Global Ethics


週刊ますだスポーツ2013/12/12、今日のニュースとしあわせの雑学(人間は成長しているのか、政治は人間を幸せにしない) by limitlesslife

 永岡です、週刊ますだスポーツからの内容です。

 ニュースは水野晶子さんの担当でした。

 安倍政権の経済政策、税制改革で、企業に減税、家庭に増税となるのです。消費税増税、1兆円の企業減税はするものの、軽減税率は先送り、軽自動車の税率も1.5倍。軽減税率は先送りで、ヨーロッパは食品・医薬品は低減され、しかし日本ではそれはなし、食品としては相当高いのです。物価が上がるのに給与は17ヶ月減っています。

 労働の派遣期間の、専門業務かのこと、継続して派遣のことを継続でき、規制緩和ですが、雇用が不安定になります。

 第2次安倍政権で4回目の死刑執行、2人に執行され、数カ月おきに定期的にやっています。谷垣氏は死刑制度は支持されて見直さないといいますが、アムネスティは抗議の声明を出し、情報公開がなく、死刑は廃止を求める国際社会と反するとしています。裁判員の負担も大きく、福島では裁判員が遺体の写真を見て体調不良になり慰謝料を求めています。

 秘密保護法に関する石破発言、報道機関が報じたら処罰するといい、報道の自制をメディアに求めて反発され、この法律は明日公布です。

 自衛隊、自民党は安倍政権の安保政策の案を了承し、NSC発足で、自衛隊の海外活動を積極的にする、武器輸出3原則の見直し、京丹後市にXバンドレーダーを来年中に配備します。京丹後の配備は、近畿発の在日米軍施設になります。

 福島の作業員が、基準を超えた残業をさせられ、東芝とその下請けが、労働時間を1日8時間の他2時間を超えてはいけないのに、実際10時間超えており、東芝は休憩を時間に含んでおらず、さらに元請に任せていると言うのです。

 北朝鮮の要人が中国に脱出しています。

 猪瀬知事の徳州会問題、議員会館で受け取り帰宅したというのは間違いで、猪瀬氏、記憶違いと言っていますが、議会は選挙目的で受け取ったとしています。

 毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの、しあわせの雑学。水野さんとのやりとりです。

 今週のお話、経済成長と言うが、人間の成長は何かであり、近藤さん人間の成長は経済成長で劣化し、地球の温暖化、互いの気配りしてやるべきなのに、それが薄くなり、かつては世のため人のためが当たり前なのに、今はよそより自分が大事である。大阪、船場は近江商人の作った町であり、北と南の御堂、両本願寺の鐘を聞くためにこの場になったわけであり、信心深い心が船場になり、伊藤忠などの会社を産み、町人動の母体を生んだ。正直こそ仏の元であり、商人道、人間としての成長、信用を失えば商売は成り立たず、人間の信用だけが商売だったのに、こんにちは世のためより自分のため、他人を救う気概が減り、京大の先生が、人間がサルの世界に似てきた、自分だけで仲間を助けないことであり、サルは自分の利益だけ。サルに似ていることは重く、自分の利益だけに必死になっているはサル。経済は成長しても人間は退化しており、これは人間のせい、気象も95%人間のせいで、問題は国家の安全保障が薄れて、人間の安保が全面に出ており、インドのノーベル賞のアマルテンさん、インドの飢餓状態の貧しいところから経済学を学び、国家は自分たちを守るのかという疑い、藤沢修平さんも、政治が人間を幸せにした歴史はないと言われて、近藤さん、井伏鱒二さんの黒い雨、兵士がトタンに被爆者を乗せて、国家のない国に生まれたかったという、ここから、国家への警戒感があり、それを克服するのが人間一人ひとりなのに、人間は成長しているのか、危ういと言われました。国家の正体が見えてきた、人間同士、互いに頑張ろうとなるべきで、そのために人間は成長すべきなのです。

 今週の近藤さんのお話でした。

Advertisements


by limitlesslife

本日7/21(土)変えよう!日本7.21討論会「新しい政治勢力の形成をめざして――今、私たちはどのように、何をなすべきか――」

紅林進です。
本日7月21日(土)に連合会館(旧・総評会館)で開催されます
下記討論会のご案内を転載させていただきます。
(以下転載)
――――――

変えよう!日本7.21討論会
新しい政治勢力の形成をめざして
――今、私たちはどのように、何をなすべきか――

私たちは、今日の脱原発・沖縄など闘いの発展のために力を合わせ、

社会運動の新しいあり方を基礎に、グローバル資本主義の深刻な危機
に対抗し、社会・政治・経済・生活システムの変革を推進する新しい政治
勢力を作り出していくときだと考えます。こうした問題意識から、7月21日
討論会を開催します。みなさまの参加と活発な討論を呼びかけます。

■日  時 7月21日(土)午後6時
■会  場 旧総評会館201号(連合会館)

■形  式:討論形式――問題提起の発言を頂いて会場全体で討論する
■発言予定:
田淵 太一(同志社大学教授)
土屋源太郎(伊達判決を生かす会)
江田 忠雄(経産省前テントひろば)
椎名千恵子(原発いらない福島の女たちの会)
大野 和興(脱WTO/FTA草の根キャンペーン)
国富 建治(新時代社)
生田 あい(コモンズ政策研究機構)   他予定

■主  催:7・21「変えよう!日本」実行委員会
準備事務局連絡先:TEL03-3372-9401  TEL03-3389-0411



生きた化石のゲノム分析で植物進化に光 by limitlesslife
February 25, 2012, 1:39 pm
Filed under: 進化(新化) | Tags:

Origin of Photosynthesis Revealed: Genome Analysis of ‘Living Fossil’ Sheds Light On the Evolution of Plants

ScienceDaily (Feb. 21, 2012) — Atmospheric oxygen really took off on our planet about 2.4 billion years ago during the Great Oxygenation Event. At this key juncture of our planet’s evolution, species had either to learn to cope with this poison that was produced by photosynthesizing cyanobacteria or they went extinct. It now seems strange to think that the gas that sustains much of modern life had such a distasteful beginning.

So how and when did the ability to produce oxygen by harnessing sunlight enter the eukaryotic domain, that includes humans, plants, and most recognizable, multicellular life forms? One of the fundamental steps in the evolution of our planet was the development of photosynthesis in eukaryotes through the process of endosymbiosis.

This crucial step forward occurred about 1.6 billion years ago when a single-celled protist captured and retained a formerly free-living cyanobacterium. This process, termed primary endosymbiosis, gave rise to the plastid, which is the specialized compartment where photosynthesis takes place in cells. Endosymbiosis is now a well substantiated theory that explains how cells gained their great complexity and was made famous most recently by the work of the late biologist Lynn Margulis, best known for her theory on the origin of eukaryotic organelles.

In a paper “Cyanophora paradoxa genome elucidates origin of photosynthesis in algae and plants” that appeared this week in the journal Science, an international team led by evolutionary biologist and Rutgers University professor Debashish Bhattacharya has shed light on the early events leading to photosynthesis, the result of the sequencing of 70 million base pair nuclear genome of the one-celled alga Cyanophora.

In the world of plants, “Cyanophora is the equivalent to the lung fish, in that it maintains some primitive characteristics that make it an ideal candidate for genome sequencing,” said Bhattacharya.

Bhattacharya and colleagues consider this study “the final piece of the puzzle to understand the origin of photosynthesis in eukaryotes.” Basic understanding of much of the subsequent evolution of eukaryotes, including the rise of plants and animals, is emerging from the sequencing of theCyanophora paradoxa genome, a function-rich species that retains much of the ancestral gene diversity shared by algae and plants.

For those unfamiliar with algae, they include the ubiquitious diatoms that are some of the most prodigious primary producers on our planet, accounting for up to 40% of the annual fixed carbon in the marine environment.

Bhattacharya leads the Rutgers Genome Cooperative that has spread the use of genome methods among university faculty. Using data generated by the Illumina Genome Analyzer IIx in his lab, Bhattacharya, his lab members Dana C. Price, Cheong Xin Chan, Jeferson Gross, Divino Rajah and collaborators from the U.S., Europe and Canada provided conclusive evidence that all plastids trace their origin to a single primary endosymbiosis.

Now that the blueprint of eukaryotic photosynthesis has come more clearly in sight, researchers will be able to figure out not only what unites all algae as plants but also what key features make them different from each other and the genes underlying these functions.