Global Ethics


サンテレビニュースPORT 1月17日の3・11竹灯籠取りやめの波紋 by limitlesslife
December 6, 2016, 1:34 am
Filed under: 311

 永岡です、サンテレビのニュースPORT、今回は月曜ですが震災特集、神戸の市民団体が、117の追悼竹灯籠の取りやめのことが取り上げられました。

 

 昨日のB1グランプリ、明石市のたまご焼き(明石焼き、明石ではたこ焼きを出汁で食べるのをこう呼びます)が1位、明石たまご焼き広め隊の皆さん、一昨日からお台場でのB1グランプリに、市長も一緒に活動して優勝して、地元の皆さんに、明石たまご焼きをふるまい、リーダーの古志さんは成果が出たと言い、明石の泉市長は声がかれて、明石に来てほしいというのです。これで、明石たまご焼きを広めたく、神戸新聞の特別編集委員の林芳樹さん、なかなか手の届かない優勝で、これを期に、明石にたまご焼きを食べにくる観光客を増やしてほしい、兵庫の観光客は、1位甲子園、2位姫路城、3位が明石公園で、3位の皆さんをたまご焼きに招きたいと言われました。

 明石たまご焼きは、去年のシルバーウィークに、明石に食べに行ったら、有名な魚の棚商店街のお店には全部大行列であり、空いているお店を探してもらい、食べて大満足でした。明石のたまご焼き、新長田のそばめしと並んで、皆さんで食べに来てください。

 野良猫への条例、林さん、野良猫で困っている例もあり、一歩を踏み出したものであり、これは議員提案の条例で細部はまだ決まっておらず、神戸市が細部を詰めて、来年度の予算にどう盛り込むか、協議会のことも、全会一致を受けて神戸市がどうするか、野良猫は東京で餌をやらない条例はあるものの、神戸市は繁殖を抑えるもので、全国に注目を集めて、お手本になるものをと言われました。

 

 その、来年の117のつどい、この枠でも、ネットワーク117でも取り上げられましたが、阪神・淡路22年の集い、実行委員は東日本大震災の追悼の灯篭は取りやめであり、117日には毎年、東遊園地で追悼のつどい、東日本大震災の翌年からはその灯篭もやっており、東日本大震災の被災者の方も神戸の方を暖かいと評価されて、神戸・市民交流会は、メンバーの高齢化で解散、継いだHANDS(http://117kibounoakari.jp/ )藤本真一さん、平日の117のために、参加者が減り、そのために311117の日に一緒にやるのは止めて、まず、阪神・淡路を伝える場にするとしており、他方、神戸・市民交流会の解散後も、代表だった山川泰宏さんは、神戸も簡単に東北が復興したと思い、原発で関西に避難された方は見捨てられると、継続を望まれます。

 これについて、林さん、藤本さんと山川さんの意見には頷けて、どちらを立てるか難しく、117日は全国の目が神戸に集まり、そして東日本大震災の被災者とどう連携するか難しいが、役員会で決めたとしても、まだ時間はあると言われました。

 これは震災の追悼は大事であり、117311も儀式に終わらず、続けるべきと思いました、以上、サンテレビのニュースの内容でした。

Advertisements


安倍ドクトリンの問題 by limitlesslife
April 10, 2015, 11:54 pm
Filed under: (sin=separation:差別:疎外:無関心:無光如何・・・), 311, 911, 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, アメリカ合衆国(米国), イスラーム国(ISIS, ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), サンゴ礁(破壊、白化、・・・), ジュゴン, ストロンチウム, スパイ(偵察、情報収集、・・・), テロ, ナショナリズム(ウルトラ・愚か・短気=損気・・・), バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), 献金(賄賂、買収、, 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(不振、膨張、破裂、・・・), 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, nuclear discrimination, TPP, 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 原発事故・責任・補償, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 基地, 安倍晋三, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 教科書(国定・国家主義・裁判・・・), 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 人工金字塔文明か自然帝釈網文化

投稿者:加藤 朗 (東京都・男性・桜美林大学教授・60-69歳)[投稿履歴]
投稿日時:2015-03-26 17:02(1) 2015-03-27 20:36 (2)

 

さる3月20日、自民党と公明党が、新たな安全保障法制の基本方針について正式合意した。遂に吉田ドクトリンに代わる安倍ドクトリンとでもいうべき、国家安全保障戦略の大転換が現実となった。振り返ってみると、安倍政権は安全保障戦略の方針転換を一気呵成に行ってきた。2013年12月4日国家安全保障会議発足、同月6日特定秘密保護法成立、同月17日国家安全保障戦略策定、2014年4月1日防衛装備移転三原則閣議決定、7月1日集団的自衛権行使容認閣議決定、そして2015年3月20日の新たな安全保障法制の制定である。

安倍ドクトリンの最大の目的は、対中国抑止にある。そのためにはアメリカの抑止力が不可欠である。アメリカの抑止力を確実なものにするためには、自衛隊とアメリカ軍との軍事協力関係を密接(自衛隊が事実上米軍の隷下に入るということ)にすることが何よりも重要だ。そのために安倍政権は、特定秘密保護法で日米間の情報共有を確実にし、防衛装備移転三原則で日米間の武器開発・製造を円滑にし、そして集団的自衛権行使容認で自衛隊の活動の場を拡大し、安全保障法制で米軍と共に戦う態勢を法的に整備するなど、着実に手を打ってきた。

とはいえ、安倍ドクトリンによってはたして抑止力は高まるのか。安倍ドクトリンの問題は、アメリカの抑止力の信頼性である。抑止の能力から見れば、日米の軍事の一体化が進めば、抑止力は高まる。いずれ中国の軍事力は質、量とも自衛隊を凌駕するにしても、米軍が日本に協力すれば、日米合同軍に中国は太刀打ちできない。しかし、問題はアメリカに日本と協力して中国を抑止する意志があるかどうかである。はたして日本が安倍ドクトリンによってアメリカに軍事協力という恩を売るだけで、アメリカの抑止の意志が高まるだろうか。

中国側はまさに、この点をついて、心理戦、歴史戦を仕掛けている。中国は米中がかつて第二次世界大戦で日本と戦った同盟国であることを強調し、また戦後レジームからの脱却を主張する安倍首相に歴史修正主義者のレッテルを張って日米の離間を図ろうとしている。安倍首相も靖国参拝をしたことでアメリカから猜疑心を持って見られており、レーガン・中曽根、ブッシュ・小泉政権時代ほど安倍・オバマの信頼関係は深くない。日米関係がどこまで緊密化できるかは、国家安全保障の基本理念の「自由、民主主義、基本的人権の尊重、法の支配といった普遍的価値」をアメリカとどれほど共有できるかにかかっている。とはいえ、米中関係には常に第二の「朝海の悪夢」(1972年のニクソン・ショックのように事前通告なしの米中関係改善が行われること)の恐れがあることを念頭に、日本は対米関係を考える必要がある。

抑止力の信頼性に関してはもう一つの問題がある。それは、どこまでアメリカに協力すればアメリカによる抑止が確実になるかはわからないことだ。抑止を確実にするために日本はアメリカに際限なく追随することになり、かえって日本の安全保障にマイナスになるかもしれない。特に国際安全保障分野での対米協力である。もし再びイラク戦争のような武力紛争が起こり、アメリカが有志連合への協力を要請してきた場合、集団的自衛権の行使を容認した以上、かつてのイラク支援のような憲法を盾にして復興支援だけで済ませるというわけにはいかない。より積極的に軍事面で対米協力をすれば、アメリカの武力紛争に巻き込まれてしまう恐れがある。

他方アメリカにとっても、日本への協力がアメリカの国益を損なう恐れもある。尖閣問題が典型である。アメリカは尖閣を第一次世界大戦の契機となった第二のサラエボにするつもりはない。他方日本は尖閣を、国際社会が事実上併合を認めてしまった第二のクリミアにするつもりはない。日米双方で国益の違いから、抑止力の信頼性に疑問符が付く場合がある。

安倍ドクトリンの最大の問題は、安倍首相が描く将来日本の国家像が不明なことである。吉田ドクトリンは、経済優先という国家目標があった。では安倍ドクトリンには具体的にどのような国家目標があるのだろうか。安倍首相は日本をどのような国家にしようとしているのかがわからない。かつては「美しい国」であり、今では「強い国」であり、そして「強い国を取り戻す」というのが安倍首相の国家目標のようである。しかし、災害に強い国を取り戻すことはできても、中国の経済発展や軍事強化を考えると、二度と世界第二の経済大国という座を取り戻すことはできないし、ましてや軍事力で強い国になることなどあり得ない。

国家には国際秩序を形成する能力のある大国、その国際秩序を維持する能力のある中級国家、そしてその国際秩序に追随する能力しかない小国の三種類がある。戦前の日本は国際秩序を形成する能力のある大国だった。しかし、第二次世界大戦でドイツと共に新たな国際秩序形成に失敗し小国へと転落した。幸いにも戦後経済大国として復活したが、その実態はアメリカが形成した国際秩序を維持する中級国家でしかなかった。慶応大学の添谷芳秀教授が『日本の「ミドルパワー」外交』(ちくま新書、2005年)で指摘するように、吉田ドクトリンはまさに中級国家戦略だったのである。安倍ドクトリンは、はたして戦前のような大国日本の復活を目指しているのだろうか。それとも世界の大国でもアジアの指導国でもない日本の現状を踏まえ、身の丈にあった中級国家を築こうとしているのか。坂の上にもう雲はない。安倍首相がそれを見たとするなら、蜃気楼にしか過ぎない。(おわり)

________________________

コメント:日米協力で覇権を握ろうとするのは蜃気楼であり世界史・日本史の教訓を学ばない悪夢である。日米協力は軍事・経済・社会・文化で基地・TPP・原発・差別で犠牲を払い、平和・人権・生命・主権を無視することになる。これはアベコベ・アベノミックスアップ・アベノミス・ダメノミックスである。



[NHKラジオ第1]藤原直哉氏:、“911テロが自作自演であることを示していた” by limitlesslife
April 3, 2015, 1:40 pm
Filed under: 311, 911

M.nakataです。
下記、世界の変化の兆しに、希望の灯りがつきました。
 私達もがんばりましょう~
藤原直哉氏[NHKラジオ第1]評論をお聞きください。
~911は、自作自演~ 音声を直接お聞きください。
<拡散歓迎です>
____________________________

[NHKラジオ第1]藤原直哉氏:地政学的変化のなかの日本の未来 〜911は自作自演〜

2015/03/31 12:35 AM
竹下氏からの情報提供です。
 リチャード・コシミズ氏のブログでも紹介されていましたが、NHKラジオで例の911に関する衛星写真にふれ、“911テロが自作自演であることを示していた”という発言が藤原直哉氏の口から飛び出しました。
 
 また後半部分の日本や世界が進む方向性についてもプラウト的な捉え方をされているのではないでしょうか。“その方向性をいつも意識しながら、普段の仕事や生活をすすめていくことが、あまり困難なく新しい時代に到達するためには非常に重要なこと”とアドバイスされています。
(編集長)
————————————————————————
◆「地政学的変化のなかの日本の未来」 経済アナリスト 藤原直哉さん
(転載元より文字起こし)
 NHKラジオ第1 15/3/27
音声は転載元でお聞きください音声は転載元でお聞きください

  <使い方>
# 聞くをクリック➡保存(S)をクリック
ラジオより文字起こし:

mc:藤原さん、おはようございます。

藤原:おはようございます。

mc:日本でも世界でも株価が上昇していますが、藤原さんはその背景については、どうご覧になっていますか?

藤原:はい。あの、全世界で政府、中央銀行が恣意的に金融市場を動かしてですよね、株価の下落ですとか、それから株価の上昇、或は金利の下落も結構無理に根拠なくやっていることが多くて、何でこんなにムキになって市場を動かすのかというところに   ==略=

(続きはここから)
★或はそのアメリカの退役軍人の団体があるんですが、そこに属しております元軍人がロシア政府が出してきました2001年の911テロに関する衛星写真をモスクワで検討したんです。それはあの時のですね、ビルの破壊というのが、爆破解体によるものでありまして、911テロが自作自演であることを示していたと。

その事を公表しているんですね。しかもその団体はロシアのプーチン大統領にですね、世界の平和を確保するために必要なその他のいくつかのファイルも公開するように、同時に要請しております。

 =略=

日本でも安倍政権が安保法制、或は辺野古の基地の移転、原発再稼働、TPP推進などの政策を推進しているんですが、いずれも反対は根強くてですね、与党内にも議論がありますし、今後安倍氏の力押しだけでできることなのかは、甚だ疑問な所がありますね。

mc:そのような世界情勢の中で、これから日本はどうなっていくとお考えですか?

藤原:はい。以前から述べておりますように、21世紀というのは20世紀とは全く秩序が違う時代になると思います。

システム的に言いましても、アメリカが1つだけ強いとか、或はドルが1つだけ強いとか、自民党が1つだけ強いとか、こういったように1つだけ最後に強いのが残るという状態になりますと、その次は、そのシステムが中からとけていきまして、イノベーション、創造と言いますか、全く新しいものが生まれてくるんですね。

江戸時代が行き詰まりまして、明治維新が起きたり、戦争末期の翼賛体制が行き詰まりまして戦後の民主政治になったり、或はその昭和の非常に一極化しましたバブル経済がとけて、平成のもっと分権化された新しい経済が生まれたりと、こういう感じなんですね。

で、アメリカの世界一極体制っていうものがとけてくれば、それはロシアとか中国が台頭する。まさに今の状況でありますし、いずれはそれもとけて、今度は

=略=
_________________________


地震と原発事故情報-6つの情報をお知らせします、たんぽぽ舎です。【TMM:No2438】 by limitlesslife

 永岡です、たんぽぽ舎の原発関係の情報をお送りいたします。
<以下、転送>

たんぽぽ舎です。【TMM:No2438】
2015年3月19日(木)地震と原発事故情報-6つの情報をお知らせします
転送歓迎
━━━━━━━
★1.原発再稼働の問題点、事故対策や防災体制なし、
再稼働の順番とは何か、再稼働の合理性もなし
山崎久隆(たんぽぽ舎)
★2.東京高裁が強制撤去執行停止決定
「経産省前テントひろば」
★3.福島第一原発の最新情報と新しいタイプの汚染水漏れ
凍土方式遮水壁造成の為のボーリング(3/10現在)
2052本予定中1334本、全体の約65%が終了
汚染水貯留量(3/12現在/数字は「約」):貯留量61.7万トン
春橋哲史
★4.テント日誌3月15日(日)
経産省前テントひろば1242日 商業用原発停止546日
テントはにぎやか  川柳句会の日-「夢」・「生きる」
(I・K)
★5.若干の訂正
3/18発信の【TMM:No2437】の
★1.「再稼働のための原発廃炉―推進側の狙い」について
柳田 真
★6.新聞・雑誌より2つ
◆インタビュー 霞が関官僚・作家 若杉 れつ(※)
原発再稼働は1基目の前例さえできればドミノ倒しになる
(週刊朝日3月27日号より抜粋)
◆防災世界会議 原発論議低調 批判の声 参加者「関心そらす目的か」
(3月16日東京新聞より抜粋)
━━━━━━━
※3/20高浜原発再稼働を許さない!
関西電力東京支社抗議行動(毎月第3金曜)にご参加を!
日時:3月20日(金)17:30~18:00(金曜官邸前行動の前段で実施)
場所:富国生命ビル前集合    主催:再稼働阻止全国ネットワーク
━━━━━━━
※川内・高浜原発再稼働やめろ!永遠に原発ゼロに!再稼働反対!
3/20(金)首相官邸前抗議-第141回
この日は国会前抗議はありません。
日 時:3月20日(金)18:30~20:00
主 催:首都圏反原発連合(たんぽぽ舎も参加・構成団体)
当日の詳細は 
http://coalitionagainstnukes.jp/ を参照
━━━━━━━

┏┓
┗■1.原発再稼働の問題点、事故対策や防災体制なし、
|  再稼働の順番とは何か、再稼働の合理性もなし
└──── 山崎久隆(たんぽぽ舎)
※この文章は、2月27日到着で「原発いっしょになくそう
よせあつめ新聞」2月後半号に掲載されたものの一部です。

○原発再稼働の問題点

航空機事故であろうと列車事故であろうと、事故原因の究明と再発防止対策が出来なければ運行停止が当然。福島第一原発事故は本当の原因も解明されたとは言えず、再発防止など検討の域にすら達していない。東電も過去に起きた事故、例えば福島第二原発3号機事故では、再発防止対策がされなければ再稼働が出来なかった。
3.11以降は、原発で過酷事故は必ず起こり得るものとして、電力会社が対策を取ることは最低限の条件である。少なくても老朽炉を中心に廃炉とすべき原発が確実にいくつもある。特に第1世代及び老朽化により問題のある加圧水型軽水炉と沸騰水型軽水炉は全て動かすべきではない。(敦賀、女川1、島根1、東海第二、浜岡3、美浜1~3、高浜1,2、大飯1,2、伊方1,2、玄海1,2、川内1,2)
それさえ守れない現状では、次の原発震災は日本を壊滅させるということを、国や電力及び「原子力ムラ」には繰り返し再認識させなければならない。

○事故対策や防災体制なし

米国やヨーロッパの原発では原発の安全性対策と防災体制がセットで機能していなければ稼働できないとする考え方が一般的である。(IAEAの深層防護第5層)それでも形骸化や非現実的体制などの問題が多くあるのだが。
再稼働の前提条件としては、過酷事故対策が構築され、仮に福島第一原発事故以上が発生しても、被曝する前に住民を避難できるような体制を国が主導して作る必要がある。しかし実際には地方自治体に原子力防災を丸投げした状態である。
いうまでもなく財政規模や人員配置などからも、実際には住民を守ることが出来ないことは誰の目にも明らかだ。
防災計画を策定するのならば、国が責任を負うべきだが「国と自治体は対等の立場」と言いつつ責任だけを自治体に丸投げしている。これで再稼働するのか、というのが実際のところ。各自治体住民こそが「命を守れない」と立ち上がるべきだ。

○再稼働の順番とは何か、再稼働の合理性もなし

川内原発の再稼働を最も早くすべき合理的理由は何もない。基準地震動の策定を規制委員会の要請どおりに620ガルに設定したことで、規制委の優先審査対象になったというだけだ。ところが途中から、火山ガイドラインなど川内原発にとって死活的重要な安全基準が必要になったのに、火山の専門家も参加させず、火山憤火予知連が噴火を予知(予測)することが困難としていたのに事業者(九電)が火山対策ができるという「作文」を出しただけで通ってしまった。川内の次も、なぜ高浜かという説明も合理的なものはない。言うまでもないが電力(エネルギー)不足などでは全くない。
どうして原発の再稼働が必要なのか、国のみならず自治体の首長や議会も住民に説明すべきである。特に立地自治体は周辺自治体に重大な危険をもたらす責任があるのだから、周辺自治体は立地自治体に対して納得できる再稼働容認の説明をさせなければならない。重大事故が起きる可能性がある以上、損害賠償についても再稼働を容認した自治体にも応分の負担(事故の賠償だけでなく保険金の負担なども含めて)をさせるべきだ。それでも原発を選びますか?と。

┏┓
┗■2.東京高裁が強制撤去執行停止決定
└──── 「経産省前テントひろば」

3月18日13時過ぎ、東京高裁が強制撤去執行停止決定を行いました。
「経産省前テントひろば」、応援団、弁護団、同事務局そして福島、原発立地で闘う人々をはじめ国内外の全ての反原発を願う人々の成果です。
早期撤去をめざした国-経産省の目論見をはねかえしたのです。
これをどう、しっかり今後の脱原発運動に繋げていくか
3月20日(金)14時~テント前での記者会見で、一連の詳細などについて説明致します。

┏┓
┗■3.福島第一原発の最新情報と新しいタイプの汚染水漏れ
|  凍土方式遮水壁造成の為のボーリング(3/10現在)
|  2052本予定中1334本、全体の約65%が終了
|  汚染水貯留量(3/12現在/数字は「約」):貯留量61.7万トン
└──── 春橋哲史

○汚染水貯留量(3/12現在/数字は「約」):貯留量61.7万トン
その内、ALPS処理済み水(トリチウム水)は33.8万トン
ALPS処理待ち水は24.9万トン(RO濃縮水16.7万トン+
ストロンチウム処理水8.2万トン)
設置済みタンクの貯留容量は81万トン(増設計画上限値101万トンまで、
残り20万トン)
3月10日6:24頃、H4タンクエリアの外周堰内に溜まっている雨水の水位が低下しているのが、タンクパトロールによって発見されました。堰内の水は移送しましたが、外周堰の基礎部分や側溝の継ぎ目等、3ヵ所の地面に亀裂が入っているのが確認されました。水の移送が終わるまでに、推定747トンが亀裂を通じて地面に浸透したものと思われます(雨水の放射能計測結果は平均2300Bq/L)。747トンと言うと、小学校の25mプール2杯分以上です。
○ここから先は私(春橋)の推測ですが、地盤が、汚染水の荷重を支え切れなくなっている可能性はないでしょうか?
基本的に1000トン、最大2900トンのタンクを1000基近く、敷地に並べているのです。タンク設置前には、地盤改良を行っていますが、設置時点では問題が無くても、何年も設置し、貯留し続けています。工事・車両の往来・度重なる余震による振動の影響が累積すれば、どうなるでしょう?
地盤の傾きや陥没が起これば、汚染水のタンク貯留は危険となり、追い込まれての海洋排水に繋がるかも知れません。
○「地面の亀裂」という事象が今後、続くかどうか分かりませんが、これからは雨の多くなっていく季節ですから、注視していく必要が有ると思います。

尚、この投稿は、3月13日の金曜行動(希望のエリア・国会前)での自分のスピーチに、加筆・訂正したものです。

┏┓
┗■4.テント日誌3月15日(日)
|  経産省前テントひろば1242日 商業用原発停止546日
|  テントはにぎやか  川柳句会の日-「夢」・「生きる」
└──── (I・K)

○ 朝から曇り空で雨の心配しながら出かけた。
テントに着いたら泊まり明けの方が3人待っていてくれた。
時々群馬から来てくれるTさんテントが心配で、昨夜来てそのまま泊まって下さったそうだ。
10時過ぎ正清さん、A子さんが来てくれたのでMさんは帰る。
暫らくして何やら右翼の叫び声がしたので慌てて椅子を片付けたりしていると、いつもより近くに駐車していた警察車から警官が2人降りて来てテント前に立っていた。テントのこと気にしているのですね。
それと同時くらいにK子さんが来て手作りの美味しいパイを差し入れてくれた。
彼女は農林省方面から来たので街宣車が怒鳴って通るのを見たそうだ。
彼らは通りすがりに罵声をあびせただけらしく一安心。
○ 今日は川柳句会の日だったので1時過ぎから人が集まり始め賑やかになった。
乱さんの選んだお題は「夢」と「生きる」
簡単そうで難しい。参加者は女性ばかり8人でした。

夢の部
秀句
*中東に平和が来る日現実に   乾草
*放射能夢にはあらず人の罪   落葉
*いつの日か真の文明実現す   芒野
*この国が原発ゼロも夢でない  わかち愛
*夢じゃない核のない国四季の国 甲斐猫のら
特選
*裁判に勝った夢見て目が覚める 草地

生きるの部
秀句
*日本で生きる苦しみ誰や知る      落葉
*死ぬまでは生きて闘う心意気      乾草
*後期高齢者となりてもいまだ議事堂前  ハテナ
*放射能囲まれながら避けて生き     芒野
*反原発生きとし生ける人の声      怪猫
特選
*この星は原発ゼロで生きられる     わかち愛

昼過ぎから太陽も顔を出してやっと春の気配。
アコーディオンドアを固定するため来てくれたSさん、埼玉のKさんもう一人のSさんなどが来て女性陣に混じってテント前でのおしゃべりが弾んでました。
5時からは早川由美子さんのお話会もありましたが、私とA子さんは失礼して帰途に着く。お話会にはたくさんの人が集まった様で良かったです。

┏┓
┗■5.若干の訂正
|  3/18発信の【TMM:No2437】の
|  ★1.「再稼働のための原発廃炉―推進側の狙い」について
└──── 柳田 真(たんぽぽ舎・再稼働阻止全国ネットワーク)

40年たった原発の3から5基の廃炉報道が大きく流れたので、これに対して、単純な廃炉ではないこと、原発推進側の本当の狙いは再稼働にあること、あわせて、自然エネルギーつぶし、再稼働のための廃炉であることを広く知ってもらいたいと思い、急ぎ書いたので、準備不十分の文章でした。
下記の点を訂正します。

1.「4年全原発はほぼ動いていない(大飯原発を除いて)。」は、「ほぼ3年間」へ訂正します。
2011年3月11日福島第一原発事故後も一定数の原発は動いていたので。
2.原発会計制度の改悪についての文章で「廃車のたとえ」の1行は削除します。
自動車は原発と違って、放射能を出さないし…
3.「全原発廃炉をすぐ決定」するならば、…一定の税金投入にも賛成したいと思う。の部分について。以下のように訂正します。

電力会社は、廃炉費用を積み立てています。本来それでまかなうべきです。廃炉原発の密封管理ならば、1年10億円ですむといわれるので、30年以上放射能の減衰を待つやり方が賢明です。かかるお金も少なくて済むし、また、ムリに解体して、労働者ヒバクをふやす必要はありません。
今、原発に投入されている税金3000億円をくみかえて、使うべきです。
(詳細は別の機会に論じます)

┏┓
┗■6.新聞・雑誌より2つ
└────

◆インタビュー 霞が関官僚・作家 若杉 れつ(※)
原発再稼働は1基目の前例さえできればドミノ倒しになる

4月の統一地方選後から来夏の参院選までの1年間は、電力会社と結託した霞が関の官僚たちにとって正念場となります。選挙がないため、政権の支持率低下をそこまで気にせずに動ける期間だからです。この間に九州電力川内原発、関西電力高浜原発、そして残りの原発を再稼働させようとしてくるでしょう。
最大の関門は1基目です。再稼働の是非をシングルイシューで国民に問えば、今でも反対意見が相当多い。私は今夏、国会が延長されて集団的自衛権の話が紛糾している陰で、スルスルッと再稼働をするのではないかとみています。新聞もテレビも自然と扱いが小さくなりますから。1基目で前例さえ作ってしまえばいい。後はドミノ倒しです。(週刊朝日3月27日号より抜粋)

(※):事故情報編集部より
「れつ」の漢字は、「にすい」に「列」ですが、変換できませんでした。

◆防災世界会議 原発論議低調 批判の声 参加者「関心そらす目的か」

仙台市で開催中の国連防災世界会議で、原子力災害や東京電力福島第一原発事故の議論が低調だ。会期中の関連イベントに参加した福島の関係者からは「関心をそらしたいのだろう」との批判が上がり、海外の参加者も疑問を示している。
会議初日の14日、安倍晋三首相が各国代表を前に演説したが、原発事故に触れたのは「福島第一原発事故を踏まえ、さらなる防災投資に取り組む」という部分だけ。政府関係者は「原発問題は国内外で賛否が分かれ、政治問題化させたくないのが本音だ」と解説する。
原発事故の議論が少ないことに、議場外では批判が相次ぐ。福島県南相馬市の桜井勝延(かつのぶ)市長は14日夜、仙台市でのイベントに参加後「福島の問題から(関心を)自然災害にそらしたいのでしょう」と語気を強めた。市は3つの避難区域に分断され、事故の影響を含む震災関連死は469人に上るという。
このイベントに足を運んだフランス・リヨン第二大学のマリー・オジェンドル准教授(39)は「福島関連の議論がもっとあると思った。(低調なのは)大きな問題だ」と話した。(中略)
市民団体ピースボートの川崎哲(あきら)共同代表は「原発を扱わないという政府の態度が、次の事故につながりかねない」と批判している。
(3月16日東京新聞より抜粋)

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事故情報」
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載するため
日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字
以内でお送り下さい。件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)及
び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。
送付先は「 nonukes@tanpoposya.net 」です。
なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙面の
都合上すべてを掲載できない場合があります。
たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあります。
予めご了承ください。
──────────
◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「新着記事」を
ご参照下さい。
◆メールマガジンをお送りします
たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
発信しています。
ご希望の方は、件名を「メルマガ受信希望」としてご自身のEメールアド
レスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを送ってください。
違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの元と
なりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
たんぽぽ舎のメールアドレス:
nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
HP
http://www.tanpoposya.net/  Eメール nonukes@tanpoposya.net



安倍首相 at 国連世界防災会議 by limitlesslife

皆さま

昨日、安倍首相は第3回国連世界防災会議の開会式に出席した後、「ハイレベル
・セグメント」と「ハイレベル・パートナーシップ・ダイアローグ」に出席しま
した。それぞれの場面での首相のステートメントは既に首相官邸のウェブサイト
に上がっておりますが、

ハイレベル・セグメントにおける安倍内閣総理大臣ステートメント
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/0314statement.html

ハイレベル・パートナーシップ・ダイアローグにおける安倍内閣総理大臣スピーチ
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/0314speech.html

福島の問題や原発の問題に触れたのは、ハイレベル・セグメントにおいて「東日
本大震災と福島第一原発事故を踏まえ、長期的視点に立って、更なる防災投資に
取り組んでいます」と述べた部分だけ(ハイレベル・パートナーシップ・ダイアローグ
では一言も触れていません)で、あとは福島も原発も放射能も完全無視ですね。

ここで発表された日本政府の「防災協力イニシアティブ」(http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/gic/page3_001128.html
からリンクされています)においても、原発事故からの教訓に関するような言葉
はおろか、その臭いすら、全く感じられません。

見事なまでに徹底した「防災の議論から原子力の問題を排除する」という姿勢で
あります。

—-
川崎哲
Akira Kawasaki
岩波ブックレット『核兵器を禁止する』
http://kawasakiakira.at.webry.info/201408/article_3.html

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan

_________________________________
コメント:「原発は安全」「コントロールと誰か・・・大嘘」を世界に押し通す?


あの日から4 年──自然エネルギーへの転換に新しい一歩を by limitlesslife
こんにちは。
いつもグリーンピースの活動を応援してくださり、ありがとうございます。
今年もまた、あの日がめぐってきました。
4 年目のフクシマ

今日は3月11日。
多くの人がそれまでの生活を失い、故郷を、住み慣れた土地を離れることになった日から、4年が経ちました。
国や自治体の除染作業は進んでいますが、いまも県内外で避難生活を続けている福島の方々は約12万人。
この方々がもとの暮らしをとり戻せるのはいつのことか、まだ誰にもわかりません。


富岡町夜ノ森の家屋。
空間放射線量は毎時2.72マイクロシーベルト。

『シャドウランド』
立ち入り禁止区域を再訪

世界報道写真賞・プラハ写真賞などを受賞、チェルノブイリ原発事故の現場を訪問した経験を持つフォト・ジャーナリスト、ロバート・ノース氏。
2011年秋に続いて、2014年6月に福島県飯舘村・富岡町・浪江町など、住民の立ち入り・居住が制限されている立ち入り禁止区域を撮影した作品が発表されています。
収束すらしていない放射能被害の現実から目をそむけないこと、そこで立ち上がる人たちの声を聞き続けること、それが福島の復興には不可欠です。


緑に埋もれた富岡町夜ノ森駅。
空間放射線量は毎時1.31マイクロシーベルト。

とめよう再稼働 二度と事故を起こさないために

東京電力福島第一原発事故の影響を受けた地域の復興の道程に、まだゴールは見えません。
その一方で、事故以降、日本は大規模な停電事故もなく1年5カ月以上も1基の原発も稼働していない、実質的な「脱原発」状態にあります。
現在、全国で合計20基の原発が再稼働を申請していますが、適合審査が決定された川内原発ですら、多くの市民の声によってそのプロセスには大幅な遅れが出ています。

福島の事故を受けて脱原発を宣言したドイツでさえ現在も原発は稼働しているにも関わらず、「原発は重要なベースロード電源」とした日本で原発が動いていないのは、デモや集会や署名やパブリック・コメントなどで「二度と事故を起こしたくない」「原発はいらない」と声をあげ続けた市民ひとりひとりの力の成果です。
この間に日本では節電・省エネが進み、電力需要は789億kwh=原発13基分も減少、自然エネルギーはわずか3年間で181億kwh=原発3基分の規模にまで成長しました。
しかし大手電力会社は自社の経営のために原発再稼働を急ぎ、関西電力高浜原発も今年2月、再稼働に一歩前進してしまいました。
このまま実質的な「脱原発」状態を続け、自然エネルギーへの転換を実現するのは、私たちひとりひとりの力にかかっています。

グリーンピースといっしょに実現してください

グリーンピースは、一日も早い脱原発と、持続可能な自然エネルギーへの転換を目指して活動しています。
未来の世代が安心して暮らせる緑豊かで平和な社会を築くために、ご寄付でのご協力をお願いいたします。
お預かりしたご寄付は、放射能調査を含む調査活動および、企業や政府に対する政策提言、市民の皆さまの声を届ける署名活動などに活用されます。

写真右:福島県内での除染の効果を確認する放射線測定調査。2014年10月撮影

たとえば、あなたのご寄付でこんなことが可能になります。

ご寄付のお手続きはこちらから。
お電話でのお問い合わせは直通:03-5338-9810まで。

グリーンピースの活動は、美しい環境を、未来をまもりたいと心から願う皆さまのご寄付のみに支えられています。
独立・中立の立場で実施される活動のすべては、皆さまのご協力の賜物です。
あたたかいご支援に心より感謝申し上げます。
今後ともグリーンピースをよろしくお願いいたします。

グリーンピース・ジャパン事務局長 佐藤潤一

※このメールマガジンの情報をお友だちやご家族など周りの方に広めてください。
ご登録はこちらから


※このメールは配信専用アドレスからお送りしているため、このアドレスにメールをお送りいただいてもお答えすることが出来ません。
お問い合わせはこちらから

※登録解除
https://a06.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=311&f=65&g=32&c=27760&code=438e58a7c94a327e3cec964ec08eed4f(URLをクリックすると、登録されているメールアドレスが表示された画面に移動します。
メルマガを転送される際は、ご注意ください。)

※FacebookやTwitterでも最新情報をお伝えしています。グリーンピースの公式アカウントをフォローしてください。

国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-11 NFビル2F
TEL:03-5338-9810 FAX:03-5338-9817

www.greenpeace.org/japan

 



使途デタラメ…安倍政権「復興予算26兆円」で自衛隊ヘリ改修 by limitlesslife

 3・11から4年。いまだに仮設住宅などで生活を送る被災者は約22万9000人にも上る。
政府は11~15年の集中復興期間に、26兆3000億円もの復興予算を計上しているが、その使い道は依然、メチャクチャだ。

「巨額の復興予算は、民主党政権当時からデタラメに使われてきました。復興予算は日本再生の名の下に、国立競技場の改修費やシー・シェパード対策、沖縄県の教育振興費など復興とは無関係なところにバンバン投入されていた。カネを集めたはいいが、使い道がなく、11年度分の1兆円は不用額として国庫に返納されています」(霞が関事情通)

デタラメな使い方は安倍政権になってから拍車が掛かり、防衛費にまで使っている。15年度予算案では、防衛省の輸送ヘリ改修費などに約14億円が盛り込まれていたことが発覚した。

 自民党も復興と無関係なところに予算を使う一方、使い道がなく、昨年3月末時点で、9兆円もの予算が余っている。

言うまでもなく復興予算の原資は税金だ。国民は2037年まで、所得税の税額の2・1%分を被災地復興のために納付しなければならない。国民から徴収しておいて、9兆円も余らすとは、どういうことなのか。

経済ジャーナリストの荻原博子氏はこう言う。
「復興予算は当初、各省庁に、何でもアリの“お小遣い”として使われていました。国民から批判が噴出し、厳格化された。その結果9兆円もの予算が余った格好です。しかし、9兆円も余るということは、安倍政権が復興に向け、有効な手だてを見いだせていないということです。被災地では仮設住宅で厳しい冬をしのいでいる方が、まだまだ大勢います。なぜ、困っている人に予算を振り向けることを考えないのか。4年も経ってこの体たらく。被災地に目が向いていないのではないか」

竹下復興相は8日の「日曜討論」(NHK)で、「(16年度以降は)市町村も自立する強い意志を持ってほしい」と、被災3県の知事に負担増を迫っていた。予算が余っているのに、なぜ自治体に負担増を強いるのか。カネが余っているなら、国民に返すべきだ。

________________________________
コメント:使途不正・余剰放置は詐欺行為だ! 余っている税金徴収金9兆円を返せ(一人約10万円)!!! 追悼式で「23万人まだ被災」と言っていながら生活支援に回さない無責任!!!!!