Global Ethics


世銀は石油・ガス探査支援を止め再生可能エネに投資を決定 by limitlesslife
December 14, 2017, 7:32 am
Filed under: Uncategorized

World Bank to end financial support for oil and gas exploration

“It is hard to overstate the significance of this historic announcement by the World Bank.”

Share on Facebook
Tweet on Twitter

 

World Bank Group president Jim Yong Kim at One Planet Summmit: “We’re working with partners to put the right policies in place, get market forces moving in the right direction, put money on the table, and accelerate climate action.” (Image: World Bank / Twitter)
 NationofChange is a nonprofit organization, and this website is funded by readers like you. Please support our work. Donate or give monthly.

The World Bank will end it’s financial support for oil and gas exploration and production after 2019.

In response to the growing threat posed by climate change, the World Bank announced that it “will no longer finance upstream oil and gas” after 2019.

To align our support to countries seeking to meet their Paris Agreement goals, we announced today that we will no longer finance upstream oil and gas after 2019. Our statement: http://wrld.bg/rpne30haHL0  

The petroleum industry can be broken down into three sectors: upstream, midstream, and downstream. The upstream sector deals with the exploration and production of oil and gas.

The announcement was made on Tuesday at the international One Planet Summit in France to mark the 2 year anniversary of the Paris Agreement.

2018 Peace Calendars are here!

GET YOURS

GET YOURS

President Donald Trump – who intends to withdraw the U.S. from the Paris agreement – was not invited to the meeting.

The world bank has been lending $1 billion a year for oil and gas projects in developing countries (about 1-2% of the company’s $280 billion portfolio), but was under increasing pressure from lobby groups to divest.

The bank said that it recognizes the need to change its practices in a “rapidly changing world.”

In addition to ending financial support for upstream oil and gas, the bank announced that 28% of it’s lending will be allocated to climate action by 2020, as outlined in its Climate Action Plan, developed after the Paris accord.

Stephen Kretzmann, the executive director of Oil Change International, praised the World Bank’s latest announcement:

“It is hard to overstate the significance of this historic announcement by the World Bank. Environmental, human rights, and development campaigners have been amplifying the voices of frontline communities for decades in calling for an end to World Bank financing of upstream oil and gas projects.”

“Today the World Bank has raised the bar for climate leadership by recognizing the simple yet inconvenient truth that achieving the Paris Agreement’s climate goals requires an end to the expansion of the fossil fuel industry.”

The Bank already stopped lending to coal-fired power stations in 2010.

The bank admitted that in rare cases it may be willing to lend to oil and gas production, but only in the poorest countries, where it allowed the people to get access to energy, and only if it does not conflict with the commitments to reduce greenhouse gas emissions outlined in the 2015 Paris Agreement.

Thank you @antonioguterres@JimYongKim for co-organizing this unprecedented Summit on climate action.
More than statements, this  is all about mobilizing everyone to lead concrete game-changing actions. 

Other initiatives announced at the One Planet Summit include:

  • Climate Action 100+, which is comprised of 225 investment funds managing more than $26 trillion in assets, said it would use its financial clout to raise the issue of climate-related risk with 100 of the world’s largest corporate greenhouse gas emitters.
  • More than 200 companies pledged greater transparency on reporting climate-related risks in their businesses as part of a voluntary program led by Michael Bloomberg.
  • Dutch bank ING plans to have zero investments in coal power generation by 2025.
  • Norwegian pension fund Storebrand said it’s expanding its portfolio of fossil fuel-free investments to more than $3 billion.
  • French President Emmanuel Macron proposed raising the minimum price per metric ton of carbon dioxide to 30 euros ($35.39). Current prices for the greenhouse gas in Europe are up to five times lower.

 Get NationofChange in your inbox

SHARE

Facebook
Twitter

 

Alexandra Jacobo

Alexandra Jacobo is a progressive writer, activist, and mother who began her political involvement in earnest passing out blankets to occupiers in Zuccotti Park in 2011. She is concerned with educating the public and inspiring them to take action on progressive issues that promote positive change at home and abroad.

Advertisements


サンテレビニュースPORT(2017/12/13) 兵庫県明石市の里親制度 血のつながりよりこころのつながりを by limitlesslife
December 13, 2017, 11:09 pm
Filed under: Uncategorized

 

永岡です、サンテレビのニュースPORT、来年中核市に移行する兵庫県明石市、2019年4月に児童相談所を開設など、様々な事情で親と暮らせない子供たちの、就学前の乳幼児の里親委託率100%を目指しており、明石市で暮らす門脇和美さん、13年前に夫婦で里親に登録、以後、実親と一緒に暮らせない子供を迎え入れて、里親制度についての報告です。

門脇さん、実の親と暮らせない子供、合計60人世話されて、こういう子供は兵庫県に1500人いて、明石市は県から2000の業務移管、関西の中核市初の児童相談所と、里親制度、里親相談会を開き、地域の方の会合、出前講座もして、子供たちが家庭と同じように暮らせるもの、子供が自立、親と暮らせるまで、養子縁組、虐待のばあい、親が死亡して親族が里親になる4例があり、門脇さん、様々な事情を抱えた子供たちを受け入れて、最初は子供が風呂から上がり物置に隠れるなどあり、相談したら、理由もあり、中学3年で里親に来た女性が回想して、打ち解けるまでに様々なものもあり、喧嘩もあり、向き合ってもらい、高校卒業後、家を出て保育の仕事に就き、養子縁組で苗字を門脇にしたのであり、悩み、不安もあったものの、今は良かった、血のつながりは関係なく、家族としての暖かさ、親の愛情を身をもって感じられたというのです。

門脇さん、今は子供たちの世話、ご飯を用意するなど大変でも、里親を続けて、子供たちからも感謝されて、門脇さん、嫌なことは100あっても、うれしいことが200、300あり、楽しいことがあったと、今も子供たちを受け入れて、帰ってきて、みんなでご飯を食べる、暖かい世界があり、話し相手もいて、子供たちは少しずつ成長して、門脇さんはそれをそっと見守るのです。

門脇さんの考える家族の形、血のつながりより、心でつながるものを求めて、それこそ家族、子供には、自分を大切にしてくれる大人がいると、そういう大人がいることが大切、ただいま、お帰りと言えるものが、子供たちの未来を作るもので、家族の形は一つだけではなく、子供たちの未来を作る制度で、週末や休暇のみ受け入れるボランティアの里親もあり、自治体で受け付けているそうです。

明石の里親制度、

https://www.city.akashi.lg.jp/kodomo/kosodate_ka/kodomo-kyoiku/kosodate/satooya/index.html

施設で暮らす子供が8割、里親に行くのは2割、今後、貴重なものだと感じました、以上、ニュースPORTの内容でした。

 

 



伊方原発3号機の運転差し止めを決定 広島高裁 by limitlesslife
December 13, 2017, 1:57 pm
Filed under: Uncategorized
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経速報メール
http://www.nikkei.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆伊方原発3号機の運転差し止めを決定 広島高裁



(社説)核なき世界へ 日本の登場、待たれている by limitlesslife
December 12, 2017, 11:27 am
Filed under: Uncategorized

連載:社説

2017年12月12日05時00分

  • 面一覧

 核兵器を使う、作る、持つ。そのすべてを法的に禁じる核兵器禁止条約の採択を推進した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN〈アイキャン〉)に、ノルウェーのオスロで、ノーベル平和賞が授与された。

授賞式では初めて被爆者が演説に立った。

広島で被爆したサーロー節子さん(85)。13歳のときの被爆体験を語り、「核兵器は必要悪ではありません。絶対悪です。私たちの警告を心に留めなさい」と呼びかけた。

核保有国の指導者たちは、真摯(しんし)に耳を傾けるべきだ。

■背景にある危機感

広島、長崎の被爆者は戦後72年間、被害の実相と核兵器の非人道性を訴え続けた。平和賞は、核廃絶を求めてきたヒバクシャらとの「ダブル受賞」といってもいいだろう。

ICANには約100カ国の450以上のNGOが集う。中心になったのは20~30代だ。国や民族を超え、メールやSNSで連絡をとり、「核は人類と共存できない」という使命感からアイデアを出しあった。

その行動力は、核廃絶をめぐる新たな運動として高く評価されるべきだ。

もちろん核禁条約が採択されても、核廃絶がすぐに実現するわけではない。だが、この動きの背景には遅々として進まぬ核軍縮へのいらだちがある。

冷戦期にさかのぼれば、地球上に核兵器は7万発あった。核不拡散条約(NPT)のもと、核保有国は段階的な核軍縮を約束した。だが、1万5千発近くとされる世界の核弾頭のうち、9割以上をもつ米ロの交渉はいっこうに進んでいない。

09年にはオバマ米大統領がプラハで「核なき世界」を呼びかけた。核を持つ超大国からのメッセージだからこそ、世界の多くの人々が核廃絶が具体的に前進することを期待した。

しかし5年に1度のNPT再検討会議は、一昨年、最終文書を採択できないまま決裂。米国やロシアは、核兵器の近代化にすらとりくんでいる。

■「分断」を超えて

このままでは核軍縮が前に進まない。核保有国による段階的削減を待つのではなく、非核保有国が主役となり、主体的に廃絶へ導こう。そんな危機感が新たなムーブメントとなった。

受賞にはこの流れを核廃絶への一歩に、という期待もこめられていると受け止めるべきだ。

懸念されるのは核保有国と非核保有国との分断が進み、廃絶への流れが停滞することだ。

平和賞の授賞式に、核保有国の米ロ英仏中の駐ノルウェー大使は欠席したという。

11月に広島で開かれた国連軍縮会議で、中満泉・軍縮担当上級代表は「核禁条約とNPTが対立せず、相互補完性を高める工夫がいる」と述べ、双方の歩み寄りの余地を模索する。

立場は異なっても、同じ場を共有し、語る機会をもつことで、道は開けるはずだ。

9月から署名・批准がはじまった核禁条約は、50カ国が批准すれば発効する。現時点での批准は3カ国にとどまる。ICANは発効までの目標を2年以内とする。今後、各国に共感を広げていくために何ができるか。運動としての真価が問われるのはむしろこれからだ。

当面、世界各都市の議会で、条約に賛成する決議を採択させるため、賞金などを原資に基金をつくる。協力団体の活動支援などに使い、核保有国や核に依存する国の民意に直接、訴えかける運動を広げるという。

ICANが、各国の政府にとって無視できない世論をつくれるかがカギとなるだろう。

■戦争被爆国の責務

廃絶へむけた新たな動きに、日本政府が背を向けるような態度をとっているのは残念だ。

昨年10月、国連で核禁条約に向けた交渉を17年に始めるよう求める決議案が採択されたとき、日本は反対した。

ことし8月、安倍首相は訪問先の広島で「(核禁条約には)署名・批准は行わない」と語った。

確かに、北朝鮮の核・ミサイル開発への懸念は無視できない。米国の「核の傘」の下で、いざというときに米の核兵器に守ってもらわなければいけないという現実こそ直視すべきではないか。そんな声もある。

だが、日本は戦争被爆国として、核保有国と非核保有国の橋渡し役を自任するのではなかったか。日本が国連に毎年提出している核廃絶の決議案に賛同する国は、今年、大幅に減った。このままでは保有国の代弁者として見られる可能性すらある。

できることはある。

条約が発効すれば締約国会議が開かれる。その場には批准していない国も、オブザーバーとして参加できる。たとえばそうした場への参加の意向を示し、被爆国として議論に参画していく積極性があっていい。

核の禁止を求める国は、日本の登場を待っている。



超戦争世界:研究・執筆ボランテイアー募集(「今日の出来事(250-270語)」ラジオなどで発表) by limitlesslife
December 12, 2017, 5:22 am
Filed under: Uncategorized

 

Thank you for having signed the Declaration of Peace and having checked the box beside these words “I will work on research, fact sheets, articles.”

Here’s what I need help with. At http://worldbeyondwar.org/calendar you’ll see a work in progress. Each day of the year should have between 250 and 270 words carefully summarizing in the past tense the key facts about a well-researched and understood event that happened on that day in some past year, plus an audio recording of those words. When complete, this Peace Almanac will be offered to radio stations, websites, magazines, schools, etc., including credit to everyone who worked on it. Most of the days that do not yet have full text have a few words identifying a topic. If you’d like to work on this project with me, please pick a day or two, write them up and send them to me.

THANKS!

David Swanson, director, World Beyond War

Sign the Declaration of Peace.

Find events all over the world that you can take part in.

Join us on Facebook and Twitter.

Support World Beyond War’s work by clicking here.



【人民新聞弾圧速報】編集長不当起訴!/12/12神戸地検・生田署への緊急抗議呼びかけ by limitlesslife
December 11, 2017, 11:21 pm
Filed under: Uncategorized

人民新聞の金津です。
弾圧に対する抗議声明へご賛同いただいたみなさまにお送りしています。

本日(12/11)午後、残念ながら当紙Y編集長は神戸地検により不当にも「詐欺罪」で起訴されてしまいました。
被害者不在の「事件」でどのような公判を行うのか、理解に苦しみます。
公安警察の言論弾圧・人権侵害にほかならず、怒りを持って弾劾します。

引き続き即時保釈をもとめて全力で救援活動を展開していきますので、ご注目・ご支援をよろしくお願いいたします。

★12/12緊急抗議行動へ!

明日12月12日(火)18時より神戸地検、19時より兵庫県警生田署に対して緊急抗議を行います。
前回の抗議行動では生田署内の編集長にも声がとどいたとのことなので、激励の声を届けたいと思います。
ぜひご参加をお願いします。

神戸地検地図
http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/kobe/page1000028.html

兵庫県警生田署(三ノ宮駅北徒歩5分)
https://goo.gl/maps/Gw4rsB2DX8t

★本人陳述全文

勾留理由開示公判での編集長の陳述書の全文を公開しています。お読みください。
https://jimmin.com/2017/12/09/statement-on-detention-reason-disclosure-trial

★救援カンパ

救援対策の弁護士費用、新聞業務の常態復旧などに多くの人手と費用がかかっており、引き続きカンパも受け付けています。

郵便振替口座:00940-5-333195
ゆうちょ銀行 〇九九店 当座 0333195
人民新聞社
※救援カンパの場合は、通信欄にその旨お書きください

★読者の拡大を!

人民新聞は一ヶ月無料で試読ができます。弾圧に負けず新聞発行を継続していきますので、この機会にぜひご検討ください。よろしければ周りの方々にも広めていただければ幸いです。

お申し込みはこちらから
https://jimmin.com/trial-for-free

【人民新聞社】
〒567-0815 大阪府茨木市竹橋町2-2-205
電話:072-697-8566 FAX:072-697-8567
HP:https://www.jimmin.com
メール:people@jimmin.com
twitter:@jimminshimbun



【人民新聞弾圧速報】編集長不当起訴!/12/12神戸地検・生田署への緊急抗議呼びかけ by limitlesslife
December 11, 2017, 3:16 pm
Filed under: Uncategorized

人民新聞の金津です。
弾圧に対する抗議声明へご賛同いただいたみなさまにお送りしています。

本日(12/11)午後、残念ながら当紙Y編集長は神戸地検により不当にも「詐欺罪」で起訴されてしまいました。
被害者不在の「事件」でどのような公判を行うのか、理解に苦しみます。
公安警察の言論弾圧・人権侵害にほかならず、怒りを持って弾劾します。

引き続き即時保釈をもとめて全力で救援活動を展開していきますので、ご注目・ご支援をよろしくお願いいたします。

★12/12緊急抗議行動へ!

明日12月12日(火)18時より神戸地検、19時より兵庫県警生田署に対して緊急抗議を行います。
前回の抗議行動では生田署内の編集長にも声がとどいたとのことなので、激励の声を届けたいと思います。
ぜひご参加をお願いします。

神戸地検地図
http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/kobe/page1000028.html

兵庫県警生田署(三ノ宮駅北徒歩5分)
https://goo.gl/maps/Gw4rsB2DX8t

★本人陳述全文

勾留理由開示公判での編集長の陳述書の全文を公開しています。お読みください。
https://jimmin.com/2017/12/09/statement-on-detention-reason-disclosure-trial

★救援カンパ

救援対策の弁護士費用、新聞業務の常態復旧などに多くの人手と費用がかかっており、引き続きカンパも受け付けています。

郵便振替口座:00940-5-333195
ゆうちょ銀行 〇九九店 当座 0333195
人民新聞社
※救援カンパの場合は、通信欄にその旨お書きください

★読者の拡大を!

人民新聞は一ヶ月無料で試読ができます。弾圧に負けず新聞発行を継続していきますので、この機会にぜひご検討ください。よろしければ周りの方々にも広めていただければ幸いです。

お申し込みはこちらから
https://jimmin.com/trial-for-free

【人民新聞社】
〒567-0815 大阪府茨木市竹橋町2-2-205
電話:072-697-8566 FAX:072-697-8567
HP:https://www.jimmin.com
メール:people@jimmin.com
twitter:@jimminshimbun