Global Ethics


CIAと戦後日本 by limitlesslife
CIAと戦後日本

(私が)日本国憲法の成立について知った2年後、1994年10月10日に、同じくら
いびっくりするような記事が朝日新聞にのりました。9日付のニュー
ヨーク・タイムズが、「CIAが1950年代から60年代にかけて、自民党に数
百万ドル援助」という内容の記事を報じたというのです。

この記事を書いたティム・ワイナー氏は、その後10人の元長官を含むC
IA職員、元職員に300回以上のインタビューを行ない、2008年に『CIA
秘録』を出版しています(キャッチーコピーは「すべて直接取材と一次資料にも
とづく、初めてのCIAの歴史」)。そのワイナー氏の目から見ると、そもそも
自民党というのは「岸がCIAに金を出してもらってつくった政党」なのだ
そうです(そこまで言いますか)。

「岸はアメリカに自分を売りこんで、こう言った。『もし私を支援サポートしてくれ
たら、この政党(自民党)をつくり、アメリカの外交政策を支援します。経
済的に支援してもらえれば、政治的に支援しますし、安保条約にも合意しま
す』」(ティム・ワイナーの証言:資料①)

「CIAは1948年以降、外国の政治家を金で買収し続けていた。しかし世
界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」(資料②)

「岸は日本の外交政策をアメリカの望むものに変えていくことを約束した。
アメリカは日本に軍事基地を維持し、日本にとっては微妙な問題である核兵
器も日本国内に配備したいと考えていた。岸が見返りに求めたのは、アメリ
カからの政治的支援だった。

フォスター・ダレス国務長官は1955年8月〔同年11月の保守合同の直前〕
に岸と会い、面と向かって『もし日本の保守派が一致して共産主義者とのア
メリカの戦いを助けるならば』支援を期待してもよろしい、と言った。その
アメリカの支援が何であるか〔=資金供与〕は、誰もが理解していた」(同前)

ちょっと信じたくないような話ですが、おそらく事実です。アメリカ国
務省も2006年に、日本に左翼政権が誕生することを懸念したアメリカ政府
が、1958年から68年にかけて自民党の政治家たちに金を渡していたことを
含む4件の秘密計画が行なわれたことを認めているからです。た
だその詳細についてはなぜか3件の計画しかあきらかにされていないのです
が、ティム・ワイナー氏の綿密な取材によれば、影響が大きすぎるので公表
されなかった残りのひとつは、まちがいなく岸にCIAが巨額の資金援助を
していたことだそうです。

事実、アリゾナ大学のマイケル・シャラー教授は「週刊文春」(2007年10
月4日号)の取材に答えて、国務省の委員会にいたとき、「CIAから岸へ
の資金提供を示す文書をこの目で見ています」と証言しています。1回20
~30万ドル(7200万円~1億800万円)くらいの金額が何度も支出されていた
というのです。これは現在の貨幣価値でいうと1回10億円くらいのようで
すから、当初報道された「自民党への総額数百万ドルの援助」とは、現在の
価値では100億円から300億円くらいということになるのでしょう。

一方、このころ共産党と社会党がソ連から資金提供を受けていたこともほ
ぼあきらかになっているとのことですから(資料③)、安保条約をめぐって
東西が必死の工作を行なっていた1950年代末から60年代にかけては、日本
のほとんどすべての政党が外国から秘密資金の提供を受けていたということ
になります。

ティム・ワイナー他の取材によれば、CIAから自民党への資金供与は少
なくとも4人の大統領のもとで15年間つづいたということですので、岸政
権以降も、池田政権、佐藤政権とつづいたわけです。そしてその間、すべて
の政権で主要なポストにつき、長く自民党幹事長もつとめて党の運営資金の
やりくりに深く関わった田中角栄元首相は、自前の土地転がしなどで政治資
金を調達するようになります。1970年代にジャーナリストの立花隆氏が解
明した田中元首相の権力を利用した錬金術(たとえば河川敷を買い占めたあと、
税金で堤防を築き、道路をひいて巨額の利益を得る)は、おそらく岸・佐藤兄弟
がCIAの金で行なった金権政治(政治家・官僚・選挙民の買収)を、「別の
やり方」で受けついだものだったのでしょう(資料④)。

このように「アメリカの最良の友(Best Friend)」となるべく育てられた
岸ですが、ダレスからはやはり恫喝されています。1957年6月、首相就任
から約4カ月で訪米した岸に対し、ダレスはこんな言い方をしています。

「もし日本の望みが関係〔日米安保〕の解消(divorce) にあるのなら、ア
メリカとしてはその意志に沿うようにしたいと思います」

「われわれは東アジアにおいて別の協定を結ぶこともできます。たとえば、
オーストラリアはわれわれに産業を発展させてほしいと申し出てきました。
日本の代わりにオーストラリアを工業基地にするという考え方もあります」

このとき岸は「日本の未来は、アメリカとの緊密な協力の中にのみ存在す
ると考えています」と答えて、アメリカ側をいたく満足させたといいます。
これが安保の改定と、3億ドルの借款につながりました。

なるほど。これが覇権国への模範解答というわけですか。こうしてみると
ダレスの言葉も恫喝ではなく、聖書に手を置いて誓わせるような、一種の契
約の儀式と考えたほうがいいのかもしれませんね。

ところでこの問題にくわしい早稲田大学の有馬哲夫教授によると、金をも
らっていたからといって、岸元首相をCIAのエージェントや協力者と決め
つけるのは、単純すぎる見方だとのことです。岸くらいのプレイヤーになる
と、反共も再軍備も憲法改正も、すべてみずからの政治的信念であって、そ
の実現のために主体的にCIAや米国務省を利用したと見ることもできるか
らだというのです。たしかに岸が実現した保守合同(55年体制)と新安保条約、
いくつかの社会主義的政策が、そのあと日本に訪れる高度成長の時代に確固
とした基盤をあたえたことはたしかでしょう。

ただPART 1でふれた片岡鉄哉氏の分析だと、こうなります。岸がCI
Aから資金提供を受けてつくった自民党の本質的機能とは、「安保体制を守
り、運営する」ことだった。そして自民党の右派とリベラル派(保守本流)
が安保を守り、自民党のリベラル派と社会党が憲法を守るという安定した三
極構造*(55年体制)のなかで、日米安保さえ守っていれば国内でいくら痴
呆的な政治闘争に明け暮れていても政権は安泰だった。だから日本は「外交、
防衛のすべてをアメリカに頼る保護国」(愚者の楽園)となっていったのだと。
経済的繁栄とひきかえに、外交、防衛、そして政権選択といった国家主権を
手離したことのツケを、これからわれわれは払わねばならないのでしょう。

* 社会党はつねに自民党の半分くらいの議席だったので、三者の勢力はまさに拮抗し

いました。55年体制がスタートした時点の議席数も、自民党300、社会党154と、ほぼ
2対1の割合でした。

①映画「ANPO」(DVD:2010年)リンダ・ホーグランド監督
②『CIA秘録』(2008年)ティム・ワイナー(著)
③『クレムリン秘密文書は語る』(1994年)名越健郎(著)
④『田中角栄新金脈研究』(1985年)立花隆(著)

=====
『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること』
の175から177ページより:

____________________________
コメント:権力・金権・棄民・守銭は確かに「DNA」(岸・佐藤・安倍)か?!

MLホームページ: http://www.freeml.com/public-peace



by limitlesslife

「フランケンフィッシュ」は食べたくない!

日本の皆さまへ

米国は、史上初となる遺伝子組み換え食用魚肉「ミュータントサーモン」を世界にふるまおうとしています。在来種のサケを絶滅させ、健康を脅かす恐れもあります。私たちが今止めなければ、「フランケンフィッシュ」の異名で知られるこのサケを 契機に、今後次々と遺伝子組み換え食用肉・魚肉が世界中に出回ることになりかねません。以下をクリックして、あなたも一緒に100万人の反対の声を届けましょう:

嘆願書に署名

米国は、史上初となる遺伝子組み換え食用魚肉「ミュータントサーモン」を世界にふるまおうとしています。人体への安全性は未知数であり、自然環境に放された場合、在来種のサケを駆逐する恐れもあります。「フランケンフィッシュ」の異名で知られるこの怪しいサケが私たちの食卓に並ぶ前に、皆でこのサケの食品としての承認を阻止しましょう。

新たに誕生した突然変異のサーモンは通常の2倍の速さで成長し、科学者ですら長期的に食べた場合の健康への影響は分からないと言います。それにもかかわらず、遺伝子組み換え生物を誕生させた、まさにその会社が資金援助した研究に基づき、食品としての安全宣言が出されようとしているのです!幸いにも、米国では食品として承認される前にパブリックコメントを募り検討することが法律で義務付けられています。消費者や環境活動家、漁業従事者が一体となってこの疑わしい取り決めを撤回するよう訴えれば、その声はますます大きくなっていきます。このタイミングで私たちも彼らと共に声を上げ、世界中から食品としての承認の撤回を求めましょう。

承認すべきかどうかの協議は今まさに進められており、「ミュータントフィッシュ」を食事メニューに載せないようする絶好のチャンスです。「フランケンフィッシュ」を阻止すべく、ご署名の上お知り合いの皆さまにもシェアしてください。署名者数が100万人に達しましたら、私たちの訴えは米国で行われている協議の場に公式に届けられます:

http://www.avaaz.org/jp/stop_frankenfish_r/?bQFbdbb&v=21165

「フランケンフィッシュ」を開発した企業は、一年中瞬く間に成長する魚を誕生させるため、サケの遺伝子を組み換えました。長期的な健康への影響が分からないだけでなく、万が一、たとえ数匹であっても遺伝子組み換えされたサケやその卵が自然界に放されてしまった場合、在来種のサケを駆逐してしまう恐れがあります。しかも、ひとたび店頭に並んでしまえば、通常のサケと「フランケンフィッシュ」を見分けることは不可能で、選ぶことすらできなくなってしまうのです!

バイオテクノロジー産業は遺伝子組み換え作物を食品として承認させるため、数億ドルを費やし政府へのロビー活動を行ってきました。「フランケンフィッシュ」は産業界の次なるドル箱 です — ひとたび食品として承認されてしまえば、今後次々と様々な種類の遺伝子組み換え食用肉・魚肉が出回ることになりかねません。しかし、米政府は最終的な判断を下す前に、一般の人々の意見も参考にします。米政府や産業界が予期せぬときに、世界中から巨大な「承認反対」を突き付けることができれば、このような向う見ずな取り決めを撤回させることができます。

「フランケンフィッシュ」は、今まさに食品として承認されようとしています – 私達が何を食べるか、バイオテクノロジー企業に決めさせてはなりません。これを阻止すべく、あなたも一緒に100万人の反対の声を届けましょう

http://www.avaaz.org/jp/stop_frankenfish_r/?bQFbdbb&v=21165

Avaazメンバーは、これまでにも自然界や食料システムをこのような危険な干渉から守るため力を合わせてきました。2010年には、ヨーロッパで遺伝子組み換え作物に反対するため100万人を超えるメンバーが声を上げました。「フランケンフィッシュ」を阻止すべく、今再び団結しましょう。

希望を込めて

崔喜、ニック、エマ、ダリア、エミリー、ポール、リッケン、ウェンファー、およびAvaazチーム一同

関連情報

Natural News.com 「遺伝子組み替え魚はダメ!」とFDAに訴えよう!
http://ja.naturalnews.com/?p=67

AFP BB News 遺伝子組み換え動物、承認第一号目前のサケに待った
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2776341/6498170

関連情報 (英語)

Engineered Fish Moves a Step Closer to Approval (NY Times)
http://www.nytimes.com/2012/12/22/business/gene-altered-fish-moves-closer-to-federal-approval.html

GM salmon: FDA’s assessment of environmental risks (LA Times)
http://www.latimes.com/health/boostershots/la-heb-aquabounty-salmon-fda-assesses-risks-20121224,0,2554480.story

Genetically Modified Animals (Women’s Health Magazine)
http://www.womenshealthmag.com/nutrition/genetically-modified-animals

Protect our waters from GE Salmon (Center for Food Safety)
http://ge-fish.org/

Below the Surface: The Dangers of Genetically Engineered Salmon (Food & Water Watch)
http://www.foodandwaterwatch.org/factsheet/below-the-surface/

Genetically Engineered Salmon (Ocean Conservancy)
http://www.oceanconservancy.org/our-work/aquaculture/aquaculture-genetically.html 

Avaazコミュニティを支援してください!
私たちは政府や企業による資金提供は受け取らず、全面的に寄付金によって運営しております。Avaazの小規模なオンラインチームは、どんなに少額の寄付金であっても大いに役立てられるよう取り組んでいます。 Avaazに寄付する


Avaaz.org は、世界各国1700万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです
。 このネットワークを通じて、世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、4大陸13カ国、14言語で活動を展開しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらから、またFacebookTwitterもご覧ください。

貴方は、rdaido@gmail.com を使い、2010-06-04に”Gaza: investigate the raid, end the blockade” に署名いただいたので、このメールを送信させていただきました。
Avaazからのメールを確実に受信するためにavaaz@avaaz.orgをご自分のアドレス帳に登録してください。 配信停止はここをクリックしてください。

Avaaz.org 857 Broadway, 3rd floor, New York, NY 10003 U.S.A. Avaaz.orgはニューヨーク、ワシントンDC、ロンドン、リオデジャネイロを拠点に世界中で活動しています。



by limitlesslife

昨日9/18(火)の「STOP TPP! & OCCUPY モンサント行動」の報告とメディア報道(転載)

紅林進です。

昨日9月18日(火)、銀座・日本モンサント社前と、首相官邸前で行われました
「STOP TPP! & OCCUPY モンサント」アクションの報告をPARC(アジア太平洋
資料センター)の会員MLから転載させていただきます。

(以下転載)

会員の皆さん

昨日の銀座・日本モンサント社前での行動、首相官邸前での「STOP TPP! &
OCCUPY モンサント」アクション、無事に終わりました。参加くださった会員の
皆さん、本当にお疲れ様でした。

銀座では約150名、官邸前では約400名の参加者がありました。
メディアも通常よりは多く、すでに各所で報じられています(以下参照)

日本モンサント社は、私たちが作成した意見書(市民アクションにご確認とる時
間がなかったので「STOP TPP 官邸前アクション実行委」名で作成。添付します)
の受け取り自体を拒否しました。人っこ一人出てこず、インターホンごしで
「そのようなものは受け取る必要はない」といわれました。あきれたものです。

また官邸前ではいつもに増して様々なアクションをしました。スピーチ、ラップ、
映画『モンサントの不自然な食べ物』予告編上映、海外アクションを映像を
交え紹介、そして演劇は大好評でした。

詳しくはまとめてご報告しますが、下記にメディアリリースをおしらせします。
また今回のアクションは、北米を中心に世界約75ヶ所で同様のアクションが
次々と行われました。国際行動のウェブサイトはこちらです。
http://occupy-monsanto.com/

とりいそぎ、御礼とご報告まで。

=====================

【新聞】
●日本農業新聞
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=16724

●しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-19/2012091901_02_1.html

【ウェブジャーナル・ウェブニュース】
●田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.jp/2012/09/0005104

●レイバーネット
http://www.labornetjp.org/news/2012/monsantjapan

●8bitNews(演劇「モンサントポリスを日本に入れてはいけない!」のみ)
http://8bitnews.asia/wp/?p=3927#.UFlT6rIaPJa

【動画配信】
●岩上安身さんのIWJ
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/31343
http://www.ustream.tv/recorded/25500049
http://www.ustream.tv/recorded/25500079

★IWJ視聴者のツイートまとめ
http://togetter.com/li/375637

●Ourplanet TV
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1442

【その他】
●スピーチをした印鑰さんのブログ
http://blog.rederio.jp/archives/1130

●日本共産党・吉良よしこさんのブログ
http://yossikira.blog22.fc2.com/blog-entry-554.html

∴∴*∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴*∴∴∴*∴∴∴∴*∴∴∴



by limitlesslife

明日9/18(火) モンサントにNO! OCCUPY モンサント世界連帯抗議16:3​0~17:00 銀座・日本モン/18:00~2​0:00 首相官邸前)

林です。
TPPはぜ~ったい止めなきゃと、ど素人があつまって寸劇を作り、YOU TUBEにアップしています。
18分くらいですので、お時間がありましたらご覧になって笑ってください。
機械オンチで、アドレス?分かりません…。
タイトルは
劇団てーぺっぺ「やっぱりTPPでは生きられない!」火曜日の官邸前集会でも時々歌っています。
明日はモンサントにNO!にも参加します。


by limitlesslife

明日9/18(火) モンサントにNO! OCCUPY モンサント世界同時ア​クション!(16:3​0~17:00 銀座・日本モンサント​社前/18:00~2​0:00 首相官邸前)

紅林進です。

世界有数の多国籍企業であるモンサント社は、遺伝子組み換え作物を世界に
広げ、種を支配することで世界中で農民を、食べ物を支配し、各国の食糧主権
を脅かしてます。こうした暴挙を止めるため、世界各地の農民や消費者団体、
NGOなどが本日9月17日を「OCCUPY MONSANTO」の世界同時アクションデー
に決め、全世界に呼びかけています。
http://notpp.jp/18S.html

モンサントはTPPによって参加国へのさらなる「進出」も目論んでいます。日本も
その対象の一つです。TPPを強烈に推進している経団連の米倉会長が会長
を務める住友化学は、モンサントと提携をしています。「OCCUPY MONSANTO」
世界同時アクションに呼応して、明日9月18日(火)、日本モンサント社前と首相
官邸前で「STOP TPP」と同時に「NO! モンサント」を訴えるアクションが行われます。
お時間のあります方は、ぜひご参加ください。
http://notpp.jp/18S.html

その呼びかけを以下転載させていただきます。

またTPP関連の連続講座や「国会議員アンケート」についても、併せて転載させて
いただきます。

なお現在、東京・渋谷の映画館アップリンクhttp://www.uplink.co.jp/movie/2012/711
において、モンサントの食物支配の問題点を告発した映画『モンサントの不自然な
食べもの』http://www.uplink.co.jp/monsanto/を上映しています
そちらもぜひご覧ください。

【以下、転送・転載・拡散大歓迎】
==============================
■■■
■  9/18(火)は世界同時アクション!×STOP TPP!!
TPPを進め命と環境・農を支配する多国籍大企業・
モ ン サ ン ト に N O !      ■
■■■
http://notpp.jp/18S.html

STOP TPP! 官邸前アクションは、8月中旬より首相官邸前で活動を開始しました。
市民や国会議員、地方自治体、労働組合や農民団体、NGO等の「反対」の声を
無視し、財界と野田首相は「TPP参加」を今なお企んでいます。民主主義を踏みに
じり、人々の暮らしを米国・日本の大企業に売り渡す暴挙を止めるため、私たち
は毎週火曜日18:00~20:00、首相官邸前で「STOP TPP」を訴えています
http://notpp.jp/TPP_kantei.html

今年9月は、米国で「ウォール街占拠」が始まって1年。全米各地では様々な行動
が企画されています。OCCUPY MONSANTO(モンサント社を占拠せよ!)も、こう
した中から生まれた世界同時アクションの一つ。世界有数の多国籍企業である同
社は、遺伝子組み換え作物を世界に広げ、種を支配することで世界中で農民を、
食べ物を支配し、各国の食糧主権を脅かしているのです。こうした暴挙を止める
ため、世界各地の農民や消費者団体、NGOなどが9月17日を「OCCUPY MONSANTO」
の世界同時アクションデーに決め、全世界に呼びかけています。

★世界同時アクションのウェブサイトはこちら↓
http://occupy-monsanto.com/

米国、カナダを中心にヨーロッパ、中南米など世界で70カ所で「モンサント社
へのアクションが予定されています。
モンサントはTPPによって参加国へのさらなる「進出」も目論んでいます。もちろん
日本もその対象の一つ。TPPを強烈に推進している経団連の米倉会長が会長
を務める住友化学は、モンサントと提携をしています。私たちは「OCCUPY
MONSANTO」世界同時アクションに呼応して、9月18日、日本モンサント社前と
首相官邸前で「STOP TPP」と同時に「NO! モンサント」を訴える特別プログラム
を行います。ゲスト・トーク、映画『モンサントの不自然な食べもの』紹介の他、
演劇、世界同時アクションの紹介など盛りだくさんです。ぜひご参加ください!
http://notpp.jp/18S.html

●日時:2012年9月18日(火)
①16:30~17:00
銀座・日本モンサント株式会社前でのアクション
◎中央区銀座4-10-10 銀座山王ビル8F
※都営地下鉄浅草線・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」A2出口
※地図はhttp://notpp.jp/18S.html参照

②18:00~20:00 首相官邸前でのアクション
※東京メトロ日比谷線・丸の内線「国会議事堂前駅」等
※地図はhttp://notpp.jp/18S.html参照

【ゲストトーク】(予定)
●脅かされる食の安全と食料主権/安田節子(「食政策センター ビジョン21」
主宰人/NPO「日本有機農業研究会」理事)
●世界の種を支配するモンサントの戦略と人々の運動/印鑰智哉(国際連帯活動家)
●茨城県のモンサント実験圃場で何が起きているのか!?/高士太郎(にゃんとま~)
(自由業)
●STOPモンサント!―遺伝子組み換えに反対する団体から
●農民をこれ以上苦しめるな!(農民からのアピール)
●環境も農も壊すモンサントはいらない!-生協の立場から   などなど

【アピール・出し物等】
★映画『モンサントの不自然なたべもの』特別予告編上映!
★OCCUPY MONSANTO 世界同時アクション 世界各地の取り組み紹介
★特別公演! 演劇「モンサントポリスを日本に入れてはいけない!」

●主催:STOP TPP! 官邸前アクション実行委員会
http://notpp.jp/TPP_kantei.html
Twitter: @TPP_kantei

===============================

モンサントへの抗議行動とは別の話ですが、「STOP TPP!市民アクション」
では、選挙に向けての議員アンケートをとり、ウェブサイトにて一挙公開して
います。原発、消費税とともにTPPは争点の一つです。
ぜひご覧いただき、ご活用いただければと思います。

STOP TPP! 市民アクション「国会議員アンケート」
http://stoptppaction.blogspot.jp/

======================