Global Ethics


サンテレビニュースPORT(2017/5/23) 防災情報アプリで災害対策を入手する by limitlesslife
May 24, 2017, 1:00 am
Filed under: 災害

 

永岡です、サンテレビのニュースPORT、火曜日の震災特集、もし災害が起きたらあなたの今いる場所は安全か?危険か?兵庫県の職員などが開発した、スマホで確認できる防災アプリ、ハザードチェッカー(https://upper-bosai-apli-hyogo.ssl-lolipop.jp/confirm/lonlat.html )、住所、施設を入力するだけで津波や洪水に関する情報が得られるものについての報告がありました。

災害から守るすべになるか?災害時のいるところの危険度、知っている人は少なく、津波の対策というもののどこに逃げたらいいか知らない、災害情報をどこでどう手に入れるのか?スマホ、パソコンで、住所を入力したら地震、津波、洪水の対策になり、兵庫県の田中健一郎さん、兵庫県立大の大学院で学ばれて、震災を経験した兵庫県で、防災に強いまちづくりの責務として、アプリを開発して、現在地から危険性が分かり、今ここ危険とクリックしたら、津波、土砂災害のことが一覧表で分かり、避難所のことも一覧表で、こうして知ったら災害時に役に立ち、地図による確認も可能。

行先の危険性も住所を入れたら分かり、あるいは神戸駅と入力すると、床下浸水の危険性があると分かり、これだと、どこに逃げたらいいかのパニックにならないとの反応。

また、災害時の安否確認もあり、地図を通してその場所を確認できて、兵庫県立大の有馬昌宏さんも、安否確認に役に立つようにと言われて、昨年の熊本大地震ではLINE、ツイッターが活躍したものの、安否確認にはまだ課題があり、スマホで、このような情報が得られるように、として開発されて、田中さんは、災害の起こる前に使ってほしいが、防災の日に確認するのにも使ってほしいと言われて、日ごろから確認して、災害から私たちを守るツールになるもので、ハザードチェッカーは先のHPで確認できて、皆さんもぜひ役に立ててください、以上、ニュースPORTの内容でした。

Advertisements


朝日放送おはようコール 中川譲が東日本大水害と元少年A問題を語る by limitlesslife
September 11, 2015, 6:58 am
Filed under: アベノミス, 災害

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は帝塚山学院客員教授の中川譲さん(元朝日編集委員)のお話でした。

今朝の朝刊は、各紙とも鬼怒川決壊(東日本大水害)です。

 

その、関東・東北大水害、鬼怒川が決壊し、690人が住宅などに取り残され、12人が行方不明で、決死の救助作業が続き、台風18号は温帯低気圧に変わったものの、関東~東北に記録的な豪雨であり、埼玉でも被害、鉄道も止まり、関東~東北には帯状の雨雲がかかって大変です。北関東で50年に1度の豪雨、堤防決壊から10km下流は氾濫危険水位、8mまで来て、自治体は避難指示を、未明~午前2時に特別警報が出たのに、避難指示は遅れました。

宮城にも特別警報発令で、32万人に避難指示・勧告で、今日で東日本大震災4年半、福島にも大雨で、震災の被災地が心配です。

中川さん、災害に非力な人間が立ち向かわないといけなく、避難指示・勧告は昨日未明から出ていたのに、実際の避難は遅れ、堤防決壊が想定外で、避難がなぜ遅れたのか、問題と言われました。

この大雨、気象予報士の正木明さんが解説され、ライン状の雨雲(線状降水帯)で、あれだけの雨は稀で、台風18号から変わった日本海の温帯低気圧に湿った空気が入り、さらに台風17号からも湿った空気が入り、同じ場所で大雨で、昨日朝の段階では大災害の予測が困難であり、さらにライン状の雲は残っていると言われました。

正木さん、雨雲の発達は抑えられ、しかし今日の午前中は、東北に大雨の可能性はあると言われました。

茨城では、かさ上げ工事を治水でやっていたものの、41%しか完成せず、ソーラーパネルの設置もあり、中川さん、危険の予測に問題があり、治水工事がうまく進まず、ソーラーパネルは人災の可能性もあり、堤防の決壊をなぜ想定しなかったのか、被害の検証は徹底的に行うべきと言われました。避難指示が出た後もたくさんの人たちが取り残され、行政の対応の問題もあると言われました。

栃木の特別警報は615分に解除ですが、茨城は水没です。

ちなみに、安倍総理は、記録的豪雨の際も対応をしていないと、リテラの記事がありました。

http://lite-ra.com/2015/09/post-1471.html

ビチビチ安倍は、過去にも昨年冬の豪雪の際に天ぷらを食べていて、広島土砂災害時はゴルフ、こんな人間が、国民を守ると言っても説得力はありません、即刻辞任すべきです。

 

そして、97年の神戸児童殺傷事件の元少年Aがホームページを開設し、週刊誌に送った手紙にURLが示され、6月には元少年Aの手記、絶歌が問題になり、遺族への謝罪はありません。出版社にメールを送り、詳細なプロフィールなどが載り、中川さん、周りに適切な指導をする人がいなかったのかと言われて、手記もHPでも反省はなく、言論の自由はあるものの、元少年Aの素性は分からず、我々は元少年Aにどう向かい合うべきか、更生補助司、弁護士など、周りが適切な助言を行っていない、反省せず、なら社会で指導する人がいるべきなのにいないのが問題と言われました。

(ちなみに、この絶歌、神戸でもベストセラーになり、しかしその直後に神戸の、県下最大のブックオフに何冊も並び、ベストセラーということで買ったものの、デタラメな内容に呆れて売り払った人がたくさん出た模様で、この本は幻冬舎の見城氏の仕掛けによるもので、こんなアホなことをしていたら、本は信用を亡くします)



安倍首相 「天皇静養取りやめ」で慌てて帰京のミエミエ本性 by limitlesslife
August 23, 2014, 2:48 am
Filed under: アベノミス, ヒロシマ, 災害

 さしもの安倍首相も焦りまくったのではないか。

広島の土砂災害であれほどの被害が出ているのに山梨県の別荘に戻り、休暇を続けようとしたら、天皇・皇后が多くの犠牲者が出ていることに配慮して22日から予定していた静養を取りやめた一件だ。

天皇が休み返上なのに、まさか、安倍首相が休んでいるわけにもいかず、きのう午後になって、慌てて帰京したのである。
安倍首相周辺は関係省庁災害対策会議のためとか何とか言っているが、宮内庁が静養を取りやめると発表した途端、安倍首相も帰ることにしたのだから、これはもう、ミエミエだ。

「天皇の判断こそがまっとうで、休暇を続けようとした安倍首相がおかしい。満天下に首相の異常さが浮き彫りになったんじゃないですか」(政治評論家・森田実氏)

■古屋防災担当相が苦しい言い訳


それなのに、安倍官邸の見苦しいこと。古屋防災担当大臣は記者団から、大変な被害が分かっていたのに首相が20日早朝、ゴルフを続けたことや、その後いったんは官邸に帰ったものの、すぐに別荘に戻ったことなどをガンガン突っ込まれ、苦し紛れの説明に追われていた。

「最終的に死亡者が出たということがはっきりしたのは20日の8時37分か38分ごろ。それから帰る支度をしてますんで、批判は当たらないと思います」

「私は防災担当大臣として常に総理、秘書官と連携しながら対応しております。別荘に戻っても支障は一つも起きておりません」

だったら、堂々と別荘にいりゃいいのに…。

「今回ほど、安倍首相の本性が見えたことはありません。国民のことを心配しているんじゃなくて、形だけ取り繕っているだけで、その言動には心がない。それを国民は見透かしていますよ」(森田実氏)

安倍首相のゴルフ相手はえひめ丸事故後、ゴルフを続けて総辞職した森元首相だ。類は友を呼ぶ。



朝日放送おはようコール 伊藤惇夫が鳥インフル問題を語る by limitlesslife
April 14, 2014, 7:15 am
Filed under: 災害

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は政治アナリストの伊藤惇夫さんのお話でした。この3日間、トラが巨人に圧勝でウハウハでした、日刊スポーツの井関真さんも、盆と正月が来たと言われました(野球に興味のない人にいつもすみません(笑))。

今日のテーマはもちろん鳥インフルエンザで、3年ぶりの発生、熊本で発見され、H5亜型が発見され(2羽から)、11万羽の殺処分、消毒をしています。新たな感染はありません。前回は宮崎で発生し、全国に広がりました。専門家は、韓国からの渡り鳥の可能性もあるといいます。
伊藤さん、今回の対応は、午前中に政府が閣僚会議があり早いが、しかしこれは安倍政権は過去に対応が遅くて批判されたためで(2月に大雪被害のときに安倍総理、天ぷらを食べていたとか?)、さらに渡り鳥なら要注意。しかも安倍総理、ゴルフをやっていて、しかしすぐに指示をせず、官邸に戻らずで(すぐに戻ったら逆に心配されるというのですが)、「安倍総理はよほどゴルフが好きだ」と伊藤さん言われました。

そして、福岡で他人名義でのカード引き出しでの逮捕、周囲で複数の人が行方不明です。謎だらけで、伊藤さん、全てお金で、両親、おばあちゃんも自己破産して、大規模な捜査は背景に大きなものがあり、捜査情報がなかなかでず、よほど大きなものが背景にあり、前から捜査しており、なかなか解明しずらいものがあると言われました。



ネットワーク1・17 特別警報・紀2013/9/9 by limitlesslife
September 11, 2013, 6:13 am
Filed under: 災害 | Tags:

表題の件、私の「専門(?)」領域なもので、ついつい・・・
この記事にある「高岡地区」に関しては添付は9月4日付け朝日新聞(名古屋本社版でも載っていました)。
昨年2月末、「熊野川台風12号水害調査行」にご一緒させて頂きました。
「これまであれこれと自分なりに考えてきた「治水観」が吹っ飛びました」というのは、言葉の綾でもあって、「そもそもすべての洪水を人為で制御できるなんて無理に決まっている」ことを確認した、ということです。※
人間の傲慢が産んだ原発・福島第一の過酷事故も、また岩手県田老町の巨大防潮堤の破堤も(防潮堤に頼りすぎてしまったことがより大きな不幸を招いた)・・・・繋がっています。
もし関心がおありなら:
弊ブログ2012年3月
熊野川台風12号水害調査行(1)  出発前
熊野川台風12号水害調査行(2) 日足
熊野川台風12号水害調査行(3) 相賀
熊野川台風12号水害調査行(4) 那智川
熊野川台風12号水害調査行(5)~(7)  相野谷川その1~3 ← 添付記事の「高岡地区」に関して 
熊野川台風12号水害調査行(8)  浅里地区
熊野川台風12号水害調査行(9)(10)  熊野川・十津川を遡る
「(仮称)滋賀県流域治水の推進に関する条例要綱案」に関する意見
岐阜県も踏み出せるか?-「洪水をある程度許容する」治水
*************************************
近藤 ゆり子  k-yuriko@octn.jp

〒503-0875 岐阜県大垣市田町1-20-1
TEL 0584-78-4119, 090-8737-2372

徳山ダム建設中止を求める会事務局長ブログ
http://tokuyamad.exblog.jp/
*************************************



朝日放送おはようコール 伊藤惇夫が豪雨被害と安倍総理を語る by limitlesslife

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は政治アナリストの伊藤惇夫さんのお話でした。
 昨日は大阪で豪雨、梅田の繁華街(阪急梅田駅付近、グランフロントの近く)が水没です。10分で27mmの雨であり、また兵庫でも被害で、阪神百貨店の西宮店も営業中止です。気象予報士の正木明さん、こういう豪雨には対応できる体制はなく、情報を早くつかんで対処するしかないと言われました、自然災害であるが人為的なものもあると言われました。伊藤さん、ゲリラ豪雨はこの5,6年よく使われるようになり、また地球の温暖化は、正木さん一概に言えないが、ゲリラ豪雨の頻度は増えており、原因は特定できていないということで、伊藤さん備えを充実させるしかないと言われました。
 そして、安倍総理、中東でトップセールスであり、日本の輸入原油の7割はペルシャ湾を通り、またバーレーンは原発事故後の日本の食品の輸入中止を解除、安倍総理は8回外遊20カ国訪問、総理初のバーレーン訪問であり、また中国、韓国について、安倍氏訪問しておらず、伊藤さん地球儀で安倍氏に中国、韓国がないと言われました。そして消費税、TPPは、消費税は有識者会議で論議するとしており、伊藤さん、増税の時期が近づくと反対が増え、安倍総理の決断、上げたら景気後退、上げないと国際社会が財政再建をしていないと見て国債が悪くなり、どちらも予測であり、どう判断するか、リスク回避をどうするかと伊藤さん言われて、上げないで国際経済が日本を見離すリスクの方が大きいと伊藤さん言われました。


by limitlesslife

ネットワーク1・17 海抜1メートルに広がる住宅密集地帯、和歌山県海南市の津波対策、亘佐和子さんの報告(2013/5/13)

 永岡です、ネットワーク1・17、第867回、今週も千葉猛さんの司会で報告されました。

淡路の地震から今日で1ヶ月、屋根がブルーシートで覆われたところも多く、9000棟の被害、修理しないと安全に住めないのに、直すのにお金がかかり、お年寄りの多いところで被害が大きく、全壊か大規模損壊でないと補助が出ず、補助を出しても足りず、淡路市もそれが手一杯。国の制度だと300万円出るのに、それが出ず、被害は実質全壊と同じなのに、救済制度の問題だと千葉さん言われました。

 今日は南海地震での津波対策、海抜1~2mのところに住宅の密集している和歌山県海南市のことを、亘佐和子記者が報告されます。亘さんスタジオでのお話で、淡路の地震の時に南海地震と思った人も多く、その津波対策、海南市、和歌山市の南で55000人、紀伊水道に面し、40分で1mの津波が来るのです。和歌山市が100年に1度、1000年に1度の地震で各地がどれだけ浸水するか、公共施設、役場、消防署、警察署、災害拠点病院も海南市だと浸水する。1階はアウト、2階も危ないのです。亘さん、大阪からJR特急で1時間、海南市に行かれて、各地に海抜何mとあり、これだけ海抜の低いところに市街地が広がり、町の人は、この低い海抜について、東日本大震災後海抜の低さが表示されるようになったのです。1946年の南海地震を体験した人もいて、海南駅前で1.3m津波が来たのです。

 南海地震は100年に1度、1946年のものは比較的小さくても大人が肩まで浸かるほど浸水したのです。市役所で、海南市は海に住宅地が立っており、市の中心は低く、主な産業、道路が海岸線に集中し、逃げるのが大事で、その対策を立てているのです。町の中心の、人口の多いところが低く、南海地震で3m浸水し、市役所の対策本部は総合体育館(海抜25m、市役所から2km)に対策本部を立てるのです。揺れたらそちらへ集合です。2kmの移動か、職員が体育館に集まるかであり、海南市で震度5強の揺れか、大津波警報で体育館に対策本部を作るのです。

 市役所がここでいいのか?築48年、劣化しており、建て替えもどこに建てるかであり、市民の懇話会の報告書が2月に出て、浸水のリスクのないところに建て替えるべきなのに、今あるのは町の拠点で、なかなか移動しにくい。移転するとしてもすぐに出来ず、しかし地震はいつ起こるかわからず、体育館で対策を立てるのです。消防は海のそばであり、高いところの出張所に移動なのですが、こんな浸水するところに公共施設があるのは、たくさんの人が住んでいるからで、住民の避難は対策を講じており、山の斜面に鉄の階段を作って、普通だと上がれない斜面であり、亘さん津波避難階段を登り、15mくらい上に登るのです。串本町は、津波避難タワーがあり、それの階段と似ており、山を使った避難所で、頂上は35m、階段をつけて15mくらいのところに逃げられるようにする。海南市は8mの津波が想定され、しかし想定外の津波もありえて、万一の時の余裕もつけているのです。地元の方もこの階段を見て、一気に避難するなら、誘導員もいると指摘されました。なれることが大切で、この階段をどう使うかが問題。お年よりも多く、普段から使わないとダメで、階段の管理もあり、防犯・小さな子が入ると危険で、ナンバー式の施錠をする。今後、この山にいろいろな方向から登れるようにするのです。亘さん、公共施設の全部浸水する海南市、日本では海抜の低いところに住宅密集地があり、各自治体の問題で、公共施設は高台に移す、災害拠点を高台に移す、避難ルートを作り、住民の意識もいり、津波時に危険なところに住んでいる意識がいると締めくくられました。

 ニュースは河本光正さんの担当でした。

 もんじゅについて、規制委、再開を見合わせるよう検討中です。非常用機器で点検時期を過ぎており、鈴木理事長、安全上問題ないとそれで言ったので、これではアカンとなる+敷地内に活断層+莫大な開発費なのに見通しなしです。国会で原発について、安倍総理、新規制基準に適合するなら再稼動し、また安倍氏、来月東欧に原発売り込みのトップセールス(ポーランド、スロヴァキア他)です。安倍氏は政府間協力で日本のセールスなのですが、福島事故があったのにこの始末、安倍氏は原発の安全性を高めたといい、トルコでは、新聞で批判されています。

 福島の汚染水を減らすため、地下水をくみ上げて排水する計画、福島県漁連は回答見合わせです。さらなる説明を東電に求めています。

 今日の円相場、1ドル102円まで行き、G7で円安、金融緩和に批判が出なかったためであり、しかし午後は一服です。

 橋下氏、旧日本軍の従軍慰安婦は必要だったと言ったのです。銃弾の飛び交う時にそういう兵士を支えるために慰安婦制度はいるといい、敗戦の結果の侵略は認めています。

 朝鮮半島情勢で、米韓軍事訓練、明日までやっており、定期的にやっていると言っても、北朝鮮は戦争する準備があるぞと言っています。

 JNNの世論調査、憲法96条改正賛成(2/3→1/2)は25%くらい、反対は51%、しかし憲法改正賛成は46%と反対の31%を上回っています。

 今週のネットワーク1・17でした。来週はナイター中継のためお休みです。