Global Ethics


NYT: 日本の核廃物との闘い、惨害から6年 by limitlesslife
March 15, 2017, 3:20 am
Filed under: 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・)
Photo

A worker on the outside wall of the Reactor 2 building at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station last month. CreditKo Sasaki for The New York Times

FUKUSHIMA DAIICHI NUCLEAR POWER STATION — Six years after the largest nuclear disaster in a quarter-century, Japanese officials have still not solved a basic problem: what to do with an ever-growing pile of radioactive waste. Each form of waste at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, where three reactors melted down after an earthquake and a tsunami on March 11, 2011, presents its own challenges.

400 Tons of Contaminated Water Per Day

Continue reading the main story

Photo

Tanks for contaminated water, with Reactors 1 and 2 in the background. CreditKo Sasaki for The New York Times

The Tokyo Electric Power Company is pumping water nonstop through the three reactors to cool melted fuel that remains too hot and radioactive to remove. About 400 tons of water passes through the reactors every day, including groundwater that seeps in. The water picks up radiation in the reactors and then is diverted into a decontamination facility.

But the decontamination filters cannot remove all the radioactive material. So for now, all this water is being stored in 1,000 gray, blue and white tanks on the grounds. The tanks already hold 962,000 tons of contaminated water, and Tokyo Electric is installing more tanks. It is also trying to slow the flow of groundwater through the reactors by building an underground ice wall.

Within a few years, though, and no one is sure exactly when, the plant may run out of room to store the contaminated water. “We cannot continue to build tanks forever,” said Shigenori Hata, an official at the Ministry of Economy, Trade and Industry.

Continue reading the main story

The authorities are debating whether it might be acceptable, given the relatively low radioactive levels in the water, to dilute the contaminated water and then dump it into the ocean. But local fishermen are vehemently opposed. Many people still do not trust Tokyo Electric because of its bungled response to the disaster, the worst nuclear accident since Chernobyl.

3,519 Containers of Radioactive Sludge

Photo

Shipping containers holding reactor maintenance equipment from the plant. Other containers at the site hold rubble or filters full of radioactive sludge.CreditKo Sasaki for The New York Times

The process of decontaminating the water leaves radioactive sludge trapped in filters, which are being held in thousands of containers of different sizes.

Tokyo Electric says it cannot quantify the amount of radioactive sludge being generated. But it says it is experimenting with what to do with it, including mixing it with cement or iron. Then it will have to decide how to store it.

64,700 Cubic Meters of Discarded Protective Clothing

Continue reading the main story

Continue reading the main story

The estimated 6,000 cleanup workers at the site put on new protective gear every day. These hazmat suits, face masks, rubber gloves and shoe coverings are thrown out at the end of each shift. The clothing is compressed and stored in 1,000 steel boxes stacked around the site.

To date, more than 64,700 cubic meters of gear has been discarded, the equivalent of 17 million one-gallon containers. Tokyo Electric says it will eventually incinerate all this contaminated clothing to reduce the space needed to store it.

Branches and Logs From 220 Acres of Deforested Land

Continue reading the main story

Continue reading the main story

The plant’s grounds were once dotted with trees, and a portion was even designated as a bird sanctuary. But workers have cleared about 220 acres of trees since the meltdown spewed radiation over them.

Now, piles of branches and tree trunks are stacked all over the site. Officials say there are about 80,000 cubic meters of this waste, and all of it will have to be incinerated and stored someday.

200,400 Cubic Meters of Radioactive Rubble

Photo

The shell of the Reactor 1 building at the plant. CreditKo Sasaki for The New York Times

Explosions during the meltdown filled the reactors with rubble. Workers and robots are slowly and carefully trying to remove this tangled mass of crushed concrete, pipes, hoses and metal.

Tokyo Electric estimates that more than 200,400 cubic meters of rubble — all of it radioactive — have been removed so far and stored in custom-made steel boxes. That is the equivalent of about 3,000 standard 40-foot shipping containers.

3.5 Billion Gallons of Soil

Continue reading the main story

Continue reading the main story

Thousands of plastic garbage bags sit in neat rows in the fields and abandoned towns surrounding the Fukushima plant. They contain soil that was scraped from land that was exposed to radiation in the days after the accident.

Japan’s Ministry of the Environment estimates that it has bagged 3.5 billion gallons of soil, and plans to collect much more. It will eventually incinerate some of the soil, but that will only reduce the volume of the radioactive waste, not eliminate it.

The ministry has already begun building a massive, interim storage facility in Fukushima prefecture and negotiating with 2,360 landowners for the thousands of acres needed to complete it. And that is not even a long-term solution: The government says that after 30 years it will need another site — or sites — to store radioactive waste.

1,573 Nuclear Fuel Rods

Photo

A pool at the facility for storing spent fuel rods. CreditKo Sasaki for The New York Times

The ultimate goal of the cleanup is to cool and, if possible, remove the uranium and plutonium fuel that was inside the three reactors at the time of the disaster.

Hundreds of spent fuel rods are in cooling pools inside the reactors, and the company hopes to have cleared away enough rubble to begin removing them next year. The much bigger challenge will be removing the fuel that was in use in the reactor core at the time of the meltdown.

The condition and location of this molten fuel debris are still largely unknown. In one reactor where a robot was sent in January, much of the melted fuel is believed to have burned through the bottom of the inner reactor vessel and burrowed into the thick concrete foundation of the containment structure.

The plan is to completely seal the containment vessels, fill them with water and use robots to find and remove the molten fuel debris. But the rubble, the lethal levels of radiation and the risk of letting radiation escape make this an exceedingly difficult task.

In January, a camera inserted into one of the reactors detected radiation levels high enough to kill a person in less than a minute. A robot that was sent into the reactor last month had to be abandoned after debris blocked its path and radiation disabled it.

Tokyo Electric hopes to begin removing fuel debris from the reactor cores in 2021. The entire effort could take decades. Some say the radioactive material may prove impossible to remove safely and have suggested leaving it and entombing Fukushima under a concrete and steel sarcophagus like the one used at Chernobyl.

But the Japanese government and Tokyo Electric say they are committed to removing all the waste and cleaning the site, estimated at a cost of $188.6 billion.

“We want to return it to a safe state,” said Yuichi Okamura, general manager of the company’s nuclear power and plant siting division. “We promised the local people that we would recover the site and make it a safe ground again.”

Continue reading the main story

Photo

A monitoring post in Naraha shows the radiation level at the entrance gate to temporary storage for contaminated soil.CreditKo Sasaki for The New York Times
Correction: March 13, 2017
An earlier version of a picture caption with this article misstated the contents of shipping containers at the plant. The ones in the photograph hold reactor maintenance equipment, not rubble. (Rubble and radioactive sludge are held in other containers.)

Correction: March 14, 2017
An earlier version of this article mischaracterized how lethal levels of radiation were found in one of the Fukushima Daiichi reactors in January. The radiation was detected with a camera inserted into the reactor, not a robot.

Continue reading the main story

Advertisements


TBSラジオ 荻上チキSESSION22 崎山敏也 環境省の移染廃物中間貯蔵施設本体工事着手を語る by limitlesslife
November 16, 2016, 3:33 pm
Filed under: 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・)

 永岡です、TBSラジオの、荻上チキSESSION22、昨夜の放送で、崎山敏也さんが、環境省が福島事故の移染で出た核廃物の中間貯蔵施設の建設に着手した件について報告されています、TBSクラウドで公開されています。

http://www.tbsradio.jp/92168

 崎山さんの原発ニュース、移染作業で出た廃物の中間貯蔵施設、福島原発、双葉町と大熊町に、来年秋に完成と言うものの、用地はまだ取得は11%であり、崎山さんの報告、移染廃物の中間貯蔵施設は、移染で出た土壌、木、草などの8000ベクレル以下の福島で出た廃物を分類して、草は容積が大きいので焼却して小さくして30年保管最終処分場まで保管するもので、中間貯蔵施設は、福島原発の大熊町と双葉町の、原発を取り囲むドーナツの半分くらいの輪、1600ヘクタール、渋谷区並みの大きさで、まだ170ヘクタールしか土地は確保されず、その確保された中で仕事できる(分別、保管)施設を今回着工し、しかしまだ全体の土地取得はまだなのです。

 まとまった土地が得られたから着手で、千差万別、大熊町は国に売るか、環境省に地上権を貸すのかは未定、賃貸か売買かであり、町有地以外の、2360人の地権者のうち450人の契約は済んでも、持っている土地は大きさが異なり、まだ難航して、1/3の私有地は、大熊町に持つ人が大熊町にいるとは限らず、昭和、大正に取得されて、連絡先不明の土地もあり、帰還困難区域に来てもらい交渉する必要があり、契約、合意に大変な手間がかかる。

 中間貯蔵施設に反対ではなく、フレコンバックは福島に15カ所の仮置き場にあり、復興の阻害になり、しかし環境省のやり方に反対の方もあり、強引なやり方に反発して、土地を30年後に戻すときに原状回復が必要で、これも確約なしで契約できず、法律は将来の政治家が変える可能性があり、しかし契約書は30年後も有効であり、このような細かいことを環境省は決めず、早く土地を出せと環境省はやり、地権者は30年後の返還を確約しろと、交渉は1年半、長くかかり、環境省は福島の復興のためにいうことを聞けとの立場であり、荻上さん、契約がうまく行かなかったことを指摘されて、崎山さん、交渉は難航、過去に前例がなく、30年土地を貸すことに躊躇する人もあり、福島のためにと地権者は犠牲になり、契約など、常識的にやるべきと言われました。

 最終処分場は全く進まず、環境省の中でやっているのかも知れないが、中身は全く変わらず、原状回復も30年後に決めると環境省は言い、これには崎山さんも疑問で、当事者が亡くなる、あるいは金で解決を環境省は待っていると荻上さん言われて、工程とは呼べない、今は中間のみ、先がわからずと荻上さん言われて、崎山さん、最後を見据えずに中間のみやってしまい、中間貯蔵施設が最終にされるされる危惧もあり、当事者のために、福島にも様々な事情の方があり、崎山さんはこれからも取材を続けると締めくくくられました、以上、崎山さんのお話でした。

 

 

 



【記者会見・集会のご案内 11/22 15時より 参議院議員会館】使用済み燃料プールの危険性:福島の教訓、他 by limitlesslife
November 11, 2016, 9:09 am
Filed under: 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・)
Print all
みなさま(重複失礼・拡散歓迎)、

原子力資料情報室の松久保と申します。

原子力資料情報室、ウェブサイト核情報、原水爆禁止日本国民会議は、11月22日15時より参議院議員会館にて、プリンストン大学のフランク・フォンヒッペル名誉教授の記者会見・集会を開催いたします。

また、11月21日に原子力資料情報室は文京シビックセンターにて同氏の講演会「もんじゅの終焉と日本の核燃料サイクルの行方」を開催いたします。

是非ご参加ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【記者会見・集会】

11月22日15時~

使用済み燃料プールの危険性:福島の教訓
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
http://www.cnic.jp/7259

◇日時:2016年11月22日 15時~17時
(14時半から入館証を配布いたします)
◇場所:参議院議員会館 102会議室 (定員42名)

 ※事前予約制、同時通訳有り
contact@cnic.jp または03-3357-3800までご連絡下さい
 
◇趣旨:

2011年の福島第一原発事故では、4号機の使用済み燃料プールで起きていた危機的な状況に注目が集まりました。当時、このプールには原子炉から取り出されたばかりのものを含め大量の燃料が稠密な状態で保管されており、その燃料が放つ熱によりプールの水の蒸発が進めば燃料火災へと至る可能性があったからです。原子炉の側から水がプールに流入するという予想外の出来事で最悪の事態は免れることができましたが、そうでなかったら?

 米国科学アカデミーの福島原子力事故の教訓に関する研究グループ(フェーズ2)のメンバーだったプリンストン大学のフランク・フォンヒッペル名誉教授に解説いただきます。
 

教授がドイツ人研究者と大気拡散モデルを使って行ったシミュレーションが示すものは?

・放出された放射性セシウムのほとんどが風で海の方に向かう場合:
  約150万人の避難を必要(福島事故の場合は約10万人)
・風が東京に向けて吹いている(319日のような)場合:
  3500万人の長期的避難が必要となっていた可能性
 

プールで5年以上冷却された使用済み燃料を空冷式の乾式貯蔵キャスクに移してプールに余裕を作り、火災の可能性・影響を低減すべきだという案を米国原子力規制委員会(NRC)が採用しないのはなぜか。 プール保管より乾式貯蔵の方がはるかに安全だとする原子力規制委員会田中委員長と更田委員長代理。委員会では、各地の原発での乾式貯蔵への移行を指示することを検討したのか。

 

◆講師: フランク・フォンヒッペルさん

  プリンストン大学名誉教授(核物理学者)、国際核分裂性物質パネル(IPFM)前共同議長。1993~94年、ホワイトハウス「科学・技術政策局」国家安全保障担当次官として、ロシアの核兵器物質セキュリティー強化のための米ロ協調プログラム策定に関わる。30年以上、プルトニウムと高濃縮ウランの管理に関する政策立案に携わり、使用済み燃料からのプルトニウムの分離などの研究に貢献。
◇主催:原子力資料情報室、核情報、原水爆禁止日本国民会議
◇紹介議員:福島みずほ参議院議員
◇協力: 超党派「原発ゼロの会」

□ お問合せ

認定特定非営利活動法人 原子力資料情報室
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5 曙橋コーポ2B
TEL.03-3357-3800 FAX.03-3357-3801
Email. contact@cnic.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 

【講演会】

11月21日19時~

「もんじゅの終焉と日本の核燃料サイクルの行方」

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 
http://www.cnic.jp/7235

もんじゅの廃炉を手がかりに、再処理の行方、分離済みプルトニウムの処分方法、使用
済み燃料の保管などについて、プリンストン大学のフランク・フォンヒッペルさんにお
話いただきます。みなさま是非ご参加ください。


◇日時:2016年11月21日 19時~21時(18時30分 開場)

◇会場:文京シビックセンター26階【スカイホール】(定員90名)

(最寄り駅: 東京メトロ 後楽園駅・丸の内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分
   都営地下鉄 春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分
   JR総武線   水道橋駅(東口)徒歩9分)

◇主催:NPO法人原子力資料情報室
◇共催:原水爆禁止日本国民会議、七つ森書館
◇資料代:1,000円 、同時通訳あり(予約不要)
◆講師:フランク・フォンヒッペルさん
プリンストン大学名誉教授(核物理学者)、国際核分裂性物質パネル(IPFM)前共同議
長。1993年からはホワイトハウス「科学・技術政策局」国家安全保障担当次官として、
ロシアの核兵器物質セキュリティー強化のための米ロ協調プログラム策定に関わる。30
年以上、プルトニウムと高濃縮ウランの管理に関する政策立案に携わり、使用済み燃料
からのプルトニウムの分離などの研究に貢献。


■ お問合せ
特定非営利活動法人 原子力資料情報室
〒162-0065 新宿区住吉町8-5 曙橋コーポ2階B 
TEL.03-3357-3800 FAX.03-3357-3801 contact@cnic.jp

松久保 肇

--------------------
原子力資料情報室
<cnic@nifty.com>このアドレスは各スタッフが共用しています
================================
特定非営利活動法人 原子力資料情報室 (CNIC)
Citizens' Nuclear Information Center
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
TEL.03-3357-3800 FAX.03-3357-3801
URL: http://cnic.jp/
MAP: http://cnic.jp/map.html
=====================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料メールマガジン “CNIC EXPRESS”
http://www.mag2.com/m/0000066670.html

----------------------------------------

新刊:検証 福島第一原発事故(価格:5,500円)

福島第一原発事故から5年。原発再稼動と福島の避難指示解除が進む今日、事
故をどこまで教訓にできているのでしょうか? 
本書では、事故の原因、原発震災がもたらしたもの、いま起きていることを考
えます。
そして、事故の全体像を検証して、私たちが何をしたらよいか、を考えます。

CNICの本屋さん からお買い求めいただけます
http://cnic.cart.fc2.com/ca1/166/p-r-s/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Click here to Reply, Reply to all, or Forward
10.76 GB (71%) of 15 GB used
Last account activity: 24 minutes ago

Details

Related Google+ Page
デイリーポータルZ's profile photo
デイリーポータルZ
Follow

https://plus.google.com/u/0/_/streamwidgets/canvas



市民のための自由なラジオ(2016/9/2) 原サチコさんのお話 ドイツと日本の違い、論議するドイツと群れ会う日本&小出先生 核廃物は処置なしのこと by limitlesslife

永岡です、市民のための自由なラジオ、今週は女優の木内みどりさんの司会で自由な隅田川スタジオから放送されました。木内みどりの指さし確認です。暑い中木内さん収録です。

このところ木内さんは朗読を続けておられて、ドイツの演劇の日本語訳の朗読劇をされて、丸木美術館、原爆の絵でのおこり地蔵、反骨の画家によるものも朗読されて、敗戦の日もリーディングであり、今週のゲストは女優の原サチコさん、ドイツの演劇界で活躍されて、ドイツはナチスの台頭を許したことへの反省から戦後出発し、翻って日本はどうなのか、です。

前半のお話、原さん、ドイツでの演劇で活躍される女優は他にもおられても、ドイツの公立劇場で働かれるのは原さんのみ、15年ドイツ語圏で働かれて、劇場が俳優、舞台装置を持つもので、トップが演目などを決めて、劇場の作る演目であり、ドイツに150の都市で劇場があり、国立ではなく公立、州、市が運営して、公的な予算が、大きいとオペラハウス、ストレートプレイ、オペラと並んで、演劇は市民の楽しみで、日本と異なり、日本だと舞台演劇を見た人は少なく、ある市長(H下さん)など文楽は要らないとする始末であり、原さん、ドイツの演劇への公的な援助は世界でも稀で、他の国だと大変であり、木内さん、2006年にドイツ演劇の作品をみんなに伝えようと言うものに出られて、様々な役者さんと4人でされて、その際に原さんと会われて、その際の日本での評判は真っ二つ、そして2016年、ロッコダーソーという舞台、原さんがハンブルクで上演しており、2,3か月に1回公演しているのです。

ルネ・ポレシュさんという方が舞台を作られて、主役も物語もなく、みんなが当たり前と思うことを疑ってかかり、ハムレットはたくさんの方が演じるが、ハムレットを生身の人間、役者がどうして演じるのか、ポレシュさんにはこれが大事で、古典演劇ではなく、役者さんと話し合い、どういう裏側があり、何の悩みがあるのか、徹底的に追及を、それもエンタメ志向、笑いも入れてやり、役者さんもプロンプターでセリフを覚えずに済み、そんな演劇は他の国にはなく、演技力は要らず、いかに自分が考えて、自分の考えでせりふを言うかであり、それが醍醐味であり、そこに行くにはベテランの俳優さんがむしろ大変で、演技をしたらだめであり、自分自身でいてくれ、というものであり、それが難しく、舞台に観客に向かって言うのは、ポレシュさん、哲学者などの観念的なことで語るので面白く、感情移入してはいけない、感情でやるのではなく、思考でそれに賛否ではなく、考える演劇は日本にはなく、ポレシュさんの作品、優秀な俳優での組み合わせであり、その中でスパイラル状に解け合って、一つの脳になり、原発も様々な意見があるものの、同じ2016年を生きている人々が一つの脳になったら、木内さん平和になる、争いは止めようとなると言われて、原さんみんなが違うと認め合う社会が要り、そのために意見を言う必要があり、それでソリューションが得られて、舞台を観ることにより、その場で結論は出ないが、言い合って意見を交わすべきであり、木内さん、日本だと意見を言う、議論することはないと言われて、それをしたら感情的になり、そこがドイツは異なると言われました。

 

LIGHT UPジャーナル、今週は元京都大学原子炉実験所の小出先生のお話です。原発から出る核のゴミについてのお話です。

核のゴミとは何か、原発をやってしまい、エネルギー源はウランを核分裂させて、するとウランの放射能が1億倍になってしまい、この放射能をどう始末したらいいか、原発を始めたころから無毒化の研究がなされて、しかし人間には放射能を消す力はなく、核のゴミ、これを危険のない状態にする仕事が求められて、核廃物のことは、人類が原子炉をマンハッタン計画でプルトニウムを得るために作り、その時から原子炉を動かすと大変になるとわかっていたのに、それから74年経っても放射能の無毒化は不可能であり、どこかに隔離するしかなく、人里離れたところに捨てる方向で、ロケットで宇宙へ飛ばすのは失敗したらアウト、深海、南極も国際条約で禁じられて、それで日本のどこかに捨てるしかなく、8/9に経産省は最終処分地の基準を判断すると言うものの、世界一の地震国、火山国の日本で核廃物の処分地はなく、地震は予知できず、火山も予知できず、地震も火山も日本で無数に起こり、安全に捨てられる場所はなく、木内さん日本の政府は勝手と言われて、それで、政府にて日本列島で核廃物を捨てるところを地元の意図を無視して決めるのはムチャクチャであり、地下に埋めたとしても10万~100万年!安全に保管する必要があり、人類がいるのか?わからず、日本という国など残っているはずはなく、保障される科学はないのに、この始末、無理やりどこかに押し付けるのはとんでもないことなのです。

原さんも参加されて、原さんも脱原発、官邸前にも行かれて、ドイツにはハーメルンの原発にグリーンピースの方に招かれて行かれて、広島サロンをされてのものであり、ハノーファーの州の劇場で、ハノーファーと広島は友好都市で、周りのドイツの方は広島が姉妹都市と知る人は少なく、一人の被爆者の方が懸け橋となって広島サロンを始めて、福島事故前からやって、そして福島事故であり、ドイツ人はこれを関連つけて考えるものであり、ドイツ人は広島、長崎を経た日本がなぜそんなに原発を作ったのかと言われて、そして木内さんの原発に対するアクションも反応されて、ハーメルンのサロンも参加されて、その際に原発に行かれたら、美しい田園風景の中に原発がある異様な世界で、そこはサイクリングコース、原発さえなければ最高の風景なのに、ハーメルンの原発はドイツ最古、外からも建物は老朽化しており、グリーンピースの方は、メルケル氏の脱原発では遅く、もっと早く廃炉にと活動されて、この活動に小出先生も敬意を表されて、原さん、福島の皆さんの思いをドイツに伝えておられるのです。

原さんも活動されて、政府、大手マスコミのやれないことをされているのです、以上、今週の小出先生のお話でした。

 

ここで音楽、ビートルズの曲、木内さんは15歳の時に、イギリス出張に行かれた叔父のお土産のレコード、HELP、HELPは助けてであり、そこからビートルズにはまられて、ストロベリーフィールズ フォーエヴァー、リバプールの戦争孤児の家のことです。これは、daily motion動画にありました。

http://www.dailymotion.com/video/x3vkc3n

 

後半のお話、原さんの舞台写真は画期的、斬新と木内さん言われて、日本での人気のある舞台は人気のある女優、ジャニーズ系の人が出ると売り切れで演目は二の次であり、そこで原さんの、ドイツでの舞台は自分の意見を伝えて、相手の意見も聞くものであり、これは日本人は意見の交換をせず、原さん99年からドイツで活躍、最初は稽古場は怖く、日本だと演出家の意見を聞いてやるものであり、しかしドイツだと稽古場はディスカッションの場であり、こうしたらいいという、俳優一人一人が演出プランをディスカッションして、納得しないと稽古に行かないもので、日本では個人はなく、みんなと同じが要求されて、極端だと女性は自分の意見を言わなくていい、女性が脱原発を語ることもタブーとする傾向もあると木内さん言われて、原さんドイツだと空気を読むことはなく、意見をストレートに言う方が好まれて、原さんはお子さんをドイツで教育し、学校でディスカッションの仕方が最初に教えられるのに驚かれて、小学校から一人一人意見が異なるので、聴く耳を持ち話し合い、個人的に取らないでとドイツではいい、あなたを攻撃しているのではなく、個人的に反対されるのはなく、感情ではなく、考えでのディスカッションであり、反応して傷つくのは無意味で、人格は否定されず、それによりこう思うというディスカッションを楽しみ、これがドイツで生きることの意味であり、これなしでドイツは成り立たない。

ドイツはナチス、ヒトラーに傾倒してしまい、これをなぜこうなったかを検証、学習しているのが日本とドイツの違いで、ドイツはみんなと同じ方向を向くと言うのは否定されて、誰かがリーダーで独裁、にはドイツは敏感であり、考えもなく誰かに従うことは否定されて、本当に危険だというセンサーがあり、木内さんは小学校で、右向け右が嫌いと言われて、これが木内さんの人生で何より大きく、原さんはお子さんがウィーン、ハンブルクの学校に行き、そして日本の学校に体験入学して、朝礼で右向け右、手足を揃えて行進には驚き、そんな軍隊みたいなことはドイツではなく、ドイツでは個々を大切にして、それでやっており、原さんもドイツには最初なじめず、みんなと一緒、ドイツでの私は私にはなじめず、しかしドイツ語だと私(Ich)が必須と言われて、木内さん、日本に主語はなく、過ちは繰り返さないのはだれか、戦争で、誰が悪かったのか検証せず、敗戦を終戦と言い、福島事故も危ないと警告していた人がいたのに誰が、どこが悪かったか明確にされず、原さん、Ichという主語がドイツでは必要と言う意味、ドイツ語で語られて、原さんのお友達に聞いてもらえるように、ドイツ語による、ドイツではこれだけでもわかるもので、原さんが日本でラジオ番組にて話したことをドイツの人にも知ってもらいたく、原さん、ハンブルクはベルリンに次ぐドイツで2番目の駅で、シャウシュピールハウスがあり、シリア難民を劇場で受け入れて、難民の方を泊めてあげており、去年2015/9~12月には何千人の難民が、ハンブルクは乗換駅であり、スウェーデン、ノルウェーに行くために来て、難民は野宿するのを、中央駅のロビーで難民の方、お子さんのいる家族を泊めてあげて、インテンダント(劇場支配人)が許可を与えて、困難にある人を支援する、当たり前のことをしており、ドイツだとやらない理由はなく、駅に毎晩ボランティアが来られて、日本は島国、単一民族に近く、自分さえよければいい、原発事故を起こして海を汚して、ファシズムに走る政権を止められず、この日本を世界がどう見ているか、日本人は世界的な観点で見るべきであり、原さん、若い人は一度海外に住んで、外から日本を見て、世界では日本の常識は通じず、地球を守るために、日本は変わるべきであり、エコ、原発でも、日本ではなく、世界を守る、環境問題にも、世界的な視点で見て見るべきで、留学など、外から見て、旅行ではなく、外国人の中で暮らして、外国の方がどんな視点で見ているのかを、原さん見て見るべきと締めくくられました。以上、原さんのお話でした。

 

今週の自由なラジオ、原さんの話はもっと木内さん聞きたいと締めくくられました。来週はおしどりマコさんケンさんの司会で放送されます。

 

 

 



サンテレビニュースPORT 原発と地震、核廃物地層処分の未来 by limitlesslife
August 24, 2016, 7:49 am
Filed under: 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・)

 永岡です、サンテレビのニュースPORT、火曜日に今週は、原発で出た核廃物、高レベル放射性廃棄物の地層処分について、神戸でのセミナーの報告でした。

政田記者の報告で、原発再稼働が報じられる中、日本に原発は42基、稼働しているのは3基、事故で廃炉になったものもあり、原発は1963年に東海村で開始されて、エネルギー資源の少ない日本という名目で、核燃料サイクル、95%は再利用、残り5%は放射能を持つ危険なものであり、青森・六ヶ所村他で、ガラス固化体、500kgのものが25000本!も日本にあり、この処分方法は様々な論議、宇宙、海洋投棄、南極はアウトであり、できるのは地層処分ということになり、NUMOが神戸で地域住民にセミナーを行い、核廃物の地層処分がテーマで、原発の高レベル廃物を300mより深いところに埋めるもので、最も現実的と言われており、核廃物をガラスと混ぜて、金属で覆い、岩盤のバリアであり、計画しているのは4万本ガラス固化体を入れられると言うものの、もちろん場所は決まっていません。

今、関電の原発は停止しており、再稼働で廃物が出来て、しかし国は今年中に有望なところを決めるとしてもアウト、高知の東洋町は2007年に手を挙げてもアウトで、その上日本は地震国、NUMOの出口朗氏は、地震は同じところで起きて、今ある火山や活断層を避ければできる、地下の揺れは地上の半分であり、穴を掘って埋めても、岩盤と動くので地震で壊れないと語り、地層処分の安全保障について、NUMOは火山や活断層を避けて、20年かけて場所を見つけると言うものの、活断層の直撃でも大丈夫とNUMOは技術的に可能というのです。

世界では、核廃物処理は、アメリカと日本は準備、フィンランドとスウェーデンは操業予定で、日本全国でも地域住民に説明会が行われ、兵庫県も例外ではないと政田さんの報告でした。

これ、NUMOの言うことは、まさに真珠湾攻撃突入に等しいと思われて、そもそも核廃物は東電や関電の本社で補完すべきでしょう、以上、サンテレビのニュースでした。

 

 



【団体署名募集中】 南オーストラリア州での国際高レベル放射性廃棄物の処分施設建設計画に反対する声明 by limitlesslife

みなさま、

お世話になっております。原子力資料情報室の松久保と申します。

現在、オーストラリアの南オーストラリア州において、海外の高レベル放射性廃棄物を受け入れる計画が策定されようとしています。
オーストラリア非核連合はこの計画に反対する声明を採択し、現在、団体署名を募集しています。
声明文を以下に訳出しました。
ぜひこの団体署名にご協力をお願い致します。

署名サイト:
http://www.anfa.org.au/sign-the-declaration/

—————————————————-

■反対声明■

A group of politicians and business-people are developing a plan to build an international high-level nuclear waste dump or store in South Australia. The plan is opposed by 83% of South Australians and by an overwhelming majority of Aboriginal people.

The Australian Nuclear Free Alliance, representing Aboriginal people from across Australia, calls on nuclear nations NOT to dump nuclear waste in Australia. The nuclear industry has a track record of Aboriginal dispossession and environmental pollution ? from the atomic bomb tests to uranium mining to nuclear waste dump proposals.

We call on nuclear nations NOT to dump nuclear waste in Australia.

Endorsed by Australian Nuclear Free Alliance at their 2015 Annual Gathering on Nukunu Country.

一部の政治家と実業家が南オーストラリア州に国際的な高レベル放射性廃棄物処分もしくは貯蔵施設の建設計画を策定しようとしています。83%の南オーストラリア州市民と大多数の先住民はこの計画に反対しています。

オーストラリア非核連合(the Australian Nuclear Free Alliance)はオーストラリア全土の先住民を代表して、核を保有する国々にたいしオーストラリアに核のゴミを捨てないことを要求します。原子力産業は核実験、ウラン採掘、そして核のゴミ捨て場提案まで、先住民からの強奪
、環境汚染をおこなってきた実績があります。

わたしたちは核を保有する国々に核のゴミをオーストラリアに捨てないことを要求します

ヌクヌの人々の土地でおこなわれたオーストラリア非核連合2015年総会にて採択

—————————————————-

——————–
原子力資料情報室
<cnic@nifty.com>このアドレスは各スタッフが共用しています
================================
特定非営利活動法人 原子力資料情報室 (CNIC)
Citizens’ Nuclear Information Center
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
TEL.03-3357-3800 FAX.03-3357-3801
URL: http://cnic.jp/
MAP: http://cnic.jp/map.html
=====================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料メールマガジン “CNIC EXPRESS”
http://www.mag2.com/m/0000066670.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan



再処理用認可法人設立法案国会に──見当外れのお題とシュールな答え by limitlesslife
February 11, 2016, 1:19 pm
Filed under: 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・)
核情報
の田窪です。
再処理用認可法人設立法案国会に──見当外れのお題とシュールな答え
2月5日、再処理事業の実施主体として認可法人(使用済燃料再処理機構)を設立し、この法人に「再処理等に必要な資金を新設する認可法人に拠出することを原子力事業者に対して義務付ける「原子力発電における使用済燃料の再処理等のための積立金の積立て及び管理に関する法律の一部を改正する法律案」(再処理等拠出金法案)が閣議決定され、国会に提出されました。前日開かれた国会エネルギー調査会(準備会)第54回(2016年2月4日)「核燃料サイクル政策に柔軟性を~再処理実施体制見直し法案を問う~」でこの法案について「核情報」がコメントした際の資料を紹介します。