Global Ethics


大衆力:99.99% by limitlesslife

9 Effective Ways to Help Standing Rock

スタンディング・ロックを助ける9つの効果的方法

By Edward Saunsoci on Sunday November 27th, 2016

9waystandingrockfeature

Powerful Ways to Help the Water Protectors

3. Money Talks 金を動かす(関連銀行・会社から移す)

Close your accounts at these listed banks that support the Dakota Access Pipeline. The top 5 most well-known banks are Wells Fargo, CitiBank, US Bank, Bank of America, and Goldman Sachs. Phillips 66 is another company that supports DAPL.There are 17 Banks that Support DAPL and if you have an account with them, CLOSE IT! Banks make a large profit off the backs of poor people and have no remorse for it.

Let’s hit back at the banks and the companies that support them where it hurts, their pockets! Join us in boycotting, if you find other companies, please let us know, so we can add to the list.

4. Social Media (社会メディア:ビデオ・写真・ブログ)

Share social media content (videos, pictures, blogs).

An earlier video that was shared little over a two weeks ago was from Thomas H. Joseph, which hit 1.5 million views within days. As he streamed, he noticed he didn’t have connection when the police showed up, but had connection prior to that. The great thing about Facebook is that it still uploaded the video for people to save for him. We know how sometimes Facebook tends to pull videos offline due to police intervention.

And we all know that the mainstream media has held a blackout until recently when actress Shailene Woodley was arrested at a prayerful protest. The reason why it was picked up is because she live-streamed directly from the prayerful action at Standing Rock, through Facebook!

As she streamed, she had around 40k people watching, and as of now, it’s at 108k shares and viewed by 4.1 million people! We need to use social media to our advantage since we know that big oil has media outlets in their back pockets. So please share when you see something that helps the stand against Dakota Access Pipeline.

5. Donations (寄付)

Donate goods, materials, and funds. As we all know, it is going to cost to do anything in the world we live in. As of now, the camp has been exceptionally thankful for the donations. This is one area that almost anyone can help in.

If you can’t be on the ground at Standing Rock then you still can help with small donations that definitely add up and help the camp. As we gear up and get ready for winter, these donations become a huge deal. The love and support has come from around the world! Many organizations are busting their butts to get aid and relief help to Standing Rock. Here are a few that are contributing in a huge way.

Legal Defense Fund for Sacred Stone Spirit Camp is a gigantic collaborative effort helping the protectors who are involved with the direct action protests. It helped me when I was arrested a few weeks ago and bonded me out! A big shout out to the legal department on the camp as they do a lot and are super down for the cause!

Standing Rock Tribe is where I send everyone who contacts me and wants to donate. They have a communication link as well as a donation link at the top of their page. They are in charge for so many crucial points within the camp. Any, and all, donations will go to the tribe to assist in helping the protection of our Sacred Water.

True North Organizing Network is working overtime to assist at Standing Rock. They have already sent 4-5 caravans of support with almost 200 people from Northern California to Standing Rock within the last 3 months. Their main goal is to assist in any capacity and they have set up the second largest kitchen in the camp, which has helped lighten the load for the main kitchen. They have organized it so that every two weeks a new caravan with supplies and volunteers from North California make the trip to assist.

Sacred Stone Camp has been in place the longest and is a pivotal point in stopping the DAPL. LaDonna Brave Bull Allard has been doing a lot on behalf of the movement and to have her land opened up to the camp is a huge blessing.

Defenders of The Water School is a camp for children ages 7-13. It’s the first place I went to volunteer as soon as I heard it was there. Alayna Lee Eagle Shield started the schoolafter she heard that there was a need throughout the camp. Teresa, Blaze, and Savannah have been there the longest and are the perfect people to help with the kiddos. With tons of kids on camp and people funneling in and out of camp, any and all donations for the school are needed. There is an Amazon wish list for the school on their Facebook page.

The Protectors Alliance are doing great work on the ground building much needed compost toilets to make the camps as sustainable as possible that way. You can donate to the Standing Rock Compost Toilet Initiative

There are many great places to donate, please do the research and find out where your dollar will be used the best.

Students and teachers at the Defenders of the Water School.Students and teachers at the Defenders of the Water School.

6. Political Pressure 政治的圧力(政治家・議員・当局・人権団体などに連絡)

Call your local congressman/woman, as well as the White House and submit complaint forms. It can go a long way. Here are several ways that you can assist in helping Standing Rock through political means:

  1. Contact your local elected officials and inform them to stop the DAPL and to seek environmental energy practices in your area.
  2. Call the North Dakota Governor’s office and tell him to demilitarize the actions of Morton County Sheriff 701-328-2200
  3. File civil rights complaints with the Department of Homeland Security. Specifically, file complaints regarding the total disregard of civil liberties and constitutional rights to pray and assemble by Morton Count Sheriffs Office and their partnering law departments.
  4. Contact the President of the US via the White House Facebook page (he reads at least 10 of those messages a night) or you can write him the good old fashion way.

If you know of other ways please let us know and we will try to add them.

Political pressure can go a long way.Political pressure can go a long way.

7. Support the sovereignty of your local tribes 自分の所の部族(被差別者)の主権支持

Reach out to a local tribe and be clear with them that you want to help support their sovereignty. Tribal Nations have been protecting the environment for thousands of years and honoring their treaties is the most effective method of preserving nature, since treaties are held as the supreme law of the land. Ask them how you can be of assistance. This is a great time in history, Native Americans everywhere are finally starting to gain more attention for their plight because of the DAPL issue. Be the change you want to see, helping natives is the first step in righting a ton of wrongs done in this country.

8. Write opinion sections in a local newspaper or blog/vlog 新聞・ブログなどに意見を書く

Sharing your opinion on the issue with DAPL, and showing your support for Standing Rock, could bring much needed clarity and insight on the matter. We are all in this together and the more the merrier. So please reach out to someone and share your insight if they are in the dark about the situation at hand. It could help save millions of lives.

You have it in you, your words matter and will inform many.

Your words matter and will inform many.Your words matter and will inform many.

9. Hold local rallies 地元で団体行動・デモ

You may, or may not, know it but there are TONS of rallies being done in your home town for many causes. Find one, or a few, that you can agree with and help out. Throw yourself into the mix and get involved!

So many injustices are happening in the world we live in and if no one ever stands up against them, they’ll go unchallenged. But luckily, we have YOU! You are the change that you want to see in the world, all that’s left is doing the work. Let’s work!

How do you feel about this article? Join the conversation.

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Words By Edward Saunsoci

Originally posted on The Travelling Humanitarian

Click here to Watch the ‘Join the Inner Peace Revolution’ film

FEATURED

POPULAR

Subscribe to UPLIFT

 
Include Weekly Digest

UPLIFT is dedicated to telling the new story of inspired co-creation.

Get free updates and news about UPLIFT events and films.

channels

YOGA
WELLNESS
CONSCIOUSNESS
SCIENCE
EA
Leave a comment


堤未果さんトーク&サイン会@2016年4月27日 (水)八重洲ブックセンター本店 by limitlesslife
April 26, 2016, 12:16 am
Filed under: 権利(侵害), 権力
堤未果さんトーク&サイン会@2016年4月27日 (水)八重洲ブックセンター本店

角川新書『政府は必ず嘘をつく 増補版』 (KADOKAWA) 刊行記念

>八重洲ブックセンターです。
>事前申し込み制です。
>誠に恐れ入りますが、お電話でご予約下さいませ。
>入場条件で一冊買わなければならないのですが、、、、

http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/9155/

あなたはいくつ見抜けるだろうか?

9.11と3.11の共通点、テロ報道の表裏、国際機関の真の狙いに、SNSの思考停止効果な
ど。
7万4000人の失業者を出す〈TPP〉の罠と、
後からじわじわ危険が迫る〈マイナンバー〉について
未公開情報を巻末の袋とじにまとめた「増補版」を緊急出版!

国民に真実が知らされず、嘘と真実がますます見分けにくくなる今、
権力にダマされないために、個人は何を考え、何をすればいいのか。
その秘策を語ります。

※講演会終了後、サイン会を実施いたします。

(対象書籍のみサインいたします。
対象書籍以外・お持ち込みの本・色紙・グッズ等へのサインはできません。)

日時      2016年4月27日 (水) 19時00分~(開場:18時30分)
会場      本店 8F ギャラリー
募集人員    100名(申し込み先着順)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

申込方法
▼申込方法 : 1階カウンターにてお申し込みを承ります。
(対象書籍発売前は、整理券のご予約となります。)
対象書籍発売後は、当店でお買い上げの際、参加ご希望のお客さまに1階カウンターに

整理券を差し上げております。(参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていた
だきます。)
また、お電話によるご予約も承ります。(電話番号:03-3281-8201)
※対象書籍のご購入は、イベント当日でも構いません。

▼対象書籍 : 4月8日(金)発売 角川新書『政府は必ず嘘をつく 増補版』 本体8
00円+税

主催:八重洲ブックセンター   協賛:KADOKAWA

《講演者紹介》
堤 未果 (つつみ みか)

国際ジャーナリスト。
東京都生まれ。ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号取得。

国連、アムネスティ・インターナショナルNY支局員、米国野村證券を経て現職。
日米を行き来し、各種メディアで発言、執筆・講演活動を続けている。
著書多数。『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』で日本ジャーナリスト会議黒田
清新人賞受賞。『ルポ 貧困大国アメリカ』(3部作、岩波新書)で日本エッセイスト
クラブ賞、新書大賞受賞。『政府は必ず嘘をつく』で早稲田大学理事長賞受賞。近著に
『沈みゆく大国アメリカ』(2部作、集英社新書)。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Leave a comment


「市場の倫理 統治の倫理」ジェイン・ジェイコブズ  by limitlesslife
March 1, 2016, 12:12 am
Filed under: 権力
「市場の倫理」  中心価値:他人に対する「誠実」 暴力を締め出せ 自発的に合意
せよ
正直たれ 他人や外国人とも気安く協力せよ 競争せよ 契約尊重 創意工夫の発揮
新奇・発明を取り入れよ 効率を高めよ 快適と便利さの向上 目的のために異説を唱
えよ
勤勉なれ 節倹なれ 楽観せよ

「統治の倫理」  中心価値:身内に対する「忠実」 取引を避けよ 勇敢であれ
規律遵守 伝統堅持 位階尊重 忠実たれ 復讐せよ
目的のためには欺け 余暇を豊かに使え 見栄を張れ 気前よく施せ
排他的であれ 剛毅たれ 運命甘受 名誉を尊べ

・非暴力で、契約を守り、工夫して、win-winで取引をする”市場の倫理”
(科学、技術、商売は、改竄しては意味が無いので”市場の倫理”)
・縄張り/伝統/上下関係を重視し、手段を選ばす、ゼロサムで奪取する”統治の倫理”
・動物は、”統治の倫理”しか持っていない。人間だけが”市場の倫理”を持つ。
・勤勉だと狩り(搾取)の獲物が枯渇するので、”統治の倫理”では余暇が重要。
・市場でのルール違反を取り締まるのに”統治の倫理”は必要
・両者とも自己組織化で(自然に)できた。
・税金を取るのに”市場の倫理”は必要
・両者は正反対の倫理体系。”金銭”を”統治の倫理”に足すと賄賂になって腐敗。
・政府意向で、銀行が融資したり、不経済な原発推進したりすれば”市場”が腐敗(例:
旧ソ連、世界銀行)
・国立研究所も、上/補助金に逆らえない”統治の倫理”で御用研究となる。
・軍産連携は、コスト/法律無視の腐敗となる。(ロッキード事件等)
・環境活動は、政府と対抗した段階で”統治の倫理”管轄となる。
・大企業は社員が独立すれば自由に商売できる点で、軍と異なる。(軍がそうしたらク
ーデターになる)
・英国は、商人が、貴族のまねをして勤勉ではなくなり、「英国病」になった。
・「?だけの利益を上げよ。方法は任せる」等というのが、”統治の倫理”が”市場の倫
理”に介入しない強制の仕方。
・カースト/身分制は、”統治の倫理”と”市場の倫理”の混合を防止する方法として有効
だったが、融通が利かないので長期的には存続できない。
・市民がどちらかを自由に選択する方法も、両者が混じって腐敗するのでやはり長期的
には存続できない。一旦混じると、それまで良いことだったことが悪行化する。
・”市場の倫理”準拠の商人も、ヴォランティアの理事等になれば”統治の倫理”に準拠し
なくてはならない。
・Social Business(マイクロ・クレジット等)は、”市場の倫理”がうまく機能した例

・芸術/愛は、別の次元のこと。

=====

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Leave a comment


「お前は人権の臭いがする」   by limitlesslife
January 12, 2016, 12:51 am
Filed under: 権利(侵害), 権力, 人権
お世話になっています。
これは、事ここに至った背景の一つが鮮やかに記されています。
大塚要治 拝「お前は人権の臭いがする」 国と同化、自己肯定の差別
作家・中村文則さん
http://www.asahi.com/articles/ASHD23R1JHD2UPQJ003.html?iref=comtop_6_02

その大学時代、奇妙な傾向を感じた「一言」があった。 友人が第二次大戦の日本を美化する発言をし、僕が、当時の軍と財閥の癒着、その利権がアメリカの利権とぶつかった結果の戦争であり、戦争の裏には必ず利権がある、みたいに言い、議論になった。その最後、彼が僕を心底嫌そうに見ながら「お前は人権の臭いがする」と言ったのだった。

「人権の臭いがする」。言葉として奇妙だが、それより、人権が大事なのは当然と思っていた僕は驚くことになる。問うと彼は「俺は国がやることに反対したりしない。だから国が俺を守るのはわかるけど、国がやることに反対している奴(やつ)らの人権をなぜ国が守らなければならない?」と言ったのだ。

当時の僕は、こんな人もいるのだな、と思った程度だった。その言葉の恐ろしさをはっきり自覚したのはもっと後のことになる。

———————————-

人権という言葉への攻撃

川西玲子です。
大塚さんの投稿への返信です。

> その大学時代、奇妙な傾向を感じた「一言」があった。 友人が第二次大戦の日本を美化する発言をし、僕が、当時の軍と財閥の癒着、その利権がアメリカの利権とぶつかった結果の戦争であり、戦争の裏には必ず利権がある、みたいに言い、議論になった。その最後、彼が僕を心底嫌そうに見ながら「お前は人権の臭いがする」と言ったのだった。

>  当時の僕は、こんな人もいるのだな、と思った程度だった。その言葉の恐ろしさをはっきり自覚したのはもっと後のことになる。
>

90年代後半は、社会の雰囲気が変わり始めた転換期でした。
バブル崩壊に加えて、阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件が起きたんですよね。
そして財界が「新しい日本的経営」を発表、
「中核人材以外は非正規雇用にする」と明言しました。
あれが潮目でした。

私は自由人権協会という国産最古の人権擁護団体の会員ですが、
この頃、人権擁護活動に対する逆風が吹き始めたのです。
「週刊文春」などが煽る形で、「人権屋」への非難中傷が吹き荒れるようになりました。
何事が起きたのかと愕然としたことを覚えています。
今思えば色々な背景があったのでしょうね。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Leave a comment


「そうだそうだ。石原、戦争に行って来い、行って来い。」 by limitlesslife
August 22, 2015, 6:32 am
Filed under: 戦争(責任、賠償、禁止), 権力

1. 論長論短 No.249

日本が侵略戦争したのではない
宋 文洲

中国人に「日本は中国を侵略した」と面と向かって言われると私にも辛い
ものがあります。なぜならば戦前でも戦争したい日本人は滅多にいないことを
知っているからです。妻の両親の二人の祖父は赤紙で呼ばれて戦争に行きました。
どこでどう死んだかは未だに不詳です。徴兵に応じないと憲兵が来るし、
当時の日本社会では生きていけないのです。

しかし、海外の人に「日本が侵略」と言われると、多くの日本人は辛いでしょう。
戦争や侵略が嫌いな自分が「侵略した」と言われた気分になるからです。

では外国人、特に中国人が「日本が侵略戦争をした」と言う時は、
どういう中身を意味するでしょうか。

中国人は小さい時から日中戦争は日本軍国主義によって起こされた侵略戦争で
中国に甚大な被害をもたらしただけではなく、日本国民も被害者だと教えられて
きました。これは日本への報復禁止を呼び掛ける当時の蒋介石政府の声明にも、
毛沢東政府の日中国交回復の声明にも、はっきりと書いてあります。つまり、
「日本の侵略」は「日本軍国主義の侵略」を意味するのです。

軍国主義による被害の数字に見解の相違があれば、日本政府は客観的に中国政府
に指摘すればよいのですが、日本政治家が「虐殺がなかった」と言い出すと、
「歴史否定」と思われてもおかしくないはずです。特に国会の場で「侵略戦争
に定義がない」とか村山談話を見直すとか宣言する国の代表がいれば、外交の
場で「講和の契約をちゃんと守ってくださいよ」と言われるのは当然です。

このことを極右の方々が中国の「反日教育」と言うのは見当違いです。中国には
日本軍国主義に反対する教育があります。旧日本軍を悪く描く映画やドラマも
あります。しかし、戦後の日本や日本国民のことを悪く描く教科書や映画や
番組などを私は見たことがありません。日本のマスコミのほうが中国のマイナス
情報に熱心です。

私の中国側の親戚や友人は、私の日本人親戚や友人に向かって「日本は中国を
侵略した」と言いませんし、思い付かないのです。相手のことを信頼している上、
国民が同じ戦争被害者である自覚を持っているからです。しかし、未だに戦争を
起こしたい人が日本に居ることも事実です。

先日、フジテレビの「みんなのニュース」に出て「日本はまた戦争するか」と
いう討論に参加しました。100歳のむのさんの「当時殆どの国民は戦争を心配し、
行きたくなかった。今のように思ったことが言えないからどんどん戦争にはまっ
ていった」との回想に触発されて、私は以下の発言をしました。

「日本がまた戦争するかとの問い方に違和感を覚える。戦争したい国などない。
しかし、戦争したい人は未だにいる。石原先生はカメラの前で『今の野望は
シナと戦争して勝つことだ』と言いました。」

その場に居た石原慎太郎さんはさすが自分の前言を否定できず、苦笑いしながら
「私は何も中国と事を構えるつもりは・・・しかし、尖閣はどう思うか」と話を
逸らそうとしました。

私は「戦争を起こす人は戦争に行かない。自分の子供も行かない。石原先生は
この御年だから戦争に行く訳がない。戦争を起こしておしまい。」と言った時、
むのさんが石原さんに向かって大声で言いました。

「そうだそうだ。石原、戦争に行って来い、行って来い。」

そうなんです。戦争をしたいのは国家ではなく人間です。戦争を避ける一番の
方法は戦争したい人同士が戦争に行けばよいのです。戦争したくない人を
巻き込まないでほしいのです。そして戦争したくない人の名誉も汚さないで
ほしいのです。

===

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Leave a comment


語られざる核廃絶運動:デュボアからマルコムXまで by limitlesslife
August 5, 2015, 6:20 am
Filed under: 核廃絶, 権利(侵害), 権力
Published on
by

W. E. B. Du Bois to Malcolm X: The Untold History of the Movement to Ban the Bomb

Coretta Scott King (R) with Women Strike for Peace founder Dagmar Wilson (L) in a march on the United Nations Plaza, New York City, Nov. 1, 1963. (Image: Bettmann/CORBIS)

ニューヨークの国連広場での行進におけるコレッタ・スコット・キング(右)と「平和のための女性のストライキ」創設者ダグマー・ウィルソン(左)、1963年11月1日 (写真:ベットマン・コービス)

When the Rev. Martin Luther King Jr. announced his strong opposition to the war in Vietnam, the media attacked him for straying outside of his civil rights mandate. In so many words, powerful interests told him: “Mind your own business.” In fact, African American leaders have long been concerned with broad issues of peace and justice—and have especially opposed nuclear weapons. Unfortunately, this activism is left out of mainstream corporate-produced history textbooks.

マーティン・ルーサー・キング・ジュニアー牧師がベトナムでの戦争に対して強い反対を宣言したとき、メディアは彼の市民権要求をから迷い出たと彼を攻撃した。非常に多くの言葉で強力な利害関係者達は「自分の業務に専念しろ」と彼に言った。実際、アフリカ系アメリカ人指導者達は長い間広い平和と正義の問題に関係してきたしー特に核兵器には反対してきた。不幸にしてこの行動主義は主流の企業出版の歴史教科書では置き去りにされている。

On June 6, 1964, three Japanese writers and a group of hibakusha (atomic bomb survivors) arrived in Harlem as part of the Hiroshima/Nagasaki World Peace Study Mission. Their mission: to speak out against nuclear proliferation.

1964年6月6日3人の日本の著述家達と被爆者(原爆生存者)の一団がヒロシマ・ナガサキ世界平和研究ミッションの一部としてハーレムに着いた。彼らのミッションは:核拡散に反対を語り掛けることであった。

Yuri Kochiyama, a Japanese American activist, organized a reception for the hibakusha at her home in the Harlem Manhattanville Housing Projects, with her friend Malcolm X. Malcolm said, “You have been scarred by the atom bomb. You just saw that we have also been scarred. The bomb that hit us was racism.” He went on to discuss his years in prison, education, and Asian history. Turning to Vietnam, Malcolm said, “If America sends troops to Vietnam, you progressives should protest.” He argued that “the struggle of Vietnam is the struggle of the whole Third World: the struggle against colonialism, neocolonialism, and imperialism.” Malcolm X, like so many before him, consistently connected colonialism, peace, and the Black freedom struggle. Yet, students have rarely heard this story.

日系アメリカ人の活動家、河内山 百合は彼女の友人マルコムXと共にマンハッタンヴィル住宅計画の自分の家で被爆者達のために歓迎会を組織した。マルコムXは「貴女方は原爆で傷害を受けてきました。貴女方は渡地達もまた傷害を受けてきたことを目の当たりにしました。私達を撃った爆弾は人種差別でした。」と言いました。彼は更に続けて自らの何年もの刑務所生活、教育、そしてアジアの歴史を語りました。ヴェトナムについて、マルコムは「もし米国がヴェトナムに兵士達を送るなら、貴女方進歩派の人達は抗議すべきです。」と言いました。彼は「ヴェトナムの戦いは第三世界全体の戦いです、即ち植民地主義、新植民地主義、帝国主義との戦いなのです。」と言いました。マルコムxは、彼以前の多くの人達と同様に植民地主義と平和と黒人の自由の戦いを常に結びつけていました。しかし学生達はこの話を殆ど聞くことがありませんでした。

With the recent developments in Charleston surrounding the Confederate flag, there is a renewed focus on what should be included in U.S. history textbooks and who should determine the content. Focusing on African American history, too often textbooks reduce the Black freedom movement to the Montgomery Bus Boycott and the March on Washington. Rosa Parks and Dr. King are put in their neat categorical boxes and students are never taught the Black freedom struggle’s international dimensions, viewing slavery, Jim Crow, and the Civil Rights Movement as purely domestic phenomena unrelated to foreign affairs. However, Malcolm X joined a long list of African Americans who, from 1945 onward, actively supported nuclear disarmament. W. E. B. Du Bois, Bayard Rustin, Coretta Scott King, Dr. Martin Luther King Jr., and the Black Panther Party were just a few of the many African Americans who combined civil rights with peace, and thus broadened the Black freedom movement and helped define it in terms of global human rights.

南部連合軍旗をめぐる最近のチャールストンでの経緯に関して、米国の歴史の教科書に何を入れ誰が内容を決定するのかについて改めて関心が集まりました。アフリカ系アメリカ人の歴史の関心はあまりにもしばしば教科書は黒人解放運動をモントゴメリーのバス・ボイコットとワシントンへの行進に縮小されています。ローザ・パークスとキング博士はキッチリした範疇の箱に入れられ学生達は決して黒人解放運動の国際的次元は教えられず、奴隷、ジム・クロー法、市民権運動は外国事情とは無関係な純粋に国内減少であると見做されます。しかしながら、マルコムxは1945年以後核非武装を積極的に支持した人々の長いリストに加えられます。W.E.B.デュボア、米ヤード・ラスキン、コレッタ。スコット・キング、マーティン・ルーサー・キング博士、そしてブラック・パンサー党は市民権と平和を関係付け、そうして黒人解放運動を拡大し、それを地球的人権の問題として定義した多くのアフリカ系アメリカ人達の中の少数にしか過ぎません。

If students learn about Du Bois at all, it is usually that he helped found the National Association for the Advancement of Colored People (NAACP) or that he received a PhD from Harvard. However, a few weeks after the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki, Du Bois likened President Truman to Adolph Hitler, calling him “one of the greatest killers of our day.” He had traveled to Japan and consistently criticized the use of nuclear weapons. In the 1950s, fearing another Hiroshima in Korea, Du Bois led the effort in the Black community to eliminate nuclear weapons with the “Ban the Bomb” petition. Many students go through their entire academic careers and learn nothing of Du Bois’ work in the international arena.

もし学生達がデュボアについて学ぶなら、通常彼は全国有色人権利推進協会(NAACP)か彼がハーバード大学から博士号を受けたことでしょう。しかしながら、ヒロシマとナガサキに原爆投下された二・三週間にはデュボアはトルーマン大統領をアドルフ・ヒトラーに喩えて彼を「我々の時代の最大の殺人者」と呼んだのです。彼は日本に旅して常時核兵器使用を非難しました。1950年には朝鮮にヒロシマの再来を恐れてデュボアは黒人社会で「原爆厳禁」請願で核兵器廃絶の努力を先導しました。多くの学生は自らの学生生活の中でデュボアの国際分野での仕事については何も学ばないのです。

If students ever hear the name Bayard Rustin, it is usually related to his work with theMarch on Washington. He has been tragically marginalized in U.S. history textbooks, in large part because of his homosexuality. However, Rustin’s body of work in civil rights and peace activism dates back to the 1930s. In 1959, during the Civil Rights Movement, Rustin not only fought institutional racism in the United States, but also traveled to Ghana to try to prevent France from testing its first nuclear weapon in Africa.

もし学生達がベーヤード・ラスティンの名前を聞いたことがあるとすれば、それは通常彼の著作「ワシントン行進」に関してであろう。彼は米国歴史教科書で悲劇的に隅に追いやられているが、彼のホモが大きく影響している。しかしながら、ラスティンの市民権と平和活動の仕事の主体は1930年代に遡る。市民権運動のさなか、1959年にラスティンは合衆国内で制度的人種差別と闘ったのみならず、ガーナにもフランスがアフリカで最初の核実験をするのを阻止しようと旅をしました。

These days, some textbooks acknowledge Dr. King’s critique of the Vietnam War. However, King’s actions against nuclear weapons began a full decade earlier in the late 1950s. From 1957 until his death, through speeches, sermons, interviews, and marches, King consistently protested the use of nuclear weapons and war. King called for an end to nuclear testing asking, “What will be the ultimate value of having established social justice in a context where all people, Negro and White, are merely free to face destruction by Strontium-90 or atomic war?” Following the Cuban Missile Crisis in October 1962, King called on the government to take some of the billions of dollars spent on nuclear weapons and use those funds to increase teachers’ salaries and build much needed schools in impoverished communities. Two years later, receiving the Nobel Peace Prize, King argued the spiritual and moral lag in our society was due to three problems: racial injustice, poverty, and war. He warned that in the nuclear age, society must eliminate racism or risk annihilation.

この頃ではいくらかの教科書はキング博士のベトナム戦争の批判を認めています。しかしながら、キングの核兵器に対しての反対は一昔前の1950年代に始まっています。1957年から彼が死ぬまで、講演、説教、会見、そして行進でキングは恒常的に核兵器の使用と戦争に抗議をしています。キングは「すべての人々、黒人と白人、がストロンチウム90あるいは核戦争の破壊に単に直面する羽目になったら、社会正義を確立したとしても究極的な価値は一体何なのか」と問うて核実験を終わらせるよう呼びかけています。1962年のキューバ・ミサイル危機の後キングは政府が核兵器に費やす何十億ドルのいくらかでも教師の給料を上げ貧困共同体に非常に必要とされている学校を建てる資金とするよう呼びかけています。二年後、ノーベル平和賞をもらい、キングは我々の社会は精神的・道徳的遅れが人種不正義、貧困、そして戦争の三つの問題に起因していると論じました。彼は核時代において社会は人種差別を撤廃しなければならず、さもなくば絶滅の危機に至ると主張しました。

Dr. King’s wife largely inspired his antinuclear stance. Coretta Scott King began her activism as a student at Antioch College. Throughout the 1950s and 1960s, King worked with various peace organizations, and along with a group of female activists, began pressuring President Kennedy for a nuclear test ban. In 1962, Coretta King served as a delegate for Women Strike for Peace at a disarmament conference in Geneva that was part of a worldwide effort to push for a nuclear test ban treaty between the United States and the Soviet Union. Upon her return, King spoke at AME church in Chicago, saying: “We are on the brink of destroying ourselves through nuclear warfare . . . . The Civil Rights Movement and the Peace Movement must work together ultimately because peace and civil rights are part of the same problem.”

キング博士の妻が彼の反核の立場を大きく鼓舞しています。コレッタ・スコット・キングはアンティオク・カレッジでの学生の時に活動を始めています。1950年代から60年代にかけてキングは女性活動家達のグループと共にいろいろな平和団体と共に活動しケネデイー大統領に核実験禁止をするように圧力をかけ始めました。コレッタ・キングは合衆国とソ連の核実験禁止条約を推進する世界的努力の一部であるジュネーブでの軍縮会議で「平和のための女性のストライキ」の使節としての役割を果たしていました。帰国するや、キングはシカゴのAME(アフリカン・メソジスト・エピスコパル)教会で「私達は自らを核戦争で破滅させる瀬戸際にいます・・・市民権運動と平和運動は究極のところ協働しなければなりません、平和と市民権は同じ問題の部分なのですから」と講演しました

Soon, we will commemorate the 70th anniversaries of the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki. Not long after comes the anniversary of the 1963 March on Washington. Students will then return to school and to their history textbooks. However, most will not learn how these issues are connected. They will not learn of all those in the Civil Rights Movement who simultaneously fought for peace. But this must change, and soon. The scarring of war and poverty and racism that Malcolm X spoke of continues. It’s time that students learn about the long history of activism that has challenged these deadly triplets.

間もなく私達はヒロシマとナガサキ原爆投下の70周年を記念します。その後すぐ1963年のワシントン行進の記念日が来ます。学生達は学校に戻り歴史教科書を手にします。しかしながら、多くの者はこれらの問題がどのように関係するかを学びません。彼らは市民権運動で同時に平和のために戦った人々みんなを勉強する訳ではありません。しかし、これは変らなければなりません、すぐにそうすべきです。マルコムxが語った戦争、貧困、そして人種差別の傷跡は継続しています。学生達がこれらの死に至る三問題に挑戦してきた活動の歴史について学ぶ時機に来ています。

Vincent J. Intondi is an associate professor of history at Montgomery College and director of research for American University’s Nuclear Studies Institute. He is the author ofAfrican Americans Against the Bomb: Nuclear Weapons, Colonialism, and the Black Freedom Movement (Stanford University Press, 2015).

ヴィンセントJ.アイントンディはモントゴメリ・カレッジの歴史の助教授えアメリカン・ユニヴァーシティの核研究機関の研究主任です。彼は「核爆弾反対のアフリカ系アメリカ人達:核兵器、帝国杉、そして黒人自由運動」(2015年スタンふぉーお大学出版部発行)の著者です。

limitless life

Published on
by

Coretta Scott King (R) with Women Strike for Peace founder Dagmar Wilson (L) in a march on the United Nations Plaza, New York City, Nov. 1, 1963. (Image: Bettmann/CORBIS)

When the Rev. Martin Luther King Jr. announced his strong opposition to the war in Vietnam, the media attacked him for straying outside of his civil rights mandate. In so many words, powerful interests told him: “Mind your own business.” In fact, African American leaders have long been concerned with broad issues of peace and justice—and have especially opposed nuclear weapons. Unfortunately, this activism is left out of mainstream corporate-produced history textbooks.

On June 6, 1964, three Japanese writers and a group of hibakusha (atomic bomb survivors) arrived in Harlem as part of the Hiroshima/Nagasaki World Peace Study Mission. Their mission: to speak out against…

View original post 970 more words

Leave a comment


特高警察:教育資料、山形で発見…専門家「貴重」 by limitlesslife
July 31, 2015, 1:30 am
Filed under: 権利(侵害), 権力
「秘密保護法」を率先して作った内閣情報調査室も、「秘密保護法違反事件」があれば捜査を所管することになる(事件がある前に「犯罪予防」の名で動くことになる)公安警察も、先祖は、治安維持法や軍機保護法を所管した悪名高き特高警察です。
公安警察の「特高化」が進んでいると言われる中でのこの報道。
ちなみに、8月4日付で警視総監となる高橋清孝氏の現職は警察庁警備局長。
やっぱり警備・公安畑は警察官僚の花形なんだぁ。
★毎日新聞 2015年07月30日 15時00分
特高警察:教育資料、山形で発見…専門家「貴重」
【写真】寄贈された講義要綱には特高警察の心得をうたった「三綱領」などが記されている=山形県米沢市六郷町で2015年6月24日14時30分、佐藤良一撮影
 戦前・戦中に、戦争遂行のために国民を監視した「特高警察」の教育資料とみられる「昭和十六年 特高警察講義要綱」が山形県米沢市内で見つかった。特高関連の資料の大半は終戦直後に焼却されており、専門家は「特高の教育内容を示す貴重な資料」としている。
 ◇1941年、県警が各署に配布
 米沢市の公益財団法人「農村文化研究所」が昨年、研究所の評議員から土蔵に保管していた戦時資料の寄贈を受け、阿部宇洋(たかひろ)学芸員(30)が今年整理した際に見つけた。評議員の親類が「楯岡警察署(現山形県警村山警察署)」の特高関係者だったとみられる。
 要綱の大きさはB5判ほどで、ガリ版刷り48枚。「1941年3月22日」の日付とともに、赤字で「部外秘」と記されている。山形県警の特高課主任が東京であった講習会の内容を基に要綱をまとめ、各署に配布したとみられる。
 「皇国警察の使命」「左翼・宗教」「労働農民経済」「出版警察」「新聞検閲」「フィルム検閲」「産業報国運動」など14項目に分かれている。冒頭で、天皇への絶対的忠誠などの「三綱領」を掲げ、「国体観念の発揚と実践」が使命とした。
 労働運動については「産業報国会以外は認めない」とし、未然防止、関係機関の緊密な連絡の重要性を強調。農業運動についても「左翼的、階級対立的なものは認めない」とし、農民組合の解散を目指すとした。「国策宣伝上支障が生じる」などを理由に、1年間で映画など48本を上映禁止にしたことも記されていた。
 特高資料を調査してきた小樽商科大(北海道小樽市)の荻野富士夫教授によると、特高警察の講習資料は珍しいという。荻野教授は「一般警察官を教育するための内容が含まれ、1930年代半ばから全警察官の特高化がスローガンとして叫ばれていたことを裏付けている」と話している。【佐藤良一】
 ◇特高警察◇
 1910年、天皇暗殺を企てたとして、幸徳秋水ら12人が死刑となった大逆事件の翌年、警視庁が高等課から特別高等課を分離して「特高警察」を設置。22年以降、全国的に特高課が設置され、社会主義運動や労働運動、農民運動の活動家をはじめ、宗教家や外国人にまで監視の網を広げた。終戦後の45年10月に廃止された。
*************************************
近藤 ゆり子  k-yuriko@octn.jp
*************************************
Leave a comment

« Older Posts