Global Ethics


朝日放送おはようコール(2017/4/28) 中川譲が日ロ首脳会談での日本の目論見大外れと勝谷誠彦氏の兵庫県知事選出馬を語る   by limitlesslife
April 29, 2017, 3:17 am
Filed under: 日露
 永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝のコメンテイターは帝塚山学院
大学客員教授の中川譲さん(元朝日新聞編集委員)でした。

今朝の朝刊一面紹介、朝日は森友学園に特例を財務省近畿財務局が配慮していた件、読売は北方領土の
調査、産経もこれと日ロ首脳会談、毎日はドーピング内部告発窓口、日経はASEANに円供与枠のこと
です。

日ロ首脳会談、3時間に及び、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)はロシアとアメリカの仲介
役は果たせたか、北方領土問題と、北朝鮮問題も主要テーマになり、クレムリンでASSとプーチン氏の
会談は今回で17回目、ASSはプーチン氏との再会を、ウラディーミルとファーストネームで呼び歓迎し
て、しかしロシアの出方は、北朝鮮の脅威を口実に日本とアメリカの軍事行動に釘で、ロシアは北朝鮮に
独自路線、来月ウラジオストクと北朝鮮を結ぶ定期航路が開設、日本への入港が制裁のために禁止されて
いる万景峰号が入り、日本の外務省はこれに不愉快とコメントし、今回の主要テーマは北朝鮮のこと、昨
年暮れの日ロ首脳会談はトランプ大統領就任前、日露は親密にとしても、北方領土の返還はなく、日本が
経済支援で、6か国協議の再開をロシアが提唱して、ANNの取材に、ロシアは北朝鮮に輸出している、石
油も増えていると言うもので、中川さん、日本にとっては計算違い、ASSはプーチン氏に北朝鮮に圧力
をかけてくれとしたら、ロシアは逆、国際政治の情勢が激変して、アメリカのシリア空爆があり、米ロ関
係は急速に冷え込んで、日本の外交に計算違い、それでロシアは北朝鮮の支援に回り、石油の不足する北
朝鮮にロシアが支援して、ロシアは資源大国で石油はいくらでもあり、さらに米中の接近も日本は予測で
きず、アメリカと中国が対話と圧力で二人三脚で、北朝鮮に分担を役割してやって、日本はその蚊帳の外
で、日本は何をしたらいいのか?日本は国際情勢の変化を知って、北方領土はロシアがアメリカににらみ
を利かせる拠点で日本への返還どころではなく、日本は何ができるか考えるべきで、今回の日ロ会談は昨
年暮れにスケジュールが決まっていても、国際環境は激変して、やるべきであったのかと指摘されまし
た。

7月の兵庫県知事選に、コラムニストの勝谷誠彦氏が立候補を表明、尼崎市出身、灘高校→早稲田大学、
文春の記者→コラムニスト、兵庫県のためになる子供たちを育てたい、東京に行くのではなく、敷居の低
い知事をと語り、容貌は関西のテレビで見せるサングラス&金髪とは全く異なり、現職の井戸氏は顔が見
えない、井戸氏は4期目、兵庫県知事初の5選目を目指しており、兵庫県知事選はすでに井戸氏の他3人が立
候補して、勝谷氏は教育、観光に投資、100万ドルの夜景を使い、芸能レポーターの二田一比古さんは、文
春にて一時一緒で、スクープはなかったものの、原稿を書くのが速いとあり、中川さん、勝谷氏の外見が
全く異なり、テレビでは歯に衣着せぬ言い方、朝日新聞も批判から、会見ではおとなしくなり、しかしこ
のような勝谷氏に魅力があるのか、毒舌のイメージと大きく異なり、コメンテイター時の勝谷氏と異な
り、人生経験を持ち込み、しかし政策はどうか聞きたいと言われました。

本日の気になる新聞記事、朝日23面、サッカーのサポーターが差別表現問題で無期限入場禁止、ガンバ
のサポーターがナチの旗を示した件で、ガンバはすでに応援旗を禁止、他にも韓国で旭日旗が掲示され
て、日刊スポーツの高原さん、認識に問題と言われて、中川さん、プロ野球にはこういうことはなく、
ヨーロッパのフーリガンのやることで、サッカーを汚すと言われて、毎日の28面、琵琶湖のアユが激減、
外来の大型プランクトンの発生でミジンコが減ったもので、中川さん、ブラックバス同様、外来種の問
題、本来の生態系を守るべきと言われました。以上、中川さんのお話でした。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



日米関係を「同盟」とは呼べない:ロシアの「北方領土」と同様、米国に「在日米軍基地の固定化」を許してはならない。 by limitlesslife
February 14, 2017, 1:51 pm
Filed under: アベノミス, 日米, 日露

I日米関係を「同盟」とは呼べない 

記載 石垣敏夫

 

安倍首相は在日米軍基地固定化を阻止せよ

 

同盟とは対等であること

「米英同盟」で、イギリスは本土に米軍基地を置かせていない。

過去の日英同盟で、日本政府は、日本の土地にイギリス軍基地を置かせていない。

日独同盟でも日本にドイツ軍基地は置かせていない。

アベ首相が「日米同盟の強化」というなら、

「対米隷属の強化」と事実を述べることである。

 

「同盟とは同じていどの力を持った者同士の間で、成立するもの」

諸葛孔明

 

ロシアの「北方領土」と同様、米国に「在日米軍基地の固定化」を許してはならない。



TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ! 小西克哉 ヨーロッパのテロと日ロ首脳会談を語る&崎山敏也 沖縄最高裁敗訴報告 by limitlesslife
December 21, 2016, 3:44 am
Filed under: 日露, 沖縄
 永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ! 火曜日のレギュラーは国際ジャーナリストの
小西克哉さんでした。オープニングは辺野古訴訟での沖縄敗訴、TBSラジオ記者の崎山敏也さんの最高裁からの報告があり
ました。国が翁長知事を訴えていた件、第2小法廷の傍聴をされた崎山さん、最高裁の前で抗議集会が行われてお
り、皆さん怒っておられて、崎山さんは膨張されて、裁判長の棄却まで20秒もかからず、訴訟費用は誰が
負担するかのことは傍聴者の怒号で聞き取りず、法廷の写真撮影より短い、支援者は怒っており、裁判の
争点は、仲井真氏が辺野古埋め立てを許可して、翁長知事が取り消し、国が取り消しをやめろとして、し
かしこれは高裁で負けて、憲法92条の地方自治の項目で基地押しつけにおかしいとして上告されて、それ
で裁判の注目点は、憲法92条を論じるかなのに、普通なら憲法を判断するなら大法廷なのに、そこに行か
ず、95年の軍用地の代理署名、当時の太田知事が抵抗して、大法廷で太田氏が主張できたのに、今回は大
法廷に行かず、結果もわかってるからと、翁長知事の弁論の場すらなく、最高裁は是正指示に従わなかっ
たとして門前払い、沖縄の意見を述べる場もなかったのです。

強啓さんも、一言で判決なのに驚かれて、崎山さん、敗訴でも理由を支援者は言ってほしく、そして沖
縄と国の和解で、司法の判断に従うとしても、これは「埋め立て許可のみの判決であり、他に抵抗する方
法はあり」、埋め立ての方法、珊瑚礁のこと、岩を砕くところにも抵抗はあり、しかしこれは和解条件で
受け入れろという国の、埋め立てに関しては、のものであり、しかし憲法92条に基づく上告は認められ
ず、しかし沖縄と外交のどちらが大事なのか、崎山さんは不完全燃焼であったと言われました。以上、崎
山さんのお話でした。

ニュースランキング1位はベルリンでのテロ、リスナーより、ヨーロッパの難民、世界で格差が広がり、
このようなテロがあり、これについて小西さん、クリスマスで人のたくさん来るところにテロで、7月のフ
ランス、花火大会にトラックが突っ込み、チュニジア系のホームグローンの犯行で、今回はポーランド
系、ドイツは難民を受け入れて、グローバル化で人間の移動が特にEUで簡単になり、ギャップの激しい
ところにあり、グローバル化は行き過ぎによる軋轢で、EUをオープンにしていいのかという論議すら起
こる可能性に言及されました。

2位はロシア大使のトルコでの射殺、警護のための警官に射殺されて、アレッポを忘れるなと叫び、一部
メディアでローンウルフと呼ばれて、小西さん、この男はトルコの機動隊にいて、神は偉大なりと言って
おり、イスラム原理主義に浸透したものであり、背後は不明だが、トルコがやろうとしていることが気に
食わない、ロシアとの距離を縮めており、プーチン大統領はアサド政権を応援し、トルコはシリアの反体
制派を応援していたのに、エルドアン大統領とプーチン大統領が手打ちを夏に始めて、これを不満に思う
トルコの人がいて、テロをトルコにするのはものすごく多く、夏には空港で爆発、クーデターがあり、エ
ルドアン政権はクーデターで焼け太り、トルコがロシアとの距離を縮めて、シリアの反体制派は後ろ盾を
なくし、さらにトランプ大統領でシリアの反体制派は窮地にあり、これがトルコでのテロの原因で、シリ
アで、アサド政権に反対している人たちの苦境で、アレッポの反体制派は陥落して、この際にプーチン大
統領は日本に来ていた、シリアのアレッポが大変なのに、プーチン氏は日本で温泉に入り、よくプーチン
氏はシリアが大混乱の時に来たもので、プーチン氏が遅刻した理由はシリア情勢というのは嘘ではないと
言われました。

デイキャッチャーズボイス、小西さんが、日ロ首脳会談について語られました。

評価の分かれる日ロ首脳会談、小西さんの評価、世論調査では評価も分かれて、どちらかと言うと評価
するもの、論調は、毎日、安倍政権に近い読売、産経は厳しく、朝日は経済協力の期待を評価するもの
で、領土は厳しく、朝日だと評価する方がわずかに多く、しかし記者会見で、経済協力ばかり、領土や主
権のことは出ず、読売、産経、そして東京新聞の評価が主体で、専門家は、鈴木宗男氏は第一歩と言うな
どではあるものの、袴田氏は厳しい姿勢で、領土問題はロシアに拒否されて、妥協しなかったと言い、そ
して小西さんは、今回の会談にはわからないこともあるものの、鈴木宗男氏は安倍総理と近く、中の情報
を持って、これは小西さんは評価すべきと言われて、ざっと見て、成果文書、医療、エネルギーのことは
共同経済活動のみ、安倍総理はプーチン氏と16回会って、経済のことしか話さないのはおかしく、大事な
ところを隠して、これはプーチン氏の事情で言えない、プーチン氏は2018年に大統領選、安倍総理も2018
年に総裁選であり、これでプーチン氏が領土で譲ったら、プーチン氏でも致命傷になり、2年の間に信頼を
作り、プーチン氏は1956年の日ソ共同宣言に入り、その前で領土と言うと、ロシアで領土を渡したとし
て、プーチン氏は潰されて、安倍総理はロシアのシナリオに乗り、3000億は民間であり、徐々にルールを
作って民間が様子を見るもので、いきなり3000億は動かず、日本は食い逃げを懸念して、しかしロシアも
もらえないことを懸念している。

特例措置は、両国の扱いにつくもので、しかしこれは成功例は少なく、主権を話題にせず、特区ではな
く、しかし4島には日露の主権を侵さないようにして、問題は経済活動をしたら、日露の交流が進み、小西
さんは島をいくつか取ったより、アジアでの、対中関係に影響して、アメリカはプーチン政権に食い込ん
でおり、エクソンモービルはロシアでやり、自民の二階氏は国民が失望していると、幹事長が言い、二階
氏は中国と近く、安倍総理がロシアと接近すると、中国との関係に問題が生じるためと言われて、時間に
なりました、以上、デイ・キャッチ!の内容でした。

_____________

重要:

辺野古埋め立て「違法確認訴訟」最高裁で県が敗訴しても知事は判決を理由に埋立承認取消を取り消すことはできません/させてはいけません!

https://globalethics.wordpress.com/2016/12/20/%E8%BE%BA%E9%87%8E%E5%8F%A4%E5%9F%8B%E3%82%81%E7%AB%8B%E3%81%A6%E3%80%8C%E9%81%95%E6%B3%95%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E3%80%8D%E6%9C%80%E9%AB%98%E8%A3%81%E3%81%A7%E7%9C%8C%E3%81%8C%E6%95%97/



やられ放題 安倍こそネズミ1匹 by limitlesslife
December 19, 2016, 11:11 pm
Filed under: アベノミス, プーチン, 日露
やられ放題 安倍こそネズミ1匹

★都知事・小池百合子の定例会見では、五輪開催会場を巡るやり取りで、記者に「大
山鳴動(たいざんめいどう)、ネズミ1匹ではないか」と問われた小池が色を成したこ
とがあったが、くだんの記者に言いたい。「大山鳴動-」はそこで使うのではなく、日
ロ首脳会談で首相・安倍晋三に聞くべきことだ。北方領土のうち歯舞、色丹2島の平和
条約締結後の引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言について「主権を返すとは
書いていない」とロシア・プーチン大統領が発言した段階で全く両国はかみ合っていな
かった。

★そりが合わない米・オバマ大統領を尻目に15回以上会談を重ねてきたプーチンが
相手。「私の故郷に招いて話し合う」と親密さをアピールしてトップ会談でグリップで
きると考えたのなら安倍の外交音痴ぶりはかなり深刻だ。欧州を向こうに回し、領土返
還を餌に3000億円を日本から引っ張り、シリア情勢では日本がロシアに同調したか
に見せるなど、やられ放題。当然ながらロシアでは「外交勝利」の紙面が躍る。7日、
米英仏独伊とカナダの6カ国首脳、つまり日本を除くG7の各国は、シリア北部のアレ
ッポ情勢について、人道支援のために即時停戦を求めるとともに、外交努力により平和
的な解決を望むとする共同声明を発表した。日ロ首脳会談に浮かれ、G7伊勢志摩サミ
ットで経済制裁に踏み込んだ議長国・日本に声をかける義理もなくなった。

★「国民の大半がガッカリしているということを、われわれは心に刻む必要がある。
時間を区切った交渉のはずだ。経済問題も大事だが、人間は経済だけで生きているわけ
ではない。もう少し、真摯(しんし)に向き合ってもらいたい」とは自民党幹事長・二
階俊博の感想だが、世界の信用も失ったつけは計り知れない。(K)※敬称略

http://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/1753834.html
政界地獄耳

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



朝日放送おはようコール 伊藤惇夫が安倍対ロ外交の失敗と高校での相撲の生徒への暴力問題を語る by limitlesslife
December 19, 2016, 7:11 am
Filed under: アベノミス, プーチン, 日米, 日露

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝は政治アナリストの伊藤惇夫さんのお話でした。

 今朝の朝刊一面トップは、朝日は学校給食無償化55市町村で実施、対象は全生徒の1%、読売は介護中の殺人未検証が4割、毎日は大阪で最低賃金未満が全国ワースト、産経は東芝粉飾決算で300億、社長の刑事訴追、日経は将来の社会保障破綻です。

 

 日ロ首脳会談、安倍総理への批判が強まり、ロシアも外交の勝利だと自負しており、安倍総理は日露平和条約と言うものの、領土問題は全く解決せず、北方4島の経済活動のみ決まり、3000億の協力で、元北方島の島民も失望、民進党の蓮舫氏もプーチン氏に一本取られたと批判し、共産党の志位氏も北方領土問題は進展しなかったと批判し、ロシア市民は意味なしと冷ややかで、日本との経済協力に否定的、ロシアの新聞は、日本の安倍総理が北方領土で後退した、日本の屈服を報じており、毎日新聞の世論調査では、経済協力は賛成が59%、期待するは60%、しかし与党でも二階氏は、国民はがっかりしていると批判して、安倍総理は自画自賛、これについて伊藤さん、領土より経済は、日本とロシアの取り方は異なり、日本で期待しても、世論調査でどれだけ会談の内容を理解しているか、ロシアは安倍総理の提案に協力するのみで、具体的には決まらず、「実質的に北方領土のロシアの主権を認めてしまい」、平和条約は今まで領土と一緒のはずが、領土は置き去りで平和条約のみ、そしてロシアはこれを利用して欧米のロシアへの制裁をかわせると見ており(欧米の包囲網が崩れたとみている)、「日本だけロシアと親しくすると、欧米から日本が(ロシアに制裁をしていないと)疑心暗鬼で見られる可能性があり」、トランプ氏はこれをどう見るか(大統領選へのサイバー攻撃をオバマ氏が問題視している)、日本が欧米からどう見られるか、日本の国際社会の位置に問題があり、領土問題の進展はなかったどころか逆戻り、安倍総理のやり方は危なっかしいと批判されました。

(ちなみに、日ロ首脳会談、先週はあれだけテレビで取り上げられて、安倍総理もテレビに出まくりであったのに、今日のニュース、ワイドショーに日ロ首脳会談は全く取り上げられません)

 

 相撲の名門の、福島の日大付属高校で生徒にハンマーやのこぎり!での暴力行為があり、日大東北高校の顧問が指導と称して暴力をふるい、暴力を振るわれた生徒の保護者からの連絡で発覚、その生徒は転校、顧問の活動を停止しており、顧問は反省していると学校は言い、この教師は本年度から正規採用、被害の詳細は今学校で調べており、未だにこんな行き過ぎたかわいがり、全国総体に何度も出場した高校で、20代と50代の教師が暴力行為、とても信じられない暴力行為をこの二人は生徒にしており、事件発覚後も教師への処分はなく、毎日新聞の報道で発覚、スタジオでもかわいがりへの批判があり、日刊スポーツの井関さん、相撲部員への指導の問題も説かれて、これについて伊藤さん、指導ではなく暴力、拷問、部員は5人しかいない、名門の部にこれだけしかいないのは暴力のためであり、20代の教師も、自分もこのような目に合ってこんなことをしており、生徒一人だけやられたのは、将来性があるからとしても転校されておしまいであり、相撲のなかにこういうことをよしとする体質があると言われて、20代の教師は発覚するまで続けており、学校も反省文を書かせて、ばれなければ良しの、学校のそれだけの緩い体質がこういう事件を産んだと言われました。

 

 島根県立大の女子学生が2009年に殺害された事件、警察の捜査で、当時33歳の男性の関与がわかり、しかしその男性は交通事故ですでに亡くなっており(遺体発見の2日後に事故死)、男性のデジカメから行方不明の女子大学生の写真があり、警察は容疑者死亡で書類送検、凶器・死因は不明で、これについて伊藤さん、警察の執念で、しかし両者の接点は不明で、遺族にはやるせないと言われました。

 

 本日の気になる新聞記事、産経の記事で、維新が小池氏に対抗心、維新の東京進出、維新塾、都議選での二桁の当選者を目指すもので、150の定員に400人参加、松井氏は府の財政の改善を言うものの、小池氏には批判的であり、協力するかと思いきや、伊藤さん、橋本氏は小池氏と親しいものの、松井氏はそうではなく、塾のブーム、誰かの人気で当選するものではなく、参加者は小池塾の4000人の一桁下であり、都議選は小池氏派と自民のバトルになり、国政の維新が何をしたいのか、維新は安倍政権べったりで独自性なしと言われて、読売の記事で、福袋、五輪メダリストの指導が受けられる、伊勢志摩サミットのオバマ氏の使った部屋に泊まれるなどあり、伊藤さん、アイデア勝負、どこのデパートが知恵を出すかと指摘されました、以上、伊藤さんのお話でした。

 

 

 

 



日露どこへ /上(その1) 首相、読み違え 「2島返還」観測、11月会談で霧消 by limitlesslife
December 18, 2016, 7:57 am
Filed under: アベノミス, プーチン, 日露

/上(その1) 首相、読み違え 「2島返還」観測、11月会談で霧消

日露首脳会談のため首相官邸に到着し安倍晋三首相の出迎えを受けるロシアのプーチン大統領(左)=2016年12月16日午後1時48分、川田雅浩撮影

 「ロシア人の島民を脅かすようなことはしないでもらいたい」。ロシアのプーチン大統領が昨年までの安倍晋三首相との会談でこのフレーズを繰り返していたと首相周辺は明かす。日本政府はこの発言について、北方領土に住むロシア人の生活が保証されるなら、返還に応じる用意があるとのメッセージと受け止めた。

 どこに国境線を引くかの交渉を繰り返しても結果は出ない。日露が共存する姿を模索しよう--。首相は今年に入り、北方四島の帰属確認に固執しながら交渉を取り仕切ってきた外務省のロシア専門家から距離を置き、発想の転換を図る。

 練られた構想は今年5月、ロシア南部ソチであった首脳会談で「新たなアプローチ」としてプーチン氏に提案された。9月に極東ウラジオストクで再び会談し、このアイデアの詳細について意見が交わされた。

 帰国後の首相は交渉進展への自信を隠さなかった。「交渉を具体的に進める道筋が見えてくるような手応えを強く感じた」(9月27日衆院本会議)。政府内には、プーチン氏が「平和条約締結後の歯舞、色丹引き渡し」を明記した日ソ共同宣言(1956年)に言及したことから、少なくとも「2島返還」が実現するとの観測が広がった。与党内では「領土問題進展で首相が衆院解散に打って出る」との「北方領土解散」がささやかれ始めた。

 だが、期待は11月のペルーでの会談で雲散霧消する。ロシア側は予想以上に強硬な姿勢を示し、会談の後、首相は「そう簡単な課題ではない。一歩一歩、山を越えていく必要がある」と慎重な言い回しに転じた。

 ペルー会談の前にあった米大統領選では、プーチン氏に融和姿勢を示すトランプ氏が勝利し、ウクライナ問題やシリア情勢で対立してきた米露関係が改善する可能性が出てきた。米欧の制裁とともにロシア経済低迷の要因だった原油安も、石油輸出国機構(OPEC)の減産合意などで懸念は後退しつつあり、ロシア側の強硬姿勢につながっていることも否定できない。

 両首脳は山口県長門市と東京で夕食会を含めて約6時間会談し、16日午後、共同記者会見に臨んだ。首相は「北方四島の未来図を描き、その中から解決策を探し出す未来志向の発想が必要だ」と呼びかけたが、プーチン氏は「1945年、ソ連はサハリンだけでなく、南クリル(北方四島)も取り戻した」と述べ、北方四島はもともとロシア領だったとの認識を示した。

 ある閣僚経験者は「ロシアは様子を見ている。今は北方領土を動かす気はないだろう」と語り、交渉難航の背景に国際環境の変化があると指摘する。一方、首相に近い自民党幹部は「首相は領土問題で進展があると本気で思っていた。それがプーチン氏の戦略だったのか、状況が変わったのかは分からない」と語った。

    ◇

 15、16両日の日露首脳会談では、北方領土問題の進展はなかった。その背景には何があったのか、そして日露両国はどこに向かおうとしているのかを探った。

日露どこへ



朝日放送おはよう朝日土曜日です 河原地英武 日ロ首脳会談を語る by limitlesslife
December 17, 2016, 10:23 am
Filed under: アベノクー, アベノミス, プーチン, 日露

 永岡です、朝日放送の、おはよう朝日土曜日です、日ロ首脳会談について、京都産業大学の河原地英武さんのお話がありました。

 河原地さん、北方領土を、以前はこの番組で2島は返ってくると言われましたが、自民でも二階氏が、国民ががっかりしていると批判しており、10月に河原地さんは、今回が2島の返還のチャンスと言われたのに、11月でペルーのリマでプーチン氏は北方領土はロシアものといい、ロシアはその後北方領土にミサイル配備、この間に何があったか、11月にトランプ氏がアメリカ大統領になることになり、潮目が変わり、プーチン氏はトランプ氏と仲が良く、プーチン氏はオバマ氏とは対立関係であり、ロシアは、トランプ氏の当選のために選挙でサイバー攻撃しており、トランプ氏は国務長官にロシアに親しい人を選び(ロシアからメダルをもらっている)、ロシアが日本に接近したのは、クリミア制裁で日本をここから抜けさせるために、北方領土を餌にしていたもので、しかしトランプ氏が大統領になり、日本から経済協力も約束してしまい、しかしアメリカがトランプ大統領になり、日本はお呼びではなく、また安倍政権はロシアとの交渉をして、10月の段階で領土問題は解決しないとわかった。

 プーチン氏は、KGBの元スパイ、東独で秘密警察に所属して活動しており、元スパイ、柔道を愛好するプーチン氏、ウクライナの高級ワインをベルルスコーニ氏と飲んで、ウクライナ人を怒らせて、プーチン氏は常に遅刻はしない、習近平氏には遅刻せず、奥さんともトラブルを抱えて、支持率80%の理由は、ロシア人の国民性、力が全て、チンギスハン、ナポレオンなどに常に侵略されて戦っており、日本もシベリア出兵をしており、力が全てがロシアの本領で、領土を渡したら、プーチン氏は大統領にいられなくなり、ロシアでは、行列、パン屋で悪いものを渡されないかとチェックするので行列になり、そんなロシア人には、プーチン氏は理想的な指導者で、地球環境を守るのではなく、ロシアの国益のために世界をどう使うかであり、今回プーチン氏は日本から3000億もらい、大勝利で、河原地さんは北方領土の解決は当面無理、4島は返らない、今回共同記者会見で、プーチン氏は日米安保条約を脅威とした=日本がアメリカとの同盟関係を切ったら北方領土は考えてやる(北方領土に米軍が来る可能性をロシアは危惧)、日本がロシアとの関係で、領土を返してもらう前提ではもうロシアとの外交はできない、北方領土は当面帰ってこないと締めくくられました、以上、おはよう朝日土曜日です、のニュースでした。