地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします、たんぽぽ舎です。【TMM:No2655】

 永岡です、たんぽぽ舎の原発関係の情報をお送りいたします。
<以下、転送>
たんぽぽ舎です。【TMM:No2655】
2015年12月4日(金)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
転送歓迎
━━━━━━━
★1.”動く原発”ロナルド・レーガン(米原子力空母)事故想定
今後10年くらいは首都圏のノド元につきささったまま・・?
ひとたび事故が起きれば、原発よりも原子力空母の方がおそろしい
30㎞圏内 緊急避難エリアは横浜、東京、千葉も!
★2.高浜─関電本店200㎞、13日間のリレーデモを踏破
燎原の炎の如く反原発のうねりを!
延べ900人が歩いた、関電本社包囲集会(大阪)は1000名
木原 壯林(「高浜─関電本店リレーデモ」実行委員会/若狭の原発を考える会)
★3.脱原発情報マガジン『NO NUKES voice』Vol.6が完成し発売中
特集「脱原発と反戦・反安保~世代を超えて」
★4.新聞より
◆原子力機構 続く「不透明な契約」 関係企業・団体に222億円
本紙調査 全発注額の2割 昨年9月から1年間
(12月4日東京新聞1面より抜粋)
━━━━━━━
※12/7(月)、12/8(火)2つの学習会にご参加を!
◎12月7日(月)19:00より21:00  参加費:800円(学生400円)
「貧困、差別、原発再稼働、安保法案と闘うプレカリアートの戦士、雨宮処凛がゆく!」
お話:雨宮処凛さん (「週刊金曜日」編集委員、「反貧困ネットワーク」世話人)
◎12月8日(火)19:00より21:00  参加費:800円
第2回電力自由化問題連続講座「東電さん、さようなら講座」「電力改革と脱原発」
講師:熊本一規さん(明治学院大教授)
会場は、どちらも「スペースたんぽぽ」です
━━━━━━━

┏┓
┗■1.”動く原発”ロナルド・レーガン(米原子力空母)事故想定
|  今後10年くらいは首都圏のノド元につきささったまま・・?
|   ひとたび事故が起きれば、原発よりも原子力空母の方がおそろしい
|  30㎞圏内 緊急避難エリアは横浜、東京、千葉も!
└────

11月6日、東京・霞ヶ関の首相官邸裏手に位置する中央合同庁舎8号館。この一室で日本原子力研究開発
機構安全研究センター長の本間俊充氏らを中心とした、ある作業委員会が発足した。「原子力艦の原子力
災害対策マニュアル検証に係る作業委員会」。〝動く原発〟と呼ばれる、米海軍の原子力空母の事故を想
定したマニュアルの検証を課された組織だ。
今年10月、米海軍横須賀基地の原子力空母、ロナルド・レーガン(R・R)が、ジョージ・ワシントン
(G・W)と交代で配備された。R・Rは動力として加圧水型の原子炉2基を搭載しており、熱出力は合
計120万kWと推定されている。これは、福島第一原発1号機(138kW)と同レベルなのだ。元東芝の原子炉
格納容器設計者である後藤政志氏が話す。
○世界で横須賀だけ
「たしかに原子力空母のような艦船は、原発に比べて地震、津波の影響は少ない。しかし、艦船の原子
炉はコンパクトさが求められます。実はこれが原子炉の安全性確保の一番のネックになる。スペースが限
られるので、より高濃度の核燃料棒を使用する。そのため、核反応の制御が原発よりも難しいのです。さ
らに、原発では事故が起きたとき、格納容器で閉じ込めるのですが、当然この格納機能も原子力空母では
小さくなります。つまり、事故が発生した際のガードも脆弱。ひとたび事故が起きれば、原発よりも原子
力空母の方が恐ろしいのです」
これまで見て見ぬふりをされてきたが、リスクが極めて高い原発がJR横須賀駅から1㎞ちょっとの場所に
あるようなものなのだ。日本各地の原発は、曲がりなりにも政府による安全審査を受けている。しかし、
原子力空母は軍事機密であることを理由に安全性の評価に必要な情報公開が行われていない。事実上、
ノーチェック状態なのだ。横須賀市で原子力空母の配備に反対してきた、呉東正彦弁護士が話す。
「‘11年に、当時横須賀を母港としていたG・Wが、四国沖で放射性物質を放出している可能性があるこ
とがわかった。この件は、私がアメリカの情報公開法に基づいて請求した、G・Wの航海日誌を分析して明
らかになりました。日本政府もチェックできていないのです」
現在、米海軍は10隻の原子力空母を保有している。しかし、R・R以外の原子力空母の母港は米東海岸の
ノーフォーク海軍基地(バージニア州)をはじめ、カリフォルニア州やワシントン州などの、米国内でも
人口密度が低い地域にある。横須賀のような人口密集地帯の近くに停泊している例は、世界で類を見ない
のだ。
だが、原子力空母の事故を想定した満足な準備はされていない。‘11年の福島第一原発の事故を受け
て、原子力規制委員会は「原子力災害対策指針」をまとめ、原発事故の際の避難基準を厳格化した。避難
判断基準は、毎時5マイクロシーベルト。避難範囲は「半径5㎞圏内(予防的防護措置準備区域)はただち
に避難」「半径30㎞圏内(緊急時防護措置準備区域)の自治体は避難計画を策定」とした。しかし、原子
力艦の事故の際の避難基準を定めたマニュアルは依然ユルいままなのだ。避難判断基準は毎時100マイクロ
シーベルト。「半径1㎞圏内は避難」「半径3㎞圏内は屋内退避」と極めて楽観的だ。11月20日、ようやく
検証作業委員会が避難判断基準を原発並みの5毎時マイクロシーベルトへと厳格化しただけだ。
原発指針と同じように半径30㎞圏内を緊急時防護措置準備区域にした場合、370万人の人口を抱える横浜
や、川崎といった人口密集地帯に加え、千葉・木更津や東京・大田区の一部まで含まれる。しかし、これ
らの自治体による避難計画の策定は現時点では白紙状態だ。前出・呉東氏が話す。
「福島第一原発の事故では、50㎞近く離れた飯館村やさらに遠くの地域も避難区域になりました。横須
賀の原子力空母で事故が起きれば、風向き次第では首都圏一帯が放射能で汚染される可能性もある。実際
に防災体制が必要な地域は50㎞圏以上になるでしょう。避難範囲を、原発指針並みにすることは最低限の
対策です」
今後10年近く、R・Rは横須賀を母港にすると見られる。当分の間、動く原発は首都圏のノド元に突き刺
さったままになるのだ。      (出典 フライデー12月11日号)

┏┓
┗■2.高浜─関電本店200㎞、13日間のリレーデモを踏破
|  燎原の炎の如く反原発のうねりを!
|  延べ900人が歩いた、関電本社包囲集会(大阪)は1000名
└──── 木原 壯林(「高浜─関電本店リレーデモ」実行委員会/若狭の原発を考える会)

11月8日に高浜町を出発した「高浜─関電本店200㎞、13日間のリレーデモ」は、20日に関西電力本店
(大阪市北区中之島)に到着した(出発集会の様子は前号で報告)。
「原発銀座」と呼ばれる若狭から、滋賀-京都-大阪と、13日間をかけて、電力の大消費地である大阪市
まで200㎞を「再稼働反対」を訴えながら歩き通したのだ。リレーデモの呼びかけ人の1人であり、若狭の
原発を考える会の木原さんに、リレーデモを振り返っていただいた。(編集部)
原発の全廃を求めて行われた「高浜─関電本店200㎞、13日間のリレーデモ」と関電包囲大集会は、11月
20日、大きな成果と反響を残して終了しました。
このリレーデモには、295名の個人、59の団体のご賛同をいただきました。デモは、11月8日、100人で
高浜原発前を出発し、各々30人以上の参加で、高浜町、大飯町、小浜市、若狭町を経由して、滋賀県に入
りました。
滋賀県では、連日、50人以上のご参加の下、琵琶湖西岸の皆さんに原発反対を訴えました。時には雨の
中を、ひたすら歩き通しました。これも参加者の「原発再稼働を許さない!」との強い思いがあったから
こそです。大津から京都さらに大阪に向かうデモには、毎日150人近い方々が参加され、最終的には13日間
で延べ900人近くになりました。また、最終日(20日)の関電包囲集会には、約1000名の参加がありまし
た。
リレーデモが最終地点である関西電力本店に到着すると、関西電力に申し入れを行いました。関電は面
会の条件として、「人数は5人まで、写真撮影は禁止」という不当な制限を行ってきましたが、リレーデ
モでつないだ「高浜原発再稼働を許さない」の思いを申し入れしました。
再稼働容認の野瀬町長
リレーデモの間、沿道からは、手を振る方、手を合わせる方、こぶしを振り上げる方、カンパや差し入
れをくださる方など、予想だにしなかった大きなご声援がありました。

デモが通過した17の自治体には申入れを行いましたが、各々丁寧な対応をいただきました。特に高浜町で
は、町の担当者が約束時間の40分も前から庁舎前で出迎えてくださいました。高浜町議会や野瀬町長の態
度とは雲泥の差がありました。
1日の行程を歩き終えた後は、それぞれ交流会や集会を行い、各地リレーデモの組織担当者や地元の皆
さんと交流し、また「高浜原発再稼働反対」の思いを新たにしました。このリレーデモでは、若狭から大
阪までの地域で、点であった原発反対運動を、細いながらも線で結ぶことができた、と考えています。沿
道のご声援などを考え合わせれば、この線は、努力次第でどんどん太くすることができる!と予感しまし
た。
今後は、線を面に拡大し、燎原の炎の如く、反原発のうねりを拡大し、電力会社、財界、安倍政権を震
撼せしめ、彼らの原発への野望を根絶しなければなりません。
原発は人間が動かしているものですから、原発事故は地震や火山噴火などの自然災害とは異なります。
自然災害を止めることはできませんが、原発は人間の意志で止められます。

反原発の運動を大高揚させ裁判にも勝利すれば、必ず止められます。しかし、事故が起こったら遅すぎま
す。原発事故の終息が至難であることは、福島の大惨事が教えるところです。
12月1日から開かれる高浜町議会で、野瀬町長が高浜原発の再稼働容認を表明するといわれています。
町長の「司法と行政は別物」という、福井判決を蔑ろにする発言を、決して許すことはできません。
一方、私たちの闘いも一旦大爆発すれば、電力会社や政府がどんなに躍起になっても、抑え込むことは
できません。大闘争の爆発によって、原発再稼働の野望を打ち砕きましょう。原発全廃の闘いは、正義の
闘いです。現代と未来の人類と地球環境を守る闘いです。全原発の即時廃炉を闘い取りましょう。
(人民新聞1567号より)

┏┓
┗■3.脱原発情報マガジン『NO NUKES voice』Vol.6が完成し発売中
|  特集「脱原発と反戦・反安保~世代を超えて」
└────

『NO NUKES voice』 vol.6 発行:鹿砦社
A5判/168頁(巻頭カラー8頁+本文160頁) 定価:680円(本体630円+税)
《特集》脱原発と反戦・反安保-世代を超えて
菅直人さん(元内閣総理大臣)「いまこそ、私の話を聞いてほしい
なぜ、あの時、情報が正しく伝わらなかったのか?」
上野千鶴子さん(社会学者)「知っていたのに 何もしなかった私も共犯者だった」
鎌仲ひとみさん(映像作家)「映画と一緒に旅しながら民主主義のエクササイズ続ける」
Misao Redwolfさん(首都圏反原発連合)「再び脱原発のコールの爆発を!-今後の超党派市民運動の行
方」
奥田愛基さん(SEALDs)「デモするたびにパクられてたら俺、国会行ってないすよ」
学生ハンスト実行委員会「私たちは直接行動で状況を切り開こうとした」
報告:松岡利康(本紙発行人)
《各地の原発再稼働阻止活動情報》
《全国からのレポート》
再稼働阻止全国ネットワーク他

◇たんぽぽ舎でも扱います。1冊680円プラス送料100円郵便振込で先払いの上、メールで、たんぽぽ舎
あてに振込日時、発送先住所、ご氏名、電話番号をお知らせください。
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856
バックナンバーもあります。お問い合わせ下さい。
┏┓
┗■4.新聞より
└────

◆ 原子力機構 続く「不透明な契約」 関係企業・団体に222億円
本紙調査 全発注額の2割 昨年9月から1年間

OBらが経営する「ファミリー企業」への不透明な発注が問題視されてきた日本原子力研究開発機構
(茨城県東海村)が、今年9月末までの約1年間で少なくとも222億円の業務を、28のファミリー企業・団
体に発注していたことが本紙の調べで分かった。全発注額の二割近くを占める。あり方を見直すと表明し
た4年前の277億円からあまり改善されていない。機構運営費の大半は税金でまかなわれている。
本紙は、機構が公表している昨年九月から今年9月までの発注データを基に、機構自らが「関係法人」
と認定している36法人の受注状況を調べた。
その結果、計1189億円の発注のうち、222億4千万円が28の関係法人に流れていた。契約が複数年にまた
がり、集計した期間には計上されていない契約もあり、実際の金額はもっと多い可能性が高い。うち23法
人では、現在も機構OBが社長などを務めている。    (中略)
機構のファミリー企業問題をめぐっては、福島の原発事故前から「不透明な随意契約が多すぎる」など
の批判があった。          (中略)
自民党行政改革推進本部の秋本真利衆院議員は、警備業務などは競争入札が適切だとして、来年度予算
編成前に機構の発注のあり方を見直す方向で精査を進めている。
(12月4日東京新聞1面より抜粋)

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事故情報」
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載するため
日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字
以内でお送り下さい。件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)及
び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。
送付先は「 nonukes@tanpoposya.net 」です。
なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙面の
都合上すべてを掲載できない場合があります。
たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあります。
予めご了承ください。
──────────
◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「新着記事」を
ご参照下さい。
◆メールマガジンをお送りします
たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
発信しています。
ご希望の方は、件名を「メルマガ受信希望」としてご自身のEメールアド
レスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを送ってください。
違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの元と
なりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net
◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856
HP http://www.tanpoposya.net/

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close