Global Ethics


雨水で途上国を支える「ドクター・スカイウォーター」 by limitlesslife
April 28, 2014, 10:05 am
Filed under:

日経メディカル 2014年4月28日 色平哲郎

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/blog/irohira/201404/536131.html

水は生命の源。
上下水道のインフラが整った日本で暮らしていると、
お水のありがたみを忘れがちだが、
大規模災害が起これば嫌というほど思い知らされる。

2002年、国連は「子ども特別総会」に先立ち、
「2000年に世界で生まれた子どもが100人だったら」と仮定。
「19人はきれいな水が飲めません。40人は体を洗う水やトイレに不自由し、
ゴミや、病気を運ぶ虫などに苦しめられています」と発表した。

実際にアジアの発展途上国では、貧困層や健康弱者がきれいな水を飲めず、
自然由来のヒ素汚染、海水由来の塩害などでダメージを受け続けている。
例えばバングラデシュのヒ素中毒患者は5万5000人に達するといわれる。

水道システムへの巨額の公共投資が難しい途上国で、
いかにしてきれいな水を確保するか。
この難題に挑み、見事な成果を出している人物がいる。
天水研究所代表の村瀬誠さんだ。
村瀬さんが実践しているのは、汚れを取り去った「雨水」を貯めて飲用に
使うという実にシンプルな方法。
あまみず、うすい、つまりスカイウォーターを収穫する(ハーべスティング)
というコンセプトだ。

「ドクター・スカイウォーター」とも呼ばれる村瀬さんは、バングラデシュから
地元の左官さんをタイの職業訓練学校に派遣し、タイ東北部の伝統的な大きな
水がめ(650リットル)の製造法を習得させ、庶民の手が届く価格で販売する
ソーシャル・ビジネス活動を展開している。
バングラデシュでは、この水がめを「AMAMIZU」と呼んでいるという。

AMAMIZU(1000リットル)の仕組みは天水研究所のウェブサイト
でも紹介されているが、極めてシンプルなものだ。
トタン屋根やコンクリート屋根に降った雨水を、樋を通してタンクに貯め、
底から25センチの高さの蛇口から取水する。
その際、雨の降り始めの大気の汚れや屋根に積もった汚れが洗い出される
最初の数ミリ分を排除し、ゴミなどもろ過する。
これで雨季のみならず、乾季であっても十分な量のきれいな飲み水が確保
できるという。

また、ベンガル湾に面した沿岸地域の公的病院向けには、JICA
(独立行政法人国際協力機構)と共同で50トン規模のコンクリート
ブロック雨水タンクを設置、提供し、喜ばれている。
この公的病院では、これまで病院内の池の水をポンプで汲み上げて使っていた。
乾季には河川水を利用していたのだが、病原微生物による汚染の危険性が高かった。
医療機関にとって、きれいな水の確保は診療活動の大きな下支えになることだろう。

バングラデシュは急速に経済が発展している。
しかし、1990年から2010年までの20年間で、安全な水にアクセスできない
人の割合は全人口の20%台で横ばいだ。
先進国の水道システムを導入し、運用するためには膨大なコストがかかり、
現実的ではない。

その点、雨水は誰にでも平等に降り注ぐ。
モンスーンアジアの途上国ばかりでなく、災害の多い日本でも、
雨水利用はもっと見直されてもいいのではないだろうか。

Advertisements


by limitlesslife
January 12, 2013, 12:21 pm
Filed under: グリーンピース, 原発廃止, | Tags:

2013年 市民が、社会を変える!

[2013年1月12日発行]

明けましておめでとうございます。
皆さまにはいつもグリーンピースの活動を応援してくださり、ありがとうございます。
今年最初のメールマガジン、素晴らしいニュースをお知らせします!

アジア最大の衣料品メーカー・ユニクロが、2020年までにすべての有害危険物質の使用・排出をゼロにすると発表しました!

グリーンピースは2011年より、化学物質による水汚染をなくすための“デトックス・ウォーター”キャンペーンを行っています。

【ビデオ】ZARAにデトックス宣言を求める人々。世界の街角から。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=jWhLN0Ag_Dg

アディダスやナイキ、プーマなどの世界的なスポーツ用品メーカーや、H&M、ZARA、リーバイス、ユニクロなど大手衣料品メーカーと
取引実績のある中国の2つの繊維加工工場(Youngor Textile City Complex社、Well Dyeing Factory Limited社)の排水から、
有害危険物質が検出されたことを明らかにし、生産過程に使用された有害危険物質が衣服にも残っている現状をレポートしました。

この問題の解決のため、グリーンピースは各衣料品メーカー、
および多くの衣料品メーカーの工場がある中国政府に対して法整備と情報公開を求めてきました。
海外では既にアディダス・ナイキ・プーマ・H&M・ZARA・リーバイスなどが
グリーンピースとの合意に達し、それぞれのデトックス実現のためのロードマップを発表しています。

そしてついに、1月9日、ユニクロを展開するファーストリテイリング社が同社のグローバルサプライチェーン(供給網)全体において、
全ての有害危険物質の使用・排出を2020年までに全廃すると発表しました。
これは日本企業で初めての合意となり、世界で12社目となります。

ユニクロ、2020年までに有害危険物質全廃をグリーンピースと合意
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M218345&c=27601&d=a66a

【ビデオ】映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」で若き日のチェ・ゲバラ役で出演した
ガエル・ガルシア・ベルナルさんがデトックスキャンペーンに参加してくれました!
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=jWhLN0Ag_Dg

「すべての有害化学物質の使用を『予防原則』に基づいてやめていく」

このファーストリテイリング社の取り組みは企業の社会的責任において、非常に画期的なものです。
「予防原則に基づく」とはすなわち、有害性が科学的に100%証明されなくても疑わしければ使用をやめるということ。
この宣言を実行するには、ファーストリテイリング社はかなりの労力とコストを負うことになります。
同規模のアパレルメーカーと比べても、世界でトップレベルの取り組みを宣言したのです。
ファーストリテイリング社の今回のリーダーシップは、企業による社会的責任のとらえ方として特に先進的な取り組みと言えます。

詳細はこちら
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M218346&c=27601&d=a66a

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●わたしたちの活動をご支援ください。

このような成果はすべて、地球環境保護を願い、グリーンピースとともに
行動してくださる市民の皆さまのお力によるものです。
ただいまご支援を始めてくださった方に、
期間限定で2013年版オリジナルカレンダーをプレゼント中!

詳細はこちら http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M218347&c=27601&d=a66a
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*********************************************************
お知らせ
*********************************************************

■ママうみ座談会 -家族や子供たちのために私が動いた理由-

いよいよ最終回です。
たいせつな人のために、より安全な食べ物を求めるママうみメンバーの皆さんが、
思いを声に出す・行動する・発信するママうみの活動を通じて感じたこと、
これからのことを語ってくださいました。

詳細はこちら http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M218348&c=27601&d=a66a

■グリーンピース講演会@埼玉県秩父市 「終わらない福島 見つめる未来」

【日時】 1月27日(日)13:00~17:30
13:30~15:00     食卓に上がる魚の安全を追い続ける グリーンピース・ジャパン 花岡和佳男
15:15~16:00     福島のこどもたちにおこっていること ふくしま集団疎開裁判の会  井上利男さん
16:00~17:40     チェルノブイリから見えた福島 原発いらない福島の女たち 黒田節子さん
【場所】 クラブハウス21 秩父市中宮地町4-23
【会費(資料代)】 500円
【託児】 要予約(以下のお問い合わせまで)
【主催】 原発を止めよう秩父人
【お問い合わせ・ご予約】 0494-25-7373(ラパンノワールくろうさぎ)

昨年・一昨年と開催しておりましたお魚講演会ですが、今年も開催いたします。
第一弾として、秩父の原発止めよう秩父人様主催イベント「終わらない福島の中 見つめる未来」で、
グリーンピース海洋生態系担当 花岡和佳男がお魚の安全をどうすれば手にすることができるのか、
最新のスーパー抜き打ち食品放射能調査の結果を交えてお話しいたします。

尚、今回男女ペアで来られた方にはグリーンピースのカレンダーをプレゼントいたします。
みなさまのご参加、お待ちしております。

下記のURLからフライヤーがダウンロードできます。
http://ext.greenpeace.or.jp/html_mag/img/owaranai-fukushima20130127

■グリーンピースのメールマガジンが新しくなりました。

グリーンピースでは、メールマガジンのご登録者の皆様へ
「HTML形式のメール」(HTMLメール)の配信を開始いたしました。
キャンペーン・セミナー等の情報が、色や画像が加わることにより、より分かりやすくなります。
また、気になる記事をTwitter、Facebookボタンを使ってお友達とシェアしたり。
見る楽しさ・読む楽しさが広がります。

※「HTML形式のメール」は、メールソフトによっては受信できない可能性もあります。
HTML形式に対応していないソフトで受信された場合は、自動的にテキストメールが表示されます。

※従来どおり、文字情報のみ「テキスト形式メール」もご希望いただけます。

下記のURLから「HTML形式のメール」へ変更できます。
https://a06.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=311&g=3&f=6

■このメールマガジンの情報を広めてください

・このメールをお友達とシェアできます。
・今回の記事の内容はいかがでしたか?

下記のURLから、グリーンピースのメールマガジンを購読できます。
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M218349&c=27601&d=a66a

<Twitterアカウント> https://twitter.com/gpjTweet
<Facebookページ> http://www.facebook.com/GreenpeaceJapan

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このメールは配信専用アドレスからお送りしているため、
メッセージをお送りいただいてもお答えすることが出来ません。
お手数ですが、メッセージはウェブサイトのお問い合わせフォームからお送りください。
https://secured.greenpeace.org/japan/ja/form/inquiry/?gv20130112

●登録解除
https://a06.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=311&f=7&g=3&c=27601&code=9a9a6667e60d8b66f422e03446085d0b

(URLをクリックすると、登録されているメールアドレスが表示された画面に移動します。
メルマガを転送される際は、ご注意ください。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:一般社団法人グリーンピース・ジャパン
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 8-13-11 NFビル 2F
Tel: 03-5338-9800  Fax: 03-5338-9817
http://www.greenpeace.org/japan/

Copyright: Greenpeace Japan, all rights reserved
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

YouTube – Videos from this email