Global Ethics


毎日放送VOICE(2017/5/24) JKビジネスのエゲツナイ実態 by limitlesslife

 

永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」の特集で、女子高生を目当てとするいわゆるJKビジネスの、ちょっと絶句する実態が取り上げられました。ちょっと、頭の痛いお話ですが、お知らせいたします。以前にもこの番組で取り上げられて、過日は大阪で女子高生を違法に働かせていた業者が児童福祉法違反で逮捕されて、大阪にはこういうJKビジネスの店が40軒もあり、これは表向きは一緒にお散歩ですが、実態はその後ホテル行き、その後、何が行われていたかはいうまでもなく、そして、働いている女子高生は他のバイトより収入が多い!というもので、罪の意識はありません。

これが、愛知県だと、条例でJKを名乗るものを営業禁止のものを作り、警察の方もそういう店を取り締まると、女の子が靴も履かずに逃げて補導、店には〇〇のサービスはいくらという事細かなメニューと、女子高生たちの名前(多分偽名)と年齢の書いた名札があり…というものが摘発されて、名古屋の繁華街ではこの手の店は条例の出来る前に77軒が33軒になり、女子高生を雇っていた店は普通の居酒屋になるなどのことがあるのです。

ところが、子どもの福祉をしているNPO法人の方は、こういう店が無くなっても、女の子たちはネットで個人的にこういうことをさせてくれる大人を探して、要するにさらにリスクの高いものに入る危険性を指摘されます。ネット時代になり、こういうものも無法地帯になっています。

大阪府では、こういうものを取り締まる条例を検討していますが、兵庫県立大の竹内さんは、今や女子高生どころか、女子中学生、女子小学生までがこの手の対象になっていると警告されます。

スタジオで、精神科医の名越さんは、取り締まる条例が出来ても、要するにこの手のニーズがある限り絶えることはなく、子供たちに知識を持ってもらう必要があると言われました。また、司会の西靖さんも、この手のビジネスに入るのは貧困からというのは昔の話で、ネット時代にこのようなものが無法地帯になっている危惧を語られました。

…絶句であり、私のようなあと一歩で高齢者に近いものでも、事態の深刻さを知って、私のように高校時代は、夜は家で勉強という40年前の価値観が崩壊したとしても、何か、この国が根底から崩壊しているような気もしました。

なお、2日前のVOICEにて、京都市立美術館にて、展示物の耐振性に問題で、これを10に切断してしまう案が取り上げられて、彫刻家の方たちの反対もあり、京都市議会は文化の委員会でこれを見直すことになったのですが、京都は文化を破壊する大阪の維新とは異なるものの、文化は大切であり、文化こそ都市のバロメーターですが、大阪はクラシック音楽のオーケストラ、ホールのメッカが今苦境であり、近い将来行き詰まる危惧もあり、これも、日本という国が根幹から潰れている危惧を感じます。以上、VOICEの内容でした。


コメント:金の奴隷になった世界・世相の一面でしょう(トラ・ポチ・クマ・・・の支配とそれに加担する1%の罪:戦争・武器・基地・テロ・共謀(オトモダチ・可計・森友・省庁・共謀罪法・司法調査支配・原発・TPP等)。生(生命・人生・一生・生活等)犠牲にして省みない短見・妄想・狭量・驕慢・無鉄砲・無責任の横暴・支配です。

 



毎日放送ラジオ 上泉雄一のええなぁ(2017/4/25) 福本容子 フランス大統領選を語る、世界は同じ問題を抱えて、野党の弱体化で民主主義の危機にある by limitlesslife

 永岡です、毎日放送ラジオの、上泉雄一のええなぁ、ちなみにNEWS、フランス大統領選、結果次第でどうなるか、毎日新聞の福本容子さんのお話があり、福本さん、4候補が同じような支持率になった件、既成政党は組織票があり、社会党はみじめな結果で、ルペン氏の強烈な個性が光り、1958年の今の体制からの保革体制からの候補が上に来ず、既成政党が否定されて、既成政党は一般市民の声を聞かず、一部のエリートの声だけ聞いて、アメリカのトランプ氏を選んだ反エスタブリッシュメント、反エリートのことが世界にあり、世界でアメリカファースト、フランスファースト、そして日本も都民ファーストであり、それがポピュリズムではなくても、不満のある人たちを、外国人を優遇して自国民が忘れられて、自国民ファーストの志向であり、マクロン氏の主張は、39歳と若く、どこにも属さないのでトップに立ち、社会党を支えたこともあったが、未知数のことが評価されて、リベラル、厳しい競争を強いることもあり、フランスは労働者を守ってきたが、競争原理を取り入れていくものであり、エリートであり、しかしエリート集団には染まっていない。

フランスの若者の失業率は高く、フランスに限らず、リーマンショック以来高く、若者は社会的なつながりで持っており、セーフティーネットがありシビアではないものの、大学を出ても思う職に就けない、なぜそうなったか、労働者を保護すると、アメリカのように次の職に就ける自由な労働市場がなく、権利を保護する社会主義的な色合いで、労働時間の制限もあり、企業の競争力も高まらず、EUはドイツの一人勝ち。極右が伸びるのは、第2次大戦前と似ているとの声があり、福本さん、決選投票でルペン氏の勝利は低く、しかしルペン氏が勝ってもEU離脱は困難、憲法にEUにいないといけないとあり、EU離脱には憲法改正が必要で、アメリカはトランプ氏が出られても、憲法改正のためには議会の承認が必要で、しかし議会では国民戦線はほとんど議席を持っていない、しかし泡沫候補とかつてのものが決選投票に行くのは、庶民の不満の表れであり、イギリスのEU離脱も、これが争点になるのがここ数年目立ち、ギリシャ危機が大きく、自分たちの働いた成果がギリシャにつぎ込まれて、EUとは何か、ユーロとは何か問われて、またメランション氏はルペン氏の方に流れて、極右と極左は、現体制を倒したい意図は同じであり、反EUではつながり、メランション氏の票が一部はルペン氏に流れても、マクロン氏の脅威は投票率、投票率が低いと、投票に行かないと、ルペン氏の優位もあり得て、日本も安倍一強だが、フランスだと変えてほしいが、既成政党は有望ではなく、イギリスでも左派の野党はボロボロ、フランスも同じであり、左派が政権与党の対立軸にならず、極端に人たちが出てくるものであり、日本も代替案なしでASS政権が支持されて、民主主義は野党がちゃんとしないと機能せず、世界のどの国も課題は同じ、高齢化、グローバル化で、落ちこぼれた人が出て、インターネットの中で多様な意見が出て、それを既成政党がすくい切れていないと福本さん締めくくられました。上泉さん、中川氏のような事で政治不信になったら、別の勢力が伸びると、一部エリートのみのことで庶民が忘れられて、どこの国も抱えている問題は同じと言われました。以上、ちなみにNEWSの内容でした。


コメント:ミーイズム・マテリアリズム・ミリタリズム・マネーイズム(金字塔病弊・拝金主義)。



報道するラジオ(2016/12/26) 政治とカネ 総決算2016年 上脇博之さんのお話 by limitlesslife

永岡です、第223回報道するラジオ、今週も毎日放送アナウンサーの水野晶子さんの司会で放送されました。

安倍総理が明日真珠湾訪問ですが、朝日放送のキャストで、ABCコメンテイターの木原善隆さん、これをアメリカだけでなく、ロシアのプーチン大統領や、中国などがどう見ているのかも問題と言われました。

2016年最後のレギュラー放送、2016年の漢字は「金」、忘れないぞ!あの政治家の金の問題、お馴染み神戸学院大学の上脇博之さんがゲストで、政治とカネをテーマに、甘利氏の問題、舛添氏の問題、地方議会での政務調査費の問題、また先月公開された2015年度の政治資金報告書から読み取れることを取り上げます(今回は収録放送です)。皆さん、これを読まれたら、あるいは放送を聞かれたら頭に来ると思いますが、上脇さんは市民に行動する指針も教えてくださりました、これを読んで頭に来たら、則実行すべきです!

また、報道するラジオでは、2016年の年末特番を30日の16時半~21時に放送し、年始特番を1月2日の18時半~21時に放送します。しかし今の私の状態では、全部のフォローは困難ですので、部分的にフォローします(年末は朴一さん、崎山敏也さん他、沖縄や韓国から、年始は内藤正典さん、北丸雄二さん、木村正人さん他が出られてトランプ大統領で世界はどうなるかを報じるそうです)。

この1年、報道するラジオを続けてこられたのは、リスナーの支援によるものだと水野さん、感謝されました。リスナーの鋭い質問、指摘に水野さん感謝されていました。

 

それで、政治とカネ総決算、政治家の金銭スキャンダルに1年腹を立てた内容のものであり、上脇さんのお話、報道するラジオ、自由なラジオで聞いて、そのたびに血圧が上がりました(泣)、今日はその、体に悪い(報道するラジオで体に良かったことは少なかったですが(怒))、上脇さんは政治家のお金を詳しく調査されて、その上脇さんのお話、政治とカネ、次々出てきて、トップバッターは舛添氏、不適切でも違法ではないと、検察が告発を受理しても、返事がなく、どうなっているか不明で、家族で旅行、その他を公費で出させて、高価な美術品を買ったなど、処罰は全く不明、残念ながら年明けになる。

富山市議会の領収書問題、富山だけでなく、富山は支出がたまたま問題になり、しかし他でも似たようなことはあり、他の地区でも違法、返還はあり、富山のローカルの問題ではなく、地方議会をまともにするためには、これは公金(政治資金ではない)、条例で縛る、領収書のネット公開も必要で、まだまだ改革が必要であり、政務活動費は先払いで、今までのやり方の前払い、使途は問わず出して、それぞれの判断で使い、余ると年度末に返すもので、しかし通常の支出時には先渡しはなく、まず支払って立て替え、申告制でOKにすべきで、事後払いにすべきであり、しかし事後払いのためには職員を増やさないとだめで、行革で減った職員の手当ても必要。

政治とカネの問題の本丸の甘利氏の件、結局あれだけ証拠があっても立件されず、不起訴であり、これについて上脇さん、「結論から言うと甘利氏は立件されるべき」、甘利氏も秘書も金をもらっており、たかったことに等しく、秘書の責任にするトカゲの尻尾切りだが、甘利氏も金を受け取っており、立件すべきで、依頼は2013年と2014年の2回あり、1回目の成功(業者がURに補償してもらえないのを、甘利氏の口利きの結果補償金がべらぼうに上がる&上乗せ、2.2億GET、10倍以上)で、口利きはうまく行き、有力な政治家に口利きしてもらったらうまくいくとして、2014年にも以来、しかし秘書にたかられて、文春に情報を流しており、これだけ証拠があるのに立件されないのは不思議。

金をもらった建設業者は、口利きの謝礼として甘利氏に金を渡してうまくいったと証拠を出しており、2014年に2匹目のドジョウを狙ってうまくいかず、立件されなかった理由は、考えられるのは、斡旋利得処罰罪を甘利氏に有利に検察が解釈したことがあり、これで処罰されるのは、議員が権限に基づいて行使したことが罪になり、国会議員は国会で質問するぞと、国会議員の権限、影響力の行使が行われて、しかし上脇さん、検察は狭い解釈でやっており、これは甘利氏と秘書にも罪状が成立し、しかし条件を限定すると立件が困難になり、しかし国会議員には権力があり、行使したと検察は解釈すべきで、国会議員の権限のみに限定したらダメなのに、検察はそうせず、甘利氏に有利な狭い解釈=国会議員、秘書に甘くして起訴を見送った。

なぜ検察は甘利氏に甘く出たか、あっせん利得処罰罪の成立には異議もあり、犯罪の成立しない方向で検察は解釈して、この解釈ができるなら、ザル法になり、甘利氏で立件しないと、国会議員は喜ぶ、犯罪に問われないためで、甘利氏は、本来秘書がたかったのであり、上脇さん、議員辞職すべきと言われて、睡眠障害を理由に逃げていたのに、5月末の不起訴処分時に元気になり、6月には活動を再開、8月には自民党の税制調査会の幹部になっており、睡眠障害は何であったか、不可解であるのです。甘利氏は平の議員ではなく、上脇さん議員辞職は当然、公認した秘書の責任もあり、自民党は処分すべきなのに、要職に就けていた。

2015年の収支報告書は、国会議員の収入ランキングの2位、2億近く集めており、大臣の時代に、1000万以上のパーティー、特定パーティーを3回もして、2000万近くGETしており、これは大臣だと問題で、大規模政治資金パーティーは本来大臣規範で、法律ではないが、内閣として守るべきものを、大規模なものに具体的な数字のないことをいいことに、3回もパーティーをやり、それだけお金が集められるから、自民で要職に就いたと上脇さん思われて、大規模なパーティーに安倍総理も参加して、大臣規範を守る気はなく、規範として成り立っていない。

甘利氏、政治資金規正法にも抵触して、あっせん利得で処罰できないなら、企業献金を禁止していて、ところが抜け道があり、政党に企業が政治献金してOK、政党の支部でもOKで、支部のトップが国会議員だと、本来受け取れない企業献金を迂回して受け取れて、議員の財布になってしまい、支部長に国会議員、企業献金は言い訳して取れる、お金には色はついておらず、こうできる。

甘利氏は、こうしてGETした金を政党の支部に着けており、当初業者が1000万持ってきて、多いとして半分受け取り、これは政党の支部でもらったら違法にはならない(泣)。

国会で、強行採決が繰り返されて、バクチ法案も採決されて、バクチ法案の際も、提案した国会議員のうち3人はギャンブル企業から献金を受けて、業者から政治献金をもらったら、業者に喜んでもらえるように、バクチ法案を推進した、業者との癒着、利益誘導、しかしこれからもっとひどくなり、バクチ法案はこれから形が決まり、進出したい業者が政治献金のラッシュ、それで公共事業の金が膨らみ、賭場も大枠を決めてから、利権としてたかられるのです。

 

後半のお話、2015年分の政治資金報告書を見たら、高額な飲み食い、麻生氏はびっくりで、高級クラブに16272万円!これについて上脇さん、麻生氏は常習者、このために国会議員になったようなもので、政党の支部に国民の税金が流れて、まわりまわって国民の税金が高級クラブに使われて、甘利氏も220回、1120万、舛添がかわいく見える(泣)、「国民はもっとひどい人に怒るべき」なのに、巨悪に国民が怒らないのが問題で、舛添氏のようなわかりやすいものに怒るだけで、SMバーに行った宮沢氏は飲食代126万、林氏も1000万高く、政治資金を飲み食いに使っており、本来ポケットマネーで使うべきもの、虚偽記載の可能性もあり、キャバクラで会議はできない、そんなところで政治活動の会議はできず、今の政治資金報告書だと、誰とどんな話をしたか書かなくても良く、目的は会合とされて、上脇さんの見方で、政治資金が有り余っており、バブル期の政治資金を確保するために政党交付金があり、自民党はバブル期のお金を税金からGETしているバブル状態、政治家や政党はバブル、国民は貧困なのに、こんな飲み食いをして、上脇さんは金を断つ禁断治療をすべきで、そうしないと、お金をちゃんと大切にしない。

企業献金をなくすために政党交付金のはずが、政治献金も二重取り、銀行も政治献金再開であり、銀行は税金をもらった時期もあり、自粛もしていたが、2000万ずつメガバンクが献金しており、銀行は政治献金御三家のトップ=銀行が政治献金を再開すると、もっとひどくなる。

企業、団体献金はなくされず、消費税は上げられて、法人税は下げてもらい、政党により交付金に依存しており、国民に痛みを強いる政治をしても政治家は痛まず、お金をもらえなくなることがなくなるので、国民に痛みを強いても傷まず、実質国営政党であり、リスナーより、金権政治家を追放するために市民は何をすべきか、東京地検にデモするなどがいいのかとの質問があり、上脇さん、一番効き目があるのが、「地元の政治家の政治資金をチェックして、これはおかしい(舛添氏の辞任の前例あり)として、地元でこんなのはおかしいと追及する必要がある」

チェックする手立ては、財団法人の政治資金センター(http://openpolitics.or.jp/01.html )が今年6月にできて、全国の衆参の議員の報告書をPDFファイルで公開する用意を今しており、これを見て、各議員の政治資金報告書を見て、市民が監視すべきなのです(このHPはまだ未完成の模様です)。

上脇さんに政治とカネの問題を続けてもらいました、以上、上脇さんのお話でした。

 

ニュースは上田崇順さんの担当でした。

バクチ法案が今日交付されて、政府は総理をトップとする整備本部を年明けに設置して、巨大賭博場を整備する方針で、ギャンブル依存症の懸念から反対の声もあり、安倍総理と維新が推進していますが、公明は維新の自民への接近で、憲法改悪を懸念しています。

政府は辺野古埋め立て工事を明日にも再開、沖縄の敗訴で、翁長知事は処分を撤回して、明日にも工事再開、菅干渉長官は工事再開の準備はできているとして、明日会談する翁長知事はもっと話し合えと、移設阻止を続けています。翁長知事には岩礁の破壊許可の権限があり、サンゴ移植の許可権限でも移設阻止するのです。

沖縄での、日米地位協定の軍属の範囲を再定義し、安倍-オバマ会談でも取り上げられて、軍属でないと、処罰できても、対象は少しです。

安倍総理は真珠湾訪問、経団連の会合で戦争を起こさないと言うものの、1956年に鳩山一郎氏が、59年には岸信介氏が現職として行っており、吉田茂氏も行っており、安倍総理は4人目です。

新潟、糸魚川市の大火災から、通行規制の解除、金融機関も再開して、120棟全焼、被災者に公営住宅を提供します。

災害時の情報、避難勧告、避難準備情報、避難指示について、高齢者、障碍者の早めの避難のために、新たな区分として、避難指示は勧告とわかりにくく、避難指示(緊急)になるのです(ラジオでの表示は未定です)。

宮内庁は天皇の新年の感想を来年は廃止し、年末年始の行事が多いためで、3日の一般参賀は予定通り行うというのです。取りやめには陛下の了解もえられているのです。

 

2016年ラストのレギュラー放送、政治とカネの総決算、スタジオに怒りのメールが、年末の忙しい時期に殺到して、リスナーより、政治家の飲食費にびっくり、庶民は1円でも安いものを探すのに、政治資金だとあんなことができるとあり、麻生氏は1672万を133回、頭に来て、今日の上脇さんのお話に怒りでムカムカ、2世3世の政治家が特権階級になっているともあり、水野さんもリスナーの怒りはこれで終えず、年末年始の特番をすると言われて、年末は12/30にまさかほんまに2016年の4時間半の生放送をして、政治家を許してはいけないと水野さん言われて、まさかの世界を、ニューヨークのトランプタワー、ソウルからの中継、沖縄の高江からもして、オリンピック、核のお金の話もするのです。介護の話もあり、ご意見をよろしくと、水野さん、2016年のまさかを本日から募集します。

言うまでもなく、この内容、いくらでも拡散してください、皆さんの怒りを具体化して、金権政治家たちを叩き潰しましょう!

 

 

 



B.Sanders by limitlesslife
堤未果 ?@TsutsumiMika 1時間1時間前
「全国に多くの優れた良き人々がいる。しかし、状況は絶望的だ、企業の資金力には負
ける、大富豪には勝てない、諦めるしかない。そう思ってしまったら、まさに彼らの思
うつぼ。皆さんに伏してお願いする。どうかそんな絶望の世界には足を踏み入れないで
くれ」(B.Sanders)

irohira
MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



ラジオ関西 ばんばひろふみ!ラジオDEショー 西谷さんのシリア、イラク、パリ報告 by limitlesslife

 永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみ!ラジオDEショーに、32日、ジャーナリストの西谷文和さんが出られて、シリア、イラクのことを報告されました。ポッドキャストで公開されています。

http://jocr.jp/podcast/banban/banban160302.mp3

43分ごろからです。

コメンテイターの西谷さん、226日に帰られて、トルコ-シリア国境取材、パリのテロ現場→首謀者のいたベルギー→トルコに行き、難民&ロシアのエゲツナイ空爆、焼け焦げた人が運ばれて、まずパリのテロ、犯人がいてアパートを取材されて、テロの4日後に警官に殺されて、妹に囲まわれていたが、警官に殺されたのはおかしく、催涙弾などで生け捕りにして取り調べるべきであり、なぜすぐ殺したのか、パリのテロから空爆が頻繁になり、ロシアもトルコに落とされて、テロとシャルリ・エブド事件に空爆だが、首謀者を逮捕せず殺しており、流れ弾で住民もけがして、住民はこのアパートから放り出されて、帰れず、誰も入れず、ここはイスラム教徒の多い貧困地区であり、パリのテロでも、拠点はベルギーで、居酒屋を首謀者が経営していても、イスラム原理主義ではない、お酒を扱っているからで、その居酒屋も今閉鎖され、疑いだしたら切りはないが、あんなテロを27歳の若者だけで出来たのか、オランド大統領はテロの直後空爆であり、パリの地下鉄は動いても、ベルギーは止まり、不思議なことがあり、取り締まれるのに、取り締まらなかった疑いもあり、テロの前日にトルコの英字新聞に、パリでテロが起こり、やる人間の名前も出ていたのに、これを逮捕しておらず、犯人たちの収監された刑務所にも西谷さん行かれて、フランスもベルギーも、犯人のことを知っていたのに止めず、テロが起きると戦争になり、ショックドクトリン、テロ、災害で国民が呆然となったら戦争、阪神・淡路大震災もショックドクトリンでゼネコンを儲けさせて、インドネシアの津波もリゾート地を作り、イラク戦争も、アメリカやヨーロッパのゼネコンが来て儲けており、パリのテロは戦争で儲けたい人にはこの上ないチャンス。

空爆11億×1万回、各国の納税者の血税で、戦闘機を作っているメーカーが儲かり、不況で儲けるのは金融と戦争、パリに西谷さん2回行かれて、奥は深く、空爆でまたイスラム国がテロをする。

トルコに巨大な国境が作られて、シリアの人たちは逃げられず、寒くて亡くなっており、トルコの警察も、難民(ボロボロ)を送り帰し、シリア難民は本国で空爆でやられて、空爆被害者は西谷さんご覧になり、大変であり、トルコの病院は満員で、シリアに帰るしかなく、治療は受けられず、死ぬしかない。

停戦の内容も、イスラム国とヌスラは空爆するもので、しかし空爆で殺されるのはほとんどが一般市民、ドラム缶にガソリンを詰めて落とし、昔の焼夷弾、子供も殺されて、アサド政権は反対派を皆殺しにして、そしてやっているのはみんな大国で、アメリカとロシアは妥協と言うものの、ロシアはアサド政権を守りたく、アメリカは反アサドのムスリム同胞団が力を持つのを好ましく思わず、あまりに殺したので、これで止めると言うのが妥協であり、しかし世界で空爆反対の声があり、アメリカでサンダース氏の進展はこれの象徴(トランプ氏は反対であるが)。

アメリカと大統領が変わり、イランも穏健になるが、大統領によりアメリカは変わり、クリントン氏かトランプ氏か、トランプ氏なら絨毯爆撃になり、しかし日本は平和外交で今まで通りやれるか、アメリカの戦争に巻き込まれて、そして中国は、安保理ではロシアに着いているものの、中国は独裁でアラブの春は好ましくなく、ウイグルのことがあり、今イスラム国掃討で、中国製の武器をクルドの人が持っており、イスラム国はけしからんもので、彼らのテロで戦争により儲かるものがいて、北朝鮮のロケットも同じ、北風作戦で空爆では解決せず、太陽政策(食料、雇用)をすべきと、西谷さん締めくくられました。以上、ラジオDEショーの内容でした。

__________

コメント:金字塔支配を命帝網共存に!

ご参考までに:

枠組転換pdf

枠組転換図

 



低カーストの優遇要求デモ暴徒化 衝突で3人死亡 by limitlesslife
February 20, 2016, 2:04 pm
Filed under: 金字塔文明

カーストの優遇措置適用を求め、暴徒化したデモ参加者ら=インド北部ロータクで2016年2月19日、AP

 【ニューデリー金子淳】インド北部ハリヤナ州ロータクで19日、カーストの優遇措置の適用を求めるデモが暴徒化し、治安部隊と衝突した。地元民放NDTVによると、治安部隊の発砲などで少なくとも3人が死亡、多数の負傷者が出た。治安当局はロータクや周辺地域に外出禁止令を出し警戒を強めている。

 地元メディアによると、デモを起こしているのは「ジャート」と呼ばれる農業者中心のカースト集団。公務員の採用や大学入試などで低カーストを優遇する制度の適用を求めている。

 デモは数日前から始まり、幹線道路や鉄道の線路に座り込み交通を妨害。一部が暴徒化し、州政府の閣僚の自宅や警察車両、ショッピングモールなどに放火した。デモは周辺地域にも広がっており、軍が警戒に当たっている。ハリヤナ州は首都ニューデリーに隣接しているため、混乱が続けば首都の物流に影響する可能性もある。

 カースト制度はインドの伝統的な階級制度で、出自により数千の集団に分かれる。低カースト層は差別の対象になってきたため、政府は公務員の採用などで特定のカーストを優遇しているが、上位カーストからは「逆差別だ」との批判もあり、カースト単位のデモがたびたび発生している。

あわせて読みたい



朝日放送おはようコール 木原善隆がマイナス金利・経済崩壊とピラミッド禁止を語る by limitlesslife

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝はABCコメンテイターの木原善隆さんのお話でした。

今朝の朝刊一面トップは、全て金融市場の波乱、長期金利が史上初のマイナス、東証暴落です。

その経済ムチャクチャ、日銀の制作が裏目に出て、マイナス金利で株が900円以上下げて16000円割れ寸前、98%の銘柄が売られて、原因は円高、リスクを嫌うマネーが再び円を買い、日本の歴史上初の長期金利(10年物の日本国際の利回り)がマイナスと言う異常事態であり、129日に、景気のためにマイナス金利を黒田総裁が決定、銀行が日銀に預けても損するので市場に投資しろとしたら、民間銀行は安全な国債を買うのに→長期金利マイナス(国債を持つと損)→円高+株暴落、家計には、住宅ローン金利は下がるものの、預金金利は下がり、保険料やATM手数料は上がることになり、これについて木原さん、わずか10日前の奥の手なのに、短期的にはカンフル剤にはならず逆で裏目に出て、マイナス金利は9人の政策委員の多数決での54で決まり、反対していた人たちの懸念が当たり、今後、預金金利が下がるより、株安円高で日本経済が危機的になり、実体経済が悪いと春闘も大変になり、夏の参院選にむけて政策を出すにも、金融政策でのカンフル剤はもう限界と言われました。

(しかし、日本の金融市場が鉄火場、博打で、安倍総理がじゃりン子チエのテツ、黒田総裁がレイモンド飛田で、マイナス金利は大阪カブの会、これでも自民党に投票する人はテツの父親、おじいはんだ!)

 

大阪市教育委員会は学校の組体操を禁止、自治体が禁止するのは初で、運動会では事故が多く、生徒に押し付けてはいけないとして、ピラミッド、タワーを禁止することになり、失敗すれば重大事故になるのに、ピラミッドと高さを競って事故になり、2014年度は8000件を超えた事故、重傷も84件で、スタジオでも、これをやりけが人が出ていたとの指摘があり、これについて木原さん、去年高さ制限をしても事故が減らず禁止で、決定に合理性はあるものの、これを機に広がるのか、市議会でも学校の安全を考えるものの、賛成は保護者に多く、反対はやらされる子供にあり、安全に指導する必要もあると言われました。

 

札幌での女性殺害事件、容疑者は逃走中で、被害者は警察に何度も相談しており、残酷な事件で、2013年の三鷹ストーカー事件にも似ており、木原さん、警察も十分ではなく、過去の教訓が生かされず、警告より逮捕の姿勢であったのに、逮捕への証拠がなかったというものの、十分な対応であったのか、DVシェルターは数も足りないと言われました。

 

なお、今日発売の週刊文春で、育休を取った京都選出の宮崎議員が不倫していたと報じられて、記者の呼びかけに答えずトンズラであり、芸能レポーターのみといせいこさんが解説されて、奥さんの出産前にわざわざ出かけて不倫、相手は資産家であり、ミス湘南のグラドル、不倫相手は宮崎市の着物の着付けにも関与している可能性があり、その上宮崎氏、自民党の種馬とまで呼ばれて、最初に加藤紘一氏の娘と結婚して離婚などというのです。木原さん、育休など言う資格を失ったと言われて、自民党もメルトダウンです…

______________

コメント:1%支配の政治・経済・社会・文明のピラミッド(金字塔)も止めないと事故・重傷・死亡・破壊が続出!