Global Ethics


戦後、米軍がいたから日本は攻撃されなかったのか by limitlesslife
May 13, 2015, 10:38 pm
Filed under: アベノミス, アメリカ合衆国(米国), イスラーム国(ISIS, イラク戦争, オスプレイ, サンゴ礁(破壊、白化、・・・), バブル(弾ける), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, ベトナム(戦争、・・・), レイプ(性的暴力・差別・無智・無恥・・・・), CIA:Corruption In America (from comment), Climate change, 生物(多様性、絶滅、・・・), 生活保護・保証, 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(不振、不正、崩壊、・・・), 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 金字塔文明, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 領土問題, 農業・食料・環境, nuclear discrimination, TPP, U.S.A., 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 地球温暖化(異常気象、海面上昇、海没島嶼・都市、環境破壊、種絶滅、・・・)、, 基地, 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍晋三, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 日米, 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 沖縄, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化

孫崎享のつぶやき 2015-05-13
戦後、米軍がいたから日本は攻撃されなかったのか

日米関係を考える際、極めて重要なポイントは、「戦後日本が海外から攻撃されなかっ
たのは米軍がいたからか」という点である。
この問題を考える際、第2次大戦以降の国際関係の流れを考える必要がある。
第2次大戦以降、軍事関係を構築してきたものに4つの大きい特色がある。

第1に
核保有国米国とソ連(ロシア)、米国と中国は絶対に戦争できないという考えが当事者
に成立していることである。
米国が核兵器の分野ではソ連(ロシア)や中国に圧倒的に勝っている。しかし、如何に
勝っていても、ソ連(ロシア)や中国が米国を核攻撃で先制攻撃すれば、米国は崩壊す
る。
ソ連(ロシア)や中国もまた、米国が核攻撃すれば、国は消滅する。
軍事衝突になれば、途中でやめられない。どんどんエスカレーションする。したがって
、米国とソ連(ロシア)、米国と中国は軍事紛争に入るのを極力避けてきた。
これと関係し米国は核兵器の使用を避けてきた。ベトナム戦争や朝鮮戦争では、軍事的
選択では、核兵器を使用すべきだという考えはあったが避けた。いったん使うと、ソ連
が先制攻撃する機運を使うことに通ずるのを恐れたといっていい、
ソ連、中国も同様である。
第2次世界大戦以降の最大の特色は、超大国同士が軍事対立を避けるという枠ができた
。これは人間の歴史上はじめての現象である。

第2に
国連を中心とする戦争を避けるという大枠は国際社会にも定着した。
国際連合の最大の意義は、「攻撃されない限り、他国に対して武力攻撃しないことが規
範として多くの国に定着した。

第3に
武力による直接植民地は割に合わないことが認識された。
1960年代英国はスエズ以東の植民地を放棄する方針を固めた。フランスもアルジェ
リアから撤退した。ソ連崩壊後、ロシアは旧ソ連圏を意図的に離した。旧ソ連圏でソ連
が搾取して得られる利益と、維持のためにソ連が行った経済支援では後者が圧倒的に大
きかった。国家の支配は、経済そのものの枠組みでできる。

こうしてできた国際秩序の中で次の現象が出てきた。
軍事紛争は主として次の3つ。
1:国内紛争の拡大
2:領土問題での衝突
3:米国の「国際的安全保障環境の改善」のための行動からくる軍事衝突
(米国の軍産複合体が武力紛争を求める構図も存在)
つまり、領土問題を外交的枠組みで処理すれば軍事的国際紛争はほとんど生じない状況
になってきた。

次にテロとの戦いを見よう。冷戦以降テロ活動が活発化したといわれる。
これは実態とは異なる。冷戦後、アフガニスタン戦争、イラク戦争開始までは、テロ活
動は減少している。テロは米国が、「国際的安全保障環境の改善」として軍事行動をし
てきていることへの反発として起こっている。中東ではこれに加え、イスラエルの軍事
的解決を求める姿勢とも関連している。

そして、中国を見ると米国国防省の議会報告は
ソ連と異なり、特別のイデオロギーを持ち、これを武力で世界に広めるという考えはな

中国は経済的国際秩序を利用して発展してきたので、このシステムの崩壊を望んでいな

近隣諸国とは領土問題に関し武力行使の可能性がある。
逆にいえば、?を外交的に処理するメカニズムが整えば武力行使の
確率は低い、

日本の安全はこうした環境にある。

日本の平和は米軍の存在によって守られてきたというのは事実ではない。世界の秩序が
日本攻撃というシナリオの存在を消去している。
かつ、日本は尖閣諸島の外交的処理を行っていれば、中国との軍事衝突の可能性も極め
て低い。

「日本の安全は在日米軍によって守られてきた」というのは事実ではない。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

_________________________
コメント:米国の軍事優先主義が世界と日本に金字塔文明の五過(錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮)を増した。日本の権力者は平和憲法を踏みにじり米国の(特に沖縄の強制不法など)基地を許し、東西対立(ベトナム戦争・挑戦戦争・アフガン戦争・イラク戦争など熱戦争やイデオロギーの冷戦)を助長し、日本(特に沖縄の少女暴行米兵狼藉など)人権蹂躙を無視した。むしろ日本の米国基地・協力が世界と日本を攻撃したのである。アベコベ・アベノミスはその誤りを無視するどころか推進して(環境・資源・生態・生命・領土・主義・生活などを含む)世界と日本を更に金字塔の五過を強めている。


安倍ドクトリンの問題 by limitlesslife
April 10, 2015, 11:54 pm
Filed under: (sin=separation:差別:疎外:無関心:無光如何・・・), 311, 911, 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, アメリカ合衆国(米国), イスラーム国(ISIS, ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), サンゴ礁(破壊、白化、・・・), ジュゴン, ストロンチウム, スパイ(偵察、情報収集、・・・), テロ, ナショナリズム(ウルトラ・愚か・短気=損気・・・), バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), 献金(賄賂、買収、, 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(不振、膨張、破裂、・・・), 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, nuclear discrimination, TPP, 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 原発事故・責任・補償, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 基地, 安倍晋三, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 教科書(国定・国家主義・裁判・・・), 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 人工金字塔文明か自然帝釈網文化

投稿者:加藤 朗 (東京都・男性・桜美林大学教授・60-69歳)[投稿履歴]
投稿日時:2015-03-26 17:02(1) 2015-03-27 20:36 (2)

 

さる3月20日、自民党と公明党が、新たな安全保障法制の基本方針について正式合意した。遂に吉田ドクトリンに代わる安倍ドクトリンとでもいうべき、国家安全保障戦略の大転換が現実となった。振り返ってみると、安倍政権は安全保障戦略の方針転換を一気呵成に行ってきた。2013年12月4日国家安全保障会議発足、同月6日特定秘密保護法成立、同月17日国家安全保障戦略策定、2014年4月1日防衛装備移転三原則閣議決定、7月1日集団的自衛権行使容認閣議決定、そして2015年3月20日の新たな安全保障法制の制定である。

安倍ドクトリンの最大の目的は、対中国抑止にある。そのためにはアメリカの抑止力が不可欠である。アメリカの抑止力を確実なものにするためには、自衛隊とアメリカ軍との軍事協力関係を密接(自衛隊が事実上米軍の隷下に入るということ)にすることが何よりも重要だ。そのために安倍政権は、特定秘密保護法で日米間の情報共有を確実にし、防衛装備移転三原則で日米間の武器開発・製造を円滑にし、そして集団的自衛権行使容認で自衛隊の活動の場を拡大し、安全保障法制で米軍と共に戦う態勢を法的に整備するなど、着実に手を打ってきた。

とはいえ、安倍ドクトリンによってはたして抑止力は高まるのか。安倍ドクトリンの問題は、アメリカの抑止力の信頼性である。抑止の能力から見れば、日米の軍事の一体化が進めば、抑止力は高まる。いずれ中国の軍事力は質、量とも自衛隊を凌駕するにしても、米軍が日本に協力すれば、日米合同軍に中国は太刀打ちできない。しかし、問題はアメリカに日本と協力して中国を抑止する意志があるかどうかである。はたして日本が安倍ドクトリンによってアメリカに軍事協力という恩を売るだけで、アメリカの抑止の意志が高まるだろうか。

中国側はまさに、この点をついて、心理戦、歴史戦を仕掛けている。中国は米中がかつて第二次世界大戦で日本と戦った同盟国であることを強調し、また戦後レジームからの脱却を主張する安倍首相に歴史修正主義者のレッテルを張って日米の離間を図ろうとしている。安倍首相も靖国参拝をしたことでアメリカから猜疑心を持って見られており、レーガン・中曽根、ブッシュ・小泉政権時代ほど安倍・オバマの信頼関係は深くない。日米関係がどこまで緊密化できるかは、国家安全保障の基本理念の「自由、民主主義、基本的人権の尊重、法の支配といった普遍的価値」をアメリカとどれほど共有できるかにかかっている。とはいえ、米中関係には常に第二の「朝海の悪夢」(1972年のニクソン・ショックのように事前通告なしの米中関係改善が行われること)の恐れがあることを念頭に、日本は対米関係を考える必要がある。

抑止力の信頼性に関してはもう一つの問題がある。それは、どこまでアメリカに協力すればアメリカによる抑止が確実になるかはわからないことだ。抑止を確実にするために日本はアメリカに際限なく追随することになり、かえって日本の安全保障にマイナスになるかもしれない。特に国際安全保障分野での対米協力である。もし再びイラク戦争のような武力紛争が起こり、アメリカが有志連合への協力を要請してきた場合、集団的自衛権の行使を容認した以上、かつてのイラク支援のような憲法を盾にして復興支援だけで済ませるというわけにはいかない。より積極的に軍事面で対米協力をすれば、アメリカの武力紛争に巻き込まれてしまう恐れがある。

他方アメリカにとっても、日本への協力がアメリカの国益を損なう恐れもある。尖閣問題が典型である。アメリカは尖閣を第一次世界大戦の契機となった第二のサラエボにするつもりはない。他方日本は尖閣を、国際社会が事実上併合を認めてしまった第二のクリミアにするつもりはない。日米双方で国益の違いから、抑止力の信頼性に疑問符が付く場合がある。

安倍ドクトリンの最大の問題は、安倍首相が描く将来日本の国家像が不明なことである。吉田ドクトリンは、経済優先という国家目標があった。では安倍ドクトリンには具体的にどのような国家目標があるのだろうか。安倍首相は日本をどのような国家にしようとしているのかがわからない。かつては「美しい国」であり、今では「強い国」であり、そして「強い国を取り戻す」というのが安倍首相の国家目標のようである。しかし、災害に強い国を取り戻すことはできても、中国の経済発展や軍事強化を考えると、二度と世界第二の経済大国という座を取り戻すことはできないし、ましてや軍事力で強い国になることなどあり得ない。

国家には国際秩序を形成する能力のある大国、その国際秩序を維持する能力のある中級国家、そしてその国際秩序に追随する能力しかない小国の三種類がある。戦前の日本は国際秩序を形成する能力のある大国だった。しかし、第二次世界大戦でドイツと共に新たな国際秩序形成に失敗し小国へと転落した。幸いにも戦後経済大国として復活したが、その実態はアメリカが形成した国際秩序を維持する中級国家でしかなかった。慶応大学の添谷芳秀教授が『日本の「ミドルパワー」外交』(ちくま新書、2005年)で指摘するように、吉田ドクトリンはまさに中級国家戦略だったのである。安倍ドクトリンは、はたして戦前のような大国日本の復活を目指しているのだろうか。それとも世界の大国でもアジアの指導国でもない日本の現状を踏まえ、身の丈にあった中級国家を築こうとしているのか。坂の上にもう雲はない。安倍首相がそれを見たとするなら、蜃気楼にしか過ぎない。(おわり)

________________________

コメント:日米協力で覇権を握ろうとするのは蜃気楼であり世界史・日本史の教訓を学ばない悪夢である。日米協力は軍事・経済・社会・文化で基地・TPP・原発・差別で犠牲を払い、平和・人権・生命・主権を無視することになる。これはアベコベ・アベノミックスアップ・アベノミス・ダメノミックスである。



日本人は 「Iam NOT Abe」と 明確に言わなければならない(古賀茂明氏) by limitlesslife
March 29, 2015, 12:07 pm
Filed under: アベノミス, イスラエル, イスラーム国(ISIS, インフレ, オスプレイ, オリンピック, カジノ(賭博、破産、破壊、・・・), ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), ジュゴン, ストロンチウム, テロリズム, ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, ファシズム, プルサーマル(高浜原発・・・), プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), ヘイトスピーチ(錯誤・差別・殺戮・・・), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), リニアー・モーターカー, CIA:Corruption In America (from comment), 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 無人機(錯誤、差別、殺戮、・・・), 献金(賄賂、買収、, 生産・消費・廃棄, 生命か戦争か, 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(不振、膨張、破裂、・・・), 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), DNA(遺伝子、血統、同族意識、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 首相不信任, 財政(危機、破綻、改革、・・・), 軍事(優先), 農業・食料・環境, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, MOX燃料(輸送、再処理、利用、), NHK(日本放送協会), nuclear disaster, nuclear discrimination, TPP, vox dei: 天の声を人が語り、人々の語るものが天の声になる), 内閣法制局 (長官, 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発廃炉(費用-負担、技術、期間、・・・), 原発事故・責任・補償, 吉田調書(フクシマ原発事故調書:政府秘匿:朝日スクープ、・・・), 命(対金), 国家安全保障会議, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地位協定, 基地, 外交(無し、独立無し、従属、隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍内閣, 安倍晋三, 安全・安心・安寧(生命・平和vs軍備・戦争), 安全保障(安保)条約, 安保法制懇, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 強制(連行、労働、売春、・・・), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 政治:利己・害他・無責任(原発利権・事故・稼動), 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日韓, 日本(投売り、評価低下、資産低下、・・・), 日中, 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 朝日新聞, 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 東電(東京電力:TEPCO), 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 沖縄, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化

M.nakataです。

 

日本全国に、このことばを、拡散して、デモで大きく声をあげて、

 

「安倍を倒せ!」「安倍はいらない!」と言いましょう!。

 

国民の心底怒りの言葉をデモで大きく表現しましょう。

 

国中にこの声を鳴り響かせて、安倍政権を倒しましょう。

 

子どもから、お年寄りの方も、皆んなで、村を、町を歩いてデモをして、意思表示をしましょう。

「戦争するな!」 「憲法こわすな!」「安倍を倒せ!」 「Iam NOT Abe」

「国民なめるな!」「安倍を倒せ!」

 

とにかく、全身で国民の怒り。怒りの意思表示。デモをぶつけましょう!

 

官邸に、直接電話・FAXで、ハガキで、皆がドンドン抗議もいいかもしれません。

 

日本のマスコミ・NHKは、無視しても、海外のメデイアは、取り上げ、報道してくれるでしょう。

ネットで、TWITTERで、いっぱい、国民が立ち上がり、拡散しましょう。

 

 

<拡散歓迎><下記貼り付け>

___________________________

日本人は、「Iam NOT Abe」と 明確に言わなければわなければならない

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5414.html (真実を探すブログ)

2015/03/27(金)

 

「I  am  Kenji」運動に続いて「I am not Abe」運動が盛り上がっていますが、首相官邸側はこの運動に大激怒しているようです。日刊ゲンダイが報じた記事には、「官邸の秘書官筋からテレビ朝日の上層部に抗議の電話が入り、大騒ぎになった」と書いてあり、「I am  not  abe」を報じたテレビ局に官邸が抗議したと取り上げられています。

これは元経産官僚の古賀茂明氏が報道ステーションで、「日本人は今、『I  am  not  Abe』というカードを掲げる必要があると思う」と発言したことが原因です。最近は各地のデモ運動にも「I  am not Abe」のプラカードが出現中で、首相官邸側はこの動きにかなり危機感を持っていると言えるでしょう。
フランスや欧州ではテロ事件後に反イスラム運動が激化しましたが、日本の動きはやや異なっています。テロに抗議する声や自己責任を指摘している方は多いですが、それと同じくらいに「イスラム教徒が原因ではない」と指摘する声も多いです。

そのため、欧米みたいな反イスラムに繋がる傾向は見られず、デモ運動も多くが政府の意図したものとは異なっています。この「I  am not Abe」運動もその一つであるといえ、首相官邸側はそれにイライラしているみたいです(苦笑)。

☆古賀茂明氏が語る「I  am  not  Abe」発言の真意
URL http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156835

引用:
「フランス人は『Je suis Charlie(私はシャルリー)』というプラカードを持って行進したけど、日本人は今、『I  am  not  Abe』というカードを掲げる必要があると思う」

テレビ朝日系の「報道ステーション」での発言に官邸は激怒、ネトウヨたちは大騒ぎとなった。一方、「よくぞ言った」という支援の輪も広がりつつある。古賀氏が改めて“過激発言”の真意を語った。

――あの発言が出た直後から、大変な反響だったと聞きましたよ。官邸の秘書官筋からテレビ朝日の上層部に抗議の電話が入り、大騒ぎになったとか。古賀さん自身には何かありましたか?
:引用終了

以下、ネットの反応

______________

【I  am  not  Abe】うまいなー。早くも今年初の流行語大賞候補。|古賀茂明氏が語る「I  am  not  Abe」発言の真意 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156835

2015年2月3日 01:06

______________

古賀茂明氏が語る「I  am  not  Abe」発言の真意|日刊ゲンダイ

イスラム国の人質事件では、ほとんどの大メディアが安倍政権批判を控えている。そこにあるのは、「人質が殺されそうなと…

日刊ゲンダイ @nikkan_gendai

___________

 

http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/224.html



地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします、たんぽぽ舎です。【TMM:No2436】 by limitlesslife

 永岡です、たんぽぽ舎の原発関係の情報をお送りいたします。
<以下、転送>

たんぽぽ舎です。【TMM:No2436】
2015年3月17日(火)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
転送歓迎
━━━━━━━
★1.福島第一原発事故から4年後・・・【第3回】
私にとって、この「4年後」という時期は胸騒ぎを覚える
放射能災害が人体にはっきり発現しはじめるのが「4年後」頃である
広瀬 隆
★2.警察署長がウソついた「諏訪大地震」資料も焼却
新聞やラジオでは軍部の意向でほとんど報道されなかった戦争中だった
この「諏訪大地震」がじつは東南海地震だった
「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」コラムその93
島村英紀(地震学者)
★3.「安倍首相とメシを食うモラル無きマスコミ人たち」これでいいのか
『財界展望』(2015年4月)の紹介     成瀬 伊佐夫
★4.新聞より3つ
◆除染廃棄物を初搬入 中間貯蔵施設用地 地元理解なく 福島・大熊
(3月14日茨城新聞より抜粋)
◆セレモニー 冷めた視線 本格稼働、見通したたず 除染廃棄物を初搬入
(3月14日茨城新聞より抜粋)
◆中間貯蔵施設用地 地権者、国と交渉難航 不信強め「うそばかり」
避難2町に「重荷」 廃棄物搬入     (3月14日茨城新聞より抜粋)
━━━━━━━
※3/20高浜原発再稼働を許さない!
関西電力東京支社抗議行動(毎月第3金曜)にご参加を!
日時:3月20日(金)17:30~18:00(金曜官邸前行動の前段で実施)
場所:富国生命ビル前集合
主催:再稼働阻止全国ネットワーク
━━━━━━━
※川内・高浜原発再稼働やめろ!永遠に原発ゼロに!再稼働反対!
3/20(金)首相官邸前抗議-第141回
この日は国会前抗議はありません。
日 時:3月20日(金)18:30~20:00
主 催:首都圏反原発連合(たんぽぽ舎も参加・構成団体)
当日の詳細は 
http://coalitionagainstnukes.jp/ を参照

たんぽぽ舎は、いつものように13:00集合、ビラ折りやプラカードづくりの作業、
たんぽぽ舎17:00出発、17:30関西電力東京支店(富国生命ビル9F)前で
再稼働阻止全国ネットワーク主催の抗議行動に参加。
その後、1~5班にわかれて官邸前へ出発。
20:20経産省前テントヨコでまとめの集会と東電抗議の際の楽器練習(短時間)。
━━━━━━━

┏┓
┗■1.福島第一原発事故から4年後・・・【第3回】
|  私にとって、この「4年後」という時期は胸騒ぎを覚える
|  放射能災害が人体にはっきり発現しはじめるのが「4年後」頃である
└──── 広瀬 隆

鹿児島県の川内原発と「再稼働トップ」の先陣争いをしている福井県の高浜原発について、重大な危険性を現地の人たちに伝えたい。
福島第一原発事故が起こる3ヶ月前、2010年12月5日に、関西電力が高浜原発3号機にプルトニウム燃料(MOX燃料)を装荷し、12月25日にプルサーマル発電を開始した。
このプルサーマルは、玄海、伊方、福島(3号機)に続いて4基目であった。このプルトニウム燃料は、従来のウラン燃料に比べてアルファ線で15万倍、中性子線で1万倍というトテツモナイ危険性を持っている。中性子線のおそろしさは、1999年の東海村の臨界事故で、関東地方の人間が体験している。被曝した作業者の方は、免疫系を破壊されて、全身が腐敗したようになって亡くなった。
それだけでなく、プルトニウム燃料を使用したあとに出る使用済みMOX燃料は、中性子線を大量に出し、発熱量もケタ違いに大きい。そのため、2004年7月13日に「使用済みMOX燃料は 発熱量が高いので、地下に埋められる温度に下がるまで、約500年かかる」と核燃料サイクル開発機構(現在の日本原子力研究開発機構)が発表している。MOX燃料を処理できる工場は全世界にない。つまり再稼働すれば、高浜町には、「永遠に」危険物が残される!!
伊方原発を再稼働しようとしている愛媛県の伊方町も同じである。こうした事実を、福井県知事や、愛媛県知事は知っているのか。
また4年前の福島第一原発事故では、MOX燃料を使っていた3号機が、臨界と思われる大爆発を起こし、燃料を空中に噴き上げたことを誰もが記憶しているはずだ。
高浜3・4号機の使用済み核燃料プールは、六ヶ所再処理工場のプールが満杯で、使用済み核燃料を青森県に送れない。そのため燃料棒をぎゅう詰めにして、地震の揺れで臨界爆発しやすい超危険な処理(リラッキング)をしたため危機的状況にある。3号プールのAエリアでは、従来の貯蔵能力のほぼ2倍の1240体まで貯蔵可能としたが、これは原子炉の炉心内の157体のほぼ8倍にも達する量である。
福島第一原発では、4号機の燃料プールが、東日本を壊滅の危機にさらしてきたことを忘れてはいないだろう。
川内原発1・2号機の使用済み核燃料プールも、リラッキングのため危機的状況にある。 2015年現在、1号機が1128体、2号機が818体、合計1946体の燃料が貯蔵されているので、69.5%の貯蔵率とされている。
だが、従来の貯蔵能力は1・2号機合計1660体だったのだから、本来の容量をはるかに超えている。こちらも、いつでも臨界爆発を起こしやすいきわめて危険な状態である。
これらの燃料プールは格納容器の外にあるので、むき出しの原子炉だ。
事故があれば放射能の全量が町内に放出される。
もう絶対に、使用済み核燃料を増やす再稼働は許されない!

┏┓
┗■2.警察署長がウソついた「諏訪大地震」資料も焼却
|  新聞やラジオでは軍部の意向でほとんど報道されなかった戦争中だった
|  この「諏訪大地震」がじつは東南海地震だった
|  「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」コラムその93
└──── 島村英紀(地震学者)

○ 第二次世界大戦が終わりかけていたころのことだ。1944年12月7日に大地震が長野県諏訪(すわ)地方を襲って大きな被害を生んだ。
地震後2時間あまりで諏訪警察署長の布告が出た。「本日午後1時40分ごろ、諏訪市を震源とする地震発生。市内に大きな損害が出たが郡民は流言に惑わされず、復旧と生産に励め」とあった。
諏訪地方では建物の損壊が300棟を超え、多くの死者も出るなど大被害を生んでいた。
なかでも諏訪湖の南に集中していた多くの軍需工場が大被害をこうむった。学徒動員や工員に多数の死傷者が出た。
軍需工場が数多く倒壊したのは昔の田圃など地盤が悪いところに建てられていただけではなくて、建物の木材も細く、筋交い(すじかい)のような補強材も不足していたからだ。つまり、戦争末期になってからあわてて作られた工場だった。
大昔の諏訪湖はいまより倍くらいも大きかった。その南側が川が運んできた堆積物で埋まり、人々は田圃を作った。それゆえ湖の南側は地盤が軟弱で、地震の被害が大きくなりやすい。
○ しかし警察署長の布告はウソだった。震源は諏訪ではなく、200キロメートル以上も南で起きた東南海地震(マグニチュード(M)7.9)だったのだ。この地震は愛知県から三重県の沖にかけての海底で起きた海溝型地震で、いま恐れられている南海トラフ地震の「先祖」のひとつだ。
愛知県とその周辺では被害は甚大だった。とくに名古屋市を中心とした中京地域は航空機産業の中心だったため、軍用機を生産する工場が壊滅的な被害を受けて「逆神風」と言われたほどだった。
この東南海地震は新聞やラジオでは軍部の意向で、ほとんど報道されなかった。戦争中だったために厳重な報道管制が敷かれていたからだ。軍需工場の被害を伏せるためと国民の戦意を低下させたくないないという軍部や日本政府の思惑があったのである。
なお、このころ太平洋やアジア各地で日本軍の敗退や玉砕が続いており、これらの情報も同じ理由から報道されていなかった。
東南海地震では死者行方不明者数は1200名余、住宅の全半壊は54000軒とされている。だが被害は報道されなかった。
また、被害を受けた各地の住民も「被害について話さないように、話すことはスパイ行為に等しい」と指示された。
諏訪警察署長は、東南海地震について知っていたに違いない。戦後調べたところでは、諏訪市役所にあった地震関係の資料も戦時中の資料とともに、軍部の命令ですべて焼かれていた。
○ 長野県民は長らくこの地震の真相を知らないままだった。
この「諏訪大地震」がじつは東南海地震だったということが地元の研究家によって地震学会で発表されたのは1987年になってからだ。地震後40年も後だった。
諏訪は長野県内では唯一の被災地だった。地盤のせいで震源に近い飯田市や伊那市よりはずっと大きな被害が出てしまったのだ。
(3月13日『夕刊フジ』より)

┏┓
┗■3.「安倍首相とメシを食うモラル無きマスコミ人たち」これでいいのか
|  『財界展望』(2015年4月)の紹介
└──── 成瀬 伊佐夫

『財界展望』(2015年4月)に、「安倍首相とメシを食うモラル無きマスコミ人たち」と題する記事が掲載されている。この記事の中に、安倍首相と会食したメディア関係者の一覧表(2013年1月から2015年2月)がある。
この一覧表を見る限り、リベラル派のイメージがある東京新聞や朝日新聞の関係者までが、安倍首相と会食していることが分かった。「読売新聞の渡辺恒雄氏」が安倍首相と頻繁に会食している話は周知となっているが、『財界展望』の記事によると、主要な新聞の多くが、首相と特別な関係にあるようだ。
渡辺氏ら「常連」とは別の会食者のうち、個人的に気になる社と人物をピックアップしてみた。

朝日新聞:木村伊量社長       共同通信:石川聡社長
日経新聞:喜多恒雄社長       テレビ朝日:早河洋社長
毎日新聞:朝比奈豊社長       時事通信:西沢豊社長
東京新聞:長谷川幸洋論説副主幹   共同通信:福山正喜社長
中国・九州の地方紙代表者ら     内閣記者会加盟各社キャップ
女性記者複数人
NHKインターナショナル:諸星衛特別主幹
NHK島田敏男解説委員

◇首相の意に添った報道
権力を監視するジャーナリストが首相と会食する友達になれば、ジャーナリズムは成立しない。こんな常識的なことが分かっていないのは、入社時の社内教育以前に、大学のジャーナリズムの授業で、ジャーナリズムの原理を教えていないことが原因ではなないだろうか?
取材目的で会食するのであれば、ある程度は容認されるが、会食したメディアの報道を検証する限り、自民党政権と正面から対峙するスタンスは見られない。 つまり会食することにより、首相の意に添った報道になっているのが問題なのだ。特に構造改革=新自由主義の「援護」は見過ごせない。
新自由主義による矛盾の蓄積と、軍事大国化の下で、報道しなければならないテーマは山積みになっているが、ほとんどのメディアがその役割を放棄している。
例外的に優れた報道が行われたとしても、それは記者個人の努力の結晶であって、メディア企業としてのスタンスの現れではない。

┏┓
┗■4.新聞より3つ
└────

◆除染廃棄物を初搬入 中間貯蔵施設用地 地元理解なく 福島・大熊

東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土壌や廃棄物を保管するため福島県内に建設する中間貯蔵施設をめぐり、政府は13日午後、同県大熊町の仮置き場から運び出した廃棄物を建設予定地内の保管場に初めて搬入した。同様に保管場がある双葉町でも同日、搬入が予定されていたが町内の調整がつかず延期。地元の理解を十分得られないまま「前例のない迷惑施設」が船出した。(後略)
(3月14日茨城新聞より抜粋)

◆セレモニー 冷めた視線 本格稼働、見通したたず 除染廃棄物を初搬入

除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設用地への搬入が13日始まった。東京電力第一原発を取り囲む巨大プロジェクトだけに政府は「福島復興の要」と強調するが、計画は遅れ続け本格稼働の見通しは立たない。地元では政府の体裁を取り繕う“セレモニー”と冷めた見方も強く、原発事故から4年が過ぎても国と地元の溝は深まるばかりだ。(中略)
地元住民の1人は「国のメンツを守るためのセレモニーにすぎない。搬入を始めても、すぐに行き詰まるだけで何の意味もない」と憤った。
(3月14日茨城新聞より抜粋)

◆中間貯蔵施設用地 地権者、国と交渉難航 不信強め「うそばかり」
避難2町に「重荷」 廃棄物搬入

福島県内の除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設をめぐり、国は同県大熊、双葉両町で用地取得を進めているが交渉は難航している。予定地にある工業団地の関係者が、水面下で進む交渉の様子を明らかにした。地権者の気持ちをないがしろにする国の進め方に不信感を強め「うそばかりだ」と憤る。(後略)
(3月14日茨城新聞より抜粋)

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事故情報」
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載するため
日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字
以内でお送り下さい。件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)及
び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。
送付先は「 nonukes@tanpoposya.net 」です。
なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙面の
都合上すべてを掲載できない場合があります。
たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあります。
予めご了承ください。
──────────
◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「新着記事」を
ご参照下さい。
◆メールマガジンをお送りします
たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
発信しています。
ご希望の方は、件名を「メルマガ受信希望」としてご自身のEメールアド
レスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを送ってください。
違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの元と
なりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
たんぽぽ舎のメールアドレス:
nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
HP
http://www.tanpoposya.net/  Eメール nonukes@tanpoposya.net



安倍首相 at 国連世界防災会議 by limitlesslife

皆さま

昨日、安倍首相は第3回国連世界防災会議の開会式に出席した後、「ハイレベル
・セグメント」と「ハイレベル・パートナーシップ・ダイアローグ」に出席しま
した。それぞれの場面での首相のステートメントは既に首相官邸のウェブサイト
に上がっておりますが、

ハイレベル・セグメントにおける安倍内閣総理大臣ステートメント
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/0314statement.html

ハイレベル・パートナーシップ・ダイアローグにおける安倍内閣総理大臣スピーチ
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/0314speech.html

福島の問題や原発の問題に触れたのは、ハイレベル・セグメントにおいて「東日
本大震災と福島第一原発事故を踏まえ、長期的視点に立って、更なる防災投資に
取り組んでいます」と述べた部分だけ(ハイレベル・パートナーシップ・ダイアローグ
では一言も触れていません)で、あとは福島も原発も放射能も完全無視ですね。

ここで発表された日本政府の「防災協力イニシアティブ」(http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/gic/page3_001128.html
からリンクされています)においても、原発事故からの教訓に関するような言葉
はおろか、その臭いすら、全く感じられません。

見事なまでに徹底した「防災の議論から原子力の問題を排除する」という姿勢で
あります。

—-
川崎哲
Akira Kawasaki
岩波ブックレット『核兵器を禁止する』
http://kawasakiakira.at.webry.info/201408/article_3.html

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan

_________________________________
コメント:「原発は安全」「コントロールと誰か・・・大嘘」を世界に押し通す?


「原発はリスクが未知数なため、世銀は投資の対象にしない」(世銀キム総裁発言) by limitlesslife

紅林進です。
私は世界銀行(世銀)やIMFという国際金融機関については、
非常に批判的に見ていますが、その世銀ですら、国連防災
世界会議で来日した世銀のキム総裁が、昨日3月13日(金)、
外国特派員協会での会見で、「原発はリスクが未知数なため、
世銀は投資の対象にしない。炭素税導入で、火力発電による
CO2排出量を抑えると同時に、地熱、水力などのクリーン
エネルギーへの投資を拡大するべきだと考えている。」と
述べたそうです。
本日3月14日(土)発売(紙面の日付は3月16日(月)になって
いるが)の『日刊ゲンダイ』(第2面)の「世界銀行総裁の反原発
発言 安倍首相はどう聞く?」と題する記事によると、キム総裁
は9日にもワシントン市内で原発の危険性に関し、懸念を表明。
福島原発事故について「フクシマの技術は最先端ではなかった。
新しい技術で本当に安全な原発ができるのか。核廃棄物の貯
蔵や処理を安全にできるのか。その証拠を示せなければ国民
の納得を得るのは難しい」と語ったとのことです。
世銀は1959年にイタリアの原発施設の4000万ドル貸し付けて
以来、原発向けの融資は控えているとのことです。
問題の多い世銀ですが、原発問題に関しては、まっとうなことを
言います。それに引き換え、あくまで原発を推進し、世界にその
原発を輸出しようとしている安倍政権は、世界的にも問題視され
てゆくことでしょう。
「投資対象にしない」 世界銀行が突きつけた原発への“絶縁状” 日刊ゲンダイ 2015314()


暴力否定は、多数派となり人類を救うに違いない! by limitlesslife
March 13, 2015, 12:26 am
Filed under: アベノミス, イスラエル, イスラーム国(ISIS, イラク戦争, オリンピック, テロリズム, デモ(民意表出)・規制?, バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, プルサーマル(高浜原発・・・), プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), マスコミ(第四権力), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), リニアー(新幹線、・・・), CIA:Corruption In America (from comment), 無人機(錯誤、差別、殺戮、・・・), 献金(賄賂、買収、, 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 自衛隊(戦争参加、文民統制、・・・), 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 農業・食料・環境, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, nuclear discrimination, TPP, 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地震・津波・原発事故, 地位協定, 基地, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍晋三, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 強制(連行、労働、売春、・・・), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 教科書(国定・国家主義・裁判・・・), 日露, 日韓, 日本(投売り、評価低下、資産低下、・・・), 日中, 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 朝日新聞, 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 東電(東京電力:TEPCO), 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 権利(侵害), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 沖縄, 三権分立(立法・行政・司法), 三毒(貪欲・怒り・無智:貪瞋痴)
知人友人の皆さんへ
      杉浦公昭
てぃーだブログ › 平和こそ我が命

2015年03月12日

 暴力否定は、多数派となり人類を救うに違いない! 

 私は映画「標的の村』監督の三上 智恵さんの写真をシェアしました。

 これは明らかに戦争勢力と平和勢力の闘いだ!

 戦争勢力は暴力を使い、平和勢力は非暴力不服従の直接行動で闘っている。

 平和勢力が勝たない限り、人類は滅びる!

 従って人々は平和勢力の正義に気づき多数派を形成するに違いない。

 既に沖縄は目覚め、やがて本土も目覚めざるを得なくなるに違いない。

 本土のマスコミが沖縄の事態を如何に隠蔽しようとも、

 私はささやかな努力を重ね、沖縄の真実を本土に伝え続けるつもりである。

 孫子の豊かな生存のために!

「ボーリング調査再開ばかり全国ニュースになる。
進んでるという報告だけ
全国の人は聞きたいのか?
沖縄の悲鳴や抵抗の姿はなぜ報道されないの?

標的の村で
泣きながら座り込んでいた
じゅりちゃん

普天間封鎖でも
お母さんと泣きながら
車に立てこもっていた
じゅりちゃん

7月からゲートに
親子で立ちながら
阻止できないことに苛立ち
8月、海が包囲された時からは
カヌー隊に転身
全くの初心者から
リーダー候補にまで
カヌーの腕を上げていた

恩納村の血
アメリカ軍の基地計画と
闘って勝った記憶
都市型戦闘訓練施設を
取り壊し
撤去させた
団結と不屈の精神を
高江にも
普天間にも
辺野古にも注入してくれた
恩納村から通ってくる
母と娘の存在は
とても大事だった

線が細いのに
泣きながら向かっていく
じゅりちゃんは
今、編集していても
男性スタッフの支持率が
一番高い

そのじゅりちゃんに

何てことをするんだ
海保に
何度も顔を沈められた
そうだ

彼女は絶対
嘘や誇張は言わない子だ
沖縄を守りたいだけの
20代の女性が
テロなのか?

沖縄の男性たち
みんな、みてください
島の女性を
守ってください

日本中の男ども
彼女を見たら
見て見ぬ振りは
できないはず

だから、見せる
絶対映像に織り込む
彼女の頑張りも、
背景も
潔さと愛くるしさと
そして次の世代が内包している力について

今回の沖縄の抵抗は
とてもじゃないが
蓋することはできない
世界中に広がるだろう

工事が進んだと
大手メディアが連呼すれば
県民があきらめる??
かどうか
見ていろ。
許さん。」

ボーリング調査再開ばかり全国ニュースになる。
進んでるという報告だけ
全国の人は聞きたいのか?
沖縄の悲鳴や抵抗の姿はなぜ報道されないの?

—————————————-

標的の村で
泣きながら座り込んでいた
じゅりちゃん

普天間封鎖でも
お母さんと泣きながら
車に立てこもっていた
じゅりちゃん

7月からゲートに
親子で立ちながら
阻止できないことに苛立ち
8月、海が包囲された時からは
カヌー隊に転身
全くの初心者から
リーダー候補にまで
カヌーの腕を上げていた

恩納村の血
アメリカ軍の基地計画と
闘って勝った記憶
都市型戦闘訓練施設を
取り壊し
撤去させた
団結と不屈の精神を
高江にも
普天間にも
辺野古にも注入してくれた
恩納村から通ってくる
母と娘の存在は
とても大事だった

線が細いのに
泣きながら向かっていく
じゅりちゃんは
今、編集していても
男性スタッフの支持率が
一番高い

そのじゅりちゃんに

何てことをするんだ
海保に
何度も顔を沈められた
そうだ

彼女は絶対
嘘や誇張は言わない子だ
沖縄を守りたいだけの
20代の女性が
テロなのか?

沖縄の男性たち
みんな、みてください
島の女性を
守ってください

日本中の男ども
彼女を見たら
見て見ぬ振りは
できないはず

だから、見せる
絶対映像に織り込む
彼女の頑張りも、
背景も
潔さと愛くるしさと
そして次の世代が内包している力について

今回の沖縄の抵抗は
とてもじゃないが
蓋することはできない
世界中に広がるだろう

工事が進んだと
大手メディアが連呼すれば
県民があきらめる??
かどうか
見ていろ。
許さん。