Global Ethics


進む野党候補一本化…自民党が落選危機に陥る「59選挙区」 by limitlesslife
December 1, 2014, 8:58 pm
Filed under: アベノミス, エネルギー, オスプレイ, コミュニケーション, コミュニテイ〔共同体、地域力、・・・), ジャーナリズム, スピリチュアリティ, ナショナリズム(ウルトラ・愚か・短気=損気・・・), ナチズム, バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, ファシズム, プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), マスコミ(第四権力), リニアー(新幹線、・・・), 災害(避難、補償、復興、), 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 無知・無駄・無理, 特区(国家戦略ー、・・・), 献金(買収、収賄、・・・?), 生物(多様性、絶滅、・・・), 生産・消費・廃棄, 真理:平和:非虚偽:非暴力:非人為:非権力, 社会保障(切り捨て、負担増、給付減、・・・), 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(不振、不正、崩壊、・・・), 維持可能な発展, 総選挙, 脱(成長・汚染・差別・搾取・破壊・殺戮・原発・暖化・絶滅・・・), 金融, 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 金権、, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 領土問題, 首相不信任, 財政(危機、破綻、改革、・・・), 賃金(値上げが先・何処も上げない資本主義・消費の70%), 資本主義(金権主義、金次第、・・・), 軍事力(協定、支配、金字塔、1%、・・・), NHK(日本放送協会), nuclear disaster, nuclear radiation, TPP(自由貿易?), 倫理(責任、・・・), 全体観・システム観・倫理実践, 内閣法制局 (長官, 利己主義, 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 原発(ゼロ、稼動、・・・), 原発廃止, 原発事故・責任・補償, 原子力規制, 吉田調書(フクシマ原発事故調書:政府秘匿:朝日スクープ、・・・), 命(対金), 国家安全保障会議, 国家戦略特区, 大絶滅, 安倍晋三, 安保法制懇, 小選挙区制度の問題, 小児化(大人子供、小見、短見、・・), 川内原発(審査、再稼動、安全、避難、・・・), 差別(人種、民族、宗教、。。。), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 我(利、利己、我利我利亡者、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 拉致(誘拐、・・・), 放射線汚染・被曝, 政治屋(商売、・・・), 教科書問題, 日米, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日露, 日韓, 日中, 朝鮮(南・北), 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 朝日新聞, 東電(東京電力:TEPCO), 枠組転換(金字塔から命帝網へ、・・・), 核廃絶, 格差(拡大・是正), 権利(侵害), 権力, 死の商人, 三権分立(立法・行政・司法), 三毒(貪欲・怒り・無智:貪瞋痴), 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 使用済み核燃料(処分場、・・・), 信>食>兵

 2日の衆院選公示を前に、安倍周辺からは「風は吹いていない。投票率は低く、自民党は現有議席を維持する」などと調子のいい話が聞こえてくる。だが、野党の選挙区調整は予想以上に進んでいる。ほぼ全選挙区に候補者を立てる共産と安倍政権に近い次世代を除く野党(野党系無所属を含む)で候補者が一本化できた選挙区は、実に180にものぼるのだ(11月30日現在)。

野党候補が乱立した前回2012年選挙では、この180選挙区で与党が149勝し、野党はわずか31勝にとどまった。しかし、今回はこの180選挙区で野党が候補者を一本化。そこで前回の野党票(共産党除く)を単純合算すると、その勝敗はガラリと変わった。与党は90勝まで減らし、野党は90勝に並ぶ。なんと59もの選挙区で野党が与党を逆転するのである。

別表は、その与野党の勝敗が逆転する59選挙区だ。現職農相の西川公也を筆頭に、船田元、松島みどり、塩谷立、村上誠一郎ら閣僚経験者もズラリと並ぶ。この59選挙区の与党のメンメンは、野党の候補者一本化が実現した今回、落選しても不思議じゃないのである。



by limitlesslife

ABCキャスト デンマーク 自然エネルギー大国への挑戦

 永岡です、朝日放送のニュース、キャスト、先週のフィンランドのオンカロ特集に続いて、今回は正反対の、自然エネルギー大国、デンマークのことが取り上げられました。
 デンマークは自然エネルギーを推進して、今や割合が50%に達し、そして2050年には化石エネルギー全廃(!)まで射程圏内にあるのです。もちろん、原発などひとつもありません。
 一般家庭にMY風車があり、クラウスさんという方は、1983年に風車を導入、国の補助+地元の銀行の融資でつくり、風車は今や2代目、年間560万円の電気の売り上げがあるのです。
 こういう自然エネルギーは徹底しており、MY風車や、企業の風車、さらに一般市民が組合を作り、風車を運営して、成功しているのです。
 このデンマークでも、1973年のオイルショックの際に、原発導入の話もあったのです。しかし、スリーマイル事故で断念、1985年には国として原発を持たないことを決めました。昔、原発の建設を予定していた土地は、巨大な風力発電所になっているのです。
 さらに、風力だけでなく、波力発電も行われています。
 デンマークで、発送電の分離、独占なしをして、自由化で成果を挙げているのです。
 デンマークの環境大臣は、政権が変わってもエネルギー政策はぶれない、そして、他の国でデンマークを真似られるかとしたら、答えはYESとの事でした。
 いや、同じ北欧でも、フィンランドと全く異なる世界です。ゲストの、元尼崎市長の白井文さん、これを東日本大震災の被災地のモデルケースに出来ないかと指摘がありました。
 このところ、関西のテレビ、なかなかやってくれます、これをお知らせいたしました。


維持可能な発展に新しい指標を by limitlesslife
February 11, 2012, 8:22 am
Filed under: 維持可能な発展 | Tags:

(本文最後に国連のRio+20関係の文書があります。)

Call for new indicators of sustainable development

T.V. Padma

9 February 2012 | EN

Men working on a water pipeline in HondurasDevelopment indicators, such as access to water, are biased against developing countries, experts sayFlickr/Water Sanitation and Hygiene Photos

[NEW DELHI] The world must develop different indicators on sustainable development that are not biased against developing countries, a major conference has heard.

Bharrat Jagdeo, former president of Guyana, said current assessments and rankings use indicators such as access to potable water and sanitation, or malaria levels, which automatically rank developed countries higher.

He was speaking at the 12th Delhi Sustainable Development Summit in India last week (2–4 February), organised by The Energy Resources Institute (TERI).

The conference was attended by UN officials, former and current heads of state, ministers, government officials and representatives from the private sector, and comes in the run-up to the major UN Conference on Sustainable Development (Rio+20) this June.

Last year, at regional workshops organised in preparation for the Rio+20 summit, scientific communities from Asia and the Pacific, and Latin America and the Caribbean suggested a new development index should take into account environmental, social and economic indicators.

These workshops’ synthesis report, published by the International Council for Science and UNESCO (UN Educational, Scientific and Cultural Organization) last month (27 January), called on Rio+20 to construct an “appropriate sustainable development index that will become the true measure of development” as “a matter of high priority”.

Meanwhile, the UN Secretary-General’s High-level Panel on Global Sustainability also called for a new global sustainable development outlookthat “would assess the state of key economic, social and environmental indicators and their interlinkages, making use of cutting-edge knowledge across all relevant sectors, in close cooperation with the global scientific community”, in their report, published last month (30 January).

And the draft Rio+20 outcome document also supports creating a set of indicators to measure progress in sustainable development.

Now, politicians and ministers attending last week’s New Delhi conference have started to map out how new indicators might work.

Ashok Khosla, founder and chairman of Development Alternatives, a New Delhi-based non-governmental organisation, told SciDev.Net that new indicators should be based on scientific evidence and should consider both global and local interests.

They should also include social objectives, ecosystems health and conservation issues, as well as peoples’ well-being, he said.

“What you cannot measure, you cannot manage,” he added.

Speakers also called for better-harmonised development indicators across countries. For example, key indicators, such as biodiversity loss, may be measured differently in different countries, meaning results are not comparable internationally, said Timothy Gregorie, professor of forestmanagement at Yale University, United States.

Link to synthesis report from the ICSU-UNESCO Rio+20 Regional Science and Technology workshops  [515kB]

Link to full report by the UN Secretary-General’s High-level Panel on Global Sustainability  [922kB]

Link to draft Rio+20 outcome document  [89kB]