Global Ethics


ウェスチングハウス破産で原子力は重大打撃 by limitlesslife
March 30, 2017, 10:53 am
Filed under: 原発廃止
Published on
by

Nuclear Power Suffers Major Blow With Westinghouse Bankruptcy

Chapter 11 filing marks a ‘defining moment in the decades-long downward spiral of the global nuclear power industry’

A Westinghouse nuclear plant under construction near Waynesboro, Georgia.

A Westinghouse nuclear plant under construction near Waynesboro, Georgia. (Photo: Reuters)

Major nuclear power company Westinghouse, a U.S. subsidiary of Japan’s Toshiba, filed for Chapter 11 bankruptcy on Wednesday in a massive blow to the industry.

The filing marked “a defining moment in the decades-long downward spiral of the global nuclear power industry,” wrote Greenpeace Japan in a statement.

“Toshiba/Westinghouse is responsible for building more nuclear reactors worldwide than any other entity,” the group observed. “With the financial meltdown of Westinghouse, Toshiba also recently announced its plans to withdraw from foreign construction projects—a move that has far-reaching implications outside Japan and the U.S., such as the construction of three reactors in the U.K. at Moorside.”

“We have all but completely pulled out of the nuclear business overseas,” Toshiba president Satoshi Tsunakawa said at a news conference, according to the New York Times.

The Times further reports:

The filing comes as the company’s corporate parent, Toshiba of Japan, scrambles to stanch huge losses stemming from Westinghouse’s troubled nuclear construction projects in the American South. Now, the future of those projects, which once seemed to be on the leading edge of a renaissance for nuclear energy, is in doubt.

“This is a fairly big and consequential deal,” said Richard Nephew, a senior research scholar at the Center on Global Energy Policy at Columbia University. “You’ve had some power companies and big utilities run into financial trouble, but this kind of thing hasn’t happened.”

“Toshiba/Westinghouse find themselves a victim of their own hubris and a nuclear industry where financial prudence was never a strong point,” Greenpeace Germany added in a brief (pdf).

It’s underscoring the global meltdown of the nuclear power industry, argued Greenpeace Japan energy campaigner Ai Kashiwagi. “If we look at how nuclear stacks up against renewables, it’s clearly in freefall,” Kashiwagi said. “An estimated 147 gigawatts  of renewable power was added in 2015, compared to just 11 gigawatts for nuclear power in the same year.”

“For too long the nuclear industry has locked away huge amounts of capital at the expense of developing increasingly affordable renewable energy and updating energy grids,” Kashiwagi added. “The future of energy in Japan and globally will be renewables and it’s time governments get on board.”



サンテレビニュースPORT(2017/3/29) 赤ちゃんポスト神戸に設置か?小浜キャスターの報告 by limitlesslife
March 29, 2017, 10:28 pm
Filed under: Uncategorized

 

永岡です、サンテレビのニュースPORT、神戸に設置が検討された赤ちゃんポストについて、コハマが行く、のコーナーで取り上げられました。

貧困や不倫で親が育てられない赤ちゃんを受け入れる赤ちゃんポスト、こうのとりのゆりかごとも言われて、熊本の慈恵病院で運用が開始されて、神戸でも設置が検討されたもの、小浜英博アナウンサーの報告がありました。

神戸のマナ助産院(http://www.mana-mh.com/ )、妊婦さんは安心して産めると好評で、院長で助産師の永原郁子さん、神戸に赤ちゃんポストを作ると、NPOと連携して作ることを決意、親の育てられない子供を受け入れるもので、望まない妊娠をした女性が追い詰められて赤ちゃんに危害を加えないためであり、しかし、兵庫県は医師法の関係で許可を出さず、しかし永原さんにはもう一つの顔、助産師と、講演、性の問題、命の問題を子供たちに伝えており、しかし、赤ちゃんの遺棄事件が2013年に神戸、三宮であり、母親が育てられない子供を殺害、社会に大きな衝撃を与えました。

熊本での赤ちゃんポストはメールや電話で24時間相談して、相談件数は年間6000件、赤ちゃんポストはプライバシーに配慮された作りで、お母さんお父さんに向けた手紙もあり、赤ちゃんを入れると、外からは取り出せず、2015年までに150人の命を救ってきて、保護したら助産師の世話、乳児院→里親、特別養子縁組になり、慈恵病院の蓮田院長は、赤ちゃんを捨てる人には罪深さがあり、匿名を守らないと預けに来ず、神戸でも、専門機関と協力して、出来ることをやってその他の機関の協力を得て、助ける命を助けるべきとエールを送られます。

マナ助産院では、面談型のゆりかごを設置することを計画して、妊娠、出産の24時間相談もして、永原さん、何とか赤ちゃんを預かってほしいと、お母さんと面談してやっていくものを進められるものの、神戸市は、赤ちゃんを預かるためには医師の常駐が必要として、今の段階では面談型のものも否定しており、何の罪もない小さいな命、途方に暮れる親をどうケアするか、マナ助産院は面談型のものを行政と作りたく、小さな命を守るために、社会全体のコンセンサス、尽力が必要だと小浜さん締めくくられました。以上、ニュースPORTの内容でした。



by limitlesslife

朝日放送キャスト(2017/3/29) 二木啓考 森友学園の問題 昭恵夫人&ゴッドマザーのゴタゴタを語る

 

永岡です、収束しない森友学園の問題、二木啓考さんの解説がありました。

自民党西田氏は国政調査権を言い出して、証人の出廷や証拠の提出の責務があり、寄付金の名簿、払い込み用紙の原本を出せと言うものの、国会で籠池夫妻が嘘をついていると、議員が調査して、調査チームではなく、ジャーナリストの二木啓考さん、国政調査権と国政捜査権は異なり、あくまで任意、嘘をついたら告発としても、こんな前例はほとんどなく、国政調査権では尖閣での中国漁船の映像のみであり、自民は籠池氏が嘘をついて、野党にもう手はないという姿勢で、フリーアナウンサーの松尾翠さんもそれに共感して、しかし問題がここまで大きくなったのは、昭恵氏の関与があったためで、25年昭恵氏はASSと同伴、昭恵氏は原発、TPP反対のこともあった昭恵氏、しかしそれでも思いは一つで、ASSは妻のサポートがあったので来れた、悪魔の証明と言い(これは、近藤勝重さん、こんな言い分が通るなら疑獄追及はできないと言われました)、永田町に地獄耳の二木さん、ASSは自分と妻を陥れようとしていると言うものの「政権イメージを守るため」、疑惑はないというイメージのためで、夫婦愛故ではないと言われて、昭恵氏は森永製菓の令嬢、聖心女子大学→電通→87年にASSと知り合い、ASSは電通の就業時間前に会って(当時は晋太郎氏の秘書)、表に出るファーストレディ、森友学園の名誉校長、20以上の肩書があり、二木さん、昭恵氏は事の是非をかんがえずに行動して、それがアダになり、女性の活躍などを言うものの、森友学園の教育方針は知っても、昭恵氏はすぐ感動して、それがASSの方針とずれている場合もあり、ASSはアメリカのドラマが好き、昭恵氏は韓流ドラマが好きで、食事はASSは家では食べず、アメリカスタイルのものを好み、家庭内野党と言い、東日本大震災で政府は高い堤防を作ろうと言ったら、昭恵氏はこれに反対、TPP反対の集会も行って、それをASSに報告する始末で、昭恵氏は東京・神田の居酒屋を作って、しかしASSは店の中での飲酒禁止、赤字なら1年で閉めろと問題を出して、昭恵氏は勝手にやってしまい、二木さんは、ASSが昭恵氏と森友学園の深い関係を知らず、それで関係していたら国会議員を辞めると啖呵を切ったと言うのです。

さらに、政界のゴッドマザー、安倍洋子氏、岸信介氏の娘で、朝食は洋子氏が88歳で作り、昭恵氏は洋子氏と朝は一緒で、洋子氏は岸氏の娘、ASSは父親の晋太郎氏より岸氏を尊敬しており、しかしゴッドマザーは昭恵氏に怒り、それでも、ASSと昭恵氏の離婚はないと言われました。以上、二木さんのお話でした。

 



デタラメ契約のバックに次々と登場する「アベ友」たち by limitlesslife
ゴルフ仲間の安倍首相と加計孝太郎氏(右は、今治市役所)/(C)日刊ゲンダイ
ゴルフ仲間の安倍首相と加計孝太郎氏(右は、今治市役所)/(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 およそ36億円相当の市有地16.8ヘクタールをタダで差し出した上、県と一緒に100億円近い施設整備費も負担――。“第2の森友事件”の舞台である愛媛県今治市のケースは金額のケタが違う。異常な契約を市議会はなぜ、認めたのか。

「市は90年代から大学誘致をずっと続けてきて、破格の厚遇条件を提示しないと、どの大学も来ないと分かっていた。大学誘致のために造成し、塩漬けになっている土地なのだから、『大学ができれば、土地はタダでいい』という考えが役所内で内々にあった。しかも、今回、市の資料には経済波及効果の金額として施設整備で280億円、大学運営で30億円とあった。こうなると、議会として反対する理由はない。さらに何といっても『安倍首相がバックにいる』という安定感だ。首相と親しい加計学園の理事長だけじゃなく、ほかにも大学誘致に関わったメンツの中には、首相に近しい人物がちらついている」(現職市議)

 安倍の“お友達”とみられているのが、加戸守行前県知事。今治市が国家戦略特区に選ばれる際に「市商工会議所特別顧問」の肩書で交渉役を担った。

文科省出身で、安倍が大嫌いな「日教組」対策の“元締”といわれる「地方課長」を歴任。2010年まで3期12年を務めた知事時代には、「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書を県内の中高一貫校に採択させたという。知事選の際には安倍が応援演説に訪れ、安倍政権下で発足した「教育再生実行会議」の委員も務める人物だ。

もうひとりが、やはり文科省出身で、安倍政権で内閣官房参与を務めた木曽功氏。国家戦略特区に指定後、「加計学園」に天下り。現在の肩書は、学園が経営する千葉科学大の学長だ。

「獣医学部を設置する岡山理科大の柳沢康信学長は前愛媛大学長。つまり、何から何まで話ができている。地元議会がどうこうできる話じゃない」(前出の市議)

なるほど、安倍政権が掲げる「地方創生」は、地元住民の意向は関係なく、“お上”主導で進めることらしい。さすが教育勅語を容認する大臣を抱える極右政権だ。しかし、そのツケを将来負担するのは他ならぬ、地元住民なのだ。
(つづく)



橋下氏が援護射撃 “森友疑獄”松井知事のエゲつない延命策 by limitlesslife

保身に躍起(C)日刊ゲンダイ
保身に躍起(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 森友学園疑惑のキーパーソンの松井一郎大阪府知事が保身に躍起になっている。公職にありながらツイッターで一方的な釈明を垂れ流すだけでは飽き足らず、露骨な言論封殺にまで手を掛け始めた。エゲツない男だ。

標的にされたのは、ノンフィクション作家の菅野完氏。ベストセラー「日本会議の研究」の著者で、森友学園の新設小に対する大阪府私学審議会のスピード審査をめぐり、松井知事の責任を追及している。その菅野氏に松井知事が内容証明郵便で「通知書」を送り付けたという。差出人は日本維新の会と顧問契約を結ぶ「橋下綜合法律事務所」に所属する代理人弁護士。

内容はこうだ。

菅野氏が15日に自宅前で応じたぶら下がり取材で、「私学審議会を曲げたのはこの男 大阪府知事 松井一郎」と添え書きされた松井知事らの写真を掲げ、「この人たちこそが悪いヤツ」と名指し。それについて、「根拠について証拠資料を添えてご回答いただきたい」と通知したという。菅野氏を「炎上商法狙いの自称ジャーナリスト」とコキ下ろしたのはすっかり棚上げだ。

■橋下前知事がガード「ハシゴをかけたのは僕」

笑っちゃうのが、通知書の作成日。国会で証人喚問を受けた籠池理事長が松井知事に怒りの矛先を向けた23日なのだ。日本維新の会所属議員もグダグダだった。浅田均参院議員が「松井府知事の喚問を要求します」と言えば、下地幹郎衆院議員は「松井さんはハシゴをかけた」と口を滑らせた。証人喚問終了後、報道陣の取材要請を拒否して松井知事はトンズラ。それで何をしていたのかといえば、“菅野対策”に知恵を絞っていたわけだ。

政治学者の五十嵐仁氏はこう言う。

「松井知事からすれば、菅野氏の発言で自身に疑惑の目が向けられた。だったら、泥仕合に持ち込み、菅野氏にうさんくさい印象を植え付けて発言の信憑性を低めればいい。そうした意図を感じます」

松井知事はマイクを向けられると「証人喚問で話をした方が早い」と威勢のいいことを言うが、コソコソやるのがよほど好みらしい。27日放送の「橋下×羽鳥の番組」(テレビ朝日系)では、橋下徹前大阪府知事が森友学園の認可について「僕の意向、忖度がありました」「ハシゴをかけたのは僕」などと松井知事を守り、懸命に火消し。ますますもって怪しい。

そうでないのなら、国会招致を待たずに会見でも開いて、時間を取ってキッチリ説明すればイイだけの話だ。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事

編集部オススメ

  1. 1

    恐ろしい国だ 「首相を侮辱」で証人喚問の横暴と身勝手

  2. 2

    デタラメ契約のバックに次々と登場する「アベ友」たち

  3. 3

    森友問題を最初に追及 木村真市議が語った「疑惑の端緒」



毎日放送ちちんぷいぷい(2017/3/29)  和歌山カレー事件 死刑囚Aさんからの手紙&TBSラジオデイ・キャッチ! 近藤勝重さん、和歌山カレー事件や高浜原発判断を語る by limitlesslife
March 29, 2017, 10:03 pm
Filed under: 原発訴訟・裁判

 

永岡です、毎日放送のちちんぷいぷいで、和歌山カレー事件について冒頭に報告がありました。

例により、匿名のAさんで通しますが、和歌山地裁でAさんへの再審は認められませんでした(これは、昨日の高浜原発判断と違い、テレビ、ラジオのニュース速報なし)。

Aさんから、3/24に長男(29歳)への手紙があり、春だというものであり、もう19年も4人の子供と離されてしまい寂しいというもの、前向きなことがあり、差し入れへの感謝、ハッピーであるというもので、生活の楽しみは差し入れ、しかし5枚の手紙の最後には無罪を訴えて、1日も早く再審無罪、死刑台から生還したいとAさんは書き、司会のヤマヒロ(山本浩之)さんの紹介で、センセーショナル、Aさんのエキセントリックなものがマスコミで報じられて、スタジオでも、当時マスコミの独占インタビューに答えたことが、この事件がきっかけであり、逮捕後黙秘、そしてマスコミのニュースを裁判の証拠にとして認められず、桂ざこばさんは死刑確定前に会いに行って、一方的に無罪と訴えられて、ざこばさんはAさんをすくう会、鈴木邦男さんと一緒に行かれて、どうしてやっていないとは言わず、夫のBさんは保険金詐欺で有罪になり服役して、Aさんはカレー事件で2002年に地裁で死刑、2009年に最高裁で確定であり、再審の過程で、Aさんは長男に手紙を書いて、精神科医の名越さんは、外交的で、外に訴える力が強いと言われて、でないと詰めて小さい字であると指摘されて、遠く離れた下宿生と話すようなもの、名越さんは、98年当時、時代により犯罪に問われる人が変わり、酒のみ、借金などで専門家もやったと思う、勤続年数20年だとやっていない、容姿端麗だと罪に問われない、歴史により、罪に問われ方が異なり、しかしAさんは水をかける、エキセントリックであるが、それゆえ冷静に考えないといけないと言われて、デスクの石田さんも動機不明であると言われて、宇都宮まきさんも、理由がなくやっていないと言われて、石田さん、動機なし、Aさん以外に入れるものが本当になかったのか、Aさんについて、この証拠だけで有罪と言うのに疑問であり、たとえやっていても、この証拠だけでの極刑に疑問を呈されて、捜査段階はともかく、裁判では動機が明らかにされず、これが問題なのです。

MBS岡山美彦さんの、和歌山からの報告があり、岡山さん、今年初めの手紙だと、支援者からの差し入れに感謝があり、近々だとラジオで高校野球を聞く、長男が昨年Aさんと会ったら、歯が抜けて、治療してくれないというものであり、長男さんは、事件に触れず、気配りしているというのです。

Bさんは、数年前に脳出血で、車いす、大阪拘置所に行けず、Aさんの気持ちの浮き沈みがあり、離婚届けが送られたり、拘置所の近くに引っ越してくれとあったり、さみしいと、面会に来てほしいというもので、離婚を言うなどしているのです。

再審請求は認められるのか、ヤマヒロさん、違うなら誰かとも言われて、問題のヒ素は、現場の紙コップ、Aさんの家にあったものは同一と裁判で認定されて、弁護側は、紙コップのヒ素と、プラスチック容器のものと純度が異なり、また砒素は和歌山で他にも流通して、違うとして主張して、石田さん、目撃証言なしで、Aさんはスプリング8の鑑定で死刑にされたと言い、これをどうするか、なのです。

岡山さん、再審のポイント、鑑定を中井氏、河合氏と二つあり、検査機器の進歩ではなく、データのとり方を問題にして、世界最先端のスプリング8の鑑定を巡って、検察と弁護団が争い、再審請求のポイントは砒素の鑑定のみ、他にはAさんの髪の毛にあったヒ素との関係で、Aさんは詐欺を認めても、殺人は否認、カレーなどの試料の再鑑定を弁護側が求めて、これは実現していないもので、鍋のヒ素は微量で、岡山さんは2時半の段階で、再審のハードルは高い、弁護団もこれは認めていて、退けられたら、高裁に即時抗告→最高裁にもまたやるというものです。以上、ちちんぷいぷいの内容でした。

TBSラジオのデイ・キャッチ!でもこの件は取り上げられて、和歌山カレー事件の再審を棄却、弁護団は検察の鑑定に異を唱えられて、これについて近藤勝重さん、夕刊の編集長時代のことで、状況証拠しかなく、砒素の鑑定は、現場の紙コップと、Aさんの家のものと言っても、Aさんのものを現場に持って行った確証はなく、ヒ素を入れた動機もなく、状況証拠で有罪になっても、最高裁の確定した判決をひっくり返すのは大変で、弁護団も異議を唱えて、強啓さんも、Aさんが入れた証拠なしと指摘されて、近藤さん、入れるとなったらAさんしかないというもので、また検察の鑑定への疑問も呈されました。

 

デイ・キャッチ!で、北丸雄二さんが忖度を英訳不可能と言われて、近藤勝重さん、森友学園の件は、安倍一強体制でのものであり、事件になるのかは別としても、忖度が問題になり、自民、与党の中の忖度もあり、事件の納め方も忖度しないといけないと言われました。

また、デイ・キャッチ!で、高浜原発について、福井県内の市民団体が3,4号機の再稼働を止めるための文書を申し入れて、高裁の山下郁夫裁判長は事故の経験に基づいて、不合理ではない、基準地震動は過少ではない、事故時のメルトダウンはないというもので、近藤勝重さん、これは最高裁に特別抗告はできても、弁護士さんは最高裁への懸念があり、最高裁の原発へのお墨付きがあったら全国の脱原発運動に打撃で、しかし今回の判断は事故が起きないではなく、リスクの過小評価、近藤勝重さん、3・11の映像を観て、想像を絶する事故、原発はトイレのないマンション、核廃物は処理できず、それが原発事故は風化させられて、それでも3・11の映像を裁判官ももう一度見ろ、人間性から何を見て「利益優先の社会を見直したら裁判も変わる」と言われて、強啓さん、福島では6年前のまま、フレコンバックの山のまま、帰れない人がいるのにと言われて、近藤さん、アメリカの地裁にはトランプ大統領の件でもわかるように権威があり、それが日本だと上に行くと権力になびくと指摘されているのです。

また、核兵器禁止条約を日本政府は拒否したこと、近藤勝重さん、オバマ氏とともに白い鶴を置いてきた、日本の独自性をなぜ出さないのかと言われて、岸田外相は広島出身と言われました。以上、デイ・キャッチ!の内容でした。

 

 

 



「住友学園」疑惑の究明、共産党小池氏来る! by limitlesslife
知人友人の皆さんへ
     杉浦公昭
 「森友学園」疑惑の徹底究明! 緊急街頭演説!
 今注目の日本共産党書記局長の小池晃氏来る!
 4月1日(土)、午後5時30分、浦和駅東口
 「森友学園」への不透明で異常な安値での国有地払い下げ問題・・・
メディアも注目する日本共産党国会議員団が、独自の資料なども
示して追及。政治家の関与が明らかになりました。
 疑惑追及の先頭に立つ日本共産党の訴えを是非聞いて、
今後の国政選挙の参考にして下さい。
                  敬具。