Global Ethics


by limitlesslife

オリンピックを口実に明治公園を閉鎖?

紅林進です。
昨日「オリンピックを口実に明治公園を閉鎖?」という投稿を
させていただきましたが、それに対して、他のML(レイバー
ネット日本の会員ML)で、保坂さん(JCJ)という方から、下記
のような、その背景がよくわかる詳細なコメントをいただきまし
たので、転載させていただきます。
文科省の住民軽視、国会軽視のこのようなやり方も非常に
問題ですが、それにしても、マスコミはこのように重要な問題
をなぜキチンと取り上げないのでしょうか

紅林進
tkurbys@yahoo.co.jp

(以下、レイバーネット日本の会員MLより転載)
保坂(JCJ)です。
明治公園がなくなるというのは、国立競技場を立て替えて大型化する計画が
周辺の大規模再開発につながるからだそうです。
首謀者は文科省で、東京都は地権者で共犯って感じかも。
役所の権益を広げようという意図と、自民党型開発政治が背景にあるという
べきか。
JCJ的に言えば、コンペ案とか建て替え計画の発表報道はするけど、都営
住宅取り壊し、住民追い出しなどに視点がいかないマスコミのあり様が問題じゃ、
というところです。
レイバーネットで取材しますか?明治公園の集会の人波をなめて、都営霞ヶ丘
アパートや日本青年館を下から仰いで写すの。
 以下は2月にJCJの人に聞いた話の要約。
2020年東京五輪を名目に、東京・国立競技場を大改修する計画が、文科省
により、一方的に進められている。
大改修の予算は国会に提出されていない。設計調査費を2012年度予算で
予算化し、大改修の国際的設計コンペで設計案が決まった段階。
案は広範で、現・国立競技場周辺の大開発が必要となり、日本青年館、明治
公園の廃止、周辺住宅地、都営団地の移転、神宮競技場や秩父宮ラグビー場、
神宮外苑も影響を受けるかも、というような大計画。改修だけで1500億円もの
予算が必要と言われているとか。
3月の国際オリンピック委員会による現地調査を前に、文科省の役人がひそか
に、周辺住民の意思を調べ始め、移転の脅しをかけ始めている模様。
国会にも、都議会にも提案、報告されていない。
マスメディアは実態を全く知らない様子。
 文科省には予算のためにサッカーくじを使おうという意向があるかもしれない。
 ネットで検索したところ以下がみつかりました。
共産党の新宿区議団が、再開発に含まれる霞ヶ丘住宅取り壊しに配慮する
意見書を都議会に出そうとしたけど、反対があって、提出できなかったらしい。
http://www.jcp-shinjuku.com/2012/10/post-381.html
その他、参考資料。
①毎日新聞1月28日報道。
toto:「海外試合も対象」案 国立競技場改修費捻出へ
http://mainichi.jp/sports/news/20130128k0000e050179000c.html
②ウィキの「国立霞ヶ丘国立競技場」の項目に、立替についての記述があります。
 昨年のコンペ前の記事ですが、日経電子版2012年7月27日付記事
③五輪誘致なるか 国立競技場「建て替え案」公募の目算
開閉式の屋根を装備、2019年3月の完成目指す
(一部引用)
コンペの募集要項によると、新競技場の敷地の西側にある東京体育館の周辺や
南側にある都営霞ヶ丘アパートなどを対象に、合計約6万5000m2の「関連敷地」
を設定。関連敷地内に新たな建築物はつくれないものの、人工地盤などの工作物
を設けることは認める。
(引用ここまで)
(以上、レイバーネット日本の会員MLからの転載)