Global Ethics


政治は、自己満足の産物であってはならない。 by limitlesslife

戦後70年談話 首相は「侵略」を避けたいのか

安倍首相は戦後70年談話で、先の大戦での「侵略」に一切言及しないつもりなのだ
ろうか。

首相がBS番組で、戦後50年の村山談話に含まれる「侵略」や「お詫

び」といった文言を、今夏に発表する70年談話に盛り込むことについて、否定的な考
えを示した。

「同じことを言うなら、談話を出す必要がない」と語った。「(歴代内閣の)歴史認
識を引き継ぐと言っている以上、もう一度書く必要はない」とも明言した。

村山談話は、日本が「植民地支配と侵略」によってアジア諸国などに「多大の損害と
苦痛」を与えたことに、「痛切な反省」と「心からのお詫び」を表明した。

戦後60年の小泉談話も、こうした表現を踏襲している。

安倍首相には、10年ごとの節目を迎える度に侵略などへの謝罪を繰り返すパターン
を、そろそろ脱却したい気持ちがあるのだろう。その問題意識は理解できる。

首相は70年談話について、先の大戦への反省を踏まえた日本の平和国家としての歩
みや、今後の国際貢献などを強調する考えを示している。「未来志向」に力点を置くこ
とに問題はなかろう。

しかし、戦後日本が侵略の非を認めたところから出発した、という歴史認識を抜きに
して、この70年を総括することはできまい。

首相は一昨年4月、国会で「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」と
発言した。

侵略の定義について国際法上、様々な議論があるのは事実だが、少なくとも1931
年の満州事変以降の旧日本軍の行動が侵略だったことは否定できない。

例えば、広辞苑は、侵略を「他国に侵入してその領土や財物を奪いとること」と定義
し、多くの国民にも一定の共通理解がある。

談話が「侵略」に言及しないことは、その事実を消したがっているとの誤解を招かな
いか。

政治は、自己満足の産物であってはならない。

首相は一昨年12月、靖国神社を参拝したことで、中韓両国の反発だけでなく、米国
の「失望」を招いた。その後、日本外交の立て直しのため、多大なエネルギーを要した
ことを忘れてはなるまい。

70年談話はもはや、首相ひとりのものではない。日本全体の立場を代表するものと
して、国内外で受け止められている。

首相は、談話内容について、多くの人の意見に謙虚に耳を傾け、大局的な見地から賢
明な選択をすることが求められよう。

2015年04月22日 社説 読売新聞

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

_________________
コメント:政治は自己所有物ではない!!! 国民の物であり、衆生の物であり、一切の物である。法(真理・縁起・因果・平和)の実践でなければならない。(戦争・テロ・原爆・原発など生命の真理・平和を侵すものはご法度である。)


税金700億円投じて…第3次安倍政権発足セレモニーの茶番 by limitlesslife
December 25, 2014, 11:27 pm
Filed under: 99%vs1%, アベノミス, オスプレイ, オリンピック, カジノ(賭博、破産、破壊、・・・), ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), ナショナリズム(ウルトラ・愚か・短気=損気・・・), バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, ファシズム, プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), マスコミ(第四権力), 災害(避難、補償、復興、), 特区(国家戦略ー、・・・), 献金(買収、収賄、・・・?), 環境(劣化、汚染、破壊、・・・), 生物種(保存、・・・), 社会保障(切り捨て、負担増、給付減、・・・), 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(不振、膨張、破裂、・・・), 選挙(制度、無効、票格差、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 金字塔文明, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 領土問題, 首相不信任, 財政(危機、破綻、改革、・・・), 資本主義(金権主義、金次第、・・・), 軍産複合体, 軍事力(協定、支配、金字塔、1%、・・・), 辺野古, Global warming, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, TPP, 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 吉田調書(フクシマ原発事故調書:政府秘匿:朝日スクープ、・・・), 命(対金), 国家安全保障会議, 国家戦略特区, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地震・津波・原発事故, 安倍晋三, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(犠牲者・救済・求償・・・), 放射線汚染・被曝, 教科書(国定・国家主義・裁判・・・), 日韓, 日本(投売り、評価低下、資産低下、・・・), 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 東京電力(東電:TEPCO), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 正義(公平、平等、不傷、全体健全、・・・), 武器輸出三原則, 気候変動(異常気象、温暖化、・・・), 三権分立(立法・行政・司法), 中国, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 企業(社会責任:CSR=Corporate Social Responsibility, 信>食>兵

 第3次安倍内閣が24日に発足したが、茶番劇というにもお粗末だ。会見した安倍首相は終始口元を緩ませながら、時折上目遣いで「アベノミクスの成功を確かなものにすることが最大の課題だ」と相変わらずのフレーズを繰り返し、勝利の余韻を反芻するかのようだった。師走の忙しい時期に解散・総選挙に突っ走り、閣僚の顔ぶれはほぼ同じ。政治資金問題を抱える江渡防衛相と入れ代わりに中谷元防衛庁長官が入閣しただけだ。

皇居で首相任命式と閣僚認証式を終え、記念撮影用のひな壇に並んだ面々の表情も緩みっぱなし。麻生財務相と高市総務相にいたっては、歯をキラめかせて満面の笑み。男性閣僚は定番のモーニング姿だったが、女性陣はみな前回とは異なる装い。目立ちたがり屋の高市総務相は凝ったデザインのブルーのジャケットを羽織り、山谷国家公安委員長は着物からイブニングドレスにお召し替え。有村女性活躍相は仕立ての違う着物を身に着け、地味な印象の上川法相でさえ、襟元が華やかなジャケットでキメていた。

■国民には無意味でも安倍首相はフリーハンド

「総選挙を経て何が変わったのか。与野党の構図も変わらず、内閣支持率も変わらず、閣僚のメンツも変わらない。政策課題も先送りされ、国民にとって今回の選挙は意味がなかったといっていい。安倍首相にとっても第3次政権発足は単なる通過点。向こう4年間は解散の呪縛から逃れ、フリーハンドを得た。信念に掲げる憲法改正へ向け、政治スケジュールを逆算するだけ。悲願をかなえる環境作りにアベノミクス、つまり景気回復を利用しているだけです」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

選挙に700億円もの血税が投じられた後のセレモニー。本当にやる意義はあったのか。前内閣の記念撮影では、安倍首相の両隣は高市総務相と小渕前経産相だったが、今回は女性閣僚は最前列から外された。前面に押し出していた「女性が輝く社会」も先送りのサインか.

_______________________________________
コメント:日本を取り戻すとは戦時の日本を取り戻すこと:壊憲(靖国参拝・集団的自衛・軍事優先・歴史認識問題・隣国関係悪化・沖縄辺野古・基地オスプレー・国家安保会議・戦略特区・秘密保護法・慰安婦問題・・)・壊権(金権政治・汚職献金・不当選挙・格差拡大・弱者棄民・差別言動・マスゴミ支配・教育支配・・・)・壊健(金字塔トリクルダウン虚偽・詐欺・インフレ・バブル・賭博経済・財政悪化・資産年金等減価・日本売り・原発原爆推進・放射能被爆・汚染オリンピック・・・)・壊圏(金字塔支配:0.0001%支配:大衆衆生環境無視・差別・搾取・殺戮・暖化地震噴火災害無視・・・)・・・


by limitlesslife
November 26, 2014, 11:55 pm
Filed under: 生物種(保存、・・・)
知人友人の皆さんへ
杉浦公昭
平和こそ我が命

命の飲み水を守る「サケ放流団体」に埼玉の賞

2014年11月18日

 命の飲み水を守る「サケ放流団体」に埼玉の賞
杉浦公昭
 この二、三日沖縄知事選結果のお知らせやら、ご支援のお礼やらで忙しく、心にかかっていながら、お知らせできなかった入間川にサケを放す会のシラコバト賞に受賞の東京新聞記事をメールします。

東京新聞【埼玉】中央版20141113日付より

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20141113/CK2014111302000124.html

自然、命、大切さ教え30年 「入間川にサケを放す会」 シラコバト賞受賞へ

       2009年2月、入間川へのサケ放流の様子(入間川にサケを放す会撮影)

  河川浄化を訴えて三十年以上にわたり入間川へのサケの稚魚放流を続けてきた川越市の市民団体「入間川にサケを放す会」(渡辺和章会長)に十四日、彩の国コミュニティ協議会からシラコバト賞が贈られることになった。二年前まで会長を務め、運動の中心になってきた同会顧問の元東洋大助教授杉浦公昭さん(79)は「自然に親しみ、大事にする子どもたちが育ったことが、私にとってのごほうびで大きな喜び」と語った。 (中里宏)

  杉浦さんが運動を始めたきっかけは、一九七四年と八一年に入間川で起きた猛毒のシアン化合物流出事故。それまでも学生と川の汚濁調査を行い、入間川の汚染のひどさに何とかしなければと考えていた。「事故を教えてくれたのは魚の大量死だった。魚が泳げるきれいな川を取り戻せば、私たちの命も守られる」と、八二年二月から、母川回帰の習性があるサケの稚魚放流を始めた。

  現在は毎年十二月、公民館で説明会を開き、東北の漁協から取り寄せた「発眼卵(受精一カ月)」約四万粒を配布。県内や東京都、千葉県など約三十の小学校などが参加して、子どもたちが自宅で六粒を育てる。「六粒なら最低一匹でも育つ」からという。子どもたちは稚魚に名前を付けてエサをやったり、稚魚の死を経験したりする。「一つしかない命の大切さも学ぶ教材になっている。不登校の子が育て方を友達に聞くために登校してきたこともあった」と杉浦さん。

  二月十一日に川越市、次の日曜日に狭山市で行う放流には、八百~千二百人が参加する。杉浦さんは「荒川の秋ケ瀬取水堰(ぜき)まではサケが帰っている。入間川もアユがすめる環境が戻った。活動が水質改善の一端を担った」と話した。

埼玉県からシラコバト賞を受賞して喜ぶ入間川にサケを放す会顧問の杉浦公昭氏