Global Ethics


辞任ドミノへ…望月環境相&上川法相も規正法違反疑い浮上 by limitlesslife
February 27, 2015, 11:24 pm
Filed under: 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, アメリカ合衆国(米国), オリンピック, カジノ(賭博、破産、破壊、・・・), ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), グローバリゼーション, ストロンチウム, スパイ(偵察、情報収集、・・・), バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, プルサーマル(高浜原発・・・), プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), ヘイトスピーチ(錯誤・差別・殺戮・・・), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), リニアー・モーターカー, CIA:Corruption In America (from comment), Climate change, 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 無人機(錯誤、差別、殺戮、・・・), 特攻(神風特別攻撃隊、殺人、国家、美化、・・・), 犯罪(利己、無智、無恥、・・・), 独裁, 献金(賄賂、買収、, 環境(劣化、汚染、破壊、・・・), 生命か戦争か, 産経新聞(ドン:鹿内信隆:慰安所作り、・・・), 異常気象(温暖化、エルニーニョ、・・・), 社会保障(切り捨て、負担増、給付減、・・・), 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 米兵犯罪(暴行など), 籾井勝人, 経団連:(金儲団体:原発マフィア?), 経済(不振、不正、崩壊、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 金融, 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 金字塔文明, 金権、, 自衛隊(戦争参加、文民統制、・・・), 自民党, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 虚仮・虚偽・虚妄・虚実・夢中夢・浮世, 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 首相不信任, 読売新聞(黄泉売り?オマル売り?・・・), 財閥(戦争、強制労働、解体、復活・・・), 財政(危機、破綻、改革、・・・), 貧困(格差、政策、予算、・・・), 賃金(値上げが先・何処も上げない資本主義・消費の70%), 資本主義(金権主義、金次第、・・・), 軍事(優先), 農業・食料・環境, 辺野古, Global warming, Globalization, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, TPP, 分割し統治せよ(漁夫の利を得よ、眼を逸らさせよ), 利己主義, 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 原発(ゼロ、稼動、・・・), 原子力産業(関係、機関紙、、、), 国家(主義), 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地球温暖化(異常気象、海面上昇、海没島嶼・都市、環境破壊、種絶滅、・・・)、, 地位協定, 基地, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍内閣, 安倍晋三, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 政府(錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮), 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 暴力(無理が通れば道理が引っ込む), 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 東電(東京電力:TEPCO), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 権利(侵害), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 気候変動(異常気象、温暖化、・・・), 沖縄, 一極集中(金字塔、・・・), 三権分立(立法・行政・司法)

 安倍内閣の辞任ドミノが現実味を帯びてきた。今度の疑惑大臣は望月義夫環境相(67)。国の補助金の交付決定通知を受けた企業から1年以内に献金を受け取っていたことが発覚した。辞任した西川公也前農相の問題とほぼ同じ構図で、政治資金規正法違反の疑いが出てきた。

望月環境相が代表の自民党支部は2013年、総合物流会社「鈴与」(静岡市清水区)から140万円の寄付を受けたという。「鈴与」が望月大臣の「自民党静岡県第4選挙区支部」に寄付したのは2013年12月30日。「鈴与」はその4カ月前の13年8月19日に環境省所管の補助金1億7000万円、さらに9カ月前の13年3月15日に国交省所管の補助金4200万円を受け取っていた。寄付した時期が同年12月なので、いずれも補助金の交付決定通知から1年以内の政治献金を禁じる政治資金規正法に違反している。

27日の衆院予算委で、民主党からこの問題を追及された望月環境相は、「国ではなく一般社団法人が決定を行っているので、規正法が規定する補助金には当たらない」と答弁した。違法ではないとしながらも、今月26日に返金したという。西川前農相と同じやり方だ。

■上川法相も同企業から60万円

上川陽子法相(61)にも同じ疑惑が持ち上がっている。望月環境相が寄付を受けたのと同じ鈴与から、上川法相の政党支部が13年3月29日から12月まで計60万円の献金を受けていたという。

上川法相は衆院予算委で、「調査した上で対応し、説明責任を果たしたい」と答えた。

__________________________
コメント:構造的問題があるのではとの追求(維新の党):「金塗れ政権」ではないか?(民主党)―
その答えは:金字塔構造(金・オトモダチ)!?
Advertisements


22日夜、沖縄平和運動センター山城議長釈放 by limitlesslife

知人友人の皆さんへ

                  杉浦公昭

22日夜7時半に沖縄平和運動センターの山城博治議長が釈放され、今朝から元気に座り込み指導に

復帰しましたのでお知らせいたします。内容は正に不当逮捕そのものでした。

平和こそ我が命

2015年02月24日

Posted by kyutono9 at 21:53 │Comments( 0 ) │ 政治問題 │ 米軍基地問題

 

22日夜、沖縄平和運動センター山城議長釈放

          杉浦公昭

22日夜7時半に沖縄平和運動センターの山城博治議長が釈放され、今朝から元気に座り込み指導に復帰しましたのでお知らせいたします。内容は正に不当逮捕そのものでした。

本日の琉球新報から「釈放された山城議長との一問一答」縄タイムスの写真をお届けします。

釈放された沖縄平和運動センターの山城博治議長と記者団との一問一答は次の通り。 ―2人目も釈放されたが、知っている人か。初めてシュワブゲート前に来た人か。
「誰だろうと思った。初めて来て、初めて拘束されてびっくりした。警察署の中でもカーテンで仕切られて、ほとんど顔も会わせることができなかった。米軍の建物の中で一緒になって以来の再会だ」
―不当逮捕と言った理由は。

「認識があれば、ある程度用意もできるが、機動隊とのせめぎ合いが厳しくなった時、これ以上関係が悪化すれば不測の事態がないとも限らないので、一旦下がろうと言っているところを、

後ろから羽交い締めにされて連れて行かれた。

 

基地の侵入というなら分かるが、侵入していない。それをみんな見ているはずだ。黄色いラインから出ようというわけでもなくて、逮捕されて引きずられるのはほとんど理解できない。全くの嫌がらせ逮捕だと思った」
―倒されてどうなったのか。
「いったんどこかに座った気がする。そのあと両脚を引っ張られて、フェンスまで引っ張られた」

―どれくらいの距離か。
「20~30メートルぐらいかな」
―手錠を掛けられた。
「『フェンス沿いに腰を下ろせ』と言われ、立ったまま手錠を掛けられた。脚を引っ張ったのは米軍の警備員で、手錠を掛けたのは迷彩服を着た海兵隊員だった。海兵隊員に建物の中に連れて行かれた」
―警察と地検に何を聞かれたか。どれぐらいの内容を聞かれたか。
「軍の中に呼び出された時には逮捕状も示さない。逮捕状もないから、弁護士呼べとも言えない。向こう(米軍施設内)で『これは一体何の拘束なんだ。不当拘束もいいかげんにしろ』『一体何時間たってるんだ』とずっと言っていた。逮捕とも言わないし、ただの嫌がらせかと思った。機動隊がちょっと拘束することと同じと思って、やがて帰されるだろうと思ってたら、身柄を警察に引き渡すと言われたとき、また外されていた手錠を掛けられて、車に乗せられた。(ゲート前で)赤嶺政賢議員が演説の最中だったから、2時前くらいだったと思うが、その時も逮捕状は示さない。刑特法の何条違反で、身柄を送致されたので、名護署に連れて行くという簡単なコメントがあった。その時も逮捕状はない。名護署にも地検にも、逮捕状を示さないで逮捕はあり得ないと伝えた」
「ここ(名護署)で取り調べられたのは、身上調書、それから事件の調書。午前中と午後の早い時間の取り調べは一切黙秘をした。不当逮捕だから答えられないと言った。その後、弁護士接見があって住所氏名くらは言った方がいい、と言われたので住所氏名を言った。また、自分の言いたいことは言った方がいいという弁護士のアドバイスがあったので、私はみんなを下げるために中の方にいたのに、回り込んで皆さん下がろうと言ったまでだ。その際に後ろから襲い掛かってきた軍の警備員との押し合いの際に脚を引っ張られて、引きずられるように基地の中に連れて行かれた。これが真実だと言った。それ以上のことは分からないと警察には伝えた。地検の方でも同じことを伝えた」
「特に地検が問題にしたのは、軍側が刑特法違反だと伝えたので、私たちがどこに立っていたのか、黄色いラインだったのか、それが内側だったのか、それを盛んに強調していた。私が伝えたのは、機動隊と最初、仲間が押された時に激しく抗議した、その際確かに抗議の際に、1歩ほど、半歩ほど中に入ったのは事実だと伝えた。しかし2回目は道路側の内側には立っていない。直接の容疑になった際には中には入っていないと伝えた。警察に確認をして一応の取り調べを終えたところだ。とにかくラインの内側だったか外側だったかを気にしていた感じだ。運動としてラインのことは気を付けますかと聞かれたので、ラインのことは気を付けますと答えた」
―県民集会の日に拘束されたことについて。
「嫌がらせだと思う。

軍の海兵隊や軍警が出たのは初めて。きょうは県民大会だから警備がやたら厳しいとしか思わなかった。もしも県民が怒って基地の中に乱入するのを止めるためにいるんだろうな、としか思えない。まさか引っ張るとは夢にも思わなかった。結果としては、憤る県民の怒りに恐れをなして、もう先制攻撃で、黙らせるようにという行動だったと思うけれど、それはそういかない。ますます怒りに火を付ける。何にもしてないのに襲い掛かるなんて、あり得ない。軍側がやっぱりよっぽど恐れているとしか思えない。そういう思いがあらためて強くなった」
―引きずられた時にけがは。
「頭だけ気を付けた。ガリガリ引っ張られるので、頭だけ押さえていた」
―手錠をされた場所はどこか。
「基地に向かって左側のフェンス。連れて行かれました」
―プラスチックの手錠か。
「金属製の手錠だ」
―地検が勾留請求をしない理由について、何か言っていたか。
「勾留する必要がないからだ。

書面に勾留する理由がない 釈放と書かれていた。私と彼は一緒にいたんですよ。拘束された後もずっと私が、何をするにも先に行動していた。彼も別々に連れて行かれた。別での聴取もあったようだ。彼の取り調べが終わるまで、ずっと部屋にいた。大変なことがあったと思う」
―あらためて今後の運動の展開の仕方は。
「米軍がしゃかりきになってることがよく分かった。つまり私たちの抗議が効いているということだ。第3ゲートでのフェンスの囲い込みから始まり、米兵らが出てくるのは今までにない。よっぽど警戒しないと、いつテントに襲いかかるか分からない。昨日捕まった時に、もしかしたら私がいないうちに襲い掛かるのではと気掛かりだった。運動はさらに警戒が必要だ。用意周到に、彼らに付け込まれない運動が必要だと思う。合法的にかつラジカルにしっかり声を上げて運動していきたい」

Attachments area

Preview attachment 22日、狙い撃ち不当拘束.jpg

22日、狙い撃ち不当拘束.jpg

 



歴史上愚の骨頂:戦争(我利我利亡者の盲目・盲進・盲動・盲落・盲名・・・) by limitlesslife
OpEdNews Op Eds 2/25/2014 at 20:07:35

The Stupidest Idea in the History of the World

By  (about the author)     Permalink      (Page 1 of 2 pages)
Related Topic(s): ,Add Tags Add to My Group(s)

  Headlined to H4 2/25/14
Become a Fan
(110 fans)

opednews.com

This article is really better as a video.

If you search on the internet for “the stupidest idea in the history of the world” you’ll come away thinking that maybe a top contestant is the invention of Youtube. Who knew so many idiots could do so much damage to themselves with so many motorbikes and diving boards and flame throwers?

If you survey the span of human history a little more seriously, some big ideas jump out, beginning with the creation of history itself. Maybe if we’d stayed unhistoric, hunted, gathered, and existed eternally as part of nature we wouldn’t have gotten into such a mess. But that’s too easy an answer, and way too much for people who ride surf boards off their roofs — and film it — to think about.

Other ideas are in the running, I think, from industrial farming, to religion, to racism, to fossil fuels, to science at any cost, to the creation of the United States Senate.  And yet, one idea stands out for its wild improbability, creativity, long-lasting destruction on an enormous scale, and insidious ability to turn even people who don’t own video cameras and catapults into champion unwitting masochists.

The idea I’m talking about, and my nominee for Stupidest Idea in the History of the World, is the idea that any ordinary person should ever support a war.

While it’s undoubtedly true that the war propagandist is the world’s second-oldest, and least respectable, profession, he or she is a product of history who wasn’t needed in prehistoric times.  Nobody needed to be sold on the idea of hunters fighting off lions and bears.  It’s when they ran out of lions and bears and decided to keep their jobs by starting fights with other tribes of humans that persuasion became necessary.

Why in the world would people want to support fighting and killing other people and having those other people fight and kill you?  What’s to be gained? A thrill?  If you want a serious and useful and communal thrill these days you can do nonviolent resistance to fascist governments. Or you can join a fire department. If you want a useless and pointless thrill, you can jump off a 100-foot bridge with a 100-foot (but all too stretchable) bungee cord and a video camera. Back then, you could go hunting or exploring, or try to discover gravity or surgery.  Never was the only thrill available war.

And yet, down through the ages, war has popped up again and again, here and there, around the globe.  And where it takes hold in a culture it carries with it the false belief that it’s always around in every culture.  Thus people manage to find that they support the stupidest idea ever for the stupidest reason ever, because supposedly they have no choice.  Yet, choosing to support war because you have no choice in the matter remains a feat which people with developed brains find challenging.


warisacrime.org
(image by http://warisacrime.org)

The stupidest idea ever is a marvel of simplicity, and in its simplicity answers every challenge.  Why should people of tribe A be willing to go to war with the people of tribe B just because the tribe A chiefs want to steal some stuff from tribe B? The answer is easy if you’re a certified idiot who juggles flaming torches on Youtube: Anyone in tribe A who opposes waging war on tribe B is, by magical definition, in favor of tribe B winning a war against tribe A.  Or, as modern sophisticates like to put it: Either you’re with us or you’re with the terrorists.

OK, so that’s a nifty trick, but the stupidest idea ever must be more comprehensive. It must surprise us in its ability to destroy in new areas, to pass unseen behind the backs of its moronic supporters, and to gain partial support from the partially informed, limiting its actual opponents to the barest minority of freaks and misfits.  I offer for your consideration, once again, the idea of supporting war.

Observe: the nations that wage the most war claim that they are under attack for no good reason and are forced to wage war to defend themselves, even as their wars make them more and more hated and less and less safe.  While the nations that wage the least war have the fewest enemies threatening them in the world.  But people who’ve begun supporting war will readily believe that sending killer robot planes over the homes of poor people thousands of miles away is defensive, and that when it creates hatred and hostility the answer must be yet more weapons.

In fact, the same people support manufacturing tons of weapons and selling them to other countries against whom theirs will later fight wars, and they support this as a jobs program even though it actually sucks jobs out of their society rather than creating them.  That is to say, war-related jobs cost more per job than do jobs created by spending on just about anything else, even tax cuts.  So, people support weapons-making because they have been misled into supporting war, and they support war because they have been misled into supporting the weapons industries, and then they just support both out of sheer stupid habit — which is, of course, the single most powerful force in the universe.

But the stupidity of war doesn’t end there.  People who support wars can be brought to believe that wars are good for their victims.  They think of each war as building better nations where it’s fought, even though that’s never actually happened.  They talk of humanitarian wars even though humanity suffers.  They imagine war is a solution to genocide, even though war kills more people and those people are just as disproportionately helpless innocents from one group in a war as in a genocide.

A recent U.S.-led war on Iraq destroyed that nation and killed some million people there, leaving behind chaos, violence, and environmental ruin; and war supporters think of Iraq as having benefitted.  Someone explain to me how that’s not stupider than cleaning your loaded gun on Youtube or praying for god to make the other football team lose.  And it gets even stupider when you hear how Iraqis supposedly benefitted. They benefitted by being given freedom, because wars bring freedom, even though — during the course of any war its supporters end up with fewer and fewer actual rights, due to restrictions justified by the war, even thought the war is justified by the cry of “freedom!”

How stupid can you get? War gets even stupider.  It is the leading destroyer of the natural environment, but environmental groups will hardly touch it because they wouldn’t want their concern for the earth to interfere with their blind stupid loyalty to a tribe.  And human rights groups and civil liberties groups are the same way.  They want to have war without murder, torture, rape, or imprisonment — but opposing war would be unacceptable.  Never mind that the atrocities increase in direct proportion to the war spending, they want to oppose only the atrocities.  The war spending that generates the wars is viewed almost universally as an insurance against wars.

In the U.S. there are those who will object to murdering a U.S. citizen with a missile from a drone — and some will object even if the president does have a secret memo he won’t show us but which he claims re-writes the law and makes murder legal.  Some will even object to murdering non-U.S. citizens with drones if they’re civilians.  Some even extend their concern to militants suspected of fighting on the side in some local war opposed by the far-off and unthreatened United States.  And some, the true radicals, will object to all killing of human beings outside of a proper war zone.

But try pointing out to them that murdering people remains cruel and evil, immoral, impractical and counter-productive, and in violation of laws like the U.N. Charter and the Kellogg-Briand Pact regardless of where you declare there to be a “war zone,” and you’ll run head-first into the brick wall of the Stupidest Idea in the History of the World.

That’s a powerful force to challenge, but it can be challenged, and it can be brought down, brick by brick.

You can get involved at WarIsACrime.org

http://davidswanson.org

David Swanson is the author of “When the World Outlawed War,” “War Is A Lie” and “Daybreak: Undoing the Imperial Presidency and Forming a More Perfect Union.” He blogs at http://davidswanson.org and http://warisacrime.org and works for the online (more…)


by limitlesslife

日刊ゲンダイ 沖縄 米兵レイプ事件 田母神元幕僚長ツイッター炎上

 永岡です、日刊ゲンダイに、「かの」田母神氏が沖縄での暴行被害者をセカンドレイプしており、問題になっています。
 被害者のほうに非があるかのようなことを書いており、しかも事実誤認…こういう人が自衛隊のトップであったのです。しかし、田母神氏、人気で?講演会を年に100回もやり、それで稼いでいるそうです。
 こんな人物を輩出した自衛隊、即刻解体ものです。日本なら、災害救助部隊にしたらいい。地震や自然災害の脅威は、日本では戦争の比ではないですから…


by limitlesslife

 

知人友人の皆さんへ
          杉浦公昭

10・23オスプレイ配備撤回を求める中央集会に参加して

2012年10月24日

Posted by kyutono9 at 17:49 │Comments( 0 ) │TrackBack( 0 ) │米軍基地問題
                                    杉浦公昭

 昨23日、午後6時半から東京・日比谷野外音楽堂で「オスプレイ配備撤回を求める中央集会」に参加しました。


 これに先立つ午後5時半から旧職場時代の友達に誘われて夕食を取りながら、友達が頼られているKさんの沖縄での安宿探しの相談に乗りました。
本質は生活が苦しくて身の処し方に困っている中身でした。
長年この国で働いて来て高齢になって雨露しのぐ所もなく路頭に迷う人々が多い現実を何とかしなければと思いました。

 午後6時半小雨降る会場にたどり

着くと、丁度始まる所でした。
会場一杯満たした2000人以上の人々の色とりどりの傘の間から各団体の幟が立ち、手に持つ「オスプレイへのレッドカード」や「飛ばすなオスプレイ」のプラカードや「米軍基地も安保条約もいらない」という横断幕も見え、まるで花園に来たように感じました。

 

   (写真は、しんぶん赤旗より、 オスプレイ配備撤回を求める中央集会

                 に参加した人たち=23日、東京・日比  

                 谷野外音楽堂)。


 主催者挨拶で、全労連の大黒作治議長は「米軍は今すぐアメリカへ帰れ、の怒りの声を日米両政府にぶつけましょう」と呼びかけました。


 沖縄県民大会実行委員会事務局長の玉城義和県議は「県民は日米安保条約が命や安全を脅かしていることを肌で感じている。連帯を強めて大きな平和運動をつくりあげていきましょう」と訴えました。


 挨拶に立った日本共産党の志位和夫委員長は、沖縄で起きた米兵による女性暴行事件に強く抗議しました。
 そして「国民の命を危険にさらすオスプレイ配備という暴挙を、沖縄と本土の連帯によって撤回させよう。
日米両国政府は、オスプレイ配備は「日米安保条約上の権利」だといっている。それならば、日米安保条約をなくそう」と呼びかけました。 駆けつけ参加した赤嶺政賢も紹介されました。


 埼玉県熊谷市参加した女性(68才)は「オスプレイが押し付けられるのも、米兵が婦女暴行事件などを起こすのも、米軍基地があるのも、大もとに安保条約があるからです。沖縄と本土が連帯して安保廃棄の運動を強めなければなりません」と話しました。

 集会では、東京、神奈川、自治労連の代表が、地域から運動をすすめる決意を表明しました。また、米軍機の低空飛行訓練被害に苦しむ高知県本山町の今西芳彦町長のメッセージなどが紹介されました。


 午後7時45分から小雨降る中、「オスブレイ配備撤回!普天間基地は直ちに撤去せよ!基地のない平和な日本をつくろう!沖縄と連帯して安保条約を廃棄させよう!」などとシュプレヒコールを叫びながら国会までデモ行進し、その後、流れ解散しました。

 埼玉県川越市の自宅に帰宅できたのは午後10時でした。喜寿の体はやや疲れ気味、早く床に就きました。

 



by limitlesslife
知人友人の皆さんへ
         杉浦公昭

米軍の婦女子暴行に思う。安保を廃棄して真の独立を!

2012年10月17日

 
米軍の婦女子暴行に思う。安保を廃棄して真の独立を!                                                     杉浦公昭

また沖縄で女性が米兵二人によって性的暴行を受けました。全く許せません。怒り心頭に発しました。

 日米両政府は、こうした少女や成人女性に対する暴行事件が起こるたびに「綱紀粛正」を約束しながら、同じことが繰り返されています。
それは、今回の沖縄へのオスプレイ配備にたいしてオール沖縄が拒否しても強引に押し付け、その際の日米合意で「市街地や学校、病院の上空を飛ばない」と約束しながら、全く守られないのと同様です。

こうした理不尽なことが繰り返される原因は何処にあるのでしょうか?

それは、まず、日本国土の0.6%に過ぎない沖縄に在日米軍基地が74%も集中してる事。
今一つは外国で人殺しを任務とした米兵が帰還してくる事。に起因していると考えられます。

人を殺すには、相手を人間と思っていては、別な言い方をすれば、相手の人間性を無視しなければ殺せないそうです。
米政府によって人殺しの道具に変えられた米兵が、人殺しをしたベトナムやイラクやアフガニスタンから沖縄へ(本土にも)帰還してくるのです。

婦女子暴行ばかりでなく、強盗、窃盗、最悪には人殺しも起こるのは、そのためと考えられます。

 今回のような事態が起こることは、米議会調査局でさえ、今年8月に出した報告書で警告していました。即ち「中東の紛争に派遣されていた部隊が沖縄に戻り活動が増えることで犯罪や事故が増大する危険がある」と指摘していました。

根本原因は、人殺しのための基地を認めている日米安保条約にあり、それを推し進めている死の商人(もうけの為には人を殺しても構わないという)にこそあると考えます。

それを承知の日米政府は、守る意思のない「綱紀粛正」や日米合意で、国民を騙しなだめ様としているにすぎません。

 

今や、沖縄の人々は騙されません。本土に住む私たちこそ日米安保条約が私たちの生命財産を守るどころか危険に陥れるものであることを深く学び、沖縄と連帯して米軍基地を撤去し、日本の真の独立のために日米安保条約を日米友好条約に変える必要があると考えます。



by limitlesslife
知人友人の皆さんへ
         杉浦公昭

10・23オスプレイ配備撤回中央集会へ参加しよう!

2012年10月19日

Posted by kyutono9 at 15:58 │Comments( 0 ) │TrackBack( 0 ) │米軍基地問題
                                 杉浦公昭

米海兵隊の新型輸送機オスプレイが沖縄の普天間基地に押し付け配備され、無法な飛行を始めた瞬間、その米海兵隊員が集団婦女子暴行事件を起こし、沖縄ばかりでなく日本中が怒りの渦の中にあります。

そのような情勢のなか、東京・日比谷野外音楽堂で23日、全労連や安保破棄中央実行委員会などの呼びかけで「オスプレイ配備撤回」(と「婦女子暴行糾弾」・・・杉浦が緊急に加えた)を掲げた10・23中央集会」が開かれます。前後して全国各地でも集会などが予定されています。

中央集会は沖縄をはじめ各地で大きく広がり始めているオスプレイの配備強行(と「婦女子暴行」)に強く抗議し、配備撤回(と地位協定の抜本的改善)を求める行動を結集する場として、きわめて重要です。

全国各地が連帯して、大きく成功させることが求められます。集会終了後国会請願デモもあります。