Global Ethics


「米国は核不使用宣言を」 秋葉前広島市長がトランプ氏に手紙 by limitlesslife
January 20, 2017, 6:28 pm
Filed under: 核兵器不使用

広島平和記念公園に立つ秋葉忠利さん

 米国の新大統領に20日、ドナルド・トランプ氏(70)が就任する。オバマ大統領が種をまいた米国の「核なき世界」に向けた政策はどう変わってゆくのだろうか。就任に当たって、長年にわたり反核運動に取り組んできた前広島市長の秋葉忠利氏(74)が、広島の思いを伝えようと新大統領に宛てて手紙を送った。【森忠彦】


 ◆北東アジアを非核地帯に

拝啓 トランプ新大統領殿

秋葉さんが送ったドナルド・トランプ氏宛ての手紙

 前広島市長として、大統領選での歴史的勝利ならびに新大統領ご就任にお祝いを申し上げます。

 核兵器についての今後の貴殿の決定が世界中の人々、特に広島市民と被爆者にとっては大きな関心事であり、貴殿の決定が、賢明かつ平和的なものであることを期待しています。

 貴殿は選挙期間中、「北朝鮮と話し合ってもいい」との意向を示されました。近年の大統領とは違う勇気を示しています。さらに「米国はもはや世界の警察官としての役割は果たさない」とも言われました。つまり、米国の世界における力は維持するものの、国際問題を解決するには、まず外交的な手段から始めるという方針だと受け止めています。日本と韓国が自前の核兵器を持つことは奨励しないとも表明されました。

 次なる関心事は貴殿が実際に北朝鮮に会った際に何を言われるのかということです。ぜひ核兵器を廃棄するよう説得してください。日本と韓国が核武装しないことは、北朝鮮がその提案を受け入れる大前提になります。

 そのうえで、北朝鮮が核兵器廃棄に合意するためには北朝鮮にとってのさらなる「利益」が必要でしょう。それは北朝鮮に対して「米国が核兵器を使わない」という保証ではないでしょうか。

 理由は明快です。現実問題として米国が日本や韓国に核攻撃をすることはあり得ません。人類の滅亡につながる危険を冒して、米国が中国やロシアに対して核兵器を使用する可能性も少ないでしょう。そのような状況下で、この地域で唯一北朝鮮だけを例外扱いする意味はあるのでしょうか。北朝鮮が米本土にまで届く核ミサイルの開発をやめれば、米国にとっての直接の脅威はなくなります。一方で米国が警察官をやめれば、北朝鮮の核攻撃もなくなり、核兵器を使う必要がなくなるのです。

 北朝鮮が誰の核からも安全になったとすると、日本や韓国も同じように安全であることでバランスをとることが必要になります。中国は核兵器の先制使用はしないと宣言していますので、問題はロシアです。ぜひプーチン大統領との会談では日韓には核兵器を使わないという合意をしてください。

 こうした合意ができたとすると、北東アジアに関係する6カ国のうち、真ん中の日本と韓国、北朝鮮は核兵器を持たない。そして外側の3カ国、つまり米国、ロシアそして中国は3カ国に対しては核兵器を使わないと約束するということになります。このシナリオは貴殿の発言とは矛盾しません。また、最近の米国大統領の中でこのような新機軸を実現できるのは貴殿だけです。これが実現すれば、貴殿は「北東アジア非核地帯」を創造したことになり、全世界から称賛の声が上がります。もはや米軍が常駐して警備にあたる必要はなく、警察官としての役割も減少します。世界の国々は、他の地域においても同様の偉大な成果を上げることを期待するでしょう。

 最後に、広島あるいは長崎を訪問してくださるよう招請致します。貴殿であれば被爆者と心の通う関係を築くことは可能です。時間が問題なら、まず米国に在住している被爆者と会ってください。彼らの多くは米国籍の日系アメリカ市民で、原爆投下時、たまたま広島の学校に通っていて被爆した人たちです。オバマ大統領は広島でのスピーチで日系アメリカ人被爆者の存在には触れませんでしたが、彼らの被爆体験は一聴の価値があり、そのメッセージは全ての人に希望をもたらします。彼らと向き合うことは、戦争、そして人類の生存についての貴殿の考え方を変えるほどのインパクトがあると確信しています。

 前広島市長 秋葉忠利

       ◇

 和訳要約。英語の全文は毎日新聞社の英文ニュースサイト「The Mainichi(http://mainichi.jp/english)」に掲載します。


「核なき世界」へ夢つなげたい

 1942年生まれの秋葉氏の人生は、戦後の反核運動の一縮図と言っていいだろう。小学生の時に映画「原爆の子」を見たのが生涯をかけて広島、原爆とかかわるきっかけとなった。高校時代に米国に留学中、現地では日米開戦の契機となった日本軍による真珠湾攻撃と絡め、「原爆投下は正しかった」「リメンバー・パールハーバー」と教育されていることを知る。反論しても多勢に無勢。まずは被爆地の実態を伝えようと、米タフツ大学勤務時代に米国の地方紙記者を広島・長崎へ派遣する「アキバ・プロジェクト」を始めた。

 その後、広島修道大教授を経て衆院議員(3期)、99~2011年に広島市長3期を務め、8月6日の「平和宣言」はすべて自分の言葉で世界に発信してきた。09年に「核なき世界」を唱えたオバマ大統領に感動し、翌年訪れたホワイトハウスでは広島への訪問を直接、要請したこともある。昨年5月の広島訪問は「これで米国社会が変わる。世界は確実に平和の方向に変化してゆく」と期待したという。

 しかし、広島訪問で弾みがついたかに見えた平和に向けた勢いは、米国内外の逆風を受け、失速しつつある。

 オバマ氏が目指した米国の核先制不使用宣言は政権末期の昨年秋、米議会の反発などを受け挫折した。核兵器禁止条約制定に向けて今年3月から交渉を開始することを定めた国連決議案は、昨年12月末の国連総会で113カ国が賛成し採択されたが、核保有国である米英仏やロシアは反対。中国は棄権に回った。核兵器廃止に向けた国際的な環境は、相変わらず厳しい。

 この手紙には、「オバマ氏広島訪問で高まった世界の期待を、夢を壊さないでほしい」という秋葉氏の願いが込められている。手紙は今月中旬、ホワイトハウスと在日米国大使館宛てに2通郵送された。

 トランプ新大統領に、広島の思いはどう響くだろうか。

特集ワイド

関連記事

訪日外国人4000万人時代へ…接客・ビジネスに生かす英語力を伸ばす方法
Sponsored by オリンパス

http://cdn.cxpublic.com/generic_v1.html#requestObject=%7B%22context%22%3A%7B%22referrer%22%3A%22http%3A%2F%2Fmainichi.jp%2Farticles%2F20170118%2Fdde%2F012%2F040%2F023000c%3Ffm%3Dmnm%22%2C%22autoRefresh%22%3Atrue%7D%7D&media=html&sid=9222356687186286883&widgetId=3fa10793d14992a6590d4a36c326b6a60b0c8c57&width=756&height=250&resizeToContentSize=true&ctx=http%3A%2F%2Fmainichi.jp%2Farticles%2F20170118%2Fdde%2F012%2F040%2F023000c%3Ffm%3Dmnm&usi=ii647kyx80kawjho&rnd=1410050954&prnd=iy5lqlxmgytutm5c&tzo=360&parentElementId=cxWidget_0.9080059112757803



劉下院議員とマーキー上院議員が核先制使用禁止法案を提出 by limitlesslife
October 1, 2016, 2:04 am
Filed under: 核兵器不使用

CONGRESSMAN LIEU & SENATOR MARKEY INTRODUCE THE RESTRICTING FIRST USE OF NUCLEAR WEAPONS ACT

———-転送メッセージ———-
From: johnhallam2011 via Nuclear News List <nuclear-news-list@googlegroups.com>
日付: 2016年9月30日金曜日
件名: CONGRESSMAN LIEU & SENATOR MARKEY INTRODUCE THE RESTRICTING FIRST USE OF NUCLEAR WEAPONS ACT
To: Nuclearnews Group <nuclear-news-list@googlegroups.com>, Yahoogroups <abolition-caucus@yahoogroups.com>

CONGRESSMAN LIEU & SENATOR MARKEY INTRODUCE THE RESTRICTING FIRST USE OF NUCLEAR WEAPONS ACT

September 27, 2016
Press Release
 

FOR IMMEDIATE RELEASE
Washington – Today, Congressman Ted W. Lieu (D-Los Angeles County) and Senator Ed Markey (D-Massachusetts) introduced H.R. 6179, the Restricting First Use of Nuclear Weapons Act of 2016.  This legislation would prohibit the President from launching a nuclear first strike without a declaration of war by Congress.  The crucial issue of nuclear first use – discussed in last evening’s Presidential Debate – is all the more urgent given the fact that a majority of Americans do not trust Republican Nominee Donald Trump with our nation’s nuclear arsenal.
Upon introduction of this legislation, Senator Markey issued the following statement:
“Nuclear war poses the gravest risk to human survival. Unfortunately, by maintaining the option of using nuclear weapons first in a conflict, U.S. policy increases the risk of unintended nuclear escalation. The President should not use nuclear weapons except in response to a nuclear attack. This legislation enshrines this simple principle into law. I thank Rep. Lieu for his partnership on this common-sense bill during this critical time in our nation’s history.”
Upon introduction of this legislation, Mr. Lieu issued the following statement:
“Our Founding Fathers would be rolling over in their graves if they knew the President could launch a massive, potentially civilization-ending military strike without authorization from Congress. Our Constitution created a government based on checks and balances and gave the power to declare war solely to the people’s representatives. A nuclear first strike, which can kill hundreds of millions of people and invite a retaliatory strike that can destroy America, is war. The current nuclear launch approval process, which gives the decision to potentially end civilization as we know it to a single individual, is flatly unconstitutional. I am proud to introduce the Restricting First Use of Nuclear Weapons Act of 2016with Sen. Markey to realign our nation’s nuclear weapons launch policy with the Constitution.”
Praise for the Restricting First Use of Nuclear Weapons Act of 2016
William J. Perry, Former Secretary of Defense – “During my period as Secretary of Defense, I never confronted a situation, or could even imagine a situation, in which I would recommend that the President make a first strike with nuclear weapons—understanding that such an action, whatever the provocation, would likely bring about the end of civilization.  I believe that the legislation proposed by Congressman Lieu and Senator Markey recognizes that terrible reality.  Certainly a decision that momentous for all of civilization should have the kind of checks and balances on Executive powers called for by our Constitution.”
Tom Z. Collina, Policy Director of Ploughshares Fund – “Current US nuclear policy is undemocratic and unconstitutional. In the realm of nuclear weapons, the United States is closer to a dictatorship than a democracy. The President has absolute authority to use nuclear weapons, and Congress has been cut out. It is time to bring democracy to nuclear policy, and Rep. Lieu and Sen. Markey’s bill moves us in that direction.”
Megan Amundson, Executive Director of Women’s Action for New Directions (WAND) – “Rep. Lieu and Sen. Markey have rightly called out the dangers of only one person having his or her finger on the nuclear button. The potential misuse of this power in the current global climate has only magnified this concern. It is time to make real progress toward lowering the risk that nuclear weapons are ever used again, and this legislation is a good start.”
Catherine Thomasson, MD, Executive Director of Physicians for Social Responsibility – “We must understand that our own nuclear weapons pose an unacceptable risk to our national security. The “successful” use of our own nuclear arsenal would cause catastrophic climate disruption around the world including here in the United States. These weapons are suicide bombs, and no one individual should have the power to introduce them into a conflict. The Restricting First Use of Nuclear Weapons Act of 2016 is an important step to lessen the chance these weapons will be used.”
Congressman Lieu is a member of the National Security Subcommittee of the House Oversight Committee.
###


先制不使用断念--日本の核武装の懸念が一つの理由と米紙 by limitlesslife
September 9, 2016, 2:12 pm
Filed under: 核兵器不使用
核情報
の田窪です。
先制不使用断念--日本の核武装の懸念が一つの理由と米紙
 岸田外相は平和公園でケリー国務長官に何を囁いたのか?
ニューヨーク・タイムズ紙が「オバマ、核兵器の先制不使用の宣言しない見込み」(9月5日付け)
と報じました。その中で、日本はいかなる核の傘の縮小にも不安を覚え、その結果核武装することになるかもしれないとケリー国務長官が主張したことを、オバマ大統領の先制不使用宣言断念の理由の一つとして挙げています。
詳しくは核情報をご覧下さい。


オバマ先制核不使用から後退 by limitlesslife
September 9, 2016, 2:02 pm
Filed under: 核兵器不使用

Inbox
x
表記ひしぶりのタイムズ、さんがーに記事です。米国ないのすさまじい核固執派
の動きです、安部政権も噛んでいるでしょう。拙速邦訳を下記におきま す。渡
植貞一郎。
http://nuke-weapon-timeline.news.coocan.jp/times/ObamaUnlikelyToVowNoFirstUse.htmlMLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan

_________________
原文

Obama Unlikely to Vow No First Use of Nuclear Weapons
By DAVID E. SANGER and WILLIAM J. BROADSEPT. 5, 2016
Continue reading the main storyShare This Page

432
Photo

President Obama at a wreath-laying ceremony with Prime Minister Shinzo Abe of Japan at the Hiroshima Peace Memorial in May. Credit Doug Mills/The New York Times
President Obama, who has weighed ruling out a first use of a nuclear weapon in a conflict, appears likely to abandon the proposal after top national security advisers argued that it could undermine allies and embolden Russia and China, according to several senior administration officials.

Mr. Obama considers a reduction in the role of nuclear weapons as critical to his legacy. But he has been chagrined to hear critics, including some former senior aides, argue that the administration’s second-term nuclear modernization plans, costing up to $1 trillion in coming decades, undermine commitments he made in 2009.

For months, arms control advocates have argued for a series of steps to advance the pledge he made to pursue “a world without nuclear weapons.” An unequivocal no-first-use pledge would have been the boldest of those measures. They contend that as a practical matter no American president would use a nuclear weapon when so many other options are available.

Former Defense Secretary William J. Perry said in a recent interview, “It’s the right time,” noting that the pledge would formalize what has been America’s unspoken policy for decades.

But in the end, Mr. Obama seems to have sided with his current advisers, who warned in meetings culminating this summer that a no-first-use declaration would rattle allies like Japan and South Korea. Those nations are concerned about discussion of an American pullback from Asia prompted by comments made by the Republican presidential nominee, Donald J. Trump.

Defense Secretary Ashton B. Carter and Secretary of State John Kerry also expressed concern that new moves by Russia and China, from the Baltic to the South China Sea, made it the wrong time to issue the declaration, according to senior aides in the Defense and State Departments. Secretary of Energy Ernest J. Moniz, whose department oversees the nuclear arsenal, joined in the objections, administration officials confirmed.

The New York Times interviewed more than a half-dozen administration officials involved in or briefed on the nuclear debate. All insisted on anonymity to describe internal administration deliberations on nuclear strategy.

Continue reading the main story

RELATED COVERAGE
At Hiroshima Memorial, Obama Says Nuclear Arms Require ‘Moral Revolution’ MAY 27, 2016

Reduction of Nuclear Arsenal Has Slowed Under Obama, Report Finds MAY 26, 2016

Obama Rebukes Donald Trump’s Comments on Nuclear Weapons APRIL 1, 2016

As U.S. Modernizes Nuclear Weapons, ‘Smaller’ Leaves Some Uneasy JAN. 11, 2016

As Obama Hosts Nuclear Security Summit, the Focus Is on China MARCH 31, 2016
FROM OUR ADVERTISERS
The United States dropped nuclear bombs on Hiroshima and Nagasaki in Japan at the end of World War II in 1945 — the only example in history of a first use, or any use, of nuclear weapons in warfare. Almost every president since Harry S. Truman has made it clear that nuclear weapons would be used only as a last resort, so the pledge would have largely ratified unwritten policy.

Administration officials confirmed that the question of changing the policy on first use had come up repeatedly this summer as a way for Mr. Obama to show that his commitment to reducing the role of nuclear weapons in American strategy — and thus the risk of nuclear exchanges — was more than rhetorical.

But the arguments in front of the president himself were relatively brief, officials said, apparently because so many senior aides objected. Mr. Carter argued that President Vladimir V. Putin of Russia and Kim Jong-un, the North Korean leader, could interpret a promise of no first use as a sign of American weakness, even though that was not the intent.

The defense secretary’s position was supported by Mr. Kerry and Mr. Moniz, two architects of the Iran nuclear deal, who cautioned that such a declaration could unnerve American allies already fearful that America’s nuclear umbrella cannot be relied upon. Mr. Trump talked explicitly in interviews about withdrawing military forces from Asia unless Tokyo and Seoul paid more for their presence, and said in March that he was willing to see them build their own nuclear arsenals rather than depend on Washington.

According to one senior administration official, Mr. Kerry told Mr. Obama that a no-first-use pledge would also weaken the nuclear deterrent while Russia is running practice bombing runs over Europe and China is expanding its reach in the South China Sea.

Mr. Obama and his national security team have rejected a second option: “de-alerting” nuclear missiles ready to fire on short notice. The fear is that in a crisis, “re-alerting” the weapons could escalate a conflict.

Earlier, Mr. Obama and his aides also decided against eliminating one element of the “triad” of land-, air- and submarine-launched weapons. The idea was to remove the missiles based in silos across the American West, which are considered outdated and vulnerable to a first strike. But the Pentagon argued strongly that the ground-based missiles were the part of the system with which they had the most assured communications, and that it was too risky to get rid of them.

In the past year, arms control advocates, including some of Mr. Obama’s former aides, have argued that Mr. Obama still has time to repair his reputation as an atomic visionary.

 

 

 



日本政府の核政策に関する安倍首相への要請書間 by limitlesslife
August 26, 2016, 10:00 pm
Filed under: アベノミス, 核兵器不使用

みなさま
(重複受診される方にはご容赦ください。)

それぞれにすでに取り組んでおられるように、日本政府の最近の核政策をめぐる動き
には目に余るものがあります。
とりわけ、米オバマ大統領の「核先制不使用宣言」の動きにさえ、いち早く抵抗を示
しながら、安倍首相は自らの発言を否定するという開き直りの態度をとっています。
また、先ごろ終了した国連公開作業部会における核の法的禁止をめぐる論議の中では
終始足を引っ張る以外の役割を果たさなかった挙句に棄権に回るという不信感を残す
動きでした。遅まきながら広島からも日本政府への要望書簡を本日送付いたしまし
た。書き貼り付けとファイル添付でお送りいたします。

森瀧春子
核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)
***********************

内閣総理大臣 安倍晋三殿
外務大臣   岸田文雄殿

日本政府の核政策に関する要請書
米の核兵器先制不使用を実現させ核兵器禁止条約制定への貢献を求める

広島で核兵器廃絶のために取り組む市民組織として、日本の核政策に関し次のように
要望します。
米紙ワシントン・ポストなどの報道によると、米オバマ大統領が核政策の見直しとし
て核兵器の先制不使用宣言を意図していることに対し、安倍首相が反対を表明してい
るということですが、これは被爆国としてあるまじきことです。
ヒロシマのみならず、世界中に疑惑と不信感をもたらす恥ずべきことと考えます。
核兵器の使用によってもたらされた未曾有の非人道的破壊を体験したヒロシマ・ナガ
サキはいかなる理由があろうとも核兵器の存在・使用を許すことはできません。
報道では「北朝鮮への核抑止力が弱まる」などを理由としていますが、これは日本政
府の安全保障政策が核抑止力に依存したものであることを表しています。
オバマ米大統領の広島訪問に同行して慰霊碑前で読み上げた「核兵器のない世界を必
ず実現する」というメッセージや8・6式典での自らの発言と、現実にとっている核
政策との矛盾を露呈するものです。
せめてもの核先制不使用をという動きに抵抗することは、漸進的、段階的な核軍縮を
と主張してきている日本政府自身の主張にも矛盾することです。

先の国連公開作業部会でも核兵器禁止条約の制定による核兵器廃絶の実現をという圧
倒的な多数の国々による国際的な潮流に対し、日本政府が「時期尚早」「保有国と非
保有国の溝を深める」云々と主張したあげく棄権するという態度もまた広島のみなら
ず世界の不信、失望を招いています。
唯一の戦争被爆国として、秋の国連総会において提起される公開作業部会の報告に賛
同し、2017年から核兵器禁止条約の制定に向けた議論を開始しようとする動きを先導
することこそが核兵器廃絶を願う世界の人々の信頼を回復する道です。

世界に衝撃を与えている被爆国日本の「核先制不使用」反対の姿勢は、現に48トン
に上るプルトニゥ-ムを保有し更に核燃料サイクル政策の維持により、日本の核兵器
保有への疑念を国際社会により一層もたらしています。
日本政府安倍政権に求めます。
米の核兵器先制不使用宣言に反対しないこと。
秋の国連総会において、国連公開作業部会から提案される核兵器禁止条約制定のため
の2017年議論開始を妨害することなく被爆国として先導すること。
備蓄プルトニュームを廃棄し、核燃料サイクル政策の維持によるプルトニュームの増
産計画をやめること。
以上、核兵器の比類なき非人道性を体験したヒロシマから訴えます。

2017年8月26日

核兵器廃絶を求めるヒロシマの会
Hiroshima Alliance for Nuclear Weapons Abolition (HANWA)
共同代表  青木克明  足立修一  森瀧春子

***********************************

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan



先制不使用支持訴える書簡、朝日・毎日が詳報 by limitlesslife
August 25, 2016, 9:44 pm
Filed under: 核兵器不使用

核情報
http://kakujoho.net/
の田窪です。

先制不使用支持訴える書簡、朝日・毎日が詳報
核を先に使う国にはならないとする先制不使用宣言を米国がすることに反対しないよう日本政府に求める日米団体の書簡と国際書簡について朝日・毎日両紙が大きく取り上げています。一つは7月27日に発表された米国側書簡と原子力資料情報室・原水禁と核情報による日本側書簡について論じた朝日デジタルの記事(8月6日付け)。もう一つは、核情報が呼びかけて8月6日と9日に広島・長崎から政府に送った国際公開書簡について論じた毎日新聞の記事(8月24日付け)です。

詳しくは、核情報をご覧下さい。

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan



詐欺的と国連作業部会で批判──先制不使用に反対する日本 by limitlesslife
August 24, 2016, 9:50 pm
Filed under: アベノクー, アベノミス, 核兵器不使用
核情報
の田窪です。
 
詐欺的と国連作業部会で批判──先制不使用に反対する日本
 
核兵器禁止条約について議論していた国連核軍縮作業部会(OEWG)で、8月16日、先制不使用宣言をしないように米国に働きかけている日韓両国の姿勢が注目を浴びました。常々「漸進的アプローチ」なるものを提唱しながら、その一方で米国に「NPTの下で合意した行動を実施にしないよう求めている」と元豪外交官が両国を非難したからです。19日に行われた条約の交渉を2017年から始めるよう勧告する報告書の採択に際して日本は棄権しました(賛成68、反対22、棄権13)。先制不使用に反対の日本が禁止条約交渉を本気で求めるはずがないことは最初から明らかでした。ありうるのはごまかしか棄権か、反対だけです。
 
詳しくは核情報をご覧下さい。