Global Ethics


ショーンK騒動でフジ大揺れ 亀山社長の進退問題に発展も by limitlesslife
March 18, 2016, 11:57 pm
Filed under: 虚仮・虚偽・虚妄・虚実・夢中夢・浮世

 

  • 2016年3月18日
フジテレビ亀山千広社長も頭が痛い(C)日刊ゲンダイ
フジテレビ亀山千広社長も頭が痛い(C)日刊ゲンダイ

 降ろせば済む話ではなさそうだ。「週刊文春」最新号のスクープで発覚した経営コンサルタント、ショーン・マクアードル川上氏(47)の経歴詐称。フジは春改編の目玉としてブチ上げた平日深夜の報道情報番組「ユアタイム~あなたの時間~」(4月4日スタート)のメーンキャスターに川上氏を抜擢したが、同誌発売当日に即、降板を発表した。本人から出演自粛の申し出があり、意思を尊重した形だという。しかし、フジ局内はそんな奇麗事では済まないテンヤワンヤの大騒動に発展しているという。

「担当部署は『ユアタイム』のスポンサーから“どうなってるんだ!”といったお叱りの抗議を受け、対応に追われまくっている。中にはスポンサーを降りると言い出す企業もあったようです。本人の意思うんぬんというより、どのみち降板しか選択肢はなかったでしょうね」(フジ社員)

もとをただせば、自局の「とくダネ!」で顔と名前を売った男である。人を見る目のなさを悔やんでも遅いが、「ショーンと一緒に司会を務める予定だったモデルの市川紗椰の“身辺調査”を行う事態にまで発展。『本当に早稲田を卒業しているのか?』などと学歴の洗い出しを行っている」(フジ関係者)というから、市川はいいとばっちりである。

 さらにはもっと深刻な事情も絡んでいる。別のフジ社員が言う。

「『ユアタイム』の制作統括を担当しているのは、番組制作プロダクション『NEXTEP』の堤康一氏。『直撃LIVEグッディ!』のMCである安藤優子キャスターの夫です。堤氏は昨年6月の人事異動でフジから同社社長として転出したものの、長らくフジの情報番組の陣頭指揮を執ってきた人物。その手腕と経験を買った亀山千広社長が社運をかけた新番組の制作を同氏に任せたという背景がある。事態が大きくなれば、社長の責任を問われる事態になりかねない。視聴率も低迷し、反論材料もないだけに一気に進退論に発展するかもしれません」

平日深夜に放送する地上波唯一のスポーツ・ニュース番組だった「すぽると!」の打ち切りに踏み切った上で新しい看板を掲げた「ユアタイム」。番組自体は「当初の予定通り、4月4日からスタートします。ショーン氏の後任を立てるかどうか、また立てる場合の人選など、詳細はすべて検討中です」(フジ広報部)。

春はもうそこだが、亀山社長は首筋が寒い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

編集部オススメ

  1. 1

    首相への刺客 民進党新代表に山尾志桜里議員の仰天プラン

  2. 2

    <第2回>横浜も名古屋も…待機少なく見せる数字のトリック

  3. 3

    加害者は男性7割 妻を殺める夫の「介護殺人」なぜ減らない

  4. 4

    安倍政権の基準厳格化もザル “首切りビジネス”は止まらない

  5. 5

    第二の“ゲス議員”か 自民・石崎議員にセクハラ&二股疑惑

Advertisements


審議中の“戦争法案” 仏教界からも沸き上がった「反対」の声 by limitlesslife

 国会で審議されている安保関連法案について、仏教界が反発している。

真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)が21日に声明を発表。「愚かな戦争行為を再び可能とする憲法解釈や新しい立法が、『積極的平和主義』の言辞の下に、何ら躊躇もなく進められようとしています」と安倍政権を糾弾した上で、法案に「強く反対」している。官邸には声明文を送付したという。

大谷派は浄土真宗の2大勢力のひとつで、“モノ言う”宗派として知られている。

昨年、集団的自衛権行使容認を閣議決定した際には、安倍首相に向けて「『殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ』という言葉に耳をかたむけ、閣議決定を即時撤回されるよう強く求めます」と要求。また、13年に特定秘密保護法が成立した時にも「廃案を強く望みます」と声明を出している。

 宗教に詳しいジャーナリストはこう言う。

「明治時代にキリスト教が台頭し、仏教が衰退し始めた。そこで仏教界は生き残りをかけ、中国大陸にお寺を造って布教活動をしていく『大陸布教』を始めました。最も熱心だったのが真宗大谷派でした。日清、日露戦争で僧侶を前線に派遣するなど、仏教界は戦争に“加担”した。こうした過去の反省から、真宗大谷派では平和について、積極的に発信するようになったといわれています」

真宗大谷派は1990年に仏教界で初めて、自らの戦争責任を認めて謝罪している。

「当時としては画期的な謝罪でした。それに続く形で浄土真宗本願寺派、浄土宗、日蓮宗などが戦争責任を認めています。今回の安保関連法案への反対声明も、ほかの宗派が“追随”する可能性はある。大きなうねりになるかもしれません」(前出のジャーナリスト)

選挙で仏教界から支援を受けている政治家は少なくない。特に自民党議員は安穏とはしていられないのではないか。

_________________
コメント:仏教界(諸派・寺院・僧侶・学者・信者・学会・政党は)仏陀・(聖徳)太子・ガンジー・キング・アンベードカル・(ティク・ナト・)ハーン・焼身自殺の僧など実践に習え!(葬式仏教・観光仏教から脱皮の最良契機!)


辞任ドミノへ…望月環境相&上川法相も規正法違反疑い浮上 by limitlesslife
February 27, 2015, 11:24 pm
Filed under: 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, アメリカ合衆国(米国), オリンピック, カジノ(賭博、破産、破壊、・・・), ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), グローバリゼーション, ストロンチウム, スパイ(偵察、情報収集、・・・), バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, プルサーマル(高浜原発・・・), プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), ヘイトスピーチ(錯誤・差別・殺戮・・・), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), リニアー・モーターカー, CIA:Corruption In America (from comment), Climate change, 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 無人機(錯誤、差別、殺戮、・・・), 特攻(神風特別攻撃隊、殺人、国家、美化、・・・), 犯罪(利己、無智、無恥、・・・), 独裁, 献金(賄賂、買収、, 環境(劣化、汚染、破壊、・・・), 生命か戦争か, 産経新聞(ドン:鹿内信隆:慰安所作り、・・・), 異常気象(温暖化、エルニーニョ、・・・), 社会保障(切り捨て、負担増、給付減、・・・), 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 米兵犯罪(暴行など), 籾井勝人, 経団連:(金儲団体:原発マフィア?), 経済(不振、不正、崩壊、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 金融, 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 金字塔文明, 金権、, 自衛隊(戦争参加、文民統制、・・・), 自民党, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 虚仮・虚偽・虚妄・虚実・夢中夢・浮世, 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 首相不信任, 読売新聞(黄泉売り?オマル売り?・・・), 財閥(戦争、強制労働、解体、復活・・・), 財政(危機、破綻、改革、・・・), 貧困(格差、政策、予算、・・・), 賃金(値上げが先・何処も上げない資本主義・消費の70%), 資本主義(金権主義、金次第、・・・), 軍事(優先), 農業・食料・環境, 辺野古, Global warming, Globalization, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, TPP, 分割し統治せよ(漁夫の利を得よ、眼を逸らさせよ), 利己主義, 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 原発(ゼロ、稼動、・・・), 原子力産業(関係、機関紙、、、), 国家(主義), 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地球温暖化(異常気象、海面上昇、海没島嶼・都市、環境破壊、種絶滅、・・・)、, 地位協定, 基地, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍内閣, 安倍晋三, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 政府(錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮), 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 暴力(無理が通れば道理が引っ込む), 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 東電(東京電力:TEPCO), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 権利(侵害), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 気候変動(異常気象、温暖化、・・・), 沖縄, 一極集中(金字塔、・・・), 三権分立(立法・行政・司法)

 安倍内閣の辞任ドミノが現実味を帯びてきた。今度の疑惑大臣は望月義夫環境相(67)。国の補助金の交付決定通知を受けた企業から1年以内に献金を受け取っていたことが発覚した。辞任した西川公也前農相の問題とほぼ同じ構図で、政治資金規正法違反の疑いが出てきた。

望月環境相が代表の自民党支部は2013年、総合物流会社「鈴与」(静岡市清水区)から140万円の寄付を受けたという。「鈴与」が望月大臣の「自民党静岡県第4選挙区支部」に寄付したのは2013年12月30日。「鈴与」はその4カ月前の13年8月19日に環境省所管の補助金1億7000万円、さらに9カ月前の13年3月15日に国交省所管の補助金4200万円を受け取っていた。寄付した時期が同年12月なので、いずれも補助金の交付決定通知から1年以内の政治献金を禁じる政治資金規正法に違反している。

27日の衆院予算委で、民主党からこの問題を追及された望月環境相は、「国ではなく一般社団法人が決定を行っているので、規正法が規定する補助金には当たらない」と答弁した。違法ではないとしながらも、今月26日に返金したという。西川前農相と同じやり方だ。

■上川法相も同企業から60万円

上川陽子法相(61)にも同じ疑惑が持ち上がっている。望月環境相が寄付を受けたのと同じ鈴与から、上川法相の政党支部が13年3月29日から12月まで計60万円の献金を受けていたという。

上川法相は衆院予算委で、「調査した上で対応し、説明責任を果たしたい」と答えた。

__________________________
コメント:構造的問題があるのではとの追求(維新の党):「金塗れ政権」ではないか?(民主党)―
その答えは:金字塔構造(金・オトモダチ)!?


イスラエル寄りの外交を改め、後藤・湯川さん、ヨルダン人の救出の交渉で、可能な手段を尽くしてください by limitlesslife

総理官邸ファックス03-3581-3883
公明党本部ファクス 03-3359-3558
公明党代表・参議院議員 山口那津男様 Fax: 03-6551-0806
公明党幹事長・衆議院議員 井上義久様 3508-3354

イスラエル寄りの外交を改め
後藤・湯川さん、ヨルダン人の救出の交渉で
可能な手段を尽くしてください

2015年2月28日

安倍首相および公明党幹部の皆さま

イスラエル国旗を背にイスラム国対策の中東支援を行うと安倍首相が表明しました。これは今回の人質事件に不利な条件を与えたことは明らかです。

イスラエルによる中東の侵略という紛れもないテロ行為を実質的に日米、世界が放置していることが、中東における「テロ」の源泉です。

イスラエルによるテロに屈しないよう、イスラエルに対してテロ行為をやめるよう、毅然とした外交に改めてください。イスラエル対策の中東支援を同時に行うと表明すべきです。

イスラム国と交渉できると思われる常岡浩介氏、中田考氏の努力を妨害していることは、政府の姿勢をよく示しています。

人質すべての救出の交渉で可能な手段を尽くしてください。

太田光征

〒271-0076 千葉県松戸市岩瀬46-2 さつき荘201号
Tel/fax:047-360-1470

____________________________
コメント:全て因縁生起であり、問題・苦悩には原因がある。その根源を解決しなければ真の解決は無い。米帝国支配・イスラエル・ユダヤ人の米国圧力・利害関係・その有志連合(米国・資本主義陣営)の利己・吾我主義が金字塔墓場を作って人間界・生物界・環境界に問題・苦悩を引き起こしている。その錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮の五過をやめるには草の根の覚醒・自由・平等・博愛・平和の五福が必要である。(その詳しい枠組み転換の方法についてはご高覧ください:枠組転換pdf
怨みは怨みにより鎮まらず、
怨み無きにより鎮まる。
これここに永遠の法なり。
勝利は怨みを生む、敗者は苦悩に臥す故に。
勝敗を越えて安住するこそ、平和裏に臥せり。

(法句経)

戦争は戦争により鎮まらず、
戦争なきにより鎮まる。
これここに永遠の法なり。
優越は怨みを生む、劣者は羨望に居す故に。
優劣を越えて安住するこそ、平和裏に居せり。


安倍政権打倒を 滋賀県知事選 三日月氏当選 by limitlesslife
July 15, 2014, 11:45 pm
Filed under: アベノミス, 真理:平和:非虚偽:非暴力:非人為:非権力, 社会変革, 社会保障, 社会保障(切り捨て、負担増、給付減、・・・), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(日本、世界、矛盾、破綻、・・), 選挙, 脱(成長・汚染・差別・搾取・破壊・殺戮・原発・暖化・絶滅・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 金字塔文明, 自民党, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 防衛:攻撃:破壊:損失, 虚仮・虚偽・虚妄・虚実・夢中夢・浮世, 靖国神社(戦国神社?), 領土問題, 被災(地震・津波・原発・・・), 首相不信任, 財閥(戦争、強制労働、解体、復活・・・), 財政(危機、破綻、改革、・・・), 貧困(格差、政策、予算、・・・), 軍事(優先), NHK(日本放送協会), TPP, 公明党, 内閣法制局 (長官, 分割し統治せよ(漁夫の利を得よ、眼を逸らさせよ), 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 医療・介護, 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 原発(ゼロ、稼動、・・・), 原発事故・責任・補償, 原子力委員会, 命(対金), 国家安全保障基本法, 国家安全保障会議, 国家戦略特区, 国民主権, 地球倫理, 基地, 安倍晋三, 安全・安心・安寧(生命・平和vs軍備・戦争), 差別(人種、民族、宗教、。。。), 従軍慰安婦, 情報公開, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(犠牲者・救済・求償・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射能除染, 放射能被曝, 放射性廃棄物, 政府(錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮), 枠組転換(金字塔から命帝網へ、・・・), 核廃絶, 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 死の商人, 河野談話, 主権(回復、切捨て、・・・), 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 人権, 信>食>兵

安倍政権打倒を進めましょう
嘉田氏の「卒原発」を引き継いだ三日月氏が自民・公明を破り当選
三日月氏は集団的自衛権に反対,
これが有権者を動かしました。 
2009年自公政権を打倒したのは
貧困格差是正、年金問題で
民主・社民の連立政権ができました、
安倍政権は脆弱です。(得票率は20%台でしかありません)
貧困格差は増大、年金問題はまだ解決していません。
脱原発は有権者の70%
集団的自衛権反対、参戦反対は有権者の過半数です。
反自公がまとまれば再度の政権交代は夢ではありません
貧困格差是正・脱原発・平和憲法遵守の日本は可能です、
有権者はしっかり見ています。
                         さいたま市 石垣敏夫
__________________________
コメント:日本・世界・地球・一切衆生の為の戦争のない世界への先進的憲法の為に結集・行動しましょう!!!


ホテル、百貨店で偽装を続発させた 「レストラン」という世界の特殊性 by limitlesslife
November 8, 2013, 7:52 am
Filed under: 虚仮・虚偽・虚妄・虚実・夢中夢・浮世
財部誠一の現代日本私観
【第21回】 2013年11月8日 財部誠一 [経済ジャーナリスト]

阪急阪神ホテルズに始まったメニューの偽装・誤表記が、その後、日本全国の有名ホテルに続々と広がっていった。正直驚いた。企業社会では過剰とも思えるほどの人的、事務的コストをコンプライアンスにかけているご時世に、有名ホテルのメニューの偽装・誤表記問題が続発すること自体が異常である。

なぜこんな事態が続発しているのか。

レストランだけ治外法権
モラルを越えた「徒弟制度」的な実態

大手食品メーカーの経営者は「料理の現場」の特殊性に注目する。

「レストランは職人の世界。親方弟子の徒弟制度のような慣習のなかで技能や専門性が引き継がれている。内なる常識と世の中の常識との間に大きなズレが生じた典型例ではないか」

単純なモラルを越えた問題が潜んでいるという。

「たとえば『秘伝のたれ』のような表示は料理屋さんでは通じても、我々食品メーカーではまったく通用しない。なぜなら原材料はすべて開示だから」

原材料の情報開示どころどころか、原材料を秘匿し続けるミステリアスなことこそ老舗の味だという感覚が確かに日本人にはある。その閉鎖性にさらに輪をかけているのが「徒弟制度」的な実態だ。

親方は絶対者であり、仕入れから調理まで、もちろんメニュー(お品書き)の細部にいたるまで、親方がすべてを仕切る。ホテル全体のオペレーションは近代的、合理的に行われていても、レストランは治外法権という現実が残っている。ホテルの看板は立派でも、レストランの内実は親方個人のモラルがすべてを支配するという閉鎖社会だ。

ただし、そうはいってもひとたびメニューの偽装や誤表記が表沙汰になれば、ホテルのブランドイメージは地に落ちる。一度棄損したブランド価値を再生するのは簡単ではない。ましてや阪神ホテルシステムズが経営をしているリッツ・カールトン・大阪では冷凍ジュースが「フレッシュジュース」と称して客に提供されていたとなると、いくら誤表記を強弁したところで、信頼はすでに失墜している。

その後、近鉄旅館システムズが経営する「奈良万葉若草の宿三笠」で子ども用メニューにステーキと称して成形肉が使われていた問題が発覚。成形肉はアレルギー物質を含んでいるためアレルギー反応のある客には提供しなかったというが、そこまでくると、もう誤表記の言い逃れも通用しない。

当初は阪急阪神ホテルズにならって近鉄旅館システムズも「誤表記であって偽装ではない」としてきたが、11月5日になって社長が引責辞任することを明らかにした。報道によれば社内調査で「料理長が誤表記を認識していたことがわかった」からということだが、それは調理現場が組織ぐるみで偽装したということ以外の何ものでもない。

“車海老”と偽装しても「誤表示」
無法地帯に放置されたメニュー表示

過去にメニュー偽装をメディアで報じられたことのある大手ホテルの料理長と話す機会があった。一連の偽装をどう考えるか。

「複雑な気持ちだ。メニューに掲げている素材が天候や気象の影響で手に入らなくなってしまうという事態は実際に起こり得る。実際私たちが偽装と報じられた時も、そうだった。ごく自然に、別の素材で代替しようと考えてしまった。じつはメニュー表示の素材よりも単価の高い素材で代用したのだが、偽装と言われた。一番正しい選択はメニューを書き換えることだったと思う」

予定していた食材が手に入らない事態はいつでも起こり得る話だ。正直にメニューを書き換えるという選択をすべきだったのだと思う。最悪の事態は、必要な食材が手に入らず、安価な別の食材で代替しても、客の舌が違いを判別ができないことだ。そんなところにメニュー偽装の入口があったのかもしれない。

11月5日、今度は老舗百貨店のレストランでも偽装が発覚した。高島屋は主要店舗の5つのレストランと2つの売場でメニュー表示と異なる食材が使われていたことを発表した。フランスの有名ブランド「フォション」が提供していたテリーヌには車海老が使用されているはずだったが、実際は価格が3分の1程度のブラックタイガーが使われていた。

これまでのメニュー偽装とは一線を画す悪質ぶりだ。

高島屋の場合は、調理現場の特殊性では片づけられない。テレビカメラの前で釈明会見をした高島屋幹部は、メニュー作りからすべて百貨店サイドも一緒に作業、車エビでは採算がとれないため当初からブラックタイガーを使用すると決めていたというのだ。偽装のつもりは一切なく「メニューを書き換えるのを忘れただけ」という説明。

高島屋の謝罪会見翌日の11月6日、今度は百貨店業界のトップ、三越伊勢丹までもが偽装に連座していたことがわかった。記者会見で同社幹部は傘下のレストラン「14店舗でメニュー表示と異なる食材を使用した料理を客に提供していた」と発表した。なんと日本橋三越の「カフェウィーン」では、洋菓子に中国産の栗を使用しておきながら、実際は欧州産の栗を使用していた。

さらにこの日、そごう・西武と小田急百貨店でも偽装表示があったことを明らかにした。これで日本の主要百貨店すべてが偽装表示に関わっていたことになった。

何が問題なのかといえば、レストランのメニュー表示は無法地帯に放置されてきたことに尽きる。

食の安全を担保する法律の最たるものはJAS法だが、その法律の正式名称「Japanese Agricultural Standard(日本農林規格)」を見ればわかる通り、そもそも農林水産物の原産地等の表示に関する法律だった。それが1999年の改正で、一般消費者向けに販売される全ての飲食料品に対して、原産地や原材料の表示が義務付けられるようになった。

農産物や水産物などの生産者や食品加工メーカーにはすべてJAS法の縛りがかかる。たとえばJAS法に基づく規定では、「フレッシュジュース」は、その場で果実を搾ったものに限定されている。

ところが調理を経たレストランの料理はJAS法の対象外だ。だからリッツ・カールトン大阪が冷凍ジュースを「フレッシュジュース」で提供してもJAS基準は及ばない。

レストランの調理品を規制する法律は景品表示法だが、同法では実際よりも著しくいい品物であると消費者を誤解させたかどうかが問われる。メニュー表示と食材が違っているという事実だけでは、景品表示法で裁かれることがない。

ひとことでいえばホテルや百貨店のレストランはきわめてゆるい気分のなかで商売が許されてきたということだ。「偽装ではなく誤表記」で事足りると考える甘さ。そのゆるさ、甘さはひとえに無法地帯の商売だったからに尽きる。

雪印集団食中毒事件から13年
食品メーカーの意識改革に習え

安倍政権のもと、成長戦略の柱のひとつとして規制緩和が議論されているご時世に、規制強化を持ちだすのはなんとも時代錯誤の気分だが、消費者が圧倒的な信頼を寄せてきたホテルや百貨店のメニュー偽装多発はもはや看過できない。法的な規制強化は避けて通れない。

もっとも法律で縛れば問題がすべて解決するというわけでもない。

大手食品メーカーの経営者は、業界の意識を決定的に変えたのはJAS法の改正ではなく、2000年に起きた「雪印集団食中毒事件だった」と語る。

「1万5000人近い方が食中毒を起こし、雪印乳業は事実上の解体になった。あの事件で世の中の常識が完全に変わったと認識している」

2000年6月から7月にかけて、近畿地方中心に雪印乳業の「低脂肪乳」を飲んだ1万4700人が下痢やおう吐など、食中毒の症状に苦しめられた。戦後最大の食中毒事件である。その2年後には雪印グループ内で牛肉偽装事件が発覚。雪印乳業は事実上、解体された。その衝撃が原材料の表示に対する食品メーカーの意識を一変させたというのである。

ホテルや百貨店のメニュー偽装をメディアには徹底的に掘り起こしてほしい。この調子でいくと、百貨店が販売する高級おせち料理は、偽装食材で重箱がいっぱいになっているのではないかと思えてくる。調理の現場は、お品書きに記した通りの食材を急きょ集めることになり、てんやわんや大騒ぎになっているのではないか。信用の崩壊だ。

偽装も誤表記も、結果的に消費者を欺くことにおいては何の差もない。食を提供することの社会的な責任の大きさを痛感してもらうためにも、メニュー偽装の全貌を明らかにしてほしいものだ。法的措置よりも、政治の対応よりも、ホテル業界や百貨店業界が自らの責任の大きさと恐さを自覚することが必要だ。

月に1度、いや週に1度、できれば毎日、ホテルや百貨店はテナントやレストランのメニューと食材との一致をチェックすべきた。消費者はホテルや百貨店のブランドを信用して高いコストを払っている。地に落ちた信用をどうやってとりもどすのか。徹底的な意識改革をやってほしい。



朝日放送おはようコール 井上章一が宇宙飛行他を語る by limitlesslife

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は国際日本文化研究センター教授で評論家の井上章一さんのお話でした。今日は政治のお話はなしです。
 日本人宇宙飛行士、若田さんが初の宇宙ステーションの船長になりました。アメリカ、ロシア以外はベルギー、カナダのみの実績で、井上さん、今までアメリカ、ロシアがやっており、日本政府は宇宙の予算を減らしたのに、宇宙ステーションの船長に日本人が選ばれたのは、国際社会から日本にもっと予算を出してくれと邪推すると言われました。
 そして、楽天の通販で不当表示、シュークリームが12000円なんてとんでもない価格であり、それを2600円に77%値引きというのは通常価格なのです。井上さん、4万点もあるので管理しきれないが、買わされた消費者は楽天にだまされたとなる、楽天もお祝いに水を差されるのは不本意、ネット通販は現物を見れないのでなおさらと言われました。
 さらに、長野県で24億円消えた件、容疑者が貢いでいた女性の談話が放映され、会ってもしょうがないとコメントし、井上さん、金をバンバン使っているときもあやしく、その時に通報すべきとも言われました。
 この他は空を飛ぶジェットマンの話題がありました。井上さんは、パラグライダーでも怖いのに遠慮すると言われました。