Global Ethics


一人でも多くの命を救うため、ジェネリック薬の供給は欠かせないのである。   by limitlesslife
December 19, 2016, 12:59 am
Filed under: 薬(害、精神、・・・)
いとうせいこう、ハイチの『国境なき医師団』で非医療スタッフの重要さを知る(7)

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/07/7-12_1.php

・・・
薬剤に関しては、インドから運ばれたものが多いことも聞いた。現在インドは公衆衛
生保護のため、特許の付与について他国よりも厳しい条件を設けている。これがジェネ
リック薬の健全な市場競争を実現していて、「途上国の薬局」とも言われているのだそ
うだ。

なぜこの情報が書かれるべきかと言えば、MSFは常に品質が安定し、かつ適正な価格
の薬やワクチンを必要としているからだ。途上国にとって、また全資金の約 90%を寄付
で運営しているMSFにとって、先進国向けの先発薬は極めて高価なのだ。

一人でも多くの命を救うため、ジェネリック薬の供給は欠かせないのである。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Advertisements


適応拡大したら薬価を算定し直すというルールがない by limitlesslife
April 21, 2016, 9:30 pm
Filed under: 薬(害、精神、・・・)
先に非小細胞肺がんで承認されていたら、投与対象者数や用量から考えて、10分の1以
下の薬価だった可能性もあるのに、悪性黒色腫が先だっただけで今回の薬価になってし
まったということです。
適応拡大したら薬価を算定し直すというルールがないため、このように承認の順番が違
うだけで同じ物の値段が全く違ってしまうという現象が起きます。用量を増やした方に
関しては、用量変更があった場合は1日あたり薬価が同じになるよう調整し直すという
ルールは今でもあるので、2.25で割るということも不可能でなかったはずですが、4月
の薬価改定では調整されませんでした。
オプジーボの薬価は、ルールや運用の不備によって高くなり過ぎているということ、お
分かりいただけたと思います。であれば、社会的に妥当な金額まで下げて当然ではない
でしょうか。これから次々と登場すると考えられる免疫チェックポイント阻害剤は、オ
プジーボの薬価を基準に値付けされる可能性が高く、急がないといけません。

http://medg.jp/mt/?p=6652

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



TPP付属「日米合意」 薬価制度協議を確認 日本の医療保険脅かす危険 by limitlesslife
November 24, 2015, 11:50 pm
Filed under: 薬(害、精神、・・・), TPP

環太平洋連携協定(TPP)の「大筋合意」に関して、日本がTPP対象から除外し
ている医療機器の規制についてTPPと同程度の水準を維持し、将来の薬価制度につい
て協議することを、日米間の合意文書で確認していることが19日までに明らかになり
ました。

政府は「(医療分野などで)国内制度を一つも変えることはない」(甘利明担当相
)と説明しますが、日本の医療保険を脅かす危険な火種となるものです。

問題の文書は、医薬品・医療機器に関する協定付属書の適用について合意したもの。

そこでは、日米が「医療機器の世界最大級の市場であり、かつ輸出者である」として
、医療機器について「(付属書との)適合性の水準を維持する」と明記。TPPより厳
しい規制などは認めない考えを打ち出しています。

また、「付属書に関するあらゆる事項(関連する将来の保健制度を含む)について協
議する用意があることを確認」として、付属書に盛り込まれた「医薬品の償還価格(日
本では薬価)」の決定ルールについて協議を行うことを確認しています。

高薬価求める米国

これまでも米国は、高薬価を保障する「新薬創出加算」の維持をはじめ、外国薬価が
高くても日本の薬価が高くならないようにする「外国価格調整制度」や、売り上げが増
えた場合に薬価を引き下げる「市場拡大再算定制度」の見直しを求めてきました。

米豪FTA(自由貿易協定)に基づく協議で米国の要求を受け入れたオーストラリア
では、医薬品が急騰し、医療財政に悪影響を与えました。TPPの「大筋合意」で日本
でも同じような事態が生まれかねません。

国会で「米国要求を受け入れれば、薬が高く、治療を受けられない患者が出てくるの
ではないか」(日本共産党の田村智子議員、2013年3月21日参院厚労委)との指
摘に対して、政府側は「向こうの言うとおりでなければTPPを結べないということで
はない。交渉でしっかり主張する」(田村憲久厚労相・当時)と答えていました。しか
し、「大筋合意」は、米国の要求通りになっていることを示しています。

業界の利益確保

TPP「大筋合意」では医薬品の知的財産権の強化を主張する米国の要求を受けて、
データ保護期間の下限などが盛り込まれました。

医薬品・医療機器付属書では、「償還価格」(薬価)設定に対し、医薬品メーカーの
異議申し立てを認めることを義務づけています。

これによって安価な後発薬の開発の遅れや、医薬品などの価格上昇につながるなど、
日本の薬価制度がいっそう脅かされる危険が示されています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-11-20/2015112002_02_1.html

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



薬価にも影響が広がる。韓国では先発薬が後発薬より30%割高。 by limitlesslife
November 23, 2015, 8:09 am
Filed under: 薬(害、精神、・・・), TPP
薬価にも影響が広がる。韓国では先発薬が後発薬より30%割高。
そのため、特許を持つ米製薬会社が後発薬発売に待ったをかけるケースが
相次いでいるという。

トドメは国家の主権を奪うISD条項だ。
米企業から利益逸失などをタテに訴えられるのを避けるため、
少なくとも75の国内法改正が実施される。
米投資ファンドのローンスターは韓国政府に約47億ドル
(約5800億円)の賠償を求めて係争中だ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/169739/1

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



エイズ治療薬、いきなり55倍に値上げ 製薬会社が大炎上 by limitlesslife
November 22, 2015, 6:51 am
Filed under: 薬(害、精神、・・・)

エイズ治療薬、いきなり55倍に値上げ 製薬会社が大炎上
The Huffington Post  |  執筆者 HuffPost Newsroom
投稿日: 2015年09月24日 19時15分 JST

アメリカの製薬会社が、エイズやがんなどで免疫力が低下している人の治療に使われる
薬剤の価格を、約55倍も値上げして激しく批判されている。この製薬会社の経営者が、
値上げの理由を軽い口調で語ったこともあり、さらなる怒りを巻き起こした。9月20日
、ニューヨーク・タイムズなどが報じた。

批判を受けているのは、元ヘッジファンドマネージャーが運営するスタートアップ製薬
会社「チューリング・ファーマシューティカルズ」。同社は8月に権利を買い取った「
ダラプリム」という62年前に開発された感染症治療薬の価格を、1錠13.50ドル(約1620
円)から、750ドル(約9万円)に値上げするとした。

BBCによると、この薬の製剤コストは、現在1ドル(約120円)。チューリングのCEO、マ
ーティン・シュクレリ氏(32)は、このコストの中には、マーケティング費用や流通費
用は含まれていないと説明した。

「私たちはこの薬で利益を出す必要があった。私たちよりも以前の企業は、このことを
諦めていた」。シュクレリ氏は価格が、製薬業界で生き残るためには、価格が見合って
いないと主張。「最近、がんなどの薬は10万ドルかそれ以上する。特殊な薬になると50
万ドル以上のものもある。ダラプリムはまだ安いほうだ」などと話した。値上げで得た
収益は、より副作用の少ない薬の開発に使うと話した。

このシュクレリ氏の発言に対し、批判が殺到。ヒラリー・クリントン氏は21日、「言語
道断」と批判。価格の是正に動くとの考えをツイートした(ただし、ヒラリー氏の発言
により製薬会社の株価は落ち込むことになり、ウォール街はヒラリー氏を非難した)。

シュクレリ氏はジャーナリストから「なぜ55倍も価格を上げる必要があったのか」とTw
itterで質問を受け、「あなたはバカです」「事実を確認していないか、論理的に考え
られないジャーナリストだ」などとリプライ。さらなる怒りを招いた。

批判を受けて、シュクレリ氏は22日、「私たちのような小さな会社が利益を得られない
ならば、ダラプリムのような薬は存在しません」と弁解。しかし、ダラプリムの値下げ
を約束した。値下げ幅についてははっきりとは明かさなかったが、「手頃な価格になる
だろう」と語った。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/24/overnight-increase-in-a-drugs-price_n_
8188084.html

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



WHO事務局長、TPPによる薬価高騰に強い懸念を表明 by limitlesslife
November 19, 2015, 8:20 am
Filed under: 薬(害、精神、・・・), TPP
WHOのマーガレット・チャン事務局長、
TPPによる薬価高騰に強い懸念を表明
Pacific trade deal could limit affordable drugs: world health chief

http://www.reuters.com/article/2015/11/12/us-trade-tpp-health-idUSKCN0T10X7201
51112?utm_source=inshorts&utm_medium=inshorts_full_article&utm_campaign=inshor
ts_full_article#LmOk5jgsC63jCEqU.97

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



好奇の目で晒しあげよう Fw: 医師の抵抗で公表遅れ(4月2日) by limitlesslife
April 2, 2015, 12:11 pm
Filed under: 薬(害、精神、・・・)

みなさま

>製薬会社幹部によると、糖尿病の重鎮とされる医師たちの反対が強く「公開すれば講演も薬のアドバイスもしない」と圧力をかける医師もいたという。<
だそうです。

きょうはもう、エイプリフールではありません。
富裕不届きものは益々好奇の目で晒しあげましょう

朝日新聞デジタル・ヘッドライン 2015年4月2日(木)
http://news.asahi.com/c/ai1Lcy2S3J1cs2aQ

━━━ 今日のトピックス
製薬会社が医師個人に支払った金銭情報の公表は、予定より1年遅れました。さらに印刷や保存ができないなど、公表に制限も。背景には一部の「重鎮」医師の抵抗がありました。
http://news.asahi.com/c/ai1Lcy2S3J1cs2ag

(一部抜粋)
「医師が好奇の目にさらされる」「風評被害を受ける」
日本製薬工業協会(製薬協)が医師や研究機関に支払った講師謝金や寄付金を公表する方針を2013年1月に決めると、医師から反対の声があがった。翌2月に日本医師会と日本医学会は「個人情報が一方的に開示されることになり、一方的な措置への批判が集中している」と製薬協に対応を迫った。

製薬協は翌3月、12年度分の支払いは予定通り13年から公表するが、医師への個別の支払額の公表は1年遅らせ、14年からとした。

1年の猶予の後も、一部の医師の反対が続いた。製薬会社幹部によると、糖尿病の重鎮とされる医師たちの反対が強く「公開すれば講演も薬のアドバイスもしない」と圧力をかける医師もいたという。会社に赴かないと個別の支払額が閲覧できない「来社方式」を検討する社が相次いだ。
(一部抜粋おわり)

医師に謝礼、1千万円超184人 製薬会社、講演料など
http://www.asahi.com/articles/ASH3V74WKH3VUUPI00S.html

ni0615田島拝

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace