Global Ethics


by limitlesslife

本澤二郎の「日本の風景」(1128)<東電・国に借りを返す運動>

  M.nakata です。重複おゆるしください。
メールをいつも送らせていただきありがとうございます。

(以下転送拡散歓迎)
◆◇—————————————————————————————–◆◇
■本澤二郎の「日本の風景」(1128)●「ジャーナリスト同盟」通信記事のご紹介です。

★<東電・国に借りを返す運動><大手新聞社の国有地も><安倍家は6億円を毎日新聞社に>
2012年8月13日8時50分記 http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/51994437.html
◆◇—————————————————————————————◆◇


●これだけ、政・官・財・学・報の5つが、日本は、がっちり利権が癒着していれば、
国会の問題追及も、検察も裁判所も、追及がいい加減になります。

●NHKの視聴料を国民は、健全化させるために、支払いを止め、ストップしましょう!
この通信のアドレスから、直接ブログの全文をみなさまお読みいただき、お考え下さい。

(貼り付け開始)
*******************************************************************************************************
■本澤二郎の「日本の風景」(1128)<東電・国に借りを返す運動>
<大手新聞社の国有地も><安倍家は6億円を毎日新聞社に>
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/380.html
日時 2012 年 8 月 13 日
●「ジャーナリスト同盟」通信
■本澤二郎の「日本の風景」(1128)
<東電・国に借りを返す運動>
昨日、ふと頭に思い浮かんだ画期的な提案をしようと思う。★それは借りを返す運動を大々的に展開するのである。特に、政党や政治家、マスコミ各社がこれを実行に移すと、日本に本来の活力が生まれる。まともな政策が遂行される。まともな世論の形成によって、世界から信頼される日本にもなれるだろう。
  実際問題、借りを返すことは人間社会の基本的約束である。特別なことではない。どうだろう、これを強行すると、日本は再び「陽が昇る」かもしれないのだ。ヒントを官邸包囲デモの市民がくれたものだ。対象を倒産状態の東電と日本政府に絞るといい。
● この運動を全国的な運動へと拡大させれば、それこそ日本は革命的な希望の社会実現が可能となろう。暴力・虐待のない命を大事にする安らぎの社会である。公安警察官が昼寝の出来る日本だ。
<政党・政治家が>
●ご存知、日本の政党・政治家の多くが、東電の金を懐に入れてきた。金だけではない。票も、である。証拠があるのだが、その一つは●東電労組委員長らが「世話になったことを忘れて、脱原発を叫んでいる不埒な議員がいる」と脅しまくっていることからも、それらの腐敗を裏付けている。

●沈没東電に反省も謝罪も無いことに驚愕するばかりだ。労使ともどもというのだから、もうこれは救い難いのだが。
●「自民党から共産党まで、何らかの恩恵を東電から受けてきた。だから国会で東電を追及出来なかった」と多くの国民は認識している。このさい、●各党・政治家は正直に金を東電に返却するといい。

そうすると、●議会でまともな東電福島原発事件追及が可能となろう。●正論大好きな公明・共産から実践してみてはどうだろうか。もしも、両党に対する誤解というのであれば、●なぜ東電追及に本腰を入れないのか、を説明してもらいたい。

東電事件の真相究明は、日本のみならず地球の運命がかかっているからである。●民主党が、また嘘の公約を掲げると言う。●「脱原発」公約だ。いい加減にしろ、●その前に東電から手にした献金総額を返却すべきだろう。

●東電追及をいい加減にしてきた理由を亀井静香は●「みな東電から金をもらっている」と筆者に証言している。

<新聞テレビなどマスコミが>

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/51994437.html
(略)
東電の広告費だけで、雑誌を発行しているものもあったほどである。新聞テレビが2カ月後になって「実はメルトダウン(炉心溶融)している」と公表した。東芝製3号機は核爆発をしているのに、いまも水素爆発と嘘の報道をしている。

●せめて東電資金と無縁のはずのNHKでさえも、東電追及をせずに原子力ムラの東大教授と共に、●嘘を垂れ流してきた。これの原因究明も重要である。そうしないと、●日本の報道は全てが壊滅的だと受け止めねばならなくなる。●NHK受信料不払いは、国民の当然の権利である。放送法に違反しているからだ。

東京の江東区の最終産廃処分場や大田区の焼却場の周辺の放射能は、べら棒に高い、と専門家に教えられた。ネットを見たら、東京新聞は江東区のそこを取材して警鐘を鳴らしていた。東北の瓦礫受け入れに積極的に動いた石原は、田園調布や逗子で生活しているから、自分は「被曝しない」と思っているらしい。こんな三文文士を知事に選んだ都民である。恥ずかしいと思わないのか。
★東電はマスコミや政治家・政党から返却してもらった金を、●被曝者救済に回すべきなのだ。
<大手新聞社の国有地も>
●中野四郎や星島二郎の秘書をした中原義正は「大手の新聞社は国有地をただ同然で払い下げてもらっている。いま国の財政は破綻しているのだから、国有地を返すべきである」と訴えている。これも正論である。

●理由は「新聞が国民のために機能していない」ことへの怒りが背景にある。3権全てが市民に敵対している、●それを放置するマスコミ、●その元凶が国有地の払い下げと関係している、と分析するからだろう。
さらに付け加えると、●大手の新聞社に電波(テレビ)も提供している。●日本の世論操作は、数社のメディアで可能なのである。ここにナベツネの暴走の根源があるのである。
(略)

<健全なジャーナリズム・議会へ>
横道にそれてしまったが、●要するに議会、マスコミも東電と国への借りを返すのである。●毎日も6億円を国や東電に返す一部にするのである。
そうすると、日本のジャーナリズムは健全化する。●憲法が保障する言論の自由を確立出来る。●議会も徹底して東電事件に対して、国政調査権を行使することが出来る。右翼に屈するマスコミも議会も返上出来るのである。

★借りを返す国民運動に覚醒する市民、このことも日本再生の道に不可欠なのである。●ろくでもない映像から解放されるだけでも、市民の精神を健全化させよう。

2012年8月13日8時50分記
************************************************************