Global Ethics


アベノミクスの失政隠しか 「実質賃金指数」公表延期の怪しさ by limitlesslife

 不都合なデータを隠しているのか――。政府が重要な経済指標の公表を突然、延期したことが波紋を広げている。

延期されたのは、3月31日に厚労省が公表予定だった「毎月勤労統計調査」。労働者の賃金や勤務時間、雇用情勢などの変動の動向を毎月まとめたもので、最近はアベノミクスの成否を測る指標として、賃金から物価の伸びを差し引いた「実質賃金指数」が注目を集めている。

この日は1月確報値と2月速報値などを公表するはずが、トラブルが発生して見送られた。トラブルの中身について、厚労省は「ギャップ修正を行っている過程で不確かな指数が見つかり、統計全体への影響を点検する必要が生じました。点検に時間を要するため、公表は来週にズレる見通しです」(雇用・賃金福祉統計課)と説明する。

■飛び交うさまざまな憶測

 政府統計の発表延期は異例中の異例だ。証券会社やシンクタンクはこの時期、新年度の景気見通しを作成している真っ最中だ。景気判断の重要指標の最新版が公表を見送られたことで、アナリストたちは「作業が遅れる」と大弱り。

実質賃金は1月まで19カ月連続で前年比マイナス続き。2月速報値も前年割れは必至で、「20カ月連続」の大台に乗る見込みだ。そのため、証券業界に限らず、永田町や霞が関からも「アベノミクスの失政隠しか」「表に出せないほど、ヒドイ数値なのかも」「数値を“えんぴつナメナメ”でゴマカしているのではないか」とさまざまな臆測を呼んでいる。

「政府統計は疑義を挟まれた時点でアウトです。公明正大なデータとしての価値を失いかねません。『不確かな指数が見つかった』と言うのなら、統計のどの部分の指数が不確かなのか、具体的かつ詳細に情報を開示すべきです。そもそも今回は指数の基準年が更新されたわけでもないのに、不確かな指数が出てくること自体が不自然。数値の改ざんを疑われても仕方ないのではないか」(経済評論家・斎藤満氏)

前出の雇用・賃金福祉統計課は「さまざまな臆測は承知していますが、データの隠蔽や改ざんは絶対にしていません」と言い切った。来週の公表数値は要注目だ。

Advertisements


「輝く女性の応援」と介護報酬引き下げ by limitlesslife

106 「輝く女性の応援」と介護報酬引き下げ

日経メディカル 2015年3月30日 色平哲郎

自分自身、男社会にどっぷり浸かっていながら、女性に家事労働を押し付けたり、看
護や介護、保育を女性が家庭内で「無償」でこなしてきた仕事の延長ととらえる風潮を
正面から批判するのは後ろめたい。しかし、妻から「あなたは家で何をしてきたのよ」
と厳しく糾弾されるのを承知で、やはり男の頭のなかを変えなければ、超高齢社会を乗
り切るのは難しいとも感じている。

自戒をこめて女性の労働について考えてみたい。

ジャーナリストで和光大学教授の竹信三恵子さんは、「家事労働ハラスメント」とい
う言葉をつくって現状を批判している。竹信さんは、「家事ハラ」を「家事労働を無視
、軽視、蔑視、排除する社会システムによる嫌がらせ」と定義している。

ところが、ある大手住宅メーカーの研究所は、竹信さんの造語である「家事ハラ」を
「家事を行う夫のやる気を失わせる妻からの言葉」というように正反対にとらえ、物議
を醸した。そういう発想が出てくること自体、日本社会の古い岩盤の堅さが感じられる

そもそも人間は賃労働だけで生活ができるわけではない。家事や育児、介護や医療な
どの「ケア」が不可欠だ。しかし、長く、ケアの分野を家庭内の女性に押し付け、見え
ないようにして労働者像をつくってきた。その根本的な価値観を、政府や企業、自治体
、職場一般を牛耳る男たちが改め、家事やケアを社会的にも、個人的にも分担する方向
へ変えなければ、超高齢社会に対応できないのではないか。

たとえば、2025年には介護職員が全国で約30万人も不足するといわれている。介護報
酬を引き上げ、介護職員の配置基準を高めなければならないのは明らかだ。だが財源不
足を理由に今年、介護報酬は大幅に引き下げられる。

株価は、十数年ぶりに2万円台をうかがうまで高騰している。その富は、本当に社会
の必要なところに再分配されているのだろうか。現政権は「輝く女性の応援」を掲げて
いるが、支えとなる介護報酬を引き下げて、女性に輝けと言うのは無茶だろう。竹信さ
んは『「女性の活躍推進」の虚実』(「都市問題」公開講座ブックレット33)で、こう
語っている。

「アベノミクスの労働政策では、残業代ゼロなどの労働時間の歯止めの撤廃が検討さ
れていますし、働き手が自分で労働時間を選べるオランダのような権利保障も登場して
いません。(略)これで『活躍』ばかり求められるわけですから、『結局女性はめいっ
ぱい働かされて、めいっぱい家事・育児・介護もやれということなの?』と心配する女
性の声も出てきています」

現政権のちぐはぐな労働、医療福祉政策の根底には「家事ハラ」に無自覚な、古くて
堅い頭がある。

http://medical.nikkeibp.co.jp/…/…/irohira/201503/541344.html

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



求職者と福祉・介護の現場への橋渡し役として by limitlesslife

求職者と福祉・介護の現場への橋渡し役として

http://joy-yui.jp/

「ジョイカレッジ結」は、2011年7月に川崎市登戸で開校した介護資格取得を目指
す職業訓練校です。国の助成を受けて「求職者支援訓練」と呼ばれる公共職業訓練を行
っています。そのために、受講生たちはハローワークを通じて受講を申込み、受講料は
原則無料です。また一定の要件を満たせば、受講中に月額10万円の受講手当て+交通
費も給付されます。

こうした制度を利用して、現在までに当校では約200名の受講生が介護資格を取得し
、修了後に介護・福祉現場での就職を実現しています。

「求職者支援訓練」は、リーマンショック後の離職者の急増を受けて、公共職業訓練を
民間に委託する制度として緊急人材育成支援事業(基金訓練)として始まったもので、
2011月からは「求職者支援訓練」として法制化されました。
そうした背景から、受講生はリストラ離職、自営廃業の方や、シングルマザーやシング
ルファーザー、病気・介護離職など、就職や転職の難しい社会的弱者の方が多いことが
特徴です。
当校ではこれまでに17~70歳の受講生が学んできましたが、単なる就職支援ではな
く、修了後も含めて自立支援につながるサポートを行っています。

その一方で、福祉・介護の現場での人材確保が大変困難な状況にあるため、当校にはさ
まざまな法人や事業者から、人材(介護・福祉職)を求める悲鳴のような声が寄せられ
ています。

当校では、こうした求職される方と多くの人材が求められる福祉・介護の現場への橋渡
し役として一人でも多くの人材を育成・輩出したいと、今日まで務めて参りました。求
職者と介護・福祉現場をつなぐ、「結びめ」の役割を担ってきました。

当初は、ホームヘルパー1級よりも上級資格である介護職員基礎研修科を開講していま
したが、制度改訂に伴い現在は「介護職員実務者研修」の6カ月コースを開講しており
、現在も2月開講コース13名の受講生が介護資格取得と就職を目指して学んでいます

ちなみに「実務者研修」を民間のスクールで取得する場合は、15~16万円の受講料
が必要となります。そうした意味でも、受講料無料で介護資格を得ることができ、さら
に修了後の就職もほぼ約束されているこの「求職者支援訓練」は、大変意義のある制度
だと思います。
求職者支援訓練は、さまざまな訓練コースがありますが、とりわけ介護・福祉は就職率
が高い分野です。

「ジョイカレッジ結」の「結」には、人と人をつなぐ、という思いが込められています

私たちの学びの場で“学ぶことを楽しみ”、やがて介護の現場で“喜びをもって働く”
私たちはそんな一人ひとりの巣立ちを応援していきたいと思っています。

ジョイカレッジ結 校長
有限会社結プランニング 代表取締役
森口 秀志

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



朝日放送おはようコール 中川譲が残業代ゼロ法案と韓国船事故を語る by limitlesslife

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は帝塚山学院客員教授の中川譲さん(元朝日デスク)のお話でした。

安倍総理が残業代ゼロ法案を出しており、管理職だけでなく一般の労働者も会社と合意したら残業代ゼロになるのですが、中川さん、これは会社との合意がいると言っても会社の方が圧倒的に強いのでNOとは言えないし、労働者の権利として賃金があるのに、これを三木谷氏や竹中平蔵氏らの新自由主義の人の意見を聞いて、産業界のために労働者を犠牲にするのはおかしいと言われました(ちなみに安倍総理がいた神戸製鋼は、残業代を払わないブラック企業として有名でした、私もいました)。

また、韓国の客船沈没事故、乗組員は連絡を取り合って脱出しており、乗客の避難より自分たちを優先させ、他方一般乗客を助けようとして犠牲になった乗組員パク・チヨンさんもあります、乗組員は最後として犠牲になり、また自分の救命胴衣を他の人に渡して犠牲になった人もいます。事故から1週間で、混乱した船内のことが分かり、中川さん、懸命になったのは乗員より乗客で、犠牲になった人の行動は賞賛されるべきだが、脱出した乗組員の行動は批判されるべきものであり、しかしこの事故、様々な要因があっての大事故で、この事故、乗組員は最後に出るべきで、乗客優先であるべきなのに、乗組員の行動も含めて検証する必要があると言われました。また、事故要因、船がどう動いて沈没したか、急な旋回をしており、事故の原因で、中川さん、これも乗組員の対応が問題で、この船の命令系統がどうなっていたか、なぜ船長、機関士がどうしてこんなことをしたか検証しないといけないと言われました。

さらに、大阪府警で誤認逮捕が相次いでいます。それも、アリバイのある人を堂々と逮捕しており(犯人が別人の名前を名乗り、その別人を逮捕した!ヲイヲイ…)、誤認逮捕で釈放であり、中川さん、逮捕は一般市民に大変で、こんないい加減なことはなく、アリバイはテレビのドラマでもちゃんと調べるものなのに、警察組織の捜査能力、機能が低下している、それも大阪府警だけでなく、警察全体の問題であると言われました。



by limitlesslife

【拡散願・明日17日】 若者の仕事と就活トラブル110番

 永岡です、明日のイベントの、以下の情報をお送りいたします。
<以下、転送>

■■ 若者の仕事と就活トラブル110番 ■■

H P → http://www.zenroren.gr.jp/jp/action/index.html
       110番→ http://www.zenroren.gr.jp/jp/action/trouble.html

1.名称
若者の仕事と就活トラブル110番

2.日時
2月17日(日)10:00~20:00

3.目的
(1) いわゆる「ブラック企業」問題など、若者の仕事や就職先、アルバイト先でのトラブルや相談を受けつけ、問題解決への支援をおこなうこと
(2) 就職活動の厳しい実態や企業の問題行動など、就活をめぐる若者の悩みや生の声、実態を集約し、アドバイスをおこなうこと
(3) これらの実態告発や相談活動を通して、若者の仕事や就活、就職をめぐる問題やトラブルを集約し、その改善を社会にアピールすること

4.受付の電話番号実施形態
フリーダイヤル0120-378-060(全労連会議室ほか愛知、福岡など)
あわせて、実態告発だけのメールも受付中
wakamono110@zenroren.gr.jp(2月9~17日)

5.主催
全労連と就職連絡会

■■ 若者の仕事と就活問題シンポジウム ■■

1.正式名称
ブラック企業、乱暴な解雇、賃金不払い、就職氷河期……
若者の働き方・働かせ方を問いなおすシンポジウム(略称:若者雇用シンポ)

2.実施日時
2月24日(日)13:00~16:30(開場12時半)

3.会場
全労連会館ホール

4.目的
① 2月キャンペーンの最大の結節点として、青年大規模アンケートや110番の結果概要をはじめ若者雇用の実態を告発し、改善の必要性をアピールする。
② 実態告発を踏まえ、改善の課題や具体的な運動について提案し、継続した運動を本格化させていく契機とする。

5.主催
全労連と就職連絡会

6.内容
13:00 主催者あいさつ
13:15 集会への報告  五十嵐・プロジェクト事務局長(青年部長)
13:35 実態告発  各分野の青年・学生から
14:00 シンポジウム
コーディネーター(全労連・井上)
後藤道夫氏(都留文科大学教授)  若者雇用の現状と打開の課題
風間直樹氏(東洋経済記者)  ブラック企業など雇用をめぐる問題と課題
佐藤理河氏(高校教師、北海道)  若者の就活と生活の実態
15:25 会場からの質問・発言
16:00 パネラーの総括答弁
16:20 シンポのまとめ(閉会あいさつ)

……………………………………
全労連 事務局次長 井上 久
東京都文京区湯島2-4-4
全労連会館4階 〒113-8462
Email : inoq@zenroren.gr.jp
     ……………………………………