Global Ethics


環境基本法改正の方が有効 大阪市大名誉教授 宮本憲一 by limitlesslife
環境基本法改正の方が有効 大阪市大名誉教授 宮本憲一

人間の生命を脅かすような公害が発生する手前の段階では必ず、
環境が破壊されている。
美しく安全な環境の質を保つことが重要だ。
良好な環境を享受できる環境権は、憲法に明記されていないものの、
13条と25条に基づく権利として認められていると考える。

むしろ問題は、具体的な規制権を持たないことだ。
憲法に書くよりも、環境破壊やその疑いに対し、
住民や環境保護団体が差し止めを求めたり、行政の介入を促したり
できるように現行の環境基本法を改正すべきだ。

環境権は実効力のあるものにしてほしい。
最大の環境破壊は戦争であり、今までの平和主義が貫かれてこそ
環境権が生きる。
だから今の憲法を改正して環境権をうたえばいいと簡単には言えない。
日本人は美意識が強く、環境権は受け入れられやすいだろうが、
それを改憲のだしに使われては困る。

長い歴史の中で、政府が立派な自然の残る地域を公共事業や
開発の対象にしてきたことが思い浮かぶ。
環境基本法を改正する方が、日本の環境を守ることになると思う。

みやもと・けんいち 1930年台湾生まれ。
環境経済学の第一人者。滋賀大名誉教授、元学長。
「戦後日本公害史論」など著書多数。

以上、信濃毎日新聞 2016年9月5日
「憲法のいま 公布70年」 新設論点「環境権」 より

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



高江強行の政府に識者ら抗議声明へ 宮本憲一氏呼び掛け by limitlesslife
August 22, 2016, 11:26 pm
Filed under: 環境・生態系, 沖縄
高江強行の政府に識者ら抗議声明へ 宮本憲一氏呼び掛け
琉球新報 2016年8月14日

宮本憲一大阪市立大学名誉教授ら全国の著名な識者が10月までに、米軍北部訓練場の
ヘリパッド建設などを強行する政府に抗議する声明を発表する方向で調整していること
が13日、分かった。米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、政
府が県を提訴したことについても抗議する。ノーベル文学賞作家の大江健三郎氏らの賛
同も得たい考えで、声明がまとまればインターネットで公開し、賛同署名を募る。

日本環境会議の名誉理事長を務める宮本氏が13日、10月に沖縄で開く同会議沖縄大
会の実行委員会で明らかにした。宮本氏らが昨年発表した、新基地建設の即時中止を求
める緊急声明と同じ枠組みで、高江の現状も踏まえた声明をまとめたい考えだ。
(宮城隆尋)

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



政治は、自己満足の産物であってはならない。 by limitlesslife

戦後70年談話 首相は「侵略」を避けたいのか

安倍首相は戦後70年談話で、先の大戦での「侵略」に一切言及しないつもりなのだ
ろうか。

首相がBS番組で、戦後50年の村山談話に含まれる「侵略」や「お詫

び」といった文言を、今夏に発表する70年談話に盛り込むことについて、否定的な考
えを示した。

「同じことを言うなら、談話を出す必要がない」と語った。「(歴代内閣の)歴史認
識を引き継ぐと言っている以上、もう一度書く必要はない」とも明言した。

村山談話は、日本が「植民地支配と侵略」によってアジア諸国などに「多大の損害と
苦痛」を与えたことに、「痛切な反省」と「心からのお詫び」を表明した。

戦後60年の小泉談話も、こうした表現を踏襲している。

安倍首相には、10年ごとの節目を迎える度に侵略などへの謝罪を繰り返すパターン
を、そろそろ脱却したい気持ちがあるのだろう。その問題意識は理解できる。

首相は70年談話について、先の大戦への反省を踏まえた日本の平和国家としての歩
みや、今後の国際貢献などを強調する考えを示している。「未来志向」に力点を置くこ
とに問題はなかろう。

しかし、戦後日本が侵略の非を認めたところから出発した、という歴史認識を抜きに
して、この70年を総括することはできまい。

首相は一昨年4月、国会で「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」と
発言した。

侵略の定義について国際法上、様々な議論があるのは事実だが、少なくとも1931
年の満州事変以降の旧日本軍の行動が侵略だったことは否定できない。

例えば、広辞苑は、侵略を「他国に侵入してその領土や財物を奪いとること」と定義
し、多くの国民にも一定の共通理解がある。

談話が「侵略」に言及しないことは、その事実を消したがっているとの誤解を招かな
いか。

政治は、自己満足の産物であってはならない。

首相は一昨年12月、靖国神社を参拝したことで、中韓両国の反発だけでなく、米国
の「失望」を招いた。その後、日本外交の立て直しのため、多大なエネルギーを要した
ことを忘れてはなるまい。

70年談話はもはや、首相ひとりのものではない。日本全体の立場を代表するものと
して、国内外で受け止められている。

首相は、談話内容について、多くの人の意見に謙虚に耳を傾け、大局的な見地から賢
明な選択をすることが求められよう。

2015年04月22日 社説 読売新聞

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

_________________
コメント:政治は自己所有物ではない!!! 国民の物であり、衆生の物であり、一切の物である。法(真理・縁起・因果・平和)の実践でなければならない。(戦争・テロ・原爆・原発など生命の真理・平和を侵すものはご法度である。)


画像拡散で笑いもの…安倍首相が他国の国葬で“居眠り”疑惑 by limitlesslife
April 1, 2015, 10:37 pm
Filed under: アベノミス, イスラーム国(ISIS, オリンピック, ジュゴン, ストロンチウム, テロリズム, バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, プルサーマル(高浜原発・・・), プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), 献金(賄賂、買収、, 環境・生態系, 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 資本主義(金権主義、金次第、・・・), 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), TPP, 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 命(対金), 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地位協定, 基地, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 安倍晋三, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 沖縄, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化

 こんな男に任せておいて大丈夫か、よく考えた方がいい。

安倍首相は31日、公務の合間に花見。「(景気は)七分咲きぐらいかな」と得意げな様子で、「賃上げの 花が舞い散る 春の風」と、笑えない一句を披露してみせたが、安倍首相本人は世界中で物笑いのタネにされている。

先月29日にシンガポールの“建国の父”リー・クアンユー初代首相の国葬に参列した際、10カ国以上の首脳が居並ぶ中で居眠りしていたと、ネット上で大騒ぎになっているのだ。“証拠画像”が世界中に拡散し、海外でも〈Abe sleeping!?〉とからかわれている。

安倍首相は国葬が営まれた29日に出発し、数時間滞在して30日未明に帰国という強行軍だった。

「居眠りはあくまで疑惑ですが、疲れがたまっていたことは確か。そうまでして参列にこだわったのは、ASEAN創設者のリー氏の国葬に出席することで、アジア重視の姿勢をアピールするためです。ところが、各国首脳が葬儀に集中している中で、隙を見せてしまった。誠意が感じられないというか、緊張感がないというか……」(官邸事情通)

 真偽のほどは定かではないが、安倍首相寄りのはずの日本のネット住民の間でも〈日本の恥〉〈心がこもっていないから眠くなる〉などと批判的な意見が広がっている。

日本の首相が他国の国葬に参列したのは、実に16年ぶりのこと。日本と自らを売り込む絶好の機会だったはずが、安倍首相のように心がないと逆効果になる。“サクラチル”だけだ。

_________________________________
コメント:サクラ・チル:アベノミス・アベノミックス・アベノミックスアップ・アベコベシンゾウ・諸国反対ヤスクニ・時代錯誤戦争シンゾウ・・・・


1票の格差:福岡高裁は「違憲」…昨年の衆院選 by limitlesslife
March 25, 2015, 9:50 pm
Filed under: アベノミス, バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, マスコミ(第四権力), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), CIA:Corruption In America (from comment), 献金(賄賂、買収、, 環境・生態系, 生命か戦争か, 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 自衛隊(戦争参加、文民統制、・・・), 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 農業・食料・環境, 辺野古, NHK(日本放送協会), TPP, 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 右翼(ファッショ、独断、独裁、金権、・・・), 地方自治(地産地消、・・・), 地位協定, 基地, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍晋三, 安保法制懇, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 強制(連行、労働、売春、・・・), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日本(投売り、評価低下、資産低下、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 人工金字塔文明か自然帝釈網文化

毎日新聞 2015年03月25日 13時40分(最終更新 03月25日 14時20分)

 「1票の格差」が最大2.13倍だった昨年12月の衆院選は法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、弁護士グループが選挙の無効を求めた訴訟で、福岡高裁(高野裕裁判長)は25日、小選挙区の区割りを「違憲」とする判決を言い渡した。九州5県25選挙区の選挙無効の請求は退けた。

 ◇選挙無効は認めず

今回、二つの弁護士グループが起こした訴訟計17件で、これまでの判決は東京高裁が「合憲」とした一方、名古屋、大阪、広島の各高裁と仙台高裁秋田支部、広島高裁松江支部は「違憲状態」としていたが、さらに判断が分かれる結果となった。衆院選の「1票の格差」訴訟での違憲判断は、12年選挙に対する13年の判決で14件(うち2件は違憲・無効)出ている。

衆院選を巡っては11年に最高裁が09年選挙を「違憲状態」とし、議席をまず各都道府県に一つずつ割り振り、残りを人口比例で配分する「1人別枠方式」が格差の要因となっているとして廃止を求めた。さらに、区割りを見直さないまま実施された12年選挙も最高裁が13年に「違憲状態」と判断した。

昨年の衆院選の有権者数の最大格差は、宮城5区(23万1081人)と東京1区(49万2025人)の2.13倍だった。しかし、格差是正のため「1人別枠方式」の規定が廃止され、定数の「0増5減」が実施されていた。今回の訴訟の争点はそうした国会の取り組みをどう評価するかだった。

原告側は「区割りは憲法が要請する人口比例に基づいていない。国会は抜本改革を怠っている」と主張。福岡、佐賀、長崎、熊本、大分5県の全選挙区の選挙無効を求めた。これに対し、被告の5県の選挙管理委員会側は「格差は2倍をわずかに超えたに過ぎない。国会で選挙制度改革の検討を重ねており、取り組みを考慮してほしい」と請求棄却を求めていた。【山本太一】

_____________________________

コメント:違憲の選挙で取った政権で違憲の軍隊・戦争・基地・原発・献金・金権・秘密など平和・主権・人権を否定・無視・蹂躙する自民・公明!



辺野古移設―政府こそ一方的だ by limitlesslife

社説

2015年3月5日(木)付

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に伴う名護市辺野古沖の埋め立て準備作業を巡って、政府と沖縄県の対立が厳しさを増している。

これ以上、対立を深めないよう、政府は作業を中止し、沖縄との対話の道を探るべきだ。

政府が昨年夏に始めたボーリング調査は、台風や県知事選、衆院選で中断。1月から再開の準備を進めている。

その一環で、沖縄防衛局が立ち入り禁止区域を示すブイなどを海上に設置。それを固定するおもりとして、10~45トンの大型コンクリートブロックをいくつも海底に沈めた。

ところが、ブロックが海底のサンゴを傷つけたり、岩にめり込んだりしていることを市民団体や地元紙が明らかにした。

県は2月26日から現地調査を開始。県が「岩礁破砕」を許可した区域の外で、サンゴが割れたり海底が削られたりしている場所を確認した。

岩礁破砕とは海底の岩場の地形を変化させる行為。水産資源への悪影響を避けるため、事前に知事の許可を受けるよう県漁業調整規則で定めている。

沖縄ではサンゴ礁海域が魚介類などの生育に重要な役割を果たす。岩礁破砕に関しては、サンゴ礁のない地域以上に慎重を期すのだ。

ブロック投下について、県は防衛局側に事実関係の照会を繰り返した。防衛局からは「(前知事時代に)県から手続きの対象とならないと示されていた」といった反論や、県の調査に非協力的な対応が続いている。

県によると、許可の対象でないのはブイそのものの設置。おもりに関しては「船の投錨(とうびょう)」程度なら対象外と判断している。

「45トンものブロックを錨(いかり)とはみなせない。許可が必要」という県の主張には理がある。

沖縄県の対応について、菅官房長官は「一方的に調査を開始した」と批判。さらに一昨日、中谷防衛相が埋め立てに「夏ごろ着手したい」と国会で答弁した。面会を求める翁長知事と話し合おうともせず、ひたすら埋め立てに突き進む政府の姿勢こそ、一方的ではないか。

翁長知事は今後、米軍の許可を得て立ち入り禁止区域内も調査する方針だ。海底の変化の全容を把握した上で、岩礁破砕許可取り消しも検討する。取り消されれば海上工事は違法となる。政府は訴訟に持ち込んでも作業を続けるつもりだろうか。

移設反対の沖縄の意思にそっぽを向き、憎悪と対立の果てにできた米軍基地が、国の安全保障に役立つとは到底思えない。



(日曜に想う)「一強多弱」政局に潜む鳴動 特別編集委員・星浩 by limitlesslife
February 22, 2015, 1:44 pm
Filed under: 311, 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, アメリカ合衆国(米国), イスラエル, イスラーム国(ISIS, イラク戦争, ガザ, コミュニケーション, コミュニテイ〔共同体、地域力、・・・), サンゴ礁(破壊、白化、・・・), ジャーナリズム, ジュゴン, ストロンチウム, テロリズム, デモ(民意表出)・規制?, バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, ブッシュ(チェー二ー、・・・), プルサーマル(高浜原発・・・), プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), ヘイトスピーチ(錯誤・差別・殺戮・・・), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), CIA:Corruption In America (from comment), Climate change, 災害(避難、補償、復興、), 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 特攻(神風特別攻撃隊、殺人、国家、美化、・・・), 独裁, 献金(賄賂、買収、, 環境・生態系, 生物(多様性、絶滅、・・・), 生命か戦争か, 真理=因縁生起=倫理, 社会保障(切り捨て、負担増、給付減、・・・), 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(日本、世界、矛盾、破綻、・・), 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), DNA(遺伝子、血統、同族意識、・・・), 選挙(制度、無効、票格差、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 脱(成長・汚染・差別・搾取・破壊・殺戮・原発・暖化・絶滅・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 金字塔文明, 金権、, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 資本主義(金権主義、金次第、・・・), 軍事(優先), 農業・食料・環境, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, nuclear discrimination, nuclear radiation, TPP, 公明党, 共生・共死, 共産党, 分割し統治せよ(漁夫の利を得よ、眼を逸らさせよ), 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 医療・介護, 医療保険(国民健康保険、・・・), 南京虐殺, 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 原発事故・責任・補償, 吉田調書(フクシマ原発事故調書:政府秘匿:朝日スクープ、・・・), 命(対金), 国家安全保障会議, 国民主権, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地球倫理, 地球温暖化(異常気象、海面上昇、海没島嶼・都市、環境破壊、種絶滅、・・・)、, 地震・津波・原発事故, 地方自治(地産地消、・・・), 基地, 大絶滅, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 子供達・世代(間倫理), 安倍晋三, 安全・安心・安寧(生命・平和vs軍備・戦争), 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 平和, 年金(基金・流用、目減り、・・・), 幸福(全体幸福指数), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 情報(アクセス、秘匿、統制、操作、、、、), 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 政府(錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮), 教科書(国定・国家主義・裁判・・・), 教育:学習:修証, 日米, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日露, 日韓, 日中, 暴力(無理が通れば道理が引っ込む), 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 朝日新聞, 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 東電(東京電力:TEPCO), 枠組転換(金字塔から命帝網へ、・・・), 核(戦争、破滅、・・・), 核(武装、戦争、破局、・・・), 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 権利(侵害), 権力, 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 死の商人, 民主党, 沖縄, 河野談話, 一極集中(金字塔、・・・), 三権分立(立法・行政・司法), 渡辺喜美 (みんなの党、裏金、・・・), 温暖化, 中東, 主権(回復、切捨て、・・・), 人質, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 人権, 企業(社会責任:CSR=Corporate Social Responsibility, 企業(善・悪・生・死・ブラック・ホワイト・・・), 信>食>兵

2015年2月22日05時00分

 通常国会は、来年度予算案の審議が始まり、与野党の論争が本格化してきた。安倍晋三首相優位の「一強多弱」政局はこのまま続くのか。問答形式で底流を探った。

表層君 安倍自民党は衆院選圧勝の勢いのまま、通常国会も押し切っていくのでしょうね。

深層氏 相変わらず、表面的な政局観だね。ところで、首相の大権とは何か、述べてみなさい。

表層君 まず、衆院の解散権。首相の専権事項です。小泉純一郎氏の郵政解散が典型。これによって、政局を一気に転換させました。次に閣僚や省庁の幹部、党役員などの人事権。これで政権内ににらみをきかせる。そして、予算編成権。どんな中身を盛り込むか、首相の判断が決め手になる。

深層氏 正解だ。では安倍政権に当てはめてみるとどうかな。解散はしたばかりだから、当分このカードは使えない。公明党は突然の解散を嫌うが、解散がないとなれば、強気に出てくる。安全保障法制をめぐる自民党との話し合いでも、簡単には妥協しないだろう。人事も組閣を終えた直後だから、早くとも秋の自民党総裁選まではない。予算編成は終わったばかりなので、この権限も当面は行使できない。

表層君 首相の三大大権は、しばらく封じられるのですね。それでも自民・公明の与党は圧倒多数です。

深層氏 衆院の各党勢力をみよう。与党は解散前とほぼ同じ。去年の今ごろは、野党でも安倍首相と親しい渡辺喜美氏がみんなの党を率いていたが、衆院選前に解党。自民党より保守を自任する次世代の党衆院選で19人から2人になった。安倍自民党の「友党」が激減したのに対し、民主党は選挙で62人から73人、共産党は8人から21人にそれぞれ増加。数の変化は与野党の攻防にも影響を与えるだろう。

表層君 首相にとって、対与党も対野党も意外に難しい。

深層氏 そう。首相が強引に権力を使って求心力を維持しようとすれば反発を招く。ここは、明確な論理と粘り強い説得で政策を進めていくしかない。その説得の場が国会であり、論争の中で首相の力量が問われる。

表層君 ところで、成長戦略の目玉と位置づけられた農協改革は進みそうな気配ですが。

深層氏 農協を束ねる全国農協中央会(全中)を一般社団法人に改めるとか、全中の監査部門を独立させるとかいった改革は農協の自立を促すための第一歩だが、これで強い農業が実現するかとなると、心もとない。族議員からは「この程度で首相が引っ込んでくれて安心した。農協の金融部門にメスが入るのではとヒヤヒヤした」といった本音が聞こえる。農林水産省の統計によれば、国内総生産(GDP)に占める農業の比率は1%程度。農業を成長戦略の柱に据えるのは荷が重いのではないか。製造業やサービス業の競争力を強めることが大切なのだけれど、円安株高で潤っている大企業には法人税を減税するという。そのあたりも国会でしっかり論じて欲しいね。

表層君 戦後70年の安倍談話も国会の論点ですね。

深層氏 この問題のキーパーソンは二階俊博自民党総務会長だ。安倍首相が「侵略」や「痛切な反省」といったキーワードにこだわらないと述べて野党の批判を受けたタイミングで、談話について共産党社民党を含めた野党とも話し合う必要があると言い放った。その前段として、自民党の最高意思決定機関である総務会の意向も踏まえるべきだと言いたいようだ。

小沢一郎氏らと自民党を離れ、自由党保守党にいた時は自民党と連立。復党後は、派閥会長の座にいる。大勢の支持者を引き連れて韓国や中国を訪れるのが得意だ。「策士」二階氏の視野にあるのは、自民党内の穏健派勢力の結集だろう。「一強多弱」政局も、耳を澄ませば鳴動が聞こえてくる。

____________________

コメント:「鳴動」は世界的・地球的で人工一方向金字塔墓場(金・力・物:金権・裏金・原発・原爆・戦争・武器・基地:虚偽錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮)は個人・社会・文明・生態・環境を鳴動・破滅に導きつつある。自然円循環帝網体系(命・心・法:生命・生存・安全・安心・平和・博愛・自治:真理覚醒・自由・平等・博愛・平和)へと自然・生系・文化・共生・縁起が求道・(枠組)転換を促している。