Global Ethics


全国に「こども食堂」の輪〜子どもの貧困化が進む中:ブログ(動画視聴) by limitlesslife

M.nakataです。

メールをありがとうございます。

 

(拡散歓迎)

/////////////////////////////////////////////////////////

OURPLANET-TVが、中継してくれていた豊島区会場で、「子ども食堂全国サミット」を、

まさに偶然、神・仏の采配でしょうか、私はその当日の映像をキャッチすることができました。

 

子どもの貧困・一人親・家賃が払えなくて、学校にも通えない。

 子どもを見守る大人たちがいない中で、いじめ・自殺など。

 

日本の悲しいニュースを見るたびに、自分の胸が引き裂かれる思いで、涙を流して途方にくれ、

何とか回りの大人達の援助の方法がないものか?  探していました。

街で、ビッグイシュー販売の方から、ダライラマ表紙の12月号に、
  子どもの貧困・生まれる「子ども食堂」の特集を偶然見つけることができました。
そして、
カタログハウス・2016年春号が届いて、「子ども食堂の、輪が(ネットワーク)広がっています」
通販生活レポートで、特集が組まれているのを、先日連れ合いが見つけ教えてくれました。

 

写真解説つきで5頁の特集がこれも参考になります
年間¥1000で何年も愛読書にしていますが、社会の動きに敏感なカタログハウスの冊子です。

自分達の住む地域で、街で、私たち大人が、子ども達に、声をかけ、ふれ合う場を作れるといいな~
と、日本の各地で取り組まれ始めてている「こども食堂」から学べるものを足元で生かしたいな~と思います

大阪西成区で子どもの養護活動を実施しているNPO法人「こどもの里」の荘保共子さんが基調講演。

学校に通っていない子どもや戸籍のない子どもたちとの関わりなど、39年間の経験。

 

子どもへの信頼。胸を打ちます。これぞ、人間が育つ環境と見守る愛 。そして、「子ども食堂」にそれぞれの地域での大人たち・そして学生の関わりの試行錯誤する実践報告は、

お互いが温かい、人間にどんどん育てられていく。不思議なこの作用にひきつけられていきました。

★私たちブログページから、どうぞ下記最新の「こども食堂サミット」動画もご視聴・ご利用ください。

“”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

◆選挙を市民の手に! ブログ

http://senshimin.blogspot.jp/(動画視聴)

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2014
「こども食堂」全国に輪〜子どもの貧困化が進む中

投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 01/07/2016 – 09:45

 

「今日のご飯はコンビニ弁当…」
そんな環境に置かれた子どもたちが気軽に入り、ワイワイご飯を食べれるようにと全国で広がっている「子ども食堂」。その経験を共有しようと11日、都内で「こども食堂サミット」が開催された。

「こども食堂サミット」が開催されるのは、去年に続き、今年で2回目。「こども食堂」の先駆け、東京豊島区のNPO法人「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」と、全国の「こども食堂」をつなぐために去年結成された「こども食堂ネットワーク」が主催し、250人が参加した。

イベントではまず大阪西成区で子どもの養護活動を実施しているNPO法人「こどもの里」の荘保共子さんが基調講演を行い、学校に通っていない子どもや戸籍のない子どもたちとの関わりなど、39年間経験を話した

荘保さんは、社会的貧困とは、経済的な貧困だけなく、関係性の貧困や時間の貧困、遊びの貧困、人権の貧困、教育の貧困があると述べ、かつては可視化されていたものが、徐々に見えにくくなっていると指摘した。
= 略=

一方、より厳しい環境に置かれた子どもたちに来てもらうにはどうアプローチすれば良いのかという課題もあがった。

日本では国内の格が進み、現在、子ども6人に1人が貧困状態に置かれているとされている。

 

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

Advertisements


朝日放送おはようコール 伊藤洋一が貧困問題と経済成長を語る by limitlesslife

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝はシンクタンク研究員でエコノミストとの伊藤洋一さんのお話がありました。

国会にて、格差問題で岡田vs安倍の論戦がありました。そして、GDPは上がったものの、民間予測を下回っています。
岡田氏は格差問題を問い、OECD34カ国の中で貧困率最悪と指摘し、伊藤さん、働いても働かなくても貧困で、格差は広がるのではなく、格差ではなく貧困問題というべきで、一人親の貧困は恥ずべき数字で、安倍氏はごまかしているが、恥ずべきと言われました。
さらに、GDPは、去年まったく経済成長はせず、海外の新聞はこれを指摘し、個人消費も減っており、設備投資も伸びず、このままでは問題で、伊藤さんは春の賃上げが、大手だけでなく、中小もどうなるか、人々に自信がないと消費は伸びないと指摘されました。

大阪で、春節祭のイベントも行われています。道頓堀で観光バスの駐車スペースも増やし、伊藤さん、日本に来る中国人は20数万使い、日本への観光局が増えたことを実感され、中国の富裕層は大変にお金を持ち、観光客は先進国では居住人口の4~5割、日本なら5000万人来る可能性があり、なら今の受け入れでは足りず、都市計画をする人は観光客のことをどうするのかと指摘されました。中国では18億春節祭に移動すると言われました。

近畿での青酸不審死事件、容疑者は二人目の殺害も自供しています。夫の殺害のみ認め、交際相手の殺害は否認していたのに、変死は9人目で、伊藤さん、この件は何人殺されたか分からず、お金目当て、先物取引で失敗し、そのたびに金策でこういうことになり、現状が明らかになったら、もっと大変なことになるが、青酸化合物の物証もなく、これが爪切れていないと言われました。



【2014年10月22日備忘録】 東海地区脱原発イベント情報 by limitlesslife

 永岡です、東海地区での脱原発、反秘密保護法、反集団的自衛権イベント情報をお送りいたします。
<以下、転送>
———————-(以下転送歓迎)————
***************************************
☆☆ 特定秘密保護法に関するイベント(名古屋周辺) ☆☆
********************************************
【出版】緊急出版『世界はどう見ているかー国際人権基準と秘密保護法』ぜひ購入を
秘密保全法に反対する愛知の会 国際情報部会が、冊子「世界はどう見ているか」
-国際人権基準と秘密保護法- を14/10/17に発行いたしました。
1冊300円(送料別82円)です。全48ページ。
http://nohimityu.exblog.jp/22821356/
ご注文はFAXまたはメールにでお申し込みください。
・申込書(FAX)
http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/141017.pdf
・申込メールフォーム
http://ws.formzu.net/fgen/S23406195/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】10/23(木)秘密保護法+集団的自衛権反対 街頭宣伝 10/23(木) 12:00~13:00 街頭宣伝     場所:名古屋市栄 バスターミナル前
主催:秘密保全法に反対する愛知の会
http://nohimityu.exblog.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】10/26(日)秘密保護法の廃止を求める知多半島 市民講演会
とき:10月26日(日)午後2時~4時
ところ:アイプラザ半田 研修室
「秘密保護法は私たちの暮らしをどう変えるか?」
―安倍改憲の現状と私たちの課題―
講師:愛敬浩二 氏(名古屋大学教授)
主催:「秘密保護法の廃止を求める知多の会」
事務局:半田市職員組合     連絡先:近藤(090-5868-3673)
http://nagoya.ombudsman.jp/himitsu/141026.pdf
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【三重】10/28(火)「秘密保護法を考える四日市の会」街頭活動
10月28日(火)16時~17時
場所:近鉄四日市駅前ふれあいモール付近にて
秘密保護法を考える四日市の会
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/6(木)秘密保護法+集団的自衛権反対 街頭宣伝
11/6(木) 18:00~19:00 街頭宣伝
場所:名古屋駅桜通口 交番前
主催:秘密保全法に反対する愛知の会
http://nohimityu.exblog.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【三重】11/6(木)「秘密保護法を考える四日市の会」街頭活動と憲法カフェ
11月6日(木)12時~13時
場所:近鉄四日市駅前ふれあいモール付近にて
その後14時から17時 「憲法カフェー小貫陽介弁護士 を囲んで」
※近鉄四日市駅前「スターアイランド」2階   喫茶ROPE
※当日参加も受け付けますが、できるだけ事前 連絡にご協力を。
秘密保護法を考える四日市の会
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【三重】11/6 勝手に決めるな 安倍内閣暴走ストップ
憲法を守ろう!! 白子駅前アクション
とき 11/6(木)午後6~7時
ところ 近鉄白子駅周辺
内容 リレートーク、プラカードアピール、署名、チラシ配りなど
主催 安倍内閣暴走ストップ!白子駅前アクション実行委員会
呼びかけ 秘密保護法に反対する鈴鹿市民の会
連絡先 山本あけみ TEL 090-1292-5588
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/9(日) 秘密保護法 マル秘作戦会議
11/9(日) 13:30~15:30 街頭宣伝
場所:名古屋YWCA 404会議室(地下鉄「栄」東5番出口より東へ2分)
http://www.nagoya-ywca.or.jp/mapfiles/ywcamap.html
秘密保護法施行直前!私たちに何ができるかをみんなで考えます。
主催:秘密保全法に反対する愛知の会
http://nohimityu.exblog.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【岐阜】11/15(土)芝居”凍える大地”
秘密保護法が施行されたら・・・ 大地は凍えてしまう・・・
岐阜県弁護士会会員が演じます。
日時 11/15(土) 午後2時~
場所 岐阜市民会館
主催 岐阜県弁護士会
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】11/19(水)学習会「世界はどう見ているか ~国際人権基準と秘密保護法~」

11/19(水) 18:30~20:30
講師 海渡雄一弁護士
場所:ウィルあいち 大会議室
名古屋市営地下鉄「市役所」駅 2番出口より東へ徒歩約10分
http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-sisetu.html
主催:秘密保全法に反対する愛知の会
http://nohimityu.exblog.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【静岡】11/20(月)特定秘密保護法 違憲行為差止請求訴訟 第2回弁論
日時 11月20日(月)10時~
場所 静岡地裁201号法廷
http://plaza.across.or.jp/~fujimori/tokuteihimitsuhogohou.html
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【愛知】12/6(土)秘密保護法施行に反対する大集会
日時 12/6(土)14時~    集会
14時45分~ デモ
16時     集会
場所 名古屋市栄周辺br>
主催 秘密保全法に反対する愛知の会
http://nohimityu.exblog.jp/

***************************************
☆☆ 名古屋・毎週金曜日
「福島第一原発事故を肝に銘じ、浜岡原発を廃炉に」
中部電力本店前金曜行動 ☆☆
***************************************
日時:10月24日(金)午後6時から7時まで
場所:中部電力本店前
主催:浜岡原発の廃炉を求める人々
連絡が必要なら:090-6087-8656(平山)
* 2012年7月20日から始めて今回が112回目になります。
参加者の訴え、活動報告、調査報告、歌と小唄で1時間をつなぎます。
ご参加を!

****************************************
☆☆ 名古屋・ 毎週金曜日「大飯原発再稼働反対!」
【関電支社前アクション】☆☆
********************************************
日 時:10月24日(金)18時~20時
場 所:関電東海支社前 高岳駅1番出口すぐ http://p.tl/UgeU
呼びかけ<ナゴヤaction!原発サヨナRiotGRRRLZ+脱原発!
大ナゴヤ大サウンドデモ+雑多な民>
(下記HPで確認の上、お出かけください)
http://d.hatena.ne.jp/riotgrrrl/20140122/p1

***********************************************
☆☆ 【大垣】 「大垣パパママだれデモ、脱原発アクション」 ☆☆
********************************************
日 時:10月24日(金) 午後6時から6時30分くらいまで
場 所: JR大垣駅南口
連絡先: 090-5450-3227(河村)
備 考: このアクションを開始してから(年末年始も雨天も)1回も休んではいません。

が、初めてのご参加で不安に思われるときは上記連絡先でご確認を。
★開始時間を元に戻しました。

**********************************************
☆☆ 【関ケ原】脱原発アクション ☆☆
********************************************
日 時: 10月24日(金) 午後6時から30分間
場 所: JR関ケ原駅、大垣共立銀行関ケ原支店前
主 催: 「首相官邸前デモに賛同する会」
連絡 先: 090-7314-7871(染矢)

***************************************
☆☆ 垂井 「官邸前抗議行動に垂井で連動!」の運動☆☆
********************************************
日 時: 10月24日(金) 18時から19時頃
場 所: JR垂井駅北口前
内 容: 脱原発アクション
連絡 先: NPO法人 泉京・垂井 平日と土曜の昼間、TEL 0584-23-3010
備 考:
垂井駅前で抗議行動を行っています!
思い思いのメッセージボードや横断幕、チラシなどを持参した参加者が
18時になると少しずつ集まり始めます。
初めての方、また手ぶらで結構ですのでお気軽にご参加ください!
皆さんのお越しをお待ちしております~♪
http://bit.ly/VH0T1M

********************************************
☆☆ さよなら原発・各務原 集会&pデモ ☆☆
*******************************************
日 時: 10月24日(金) 18時~19時
場 所: 各務原市民公園 北側中央図書館東側 噴水の南側
内 容: 脱原発の集会とデモ
主 催: さよなら原発各務原
備考:
※体調にはくれぐれもお気を付けください。
ペンライトや提灯(?)明かり等を準備いただきたく思います。
※一緒に準備等してもらうスタッフを募集しています!
興味ありましたらとりあえず、お声掛けください。
※抗議行動は「脱原発」「原発いらない」「子どもを守れ」といった短いコールの繰り返しを基本とし、
合間にスピーチの時間を取る形としています。
※脱原発・再稼動反対などのテーマ以外でのスピーチ、幟、プラカードなどはお控えください。
※シュプレヒコールなどが苦手な方は来て立っているだけでも構いません。
※途中参加、途中離脱は自由です。
会社帰りや通りがかりにちょっと立ち寄るだけでも大歓迎です。
※雨の場合は傘やカッパ等、ご準備をお願い致します。
脱原発等の飾り付けは大歓迎です。
ただし雷が鳴っていたりする時はデモ行進は中止致します。
★さよなら原発各務原のブログ
http://ameblo.jp/byebye-genpatsu/←参加の際は、事前に一応こちらで確認を!

****************************************
☆☆東京・毎週金曜日「再稼働反対! 首相官邸前抗議」 ☆☆
********************************************
日時:10月24日(金)18:00〜20:00
場所:首相官邸前および永田町・霞が関一帯
主催:首都圏反原発連合
協力:さようなら原発1000万人アクション/原発をなくす全国連絡会
/脱原発世界会議/経産省前テントひろば/再稼働阻止全国ネットワーク
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4142
〇 【川内原発再稼働進捗情報】<薩摩川内市議会の動き>
川内原発再稼働に市議会委が同意。本会議で再稼働陳情採択後、
市長は再稼働容認表明のつもり。
東京新聞2014年10月20日 14時02分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014102001001446.html
〇 汚染水対策、事故処理もままならないこの現状で
川内原発再稼働強行へ急ぐ安倍政権に徹底抗議!

***************************************
☆☆ 名古屋大学減災連携研究センター 防災アカデミー
柳川喜郎さん「100年前の桜島噴火災害に学ぶ」☆☆
********************************************
日 時:2014年10月23日(木)18:00~19:30
場 所:減災館1階減災ホール
http://www.gensai.nagoya-u.ac.jp/?page_id=27
内 容:
名古屋大学減災連携研究センター
第104回防災アカデミーを開催します
http://www.gensai.nagoya-u.ac.jp/?p=3097
講師:柳川喜郎さん(元NHK)
「100年前の桜島噴火災害に学ぶ」
主 催:名古屋大学減災連携研究センター
参加 費:無料
連絡 先:052-789-3468
http://www.gensai.nagoya-u.ac.jp/
減災館は、体感・体験による市民に開かれた学びの場です。
【10月のギャラリートーク予定はこちら!(9月26日更新)】
http://www.gensai.nagoya-u.ac.jp/wp-content/uploads/2012/06/10gatsuyotei20140926.pdf

***************************************
☆☆あそびにおいでん!プロジェクト発☆
第5回ママに贈るHAPPY講座
☆季節のお花で!フラワーアレンジメント講座☆
~ハロウィン~お菓子のなる木を作ろう!~☆☆
***************************************
日に日に高くなるように感じる空から、秋の深まりを感じる毎日。
艶やかな秋のお花を使って、フラワーアレンジメントをしてみませんか?
小さな子どもがいるから、なかなかお教室にはいけなくて・・・。
そんな子育てママにも気軽にご参加いただけるフラワーアレンジメント講座です。
今回はハロウィンにちなんだ! 子ども達も大好き! お菓子の木を作ります。 外国のお菓子を使って作る木は、飾るだけでハロウィンをもっと楽しくできるような作品! お友達に自慢しちゃいましょう~!
みんなでワイワイおしゃべりしながら、楽しく手作りしましょ!
日時: 2014年10月23日(木) 午前10時30分から12時(講座)
場所:岡崎まちなか子育て支援スペース まざりん (岡崎市康生通東1-21 みどりやビル2階)
名鉄バス「康生町」バス停下車すぐ
参加費:2,000円(材料費込み)
持ち物:筆記用具、花切りばさみ(園芸用のハサミでも良いです。お持ちでないかたはご相談ください)
講師:早川綾香さん(ロイヤルフラワーアレンジメント正教授、アレンジメント歴約9年)
早川さんの想い:私自身のいつも作るお花は自然にそこに咲いているかの様なアレンジが好きです。
特別に飾ってあるというよりも、お部屋の中に自然と溶け込むような草花を目指します。講座では、季節のお花を紹介したり、イベントをお花を通して楽しんだりしたいと思っています。
お申し込み方法: 
oiden.aichi@gmail.com   (メールにて)
上記メールアドレスに、お名前、ご連絡先(お電話番号)、同伴されるお子さんのお名前・年齢、託児希望の有無、お弁当希望の有無をご記入の上、送信ください。
※ 駐車場は、籠田公園地下駐車場をご利用下さい。(まざりんには専用駐車場がありません。)駐車券を必ず会場までお持ち下さい。こちらで捺印を行い、3時間まで駐車料金が無料になります。3時間以上は30分100円の駐車料金がかかります。
※小さなお子様の同室はもちろんOKですが、別室にて託児を承ります。人数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。託児料金は別途1時間500円かかります。
※講座後、お昼を食べながら、みなさんでワイワイお話しして頂ける時間があります。(最長午後2時ぐらいまで)お時間に余裕がありましたら、ぜひご参加ください。子育て中のママ同士、いろいろ情報交換できたらと思います。(この時間の託児はありません)
※講座後、お話タイムに引き続き参加される方で、ご希望であれば、ファインフードカフェくるみ(愛知県岡崎市羽根町若宮30-10)のお弁当の注文を承ります。くるみ弁当1個540円(税込み)です。申し込みの際にお知らせください。
※講座での会場費・講師料・材料費など諸経費を除いた収益はすべて、福島の子どもたちに愛知で思いっきり遊んでもらう保養プロジェクトの資金といたします。
お問合せ先:あそびにおいでん!プロジェクトin愛知実行委員会 金子
電話:080-3860-1856
メール: 
oiden.aichi@gmail.com
ホームページ: http://www.oiden-aichi.jimdo.com/

***************************************
☆☆ワールドコラボフェスタ☆☆
********************************************
持続可能な社会の実現のため、中部地域の国際交流・国際協力・多文化共生の活動を広げ、市民、NGO・NPO、企業、行政が協力して「学び、考え、行動する場」をつくりあげるイベントです。
とき 10月25日(土)~26日(日)
10:00~18:00
ところ オアシス21「銀河の広場」
http://www.world-collabo.jp/

***********************************************
☆☆10月26日 (日)ESD シン ポジウム「サステナブルな海・川・人のつきあい方」☆☆

***************************************************
http://www.pref.aichi.jp/cmsfiles/contents/0000065/65696/chirashi-simpo.pdf(チ
ラシ)
ESDシンポジウム「サステナブルな海・川・人のつきあい方」は、悠久の海・川と人が

現在だけでなく、将来を 見据 え て、末永くど のよう に付き合っていくかについて、

県民目線で考えるシンポ ジウ ムで す。
このシンポジウムを、ESDあいち・なごやパートナーシップ事業として下記のとおり開催しま
すので、皆様のご参加を募ります。
開催内容
日時:平成26年10月26日(日) 午後2時30分から午後5時30分まで
会場:アイリス愛知2階 大会議室コスモス
(名古屋市中区丸の内2-5-10 TEL 052-223-3751 )
プログラム
開会講演 :大村 秀章氏(愛知県知事)
「万博・生物多様性COP10・ESD:愛知県と豊かな海・川」(仮題)
基調講演1:保屋野 初 子氏 (ジャーナリスト、都留文科大学非常勤講師)
「欧米諸国における河川と人々とのサステナブルな付き合い」
基調講演2:嘉田 由紀 子氏 (び わこ成蹊スポーツ大学学長(10/1就任予定、前滋賀県知事)
「命と環境、未来を守る流域治水政策の挑戦-滋賀県知事としての経験から-」
パネルディスカッション
基調講演者2氏に、以下の3氏を加えた5氏で行います。
今本 博健氏 (京 都大 学名誉教授)
小島 敏郎氏(愛知県政策顧問・青山学院大学教授)
鈴木 輝明氏(名城大学大学院特任教授)
◆ 当日の様子をイン ター ネット (ユーストリーム)によりリアルタイム配信します。
(10/26(日) 午後2時30分頃からご覧になれます)
定員:200名(申込先着順)
3 参加申込方法
http://www.pref.aichi.jp/0000065696.html  (愛知県HPより)
申込受付期間:平成26年9月29日(月)から平成26年10月23日(木) 必着
参加をご希望の方は、参加申込書に必要事項をご記入の上、電子メール又はFAXでお申し込みください。
定員になり次第、申込みを締め切らさせていただきますのであらかじめご了承ください。

なお、定員を超えた後に申込みをされた方にはご連絡致します。
できるだけ事前申込をお願いしておりますが、当日参加も可能です
(ただし、準備の都合上、定員を超えた場合、入場をお断りすることがあります。
事前申込の方を優先しますので、資料が足りない場合はご了承ください。)
受講票などの送付はありませんので、当日は直接会場までお越しいただき、受付でお名前をお伝えください 。

***********************************************
☆☆「激論!NAGOYA ディスカッション~みんなで創ろう僕らのニッポン!~」☆☆

***************************************************
主催:名古屋青年会議所・国民意識確立委員会
青年会議所は地域がよくなるために活動をおこなっている団体です。
今回は、10月26日(日)12時30分より、東別院ホールにて、原発問題とカジノ構想について、参加者の方とディスカッションをおこないます。
名古屋青年会議所ホームページ
https://www.nagoyajc.or.jp/64nendo/jigyo/discussion/
それぞれのテーマにおいて、学生・社会人の方に賛成・反対に分かれて
議論をおこなったあと、一般参加者の方と対話型のフォーラムをおこない、
問題の所在・解決方法をディスカッションしていき、一人でも多くの方と
問題意識を共有できればと考えております。
コーディネーターに古賀茂明氏、司会に丹野みどり氏をお招きします。
こちらからお申込み頂けます。
https://www.nagoyajc.or.jp/64nendo/jigyo/discussion/form/
なお、席には限りがあります。

***************************************
☆☆JR東海がリニア中央新幹線
事業説明会を開催 ☆☆
********************************************
日 時:2014年10月27日(月)~12月8日(月)
内 容:
JR東海
2014.10.20
中央新幹線(品川・名古屋間)に係る事業説明会の開催について
http://jr-central.co.jp/news/release/nws001540.html
中央新幹線工事事務所の所在地及び連絡先
http://company.jr-central.co.jp/company/others/_pdf/construction_info.pdf
(愛知県)
10月27日(月)18:30
ウィルあいち 愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地
11月3日(月)14:00
中区役所ホール 愛知県名古屋市中区栄 4-1-8
11月7日(金)18:00
北区役所講堂 愛知県名古屋市北区清水 4-17-1
11月8日(土)14:00
中村区役所講堂 愛知県名古屋市中村区竹橋町 36-31
11月14日(金)18:00
西区役所講堂 愛知県名古屋市西区花の木 2-18-1
11月27日(木)18:30
春日井市民会館 愛知県春日井市鳥居松町 5-44
12月6日(土)15:00
瀬古小学校 愛知県名古屋市守山区瀬古東 3-1303
(岐阜県)
11月7日(金)18:30
東美濃ふれあいセンター 岐阜県中津川市茄子川 1683-797
11月11日(火)19:00
恵那文化センター 岐阜県恵那市長島町中野 414-1
11月13日(木)18:30
御嵩町役場北庁舎 岐阜県御嵩町御嵩 1239 番地 1
11月18日(火)18:30
瑞浪市総合文化センター 岐阜県瑞浪市土岐町 7267-4
11月19日(水)18:30
土岐市文化プラザ 岐阜県土岐市土岐津町土岐口 2121-1
11月28日(金)18:30
可児市総合会館 岐阜県可児市広見 1-5
12月8日(月)18:30
多治見市文化会館 岐阜県多治見市十九田町 2-8
*他県説明会はこちらをご参照ください。
「中央新幹線(品川・名古屋間)に係る事業説明会の開催について」
http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000024310.pdf
JR東海
2014.10.17
中央新幹線品川・名古屋間の工事実施計画(その1)の認可について
http://jr-central.co.jp/news/release/nws001533.html
2014.10.17
中央新幹線品川・名古屋間の工事実施計画(その1)の認可を受けて
http://jr-central.co.jp/news/release/nws001534.html
2014.10.17
【社長会見】名古屋建設部及び中央新幹線工事事務所の新設について
http://jr-central.co.jp/news/release/nws001535.html

***********************************************
☆☆リクオ×中川敬 「うたのありか2014」☆☆
***************************************************
●10月28日(火) 名古屋クラブクアトロ
OPEN/START 18:30/19:00  【ゲスト】仲井戸“CHABO”麗市
前売¥4,000 当日¥4,500 (D別)/キッズ前売¥2,000 当日¥2,500 (D別)
チケット取扱:ぴあ(Pコード:240-477), ローソン(Lコード:41928), e+
問; 名古屋クラブクアトロ tel.052-264-8211

***********************************************
☆☆<リニアを問う・愛知市民ネット>☆☆
***************************************************
10月29日(水)18:30~ 公会堂 2F 第1会議室にて、内輪の勉強会
テーマ「全国新幹線整備法」講師は藤川誠二弁護士 (日弁連リニアPJの1員)
11月1日(土)14:00~15:00 街宣行動(上飯田駅2番出口前付近)と
市営西上飯田住宅へのチラシのポスティング
11月22日(土)13:30~16:30 労働会館 第1~3会議室連結にて
「リニアを問う 市民講座in名古屋」PART6開催
講演「リニア新幹線の電磁波問題ー健康リスクとガイドラインー」
講師は懸樋哲夫さん(リニア新幹線沿線住民NW事務局長、電磁波問題情報紙編集長)
主催・お問い合わせ
リニアを問う・愛知市民ネット 代表 小林 収(090-3384-7003)

***********************************************
☆☆2014 愛知県民の集い☆☆
***************************************************
今年も「憲法九条を守ろう 愛知県民のつどい」を開催します。
例年は11月3日の憲法公布日に開催してきましたが、今年は会場確保の都合により11月1日の開催となります。開会時間や会場も例年とは変わっていますので、お間違えのないようお願いします。

<日 時> 2014年11月1日(土)18:00開場(18:30開演)
<会 場> 日本特殊陶業市民会館(旧:名古屋市民会館)
<入場料> 一般:1,000円、大学生・障がい者:500円、高校生以下無料
◆ 詳細は別掲のチラシを参照下さい
◆ チケットは下記店舗でお買い求め頂けます。
・チケットぴあ(Pコード 627-448)
・ローソン(Lコード 40659)
・セブンイレブン(7コード 033-205)
今回は九条の会事務局長で東京大学大学院教授の小森陽一さんを迎え、「第二次安倍政権の壊憲暴走を止めるために」とのテーマで講演して頂くほか、三味線の演奏で海外も含め幅広く活躍されている六?庵やそさんにも出演して頂く予定です。
安部内閣による集団的自衛権行使容認の閣議決定は、国民不在の与党協議で日本を海外で戦争する国へ180度方向転換させようとする民主主義破壊の「壊憲クーデター」です。この暴挙に対して、九条の会(東京)は7月5日にアピールを発表し、請願署名や街頭宣伝など全国一斉の共同行動を呼びかけています。この呼びかけに応え、「あいち九条の会」としては「県民のつどい」当日の午後、会場近くの金山駅周辺で街頭アピール行動を計画しています。
また、愛知県下の各九条の会でもさまざな取り組みが予定されていますが(詳しくは当ホームページの「各地のイベント・行動予定」をご覧下さい)、今回の「県民のつどい」では、当日に各地の会で街頭行動に取り組んでいただき、幟やプラカードなどを掲げて会場に集合して頂くなど、街頭でのアピール行動と連動したとりくみとして成功させたいと考えていますので、ご協力頂きますようお願いします。
主催:あいち九条の会
http://www.aichi-article9.jp/undo.html#u-35

***********************************************
☆☆青少年健全育成のつどい☆☆
***************************************************
とき:11月1日(土)午後1時30分
ところ:(豊橋市)公会堂(八町通二丁目)
内容:青少年健全育成表彰、仁藤夢乃さん(「難民高校生」著者)による講演
参加料:無料
申し込み:不要
問い合わせ:(豊橋市)生涯学習課(0532・51・2855)
・若者の貧困問題についての講演&パネルディスカッションです。
「さらに加速する若者の貧困~奨学金被害・ブラックバイト・若年自殺をなくそう~」

日時:11月22日(土)午後1時30分~5時30分
場所:愛知県弁護士会館5階
第一部:記念講演
「奨学金とブラックバイト問題について」 大内裕和(中京大学国際教養学部教授)
「若年自殺・ブラック企業問題について」 川村遼平(NPO法人POSSE事務局長)
第二部:パネルディスカッション
「若者が貧困に苦しまない社会を目指して」パネリスト:大内裕和、川村遼平ほか
主催:愛知県弁護士会
共催:日本弁護士連合会、中部弁護士会連合会、愛知奨学金問題ネットワーク、反貧困

ネットワークあいち、ブラックバイト弁護団あいち、ビギナーズ・ネット、当会生活保護利用
支援ネットワーク

***********************************************
☆☆11/2(日)<2014ぎふ平和のつどい>☆☆
***************************************************
とき:11月2日(日)午後1時30 分~4時 ところ:岐阜市民会館大ホール
『今こそ求められる憲法の力』
講師:伊藤真さん(弁護士・伊藤塾塾長)
主催:2014ぎふ平和のつどい実行委員会(実行委員長 安藤征治)
問合せ:090-6644-9048(加藤久雄)  090-2688-5284(青木眞理)

***********************************************
☆☆ひきこもりKHJ親の会全国大会☆☆
***************************************************
14.11.2 KHJ大会が名古屋市内で開催されます。
ひきこもり等の親の会の全国組織の大会です。
ひきこもり大学等が開催されます。
参加されたい場合は、申し込みをよろしくお願いいたします。
http://www.khj-h.com
http://www.khj-h.com/pdf/2014aichi.pdf

***********************************************
☆☆河合塾ユニオンへの緊急支援行動要請☆☆
***************************************************
愛知県労働委員会で、不当労働行為救済申立から2年、労働委員会での調査も
本日(9月17日)で16回目となりました。主として不当労働行為(組合員や
組合に対する違法、不当な不利益取り扱いや組合つぶしなど)の事実や主張を尽
くしてきました。そして本日の調査でいよいよ証人しらべの具体的な日程が決ま
りました。緊急支援行動を要請いたしますので、ご協力を切にお願いします。
第1回 河合塾ユニオン側の証人尋問(当日主尋問のみ、使用者側からの反対尋問
は後日。)佐々木信吾さん(河合塾ユニオン書記長で「不当解雇」を争っ
ている当該です。)
期日:11月6日(木)午前9時~12時(もしかすると若干の延長もあります。)
ユニオンの代理人は240分の尋問時間を要求しています。
当日は、主尋問(河合塾ユニオン側だけが行います。)のみです。
河合塾ユニオン代理人からの特別なお願い
労働組合にとって本件の重要性はいうまでもないことですが、何よりも大事な
ことは、第1回証人尋問で組合側傍聴席をいっぱい(約30人)にすることです。
第1回目の傍聴席の満席こそ最重要なのです。尋問場所、時間帯からすれば、
遠方の方々にはたいへんご苦労をおかけいたしますが、くれぐれも、よろしく
お願いいたします。
■愛知県労働委員会への交通アクセスや当日の集合等に関する詳細情報は、順次、
広報しますので、ご注目を! お願いします。
なお、本日の段階であきらかになったことは、たとえば佐々木書記長の「契約
非締結」=「解雇」の事由の一つとされている「厚生労働省のリーフレット配布」
について、現場で対応した河合塾側の職員等の証人が一人も申請されていないこ
とです。これまで2年間労働委員会で一度たりともその氏名があがっていない人
物を証人とするなど異例なことであり、公益委員からも、ユニオン側の「反対尋
問が有効に機能するということじゃないですか」と指摘があった程のことです。
こうした労働委員会での闘いは、「陣地戦」(グラムシ)としての意味もある
のかもしれません。
■今後の証人尋問では、組合側の傍聴者を30名集めることが必要です。
組合員、名古屋近郊在住の知人、友人など、ご協力いただける方が
いらっしゃいましたら、ご紹介・ご依頼方々、よろしくお願いします。
■不当解雇や組合つぶしを撤回させるための応援(署名やカンパなど含め)も、
引き続き、よろしくお願いします。
http://www.pref.aichi.jp/0000009391.html
http://www.pref.aichi.jp/rodoi/
■お問い合わせは、渡邉:090-3501-4958 まで、お願いします。

***************************************
☆☆反貧困ネットワーク・学習会のご案内☆☆
***************************************
日時  11月6日(木)  午後7時~午後9時
場所  愛知県司法書士会館 2階 大会議室
テーマ 障がい者支援制度と社会保障制度改革
発表者 一宮市障害者相談支援センター ゆんたく センター長 野崎貴詞 氏
愛知県社会保障推進協議会 事務局長 小松民子 氏
※ 予約は不要です。資料代として当日会場にて300円いただきます。
(経済的にお困りの方は受付でお申し出ください。)
開催趣旨
■ 私たちが生活困窮者の支援を行う際に、支援を必要とする方々の中にはさまざま
な障がいを持っていることがしばしばあります。それに対して、現在の日本の制度と
してさまざまな制度が利用できるはずですが、私たちは、そうした制度について必ず
しも詳しいわけではありません。また、そうした制度が変わることによりどのような
問題点が生じるのかについてもなかなか解りづらいところがあります。
■ そこで、今回の学習会は、障がい者支援の制度について学習し、実際の支援に生
かせるようにすることを目的に、実際に障がい者の支援にあたっている方の話しを聞
くとともに、現在、社会保障制度改革の名のもとにその枠組みがどう変わるのか、ま
たそのどこに問題があるのかを考えることを目的として、企画しました。みなさん、
ぜひ一度障がい者支援制度について学び、その現状や問題点等をいっしょに考えてみ
ませんか?

***************************************
☆☆ 重重 消すことのできない痕跡 安世鴻写真展 ☆☆
***************************************
日 時: 11月7日(金)~9日(日) 11月14日(金)~16日(日)
オープン時間:12:00~20:00(金・土) 12:00~19:00(日)
ギャラリーミニトーク:毎日17:00
場 所:
●写真展「ブシュケ」名古屋市中区大須2丁目13番7号 地下鉄鶴舞「大須観音駅」1番出口より徒歩3分
●トークイベント(別会場)11月15日(土)14:00~16:00 要予約 先着30名、資料代500円
予約方法:お電話、FAX,E-mailにてご連絡ください。
電話:080-6952-7849 FAX:052-768-6639
E-mail: ianfu@juju-project.net
重なり合い、消すことのできない痕跡
アジア太平洋、日本軍「慰安婦」被害者たち
被害者たちとの縁は偶然のものではない。それまで多くの時間を、
韓国、中国、フィリピン、インドネシアm、それから東ティモールの
被害女性たちと時間を共にした。
そして、その時間の中で、運良くも彼女たちの心を垣間見る機会を得た。
重重プロジェクトのHP
http://juju-project.net/

***************************************
☆☆ 学習会「東濃の核関連施設について」 ☆☆
********************************************
日 時:11月7日(金)午前10:00~12:00
場 所:名古屋市緑区社会福祉協議会
http://www.md.ccnw.ne.jp/midori-shakyo/jimusyo.html
        名古屋市緑区鹿山2-1-5(052)891-7638
市バス(地下鉄鳴子北より) 「池上」又は「鹿山」下車徒歩約3分
名鉄バス(名鉄鳴海より)「池上台」又は「鹿山」下車徒歩約3分
駐車場は建物北側(瀬戸信用金庫側)にあります。
手前右側は本会駐車場ではないため、駐車される際は
左側のスペースをご利用ください。
また、近隣の方へご迷惑になるため、前向き駐車に
ご協力ください。
講 師:浅沼 信人さん 1949年生まれ
(住民の立場から研究されてきた方)
岐阜大農学修士卒
元 岐阜県高校教師(理科)
現在 御嵩町生物環境アドバイザー
参加費:資料代300円
主 催:緑区映画「シロウオ」をみる会
連絡先:大加幸子 090-7912-9152
eigashirouowomirukai@yahoo.co.jp

***********************************************************
☆☆辺野古の海を埋めないでっ!11.8あいちじゅごんまつり☆☆
************************************************************
日時:11月8日(土) 午後1時~3時   デモ出発:3時
場所:若宮公園ミニスポーツ広場
(矢場町ランの館の東200m。堀留交差点、高架下)
内容*ゲストトーク
安次富 浩さん (辺野古現地から=ヘリ基地反対協共同代表)
猿田佐世さん  (弁護士 新外交イニシアチブ事務局長・交渉中)
知念 優幸さん (沖縄キリスト教学院大学 辺野古基地建設反対全国行脚中)

*催し
エイサー隊(交渉中)
沖縄楽曲 上運天有二さん
*催しコーナー
辺野古・大浦湾写真展(水中写真家牧志治さん)
ジュゴンの折り紙コーナー
メッセージ&シャボン玉コーナー&指笛コーナー&バルーンコーナーなど
デモ出発・午後3時から
■賛同のお願い(当日は参加無料です。費用は賛同金でまかないます。ぜひ賛同をお願い
いたします。
賛同金  個人 一口:1000円  / 団体 一口:3000円
振込先  郵便振替(ゆうちょ銀行)
加入者  あいち沖縄会議 (じゅごんまつり賛同とご記入ください)
口座番号 00890-0-151551
■スタッフ募集
当日、準備をお手伝いしていただける方を募集します。ご協力ください。
■主催 11・8あいちじゅごんまつり実行委員会   連絡先052-731-7517
■呼びかけ  あいち沖縄会議
●不戦へのネットワーク ●命どぅ宝あいち ●名古屋YWCA ●日本聖公会中部教区沖縄プロジェクト
●東海民衆センター ●JUCON(基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク)
http://blog.goo.ne.jp/aichi-okinawakaigi

***********************************************
☆☆韓国映画「もうひとつの約束」の上映会☆☆
***************************************************
11月14日(金)18時30分(18時開場)
名古屋市教育館
当日は監督挨拶もありますので、ご都合がよろしければ是非、映画上映会にお越
しください。
上映会入場料は1000円で全席自由です。
「もう一つの約束」はサムソン電子半導体工場でベンゼンや電離放射線にばく
露した為、白血病を発症し、2007年に22歳でお亡くなりになったファン・
ユミさんの父親、ファン・サンギさんの娘の労災認定を勝ち取るための裁判闘争
を描いたドラマです。先月、8月21日にサムスン白血病裁判の2審判決がソウ
ル高裁で言い渡されました。ファン・ユミさんともう1人の労災は認められまし
たが、他の3人の労働者の労災は認められませんでした。ファン・サンギさんは
2審判決後の記者会見で、「敗訴した原告らもサムソン半導体工場の化学物質に
ばく露し白血病になったに違いない」、「被害者家族らに立証責任を負えという
のはとんでもないことだ」と話しています。企業の妨害工作に屈しなかった父親
の闘いはまだ続いています。ファン・サンギさんが代表を務めるサムソン職業病
被害者の会「半導体労働者の健康と人権守護者(パノリム)」は、サムソン電子半
導体LCD部門で働き白血病、脳腫瘍等の重い疾患にかかったとの情報提供者だけ
で164人に達し、そのうち70人が死亡したと主張しています。
「もうひとつの約束」の製作資金は、韓国映画史上初のクラウドファンディン
グ(不特定多数の人が、主にインターネット経由で財源の提供や協力などを行う
こと)方式をとり集められましたが、サムスンの影響力は韓国国内では絶大で、
劇場がサムスンの圧力を恐れ相次いで上映を見送っています。日本での一般劇場
での公開予定もなく、私達の上映運動が映画の一般公開へつながるきっかけにな
ると良いなと思っております。
映画のホームページもあります。
http://jimakusha.co.jp/1yakusoku/index.html

***************************************
☆☆ ☆☆アーサー・ビナードさんトークイベント@言の葉食堂
アーサーのペテン学講座 其の弐
~コトバの催眠術にひっかからない方法を教えます~
********************************************
日 時:2014年11月14日 18時30分~20時30分
場 所:愛知民主会館2階会議室(ほっとブックス新栄2階)
地下鉄「新栄町」下車、2番出口から南へ2分
主 催:la maison du Soleil
参加 費:1,200円
連絡 先:ほっとブックス新栄 ?:052-936-7551 Fax:052-736-7553
内容:
このごろ言葉がもてあそばれていると思います。
いや、言葉が言葉として扱われていないような、意味をムリヤリ取り替えられて言葉が虐待を受けているような感じさえします。
発言している人々も、言葉を巡って「なんとなく漂う空気」によって、いきなり吊るし上げられることが多くなりました。みんなハメられないように言葉を薄めて使っている印象です。
言葉が言葉として存在できない社会って、息苦しいと思いませんか?でも、ちょっと待って。巧みに社会を「アンダーコントロール」しようとたくらむ勢力にわたしたちは対抗できるはず!その言葉のマジックの手口さえ見抜けば。
詩作と翻訳を生業とし、言語を通じて社会に潜むワナを察知して、真実を暴き語り続けているアーサー・ビナードさんの講演会です。
言葉の手品のタネ明かしを聞きながら、日常生活を見つめなおせば、隠れていたペテンがあぶり出されます。日本語を愛している皆さん、どうぞお聞き逃しなく!
備考:
イベントやお店などにチラシを配布してくださる方、当日の会場の手伝いをしてくださる方を募集しています。
連絡は
www-asumi-mon-cheri-com@hotmail.co.jp までよろしくお願いします。

***********************************************
☆☆福祉国家構想研究会・公開研究会in名古屋
<大国>への執念 安倍政権と日本の危機☆☆
***************************************************
日時:11月15日(土)10:30~17:00
会場:中京大学(名古屋キャンパス1号館6階163教室)
名古屋市昭和区八事本町10-1-2
地下鉄八事(やごと)駅5番出口すぐ
1安倍政権の改憲・軍事大国の新段階と対抗する運動の課題
―いま、なぜ集団的自衛権行使容認なのか―
渡辺治一橋大学名誉教授
2「富国強兵」型構造改革の矛盾と対抗
―国家戦略特区、農政改革、大学改革、地方制度改革を中心に―
岡田知弘京都大学教授
3グローバル競争国家化に走る安倍成長戦略の国民的帰結
二宮厚美神戸大学名誉教授
4安倍政権の社会保障改革と労働改革
―皆保険体制の解体と労働移動強制―
後藤道夫都留文科大学名誉教授
資料代:1,000円申し込み不要直接お越しください
問い合わせ
福祉国家構想研究会
豊島区南大塚2-33-10東京労働会館5階
TEL:03-5976-2571FAX:03-5976-2573
メール:jimukyoku@tokyo-jichiken.org

***************************************
☆☆ 弁護士による演劇「凍える大地」上演 ☆☆
********************************************
日 時: 11月15日(土) 午後1時30分開場、午後2時開演
場 所: 岐阜市民会館 大ホール
内 容: 岐阜県弁護士会では「特定秘密保護法」をテーマとした
弁護士による演劇「凍える大地」を上演いたします。
演劇を通じて「特定秘密保護法」の問題点について
市民の皆様に知っていただきたいと考えております。
どなたでも無料でご覧いただけますので、お気軽にご参加ください。
主 催: 岐阜県弁護士会HP  http://www.gifuben.org/
参加 費: 無料
連絡 先: 岐阜県弁護士会HP  
http://www.gifuben.org/
備考:
★弁護士による演劇「凍える大地」上演のご案内
http://www.gifuben.org/oshirase/engeki.html
★チラシ
http://www.gifuben.org/file/engeki.pdf
(県弁護士会長もキャストで舞台煮上がるみたいです)

***************************************
☆☆ 水俣・岐阜展 ☆☆
********************************************
日 時: 11月22日(土)~30日(日) 午前10時~午後6時(25.26日は午後9時まで)
場 所: 岐阜市民会館
内 容:
●展示ー発生より半世紀。水俣病事件の事実は現代日本に何を物語のか。
メイン展示、患者遺影、実物展示、美術展示、写真展示、語り部コーナー、
展示説明会、毛髪水銀調査コーナー、水俣病ブックフェア、水俣病物産展
●ホールプログラム(場所に気を付けてください)(展示とは別料金が必要、満席に
なり次第お断り。香光殿=200人席、ドリームシアター岐阜=120席)
★「私と水俣病」ー患者さんのお話から
11月24日(月・休)午後1時30分開場、2時~4時、本願寺岐阜別院香光殿
原武千潮(水俣病患者)、柳田邦男(ノンフィクション作家)
★「私と水俣病」ー患者さんのお話から
11月25日(木)午後6時開場、6時30分~8時30分、ドリームシアター岐阜
緒方正実(水俣病患者)、中島岳志(政治学、北海道大学准教授)
★水俣から考えるー「地域と自治」
11月28日(金)午後6時開場、6時30分~8時30分、ドリームシアター岐阜
緒方正人(水俣病患者)、森まゆみ(作家)
★映画「水俣ー患者さんとその世界」完全版、土本典昭監督作品
11月30日(日)午後1時開場、1時30分~4時20分、ドリームシアター岐阜
主 催: 認定NPO法人 水俣フォーラムhttp://minamata-gifu.blogspot.jp/p/blog-page.html
参加 費:
チケット
当日券=一般1000円、大学生以下600円、
前売券=一般800円、大学生以下500円、
10枚つづりの前売券=一般7000円、大学生以下4000円(直売のみの取り扱い)

連絡 先:
認定NPO法人 水俣フォーラム
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-34-12 竹内ローリエビル404
TEL:03-3208-3051  FAX:03-3208-3052
E-mail:mf1997@minamata-f.com
備考:
水俣病はその発生より半世紀を経過し、今や世界中で「公害の原点」「環境汚染の象徴」と考えられるようになりました。
公害・環境問題にとどまらず、今日の「生きにくさ」につながる政治・経済・社会問題への広がりをもち、近・現代総体への
、そして人間存在への根元的な問いをつきつけています。
この水俣病事件についての展覧会「水俣展」を、1996年の東京での開催以来、全国各地で開催しています。
このたび、24展目となる水俣展「水俣・岐阜展」を、岐阜市で開催いたします。
「近代とは何か」「人間とは何か」を多くの人とともに考える機会にしたいと考えています。皆さまのご来場をお待ちしています。
[展示]
岐阜市民会館
・JR・名鉄岐阜駅よりバス「市民会館・裁判所前」下車
〒500-8812 岐阜市美江寺町2-6
TEL: 058-262-8111
[ホールプログラム:A会場]
本願寺岐阜別院香光殿
・JR・名鉄岐阜駅よりバス「市民会館・裁判所前」下車徒歩5分
〒500-8882 岐阜市西野町3-1
TEL: 058-262-0231
[ホールプログラム:B会場]
ドリームシアター岐阜
・JR・名鉄岐阜駅よりバス「市庁舎西口」下車
〒500-8813 岐阜市明徳町6
TEL: 058-262-2811

***********************************************
☆☆愛知県弁護士会
シンポジウム「さらに加速する若者の貧困」
***************************************************
http://www.aiben.jp/page/frombars/topics2/811hinkon.html
ご存知ですか??
45年前、1万2000円だった国立大学の年間授業料が今では53万5800円に・・・
他方、1998年には544万円だった世帯年収(中央値)が2008年には427万円に・・・
そして、 2010年、大学での奨学金利用率がついに50%を突破!!
さらに加速する若者の貧困
~奨学金被害・ブラックバイト・若年自殺をなくそう~
日時:平成26年11月22日(土)
午後1時30分~5時30分頃
場所:愛知県弁護士会館5階(→地図)
http://www.aiben.jp/page/frombars/map.html
名古屋市中区三の丸一丁目4番2号
(地下鉄「丸の内」駅1番出口より徒歩5分
又は 地下鉄「市役所」駅6番出口より徒歩7分)
入場無料 事前申込不要
【第1部 記念講演】
1.奨学金とブラックバイト問題について
講師:中京大学国際教養学部教授 大内 裕和氏
(奨学金問題の第一人者であり、『ブラックバイト』という言葉の生みの親。
全国各地での講演、全国の新聞各紙やフジテレビ「ノンストップ!」等、メディ
アにも多数取り上げられている。)
2.若年自殺・ブラック企業問題について
講師:NPO法人POSSE事務局長 川村 遼平氏
(若者の労働相談や政策提言を若者自身の手で行おうと、大学生・若手社会人ら
で結成されたNPO法人POSSEの事務局長。東京大学大学院博士課程に在籍しなが
ら、若者の労働・貧困問題の現場支援活動を行っている。)
【第2部 パネルディスカッション】
「若者が貧困に苦しまない社会を目指して」
パネリスト:大内裕和氏・川村遼平氏他
3つの問題を通じて浮き彫りになった問題点を明らかにし、解決策を探ります。
主催:愛知県弁護士会
共催:日本弁護士連合会、中部弁護士会連合会、愛知奨学金問題ネットワーク
反貧困ネットワークあいち、ブラックバイト弁護団あいち、ビギナーズ・ネット
東海生活保護利用支援ネットワーク、愛知県学費と奨学金を考える会

***************************************
☆☆【リニア市民講座in名古屋】PART6
「それでもリニアに命を預けられますか?」第2弾
リニア新幹線の電磁波問題 ☆☆
********************************************
日 時:2014年 11月22日(土)13:30~16:30
場 所:労働会館(本館)2F 第1〜3会議室
(名古屋市熱田区沢下町9-3  金山駅から徒歩10分)
http://www.roren.net/roudoukaikan/map.htm
内 容:
[1]講演 :懸樋哲夫さん
「 リニア新幹線の電磁波問題 ー健康リスクとガイドラインー 」
〈講師プロフィール〉1950年生まれ。大学卒業後25年におよぶ会社員生活を経

て、反原発の市民運動に参加。甲府でのリニア実験線反対運動をきっかけに電磁
波問題に取り組む。1993年、高圧線問題全国ネットワーク(現、ガウスネット)を
結成。電磁波情報紙『がうす通信』を21年にわたり発行。一貫して市民側に立つ
電磁波問題の第一人者として活躍中。現在リニア・市民ネット事務局長。
『高圧線と電磁波公害』『危ないリニア新幹線』(共に緑風出版、共著)『リニ
ア・破滅への超特急』 (柘植書房、共著)、『IH調理器 と電磁波被害』(三五
館)、『デジタル公害—ケータイ・ネットの環境 破壊』(緑風出版)、『電力線電
磁場被曝』(緑風出版、翻訳)、「ザルツブルク国際会議議事録」(翻訳)
《懸樋さんからのメッセージ》
「リニア新幹線の磁界はどれくらいの強さで、どのように健康に影響するでしょ
うか?」
私たちの身の周りにも家電製品や携帯電話など、電磁波があふれるようになって
います。それも問題ですが、今、「着工!」という事態となっているリニア新幹
線、その安全性が説明されておらず、むしろ、危険性を覆い隠しながら事業がす
すめられているようです。その実際について見据えていきましょう。
[2]集会 「新しい動きに対する私たちの取り組み」
主 催:リニアを問う・愛知市民ネット
後援:日本自然保護協会、愛知県保険医協会、未来につなげる・東海ネット、
リニア新幹線を考える守山の会、東濃リニアを考える会、
リニアを考える坂本住民の会
参加費・資料代:700円(学生 無料)
連絡 先:小林 収(090-3384-7003)
備考:託児なし
【10月17日 国交省はJR東海のリニア中央新幹線着工を認可!!】
・膨大な消費電力(現新幹線の数倍)はどうするの?
・活断層を貫通するトンネル 工事は大丈夫?
・排出残土の管理・処理はどうなるの?
・大変な自然環境破壊、水枯れするって?
・工事に伴う騒音、振動、土埃、日照は?
・電磁波・微気圧波・低周波音、健康 被害は?
・トンネル内で事故が起きたら、避難、救出は?
・JR東海トップが「絶対ペイしない」と言っているのになぜ着工するの???
私達は納得できません!
リニア新幹線着工認可の撤回を求める!

***********************************************
☆☆ホームレス問題の講演会
***************************************************
平成26年11月22日(土) 午後2時より開始
受付開始時間:午後1時30分より
場 所
名古屋学院大学 日比野学舎 301講義室
名古屋市熱田区大宝三丁目1番17号
TEL 052-678-4085
地下鉄名港線日比野駅下車、5番出口から左手すぐ
主 催
愛知県・一般社団法人愛知県社会福祉士会
講 演
(1) 講 師
東洋大学 社会学部
講師 川原 恵子(かわはら けいこ) 氏
(2) 演 題
ホームレスと見えにくい「女性や家族の貧困」問題
-ホームレスとジェンダー-
(3) 講師の略歴
略歴:東京都立大学大学院 社会科学研究科 社会福祉学専攻 修士課程修了
職歴:文京学院大学 人間学部 助手
東洋大学 社会学部 講師
5 その他
入場は無料です。予約は不要です。(どなたでも参加できます。先着120名様まで)
http://www.pref.aichi.jp/0000076775.html

***********************************************
☆☆ユニオン塾・奨学金とブラックバイト
***************************************************
開催日時  11月23日(日)  13:30から
開催場所   サンワーク津
テーマ    奨学金とブラックバイト
-貧困化する若者の現在を考えるー
講師      大内裕和 中京大の先生
参加費    無料(一般公開)
主催 「ユニオンサポートみえ」&「ユニオンみえ」

***********************************************
☆☆ 東海地方初公開! 長編ドキュメンタリー映画
「シロウオ —原発立地を断念させた町—」
上映会のご案内
***************************************************
★映画「シロウオ」オフィシャルサイト
http://www.kasako.com/eiga1.html
日 時:11月29日(土)2回上映
朝の部:10:20-12:05
昼の部:13:30-15:15
(*いずれも上映後、かさこ監督トーク)
会 場:豊田市福祉センター
http://goo.gl/67CW23
    (豊田市錦町1-1-1 tel:0565-34-1131)
アクセス:名鉄三河線「上挙母駅」より徒歩10分
*豊田市駅西口より中心市街地玄関口バス豊田市福祉センター行終点すぐ
*無料駐車場あり
協力券:1000円 *親子室(予約制)
主 催:映画「シロウオ」をみる会
http://kasakoblog.exblog.jp/22281210/
豊田市で映画シロウオ上映 にて検索
連絡先:大加幸子 090-7912-9152
eigashirouowomirukai@…
30年以上も前、住民の反対運動により、原発計画を追い出した町があった!
原発事故が起きた今こそ考えたい。なぜ原発マネーを拒否できたのか
◇      ◇
故郷を、自然を、仕事を、そして家族を守りたい――
原発反対運動を成功させた人々の証言ドキュメンタリー
東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故により、
広く国民に原発の危険性が知れわたることとなったが、
今から30年以上も前に、「いつか必ず原発事故が起きる。
危険な原発は建てさせない」と住民が反対運動を行い、
原発計画を断念させた場所が全国に34ヵ所あった。
中でも紀伊水道をはさんで、双方の住民たちが協力し合い、
原発計画を 断念させたのが、徳島県阿南市椿町の「蒲生田原発」と、
和歌山県日高町 の「日高原発」だ。
南海トラフ三連動超巨大地震が心配される今、
全国各地の原発再稼働が 争点となっているが、
なぜ彼らはチェルノブイリ原発事故や福島原発事故 が起きる前に、
危険性に気づき、計画を追い出すことができたのか。
当時、 反対運動に関わった住民などにインタビューし、
彼らの証言を中心に約105分の映像にまとめた。
2013年11月11日 監督・かさこ
★監督 かさこ
1975年生まれ。年間90万字の執筆、年間8万枚の撮影を行う
カメライター(カメラマン&ライター)。
写真集13冊ほかノンフィクション含め19冊の著書。
無料配布のセルフマガジン『かさこマガジン』(8500部)発行人。
本作品が初監督デビュー。
ブログ「つぶやきかさこ」は2000年より毎日更新(ブログ化は2009年より)。
月間約30万アクセスを誇る。
★製作・脚本 矢間秀次郎
1940年生まれ。1993年に映画『あらかわ』萩原吉弘監督・シグロ製作に関与。
現在、千曲川・信濃川復権の会共同代表、季刊『奔流』編集人。
主な著書『揺るぎの時代を生き抜く』合同出版刊。
★エンディングテーマ『魂の輝き、それはFと共に』~CD『魂の歌』より。
作曲:岩代太郎、演奏:東京都交響楽団、音楽協力:SHOCHIKU RECORDS

********************************************
********************************************
★集会や講演会などの情報をお持ちの方は、下の形式にしたがって
情報を書き、このメールに返信するか、netarob@yahoo.co.jpまで送ってくださ
い。次回の備忘録に掲載させて
いただきます。↓
***************************************
☆☆ ☆☆
********************************************
日 時:
場 所:
内 容:
主 催:
参加 費:
連絡 先:
備考:
**************************************
—-(転送ここまで)——————



関西テレビニュースアンカー 須田慎一郎 子供の体力・学力低下と貧困の問題 by limitlesslife
October 20, 2014, 10:27 pm
Filed under: アベノミス, 貧困, 安倍内閣, 安倍晋三

 永岡です、関西テレビのニュースアンカー、月曜のレギュラーは経済ジャーナリストの須田慎一郎さんと出版社社長で元週刊ジャンプ編集長の堀江信彦さんでした。

その前に、先ほど橋下市長と在特会の桜井氏の会談がありましたが、これを毎日放送のちちんぷいぷいが報じ、しかしもうムチャクチャで、桜井氏は橋下氏に暴言を吐き(橋下氏をお前呼ばわり)、桜井氏、街頭で行うヘイトスピーチをそのまま橋下氏にぶつけて、30分の予定が10分で沈没でありました。もちろん、橋下氏が合うことで在特会にお墨付きを与える危険性もあります。

で、アンカーの内容、トップはもちろん小渕・松島大臣の辞任で、1日に大臣が二人も辞任するのはおそらく初めて、おかげで、アンカーだけでなくどのローカルニュースもこれがトップ、トラがトップではありません(笑)。
堀江さん、松島氏はばかばかしく、うちわは違法で、あの程度のことはみんなやっており、小渕氏、あまりにずさんな処理で、違う意味で悪いもので、まかせっきりの責任はあり、しかしあまりにお粗末と言われました。
須田さん、松島氏のことはレベルが低く、国会でちゃんと説明しておらず、あんなことで追い込まれるようなものではなかったが、小渕氏はひどく、10年前から政治資金の問題、もらうより出すほうに厳しくなり、それなのにこれをチェックできなかったのはおかしく、また須田さん、有名デザイナーへの支出はオートクチュールで、認証式などに着る服であり、公私混同でないことを説明するのに、今後国会審議に耐えられない。
そして、このまま大臣を続けたら火達磨になり、安倍氏は国会審議をスムーズにするためにダブル辞任をさせたが、問題のある大臣は他にもあり、今後また揉めると言われました。
さらに、安倍氏は第1次政権で辞任ドミノ→政権崩壊になり、今回はその再来で、さらに、山谷氏は在特会ととの関係があり、江渡氏も問題、消費税増税、原発再稼動とあり、安倍政権、まるでトラにボロ負けした在京某球団の模様です(笑)。
堀江さん、辞任ドミノが起こり、政治のゲーム(次は誰々)になってほしくないとと言われました。
須田さん、消費税の判断は、安倍氏の視野には来年秋の自民総裁選で無投票再選を果たしたく、そのために統一地方選で勝つのは絶対で、そのために地方経済を良くしないといけないので、消費税を上げたら厳しく、支持率が下がり、辞任ドミノで判断に影響があり、今後の政治に大きな影響があると言われました。

そして、須田さんのニュースな裏話(ウラバナ)、先週台風で飛んだもので、最近子供たちの体力が低下し、ボール投げの数値も悪くなり、しかしそんな甘いものではなく、ここには日本の抱える闇があると言われました。キーワードは「貧困」であり、子供たちの厳しい現実を語られました。
ソフトボール投げ、50年前より6m低下、体格はよくなっているのに、この結果で、子供の体力低下から、貧困が見えてきたのです。
花園大学の橋本和明さん、子供は朝朝食を食べているかが問題になり、朝食を食べない児童の体力が低下し、そして食べない児童の68%が低収入です。
橋本さん、体力が低いと学力も低いと言われます。貧困は学力と体力を落とし、貧困は経済だけでなく精神的なもの、ストトレス、元気なしも精神的な貧困なのです。
須田さん、体力、学力の低下と貧困は結び付き、しかしこれは長らく取り上げられてこなかったので問題と言われました。親の貧困=子供の食生活もジャンクフードのみ、ゲームのみやることになるのです。
須田さん、子供の貧困に付いてイメージできるかとスタッフに問われて、堀江さん、漫画を制作された中、精神的な貧困はあり、昔は友情・努力・勝利であったのが、今小学生が大切にするのが「健康」で、親の状態が影響を及ぼすと言われました。
その、日本の貧困率、全世帯、子供の貧困率も上昇し、しかし、これはスタッフの実感もなく、6世帯に1世帯が貧困なのです。
今日はもう肝で「貧困の連鎖を断ち切れ」で、親の貧困→子の貧困→その子の貧困になり、社会保障の担い手になれるのか、須田さん不安と言われて、子供の貧困は見過ごせないと言われました。
貧困の連鎖を食い止めるため、兵庫・芦屋のNPOフードバンクは、食の支援をしていて、企業などのいらない食べ物を、支援の必要な家庭に届け、理事長の浅葉さん、食べ物がないと死ぬので大変と言われました。
児童養護施設の愛信学園(神戸)で、子供たちに食べ物を届けています。保育士の井上さんも感謝されています。49人の子どもが入所し、貧困による入所、貧困で育てられず、虐待になり、そういう子供が来るのです。
栄養士の村上さんも、食べられていない子供の増加を懸念されています。
食糧支援で、子供たちの体力の維持になります。
さらに、貧困が学力にも悪影響を与え、大阪・箕面のNPOあっとととすくーる、理事の渡さんも貧困家庭に育ち、一人親家庭の子供は授業料が半額、17人がそれで、子供たちは塾に入っても当初、勉強する余裕がなく、現役大学生が先生となり、子供たちを教え、フレンドリーな指導で、子供たちも勉強を喜んでするようになりました。
創設以来4年、高校進学をあきらめていた子供たちに希望を与えています。子供の貧困の改善の重要さを説かれます。
須田さん、経済大国の日本でフードバンクに驚いて、スタッフも、これは対処療法で、親の貧困の解消がいるとの声もあり、堀江さん、貧困は相続され、負のスパイラルで、子供に希望のない社会は滅ぶと言われました。
どんな経済環境でも上を目指せないといけない、国がやるべきなのです。須田さんも、東京で社会保障事務所を取材され、義務教育9年だけでは公立の全日制の高校に入れず、塾が要り、しかし貧困家庭は夜間公立や中学を出て働かないといけない、この貧困の連鎖を断ち切るべきと言われました。

私も、見て驚きました。政治家が観劇を支援する状態にある反面、追い詰められた家庭、子供もあり、そして義務教育だけでは高校に行けず、塾に行かないといけないというのは聞いてはいたものの、衝撃です(私は塾に行ったことはありません)。以上、今週の須田さんのお話でした。



報道するラジオ 今年のあのニュース 年の瀬にもう一度じっくり考えましょうスペシャル2013(1) 千葉猛さんの東京からのリポート、オリンピック問題 by limitlesslife
December 31, 2013, 11:26 pm
Filed under: オリンピック, 災害(避難、補償、復興、), 貧困, 差別

 永岡です、報道するラジオ、2013年末スペシャル、水野晶子さんの司会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さん、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。今も茨城で震度5、あなた任せの年の瀬で過ごせない、近藤さん紅白のバカ騒ぎでいいのかと言われました。しかし株は58%も上昇して東証の納会に安倍総理も来て、経済はいいのかと言うのですが、近藤さんそういう演出をした、金融緩和は副作用があり、利益の先食い、後の世代にどうなるのかと言われました。

 リスナーより、物忘れが求めていないのに進んだという声があり、求めても行われなかったのは阪神の優勝(笑)という声がありました。

 まず、千葉さんの中継で、東京・新宿の都庁におられて、新宿は高層ビルが多く、それらを見下ろす都庁であり、地上48階250m、その入り口に千葉さんおられて、ここから先日猪瀬氏追い出されて、昨年433万票を獲得したのに、裏ではドロドロ、地検特捜部は捜査を開始し、さらに、大きな出来事はオリンピック決定、2020年のオリンピックが話題で、猪瀬氏の就任から招致を開始し、都庁にはオリンピックを喜ぶ看板があり、景気にも影響があり、会場の整備で東京に4550億円が使われ、メインスタジアム、国立競技場を解体して(5万人入れるのに、8万人入れるようにする)、しかし、オリンピックの影で深刻な問題があり、都営住宅、10棟400世帯、1963年に作られ、これが取り壊され、都が立ち退きを相談もせずに押し付け、これは前のオリンピックの際に、国立競技場を作るために、そこから立ち退いた人のためのものなのですが、土地を国に売らされた人もいて,80代90代の人もいるのに、オリンピックで2度も立ち退きさせられ、移転先は都営住宅ねそこは空いておらず、福島の避難者が住んでいて、この人たちは期限が来たら出させると言っており!しかし福島はいつ帰れるか分からない。原発避難者を追い出して入れないとこの都営住宅の人はいい、弱い人にツケを回している。この都営住宅、災害時の避難所にする=更地にして空けるためのもので、国も都もオリンピック大賛成。前の遺産を使うものの、これ以外にも建設資材、人手も要り、東日本大震災の復興のために人手、資材も要るのに、被災地の復興、福島の作業員も要り、そういう人が東京に行ったら、実際被災地で原発はどうなるかと心配されており、オリンピックは華々しくなるのに、原発・復興は無視なのです。

 近藤さん、福島の電気は東京が使い、東京の人は痛みを感じるべきなのに、来年の都知事選、賛否のあった都知事選で、オリンピック、決まった以上批判は出来ないと言われました。千葉さんも、各地をリポートされ、しかし、裏のほうが多くなるだろうと言われました。

 その後、千葉さん、建設現場、52階建てのタワーマンションの建設場所に行かれ、ところが近くに33階のマンションもたてられ、さらに、すでに50階建てのマンションも出来ており、どんな金持ちが入るのか、最多は6000万円台、億を越えるマンションもあり、今や、高層マンションが建つのは東京の晴海、選手村のできるところで、これは選手村ではなく、一般のマンションで「世界に挑む東京」とあり、これは神戸のポートアイランド、六甲アイランドみたいな場所で、しかし神戸にはそんな高いものなし。この一帯に40~50のタワーマンションがあり、さらに建てていて、それが売れている!オリンピック決定でマンション見学者が倍になり、選手村が出来たら交通の便も良くなり、サラリーマンも買っている。千葉さん、一昨日もここを見学して、電飾で明るい場所になっており、節電はいつの話かという話で、東電本社のある町とは思われないのです。高層ビル、イルミネーションを見たら、外国の人は日本はすごい、原発事故はなかったと思うほどです。

 選手村もマンションになり、東京の人口はますます増えて、一極集中が進む。ここに9600人住むことになり、オリンピックを狙うのはゼネコンだけでなく、家電、流通、たくさんのチャンスとの到来。アベノミクスの3本の矢に、新たな矢がオリンピックになる。東京都はオリンピックの経済効果を4兆円として、2兆5000億円は東京が恩恵を受け、オリンピックで恩恵があるのは東京のみなのです。千葉さん、また移動されます。

 そして、国立競技場、オリンピックムードを高めて、ブルーシートで囲まれた、ホームレスの人が住んでいるところがあり、派遣村、2008年にあり、リーマンショックで生活に困った人が出て、今年もホームレス支援の炊き出しもあり、気温はマイナス、100人の人が集まり食事をした。食べるのも吹きさらしの公園で、そこに泊まれない人のためテントも張られ、年末年始はそこで生活して欲しいとなり、失業・ホームレス支援の、自立生活サポートセンターもやいの大西さんが来られて、渋谷のテントは貧弱であり、警察が支援団体の張ったものを封鎖しており、理由なく占拠するのはダメと追い出され、公園を完全に封鎖されテントも作れない。夜だけでも暖かくと思ってもこの状況なのです。

 大西さん、渋谷の炊き出しも警察に排除されたこと、警察は全国的にホームレスの人は排除され、東京は新宿、渋谷の公園は夜の10時で閉められ、今回は年末年始、公的機関が休みになり、支援の求めの相談場所がない。東京では民間が支援していたのに、役所の閉まっている期間も民間がやっても、渋谷の宮下公園の排除で民間の支援も出来なくなった。ホームレスの人は、近くの公園で炊き出しをして、しかしテントは作れず、共同シェルターをやっているが、100人の人は泊まれない。たくさんの人、ホームレスの背景は、10年前では国の定義で25000人→8000人と減っていると国は言うが、新宿区のデータだと、ホームレスは160人なのに9000件の相談が寄せられ、国の定義はおかしい。ホームレス、怖い、汚いと思われるが、そういう状態の人は減っているが、ネットカフェで泊まるなどの人は増えており、数字で減っているわけではない。多くの貧困、病気、障害、DVがあり、困難さで路上状態になっている。見える貧困と、見えない貧困があり、スマホを持つホームレスもあり、20,30代の人も多い。支えを失い路上に放り出されている。炊き出しの場もなくなったのです。派遣村もなくなり、国、自治体は何もやっていない。大西さん国に要望を出して、国は基本的にやらず、自治体にやらせて、しかし自治体は国からやれと言われていない、やったら回りから集まるのでやれないとすら言うのです。対策は国が音頭を取ってやらないといけない。貧困は複雑で、適切な方策を国がやらないといけないのに、国はやる気がないのです。

 オリンピックで東京は盛り上がり、これはホームレスの人には、渋谷の排除もオリンピックでの再開発のために追い出しであり、明治公園も路上生活があり、それも出来なくなっても、代替施設なし。オリンピックで仕事が増えると言うが、働ける人が路上にどれだけいるか?高齢化もあり、オリンピック後建築ラッシュはなくなり、また仕事がなくなる。公共事業がなくなるとまた路上に戻り、オリンピックがホームレスが増えるのです。

 水野さん、追い出し公園と言われて、ホームレスの人にアベノミクスは恩恵はなく、大西さん、ホームレスになるのは失業、正社員から健康を害して日雇い→健康、家族で困窮するのです。首を切りやすい環境に政治は志向し、誰もがホームレスになりかねない社会で、非正規の人が15%→35%になり、セーフティネットからこぼれ、家族からこぼれ、北京オリンピック時に景気は少し良かったが、景気のよしあしはベースが低く、生活の改善にはつながらない。もっと本質的な改善がいるのです。

 貧困が見えにくくなり、今まで思っていたホームレスではなく、大西さん、以前のネットなしの時代は寄せ場、手配師がやり(山谷、釜が先)、今はネットで派遣し、どこにいてもいいので、ネットカフェとかに散り散りになり、皆さん一人一人孤独である。以前のホームレスのコミュニティがなくなり、若年層が孤立し、相談できない。生活保護も相談できないと言われました。千葉さん、日本だと憲法25条で生活保護は認められていると言われて、大西さん、生活保護は有効に動いておらず、生活保護法が改悪され、申請時に書類が要り、これは路上生活者には困難で、役所の窓口で追い返される、野宿してから来いとなる。扶養義務の強化があり、お笑い芸人の生活保護が問題になったが、基本的には扶養は用件ではないのに、親族の扶養調査もされて、大西さんは母と兄があり、申請時に調査があり、窓口で萎縮させられる。厳しくしたい自治体は出来てしまう。窓口で権限が強くなり、利用しづらくなる。生活保護、利用しづらくなる。本来必要な人で利用しているのは2,3割、本来は600万人も利用でき、恥ずかしい、回りの目が怖いと恥に感じて利用しないので、今も利用できる人が利用できないのに、宮下公園の排除のようなこともあり、大西さん、ホームレスはより困窮して行き場をなくす。困った人がより困るものと言われました。千葉さん、ホームレスになるには段階があり、グローバル競争で企業は大変だが、人間は最低限の保証がないと、ホームレスは増え、オリンピックに4500億円(国立競技場に1700億)使うが、生活保護の予算はたったの30億(泣)、困窮している人を助けないといけない。炊き出しの場もなくなるのはおかしい。そんなことだと、国が誤った方向に行くと大西さん言われました。渋谷の排除を知り、全国の支援活動に参加して欲しいと最後に言われました。自分の目で見て感じて、この情報を多くの人に伝え、寄付も欲しい。国、自治体に声を出して欲しいと言われました。千葉さん、東京で取材し、オリンピックの前にやることがあると言われました。水野さん、オリンピックのマイナスもあると指摘されました。

 リスナーの怒りは殺到しているそうです。求めていないのに進んだのは、年老いた両親の痴呆と体調の衰えという声もありました。平野さん、高齢社会の到来、行政ももっとお金を使ってくれという声もあり、難病支援の制度改革も求める声もあり、安倍政権、医療費改悪も企み、弱い人に目が向かず、強い人はさらに儲かると平野さん指摘されました。

 以上、オリンピックに沸く東京の、影の部分でした。以下、本日の私の書き起こしは、例により私に無断で拡散してください。次に行きます。

 



明後日10/14(月・休)反貧困世直し大集会2013@四谷区民ホール by limitlesslife
October 12, 2013, 11:42 am
Filed under: 貧困
紅林進です。
明後日10月14日(月・休)に開催されます「反貧困世直し大集会2013」の
ご案内を転載させていただきます。
(以下、転送・転載・拡散大歓迎)
反貧困世直し大集会2013
~もう一度リアルに向きあおう~
この生きづらさには名前がある、それには貧困という名があるんだと知ってから6年。
見えない貧困を見えるようにしてきた。
でも変わるんじゃないかと思ったあのこともこのことも、そのこともどうなったんだ?
わけがわからない…
目をきっかりあけてもう一度リアルに向き合おう。
今起こっていることと向き合おう。
日時: 2013年10月14日(月・祝日)11:00~17:00(開場:10:30~)
場所: 四谷区民ホール(東京都新宿区内藤町87 四谷区民センター内9階)
アクセス: 新宿御苑前駅より徒歩5分 都バス新宿一丁目バス停より徒歩1分
http://www.shinjuku.hall-info.jp/pc/access.html
参加費:無料(どなたでも参加できます)
◆プログラム◆
11:00  オープニング
映画上映「逃げ遅れる人々」「メトロレディーブルース」
~休憩(30分程度)~
13:30  当事者発言 法律お役立ち さまざまな人のリアルな声を聞こう
~休憩~
15:15  パネルディスカッション「反貧困運動のこれから」
16:45 STAND UPアクション
17:00  閉会
☆ユーストリームで生中継!! 反貧困TV http://hanhinkontv.blogspot.jp/
☆手話通訳あり(午後の部)
☆キッズスペースあり(親子で利用してください)
☆物々交換スペース(家にある余っているものを持ってきて交換しましょう)
◆パネルディスカッション◆
パネラー:辛淑玉氏(人材育成コンサルタント)
東海林智氏(毎日新聞記者)
大内裕和氏(中京大学教授 奨学金問題対策全国会議共同代表)
司会:赤石千衣子氏(しんぐるまざあず・ふぉーらむ)
◆映画の紹介◆
「逃げ遅れる人々」(2012年/74分/ドキュメンタリー 監督:飯田基晴、
製作東北関東大震災障害者救援本部 http://www.j-il.jp/movie/
2011年3月11日の東日本大震災で、障害を持つ人々の身に何が起こったのかを
描いたドキュメンタリー。大震災に翻弄される障害者と、その実態調査や支援に
奔走する人々の日々を追った作品。監督は「犬と猫と人間と」の飯田基晴。
「メトロレディーブルース ~東京メトロ売店・ 非正規女性のたたかい~」(2013年/
26分/ビデオプレスhttp://vpress.ia.coocan.jp/
東京メトロ売店で働く非正規女性たちの生活・思い・怒りが伝わってくるドキュメン
タリー。7月のレイバー映画祭で大好評を博した。
◆賛同金のお願い◆
当集会は、団体・個人の皆さまからの賛同金で運営されています。ご協力を
よろしくお願いいたします。
個人一口1000円
団体一口3000円
※何口でも可。カンパ大歓迎。
【振り込み先】
郵便振替:00170-5-594755
加入者名:反貧困ネットワーク
※通信欄に内訳(賛同金・カンパなど)、名前の公表の可・不可ご記入ください。
主催:「反貧困世直し大集会2013」実行委員会
連絡先:反貧困ネットワーク(代表・宇都宮健児)
〒113-0023 東京都文京区向丘1-7-8 コミュニティ・スペース「ほのぼの」内
TEL/FAX 03-3812-3724
E-mail:office@antipoverty-network.org
URL:http://antipoverty-network.org/
***ここまで***


by limitlesslife

関西テレビニュースアンカー 須田慎一郎の裏話 誰も知らない働く世代の貧困

 永岡です、関西テレビのニュースアンカー、月曜レギュラーは経済ジャーナリストの須田慎一郎さん、今日の裏話(ウラバナ)は、働く世代の貧困問題でした。
 生活保護受給者は216万人と過去最多を記録しましたが、須田さんの調べで、この中でも20~50代の働き盛りの世代では、2001年には4.6万人であったのが2011年に23万人と5倍になっています(全体は2倍)。この間リーマン・ショックもあり、この働く世代の貧困が問題になっています。
 大阪で、40代の男性が、餓死寸前のところを助けられたのです。この方は非正規社員からリーマン・ショックで解雇され、サラ金からの借金300万円で、しかし行政に助けを求めず、追い詰められていたのです。
 須田さんの調べで、こういう働く世代は、貧困に追い詰められても、障害者、高齢者と異なり発見しにくく(高齢者、障害者には支援システムがあるのに、働き盛りの人にはない)、これが問題です。大阪でビッグイシューを売る男性、東京にいたが、大阪の母親の看病でこちらに戻り、しかし母と同居すると母が生活保護を受給できなくなり、この方もホームレスで、困っているのです。
 こういう貧困の、実態調査がなされておらず、それも問題です。
 これに対して、大阪府の豊中市では、民生委員を中心に、新聞や郵便物を配達する人、電気やガスのメーターを調べる人により貧困を発見し、行政で支援するシステムを作っています。先の、餓死寸前で見つかった人もこれで助かり、再就職が決まりました。また、育児休暇中に勤め先が潰れた人もこのシステムで助けを求められました。
 生活保護は、自立支援のためですが、日本だと失業→生活保護の他のセーフティネットがなく、生活保護をどうするか、政治家があまりに無関心と須田さんの指摘がありました。
 日本の貧困は大変なところにあり、こういうニュースの企画は貴重でした。