Global Ethics


「悪夢が始まる」が現実に 日本は“通り魔テロ”の標的になる by limitlesslife
February 3, 2015, 6:57 pm
Filed under: アベノミス, イスラーム国(ISIS, テロ, テロリズム, 災害(避難、補償、復興、), 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 無人機(錯誤、差別、殺戮、・・・), 環境(劣化、汚染、破壊、・・・), 生物(多様性、絶滅、・・・), 生活保護・保証, 産経新聞(ドン:鹿内信隆:慰安所作り、・・・), 異常気象(温暖化、エルニーニョ、・・・), 真理:平和:非虚偽:非暴力:非人為:非権力, 研究(研修、就職、・・・), 社会保障(切り捨て、負担増、給付減、・・・), 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 経済(不振、不正、崩壊、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 読売新聞(黄泉売り?オマル売り?・・・), 農業・食料・環境, 辺野古, 健康・医療・保険, 医療・介護, 原発訴訟・裁判, 原発事故・責任・補償, 安倍晋三, 安全・安心・安寧(生命・平和vs軍備・戦争), 差別(人種、民族、宗教、。。。), 年金(基金・流用、目減り、・・・), 幸せ・幸福, 心的外傷後ストレス障害(Posttraumatic stress disorder:PTSD)生・死, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 核廃絶, 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 権利(侵害), 歴史

「アベ、おまえの国民を場所を問わずに殺戮する」「日本にとって悪夢が始まる」――。

ナイフをかざしてカメラに向かう覆面男の言葉は、安倍首相への憎悪にあふれていた。後藤さん殺害映像は、日本人に向けた「恐怖の警告」だ。世界中に散らばっている“シンパ”に日本人を狙った無差別テロを呼びかけた、と受け止めるべきである。

「イスラム系テロ組織がこれだけハッキリと日本を名指ししたのは初めてです。日本人はイスラム国への空爆に直接参加する米・英・仏・豪などの国々と同じレベルでテロに狙われる危険度が高まったと覚悟した方がいい」(軍事ジャーナリスト・黒井文太郎氏)

特に危険なのは、海外の日本人だ。海外に進出する日本企業は年々増加の一途。外務省によると、海外在留邦人の数は約118万2000人(11年10月現在)に上る。海外の日本人はこれまで以上に国際テロの脅威から自分の身を守らなければいけない。

■訪日外国人は過去最高1341万人

「イスラム国の“シンパ”の特徴は事前に綿密な計画を立てず、思いつきでテロを実行すること。未然に防ぐのは難しく、アジアのリゾートではしゃいでいる日本人を見かけただけで、通り魔的な犯行に及びかねません。この短絡志向は今回のメッセージを受け、われ先にとテロを起こす危険性と結びつく。イの一番に日本人を襲えば世界中の注目を集めますからね」(黒井文太郎氏)

昨年の訪日外国人客は過去最高の1341万人に達した。不法滞在者もまだ推計10万人近くいる。イスラム国のシンパには西洋系の白人も多いし、中国人までいる。テロリストかどうか、見分けるのは至難のワザだ。

「日本人の中にもイスラム国に感化された人がいないとは断定できない。秋葉原の無差別殺人のように、自殺願望を持つ若者がテロに走る危険性は捨てきれません。ましてや日本のセキュリティー体制は脆弱です。海外では空港の入管に銃の携行者がいるのは当然だし、外国人には新幹線に荷物検査がないなんて信じられないでしょう。観光施設のテロ対策もスキだらけで、国を挙げて“さあ、やってくれ”と言わんばかりの惨状です」(青森中央学院大教授・大泉光一氏=危機管理論)

安倍首相のせいで、もはやテロは対岸の火事ではなくなった。その自覚が日本人に求められている。

_________________
コメント:「国民の生命と財産を守る」事は出来なかった、出来ない、出来ないだろう!!! 原発事故・放射能・大震災・基地・税金・年金・保険・医療・介護・TPP・農業・物価・人権・選挙・歴史・教育・主権・真理・倫理・環境・自然・・・・・等々皆貴重な財産!!!!!
関連記事
Advertisements


関西テレビニュースアンカー 須田慎一郎 日本の研究員たちの裏側 by limitlesslife
April 29, 2014, 1:08 am
Filed under: 研究(研修、就職、・・・)

 永岡です、関西テレビのニュースアンカー、月曜のレギュラーは経済ジャーナリストの須田慎一郎さん、さらに弁護士の橋口玲さんでした。
昨日の鹿児島補選、また世論調査もあり、橋口さん、安倍総理の支持率は下がらず、日米会談、TPPのところでギリギリやったと評価されました。アメリカ側の交渉相手は弁護士で、日本側も弁護士がいると言われました。
そして須田さん、世論調査で、安倍氏、成果・結果を挙げたもので、小泉氏以来6年で誰も結果を出せず、安倍氏は円安・株価を実現しベアも実現したことを国民も評価していると言われました。安倍氏は、結果を出さないとダメであり、そして国民も消費税増税を是認しており、日本の財政危機を知っていると言われました。
そして、鹿児島、沖縄の勝ちは、どちらも自民は不利と言われて自民は勝ち、二者択一で自民か野党かでは、野党は選べない、民主はだらしなく、有権者は自民を選んだと言われました。

そして須田さんのニュースな裏話(ウラバナ)、STAP細胞の問題、今日は研究室・研究員の裏話です。専門家の中では、近年博士の価値が暴落しており、雇用契約もないというのです。
須田さん、研究室、研究員は厚いベールに包まれており、それで世間の関心が向かっているのです。週刊誌は、論文発表後は小保方氏を持ち上げ、そして疑惑発覚後は、もちろんバッシングになります。手のひらを返すとはこのことであり、橋口さん、世間の評価の逆転に疑問を示されました。
で、これについて、何か似ていないかと須田さん言われて、これは芸能人、スポーツ選手のように研究員を取り上げていたと言われて、そして自分とかけ離れた、ベールに包まれた世界だからこうなったと言われました。そして、ベールの向こうに何があるかと言うと、実際は違うのです。
その、大学院を出て、博士号を取得した人Aさん、初年度は年収200万、ひどいと週100時間を働くのです。この方、京都大学の医学部で博士号を取り、助教、ポストドクター、研究者版の非正規雇用になります。教授をトップにした中では、ポストドクターは増えて今や2万人です。
近畿大の榎木さん、研究が数年単位で行われ、その間のみ雇える人が、ポストドクターを、雇用の調性弁にしていると言われるのです。
Aさんは雇用が不安定で、成果を挙げないと解雇され、それを決めるのは教授、助教授も助手も教授に逆らえない、教授にとって都合のいい人が伸びるのです。
またも現役のポストドクターBさんは、雇用契約がないというのです。研究室には、過酷な状況があります。ポストドクター、非正規研究員で、Bさんは、小保方氏を擁護する気はないが、研究成果を求められた犠牲者というのです。Bさんは東京大学で博士号を取得したものの、雇用契約がなく、給料なし。研究室にいて、仲間がいて、実験できるメリットがあると言うのです。
アルバイトをしながら研究をする人、研究を諦める人も多く、研究者は予算の獲得などで追い詰められ、精神を病む人もあるのです。
Bさんは、研究者の初心を忘れずにしがみついているというのです。
須田さん、ポストドクターについて取材して驚かれて、キャスターの岡安さんは厳しい現状と語られました。須田さん、どんな世界にも非正規雇用があると言われました。
研究員は、最初ポストドクターになり、年収200~400万→助教→講師→準教授→教授で、博士課程終了で27~28歳、教授になれるのは一握りで、ポストドクターで20年過ごす人もいるのです。橋口さん、弁護士も新しい人は就職先がないが、それよりひどいと言われました。
須田さん、どうしたら出世できるかは、頭がいいだけ、研究が素晴らしいだけではなく、研究室では出世の条件は、3つあり、(1)運、入った研究室が決定する、(2)相性、教授と出身大学が同じならいい、(3)話題性、よりセンセーショナルなものが好まれるのです。運、コネも出世には必要で、(3)は予算が付きやすいのです。さらに、女性も、目立つので、大したことのないものでも注目されると言われました。
しかし、みんなセンセーショナルなものはもちろんできず、論文が一番早く出ないとダメで、話題性を求めたらダメなのです。
そして、須田さんの、今日の肝は、ポストドクター1人に1億円かかり(育てるのにこれだけ必要)、年間500万円の税金がいり、ポストドクターで9年、理系は文系の倍だからで、これだけのコストをかけているので、成果を挙げないと、税金の無駄遣いになり、地道に成果を挙げるのは苦しく、日本は応用研究が不得手で、地道な研究が評価されないと、日本にとってもしんどいと言われました。以上、須田さんのお話でした。

私も、博士号を取り、企業に何とか就職したのが26年前、当時(91年以前)は大学では、就職は希望する企業に、指導の先生に推薦状を書いてもらったら、1社でほぼ90%決まる(学士、修士ともに)のでしたが、就職氷河期を経て、今研究は大変であり、しかし、若い人に希望を持たせなかったら、この国は滅びます。ご存知のように、今は大学でも4年生なら、100社面接を受けて1社受かるか、それも非正規、なのです。以上、私(永岡)の追記でした。