Global Ethics


日本はアジアの次の独裁国家になるのか? by limitlesslife
April 4, 2015, 8:55 pm
Filed under: 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, オリンピック, カジノ(賭博、破産、破壊、・・・), ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), サンゴ礁(破壊、白化、・・・), ジャーナリズム, ジュゴン, テロ, ナショナリズム(ウルトラ・愚か・短気=損気・・・), ナチズム, ネオコン(ネオ・コンサーバティブ、・・・), バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), バブル(弾ける), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, ファシズム, ブラック企業, プルサーマル(高浜原発・・・), プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), ヘイトスピーチ(錯誤・差別・殺戮・・・), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), メデイア, リニアー・モーターカー, 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 無人機(錯誤、差別、殺戮、・・・), 特高(警察、・・・), 特区(国家戦略ー、・・・), 特攻(神風特別攻撃隊、殺人、国家、美化、・・・), 献金(賄賂、買収、, 環境(劣化、汚染、破壊、・・・), 生物(多様性、絶滅、・・・), 生命か戦争か, 生態系(生命系、命連鎖、命帝網、・・・), 異常気象(温暖化、エルニーニョ、・・・), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(不振、膨張、破裂、・・・), 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), DNA(遺伝子、血統、同族意識、・・・), 選挙(制度、無効、票格差、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 自民党, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 首相不信任, 軍事(優先), 軍事力(協定、支配、金字塔、1%、・・・), 農業・食料・環境, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, MOX燃料(輸送、再処理、利用、), NHK(日本放送協会), TPP, 公明党, 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発事故・責任・補償, 君が代, 命(対金), 国家(主義), 国家安全保障会議, 国家戦略特区, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地球温暖化(異常気象、海面上昇、海没島嶼・都市、環境破壊、種絶滅、・・・)、, 地震・津波・原発事故, 基地, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍内閣, 安倍晋三, 安保法制懇, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 強制(連行、労働、売春、・・・), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 政治屋(商売、・・・), 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日露, 日韓, 日中, 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 権利(侵害), 権力, 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 汚染, 沖縄, 一極集中(金字塔、・・・), 三毒(貪欲・怒り・無智:貪瞋痴), 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 侵略・占領・殖民・支配・

日本はアジアの次の独裁国家になるのか?
FEB 20, 2015 9:00
By Noah Smith
今年初め私は世界各国における政権の反自由主義的な動きと、人権軽視という心傷む傾
向につい書いた。残念ながら、日本はこの危うい流れに追いつきつつある。
これは奇妙な言いがかりに聞こえるかもしれない。というのは、安倍晋三首相はこれま
でいくつかの自由主義な政策(女性労働者への平等な扱いの推進など)を実行してきて
おり、移民受け容れにも前向きな姿勢を示してきたからである。日本社会は、全般的に
見ると、過去数十年にわたって、より自由主義な方向に向かってきた。裁判員制度の導
入もその一つだし、クラブにおける長年のダンス禁止も無効にされたのもその一つであ
る。
しかし、こういったことは安倍の政党が日本国憲法を彼らの思い通りに変更した場合に
は、ほとんどが意味のないものになってしまうだろう。
日本の自由民主党(現存するうちで最も実体と異なる党名をもつ政党の一つ)は戦後史
のほぼ全時期、短期的な中断をはさんで、日本を支配し続けてきた。この政党の実質的
な部分は哲学的にも、組織的にも、またしばしば遺伝学的にも、日本軍国主義時代の政
治的支配者の流れを汲んでいる。それゆえに、当然ながら、アメリカ占領期に日本にお
しつけられた自由主義な価値観をこの党派はまったく内面化することがなかった。かつ
ては少数派であったこの党派が、現在では自民党内の支配的な勢力となっている。
自民党は現在、アメリカが起草した憲法を廃棄し、代わりに自主憲法を制定しようとし
ている。
自民党の改憲草案は「現行憲法の条項のいくつかは自然権についての西欧的な理論に基
づいており、そのような条項は変更されねばならない」と謳っている。この考えに基づ
いて、自民党改憲草案では、国は「公益及び公の秩序に違背する場合」には、言論の自
由、表現の自由を規制することができるとされている。また、宗教集団に国家が「政治
的権威」を賦与することを禁じた条項も廃絶される。つまり、政教分離原則が放棄され
るのである。
さらに悪いことに、草案は国民が従うべき六つの「義務」をあらたに付け加えた。
「憲法擁護義務」や家族扶養義務のようにあいまいで無害なものもあるが、「国家国旗
に敬意を払う義務」を国民に求めるようなアメリカにおける保守派が推進している憲法
修正と同趣旨のものもある。
他の三つの「義務」はあきらかに反自由主義と独裁制を目指している。
「国民は責任と義務は自由と権利の代償であるということを自覚せねばならない」「国
民は公益および公の秩序に従わねばならない」「国民は緊急事態においては国家あるい
はその下部機構の命令に従わねばならない」
これは中国やロシアであれば憲法に書かれていてもおかしくないだろうし、「緊急事態
」についての条項は、多くの中東諸国で弾圧のために利用されている正当化の論拠と同
じものを感じさせる。
残念ながら、この自民党改憲草案のきわめて反自由主義的な本質は欧米ではほとんど注
目されていない。欧米の人々は改憲というのは日本国憲法の一部、軍隊を保有すること
を禁じた現行憲法九条の改定のことだと思っているからである。
自民党改憲草案が九条廃絶をめざすのは事実だし、九条廃絶が安倍の改憲の主要な目的
であることも事実である。けれども、われわれががこの問題を非武装という論点にだけ
焦点を合わて見るのは、重要な論点から目をそらせることになる。
たしかに、九条廃絶はデリケートな問題である。日本はすでに軍隊を保有している(名
前は「自衛隊」だが)。そして、九条の非武装条項はかなりゆるく解釈されているから
、ここで九条を廃絶してみても事態はほとんど変わらない。憲法が改定されたからと言
って、日本が他国に侵略を始めるということはほとんど考えられない。日本はただ、そ
の事実上の軍隊をふつうに軍隊と呼ぶようになるというだけの話である。
しかし、九条問題に気を取られていると、われわれは自民党草案が日本国民の自由にど
のような打撃を与えることになるのかを見落としてしまう。
日本国民はもちろん反自由主義的な国で暮らすことを望んではいない。
日本国民の80%以上は安倍政権が最近採決した「特定秘密保護法」に反対したし、憲
法改定手続きを容易にする自民党の企てにも反対した。日本国民は過去70年間きわめ
て自由な空気の中で生きてきた。それがもともとは外国勢力によって与えられた自由で
あったにせよ、それを享受してきたことに変わりはない。
われわれが危険だと思うのは、日本国民が彼ら自身の自由をみずから進んで手放すよう
に欺かれているように見えることである。
欧米のジャーナリストと同じように、日本国民もまた九条の廃絶だけに論点を絞り過ぎ
たせいで、改憲草案が人権を「義務」に置き換えるためのものだということに気づいて
いない。日本の野党が弱く、分断され、統治能力がないこと、それに比べて安倍政権は
経済再生の最後の希望であるということで許される話ではない。
まずもう少し冷静になってみよう。憲法は所詮は一片の紙切れに過ぎない。すべての国
がアメリカのように自分たちの憲法を杓子定規に守っているわけでもない。
日本の指導者たちが非自由主義的な国家を作り出そうとすれば、アメリカが1947年
に書いた憲法には彼らを引き止める力はないだろう。事実、自民党内の歴史修正主義者
たちは自分たちの改憲草案をこの国の「ほんとうの」法律だと暗黙のうちにみなしてい
る。改憲草案のすべてが非自由主義的というわけではない。性別、人種、宗教的な理由
による差別の禁止は原稿憲法のまま残されるし、健常者障害者の差別禁止にまで拡大さ
れている。
しかし、自民党の新しい憲法には真に危険なものが含まれている。
第一に、これが自民党による市民社会抑圧の企ての一部だということである。
この動きは経済の低迷と福島原発事故の後、一層物騒なものになってきている。特定秘
密保護法とその他の出版の自由に対する弾圧はその危険を知らせる徴候である。国境な
きジャーナリストが発表した報道の自由ランキングで、日本は2010年の10位から
2015年には61位にまで転落した。
第二は自民党改憲草案を採択した場合、それが国際社会にもたらすマイナスの影響であ
る。もし日本がトルコやハンガリーのような非自由主義的な民主政体に向かって舵を切
った場合、それはアジア地域において日本がこれまで保持してきた、中国という抑圧的
な国家の対抗軸としての特性を打ち消すことになるだろう。その結果、日米同盟も弱体
化する。日米両国はこれまで価値観の共有によって一体化してきたわけだが、それが失
われるからである。これから先、アメリカは非自由主義的な中国と、かなり非自由主義
的な日本の双方に対して、これまで以上に中立的な立場を採択することになるだろう。
日本にとっての最適解はたぶん九条を廃絶して、残りの条項は手つかずに残すことであ
る。しかし、このトリックが政治的に何を意味するかはすぐ見破られるだろう。自民党
が九条に手を着けた場合、どのようなやり方でそれを成し遂げようと、それは独裁主義
的な「義務」と人権の弱体化に向かうドアを開くことに変わりはないからである。
だから、日本にとって現実的な最良の解は現行憲法にはいろいろ瑕疵があるが、その改
定をできるだけ先送りして、いまだに1940年代のマインドをとどめているような人
々が政権の座にとどまり続ける日が終わるのを待つことである。
日本はいま歴史的な転換点に立っている。
日本にはこれまで以上に自由主義的な社会になる可能性もあるし、これまでよりずっと
自由主義的でない社会になる可能性もある。
より自由主義的な社会をめざすことこそが賢明であり、かつ道徳的な選択である。

http://blog.tatsuru.com/2015/02/25_1234.php

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

______________
コメント:民衆の我利を刺激して独裁者の我利を徹底させる方法:
国粋・排外・帝国・軍産・政官・学メ(メデイア)・権力・法律・教育・恐怖・金権等)


日本人は 「Iam NOT Abe」と 明確に言わなければならない(古賀茂明氏) by limitlesslife
March 29, 2015, 12:07 pm
Filed under: アベノミス, イスラエル, イスラーム国(ISIS, インフレ, オスプレイ, オリンピック, カジノ(賭博、破産、破壊、・・・), ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), ジュゴン, ストロンチウム, テロリズム, ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, ファシズム, プルサーマル(高浜原発・・・), プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), ヘイトスピーチ(錯誤・差別・殺戮・・・), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), リニアー・モーターカー, CIA:Corruption In America (from comment), 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 無人機(錯誤、差別、殺戮、・・・), 献金(賄賂、買収、, 生産・消費・廃棄, 生命か戦争か, 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(不振、膨張、破裂、・・・), 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), DNA(遺伝子、血統、同族意識、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 首相不信任, 財政(危機、破綻、改革、・・・), 軍事(優先), 農業・食料・環境, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, MOX燃料(輸送、再処理、利用、), NHK(日本放送協会), nuclear disaster, nuclear discrimination, TPP, vox dei: 天の声を人が語り、人々の語るものが天の声になる), 内閣法制局 (長官, 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発廃炉(費用-負担、技術、期間、・・・), 原発事故・責任・補償, 吉田調書(フクシマ原発事故調書:政府秘匿:朝日スクープ、・・・), 命(対金), 国家安全保障会議, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地位協定, 基地, 外交(無し、独立無し、従属、隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍内閣, 安倍晋三, 安全・安心・安寧(生命・平和vs軍備・戦争), 安全保障(安保)条約, 安保法制懇, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 強制(連行、労働、売春、・・・), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 政治:利己・害他・無責任(原発利権・事故・稼動), 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日韓, 日本(投売り、評価低下、資産低下、・・・), 日中, 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 朝日新聞, 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 東電(東京電力:TEPCO), 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 沖縄, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化

M.nakataです。

 

日本全国に、このことばを、拡散して、デモで大きく声をあげて、

 

「安倍を倒せ!」「安倍はいらない!」と言いましょう!。

 

国民の心底怒りの言葉をデモで大きく表現しましょう。

 

国中にこの声を鳴り響かせて、安倍政権を倒しましょう。

 

子どもから、お年寄りの方も、皆んなで、村を、町を歩いてデモをして、意思表示をしましょう。

「戦争するな!」 「憲法こわすな!」「安倍を倒せ!」 「Iam NOT Abe」

「国民なめるな!」「安倍を倒せ!」

 

とにかく、全身で国民の怒り。怒りの意思表示。デモをぶつけましょう!

 

官邸に、直接電話・FAXで、ハガキで、皆がドンドン抗議もいいかもしれません。

 

日本のマスコミ・NHKは、無視しても、海外のメデイアは、取り上げ、報道してくれるでしょう。

ネットで、TWITTERで、いっぱい、国民が立ち上がり、拡散しましょう。

 

 

<拡散歓迎><下記貼り付け>

___________________________

日本人は、「Iam NOT Abe」と 明確に言わなければわなければならない

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5414.html (真実を探すブログ)

2015/03/27(金)

 

「I  am  Kenji」運動に続いて「I am not Abe」運動が盛り上がっていますが、首相官邸側はこの運動に大激怒しているようです。日刊ゲンダイが報じた記事には、「官邸の秘書官筋からテレビ朝日の上層部に抗議の電話が入り、大騒ぎになった」と書いてあり、「I am  not  abe」を報じたテレビ局に官邸が抗議したと取り上げられています。

これは元経産官僚の古賀茂明氏が報道ステーションで、「日本人は今、『I  am  not  Abe』というカードを掲げる必要があると思う」と発言したことが原因です。最近は各地のデモ運動にも「I  am not Abe」のプラカードが出現中で、首相官邸側はこの動きにかなり危機感を持っていると言えるでしょう。
フランスや欧州ではテロ事件後に反イスラム運動が激化しましたが、日本の動きはやや異なっています。テロに抗議する声や自己責任を指摘している方は多いですが、それと同じくらいに「イスラム教徒が原因ではない」と指摘する声も多いです。

そのため、欧米みたいな反イスラムに繋がる傾向は見られず、デモ運動も多くが政府の意図したものとは異なっています。この「I  am not Abe」運動もその一つであるといえ、首相官邸側はそれにイライラしているみたいです(苦笑)。

☆古賀茂明氏が語る「I  am  not  Abe」発言の真意
URL http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156835

引用:
「フランス人は『Je suis Charlie(私はシャルリー)』というプラカードを持って行進したけど、日本人は今、『I  am  not  Abe』というカードを掲げる必要があると思う」

テレビ朝日系の「報道ステーション」での発言に官邸は激怒、ネトウヨたちは大騒ぎとなった。一方、「よくぞ言った」という支援の輪も広がりつつある。古賀氏が改めて“過激発言”の真意を語った。

――あの発言が出た直後から、大変な反響だったと聞きましたよ。官邸の秘書官筋からテレビ朝日の上層部に抗議の電話が入り、大騒ぎになったとか。古賀さん自身には何かありましたか?
:引用終了

以下、ネットの反応

______________

【I  am  not  Abe】うまいなー。早くも今年初の流行語大賞候補。|古賀茂明氏が語る「I  am  not  Abe」発言の真意 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156835

2015年2月3日 01:06

______________

古賀茂明氏が語る「I  am  not  Abe」発言の真意|日刊ゲンダイ

イスラム国の人質事件では、ほとんどの大メディアが安倍政権批判を控えている。そこにあるのは、「人質が殺されそうなと…

日刊ゲンダイ @nikkan_gendai

___________

 

http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/224.html



報道するラジオ年末特番、もうだまされないぞ2014 (5) 原発、木野龍逸さん&おしどりマコさん、ケンさんのお話、小出先生のお話 by limitlesslife

永岡です、報道するラジオ年末特番、続いてのコーナーは、毎日放送アナウンサー水野晶子さんの司会、ここから再びジャーナリスト・元毎日新聞論説委員の平野幸夫さんの案内で放送されました。

続いて、原発のこと、世界一厳しい規制基準にだまされないぞであり、原発を取材されているジャーナリストの木野龍逸さん、会見に出続けられている漫才師のおしどりマコさん、ケンさんのお話、お三方スタジオでもお話です。

おしどりさん、漫才もしながら会見に出られて、しかし会見に出る人は激減し、選挙後に少なくなり、選挙が終わると東電はいやなニュースを出すが、作業員の出した手書きの数値を出してきて、国会報告書など出ているのに、そこに提出されていないものを東電が出して、それもネット公開なし、東電の図書館に置いたのみで、膨大な量が見られず、それでマコさん資料をコピーして、DVDは1枚だが、紙では膨大で、しかし他のメディアも来なかったのです。

その中身、事故直後の1~6号機のデータで、マコさんエクセルに打ち込まれ、もちろん事故直後に出すべきで、東電は整理に時間がかかったと言い訳し(こらぁ!)、全部出さないといけない法律はなく、自分で選んで、教えてやるというものなのです。

もちろん、記者たちもこらぁ!と怒鳴らず(怒)、記憶を薄れさせるのは東電のやり方、4/11までしか情報を出さず、記者も突っ込まないのです。質問しても答えないのが東電で、請求されないと答えないと抜かすのです。

木野さん、事故直後もひどく、一時期マシになったがまたひどくなり、国民の関心が薄くなり、東電は出さないほうが都合がよく、メディアも批判せず、この始末と言われました。

 

リスナーの声、オリンピック招致の、安倍総理のアンダーコントロールを指摘され、日本は世界最高水準で原発は安全という言葉にだまされたとあり、事故は収束した、責任は取るかと総理が歴代いい、全て嘘で、リスナーより、原発なしで元気が足りるのに、電気代が上がるというのにだまされたという声もありました。

 

リスナーは原発への怒りもあり、木野さんは国民がだまされたのはありとあらゆることで、再稼動が問題であり、ここまで原子力マフィアが巻き返すかと、川内再稼動につながり、高浜、伊方と続けられ、再稼動は進められ、その裏に日本の規制は世界一といいつつ、規制委は明言を避け、泉田知事は批判し、いい加減なことを言われ続けているのです。

川内の避難計画は立てられていません。

おしどりさんは、アンダーコントロールが東電記者会見で盛り上がり、安部総理の発言の翌日に記者が全員突っ込み、敷地から数値が上がっていると指摘したら、東電は総理の発言の趣旨を官邸に確認し!てといい、問い合わせて、東電は影響は少なく、趣旨と離れていないという(日本語になっていないぞ!)のです。

1日350トン出来て、今年夏に海への放出を意図し、今年夏に海のセシウムが上昇し、しかし規制委は規制する部署がなくなり、海水の汚染をどこで見ているかと聞いたら規制委が驚き、しかしどこも調べず報じず、今年夏、未確認の事故を公表し、10件が重要なのに、1~3号機で2号機が爆発していないのにたくさん汚染したかであり、1km離れたところで中性子線、原子炉がメルトダウンすると、水とジルコニウム反応でメルトダウンがひどくなり、水をかけて冷やすのが再稼動の条件なのに、これです。

止める、冷やす、閉じ込めるがダメであり、2号機は原子炉が圧力増加で水を入れられず、燃料棒が露出し、3回メルトダウンで、しかし対策が取れないのに再稼動の基準が決められているのです。

 

そして、真打ち、小出先生のお話で(ラジオフォーラムでのお話と一部重複しますが、そのまま書き起こしします)。

再稼動に向けての高浜はプルサーマルであり、これはウランにプルトニウムを混ぜて燃やすもの(日本の造語)、プルトニウム+熱で、プルトニウムを普通の原子炉で燃やすもので、石油ストーブにガソリンを入れて燃やすに等しい=事故、原油の成分から分けられて、安全な灯油をストーブでもやしているのに、つまり即事故、灯油に5%混じったらまだましだが、ガソリンが増えたら事故。

原子炉はウラン用なのに、プルトニウムを燃やすようには設計されておらず、核分裂の様式が異なり、本当はやってはいけない。石油ストーブでガソリンを燃やすもので、プルトニウムのみを燃やすのではなく、一部(30%)混ぜると原子力マフィアは言うが、危険+不経済と原子力マフィアも認めているのです。

プルサーマルのリスクは、核分裂の制御がしにくくなり、融けやすくなり(ヲイヲイ)&毒性がウランの20万倍(生物学毒性)=危険だらけ、なのです。

プルトニウムはアルファ線のみだし、外にあったら問題ないが、1/100万グラム吸い込んだら肺ガンで死ぬ(泣)。

国の規制委は、別の基準を持たず、ウランを燃やす原子炉に30%のでしかなく、アカンのです。

日本は、プルトニウムを高速増殖炉(もんじゅ、あれでも小型、1兆円で豆電球もつかない)を想定し、プルトニウムが余り、47トン(英仏の工場で分離してもらった、日の丸印のプルトニウム)あり、なら核兵器に使われると海外は疑っている(長崎原発4000発!)

日本は前の戦争でアジアをひどい目にあわし、外国からひどい国と見られ、プルトニウムがあるなら、日本は核武装すると見られるので、使い道のないプルトニウムは持てず、しかしもんじゅはお釈迦で、安全・経済もアウトなのに、プルサーマルの糞詰まりになったわけです。

 

高浜は40年の期限を動かすもので、原子炉の寿命は圧力容器(ステンレスの容器)になり、鉄は延びて、ガラスのように割れたりしないが、中性子を受けたら鉄もガラス化し、それも低温でガラスになり、延性→脆性になる温度は、この温度が上がり、高浜1号では95度!常温でガラス、何かあれば割れてしまう。

原子炉は運転時は200~300度なものの、事故で冷やしたら、緊急に冷たい水を入れて、それで高浜はつぶれない保障はなく、小出先生は停止し、廃炉にしろと言われるのに、電力会社は動かして儲けたいと思っているのです。

20年の延長は「アメリカがそう言った」からで、危険なのに、どこまで大丈夫かは科学的ではなく社会的に決められ、こんな古い原子炉を続けるより、いつかあきらめないといけなくなるので、もう止めるべきと言われました。

 

平野さん、政府は中東新興国に高温ガス炉を売り込んでいて、砂漠に水が要らないのかと質問され、小出先生、最初の原子炉は高速増殖炉、炉心をナトリウムで冷やして、お釈迦。BBR2も事故でお釈迦(泣)。炭酸ガスで冷やすもの(東海)もあり、大半の原子炉は水を使用するが、水はものを冷やすのに便利でよく、比重1で冷やす能力大、事故でも透明で中を見られるので、便利だからと水の原子炉(軽水炉)が残った。

しかし、これだと300度しか上げられず、最高340度、タービンは270度で、効率が悪い(効率よくタービンを回すには400~500度がいる)、2/3の熱を捨てるアホの塊。

熱効率を上げるのには、ガスを動作流体にすることを考え、800~1000度のガスを使えたら、製鉄にも使えて効率もいいと思ってきたのに…こんな高温を維持不能、お釈迦(泣)。日本でも高温ガス炉は成功せず、実験ものがお釈迦=高温ガス炉の売込みなど論外。

原子力マフィアはメルトダウンしないと嘯き、もちろん福島でもメルトダウンは起こらないと言っていてこの始末(泣)、高温ガス炉でも同じ、安全な原子炉などこの世になく、事故が起こるのが機会なのです。

リスナーより、福島原発の危険性について質問があり、汚染物質は大気、海に出て、福島の敷地は放射能の沼で、どんどん放射能が出てしまい、6000人の労働者、東電の何次孫請けの人が死闘しており、放射能を海に流さないことは困難で、食い止めたく、タンクで保管しているが、いずれ汚染水を意図的に捨てるしかないと小出先生は思われます。

4号機の使用済み燃料を小出先生危惧され、4号機はプールが宙吊り、広島原爆1万発のセシウムがあり、これが噴き出したら日本は終わりで、東電もこれを知り、移送作業をやって終えてくれて、小出先生はほっとされ、大量の放射能が大気に出る危険性は減ったが、1~3号機に使用済み燃料があり、ここは近づくことすら出来ず(泣)、しかしこれを移さないといけない、労働者の被曝、放射能の放出がある。

そして、1~3号機で炉心は融けてしまい、どうなっているか見られず、ロボットも放射線に弱く使えない(泣)。

これの始末は困難で、国・東電は炉心を回収するというが、小出先生は出来ないと思われ、チェルノブイリと同じ石棺を作るしかなく、それに何十年かるか分からないのです。以上、ラジオフォーラム、報道するラジオ続けての、2014年最後の小出先生のお話でした(毎回、小出先生のお話を聞くと、キーボードを叩く手が震えます(泣))。

この世から原発がなくなるまで、小出先生のお話の書き起こしを続けます!

 

それで、リスナーより、大阪の方で、実家が原発のそば(いわき市)、原発の安全神話にだまされ、政府の原発政策を監視すべきで、人災と言われて、原発は安全でないと言われました。

続いて、木野さん、おしどりさんのお話で、小出先生も融けた燃料のことを言われて、マコさん取り出すと東電も言ってきたのに、取り出しの前提のもとなのに、今年秋に、融けた燃料(デブリ)の取り出しのめどは立たないと、工程表から東電が外したと報告されました(ヲイヲイ…)。

で、デブリ取り出しは議論から外すといい、しかし近寄れず、木野さん、近づこうとしても全部アウト、ロボットもアウト、宇宙線(レントゲン)で調べようと、つい最近技術者を募集しているというのです。

木野さん、オリンピック後に東電はやる計画と言われて、しかし、取り出してどこに持っていくのか決まっておらず、先延ばし(泣)、持っていく先がないと対処できず、これも糞詰まりです。

根本がおかしい+汚染水も情報が出ず、汚染水は漏れっぱなし(泣)、井戸を掘り調べているが、井戸で調べるほどたくさんの種類の汚染が分かり(セシウム、ストロンチウムetc)、どこから何が漏れているか分からない、漏洩源は一つではなく、放射能の沼、渾然一体(泣)。

トリチウム(三重水素)もDNAに危険で、膨大なエネルギーを出し、セシウムもストロンチウムもトリチウムも流れっぱなし、漁民も獲った魚が売れず、東電への怒りも爆発し、福島県の測定で、メバルでは今月最高値を出し(ヲイヲイ)+食物連鎖で、どうなるか分からない。

 

凍土壁もアウトで、木野さん、作業をしているものの、止まらないし、完成するまで分からず、いつまで持つかも分からず、どれだけお金がかかるか不明で、これに国が200億研究費で出しているものの(これだと出しやすい)、他にいいやり方もあったのに、お金をケチりこの始末(泣)。

東電に金を出しやすくするためにこの始末で、しかし東電は黒字で(4億)、平野さんあり得ないと言われて、もちろん税金のためで、凍土壁、早く安いと言われていたのにアウトで、土地を固めたら、後戻りできない=凍土壁まずいと東電は言ったのです。

規制委の田中氏、福島を見て、汚染水を海に捨てるしかないと、小出先生の言われるとおりで、しかし規制委はアカンというべきなのに、タンクの多さに圧倒され(今頃何を言うか!)と田中氏言うのです。

木野さん、汚染水からセシウム、ストロンチウムを取り、しかしトリチウムは取れず(永岡注:トリチウムは水を電気分解して、通常の水は水素と酸素に分かれるのに重水素、トリチウムは分かれない方法しか分離策はなく、こんな大量の処理は無理です)、汚染水ではなく処理水と東電はいい、濃いものを汚染水と、東電はだましているのです。

再稼動も問題で、冷温停止「状態」であり、言葉の意図を見るべきなのです。

世界一の規制基準という言い方は、マコさん嘘、木野さんも嘘と言われて、もっと厳しい規制は人材、ソフトで、日本は甘いと言われました。

リスナーの意見、原発に反対する人に違和感があり、原発に代替する電源がない、CO2問題とあり、マコさん、電力中央研究所で、他の発電は、原発なしで、ベストは天然ガスのガスコンバインド発電で、タービンを回したお湯もまた利用し、発電効率が高い(原発は1回のみ)、原発をこれに作りかえるのに費用は要らず、これが再生エネルギーまでのつなぎ手。

CO2は発電には原発は出さないが、その前後(ウラン濃縮と燃料の始末)でかかり、原発のほうがCO2をたくさん出すと指摘されました。災害があった時のコストがあり、木野さんもバックエンドのコストを入れておらず、原発のほうがCO2が出ると言われました。

さらに、命の話、福島での健康調査、事故時の18歳以下の子供への調査で、マコさん、一巡目で終わり、二順目で見つかったのに、福島県の説明が破綻し、最初は高性能な機械でやり、今後20年までのものを見つけたと言っていたのに、二順目でこの始末で、福島県は調査の限界と詭弁を回し、木野さん、福島県は100%分からないと言い訳をしたと指摘され、失策としての見落としではないというわけで、甲状腺は2年で7ミリ大きくなり、以前の説明が変わり、福島県の説明が破綻し、個人情報で出せないと逃げているのです。

チェルノブイリで4~5年後に増えて、しかし当初は10年後から増えると楽観視し、当時診察した人は、1~2年での診察は不十分と言っています。

木野さん、ちゃんと検査したのが事故から3年後で、県としては認めないが、ちゃんとやっていなかった可能性もある。

二順目になり、福島の地元の医師が加わり、汚染された地域と、そうでない地域で異なり、何もない子供も4割いるはずなのに、それが少ないと医師が証言し、しかし福島県はちゃんと報告していないのです。もっと、ちゃんと評価すべきなのです。

木野さん、疫学の評価がいるのに、ちゃんとしていないと指摘されました。公式に出るのはこうしたデータなのです。

来年の原発報道に関して、木野さん、避難解除のこと、福島の復興政策、これを間違えたら、新しい被害者を生むと言われました。

マコさん、今私たちは被害者であるか、未来の子供たちへの加害者になり、ちゃんと勉強して、「知る義務」と言われました。

以上、木野さんと、おしどりさんのお話でした。

 

 



by limitlesslife

高浜MOX輸送の次は六ヶ所再処理?──

核情報

の田窪です。
高浜MOX輸送の次は六ヶ所再処理?──「利用目的のないプルトニウムを持たない」原則に無頓着の原子力委
 
関西電力高浜原子力発電所3号機用MOX燃料が、27日朝、同発電所に到着しました。「利用目的のないプルトニウムを持たない」との原則を示している原子力委員会は、2003年の決定で、英仏でのMOX燃料加工に先立ちその燃料の利用計画を確認するとしています。製造契約・加工開始の時点では確かに「利用計画」がありましたが、福島事故で輸送中止となって以後、再稼働があるかどうかも分からず、関電自身が利用について判断していない言っています。ところが、原子力委員会は、この輸送が問題かどうか議論もしてないとのことです。六ヶ所再処理工場の運転については?
 
詳しくは核情報をご覧下さい