Global Ethics


毎日放送VOICEちちんぷいぷい 大阪府警機動隊員のヘイト差別発言問題 by limitlesslife
October 22, 2016, 10:06 pm
Filed under: 維新の党, 基地, 安倍内閣, 沖縄

 永岡です、過日の沖縄での、大阪府警の機動隊員の差別ヘイト発言について、一昨日の毎日放送ちちんぷいぷいで取り上げられ、デイリーモーションで取り上げられています。

http://www.dailymotion.com/video/x4yh8xu_%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%E8%AD%A6%E3%81%AE%E6%A9%9F%E5%8B%95%E9%9A%8A%E5%93%A1-%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%81%A7%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%99%BA%E8%A8%8020161020%EF%BD%8D%EF%BD%82%EF%BD%93%E6%AF%8E%E6%97%A5%E6%94%BE%E9%80%81-%E3%81%A1%E3%81%A1%E3%82%93%E3%81%B7%E3%81%84%E3%81%B7%E3%81%84_news

 言われた目取真さんのコメントもあり、ここでは番組同様「土人」について取り上げられて、その土地に住む人の意味であり、土着などの意味があるものの、いうまでもなく差別用語であり、ピーコさんもひどいと批判されて、司会のヤマヒロさん(山本浩之さん)もアイヌの方への差別としてと指摘されて、もちろん沖縄への差別、住民自決の差別用語であり、ピーコさん、今でもヤマトンチュ、ウチナンチュと沖縄では呼び、沖縄を侮蔑することになると言われて、ヤマヒロさん、一機動隊員の失言ではなく、彼らが日常的に使っていると指摘されて、これは高江で、ヘリパッド建設強行の場所であり、米軍が一部使用してオスプレイも運用されていると指摘されて、石田英司さん、住民は追い出される危惧があり、本土ではあまり報じられないが、民主党政権時から住民が反対していると指摘されて、土人、シナ人と差別用語の連発であり、ヘリパッドには東京、大阪から数百人動員されて、沖縄では過剰と批判されて、差別ヘイトをしたのは二人とも大阪から来たものであり、スタジオでも組織の中でこういう差別ヘイト用語が使われていたと指摘されて、そして維新の松井知事の機動隊員擁護発言で、機動隊員は一生懸命と言い、弁護士の森直也さん、どういう感覚かと言われて、このような首長だと、大阪府警の体質は治らないと指摘されて、石田さん、本土と沖縄の温度差は激しく、高江ヘリパッド問題は本土では報じられず、極右化の中で沖縄で自民党は負け続けており、石田さんは、維新は自民の補完勢力と言われて、ピーコさん、永六輔さんに連れられて、沖縄から東京が見えるが、沖縄から東京は見えないと言われて、桂南光さん、機動隊員の言葉より、松井氏の暴言が問題、世界にわかるツイッターでやったのは問題、南光さん、大阪の人間はみんなこんな人間ではない、沖縄の皆さんに申し訳ないと言われて、石田さん、松井氏は沖縄問題を認識していないと言われて、ヤマヒロさん、表現の問題ではなく、知事としての責任がないと批判されて、しかし松井氏はこの日、開き直り&ブチ切れの会見をしており、石田さんも南光さんも全く分かっていない、石田さん、何十年も前から起こっている反対運動であり、南光さんは大阪の人間として松井氏は情けないと言われて、ヤマヒロさん、沖縄大臣は鶴保氏で、沖縄に上から目線であり、聞くに堪えないことを言い、これはつながっていると言われて、石田さん、本土のメディアも高江ヘリパッド問題を大きく取り上げなかったのは問題、自分たちの土地を取られる住民の気持ちになれと言われて、ヤマヒロさんはウチナンチュの皆さんの気持ちになれと言われて、石田さん、自分たちの村を奪われる住民の気持ちになれと締めくくられました。

 

 これについて、自由なラジオの司会でジャーナリストの今西憲之さんが、ブログで大阪府警の差別体質について語られています。

http://www.imanishinoriyuki.jp/archives/49832167.html

 このように、大阪府警は日常から差別用語を、それもネットではなく実際に口にしており、今西さんは東大阪冤罪事件でも、大阪府警を国営暴力団と糾弾されていますが、関西だと、読売テレビのそこまで言って委員会のように、ヘイト言説を、それも地上波で流すものがあり、琉球新報では、ジャーナリストの安田浩一さんが指摘されています。このような、前近代的の組織だと、差別用語が飛び交うのは私もサラリーマン時代に体験しており、おそらく、大阪府警は戦前の軍隊に近い組織だと思います。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-379170.html

 以上、ちちんぷいぷいの内容他でした。



野党共闘は国民がリード 民維新党の名称「公募すべき」の声 by limitlesslife

2016年2月26日

「民主」ありか、なしか(C)日刊ゲンダイ
「民主」ありか、なしか(C)日刊ゲンダイ

 民主党と維新の党の合流は26日の党首会談で正式合意したが、早くも大モメなのが「新党」の名前だ。

民主党内では略称「民主」へのこだわりが強く、「立憲民主党」「民主党立憲同盟」「日本民主党」「新民主党」などが候補に挙がる。維新の多くはまったく新しい名前を主張し、「国民党」「憲政党」などが出ているという。

党名に「民主」を残すと清新イメージにならないが、「民主」をなくすと参院選で「民主」と書かれた票が他党や無効票になってしまうという議論もある。党名をめぐってこの先、せめぎ合いはますますエスカレートしそうで、ゴタゴタが続けば国民は呆れ、与党の「野合」批判を利するだけだ。

「党名は国民から広く公募すべきです」

政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう言って続ける。

「今回の新党は70年安保以来、初めて国民が『安保法制反対』で大きなうねりを起こし、国会の外側で野党を動かした結果といっていい。国民がリードして野党共闘が進んだのだから、新党の名前を国民が付けることに大義がある。民主・維新両党の解党ではないので、与党は『吸収合併で新党ではない』などと攻撃し続けるでしょうし、『民主』を残すかどうかはマスコミの格好の餌食です。それを避けるためにも、党名を国民に付けてもらったらいい」

 過去に党名を公募したケースはある。「日本新党」だ。1992年の発足時、全国から寄せられた約600の候補名を参考に党名を決定した。その日本新党は、結党直後に大ブームを巻き起こし、政権を奪取している。

樋口陽一氏と小林節氏の憲法学者2人が中心になって立ち上げた「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」は25日、2度目の会合を開いたが、民維新党や野党5党の選挙協力について、「これまでのさまざまな市民運動が後押しした」と歓迎する声が上がっていた。

ただし、「数合わせだけではワクワク感がない」とも。党名を公募すれば、国民を巻き込んだムーブメントになるんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事

  • 7.10衆参W選が急浮上…安倍首相が狙う「民維新党」潰し

    7.10衆参W選が急浮上…安倍首相が狙う「民維新党」潰し

  • 換金できる3月優待銘柄 利回りでは「ワタミ」がダントツ

    換金できる3月優待銘柄 利回りでは「ワタミ」がダントツ

  • マイナス金利余波 すでに始まっているATM手数料の拡大

    プロが見る 経済ニュースの核心マイナス金利余波 すでに始まっているATM手数料の拡大

  • 野党5党首の協力を無視する大手メディア

    日本外交と政治の正体野党5党首の協力を無視する大手メディア

  • 金曜に買って月曜に売る 勝率71%で儲ける波乱相場“必勝法”

    金曜に買って月曜に売る 勝率71%で儲ける波乱相場“必勝法”

  • <第2回>「なんでもワガママが通る。要はお金を払っているからなんですけど」

    スクープ咆哮記「ホスト地獄」編<第2回>「なんでもワガママが通る。要はお金を払っているか…

編集部オススメ

  1. 1

    田代まさしが激白 清原逮捕時「ストロー発見」の意味とは

  2. 2

    「今が円熟の域」と評判 タモリのブレない“仕事術”とは?

  3. 3

    広島ファンも注目 マエケンの譲渡金「24億円」の使い道

  4. 4

    レイプ被害、風俗勤務…今井メロが本音で語った“壮絶人生”

  5. 5

    清原容疑者との関係は…噂の“シャブばばあ”がついに語った



民・維合流へ 「反安倍」超える価値を by limitlesslife
February 25, 2016, 2:30 pm
Filed under: 維新の党, 民主党
  • 民・維合流へ 「反安倍」超える価値を
     夏の参院選をにらみ、足踏みしていた野党側の態勢づくりに動きが出てきた。…

  • 原発の延命 電力会社次第なのか
     運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(福井県)について…[続きを読む]

・最新の社説は朝刊休刊日を除き午前5時半ごろ更新します。(編集の都合などで遅れる場合があります)

社説

2016年2月25日(木)付

 夏の参院選をにらみ、足踏みしていた野党側の態勢づくりに動きが出てきた。

民主、維新の両党が、3月中に合流することで大筋合意した。また、共産党は参院選での野党候補一本化に向け、改選数1の選挙区で独自候補を取り下げる方針を決めた。

自民、公明の与党に対抗し、安倍政権への批判票の受け皿になるのが狙いだ。

民主と維新の合流は、対等合併か吸収合併かといった手続きをめぐる対立が解けず、一時は参院選後に先送りされる観測も出ていた。ただ、そうなっては野党共闘は核がないまま失速するのは明らかだった。

民主・岡田、維新・松野の両代表にしてみれば、党名変更や民主への事実上の吸収合併の受け入れは、自公を利するのを避けるためのぎりぎりの決断だったのだろう。

民主、維新の合流と共産党の新たな方針で、野党共闘には弾みがつくかもしれない。だが、その道のりがなお険しいのは間違いない。

民、維、共に生活、社民を加えた5党は、安保関連法の廃止と集団的自衛権の行使を認めた閣議決定の撤回、そして安倍政権の打倒を掲げて国会や国政選挙での協力を約束している。

憲法がうたう平和主義や表現の自由などをめぐる安倍政権の危うい姿勢。これに対する反発が、基本政策が異なる5党を結びつけたといっていい。「立憲主義を守れ」という有権者の期待に応える道である。

ただし、衆院で100人近い勢力となる民・維の「新党」は、「反安倍」の一点にとどまっているわけにはいかない。

民主党には異論があるだろうが、安倍首相は政権に返り咲いてから、経済再生の取り組みに一定の評価を得てきた。また、安保関連法成立後は、「同一労働同一賃金」など民主党のお株を奪うような政策を打ち出している。

少子高齢化や財政難といった厳しい条件を考えると、取りうる政策の幅はそう広くない。そのなかで、安倍政権への政策的な対立軸を打ち出すのは容易ではない。

それでも、これからの日本がめざすべき社会の姿や共有すべき価値観は何なのか。はっきりと国民に示せなければ、政権交代の選択肢にはなり得ない。

岡田代表が先の党大会で強調した「多様な価値観」や「共生」が、キーワードになるのだろう。具体的な理念や政策のなかで、これをどれだけ説得力を持って語れるかが問われる。



朝日放送おはようコール 二木啓考が大阪の維新と公明のややこしい関係と埼玉女児虐待事件を語る by limitlesslife
January 14, 2016, 10:59 pm
Filed under: 維新の党, 公明党
 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝はジャーナリストの二木啓
考さんのお話でした。

今朝の朝刊一面トップは、朝日が厚生年金調査漏れ、読売は杭打ちデータ偽装、毎日は阪神・淡路大震
災21年+春団治さんの訃報、産経は大阪でのヘイトスピーチ条例です。

公明党の大阪本部の年始の会で、去年は来なかった維新から、松井氏と吉村氏が出て、維新と公明はつ
いたり離れたりで、公明大阪の新春年賀会に、山口代表と松井氏、吉村氏が出て、松井氏はフィリピン出
張の日程を切り上げてここに出て、自民は維新と公明の間で存在感の低下を恐れています。

この、くっついたり離れたり、二木さん、東京から見るのと大阪から見るのは異なり、東京では憲法改
悪で安倍氏と松井氏は昵懇で、公明は憲法改悪に距離を置き、しかし大阪だと徒構想で維新と公明が仲良
く、自民が阻害されて、橋下氏が前回の衆院選で対抗馬を立てるとしてこれであり、選挙の事情があり、
選挙区のすみわけがあり、大阪と憲法改悪の点で公明の態度は変わり、大阪の自民は維新と対立し、東京
では逆で、夏の選挙で、自民、公明、維新の関係はねじれてややこしくなり、有権者も選びようがないと
言われました。

埼玉で、やけどした3歳の女児を放置して死なせた事件、逮捕された母親と内縁の夫は虐待を認めて、自
分が熱湯をかけたといい、LINEで虐待を書いていたほどであり、児童虐待は年々増えて、二木さん、
亡くなった子供を思うと言葉がない、虐待は増えて、児童相談所は、大阪では通報が年間5000回で職員は
わずか72人で一人250件やらないといけなく、48時間以内に行き、保護・引き取り、施設訪問と大変であ
り、たくさんの案件を抱えてきついストレスのある仕事であり、行政は児童相談所のスタッフを少なくと
も4.5倍に増やさないといけない、家にはいる権限を与えるべきで、これは行政の責任と言われました。ま
た周りの人も気づいたら児童相談所に通報すべきと言われました。

カレーハウスCOCO壱番屋で、異物混入により廃棄されたカツが不正転売され、産廃業者が4万枚を処
分せず不正転売であり(スーパーで壱番屋の従業員が発見して発覚)、業者は転売を認めて、これについ
て二木さん、食の安全を踏みにじるものであり、善意のベルトコンベヤーに乗っているべきものがこれで
あり、これは業者の責任で厳罰に処すべき、壱番屋には責任はなく、壱番屋の従業員が発見しないと発覚
せず、産廃業者の不正で、このような業者がいたら消費者は信用できないと言われました。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



民維統一会派 ようやくの第一歩 by limitlesslife
  • 東芝に課徴金 監査の実態を明らかに
     不正会計問題に揺れる東芝に対し、過去最高額となる73億円余の課徴金納付…[続きを読む]

  • 民維統一会派 ようやくの第一歩
     民主、維新の野党両党首が、衆参両院で統一会派を組むことで合意した。衆院…

・最新の社説は朝刊休刊日を除き午前5時半ごろ更新します。(編集の都合などで遅れる場合があります)

社説

2015年12月9日(水)付

 民主、維新の野党両党首が、衆参両院で統一会派を組むことで合意した。衆院で92人、参院では64人の勢力になる。

衆院で326人の自民、公明の与党勢力には遠く及ばない。それでも、巨大与党に対抗しようとようやく踏み出した第一歩ではある。

より広い野党共闘や選挙協力に向け、岡田、松野両党首はさらに努力を続けるべきだ。

野党が結集することの意義を改めて考えてみたい。

野党の最大の役割は、政権の権力行使に行き過ぎはないかをチェックするとともに、政府・与党に代わりうる「もう一つの選択肢」を示すことだ。

先の国会で民主など野党は、安倍内閣が提出した安保関連法案の違憲性や矛盾を指摘し、世論を喚起することに一定の役割を果たした。ただ、いまの野党の力ではそれが限界だった。

ただでさえ数が少ない野党勢力がバラバラでは、政権運営に緊張感すら生まれない。憲法に基づく臨時国会の召集要求が一蹴されたことも、その例だ。

できる限りの結集を図り、選挙に向けて共通の民意の受け皿づくりに努力する――。小選挙区中心の選挙制度のもと、与党の補完勢力か万年野党に甘んじるのでなければ、これが野党がめざすべき道である。

松野氏らは、3年前の民主党政権時代の消費税率引き上げをめぐる混乱で民主を離れ、橋下徹氏率いる日本維新の会に合流した経緯がある。その維新も泥仕合のあげく分裂した。

民主、維新は両党の「結集」をめざすというが、新党結成なのか吸収合併なのかで隔たりがある。民主党内でも野党共闘のあり方や安保政策をめぐって、なお路線対立がある。

こんな内向きの議論やまとまりのなさに有権者がうんざりしていることは、民主党の支持率の低さをみても明らかだ。

統一会派に向けた両党の党首会談では、七つの基本的政策で一致した。冒頭に外交・安全保障を掲げ、安保法制については憲法違反の部分を白紙化し、新たな法案を出すという。

両党首には、二つの使命があることを自覚してほしい。

一つは、合意した政策を法案の形で具体化することだ。年明け早々に通常国会が始まる。ここで説得力ある論を展開できるかどうかで真価は問われる。

もう一つは、「違憲」法制の白紙化に向けて、より多様な野党や市民との連携を実現することだ。容易な道ではないが、失われた有権者の期待と信頼を取り戻すには近道はない。



朝日放送おはようコール 伊藤惇夫が日中韓首脳会談と維新ゴタゴタを語る by limitlesslife
November 2, 2015, 11:55 pm
Filed under: 維新の党, 日韓, 日中

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は政治アナリストの伊藤惇夫さんのお話でした。

今朝の朝刊は全て、3年半ぶりに行われた日中韓首脳会談です。

 

その、ソウルでの日中韓首脳会談、今日はビチビチと朴大統領の初の首脳会談で、ビチビチは関係正常化を語り、しかし参加国間には深い溝があり、歴史認識問題(もちろん日本に全責任がある)は未解決で、韓国と中国の首脳は先に会談して、ビチビチは、昼食会を断られる始末です。ビチビチは、過去は水に流せと言うようなものです。

これについて伊藤さん、歴史問題は勧告の政治課題で、しぶしぶ仲良くしているだけであり、3年半ぶりは国内事情、ビチビチは外交で成果を挙げたく、韓国は中国と仲は良いものの、経済問題もあり、しかし韓国の国内向けに強硬姿勢を見せているものの、日中韓で会談もあり、中国は南シナ海でのアメリカとの対立とTPPで日本と対立したくない、中国の経済も鈍化で、南シナ海で中国はアメリカに脅威を感じて、韓国も経済とアメリカで、韓国経済の中国への依存とが高く、成長鈍化+アメリカから日本と仲良くしろと言われており、各国の抱えた事情のため渋々で成果は出ず、ビチビチは外交の成果が欲しいのに、拉致問題も解決せず、3年半、何もしないわけには行かず、これ以上悪くはならない、国内事情を抱えた中のものと言われました。

 

そして、維新は、引退するはずの橋下氏をトップにして、おおさか維新の会の結党大会があり、橋下氏が12月まで代表で、地方分権の政党を作ると言うもので、しかし松野氏は不快感を示し、勝手に解党するなと批判し、谷垣氏も、このような維新に協力できないといい、公明はノーコメントです。

で、この、おおさか維新の会に至るゴタゴタは、離れたりくっついたりを繰り返し(説明がややこしいので省略しますが、政党の離散集合のギネス記録です(笑))、東京vs大阪の裁判もあり、スタジオでも、この変化に付いていけないとの声があり、伊藤さん、また別れたりする可能性もあると言われて、そして名簿と政党交付金を巡り裁判であり、橋下氏はビチビチ政権に近く、松野氏は野党に近く、過去にも分裂騒ぎを繰り返し、で、おおさか維新の会の下に、各地に○○維新の会が出来るものの、政策は何ともであり、伊藤さん、政党の中で6番目に小さくなり、今回の動きはダブル選を念頭にしているが、訴訟問題をこんな泥仕合をした政党は過去になく、それぞれ言い分はあるものの、こんなことをしたら国民の政党への不信感を増やすだけで、支持者には受けても、政党が法廷で内ゲバは過去にはあり得ないと言われました。また、谷垣氏は夜であり、アルコールが入りハイテンションだと言われました。

 

エジプトで飛行機が墜落し、ロシア機の事故で、原因は不明、ブラックボックスの回収を進め、イスラム国の関与(犯行声明を出している)を、エジプト、ロシア共に否定しています(空中分解の可能性は高く、イスラム国に撃墜能力なし)。

これについて伊藤さん、航空史上最悪の事故で、これにより他のエアラインがルートを変えており、しかしもしイスラム国がミサイルを持っていないなら、ツイッターで犯行声明を出すのは、人の不幸を悪用しており、イスラム国対策に各国が協力すべきと言われました。

 



毎日放送VOICE ダブル選討論 栗原氏「維新は男らしくない!」「維新は喧嘩ばかり」 by limitlesslife
October 26, 2015, 10:02 pm
Filed under: 維新の党

 永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」で、大阪ダブル選特集で、今日は府知事候補の松井氏と、栗原氏の討論があり、本来でしたら両者のやり取りを公平に書くべきですが、しかし今見て、松井氏の発言は過去に彼がメディアで散々語った内容と変わらず、他方、栗原氏の発言がテレビで取り上げられるのは初めてで、栗原氏の発言を中心に採録します。 

まず、大阪徒構想を蒸し返したことで、松井氏は毎度おなじみの話でしたが、栗原氏はこれを「男らしくない」とバッサリ!これで終わりと言いながら、何度も蒸し返したことを批判し、これについて、松井氏は過去と同じことを繰り返すだけ、自己コピペに終わりました(男らしさとか、批判もあるでしょうが、これは見事な喝采でした!)。

さらに、松井氏が、自分と橋下氏がトップになり、大阪の数字が改善したというのですが、栗原氏は、これはアベノミクスの効果の恩恵であり、つまり松井・橋下氏の手柄ではなく、「人のふんどしで相撲を取っている」と批判し、松井氏は、大阪の数字は全国より良いと言うに留まりました。そして、栗原氏、大阪の文化、歴史で経済を盛り返す、橋下・松井氏の切り捨てた文楽やオーケストラを活用するといいました。

そして、注目なのは、WTC(咲州庁舎)について、松井氏は、ここには1兆円投資されており、活用すると言うのに対して、栗原氏は、南海トラフ地震では使い物にならなくなり、徹底すると言いました。

さらに、安倍官邸に近いのとどちらかと聞かれて、栗原氏は与党だといい、松井氏は、何を言いたいのかわかりません。

最後に、松井氏は自民・公明・共産の共闘が出来るかと(要するに野合)栗原氏を批判したら、栗原氏は、維新は身内で喧嘩ばかり、維新の中でも、そして役所、他の自治体とも喧嘩しており、これでは大阪の運営はできないと言いました。

私の印象に残ったものを挙げましたが、栗原氏、以前に吉富さんが言われていたものの、政策的にはよくやっており、彼女の政策には部分的には異論もあるものの、もちろん、本体の組織で内ゲバをやっている維新には任せられません。

さらに、栗原氏、徒構想の蒸し返しを批判しましたが、アニメ「宇宙戦艦ヤマト」で、これで終わりと言って、また蒸し返して続編を作り、ファンの顰蹙を買ったのと同じで、また、芸能人には、引退したと言いつつ、その後また出てくる例がたくさんあり、そして、ヤマトではスタッフの間で泥沼のトラブルを抱え(プロデューサーの西崎氏と漫画家の松本氏のデタラメな争いで、これは、言うならば、ラグビー日本代表が活躍したのは俺の功績だと、監督と五郎丸選手が裁判をするのに相当する、ムチャクチャなことです)、これは、今の維新の大阪組と東京組の骨肉の争いと全く同じです。

これ、朝日放送のキャストでは、木原善隆さんが、維新の大阪vs東京は、両社引けないチキンレースと言われていました、まさに、「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」であり、橋下さん、ビチビチと一緒に愚かなマラソンを走って、自滅してくださいもお国のために()。以上、VOICEの内容でした。