera.net

安倍政権の「教育再生」の問題点
教育委員会制度とは 画像13分43秒
https://www.youtube.com/watch?v=iByza-XunEQ
安倍自民党政権の「教育再生」は、憲法改悪の地ならし-資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub6/2013/saisei.html
「原発安全神話と教科書記述-検定基準改悪」 画像5分49秒
http://www.youtube.com/watch?v=1l6SToOmnk4
えひめ教科書裁判 資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2.htm
憲法活用が、憲法「改悪」の〈ちから〉!
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub8.htm
****************