Global Ethics


文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ(2017/7/14) 金子勝 加計学園問題、嘘を守り通す安倍政権のデタラメを許すな!佐川氏を国税庁長官から引きずりおろさないと国税は破綻する! by limitlesslife

永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことのゴールデンラジオ、金曜日のレギュラーは慶応義塾大学の金子勝でした。パートナーは室井佑月さんでした。

大竹紳士交遊録、今週の金子さんのお話、結構長く森友学園、加計学園問題を追って、しかし何も解明されず、室井さんが、伊藤惇夫さんがひるおびで、新国立競技場みたいに最後は決断と室井さん言われたと紹介されて、金子さん、ボンボン、間違いを絶対認めず、証拠隠滅、恫喝、首相か夫人がかかわっていたら辞めると言ったのが、限りなく黒、証拠は真っ黒、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)と論議する意味はないと言われて、室井さん、和泉氏の発言が必要と言われて、金子さん、菅氏の人格攻撃などがあり、塩見氏、特区担当の参事官も関わり、広域的に存在しないと、京産大を排除する方向にして、石破氏の4条件を自ら踏みにじり、誰がやったのか?萩生田氏、和泉氏、塩見氏らがかかわり、大学の設置は審査→内定で決まるのに、内閣府が特区だとプロセスを飛ばしてしまい、特区でやったから追認しろと、行政が歪められたと前川氏がいい、石破氏の4条件、ライフサイエンスなどのニーズに応えず、しかし東京新聞の記事で、これらを議論していないと報じられて、手続き上の瑕疵、京産大を排除したのに総理のご意向が入り、徹底的な犯人探しが必要で、山本大臣の発言もおかしく、高橋洋一氏のたきつけたデタラメのままであり、やり方はメチャクチャ、総理の間違いを認めたくないために嘘の上に嘘を言い、10/7と10/21のメモで、萩生田氏は慎重→積極的になり、理由は何か、前川氏は和泉氏がキーパーソンと言い、萩生田氏ははっきり言うと、資質に欠けて、利益相反、落選時に加計学園に雇われて、議員の際も加計学園の一員であり、これを認めている役人は人事局の認めたもの、稲田氏は普天間のデタラメ発言で辞任すべきなのに、ASSは誤りを認めずデタラメと言われて、室井さん、閉会中審査は結構明らかになったことがあり、石破氏の4条件無視、談合して、和泉氏の喚問も必要、山本大臣は記憶にないと言わずやったと言っており、山本氏、和泉氏を出すべきと言われて、金子さん、官僚は間違ったと言えず、人事局長がいるために本当のことを言えない、鳩山由紀夫氏は、記憶にない=言えないと指摘されたと室井さん言われて、金子さん、様々な当事者が逃げて勝負はあり、室井さん、和泉氏は総理の最後の防波堤と言われて、金子さん、森友学園問題で民進党福島氏の追及に、官邸も逃げて、しかし証拠は出て、近畿財務局は指南しており、これを佐川氏を追及して解任しないと、国税は崩壊すると言われて、室井さん、8億の値引は籠池氏だけで出来ないと言われて、金子さん、萩生田氏の総理の意向、官僚の過ちを認めないやり方を許してはならないと締めくくられました、以上、金子さんのお話でした



報道するラジオ(2017/7/10) 加計学園問題閉会中審査、森友学園問題参考人招致、何が明らかになったか?朴一さんのお話 by limitlesslife

 

永岡です、第252回報道するラジオ、今週も毎日放送アナウンサーの水野晶子さんの司会、大阪市立大学の朴一さんの案内で放送されました。

テーマは予想通り、国会での閉会中審査での加計学園問題、前川氏の参考人招致と、大阪府の森友学園問題での籠池氏の参考人招致です。ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)の関与は?朴さんの解説によるニュースです。ASS政権の支持率は各紙でガタガタ、朴さん、韓国で朴槿恵氏の友人への利益供与の際と同じ、国民の不信→大統領は答えず、これでどう官邸が答えるのか、加計学園問題、役人がどう答えたか、森友学園問題の大阪で、キーパーソンの語るものを、やり取りをリスナーに届けるものです。

この件に関して、この番組の案内であった平野幸夫さんが、悪い奴ほど出世する、この国の屋台骨が腐っているとブログで警告されています。

http://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12290791043.html?frm_id=v.mypage-checklist–article–blog—-hirano-yukio_12290791043

加計学園問題、東京新聞に優れたチャート図を持つ記事が載っています。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201707/CK2017071002000221.html

 

ニュースは千葉猛さんの担当でした。加計学園問題の閉会中審査、1日国会が行われて、国会が終わっても委員会の開けるもので、午前中衆院、午後は参院、野党の求める参考人として前川氏のが来て、キーパーソンはASSなのに、総理は外遊中で不在、G20が終わったのに北欧で遊んでおり、12日に戻る予定、その中での参考人招致、審査のポイントは加計学園を選ぶのに総理、官邸の意向はあったのか、民進党福島氏の質問に、前川氏は内閣府が仕事を官邸を背景にやり、和泉総理補佐官が10/21の文書でも働きかけたと言い、前川氏は官邸の働きかけはあり、和泉氏の動きを証言、記者会見で言っても、国会では初、前川氏が昨年9,10月に、和泉氏、総理の口から言えないので自分の口から言うというもので、前川氏は和泉氏がキーパーソンと言い、しかし和泉氏は国会に出てこず、野党は招致を求めても与党の反対で出ず、肝心なところに出ず、10/21の文書、NHKのスクープによる内部文書、萩生田氏→常盤氏→部下の課長補佐がメモとして残したものであり、文科省は文書はあると認めても、内容は不正確と逃げており、和泉氏は国会におらず、しかしキーパーソンの萩生田氏は国会にいて、2018年の開学は無理という文書を民進党がGET、しかし文科省はこの文書の存在を認めず、しかし本当に確認できないのか、この文書を前川氏は次官の際に担当課から説明されたと、民進党福島氏の質問に答えて、次官にレクした文書がないわけはないと、福島氏は自分も官僚の経験で萩生田氏を追及したら、萩生田氏はこれを隠せと言った覚えはないと言い、項目について発言した記憶はなく、しかし常盤氏と奨学金で話したと言い、常盤氏、学校ありきでやっているばれるとかについて福島氏は質問して、常盤氏は萩生田氏を訪ねて給付型奨学金を話し、獣医学部のことも言ったと思うが、具体的なことは記憶なし、であり、ポイントはいくつかあり、萩生田氏の関与を証明する文書、文科省は知らん、前川氏は在職中に見た、探せば見つかると言い、萩生田氏は加計氏、ASSとバーベキューをしている3ショット写真をブログに挙げており、朴さん、具体的に書いて、やはりやり取りで、朴さんの気になったのは、ASSと和泉氏は圧力か欠席、欠席が自民党にプラスになるか、野党はASSの出席、和泉氏の出席を要求して、支持率の下がる中で、国民は事実を知りたく、ASSが外遊優先、和泉氏出ず、朴さんが自民党なら、和泉氏が自分でやったと言ったら総理にはプラス、萩生田氏が出ても、文書が本物か、文科省の優秀な官僚が、それも複数あったと証言して、国民は萩生田氏が嘘と思う、第3者の調査が必要で、どちらが正しいか、皮膚感覚では前川氏が正しい→支持率低下になったと言われました。

そして、加計学園問題、ASSなし、和泉氏なしで言った言わないに終始して、獣医学部の新設が必要か、獣医師は要るのか?ニーズはASSのいう通りにあるのか、民進党緒方氏の質問、獣医学部は2つ3つ作っても需要はあるなら、どこで認定したかと山本大臣を追及したら、毎度おなじみ日本語になっておらず、需要があるというものの裏打ちなし、どれだけ需要があるかはわからないと抜かして、緒方氏、ASSに説明させないとアカン、山本大臣の発言に緒方氏ギョとっして、獣医師が過剰→給与、処遇低下になっていいかと言うと、山本大臣は経済学は知らんが、高止まりの価格で行われて希望者がいると、太平洋戦争で神風が吹いて勝つというに等しい論理で、緒方氏、アダム・スミスの論理無視と指摘したら、俺も分からんと逃げて、これについて朴さん、獣医師をたくさん作ると、需要で、獣医師を辞める人も出てきて、淘汰される人が出るという、需要を考えず、タクシーを認可したら過当競争で安全に問題、しかし医師は安全性、医師の水準は数を制限しないと担保されず、しかし過当競争になったら低レベルの獣医師が出て、新薬を作れる医師が出なくなり、山本氏はデータなしで「データなしで、総理の意向でやるのが問題」、文科省はデータを持ち、加計学園は定員160名、他の獣医学部と共倒れ、ロースクールの二の舞の危惧を言われて、千葉さん、獣医学部設置には石破氏の4条件があり、新しいニーズに応えて、それにふさわしい教授が既存のこと以上、過当競争なし、などであり、この4条件は満たしているかと質問されて、山本大臣はそう思っているからやった、民間の提案はできない理由を探すのではなく、出来ることを探すと、また神風特攻隊並みのデタラメを4分43秒一方的に早口でまくし立てて、丁寧に説明ではなく、訳の分からない、聞いてもいないことで時間を浪費して、特区には、作る必要はあるか、適切なプロセスで決まったのか、前川氏は行政が歪められたと言い、与党の参考人は適切と言っても、千葉さんは納得できないと言われました。

これを取材された石田敦子さんの報告、前川氏の参考人招致は30.分遅れて7時間もやり、前川氏は毅然と対応して、石田さんも傍聴しても、新しい情報はほとんどなく、他の人たちは、国会期間中のものや前川氏の記者会見より進んだものはなく、しかし前川氏は終始落ち着いて、答弁しない時も毅然として事実関係を確認して、他方政府側の答弁は、菅干渉長官は証人喚問しろと言ったら、国会で決めろ=数の力で呼べない、になり逃げており、前川氏は今日1日を終えて、和泉氏や加計氏のことを聞かないとはっきりしないと語り、委員会後の囲み取材に、ASSが率先して調査しろ、調査できるのは総理だけというものの、一番聞きたいASSや和泉氏は出ず、菅氏は国会のことは国会で決めろと言うものの、国会を取材したら、もう一度閉会中審査をASS出席、和泉氏出席でやらないと、このままでは済まないと言われて、明日の野党の出方で決まると報告されました。

水野さん、ASS政権の逆風、読売は支持率が高く出るのに36%!と厳しいと言われて、5月に60%からの急落であり、朴さん学園物語と呼び、特定の学園に配慮して支持を失っているのを理解しないと、支持率はまだ下がると言われて、水野さん、ASS自身が信頼できないが最多と言われて、朴さん、ASS政権は経済、株価が民主党よりよいと言うものの、えこひいきがここまで過ぎたら国民も怒り、しかしASSが受けず、外遊して逃げて、ASSはどちらが大事か?

ASSの内閣改造、菅氏と麻生氏は留任、朴さん、稲田氏、金田氏を更迭、進次郎氏入閣までは国民の不信感を払しょくできず、間違っていたことは間違っていたと認めるべきであり、二階氏は都議選の際に暴言なのに留任、水野さん、甘利氏の起用にビックリで、朴さん、経済に甘利氏が強いと言うものの、建設会社の口利き疑惑は、トラのようかん、この疑惑をうやむやのまま、ダジャレでなく、アマリ良いものではない、説明責任なしに戻すと、甘利氏を入れて支持率がどうなるかは注目と言われました。

続いて、森友学園問題、大阪府で籠池氏の参考人招致を府議会がやって、籠池氏はある時からASSや維新との付き合いが始まり、2012年2月の日本教育シンポジウムにASSと松井氏が来て、大阪で教育再生と、呼ばなくても維新の議員が森友学園に来るようになったと証言して、5年前のシンポジウムは、日本会議の教育版であり、そこにASSと松井氏が来て潮目が変わり、維新から来るようになったものであり、国会でも焦点になった昭恵氏からの100万円の寄付について、当然あったと籠池氏は言い、早朝にもらい、自分と詢子氏、昭恵氏、秘書が同席→秘書に出てもらい、100万安倍晋三からと封筒から取り出して、名誉校長への就任を要請したら快諾→講演→車で帰り、見送り、園長室に戻ると昭恵氏から携帯に、この100万のことは秘密に、として、この際にビーフステーキも食べて、自民党議員の質問に、籠池氏は、議員に依頼した、東徹氏に依頼し、やってみようとなり、橋下氏の際に規制緩和、森友学園が入れるようになったというものであり、東氏は当時府議会議員、今は参院議員、問題の真相、国有地値引、小学校の認可に、自分がトカゲの尻尾切りではなく、百条委員会で松井氏や、元顧問弁護士を、嘘を言ったら罰せられる百条委員会ですべきとして、リスナーより、松井氏はなぜ来なかったかとあり、松井氏は籠池氏の入る6分前にWTCにトンズラ、ここも新しい事実は出ず、朴さん、こちらもキーパーソンなしであり、国と府では内容は異なり、補助金不正について、野党は、自民党や維新がどうかかわったか、松井氏は正々堂々と議会に来てしゃべるべき、松井氏は逃げて、松井氏の見解が必要と言われました。

 

その他のニュースも千葉さんの担当でした。

九州北部豪雨、孤立した被災者がたくさんいて、朝倉市は仮設住宅の検討、ため池の決壊の恐れがあり、九州に激しい雨が恐れられて、小学校は通学が困難で、終業式、2学期の開始を早くするものです。

イラクのアバディ首相が、モスル奪還を宣言、90万人が難民になり、9万人が人間の盾となり、アバディ首相が来ると歓迎されて、しかしISの戦闘員はまだ残っており、勝利宣言はまだです。

共謀罪は明日施行、既遂の犯罪を対象とした警報が大きく変わり、公選法違反や政治資金規正法は対象外で、専門家から恣意的と批判、朴さん、東京オリンピック対策と言うものの、金田法相が内容を理解せず、共謀罪の運営に不安が残り、金田氏の置き土産、法務大臣の理解できない法律が独り歩きすることへの危惧を語られました。

原子力規制委員会は柏崎刈羽原発の再稼働で東電に聞き取り、田中氏は福島の廃炉に東電に主体性なし、そんなものに再稼働を認められないと批判しています。

愛知県内陸部でヒアリが確認されて、内陸部での確認は初、愛知県は荷主の通報から10数匹のヒアリを確認して駆除しました。

 

今週の特集、加計学園問題、森友学園問題、リスナーの怒りが殺到して、記憶にないという言葉は便利、肝心なことを官僚は知らないと言うものの、記憶力の優れた人がまずいことを隠しているともあり、朴さん、自分も文科省にいたら記憶にないというしかなく、忖度政治を止めさせるべきと言われて、水野さん、官邸に肝心なところを握られている言われて、人事を内閣府に握られて、それにメスをASS内閣で出来るのか、そのためにはASSがいないといけなく、しかし受け皿の政党はあるのか?であり、読売の調査で、自民党の支持率は落ちても、民進党の支持率は上がらず無党派層が上がり、朴さん、批判の受け皿の政党が今なく、都議会では都民ファースト、しかし国政政党に゜なれるか?ヨーロッパみたいに、トランプ政権みたいになるかもしれず、チェック機能のある政党、昔の細川氏のような人がいるか、リスナーより、ちゃんと説明されていないと締めくくられました。

これは民主主義の危機であり、どこぞの委員長の国も真っ青であり、この内容、私に無断でいくらでも拡散してください、民主主義、言論の自由の危機を放置したら、日本も、世界も破滅です!

 

ーーーーーーーーーー

 

コメント:総理・官房・文科省・加計の間に不透明・不公正があったとの言明し(偽証罪に問われる:偽証できない)証人喚問に応ずるとした前川氏(の不透明・不公正にしている者に対決するという決意にたいして)国民の前に国会で真実解明の為安倍総理・萩生田官房副長官・和泉補佐官・常盤局長・藤原審議官・加計幸太郎の証人喚問をするべきである。



朝日放送ラジオ おはようパーソナリティ道上洋三です(2017/7/10) 吉富有治 森友学園、加計学園問題参考人招致を語る by limitlesslife

 

永岡です、朝日放送ラジオの、おはようパーソナリティ道上洋三です、話のダイジェストに、ジャーナリストの吉富有治さんが出られて、国会の閉会中審査での前川氏の参考人招致と、大阪府議会での籠池氏の参考人招致について、ポイントを解説されました。

今日は二つの参考人招致、豊中の国有地と設置の認可で籠池氏が府議会、前川氏は総理の意向と語ったことで閉会中審査、二つの参考人招致が同じ日であり、吉富さんのお話、偶然か?最初に前川氏の参考人招致と聞いた時に、籠池氏のことが先に決まり、ニュースの報道を分散させるためにやった可能性を吉富さん示唆されて、本来国会でやるべき、閉会中審査は、政府に見解を糺す、新たな問題を糺すもので、継続審議、一つの国会で完結して、まとまらないと廃案、その前に継続審議となるのと似ており、まず、前川氏は加計学園問題で、今年1月に文科省の天下り問題で引責辞任、2016/6に文科省の事務次官、官僚のトップになり、私学の審議官になり、教育、文科省のことを全て知る立場になり、加計学園は前川氏がやり取りしているのではないが、事務次官を辞めてから起こったこともあるものの、政府の圧力は前川氏の在任中、国家戦略特区のこと、日本に獣医師は過多のことも知り、日本の獣医学部は50年認められず、今16校あっても定員は1000人に満たず、獣医師は多く、ペットの医師が多いためで、これ以上獣医学部を作ったら供給過多になるために抑えて、ところがASSの国家戦略特区で認められて、そこに至る経緯は前川氏が知り、この参考人招致の焦点、見逃してはいけないのは、国家戦略特区を隠れ蓑にしてASSが友人にえこひいきしたか、国家戦略特区で捻じ曲げたか、今までも証拠は出て、朝日新聞の5/17のスクープで政府の圧力、横槍が報じられて、今日前川氏の証言で、注目は4つあり、(1)官僚の忖度、勝手に先回り、(2)政府の横やりがあったか、ASSの意向がどうか、国家戦略特区は既存の法律、ルールを乗り越えてASSの意向でやるものであり、ここではASSがリーダーシップを取れる=やりすぎることも出来て、(3)総理の意向はどうであったか、公明正大やったか、京都産業大学をあきらめさせて、加計学園を認可した意図、(4)ASSの意向と言えど、石破氏の4条件が質されているか、文章の信憑性、メモが残っており、官僚=メモ魔、中央官庁の官僚は後で責任を問われたくなく、メモを残しており、個人的な資料だけでなく、公的なものとして認められて、朝日のスクープした文章は17人で共有されて、公文書であり、しかしASSは明日帰るために、明後日でもよかったのに、ASSは何か問題が起こったら丁寧に説明すると言うものの、「安倍総理は丁寧に逃げている」と吉富さん言われて、加計学園問題のASSは当事者、ASS抜きでやるのは欠席裁判、いないと、また逃げたのかと、内閣支持率はまた下がり、国家戦略特区は自身風穴を開けたと言い、ASSが何も言わなくても、前川氏の証言はテレビの映像で放映されて、しかしASSはまた逃げたかと国民は思い、支持率はさらに下がることになり、ASSが逃げたことが内閣にマイナスと言われました。

大阪府議会で、籠池氏、大阪地検に告訴されて、籠池氏、森友学園と大阪府の役割、近畿財務局が8億値引き、大阪府は森友学園の認可が公平公正に行われたか、籠池氏は3月に参考人招致に応じないと言い、国会は野党が参考人招致を求めて、大阪府は百丈委員会が維新と公明の反対で拒否されて、籠池氏は3つの契約書を出して補助金をごまかしたものの、借りた土地を買うとなったら安くなり、大阪府で、私学の設立に厳しいハードルがあり、財政はちゃんとしているか、土地は借りたらアウト、自前の土地が必要、しかし国、自治体の土地を借りるなら、建物は自前が必要で、これらの条件をことごとく森友学園は満たさず、大阪府の認可と、近畿財務局のダンピングは不可解、籠池氏のみで出来ず、政治家の関与があったか糺すのが今日の目的、しかし籠池氏は告訴されており、そこには触れられない。

財務省の資料は全部黒塗り、今日は大阪府の認可が100%焦点で、府の私学課がどう認可したか、政治家の関与は今のところ不明で、これについて籠池氏は知っているか、もしかして出てくるかも知れず、籠池氏は国会で、昭恵氏が名誉校長で100万もらい、それで認可が早くなったと言い、不思議な風を吹かせたのは誰か、梯子を外したのは誰か?自民はともかく、維新は籠池氏のパフォーマンスを恐れて当初は反対して、しかし府の参考人招致に松井氏は不快に思い(笑)、松井氏は籠池氏に梯子を外されたと名指しであり、また籠池氏に爆弾を炸裂された困り、松井氏は今日出てこない。

二つの参考人招致、これで幕引きか、新たな疑惑が出てくるか?本来公平公正であるべき行政が守られているか、近代民主主義国家として日本が機能しているか、機能していないなら日本に未来はなく、法律違反でないからいいのではない、民主主義国家、先進国としてのルールを守るべきで、特定の権力者がルールを捻じ曲げるなら、それは国民にも跳ね返り、道上さん、資料をちゃんと出すべきと締めくくられました。以上、吉富さんのお話でした。

 



(社説)加計文書問題 政権の勝手は許されぬ by limitlesslife
  • 九州豪雨 人命の救助に全力を
     九州北部に記録的な大雨が降り、被害が拡大している。土砂崩れが各地で発生…[続きを読む]
  • 加計文書問題 政権の勝手は許されぬ
     公文書の扱いをめぐって、本来ゆくべき道の正反対をゆく、安倍政権の振る舞…

社説

2017年7月8日05時00分

 公文書の扱いをめぐって、本来ゆくべき道の正反対をゆく、安倍政権の振る舞いである。

国家戦略特区を使った獣医学部の新設が加計学園に絞られた経緯について、内閣府は「内部の議論だったので記録はとっていない」と民進党に答えた。

信じられない話だ。口頭による報告と協議だけで、こんな重要な問題を決めたというのか。

そればかりではない。

文部科学省で見つかった「総理のご意向」文書などに対応する記録に関しても、内閣府は「存在しない」と言い続けている。「関係省庁や自治体との打ち合わせが極めて多く、多忙」と説明し、記録の欠如も当然といわんばかりの態度だ。

あれもない。これもない。本当にそうならば、明らかに法令の趣旨に反する。

国が持つ情報は、現在、そして未来の主権者のものだ。国民とその代表者はそこから経緯や教訓を知り、学び、めざす社会の姿を考える。公文書管理と情報公開が民主主義を支える車の両輪と言われるゆえんだ。

だから公文書管理法は「国の意思決定の過程を後からチェックできるようにしなければならない」と公務員に義務づけ、それを踏まえたガイドラインも制定されている。つくったのは他ならぬ内閣府である。

しかし現政権は、こうした道理をまったく理解しない。

菅官房長官は、文科省で見つかった文書を「個人メモ」と決めつけ、各府省の文書管理規則の見直しに言及。これを受ける形で、松野文科相は「個人メモが省内のフォルダーやメールで共有され流出した」などとして事務次官らを厳重注意した。

要は公文書の範囲を極力狭くとらえ、政権にとって不都合なものは職員個人の責任に押しつけ、存在しなかったことにしようという話ではないか。

メモが公文書にあたるか否かは、それが作られた背景や利用状況から判断されるべきだ。今回の文科省の文書は上司への報告に使われるなどしており、公文書とみなすのが当然だ。

このような政権の勝手を許せば、「きれいな記録」だけが残ることになり、公文書管理制度は骨抜きになってしまう。

識者でつくる内閣府の公文書管理委員会がきのう開かれた。以前から予定されていたものだが、PKO日報、森友学園加計学園と問題が続出したのを踏まえ、ガイドラインを明確・強化することが話し合われた。

一連の経緯からくむべき教訓は多い。それを正しく生かすことが、委員会の使命である。

朝日新聞 天声人語・社説

天声人語・社説だけまとめて読むなら

朝日新聞に掲載される「社説」と、人気コラム「天声人語」、「ひと」を、過去3か月分まとめてお読みいただけます。

朝日の時事英語

朝日新聞の社説で英語を学ぶ

朝日新聞の社説を「The Asahi Shimbun AJW」掲載の英文と比較して読むことで、時事英語のトレーニングができます。英文タイピングの練習機能もついています。



朝日放送おはようコール(2017/7/5) 木原善隆が安倍政権の森友学園、加計学園問題での国民・野党をバカにした態度の問題とヒアリの問題を語る by limitlesslife


今日の新聞一面紹介、朝日は北朝鮮のICBM成功、読売、毎日、産経、日経も同じ、40分間飛び、今までのロケットと異なり、アメリカ本土が射程に入る、アメリカがどう出るか、です。
 永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、水曜日のコメンテイターはABCコメンテイターの木原善隆さんでした。

 

 

森友学園の問題、資料はないと逃げていた佐川理財局長が国税庁長官に栄転したことに野党から批判が出て、財務省が発表、佐川氏は答弁で森友学園の問題を逃れて、幹部人事を掌握する菅長官の配慮、麻生氏はていねいに説明したと嘯き、佐川氏は資料なしとして政府の責任を徹底的に逃れて、これを評価されての出世であり、菅氏は望月記者の追及にのらりくらり、佐川氏本人はANNの取材に答えずであり、国有地がなぜあれだけ安く払下げられたか、徹底的に隠し通した佐川氏が栄転で、調査に拒否して、これについて木原さん、隠し通した論功行賞、財務省と官邸が評価して、国民は佐川氏が秘密を守り通したと見ており、ほとぼりの冷めないうちにこんな人事、国民をバカにしているのかと言われました。理財局長→国税庁長官のコースは定番なものの、一般人は確定申告で領収書を全部そろえる必要があり、国民をバカにしていると言われました。

与党は加計学園問題を閉会中審査に応じて、7/10、しかしASSは外遊でいない時期であり、民進党は怒り、前川氏も出るものの、木原さん、ASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)に聞くべき、小出し作戦で、閉会中審査はやらない→都議選惨敗でASSのいない時にやり、国民がどれだけ怒っているか見るものの、これで国民が怒っていることをASS政権は分かっていない、ASSは臨時国会を開くべきであり、野党は予算委員会の開催を求めて、最善は臨時国会招集であり、しかし自民は応じず、積極的に問題を解決する意欲がないと言われました。

 

大阪市の南港で、毒を持つヒアリが確認されて、死骸には女王アリがいて、繁殖力があり、環境省は女王アリの存在を調べて、国内でヒアリの女王アリを調べて、1日1000個以上の卵を産み、風に乗って拡散するものであり、定着したらエライことであり、これまでのヒアリの発見は、尼崎、神戸、大阪、名古屋であり、噛まれたら治療が必要で、今は南風が強く、拡散が懸念されて、これについて木原さん、20年前のセアカゴケグモに似て、港で対策したらあっという間に広がり、現段階では港の周囲でしか見つかっていないが、拡散を防ぎ、最悪の場合も想定して、定着を防ぐべきであり、次に見つかるとしたら一般の人が見つけることになり、触らないことを学校でも教えるべき(素人には分からないので、アリには触らないこと)と言われました。

 

本日の気になる新聞記事、各紙1面トップの北朝鮮のICBM、これまでのロケットと異なり、ICBM、通常より角度を上げて、高度は2800km、通常の角度で発射したらアメリカに届き、木原さん、専門家の見方を総合したらアラスカまで届き、しかしアメリカは中距離弾道弾として、ICBMなら対応は異なり、今週のG20でアメリカは中国に何とかするように言う、軍事オプションは考えにくいと言われて、朝日26面の記事、空港での顔認証ゲートで入国手続きを簡略化するもので、木原さん、目の位置などで正確に把握できて、外国人入国で行列になり、日本人の入国を早くしていくものであると言われて、朝日4面の記事、ふるさと納税、前年度の1.7倍になり、高額な返礼品の自治体に人気で、総務省は高額返礼品を止めるように要請して、木原さん、ほとんどの自治体は従っても1割はやらず、地元のものを返礼品でも、制度の趣旨から考えたら問題ありと言われました。以上、木原さんのお話でした。

 

 



「森友学園」に強制捜査 問題の核心を見落とすな by limitlesslife

 森友学園問題とは何だったのか。その核心を見落としてはなるまい。

 大阪市の学校法人「森友学園」が、詐欺と補助金適正化法違反の容疑で、大阪地検特捜部の強制捜査を受けた。

 籠池泰典前理事長は、小学校建設に関して虚偽の契約書を国土交通省に提出し、補助金約5600万円を不正受給したほか、幼稚園の専任教員数を偽るなどして大阪府から補助金を詐取した疑いが持たれている。

 しかし、捜査がそこでとどまっては、疑惑の解明には至るまい。

 学園は小学校開設に関して、国と大阪府からそれぞれ異例の厚遇を受けている。なぜそれがまかり通ったのか。そこに問題の核心がある。

 府の私学審議会は慎重な意見があったにもかかわらず、「認可適当」と答申した。

 財務省近畿財務局は、売却を原則とする国有地について当初は学園の要求通り借地契約を結んだ。そして、地中からごみが見つかると、鑑定価格から約8億円も安い1億3400万円で売却した。

 財務局は、地中から見つかったごみの処理費用を8億円と見積もったという説明だが、交渉記録を破棄したとして学園との詳しいやり取りは明らかにしていない。

 籠池氏は強制捜査について「国策捜査だ」と述べた。自らが政治的な犠牲者だと言わんばかりの勝手な発言だ。

 しかし、籠池氏は複数の政治家の名前を挙げて国や府へ学校開設への支援を求めてきた。安倍晋三首相の妻昭恵氏が一時期、名誉校長に就き、官僚が政権の意向をそんたくしたとの指摘もある。政治的な要素が背景にあることは否定できない。

 特捜部は、財務局が不当に国有地を安く売却し、国に損害を与えたとする背任容疑の告発状を受理している。立件へのハードルは高いと見られるが、疑惑の核心に迫るべく捜査を尽くすべきだ。

 国会では、野党が求める昭恵氏や財務省幹部らの証人喚問を与党側が拒み続けた。「昭恵氏から100万円の寄付を受けた」という籠池氏の証言も真偽不明のままだ。

 刑事責任の追及とは別に、国会も引き続き、問題の真相究明に努める必要がある。

社説

関連記事

https://faeb92b469b40c9d72e4-dc920caace12a27e58d45a42e86d29a2.ssl.cf2.rackcdn.com/generic_v1.html#requestObject=%7B%22context%22%3A%7B%22referrer%22%3A%22%22%2C%22autoRefresh%22%3Afalse%7D%7D&media=html&sid=9222356687186286883&widgetId=3fa10793d14992a6590d4a36c326b6a60b0c8c57&width=756&height=250&resizeToContentSize=true&useSecureUrls=true&ctx=https%3A%2F%2Fmainichi.jp%2Farticles%2F20170622%2Fddm%2F005%2F070%2F165000c%3Ffm%3Dmnm&usi=i6dpjk309whvzzbp&rnd=1627154745&prnd=j47sauw92rutvkx6&tzo=300&parentElementId=cxWidget_0.0073538263071109



(社説)加計、森友問題 疑惑の全容を解明せよ by limitlesslife

2017年6月21日05時00分

  • 面一覧

 大阪の学校法人「森友学園」に対し、大阪地検が強制捜査にのり出した。一昨日の午後7時すぎに始まった家宅捜索は、きのうの朝まで異例の時間帯におこなわれた。

容疑は、運営する幼稚園で、教員数と障害のある園児数に応じて支払われる大阪府の補助金を、虚偽の申請書を提出するなどして詐取したというもの。

さらに、豊中市で開校を計画していた小学校舎の建設で、金額の異なる3通りの契約書を作り、最も高額の分を国に出して補助金を不正受給した補助金適正化法違反の疑いもある。

保護者の中には「子どもを利用した裏切りがあったのなら許されない」と憤る人もいる。

両容疑とも公金の不正だ。検察は籠池泰典前理事長らに加え府や国の関係者からも事情を聴き、解明に努めてほしい。

一連の問題は、同学園が学校用地として国有地を格安で買い入れたことで発覚した。

財務省は鑑定価格からごみ撤去費として8億円余りを差し引き、近隣地の約1割の1億3400万円で売却した。なぜここまで値引きされたのか、その経緯は今も定かではない。

地元の大阪府豊中市議らは「不当な安値で売却し、国に損害を与えた」として財務省近畿財務局職員らを背任の疑いで告発し、地検が受理している。

背任の立件には「国に損害を与える意思があったかどうか」などの立証が必要となる。

きのうの朝、会見した籠池氏は、深夜に捜索した検察を批判した上で、安倍首相夫人の昭恵氏を小学校の名誉校長に迎えて国有地の買い取りを進めた経緯に言及し、「忖度(そんたく)する形ですべてが動いたと今も認識している」と述べた。

問われるのは忖度の中身であり、安倍首相への配慮があったのか、その認識と行動だ。

地検に求められるのは、国有財産の処分として価格や決定のあり方が適法だったかを明らかにすることだ。「文書は廃棄した」と主張する財務省関係者からも事情を聴き、関連資料を集めて捜査を尽くしてほしい。

昭恵氏は名誉校長を、問題発覚まで1年半、引き受けていた。国会で野党は、昭恵氏と学園のつながりが値引きの背景にあるのではと追及し、昭恵氏の国会招致を求めた。だが与党は拒み、疑問が残ったままだ。

籠池氏は国有地取得までの3年半、国との交渉の節目で昭恵氏に「交渉経緯を報告した」と主張している。学園が強制捜査を受けた今、昭恵氏は説明責任を果たすべきだ。