Global Ethics


朝日放送おはようコール 井上章一がドイツ機事故とガンの都道府県別傾向を語る by limitlesslife
March 27, 2015, 12:43 pm
Filed under: 癌死

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は国際日本文化研究センター教授で評論家の井上章一さんのお話でした。
今朝の朝刊は全て、ドイツ機の事故、副操縦士の問題ということです。

その、ドイツ機の墜落事故、異例の展開となり、検察は、墜落は28歳の副操縦士による意図的なものであったと発表しました。機長が離れた後、副操縦士が機体を破壊しようとしたと、フランスの捜査当局が発表しています。これは、9・11以降、操縦席の警備を強化していたのに、この事態です。

井上さん、副操縦士の異常ということは、早い段階で伝えられ、よほどはっきりした証拠があると思われ、機長を排除した模様で、9・11以降の対策が仇になり、操縦席は複数でやるべきで、どこの会社でも操縦者が故意に墜落させた場合の対策マニュアルは作れず、安心できるパイロットにいつも操縦してもらう体制は必要で、航空業界はパイロットも不足し、精神面での問題も問われて、こんなことは今後滅多にないと思いたいが、見直しが必要だと言われました。

がんと診断された患者の都道府県別の数が発表され、2011年に85万人、西日本で肝臓がんが多く、胃がんは日本海側で多く、肝臓がんは西日本では大陸との交流があり、肝炎ウィルスが入っていたからで、胃がんは日本海側では塩分の摂取が多いからという理由とのことで、近畿は肺がんが多く、検診率が低いためで、長野、広島はガンが少ないという結果、長野は検診が進んでいるからです。


井上さん、検診が大事で、この番組のスタッフは関西の人であるが、これだけ人が交流して人口が移動しているのにガンに地域差があるのは意外で、西日本で肝がんが多い理由は、大陸で肝がんが多いのか、今回39県の調査で、県により調査は制度が異なり、東京と大阪にはデータがなく入らず(地方の人が多いこともあり)、人口の多いところはデータがなく、ガンデータの公表はこれらも必要で、それで傾向が変わる可能性もあるとと言われました。

大阪で、73歳の女性が66歳の男性に逆ナンパ→昏睡強盗で逮捕され、去年夏から同様の事件も発生しており、井上さん、1回上手く行ったので次々の可能性もあり、井上さんも60歳、町で若い女性に声をかけられたら警戒するが、この年代だとかえって警戒して、しかし同じ手口でやっていたなら、孤独なおじいさんが増えているのかと言われました。

Advertisements


朝日放送おはようコール 井上章一ががん検査と教員脅迫を語る by limitlesslife
March 14, 2015, 2:00 am
Filed under: 病気(予防、治療、根絶、・・・), 癌死

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は国際日本文化研究センター教授で評論家の井上章一さんのお話でした。今日は政治のお話はなかったです。
今朝の朝刊各紙は、朝日が政務活動費、毎日は福島の被災者、などです。

その中で、全長1mmの線虫でがんか分かるというもの、尿と線虫でわかり、線虫はがん患者の尿に寄り、現在は腫瘍マーカーで、こちらの方が確率が高く、数百円で検査も出来て、井上さん、においの感覚を麻痺させた虫は分からず、尿にがんがあるとわかるが、寄生虫がいいことをしていくれるもので、生魚を食べる日本人ならではのもの、しかし今はどこのがんか分からず、どこを治療していいかまだ分からず、早期発見は困難で、これが上手く行くと、どこのがんかわかると良く、それは10年後くらいになると言われました。

全国の教員の元に、300万円送れという脅迫状が1869通も送られています。徳島の消印が多く、郵送先はタイで、井上さん、お前は生徒を傷つけたというと多くの先生には厳しく、しかし今は先生の住所録は公開されず、昭和の頃に冊子のものがあり、過去に発行された古い住所録に頼り、昭和の香りのする犯罪で、人権意識のなかった時代のツールにより、今の人権意識に漬け込んだものであると言われました。

トワイライトエクスプレスがラストラン、大阪-札幌22時間の豪華車両、26年間の旅で、井上さん、日本にもオリエント急行並みのものが走ると思い、自分がおじいさんになったと言われました。



ニューヨーク市34kmインデアンポイント原発で年間9千人放射能癌死 by limitlesslife

January 4, 2012

Radiation Checker: the gift that keeps on giving

By Abby Luby

Hand held Geiger Counters for the layperson has become essential since the nuclear disaster at Fukushima in March, 2011. Radiation is odorless and invisible, yet lethal in large doses. Soon after Fukushima the Japanese created a sleek-lined Geiger counter that plugs into your iPhone and instantly reveals radiation levels,empowering knowledge, especially if you live near aging plants like Indian Point, just 24 miles from NYC

::::::::



Guess what I got tucked in to my holiday stocking?   

A brand new, sleek-lined Geiger counter that plugs in to your iPhone or iPad and within seconds detects radiation levels. It  was the gift that topped my list – with its pencil-like probe (14 centimeters long) that plugs in to the iPhone and uses a special  app called “Geiger Bot.”  My second choice for Christmas was the Geiger Camera app; same idea but works via the phone  camera. 
http://techcrunch.com/2011/11/16/geiger-fukushima-radiation-and-geiger-counter-for-the-iphone/ 

To easily check radiation levels right in our own backyard is more than a curious pastime. It’s a survival check that became  imperative last March for hundreds of thousands of Japanese who lived near the TEPCO (Tokyo Electric Power Company)  Fukshima Dai-Ichi nuclear power plants, reactors crippled by an earthquake and tsunami. The dual disasters ultimately caused  a triple meltdown that released dangerously high levels of radioactive substances. Today, almost ten months later, Fukushima  will go down in history as the worst nuclear disaster since the Chrenobyl meltdown in 1986. 

In the post Fukushima aftermath, the Japanese company, Sanwa, came up with “Geiger Fukushima” — a name somewhat off-putting but leaves no doubt what this portable and light apparatus is for. This radiation detector and many other portable  Geiger counters are nifty, geeky gadgets that let you outfit yourself with glitzy, high-tech survival gear replete with a  not-so-subtle doomsday overtone. “Geiger Fukushima” is a perfect gift for someone like me living just a few miles from the  aging Indian Point Nuclear Power Plant in Westchester, New York; the twin reactors were built in the 1970’s just 24 miles from  New York City and are known to routinely and accidentally release radioactive plumes into the atmosphere and leak  radioactive isotopes into the Hudson River.

Truly, these “smart’ radiation detectors are the type of gift that keeps on giving. 

If you decide to own such accoutrements as a pocket Geiger Counter, you will not be an anomaly: you can belong to the 
growing grass roots Radiation Monitoring Network (www.RadiationNetwork.com) whose data is available to anyone in the 

U.S. and around the world. You yourself can contribute to the group’s National Radiation Map where members have set up networks of stations that monitor radiation levels in real time. These high-tech tools and cyber networks are not only essential, they are empowering. 

“Impacts of the Fukushima Nuclear Power Plants on Marine Radioactivity,” a report in mid-December, 2011, confirmed that  levels of radioactive cesium and strontium-90 reached 50 million times the normal levels in the ocean near Fukushima. 
Working on the study was the Woods Hole Oceanographic Institution and the Japanese Meteorological Research Institute and  the Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology.  http://www.opednews.com/populum/(http://www.sciencedaily.com/releases/2011/12/111209171940.htm)

In the months following Fukushima, multiple studies weighed in on how much radiation actually poisoned the areas surrounding  the Dai-Ichi plants and then wafted out to sea. In a report a few weeks ago by Hong Kong-Based environmental consultant  Yoichi Shimatsu (“The Death Of The Pacific Ocean Fukushima Debris Soon To Hit American Shores” 12-16-11  http://www.rense.com/general95/death.htm), he estimates that “radioactive isotopes cesium and strontium are by now in the 

marine food chain, moving up the bio-ladder from plankton to invertebrates like squid and then into fish like salmon and halibut.”  Shimatsu is clear about the critical interdependence between sea animals and land events: how aquatic life after the March  11, 2011 earthquake and tsunami were exposed to millions of tons of what could be contaminated biological waste that made  its way to the ocean from nearby farms. Other volatile chemical compounds can evaporate and form clouds unleashing rain  over Canada and northern United States, extending a long term threat beyond the Rockies “affecting agriculture, rivers,  reservoirs and eventually aquifers and well water.” 

How much radiation has reached the United States? 

It depends on who you talk to. Reliable reporting on the spread of radiation from Fukushima can be interpreted in a variety of  ways. Government officials from Japan and the United States are skeptical of any real danger from Fukushima borne  radiation. Immediately after the Fukushima disaster, the Japanese government neglected to act on data showing the enormity  of radioactive plumes and failed to safely evacuate residents, exposing entire towns to harmful radiation. The Japanese  government’s denial of widespread contamination justified their minimal effort to effectively contain spillage from the plants to  the Pacific; they even approved sea-dumping of nuclear and chemical waste from Fukushima No. 1 plant.   

The International Atomic Energy Agency (IAEA) was no better saying that most of the radioactive water from Fukushima released into the Pacific was harmless, and that nuclear sea-dumping would have no deleterious impact on the environment  because radioactive isotopes would sink into the middle of the ocean. 

Does this mind-set sound familiar? 

Think the U.S. Nuclear Regulatory Commission who is emphatic about how Indian Point has little impact on the Hudson River,  incanting the NRC mantra “Dilution is the solution to pollution.” 

The NRC response to Fukushima was equally disappointing. They hand-picked a five-member safety task force in October who later recommended seven safety actions to be enforced in U.S. nuclear power plants. But later in December the Commission did an about face and reserved the right to reject any safety upgrades the NRC staff chose to implement. According to the Union of Concerned Scientists, a new regulatory requirement by the NRC staff can be deemed non-essential  by the Commission unless the requirement passes a cost-benefit test — a test the UCS says is based on a “post-Fukushima  understanding of risk.” (“NRC’s Post-Fukushima Response: Going in Circles”
http://allthingsnuclear.org/post/14624150915/nrcs-post-fukushima-response-going-in-circles)
 
Radioactive releases happen on a routine basis  – no surprise here and if you live near a nuclear power plant. But many aging  plants are accident prone. In February, 2000, reactor unit 2 at the Entergy owned Indian Point experienced a ruptured steam  generator tube that released 20,000 gallons of radioactive coolant into the plant and then into the atmosphere, causing the  plant to close for ten months. Indian Point’s spent fuel pools have been leaking into the groundwater and tainting the Hudson  River where four species of fish were tested positive for the radioactive isotope strontium-90.  

In 2010, the Radiation and Public Health Project reported on the staggering rise of cancer cases near Indian Point over 15 years and strongly suggested that radiation exposure from the plant was the cause. RPHP used data from the New York State  Cancer Registry (for county cancer rates) and from the National Cancer Institute (for national cancer rates). Over a 5-year  period there were about 9,000 residents diagnosed with cancer each year. 
http://www.radiation.org/reading/pubs/101118_IndianPointreport.pdf.

Knowing that invisible and odorless radiation could be lurking in our garden soil is better than not knowing at all. We don’t 
need a major nuclear disaster to own  small, hand-held Geiger counters and iPhone apps — just living near a nuclear power
plant is reason enough. Protecting ourselves and our community seems to be one way around unresponsive government 
agencies whose alleged claim is to protect the public’s health and safety.

 

Submitters Bio:

Abby Luby is a freelance journalist who has covered the Indian Point nuclear power plant in New York for over ten years, and the author of the new ebook “A Nuclear Romance.” This novel is about living near a nuclear power plant in New York. Her articles on Indian Point appear in The New York Daily News, The Westchester Guardian, The North County News. She also writes for The Poughkeepsie Journal, The Stamford Advocate/Greenwich Time. As a regular contributor to Valley Table Magazine and the Hearst publications HealthyLiving, Living [at] Home and Roll Magazine, she also writes about hard news, food, health articles and art. She teaches writing and literature at Marist College.



たね蒔きジャーナルスペシャル2011/12/30 内部被曝 矢ケ崎克馬さんのお話(その4) by limitlesslife

永岡です、たね蒔きジャーナル、続いて、内部被曝の専門家、琉球大学名誉教授の矢ケ崎克馬さんのお話がありました。おしどりも同席です。電話での出演です。

矢ケ崎さん、夏に3回出ていただき、(1)内部被曝は外部より怖い、体内に入ると放射線を出して分子を切断し、細胞破壊、生命の機能破壊がある、(2)免疫の低下、(3)細胞が生き延びても、DNAが異常になり子孫に影響がある、ことを説明され、(4)核の被害は広島・長崎で経験しているのに、アメリカが核の恐ろしさを小さく見せようとしていたのです。

具体的ケースが出ており、各地で様々な症状が出ており、東京・町田で被曝から子供を守る会、子供に鼻血が出る(3月以前なし)、医者の診方により、ICRPの見方になり、放射線が鼻の粘膜に留まるとひどい被曝をして、傷もないのに鼻血になる(一般には傷から出る)、被曝範囲が小さいところに集中すると下痢・血便があるのです。東京でこの症例があるのです。

ICRPの見方だと、大線量でないと出るはずはないとなり、放射線の影響ではないと医者に考えが多く、子供たちが見捨てられているのです。ICRP=国際放射線防護委員会のやり方で国もやっているのです。福島で、内部被曝をボディーカウンターで調査しており、これについて、逆用されるケースもある、自治体が二つの要素で動き、安全神話により、被害を考えず、事故の際に原発の対応も出来なかった以上に何もできないが、市民がこれをしてくれと言い、それで動き出しているのです。

ホールボディーカウンターでの検査、安全神話より、何をやっていいか分からない国が、原爆投下以来犠牲者を隠す政策をやっており、ホールボディーカウンターで雑な測定で、検出限界を高くしていることもあり、被曝している人なしとの結果も出せるのです。設定は、1時間測定しないと出ないものを5分でやる、そういうこともあり、出てくるものも出ないのです。体内の放射能の証拠なしとされる恐れもあるのです。

おしどりさんの質問で、ホールボディーカウンター、追及しているが、内部被曝を測定しても経口被曝しか分からず、爆発によるものは分からない、飯館村より、3月15日に放射能が降り注ぎ線量が上がった(プルーム)、汚染のひどいところで、口の中で金属の味がすると100人単位で訴え、後から放射能の味と4月に気付き、しかし検査してもらえなかった、この内部被曝の評価は出来るかについて、放射線プルームはどうかとの質問で、金属の味は矢ケ崎さんも味わった、ヨウ素、セシウムの原子が入ると唾液の作用で電気を帯びて、金属の味になるのです。金属の味=大量の内部被曝、放射性物質なのです。

そして、子供にヨウ素131がどれだけ吸収されたか、半減期が8日で、過ぎると測定不能(測定は8月)、しかしヨウ素の被害はベラルーシ、ウクライナで子供の甲状腺被害がひどく、ポーランド、国民にヨウ素剤を飲ませていた。ベラルーシで亡くなった人の体内の放射能、バンダジェフスキー博士が死体解剖で調査して、甲状腺にセシウム137が大量にあり、初期にヨウ素とセシウムが出て、ヨウ素とともにセシウムに甲状腺に入るのです。

矢ケ崎さん、ヨウ素がないから調べられないのではない、セシウムを調べて、丁寧に測定して出来るのです。

矢ケ崎さん、内部被曝の研究会を立ち上げて、今の学会は外部と内部被曝、後者が隠されている、犠牲者を隠すためで、隠し続けないといけない政治支配があり、政治に支配されないまともな科学を立ち上げて、政治支配=命を軽視、命を大切にしたいのです。

政治に支配されない科学が大切なのです。次のコーナーに行きます。



長期的な福島の健康被害調査を! by limitlesslife

[uniting-peace][18566] バズビー博士、長期的な福島の健康被害調査を提案


みなさまへ   (BCCにて)松元

クリス・バズビー博士が、長期的な福島の健康被害調査を具体的に提案しています。今後、5年、10年を見据えた「国連によるチェルノブイリ隠ぺいを再び繰り返さないための提案」で、福島県にかぎらず5000人(少なくとも一定地域1000世帯)の住民を対象にしたいと述べています。

「基本的な質問表」には、「皆様の回答は、内部被曝の危険性の評価において日本国民にとって重要であるだけではなく、人類のためにも非常に貴重なものです。それらはまた将来日本政府に対する賠償請求の根拠にもなります。」と記されています。

ただ、市民の自立が弱く行政権力ばかりが異常に強い日本では、市民団体などが組織的にやろうとすると、「それを止めさせようとあらゆる理屈で」妨害される可能性がありますから、こうした調査を実行し統括するにはとりわけ慎重な配慮が必要と思われます。

自立的な市民および団体が、添えられた書式にもとづいて「調査用紙」を作成し、長期にわたるデータを保存しておくことが「市民による疫学調査」の第一歩かと思います。バズビー博士自身、市民が自発的に始めることが理想だと述べています。

WHOでさえ放射能被害の疫学調査をやっていないのですから、日本の市民にはその責務があると思います。森田玄さんからの提供です。

(転送転載歓迎)

======以下転載======

■FUKUSHIMA5000調査
日本の福島での健康被害について、国連によるチェルノブイリ隠ぺいを再び繰り返さないための提案

クリス・バズビー博士
グリーン・オーディット

1。過去

チェルノブイリ事故はベラルーシ、ウクライナそしてロシア共和国の広大な市域に放射線汚染をもたらしました。ヨーロッパはさらに汚染が広がりました。欧州放射線リスク委員会(ECRR)の予測リスクモデルに基づいたものと専門家によって検証され出版されたいくつかの疫学的研究、また灰色文献(グレイリタラチャー)に基づいたものによれば、被曝によるガン発症は500,000から最大1、500,000に達するとそれぞれ計算されています。

しかし、事故後最初の一年間のベラルーシ住民への平均放射線量は2mSv以下でした。他の国はさらに低い量でした。ほとんどの政府が採用したリスクモデルは、国際放射線防護委員会(ICRP)のものです。これは広島原爆からの莫大なガンマ線と中性子線を被曝した人たちによる外的放射線量が基本になっており、それはゼロだとされているのです。このモデルに従えば、2mSvの外部被曝はガン発症率を実質的に増加させないことになります。

その一方で、50年後、このモデルは実証的に明らかに間違っています。それは科学的にも哲学的にも間違っています(同様なケースとの比較をしていないからです)。新しい研究によって理論的に否定されています(1952年に開発されたものと同じモデルなのです。DNA2本鎖構造がまだ発見されていない時代です)。そしてチェルノブイリの影響の研究によって疫学的にも否定されています。

この状況、そしてそれをさらに許した馬鹿げた恐ろしい文化的背景によって、ヨーロッパの法律がつくられ、それによって原子力産業が核廃棄物をリサイクルして一般消費財として処理できるようになったのです(ユーラトモ指令96/29)。この出来事と、ヨーロッパ議会のグリーン・グループによる調査がきっかけになって、ECRR(欧州放射線リスク委員会)がブリュッセルで発足することになったのです。20人以上の独立科学者たちのこのグループが2003年に新しい放射線リスクモデルを出版しました(ECRR2003).

このモデルは、いくつかの放射線核種への慢性的な被曝がICRPによる評価基準を越えて危険を増加させると主張しました。ICRPは体内の放射性核種を、その崩壊エネルギーが入って行くのが細部の細胞やDNAどころか、あたかもすべて体内組織全体に薄まって行くように扱っています。生化学的および生物理学的考察と各種の放射線による異なる汚染領域の疫学的評価に基づいたある種の内部核種について放射線荷重計数がECRRによって開発されました。

2010年までに、チェルノブイリ事故による本当の被曝影響報告が権威ある学術誌に載るようになりました。ECRRモデルが正確に説明し、予測してきた影響が明らかになったのです。2010年、ECRR の改訂モデル(ECRR2010)が出版されました。しか
し、各国連機関とICRPは依然としてこの証拠を無視しつづけたのです。彼らの出版物には、彼らの世界観と一致しないどのような研究も引用されることはありませんでした。彼らにはこれをすることができたのです。そしてICRPのモデルが大幅に間違っているという明瞭な証拠を、メディア・コントロールと調査課題のコントロールそして特にガン統計のコントロールによって無視しました。

これには世界保健機構(WHO)とフランスの国際ガン研究機関(IARC)のようなその関連ガン研究機関も含まれました。
どうしてそうなったのでしょう?たぶん以下のようないくつかの要因が重なっているのでしょう:

*核兵器開発と冷戦時の軍事秘密との歴史的関係。
*原子力エネルギーとウラニウム採鉱への巨大な資金投下。もし本当の健康リスクが受け入れられるとそのすべてが失われる。
*その結果として起こる、組織、国家、個人に対する法的賠償訴訟。
*核兵器実験とその使用(劣化ウランを含む)によって敵味方の兵士たち、地球上の全市民(そして全生物)に遺伝的被害を増加させたことが認められると、兵器と軍能力が損なわれる。

この領域での真実を見分けるひとつの方法は、福島からの死の灰(放射性降下物質/フォールアウト)が計測された地域でのガン発症率を調べることです。私たちはそれがどこなのか知っています。しかしガン発症率や他の病気の発症率をどのように入手したらよいのでしょう?

世界のほとんどの国では、ガン発症率は独立の研究者には入手不可能になっています。科学誌に掲載され、低レベル放射線における深刻な健康障害を示している研究はすべて無視されるか過小評価されるか攻撃されます(例:トンデル等2004)。狭い地域でのガン発症率データがあると、それは直ちに核施設付近の住民に深刻なガン発症率増加が明らかにあるということになるので、そのようなデータは公表されないのです。しかし、これに対する方法があります。それは狭い地域の住民の疫学的調査が関わります。2000年以来、グリーン・オーディットは核施設やほかのリスク源の周辺地域でのガン発症率を決定するための地域質問表(アンケート)方式を開発しました。最近では、イラクのファルージャで使用され、ウラニウムのフォールアウトで被曝した人々を試験しています(バズビー等2010)。

2。現在

チェルノブイリ事故の被曝影響は、国際原子力エネルギー機関(IAEA)と原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)によって隠ぺいされ、否定されています。WHOに対する彼らの支配は、2000年キエフでの中島宏WHO事務局長の言葉からも明らかです。彼はそこで(カメラに録画された)、放射性核種の被曝による公衆衛生の分野ではWHOはまったく委員会に従っていると述べたのです。これは1959年の合意に従ったもので、今でも効力があるということです。ICRPはUNSCEARの証拠を採用しています。UNSCEARはIRCPのモデルにそぐわない証拠はすべて除外しています。UNSCEARによるチェルノブイリ健康被害の隠ぺいは今福島で再び進行中です。今週UNSCEARに新しい委員長が就任しました。ドイツ連邦放射線防護庁(BfS)長官のウォルフガング・ワイスが戦略的な隠ぺい工作を開始しているのです。

ウイーン:
この原子放射線に関する国連委員会は月曜、現在のところ日本の活動不能になった福島原発からの放射線放出による健康影響はほとんどないと予想されると言いました。「いまのところ、住民たちに見られること、子どもたちに見られること、作業員たちに見られること・・これらから健康への影響があるとは考えられません」と原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)のウォルフガング・ワイス委員長が記者会見で述べたのです。「私たちは健康被害をこれらの放射線によるものとして特定することができません」と語り、また一方で起こりうる健康障害の確率性について述べるには放射線量に関するさらなる詳細なデータが必要だと加えました。

言葉を変えると、ワイス委員長が言っていることはまさに2000年のチェルノブイリに関するキエフWHO会議で UNSCEARのノーマン・ジェンターとIAEAのアベル・ゴンザレスの言ったことと同じです。つまり計測された線量ではガン発症はあり得ないというものです。従って、被曝に起因するとされるガンはなにも見つからないでしょう。それは核施設周辺でのガン増加は、ほかの原因だと彼らが主張することと同じです。これはもちろん科学とは言えません。

しかしこれとは対照的にECRRモデルでは、福島での被曝によって原発現場から100km圏内に住んでいる人たちに今後10年間にわたって30%やそれ以上のガン増加があると予測しています。セシウム137の平均表面汚染値300kBq/㎡と3,300,000人の人口をベースとして、このゾーン地域でガン発症例がさらに100,000件増加すると私は予測しています(バズビー2011)。このように将来を予測し、どちらのモデルがより正しいかを見ることは単純なことです。

3。将来への簡単な提案

福島原発から30km圏外近辺の市町村か狭い地域で1,000世帯を対象としたケースコントロール(症例対照)研究調査の実施を提案します。これはイラクのファルージャでの調査と同じ方法で行われます(バズビー等2010)。これには地元住民グループが関わってもらい、選挙区名簿に従って約1,000世帯の地域を決め、一軒ずつ訪ねて質問表に回答してもらいます。

この質問表は、その家で住んでいる人、年齢、性別そして過去5年間のガンや白血病の診断の有無、またそのタイプと診断時などを訊きます。さらに家族の出産時の経過や流産についても訊ねます。また死んだ人の死因の詳細についても訊ねるかもしれません。

あらゆる年齢層の約5,000人の住民の方々にその結果は後でお知らせします。質問表には世帯主や回答者が照会番号と3年後、5年後に再び質問表調査のための連絡先の詳細を書き込み、それにはコード番号がつけられます。このようにして、ベースラインとなる健康サンプルが決定され、それによって将来の健康障害の評価測定が可能になるのです。その質問表のサンプルを付録に添付してあります。

ICRPは、年間で言えば20mSv以下の積算線量であれば実質的なガン増加はないと主張しています。10,000人が毎時1マイクロシーベルトの被曝をすると、年間線量は0.00876シーベルト(8.76mSv)になります。日本政府は現在この値を認めています。ICRPは、その線量では5,000人当たり生涯で約2.2のガン増加をもたらすと見ています。日本の通常ガン発症率は年間100,000人に460ですから、5,000人では通常値は23、そして10年間では230になります。ですから、これらの被曝した5,000人に生涯起こる2.2増加分は10年間ではさらにはるかに少なくなり、10年間でそれがすべて現れたとしても、偶然変動値からすれば疫学的に識別不可能になるでしょう。これがUNSCEARのウォルフガング・ワイスの立場です。

しかし、毎時1マイクロシーベルトの線量というのは、私たちが評価基準として用いているものですが、公表されているデータを使うと、セシウム137の300kBq/㎡の表面汚染に相当します。そしてこれはECRRモデルでは10年間で33%のガン増加になります。従ってECRRは、この人口のフォールアウトの吸入と飲食による内部被曝によって、さらに75.9のガン増加を予測しています。さらに、ECRRは、チェルノブイリとの類似性から、2010勧告書にあるような流産、出産障害やほかの影響例が増加するだろうと考えています。そのようなガン増加は最初の10年間で起こり、そのほかの病気は5年以内に見られるかもしれません。特定された被曝したグループの存在が、どちらのリスクモデルが正しいかを答えてくれるでしょう。

疫学的調査に加え、多少でも資金的な余裕がもらえれば、髪の毛とほかの生体サンプルによる体内被曝汚染も計測可能です。また血液サンプルがあれば、レトロスペクティブ線量測定法で染色体の損傷を調べることもできるでしょう。

4。政治的側面

過去5年間、多くの人が健康障害をもたらすと信じている携帯電話の発信アンテナ塔のベースステーション近辺に住むグループの調査研究をするためにグリーン・オーディットによるたくさんの試みがなされてきました。そのアイデアは、アンテナが建つ前とそれが建ってから1カ月後にそれぞれ質問表を書いてもらって住人たちをモニターしようというものでした。そのように、ケース(症例)とコントロール(対照例)が同じ人たちというケースコントロール調査ができたのです。提案している福島の調査でも同じ状況になると思います。しかし、携帯電話の調査研究中に起きた興味あることは、グリーン・オーディットが携帯電話会社にこのプロジェクトの説明を書いたり、あるいは最初の質問表が配られるや否や、どの携帯電話会社もベースステーションを取り除いて引き上げてしまったことです。これまでにこれが8回以上も起きています。おかげで調査研究がまだどれも完了していません。

これと福島のケースとどう関係があるのでしょう?これが示すことは、人々が自分たちの状況をコントロールできるということです。福島の場合、5,000人の調査研究の存在だけで、ワイスによって勧告されている方法を変えざるを得なくなるのです。各国連機関が彼ら自身の分析に独自のチェックが入ることを意味するからです。5,000人の調査研究は隠ぺいに対するそのような大きな脅威になるので、初めから攻撃され、どのような口実を使っても、その実施を妨害しようとするでしょう。非道徳的だとか、疫学的に誤っているとか、誤差が大きすぎるとか・・それを止めさせようとあらゆる理屈で攻撃して来るでしょう。しかし確かなことがひとつあります・・もし5,000の人々が全員で参加することに合意すれば、それを法的に止めさせることはできないのです。

5。結論と勧告

チェルノブイリとそれ以外の例の一般公開への対応の歴史から、深刻な健康被害の組織的隠ぺいがあるであろうことが結論されます。それはすでに始まっているのです。ですから、ほかの地域ですでに試験されている簡単な疫学的質問表によって独自の健康モニタリングプログラムを実行することが勧告されているのです。

****************************

(付録)

基本的な質問表

福島原発近在のみなさまへ

原発からの放射性物質の放出のために、みなさまの健康がそれによる汚染で将来深刻な害を受けるであろうと考える科学者たちがいます。現在受けている放射線量ではそのような顕著な病気になる可能性はまったくないと日本政府と国際的な関係機関によって言われています。しかし、現在の被曝量は日本政府とその顧問(アドバイザー)たちが考えているよりはるかに危険性が高いと考えている科学者たちがいます。もし政府が誤った勧告に従い、あるいは科学的な証拠を正しく調査していないということになれば、その時は政府が国民の健康を守るという義務を怠ったことになり、みなさまの家族は法的救済策を請求しなければならなくなるでしょう。

以下の質問表は、放射線によってみなさまの健康が影響を受けたかどうかを科学者たちが調べるためのものです。それは放射線にまつわる健康状況の調査です。3年後と5年後に再び質問表に答えて頂くことになります。皆様の回答は、内部被曝の危険性の評価において日本国民にとって重要であるだけではなく、人類のためにも非常に貴重なものです。それらはまた将来日本政府に対する賠償請求の根拠にもなります。

個人の情報はすべて内密に保管されます。みなさまには分析結果を後に報告します。

■健康質問表(例)

●セクションA
質問表No:
回答者1:
回答者2:
住所:

あなたの住所に在住の男性の人数と年齢:
あなたの住所に在住の女性の人数と年齢:

●セクションB

あなたを含め、過去5年間にガン、白血病、リンパ腫の診断を受けた方がいますか?  (はい/いいえ)
「はい」の場合: 性別(男性/女性)、診断時の年齢(  歳)、診断年(  年)
ガン、白血病、リンパ腫の種類は?
その人は現在の地域にどのくらい住んでいますか?
それ以前はどこに住んでいましたか?
その方は治療か手術を受けましたか、あるいは受けていますか?
一般開業医あるいは医師の名前?
その方は診断以前に1日10本以上の喫煙をしていましたか、あるいはしていますか?
その方は存命していますか?

あなたの家族の中で誰かつぎの障害がある方がいますか?
死産/深刻な出産障害/幼児死亡(あれば、出生後どのくらいですか?)
もしあれば、それ(それら)は何年に起きましたか?

家族の中で過去5年の間に流産された方がいますか?
もしあれば、それ(それら)の起きた年は?

あなたの家族で過去5年間で亡くなった方があればリストしてください。そしてその死因と死亡年齢を教えてください。

あなたの家族で心臓病の治療を受けた方がいますか?
もしあれば、その方の年齢と性別。

あなたの家族で糖尿病の治療を受けた方がいますか?
もしあれば、その方の年齢と性別。

●セクションC

あなたの家族で原子力施設で働いている方がいますか?
もしあれば、どなたですか?
あなたの家族でこれまでに原子力施設での清掃業務に携わった方がいますか?
さらに質問に答えていただく必要がある場合、それに答えていただける用意がありますか?
もしあれば、あなたの名前と住所と電話番号を下に書いてください。
この質問表の情報に関してなにか付け足すことがあればどうぞ書いてください。

ご協力ありがといございます。
数日後に担当者が記入済みの調査票を集計に来ます。なにかご質問があれば、XXXXXXにお電話ください。

グリーン・オーディット研究プロジェクト
福島市民による委託により。

(森田玄訳)

————————————
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19
TEL/FAX : 011-882-0705
E-Mail : y_matsu29@ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538
————————————



仏研究所より福島事故関係者への貴重提言 by limitlesslife

[uniting-peace][18548] 医学博士ミッシェル・フェルネックス教授からフクシマへの提


みなさまへ    パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭パリのコリンさんから、医学博士ミッシェル・フェルネックス教授の内部被ばくにかんするフクシマの人々に対する重要な提言文書がPDFで送られてきましたので、そのコピーを紹介させていただきます。

著者のミッシェル・フェルネックス教授は、長年アフリカ熱帯病と闘いWHOとの共同作業を経てNPO「チェルノブイリ/ベラルーシーのこどもたち」(ETB)を創設したスイスの医学博士です。IPPNW(核戦争防止国際医師会議)、CRIIRAD(放射能に関する研究と独立情報委員会)の会員でもあり、仏脱原発ネットワークなどとWHO独立のためのキャンペーン(Independent WHO)を組織してきた方でもあります。

フランスのNPO<チェルノブイリ/ベラルーシーのこどもたち>の会会長イヴ・ルノワール氏の推薦状からはじまります。

=====以下、転送転載歓迎=====

コリン@パリです。
私の友人、フランスのNPO<チェルノブイリ/ベラルーシーのこどもたち>の会会長イヴ・ルノワールから託されて,彼の手紙とミッシェル・フェルネックス教授(同会の創設者)の貴重な論考をお送りします。皆さんにご熟読頂き、とりわけ、医師、医療関係者で福島事故の放射能被曝犠牲者たちの支援を行なっている方々に,できるだけ,広めて頂けるなら,ありがたいです。よろしくお願い致します。
コリン・コバヤシ

会長 : イヴ・ルノワール

2011年12月16日パリ

主題 : ミッシェル・フェルネックス教授の論文のプレゼンテーション

拝啓

私はイヴ・ルノワールと申しまして、フランスのNPO<チェルノブイリ/ベラルーシーのこどもたち>の会長をしております。当会は2001年4月27日にベルラド放射線防護研究所(政府とは独立した機関)所長をしていましたヴァッシーリ・ネステレンコ教授からの要請に基づいて設立されたものです。

私たちの会は、ベルラド研究所
<http://belrad-institute.org/>の科学的、人道的な活動に財政支援し、 ミンスクのベラルーシー科学アカデミー
<http://biobel.bas-net.by/igc/en/Antimut_e.htm>の遺伝子保全研究所に近代的な機材投資を行ない、それによって、体内に取り込まれたセシウム137の遺伝上の影響を調べるためです。ベラルーシー政府は、これらの課題に財政投資することを拒んでいます。

ここに添付しております書類に署名しているミッシェル・フェルネックス教授は世界保健機関(熱帯病治療)の専門家でした。20年以上、彼は、卓越した医者、学者などと連携しながら、体内に取り込まれた放射性物質による影響の問題〔内部被曝問題〕を非常に身近に追求してきました。

この資料は、放射線による危機の初期の保健衛生上の影響について皆さんの注意を喚起するだろうと思います。特に卵割から八週以内の胎児、それ以後の胎児に対するヨウ素131の重大な衝撃を彼は強調しています。汚染から免れた地域で収集されたデータと比較して、彼が記述する偏差を明らかにすることは、福島の惨事が開始された後、放射線汚染による環境の公共衛生上の問題の重要性に関して、明白な証拠をもたらすでしょう。

私たちは、彼の発表に、性差と比率の問題と放射性物質による内部被曝の他の影響に関する二枚の論考を添えておきます。

これらの資料を皆さんに知って頂けたことに感謝致します。

敬具

Yves Lenoir

=====ミッシェル・フェルネックス教授の論文=====

ミッシェル・フェルネックス

2011年11月30日

フランス、オー=ラン県 ビーダータル

AP通信社は11月21日、「福島第一原発の事故による健康被害の実態は、明らかにならない可能性がある」という記事を配信した。これを読むと、次のような疑問が浮かぶ。「人々をできるだけ被ばくから守り、犠牲を最低限に食い止めるための最適な方策を、いったいどの機関が日本政府に進言できるだろうか」。福島原発の管理者は、原発の計画をたて、建設を実行した最初の誤ちから、津波到来の1時間も前、すでに地震によって原発が壊れていたことを隠蔽した過ちまで、一貫して責任を負っている。これは明らかな人災で、結果として、環境中への放射能漏れの対応に遅れが生じた。

●● IAEAに従属するWHO

1946年の世界保険機構( WHO)憲章で、WHOは、医療部門において適正な技術を提供する義務がある、と定められている。緊急時には、政府が要請するか、あるいはWHOの介入に合意が得られたあとで、その役割を実行することになっている。WHOは健康に関する全ての情報、アドバイスおよび援助を与え、健康に関する世論をしっかり記録に残す義務がある。ところが、これらの義務はまったく遂行されていない。

WHOはもともとこうだったわけではない。1957年に設立された国際原子力機関(IAEA)との間で交わされた合意(1959年、 WHA12.40)によって、原子
力分野での独立性を失ったのである。より最近では、放射線関連分野におけるWHOの活動は縮小しており、福島に介入したのもIAEAであった。

あまり問題とされてはいないが、IAEAは、福島やチェルノブイリのような原発大惨事が起こるたびに、大きな決定権を発揮できる、という国際原子力機関憲章をもつ。IAEAは自らの憲章に忠実で、1996年4月8日~12日にウィーンで開催されたチェルノブイリに関する国際会議会報のように、IAEA出版物には度々、憲章の第二条が引用されている。IAEAの主要目的は「全世界の平和、健康、繁栄に対して原子力産業が果たす役割を推進し拡大すること」なのである。

言い換えれば、国連組織であるIAEAは、原子力産業を推進し、その商業プロジェクトを支援するための機関である。WHO、FAO(国連食糧機構)、ユニセフなどの国連諸機関のなかで、IAEAはその最上部に位置している。さらに、法的に見ると、WHOは、健康および放射線分野での独立性をもたない、あるいは存在すらしていない。原子力産業を代弁するIAEAは、深刻な病気の数々と放射能の関係を認めない。彼らの意図は原子力産業を保護することであり、放射能汚染から人々を保護したり被災者を支援することではない、とIAEAの指針にはっきり示されている。

従って、国の保健当局は、原発事故の際にIAEAに忠告を求めてはならない。IAEAは経済的配慮を優先するため、被ばくによると思われる健康被害を過小評価したり否定したりする。その結果、強度の汚染地域からの住民の避難が遅れる可能性もある。

●● まず性差に表れる放射線の影響

行政が福島の住民、特に放射能の影響を受けやすい子供たちにヨード剤を配布しなかったのは理解に苦しむ。ヨード剤は高価なものではない。ポーランドの例を見るように、たとえ百万単位の子供たちに配布しなければならないとしても、効果があったことだろう。原発から放出されたヨウ素131が到来する前に一錠飲むだけで予防になった。

AP通信社の記事は、原発事故の影響がまず子供たちに現れることを伝えていない。細胞分裂の早い成長期の子供は、成人に比べて千倍も放射能の影響を受けやすい。妊娠八週以内の胎芽が死亡するリスクもある。すなわち早期流産である。86年のチェルノブイリ事故前の統計と比較すると、事故後、女児新生児の5%が死亡している。最も汚染されたベラルーシとロシアでは、このために新生児の男女比が最大となっている。分娩時の女児死亡はチェルノブイリ後の東欧およびバルカン諸国でも見られ、ドイツでも同様に急増した。しかし汚染が局地的あるいはほとんどなかったフランスやスペインでは性差にあまり差異は見られなかった。このデータは性比が放射能汚染の度合いに比例して変化することを示している。

通常の性比は男1045に対して女1000前後で、地域別に見ても大差はない。放射能の影響で性比が変化した例は他にもある。例えば高濃度のトリウムを含むモナザイト岩地域、インドのケララ谷は、自然放射線レベルが通常の6倍も高く、ここの住民にはダウン症などの先天性異常が多い。また、自然放射線レベルが通常の周辺地域には見られない性比が認められている。(Padmanabham)

チェルノブイリでは死産、周産期死亡および先天性異常の増加が見られた。もっと後になってからだが、心臓の先天異常も見られた。50年代に行われたアリス・スチュワート医師の研究では、胎内で被ばくした胎児は後に白血病や癌(脳腫瘍)を発病するリスクが高いことが分かっている。

●● 放射線と免疫機能低下

チェルノブイリでは子供たち、特に小さい子供や幼児の1型糖尿病が増加し、昏睡の症状が確認された。通常は、遺伝的要因からくる自己免疫異常や新たな突然変異によるものだが、チェルノブイリでI型糖尿病を発病した小さい子供や幼児たちは糖尿病家系ではないことが特徴的だった。

事故後、被ばくが免疫機能に影響を与えることがベラルーシで明らかとなっている。そのため、福島周辺住民の白血球および抗体グロブリンの長期的調査が必要である(チトフ教授の研究を参考)。調査結果は、福島から離れた九州などの汚染されていない地域の対象群と比較しなければならない。

汚染地域の子供たちの免疫調査では、膵臓ランゲルハンス島のベータ細胞および甲状腺細胞に対する自己抗体に注意を払う必要がある。橋本甲状腺炎の原因にはI型糖尿病と同じように遺伝子が関連すると考えられている。性ホルモンなどその他の内分泌腺は、特に思春期に機能不全を引き起こすリスクがある。たとえば、生理の遅れやウクライナで急増した男性不妊症だ。アレルギー性疾病も汚染地域の子供たちの間で増加すると思われるが、これらの調査はいずれも、非汚染地域の対象群と比較すべきである。チェルノブイリでペレヴィナ教授が子供にレントゲンを短時間照射し細胞の過敏性(リンパ球培養)を調査したが、同じ調査を福島でも行う必要がある。

食品による内部被ばくにより免疫が低下したチェルノブイリの子供や幼児は、事故から何年も経ってからも頻繁に感染症にかかっている。汚染されていない地域に比べて合併症や慢性化によって悪化する率が高い。

被ばくによって引き起こされるゲノム不安定性は遺伝的に受け継がれる。調査は、子どもの祖父母から始まって、これから何世代にも渡って続ける必要がある。

●● 被ばくとガン

甲状腺ガンは五歳児では百万人に一人という、子どもには稀な病気だが、今後は五歳未満の子供たちの間でも増大するだろう。被ばくした胎児・新生児の場合、甲状腺ガンの潜伏期間は非常に短く、浸潤性の甲状腺乳頭ガンが極めて速く進行する可能性がある。チェルノブイリ後、甲状腺腫、甲状腺炎および甲状腺機能不全などの甲状腺の病気が増加した。その他のガンは潜伏期間が長く、最大で35年である。スウェーデンのクロンベルクとベラルーシのオケアノフは、チェルノブイリ事故から十年後に様々なガンが増加する、という明白な傾向をつかみ、二十年後には一般的なガンの発生率が統計的に顕著に上昇することを確認した。

放射線を受けた若い人々は、若くしてガンを発病するなど、若年性老化のリスクがある。被ばく量の等しいリクビダートル(原発事故処理作業員)たちと比較すると、若いリクビダートルの発ガン率は年配のリクビダートルより著しく高かった。オケアノフはまた、被ばく総量より被ばくした時間の長さがよりリスクを高める要因であることを示した(1996年4月8日~12日のウィーン国際会議のIAEA会報279ページ参照)。ガンの調査においては、年々減少するであろう死亡率をパラメータにするのではなく、特に被ばくした人々の発ガン率、また従来より20年早まるであろう発ガン年齢に注目する必要がある。発ガン率と発ガン年齢は10~20年後、統計的に顕著な変化が見られると思われる。

若いリクビダートルの失明も、年配者より頻繁に発生した。これは微小循環障害を伴う網膜の変性疾患で、数年後に黄斑に現れる。

チェルノブイリ事故後、最初の死因はガンではなく、脳と心臓の合併症を伴う心臓血管病と高血圧だった。医師にはこうした合併症の予防に力を尽くして欲しい。

被ばくした幼児は、通常より若い年齢で橋本甲状腺炎および1型糖尿病を示す危険がある。性ホルモンの異常による症状などその他の内分泌腺の病気は性機能を不調にし、特に思春期の女性には生理の遅れ、男性には男性不妊症という症状が現れる。

●● 内部被ばくを避けるには

放射能から子供を守るために最も重要なのは、食べ物による内部被ばくを避けることだ。危険なのは外部被ばくよりもむしろ内部被ばくである。体内に取り込まれた放射性物質は、胸腺、内分泌腺、脾臓、骨の表面および心臓といった特定の内臓に蓄積する。チェルノブイリの事故後にバンダジェフスキーが行った研究によると、大人の内臓に蓄積された濃度の二倍近いセシウム137が同地域の子供の内臓から検出された。最も濃度の高かったのは、新生児、乳幼児の膵臓および胸腺だった。

チェルノブイリ後にセシウム137が体内に蓄積された子供たちの八割は病気で、心臓疾患も多い。事故前のベラルーシでは健康に問題のある子供は2割程度で、ベラルーシの汚染されていない地域では事故後でも変化が見られなかった。

子供たちは放射線測量計を身につけるより、ホールボディカウンターを定期的に学校に搬送し、子供たちのセシウム137体内蓄積量を調査する必要がある。体重1キロ当たり20ベクレルの値を超えている場合にはペクチンを与え、汚染された食品の摂取を避ける必要がある。また子供を汚染地域外でしばしば保養させるのも効果的だ。

ペクチンはストロンチウム90、セシウム137、ウラン誘導体の体内摂取を減らすとともに、体外への排出を促進する。イタリア、イスプラの欧州委員会研究所の専門家たちは、ペクチンが安全で放射能の排出に効果的なサプリメントであるとみなしている。(Nesterenko V.I.他「アップル
ペクチンによるチェルノブイリの子どもの体内のセシウム137の除去効果」SMW 134: 24-27. 2004)

汚染された子供たちには、抗酸化物質として作用するビタミンE、ビタミンA、カロチンも有効であり、ニンジン、赤かぶ、赤い果物などを与えるのが効果的だ。

以上はAP配信記事に対する意見である。記事によると、放射能事故を原因とする成人の死亡例はまだ出ていないようだ。汚染地域で小児科医、遺伝学者、免疫学者たちによる出生時から思春期までの継続した疫学調査・医学調査を行うことを強く要請したい。この調査には、汚染されていない地域で、年齢・性別の分布、職業、生活水準、居住地域の人口密度など環境的に類似した対象群を選ぶことが重要である。

(翻訳:小川万里子  編集:藤原かすみ)

●ミッシェル・フェルネックス Michel Fernex 略歴
1929年ジュネーヴ生まれのスイス人。医学博士。ジュネーヴ、パリ、ダカール、バーゼルで医学を学ぶ。後、セネガル、マリ、ザイール、タンザニアなどアフリカ諸国に勤務、またフランス、スエーデンでも勤務し、寄生体学、マラリア、フィラリア症の問題で、世界保健機関と15年間,共同作業を行う。スイス・バーゼル大学医学部教授に任命。臨床医学,及び熱帯医学専門医。66歳で退職。以後、IPPNWの会員、またNPO「チェルノブイリ/ベラルーシーのこどもたち」(ETB)を仏緑の党創立メンバーで反核の闘士であった夫人のソランジュ・フェルネックスと2001年に創設。また2007年から、ETB、IPPNW, CRIIRAD、仏脱原発ネットワークなどとWHO
独立のためのキャンペーン(Independent WHO)を組織。キャンペーン会員はジュネーヴのWHO本部前で毎日8時から18時までピケを張っている。(過去に、ジャン・ジーグレール、ダニエル・ミッテラン、クリス・バスビー、チェルトコフ、ヴァシーリ・ネステレンコがヴィジーに参加)



欧州放射線リスク委員会(ECRR):原爆放射能で6千万人以上の癌死、10%生命の質低下 by limitlesslife

原爆放射能で6千万人以上の癌死、10%生命の質低下

The ECRR model predicts 61,600,000 deaths from cancer, 1,600,000 infant deaths and 1,900,000 foetal deaths. In addition, 242 ECRR 2010 the ECRR predicts a 10% loss of life quality integrated over all diseases and conditions in those who were exposed over the period of global weapons fallout.

1.ECRR: http://euradcom.org/

2. ECRR 2010 Recommendations of the ECRR pdf (詳細文献pdf無料ダウンロードできます):

http://euradcom.org/2011/ecrr2010.pdf

3.2の要約の日本語訳です。Executive Summary (Japanese translation)

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No99/yamauchi041215b.pdf