Global Ethics


早乙女勝元さん「焼け跡の少年が見た戦後70年」: コスタリカに学ぶ会講演会(4/19) by limitlesslife

小倉志郎です。
来る4月19日開催のコスタリカに学ぶ会の第12回総会記念講演会のお知らせです。
複数のM/Lに投稿しており、情報重複の方、お許しください。
————————————————————-
第12回総会
―軍隊を捨てた国コスタリカに学び平和をつくる会―
◎非会員の方は総会での議決権はありませんが、傍聴や講演聴講の参加は自由です。

記念講演「焼け跡の少年が見た戦後70年」
■講 師:早乙女勝元さん (作家、東京大空襲・戦災資料センター館長)

■と き:2015年4月19日(日)13:30~16:30(開場13:15)
第1部「総会」午後1時30分~
第2部「記念講演」2時15分~
■ところ:経堂すずらん会館B1F会議室
東京都世田谷区宮坂3-13-6
TEL:03-3426-8855
【交通】 小田急線「経堂」駅北口より徒歩5分
【地図】 http://www.arai-cl.com/access.html
■資料代:500円
◎入場者全員に当会編新刊「軍隊なんか要らないよ! 語録(総集編)」を差し上げます。

いま、安倍政権の集団的自衛権行使容認にみられる右傾化は、元自民党副総裁山崎拓氏や歴代
自民党幹事長の加藤紘一、古賀誠、野中広務氏らも憂いているところです。以上を踏まえての
総括的な話もさることながら、早乙女さんと言えば東京・下町を襲った1945年3月10日の東京大
空襲です。安倍政権が目論んでいる憲法改悪、有志連合・国防軍など、この夏に予定している
「戦後70年談話」の向こうをはってではありませんが、早乙女さんの少年時代、焼け跡から夢
見た民主主義国家・日本の「平和」のあり方とは何か、また、映画『戦争と青春』はじめ、映
画『軍隊をすてた国』をプロデュースした早乙女勝元さん・愛さんの「軍隊のない平和への
道」とは何か。風化する東京大空襲、広島・長崎の原爆…。そして、2011年3月11日の東日
本大震災・福島原発事故。激動の戦後70年の想いのたけをざっくばらんに語っていただきま
す。

講師プロフィール:東京の働く姿を描いた作品が多く、また反戦・平和をライフテーマとす
る。1945年3月9日に東京大空襲を経験。1946年に義務教育を終え、鐘紡附属東京理化学研究所
(当時)に少年工として勤務するかたわら、旧制都立第七中学校(現・都立墨田川高校)夜間
部に入学。1952年に小説『下町の故郷』で直木賞候補。1970年に「東京空襲を記録する会」を
結成。2002年に東京都江東区にオープンした東京大空襲・戦災資料センター館長就任。ベトナ
ム戦争のときの空爆被害の救援にも力をいれている。
編著書に、『下町の故郷』(1952年、葦出版社)、『ハモニカ工場』(1956年、未來社)、
『美しい橋』(1957年、文理書院)、『愛と口笛とぼく』(1968年、東邦出版社→『それぞれ
の愛』に改題、草の根出版会)、『東京大空襲-昭和二〇年三月十日の記録』(1971年、岩波
新書、ルポルタージュ)、『わが街角』(1974年~1976年、新潮社、全5巻)、『猫は生きてい
る』(1974年、理論社)、『ベトナムのダーちゃん』(1974年、童心社)、『負元物語』
(1978年、理論社)、『おトウの子育て』(1980年、学研)、『戦争と青春』(1991年、講談
社)、「平和のための名言集」(2012年、大和書房)、『私の東京平和散歩』(2013年、新日
本出版社)等多数。

●主 催:軍隊を捨てた国コスタリカに学び平和をつくる会(略称:コスタリカに学ぶ会)
●連絡先:090-8049-3178(小倉)

MLホームページ: http://www.freeml.com/jump-people

Advertisements


by limitlesslife

本日3/20(水・祝日) 東京大空襲集会(宇都宮健児さんの講演も)@台東区民会館ホール

紅林進です。
明日3月20日(水・休日)、下記の東京大空襲集会が台東区民会館
ホールで開催され、宇都宮健児さんが講演されるとのことです。
なお下記集会とは全く別のイベントですが、3月22日(金)には宇都宮
健児さんが問題提起を話される衆議院第2議員会館での憲法集会が、
そして4月6日(土)には渋谷で、宇都宮健児さんと井戸川克隆さん
(前双葉町町長)との対談イベントも開催されます。
                           紅林進
                           tkurbys@yahoo.co.jp
(以下転載、転送・転載・拡散大歓迎)
<東京大空襲集会案内>

日時:3月20日(水・祝日)午後1時30分開場/午後2時開演
会場:台東区民会館ホール(9階)

    東武線、地下鉄銀座線「浅草駅」徒歩5分
都営地下鉄「浅草駅」徒歩8分
地図http://ketto.com/map/taitou.htm
講演:宇都宮健児さん(都知事候補として大奮闘されました)
合唱:「合唱団この灯火」(東京大空襲と原爆被害、福島の原発事故に
    心を寄せて20年)
資料代:500円
主催:東京空襲犠牲者遺族会(TEL・FAX:03-3616-2338)
東京大空襲訴訟原告団(TEL・FAX:03-3616-5531)
〒131-0045東京都墨田区押上1-33-4、中村ビル102
E-mail:tokyoukusyu@coral.bforth.com

[呼びかけ文] 東京大空襲訴訟原告弁護団団長  中山武敏

3月20日、台東区民会館で同封チラシの宇都宮弁護士講演・講師の

「平和憲法で暮らしと人権を守る合唱と講演のつどい」の東京大空襲
集会が開催されます。

東京大空襲訴訟は、現在、戦争被害受忍論の判例変更を求めて最高

裁で闘っています。

東京大空襲訴訟弁護団には宇都宮弁護士をはじめ所属を超えて全国

から120数名の弁護士が名を連ねています。
憲法改正、集団的自衛権の容認、行使と危険な動きが加速しているなか
で東京大空襲訴訟の意義はますます強まっていると確信しています。

これまで軍人・軍属には53兆円もの補償がなされているのに民間人空襲

被害者は切り捨てられ放置されたままです。
司法解決ととも立法解決を車の両輪として活動しています。
早乙女勝元、斎藤貴男、前田哲男、荒井信一さんと共に差別なき戦後補償
立法を求める全国空襲被害者連絡協議会の共同代表もしています。

空襲被害者等援護法を実現する超党派の議員連盟も結成され、援護法骨子

素案も発表されていますが、昨年12月の衆議院議員総選挙後の国会情勢も
踏まえ、本年7月の参議院議員選挙後に議員連盟の総会の開催に向けての
活動も積み重ねています。
昨年の都知事選の「人にやさしい東京をつくる会」の代表もしていますが
都知事選で得られた多くの人々との繋がりと信頼を大切にしながら草の根
からの平和・人権活動に今後も取り組んでいきます。
ご都合がつく方は案内の集会に参加いただければ幸いです。
早々。
また上記集会とは全く別のイベントですが、3月22日(金)には宇都宮健児
さんが問題提起を話される衆議院第2議員会館での憲法集会が、そして、
4月6日(土)には渋谷で、宇都宮健児さんと井戸川克隆さん(前双葉町町長)
との対談イベントも開催されます。
○今、憲法を変えていいのか?!
 ~反貧困・脱原発・平和を実現するために~
【日時】3月22日(金)12時から13時半
【会場】衆議院第2議員会館地下1階・第1会議室
    (地下鉄永田町駅・国会議事堂駅下車)
    国会周辺図http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
【内容】問題提起・伊藤真(法学館憲法研究所所長=伊藤塾塾長)
問題提起・宇都宮健児さん(前日弁連会長)
【主催】9条フェスタ市民ネット
*会館入り口で11時半より通行証が配られます。
<宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る>
前日本弁護士連合会会長と元福島県双葉町長の対談

日時:4月6日(土)時間:18:30開場 19:00
場所:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(渋谷駅から徒歩5分)
地図http://www.shibu-cul.jp/access.html
開演チケット前売り700円、当日800円
対談:宇都宮健児(前日本弁護士連合会会長)、井戸川克隆(元福島県双葉町長)
司会:マエキタミヤコ
主催:市民グループ「私が東京を変える」
http://watashiga.org/