首相官邸(東京都千代田区)の屋上で小型無人飛行機(ドローン)が見つかった事件で、福井県警に24日、関与を認める男が出頭した。警視庁が発表した。威力業務妨害などの疑いで調べる。出頭した男は40代で「反原発を訴えるために、自分が官邸にドローンを飛ばした」と話しているという。▼2面=ドローン規制浮上

同庁公安部によると、男は24日午後8時過ぎ、小浜署(福井県小浜市)に1人で出頭した。捜査関係者の話では、小浜市在住。福井県警によると、ドローン無線操縦するためのコントローラーのような装置を持っていたという。警視庁は捜査員を現地に派遣。男から事情を聴き、関与の有無について裏付けを進める。

ドローンは22日午前、官邸の屋上に落ちているのを官邸職員が見つけた。プラスチック容器が取り付けられ、放射性セシウムに由来する微量の放射線が検出された。警視庁は、24日に実施した機体の検証で、プラスチック容器には土が入っていたことを確認。男は「福島の砂を入れた」とも話しているという。

機体は、中国のドローン製造大手DJI社の「ファントム2」。機体には、小型のデジタルカメラや映像を電送する装置、プロペラを守る枠が取り付けられていた。元々の機体は白色だが、黒い塗装を施していたとみられる。4カ所に付いているLEDライトも黒く塗られていた。

同庁によると、ドローンが見つかった後、官邸の屋上の写真を撮影した人から「黒い物体が写っている」との複数の情報が寄せられた。一番古いもので、撮影日は4月15日だった。