Global Ethics


バノン氏と決別のトランプ大統領対北朝鮮“暴発”へ秒読み by limitlesslife
バノン前主席戦略官・上級顧問(左)への怒りの裏には…(C)AP
バノン前主席戦略官・上級顧問(左)への怒りの裏には…(C)AP
拡大する
バノン氏と決別のトランプ大統領 対北朝鮮“暴発”へ秒読み
2018年1月5日

ここまで言うか、である。トランプ米大統領が元最側近のバノン前首席戦略官・上級
顧問に対し、「彼は正気を失った」と非難、「私や大統領職とは何の関係もない」と切
り捨てた。近く出版される政権内部の暴露本で、長男のジュニア氏らが大統領選中にロ
シア側と接触したことをバノン氏が「反逆罪に値する」と批判したことを受けてブチ切
れたようなのだ。

が、この問題、「トランプがバノンとの関係を断絶」程度の生易しいものではなく、
トランプが加速度的に窮地に陥る決定打になる可能性があるという。国際ジャーナリス
トの堀田佳男氏がこう解説する。

「昨年12月にバノン氏にインタビューしたのですが、『トランプ氏を100%支持す
る』『今でも頻繁に連絡を取っていて関係は良好だ』と言っていました。ただ、『(ト
ランプ氏が)コミー前FBI長官を解任したのは、近代政治史上最大のミス』とも話し
ていた。つまりコミー解任の結果、モラー特別検察官が任命され、ロシアゲートの捜査
が進んだため、『解任は失敗だった』というわけです。最側近だったバノン氏は当然、
いろいろなことを間近で見ている。暴露本でのバノン発言は、トランプ氏にとって触れ
て欲しくなかった核心だということでしょう」

■戦争を仕掛ければ支持率が跳ね上がる

ロシアゲートではすでにフリン前大統領補佐官ら4人が起訴されているが、今春まで
に長男ジュニア氏や娘婿のクシュナー大統領上級顧問も起訴されかねないという。そう
なると政権のダメージは計り知れない。心を許せるのは、いまや家族しかいないという
トランプである。追い込まれたら何をしでかすかわからない。

「米議会では、昨年2度目の大統領弾劾が否決されましたが、1度目より賛成は増えて
います。ジュニア氏らが起訴されれば、ロシアゲートについて『やっぱり関与があった
のか』という世論が広がる。そんな中で、3度目、4度目の弾劾請求が出ればどうなる
のか。そうしたことを警戒し、ニッチもサッチもいかなくなったトランプ氏が、ロシア
ゲート隠しで国内の目を外に向けるため、間違った行動を取らなければいいのですが。
戦争を仕掛ければ、支持率が一気に跳ね上がりますからね」(堀田佳男氏)

米の世論調査では、「外交手段が失敗した場合は軍事攻撃もやむなし」と考える人が
半数を超えている。

トランプの暴発……いよいよ本当にヤバくなってきた。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/220644/1

MLホームページ: https://www.freeml.com/uniting-peace

Advertisements


核兵器発射ボタンの指、米上院で41年ぶりに議論:軍人が大統領を監視? by limitlesslife

核情報
の田窪です。
 
核兵器発射ボタンの指、米上院で41年ぶりに議論
軍人が大統領を監視?
昨年11月14日、米国上院外交委員会は大統領の核兵器発射命令に関する公聴会を開きました。この問題についての公聴会は41年ぶりのことです。次回選挙の不出馬を表明しているボブ・コーカー委員長(共和党)は、秋に「彼がしているようなコメントでは我々は第3次世界大戦に向かっていることになるかもしれない」とトランプ大統領の言動について懸念を表明していました。
 
詳しくは核情報をご覧ください。


核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい by limitlesslife

Trump’s Ability to Go Nuclear Has Congress Scared

2017年11月15日(水)20時00分
ジェイソン・ルミエール

トランプ訪問に抗議するフィリピン・マニラのデモ Erik De Castro-REUTERS

<トランプのような気性の男が大量虐殺の権限を持つのを懸念した米議会は、核使用の大統領権限を40年ぶりに見直そうとしている>

金正恩の挑発に乗ったドナルド・トランプ米大統領が命じれば、たった5分で核兵器が発射される──。

短気で軽はずみな決断をしがちなトランプが、うっかり核のボタンを押してしまうシナリオに、米議会が危機感を募らせている。核攻撃には議会承認を必要とする法案の本格的な審議に入った。40年ぶりの見直しだ。

米上院外交委員会は11月14日、「核兵器を使用する大統領権限」について公聴会を開催した。上下院を通じ、外交委員会が大統領権限を議論するのは1976年以来だ。

この議論は長年にわたり先延ばしにされてきたと、米プリンストン大学の研究者で核兵器の発射手順の専門家であるブルース・ブレアは言う。

「今の法律は、世界を破滅させる神のような権限を1人の人間に委ねている。おかしいと気づくべきだ」と、ブレアは本誌に語った。

核攻撃を命令するトランプの権限を制限しようとする動きは、今回が初めてではない。米民主党のエド・マーキーとテッド・リュー両上院議員は今年1月、議会承認なしにトランプが核を先制使用するのを禁ずる法案を提出した。

ブレアも、トランプの資質や判断力の欠如を懸念する。「トランプは周囲の反対を押し切っても誤った判断をする。そうなればおしまいだ」

核使用へのハードルは低い

今の手順では、トランプは高官の助言や注意メモすらなしにトランプは核のボタンを押すことができる。核攻撃を実行すると決断すれば、ホワイトハウスの地下にある核シェルター、米大統領危機管理センター(PEOC)に入り、米国防総省の作戦司令室と作戦会議を開始する。だがトランプには部下の助言を聞く義務がなく、その場にすべての関係閣僚が出席する保証すらない。連絡手段が古いせいで、演習であれ現実であれ国防長官と国務長官が会議に参加できた試しは一度もないと、かつて大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射担当将校を務めたブレアは言う。

いざというときトランプは、パスコードを使って正式に核ミサイル発射を命令する。トランプの命令から核ミサイル発射までの所要時間は、早ければ5分。北朝鮮への核攻撃で使われる可能性が高い原子力潜水艦から発射する場合は15分だ。

誰が大統領であれ、途方もない責任だ。

トランプの大統領就任以来、核による大量虐殺へのハードルがいかに低いかを知るブレアのような専門家は、心配で眠れない夜を過ごしているという。ブレアは言う。「1日中不安で、夜2杯目の酒を飲むまで休まらない」

(翻訳:河原里香)



世界中が米国製武器購入をボイコットすれば: 大統領が核ミサイルの発射を命じる場合、 by limitlesslife

(情報提供石垣)
みなさんIROHIRAさん
お世話さま
人の不幸を産み出すトランプ政権
トランプに手を貸す安倍政権
「白人と男」社会は続いています。
アジア人どうしの殺し合いは
屁とも思わないでしょう。
トランプも安倍も精神異常者としか見えません。
ケネディーとフルッショフは核危機を回避しました。
軍産で米国の株は上がっています。
日本は原発が数基やられれば壊滅でしょう。
世界中が米国製武器購入をボイコットすれば
トランプも目を覚ますかもしれません。
北朝鮮は戦中の天皇制日本帝国と同様
1億玉砕体制ですから、戦争が始まれば
蛇や蛙を食べてでも徹底抗戦するでしょう。
     
      石垣敏夫
以下再掲
大統領が核ミサイルの発射を命じる場合、
米議会が懸念する、トランプが突然「北への核攻撃」を命令する日
実は、それをチェックする仕組みはない
、、、
大統領が核ミサイルの発射を命じる場合、大統領のスタッフが常に携帯する“フットボ
ール”と呼ばれるスーツケースを開き、事前に決められた番号を打ち込むことになる。
同時に、大統領は国防総省の作戦本部の副本部長と戦略軍司令官と電話会談を開く。こ
の電話会議には大統領顧問なども参加できる。この会議は30秒程度で終わり、これを受
けて国防総省の高官が、大統領が常に携帯している“ビスケット”と呼ばれる薄いカー
ドを使って大統領の指令が本物であることを確認する。
大統領の発射命令が確認されると、発射命令とミサイルのロック解除コードが戦略軍に
伝達され、核兵器を搭載したミサイルが発射される。大統領が“フットボール”に暗号
を打ち込み、ミサイルが発射されるまでにかかる時間は15分以下である。
問題は、この過程で大統領の命令を阻止する方法がないことである。公聴会で問題とな
ったのは、こうした大統領権限のあり方である。極論すれば、トランプ大統領が核ミサ
イル発射命令を出したら、誰も阻止できない。
「非合理な核攻撃」を止める法律がない
、、、


どうやってゴロツキ大統領が核先制攻撃を命令するのを止めるか by limitlesslife
November 21, 2017, 8:16 am
Filed under: 核(戦争、破滅、・・・)
OpEdNews Op Eds 

How to Stop a Rogue President from Ordering a Nuclear First Strike

By    Follow Me on Twitter     Message Thomas Knapp     Permalink

 (Page 1 of 1 pages)
Related Topic(s): Add Tags Add to My Group(s)

Must Read 1   Well Said 1   Valuable 1
View Ratings | Rate It

opednews.com Headlined to H2 11/20/17
From commons.wikimedia.org: Operation Crossroads Baker Edit {MID-61675}
Operation Crossroads Baker Edit
(Image by Wikipedia (commons.wikimedia.org))
   Permission   Details   DMCA

 

On November 15, US Senator Ed Markey (D-MA) and US Representative Ted Lieu (D-CA) introduced one of the shortest bills in the histories of their two parliamentary bodies. Shorn of the obligatory “be it enacted, blah, blah, blah” boilerplate, the bill’s content comes to 14 words: “It is the policy of the United States to not use nuclear weapons first.”

It’s a short bill and it’s a good bill, but it could be made both shorter and better by eliminating the word “first.”

What America needs is a “no use of nukes, period” policy, followed quickly by an “elimination of the nuclear arsenal” policy.

In July, 122 United Nations member countries endorsed a treaty banning nuclear weapons altogether and providing for their elimination. The US abstained from the vote and won’t be signing the treaty. I’m not sure why, since the treaty wouldn’t really impose any new obligations and since unstated US doctrine is that only other countries, like Iran, should be expected to live up to their treaty obligations. The US is already formally committed to nuclear disarmament by virtue of its participation in the Nuclear Non-Proliferation Treaty. It’s just never taken that obligation seriously.

Congress recently took up the question of whether or not President Donald Trump can be trusted with the authority to order a nuclear strike. His personal temperament alarms them. That temperament may or may not truly be more prickly than that of past presidents, but in the age of Twitter it’s more openly alarming.

Unfortunately, Congress has ceded so much of its authority over foreign and military policy to the presidency since the end of World War Two — the last time the US entered a war by congressional declaration, as required by its Constitution — that trying to claw back just this one little bit of that authority is theater without substance.

Possession of the “nuclear football” is nine tenths of the law. To keep Donald Trump, or any other president, from using nuclear weapons wickedly (as if there were some other way to use them), Congress needs to get rid of the nukes, not just tinker with the legal authority to use them.

 

Nuclear weapons have no legitimate military use. They are weapons of terror, not of war. It’s time that the first and only government to ever use them become the second (after South Africa) to voluntarily give them up, for its own sake and the world’s.

http://thegarrisoncenter.org
Thomas L. Knapp is director and senior news analyst at the William Lloyd Garrison Center for Libertarian Advocacy Journalism (thegarrisoncenter.org). He lives and works in north central Florida.


トランプが北朝鮮を攻撃するのを止めよ、他 by limitlesslife

Stop Trump from Attacking North Korea and more

Invest in Peace and Security

DONATE
STOP TRUMP FROM ATTACKING NORTH KOREA
A B-2 Spirit moves into position for refueling, May 30, 2006

A B-2 Spirit

Former Secretary of Defense William J. Perry believes “a diplomatic solution is possible to today’s crisis,” and he’s right. The first step would be for the United States to scale back military exercises in South Korea in exchange for a freeze on North Korean nuclear and missile tests. But to create space for diplomacy to work, we must first prevent war.

憲法に反する北朝鮮攻撃否定法案に支持:学び、行動し、拡散しよう!
Learn more, take action and spread the word: Support the No Unconstitutional Strike Against North Korea Act

他のニュース

Other News:

合衆国核兵器のコスト急増
Costs of US Nuclear Arsenal Skyrocketing
The Congressional Budget Office, CBO, released a new report estimating that the Trump administration’s plans to maintain and replace the US nuclear arsenal over 30 years would cost $1.2 trillion in constant dollars. We made sure that the voices of defense experts supporting a sane nuclear policy, including former Secretary of Defense William J. Perry and Ret. Gen. James E. Cartwright, were heard loud and clear.

ビデオ: 危機の時の核兵器政策
Videos: Nuclear Weapons Policy in a Time of Crisis

2017年10月26日開催の私達の会議:「危機の時の核兵器政策」のビデオ全巻を見て下さい:下院議員バーバラ・リー、上院議員ダイアンヌ・フェインステイン、上院議員エド・マーキー、下院議員テッド・リュ―、核兵器禁止国際キャンペーンのベアとリス・フィン、下院議員アダム・スミス、前防衛長官ウィリアム・J・ペリー、上院議員クリス・ヴァン・ホッレン、上院議員ジェフ・マークレー、他!
Watch the complete set of videos from Nuclear Weapons Policy in a Time of Crisis, our conference, held October 26, 2017. Congresswoman Barbara Lee; Senator Dianne Feinstein; Senator Ed Markey; Congressman Ted Lieu; Beatrice Fihn, International Campaign to Abolish Nuclear Weapons (ICAN); Congressman Adam Smith; William J. Perry, former Secretary of Defense; Senator Chris Van Hollen; Senator Jeff Merkley . . . and more!

This Giving Tuesday, It’s Up To Us
We’re gearing up for a special push to reach people under 35 on #GivingTuesday, November 28. We’re looking for 100 people who will be ambassadors to the next generation, asking people under 35 to make nuclear weapons their issue by giving any amount to Ploughshares Fund on Giving Tuesday. Have you got what it takes? Learn more — and consider joining our campaign!

Follow on Twitter  |  Friend on Facebook  |  Forward to Friend  |  Unsubscribe
Copyright © Ploughshares Fund, All rights reserved.

Photo: A B-2 Spirit moves into position for refueling, May 30, 2006. The bomber is part of Pacific Command’s continuous bomber presence in the Asia-Pacific region. US Air Force photo/Staff Sgt. Bennie J. Davis III.

Our mailing addresses are:
1808 Wedemeyer Street, Suite 200 | The Presidio of San Francisco San Francisco, CA 94129 | TEL 415.668.2244
1100 Vermont Avenue NW, Suite 300 | Washington, DC 20005 | TEL 202.783.4401


2017/11/12 世界の核災害に開する研究成果報告会(星陵会館@千代田区) by limitlesslife
October 31, 2017, 12:52 am
Filed under: 核(戦争、破滅、・・・)

皆さまへ

世界の核災害に関して研究取材をしてきた研究者・ジャーナリスト12人が一堂
に集い報告します。チラシを添付します。どなたでもご参加いただけます。 竹
峰より

———-以下、ご自由に転送ください
———————————————————–

2017/11/12 世界の核災害に開する研究成果報告会(星陵会館@千代田区永田町)
http://home.hiroshima-u.ac.jp/heiwa/flyer_20170930.pdf

主催:「世界の核災害後始末調査」科研費グループ(代表:今中哲二)
「被ばく被害の国際比較研究」科研費グループ(代表:川野徳幸)

日時:2017年11月12日(日)10:00~18:30(開場9:30)

場所:星陵会館ホール(永田町駅6番出口)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000yz7f-att
/2r9852000000yzvf.pdf

参加無料

定員400名・当日先着順(但し、終了後の懇親会は要予約、詳細は下記参照)

プログラム
10:00-12:00
◆科研費共同研究の概要と、ウラル核惨事、ウィンズケール火災事故、ウラジオ
ストク原潜臨界事故の顛末〔今中哲二〕
◆マーシャル諸島米核実験の「その後」~核災害からの「再生」・「復興」はあ
るのか~〔竹峰誠一郎〕
◆仏領ポリネシアでのフランス核実験と公式報告に見る放射能汚染・被ばく状況
〔真下俊樹〕
◆住民の核実験に対する認識について~セミパラチンスク地区における質問票調
査とインタビューより~〔平林今日子〕

13:20-15:20
◆核被害者への援護制度~セミパラチンスクと原爆被爆者を事例に~〔川野徳幸〕
◆ABCCと米原子力委員会の被爆者調査              〔高橋博子〕
◆放射線の継世代(遺伝的)影響研究の現状と問題点~核被害者次世代の人権を
考える~〔振津かつみ〕
◆事故31年、チェルノブイリ高濃度汚染地域の内部被ばく     〔木村真三〕

15:40-17:40
◆誰が、どうやって事故を収束したか?~チェルノブイリ・東海村・福島の現場
で~〔七沢潔〕
◆英国の核災害時緊急事態対応体制から学ぶ           〔進藤眞人〕
◆米国の核廃棄物問題の現状                  〔玉山ともよ〕
◆台湾の原子力政策の転換過程~「フクシマ・エフェクト」はどう作用したの
か~〔鈴木真奈美〕

17:40-18:30
総合討論「世界の核災害と福島を繋ぐ想像力に向けて」

問合せ先:sekainokakusaigai@gmail.com

報告会の経緯と主旨
長らく関わってきたチェルノブイリ事故調査の延長として、かつ福島原発事故
に関連する状況を踏まえて、『世界の核災害における後始末に関する調査研究』
というテーマで4年前に科研費を申請したところ採択されました(2014~2017年
度。代表:今中、分担:川野、竹峰[2017より]進藤)。今年が最終年度なの
で、それなりの締めということで、『世界の核災害』をキーワードにして、広島
大・川野さん代表の科研費『被ばく被害の国際比較研究:セミパラチンスク、
チェルノブイリ、広島・長崎、福島』(2015~2018年度)との共催での成果報告
会を企画しました。各メンバーには、科研費テーマに限定せずに、これまでに
やってきたことを報告して頂き、また今回の科研費には直接関係していない方
(真下、木村、七沢)にも報告をお願いしました。学者・研究者に限らず、原子
力問題に関心のある一般の方々にも参加してもらえる報告会にしたいということ
で、いろいろな団体に賛同していただき、東京でやってみることにしました。報
告会の内容については、京都大学原子炉実験所レポートとして公開する予定で
す。(今中記)

報告者紹介
今中哲二(いまなか・てつじ)
京都大学原子炉実験所研究員。専門は原子力工学。チェルノブイリ原発事故など
原子力が仕出かしてきた不始末に関わる研究に従事。昨年3月京都大学を定年退
職し、今は非常勤研究員。

竹峰誠一郎(たけみね・せいいちろう)
明星大学教員。「グローバルヒバクシャ」の概念を提唱し、社会学と平和学の見
地からマーシャル諸島の米核実験被害調査に従事。主著『マーシャル諸島 終わ
りなき核被害を生きる』。

真下俊樹(ましも・としき)
フランスの民生・軍事核政策を研究。15年前からフランス核実験被害者運動と関
わる。埼玉大学経済学部非常勤講師。脱原発と核被害者の国際連帯に、非力なが
ら残りの人生を使う予定。

平林今日子(ひらばやし・きょうこ)
京都大学大学院医学研究科特定助教。セミパラチンスク核実験場周辺住民の聞き
取り調査に携わり、社会学的観点から核災害の実態の一端を明らかにしようと試
みている。

川野徳幸(かわの・のりゆき)
広島大学平和科学研究センター・センター長/教授。専門は原爆・被ばく研究。
広島・長崎、セミパラチンスク等の核災害に関する研究に従事。特に、被災者の
被ばくによる精神的・社会的影響について考察している。

高橋博子(たかはし・ひろこ)
名古屋大学法学研究科研究員、明治学院大学国際平和研究所研究員。原爆・米核
実験等の放射線被ばくについて米公文書を調査。主著『封印されたヒロシマ・ナ
ガサキ』、共著『核の戦後史』。

振津かつみ(ふりつ・かつみ)
内科医。被爆者医療医療の経験をもとに、26年前「チェルノブイリ救援関西」を
立ち上げる。専門は放射線の遺伝的(継世代)影響。現在、兵庫医科大学・遺伝
学・非常勤講師。医薬基盤栄養健康研究所・研究員。

木村真三(きむら・しんぞう)
放射線衛生学者、獨協医科大学准教授。東海村臨界事故を経験し、それ以来、
チェルノブイリ原発事故における人体影響の研究に従事。福島で起きた事故では
いち早く福島に入り汚染の実態を調査。現在、福島在住。

七沢潔(ななさわ・きよし)
ジャーナリスト。チェルノブイリ、東海村、福島の原子力事故を取材。隠された
事故像の発掘に関心を持ち続けている。現在NHK放送文化研究所上級研究員。著
書に「原発事故を問う」(岩波新書)ほか。

進藤眞人(しんどう・まひと)
早稲田大学社会科学部助教。専門は環境行政法。本科研費事業では、行政府のア
カウンタビリティ確保という観点から、核災害緊急事態対応体制を研究。『チェ
ルノブイリ事故から25年:将来へ向けた安全性-2011年ウクライナ国家報告』を
監訳。

玉山ともよ(たまやま・ともよ)
南山大学人類学研究所非常勤研究員。研究テーマは、米国南西部ウラン鉱山開発
と環境正義運動。先住民族と「核」に関心がある。普段は、兵庫県篠山氏で有機
農業、育児等に専念。篠山市原子力災害対策検討委員会市民委員。

鈴木真奈美(すずき・まなみ)
ジャーナリスト。核エネルギーの「平和利用」をめぐる国際関係をテーマに調
査・執筆。主著『日本はなぜ原発を輸出するのか』、共著『脱原発の比較政治
学』ほか。現在、明治大学大学院助手。

懇親会(要予約・先着80名)
■19時~ 星陵会館4階レストラン「シーボニア」

■会費5000円(税込)

■懇親会の予約申込みは以下のメールアドレスまで
sekainokakusaigai@gmail.com

■懇親会の予約申込みは、11月5日(日)までの受付予定
(報告会そのものは参加予約の必要はありません)

—————————————————————-

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan