Global Ethics


10/16(日) 反モンサント大行進(日比谷公園 中幸門 15:00デモ出発) by limitlesslife
October 7, 2016, 10:55 am
Filed under: 遺伝子組み換え(作物、・・・)

紅林進です。
(以下転送・転載・拡散大歓迎)

反モンサント大行進開催! 2016.10.16(日)

もうひとつの食料デー…反モンサント大行進!
13243802_909696102473603_7337254812586400506_o
10月16日は、国連が定めた世界食料デーです。FAO(食糧農業機関)が1979年に、世界中の人々が必要な栄養を摂取できるようにし、飢餓をなくすことを目的に決議し、制定しました。しかし、その理想に反して現実は、貧困や飢餓が拡大しています。その範囲は途上国だけでなく先進国にも及び、とどまるところを知りません。その最大の理由のひとつに多国籍企業の種子独占による食料支配があります。とりわけモンサント社は遺伝子組み換え作物の開発を推進し、世界の食料を支配し、多くの市民の生殺与奪の権利を持つまでに至りました。各国の食料主権は奪われ、飢餓が拡大しています。
そのため途 上国を中心に世界の市民運動は、この10月16日を「もう一つの世界食料デー」と位置づけて、多国籍企業による食料支配をはねのけ、食料主権を取り戻すための行動を起こします。また、多くの国の市民が、同時に「反モンサント・デー」として取り組んでいます。
日本では時を同じくして、国会でTPP(環太平洋パート―シップ協定)批准に向かって審議が行われます。批准されてしまえば、遺伝子組み換え食品への規制が難しくなり、さらに新規のGM食品が輸入されることが懸念されます。
私たちはこの日を、「反モンサント・デー」とし「反モンサント大行進」を行います。多くの方の参加をお待ちしています。
●日程:2016年10月16日(日)
●集合時間:14:30
●集合場所:日比谷公園 中幸門(日比谷公会堂と日比谷図書館の間です。公会堂正面入口の側ではありませんのでご注意ください)
●デモ出発:15:00
●コース予定:日比谷公園⇒銀座⇒東京駅⇒モンサント社前
※集合時間、場所、コースは変更の可能性がありますので必ず事前に当サイトでご確認をお願いします。
●主催:反モンサント大行進実行委員会
(構成団体:アジア太平洋資料センター(PARC)、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン、日本消費者連盟、ルナ・オーガニック・インスティテュート)
●賛同団体:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、食の安全・監視市民委員会、大地を守る会、ネットワーク農縁世話人会(五十音順)
★賛同団体を募集しています。趣旨にご賛同くださる団体は、下記のご連絡先にぜひご連絡をお願いします。
連絡先:遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
電 話:03-5155-4756、
Eメール:office@gmo-iranai.org
住所:〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-9-19 アーバンヒルズ早稲田207号室


遺伝子組み換えの新レポート発表! 「失敗の20年」 by limitlesslife
こんにちは、グリーンピース・ジャパン、食と農業担当の石原です。
グリーンピース・ジャパンは、遺伝子組み換え作物に関する最新レポート「遺伝子組み換え失敗の20年~遺伝子組み換え作物をめぐる7つの『神話』と現実~」を発表しました。

アメリカで遺伝子組み換え作物の商業栽培がはじまって、20年。
食品の安全性や生態系への影響が不確かなまま、「遺伝子組み換え作物は食糧問題の解決策」、「収穫が増やせる」、「干ばつに耐えられる」、「人にも環境にも安全」といった”神話”が、繰り返し語られてきました。

このレポートでは、遺伝子組み換えの”7つの神話”がすべて失敗に終わっていることを、最新の科学的・社会的な実態を分析して明らかにしています。
詳しくはこちら

日本では遺伝子組み換え食品の表示義務がゆるく、わたしたち消費者は知らないうちに遺伝子組み換え食品を購入している可能性があります。お菓子や清涼飲料に使われる調味料や酸化防止剤などに含まれている場合もあり、いちばん安心・安全な食べ物を届けたい子ども達の口にも入っているかもしれません。

レポート発表と同時に、全国の幼稚園や有機農家の方々と一緒に、おいしくて安全な幼稚園給食を広めるプロジェクト『ハッピーランチガイド』でも、アンケートで「遺伝子組み換え食品に配慮している」と回答した全国の幼稚園の一覧を新たに発表しました。

これからもずっと、自然の恩恵を受けて、体にも環境にも優しい食べ物を届け続けるためには、自然と調和した生態系農業を広めることが、唯一の道です。
このレポートとハッピーランチガイドを周りの方にシェアすることで、より多くの方に安全な食への関心が広まる大きな力になります。どうぞまわりの方にシェアしてください。

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン
食と農業担当 石原謙治

※このメールマガジンの情報をお友だちやご家族など周りの方に広めてください。
ご登録はこちらから

※このメールは配信専用アドレスからお送りしているため、このアドレスにメールをお送りいただいてもお答えすることが出来ません。
お問い合わせはこちらから

※登録解除
https://a06.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=311&f=7&g=3&c=27760&code=438e58a7c94a327e3cec964ec08eed4f(URLをクリックすると、登録されているメールアドレスが表示された画面に移動します。
メルマガを転送される際は、ご注意ください。)

※FacebookやTwitterでも最新情報をお伝えしています。グリーンピースの公式アカウントをフォローしてください。

国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-11 NFビル2F
TEL:03-5338-9810 FAX:03-5338-9817

www.greenpeace.org/japan



【1/21、1/27】遺伝子組み換え食品関連の集会案内 by limitlesslife
January 9, 2016, 1:27 am
Filed under: 遺伝子組み換え(作物、・・・)
紅林進です。
危険な遺伝子組み換え食品の蔓延を止めるための、下記の二つの集会の
ご案内を転載させていただきます。
—以下転送・転載歓迎———————————————————————

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
*フランケンフィシュ=**遺伝子組み換え鮭がすぐそこに*

**アメリカの食品医薬品局(FDA)は15年11月19日、成長スピードを早め た
遺伝子組み換え(GM)鮭を正式に承認しました。
私たち日本の消費者も2013年のFDAに よる意見(パブコメ)募集には、「もし
米国でGM鮭が承認されれば、世界的に流通し、日本の消費者のもとにもやって
きます。私たちは、このような魚を食べたくありません。GM鮭を承認しないこと
を求めます」という意見をFDAに送りました。
最終的に提出された意見は実に200万に近くなり、ほとんどが反対意見でした。
そのため承認まで約3年を要したのですが、いよいよ認可され、2年後には販売
されることになります。
GM鮭の何が問題かを学習し、食べないために何ができるかを考えましょう。
魚の流通についても学びます。皆さんの参加をお持ちしています。

*日 時 2016年1月21日(木)13:30~16:00 *

*会 場 中 央区立築地社会教育会館 ・視聴覚室*

http://www.city.chuo.lg.jp/sisetugaido/bunkakurasi/tukiji_syakyo.html
*東京都中央区築地4-14-1:東京メトロ日比谷線及び都営地下鉄浅草線
「東銀座」駅5分/都営地下鉄大江戸線「築地市場」駅5分

資 料代:500円

***●**プログラム●*

*―**遺伝子組み換えサケ~何が問題か*

天笠啓祐(遺伝子組み換え食品 いらない!キャンペーン代表)

*―**魚の流通について知ろう*

中澤誠さん(東京中央市場労働 組合書記長)

*―**意見交換~食べないために何ができるか**
*

**[連絡先]遺伝子組み換え食品 いらない!キャンペーン

東京都新宿区西早稲田1-9-19-207

Tel:03(5155)4756

Fax:03(5155)4767

Email:office@gmo-iranai.org

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

***すべての遺伝子組み換え食品に表示を求める/署名提出院内集会*

***日時**2016**年1月27日(水)13:30~15:30*

*会場 ****衆議院第2議員会館・第1会議室*

最寄駅:地下鉄「永田町」また は「国会議事堂前」3分

*※13**時からロビーで通行証を配 布します。参 加費無料。*

日 本政府によるTPP(環太平洋経済連携協定)協定署名に向けた動きが本格化して
います。遺伝子組み換え作物に関しては、情報交換のための作業部会が設けられ
ることになりましたが、そこでの議論次第で、米国や多国籍企業の意向を受けて、
現行の表示すら奪われる可能性があります。
私たちは、このまま消費者の「知る権利」「選ぶ権利」が奪われるのを座視
して いるわけ
にはいかないと、2015年8月 から「すべての遺伝子組み換え食品に表示を求める」
署名活動に取り組んでいます。現在、選べる表示を要望する多くの市民の声が寄
せられています。
消費者及び食品安全担当大臣に署名を提出し、消費者庁に現行の表示制度を
見 直し、
すべての食品に遺伝子組み換え表示を義務付けるよう要望しましょう。
そのための院内集会に、ぜひご参加ください。

***●**プログラム**(予定)*

*―**現行の遺伝子組み換え表示の問題点説明*

*―**リレートーク/市民の表示への要望*

*―**署名提出*

主催:遺伝子組み換え食品いらな い!キャンペーン
特定非営利活動法人日本消費者連盟
食の安全・監視市民委員会
*<連絡先*> 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン

Tel:03-5155-4756/Fax:03-5155-4767

Email:office@gmo-iranai.org <mailto:office@gmo-iranai.org>

——————— Original Message Ends ——————-



明日7/11(金)まで!パブコメ募集!危険なGM作物の承認に反対しよう! by limitlesslife
July 11, 2014, 1:02 pm
Filed under: 遺伝子組み換え(作物、・・・)
紅林進です。私もつい最近知ったのですが、遺伝子組換えダイズ、ワタ及びトウモロコシについてのパブリックコメントが
募集されていて、そのパブコメの締め切りはなんと明日7月11日(金)とのこと。

締切日前日(それももうすぐ当日になる時点)になってのご案内で大変恐縮ですが、ご案内をお送りさせて
いただきます。

実は7月8日(火)の「STOP TPP!! 官邸前拡大アクション」で安田美絵さんのスピーチでこのことを知り、
すぐご案内すればよかったのですが、 そのままになってしまい、私自身もこれからパブコメを書くところ
なのですが・・・。

遺伝子組換えダイズ、ワタ及びトウモロコシの第一種使用等に関する審査結果についての意見・情報の募集(パブリックコメント)について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/140612.html

インターネットによるパブリックコメント:意見提出フォーム
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Opinion

なお上記意見提出フォームが「エラー」で開けない場合は、
下記「パブリックコメント:意見募集中案件詳細」サイト下部の「意見提出フォームへ」をクリック
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550001955&Mode=0

今回のパブコメで問題にすべき点については、下記サイトをご覧になってください。

安田美絵さんがやられている「サルでもわかる遺伝子組み換え」サイトの
「7/11までパブコメ募集!危険なGM作物の承認に反対しよう!」
http://gmo.luna-organic.org/?p=506

 

この遺伝子組み換え の承認に向けたパブコメについての問題点を印鑰 智哉さんがFacebookに書かれて
いますので、引用させていただきます。
(以下転載)
印鑰 智哉さん のFacebookから転載です。
 
もう言葉が出ない。
農水省・環境省、新たな  # 遺伝子組み換え  の承認に向けたパブリックコメント。その中味。ダウ・ケミカルの  # 枯れ葉剤  耐 性大豆。これはモンサントのラウンドアップ(グリホサート)ともグルホシネートとも耐性になっており、この3つの危険な 農薬のミックスを前提としたもの。
さらにモンサントのジカンバ耐性ワタ。しかも害虫抵抗性まで入って いる。1粒で4度危険…。開発本国の米国ですら承認していないものを次から次へと承認に向かう日本。そしてまた日本のマ スコミは何も書かないのだろう。
もうとっくに原子炉崩壊しているのに誰も見ない振りしているという ような状態が遺伝子組み換えに関わるジャーナリズム。
農林水産省/遺伝子組換えダイズ、ワタ及びトウモロコシの第一種使 用等に関する審査結果についての意見・情報の募集(パブリックコメント)について
 
(以上、転載終わり)