文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ(2017/11/24) 青木理 安倍政権になり刑事司法は最悪、多様性が失われていく 金子勝 日本オール神戸製鋼化で破滅への地獄にこのままだとまっしぐら!

 

永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことのゴールデンラジオ、金曜日のレギュラーは慶応義塾大学の金子勝さんでした。パートナーは作家の室井佑月さんでした。

 

メインディッシュはジャーナリストの青木理さん、前髪サラサラと室井さん言われて、青木さん木嶋死刑囚に言われたということで、放送事故?室井さん、青木さんの出ているモーニングショー見て、なぜ相撲のことばかりやるのかと質問されて、青木さんなぜ?視聴率がいいらしいというもので、大竹さん、視聴率が落ちるまでやるというもので、青木さん、テレビタックルは一時共和国のことばかりというもので、大竹さん、ゴシップ消費として面白く、青木さん、キャラの立つゴシップは面白く、森友学園はワイドショーで視聴率が良く、籠池氏のキャラが立ち、加計学園はそうではなく、籠池氏は拘束中で、裁判が始まっておらず無罪推定、しかし安倍総理は犯罪者呼ばわり、籠池氏は逃亡も証拠隠滅もなく、しかし否認したら保釈されず、何か月も、年単位で拘束、人質司法が冤罪の温床、認めたら保釈だと、サラリーマンは首になり、自白に頼りつつあり、籠池氏はそのため拘束されて、室井さん、籠池夫妻の拘置所での境遇を問われて、青木さん、無罪推定、憲法の定める文化的な生活を拘置所で、エアコン、暖房を入れるべき、同じような、東京拘置所、窓はあっても高層ビルで外が見えないのはしんどく、無罪推定でこんなところに入れるのは問題、室井さん、潜水艦の乗員は特別手当が出ると指摘されて、青木さん、籠池氏は接見禁止が4か月、弁護士以外は会えないのはエゲツナイ、普通の神経なら自白して出ようとなり、差し入れもダメ、日本の刑事司法は前近代的、拘置所ならマシ、警察の中の施設だともっとひどく、拘置所での出来事を記録したらノートは証拠になり、そしてその記録を取らせてくれない場合もあり、刑事司法のデタラメは、推定無罪での扱いについてちゃんとすべきであり、大竹さん、心が折れて自白すると指摘されて、青木さん、男性は落ちる、女性は我慢つよく、これを変えるのは政治、警察、検察は政治家が怖く、しかし政治家が飴とムチ、前川氏のことを調べたら警察で出世できると室井さん指摘されて、森友学園の会計検査院のこと、室井さん、相撲のことは報じるなと言われて、青木さん、会計検査院の報告で政府は問題視されて、会計検査院は政府から独立している、無駄遣いのチェックの組織で、室井さん、加計学園で審議会により認可されたものの、大学設置審議会は青木さんも知り合いにいて、国家戦略特区で大学を作ると、大学としてのものを考えて、獣医学部の是非をチェックできないというもので、室井さん、加計学園をなぜ行政を歪めてまで、と問われて、青木さん、前川氏と話して、石破4条件をクリアしていないのに、総理の意向と言われて、室井さん、籠池夫妻の保釈をさせて正月を家で、と言われて、青木さん、弁護士のことで、戦後の歴代の法務大臣で総理になった人はいない→軽量級の人が法務大臣になる、法務大臣は地位は高いものの、検察に指揮権発動などしたら大変で、みんななりたがらない、逆に検察に捜査される、政治は脛に傷を持ち、それで人質司法は解決しない。

室井さん、詩織さんのレイプ事件、山口敬之氏の件について超党派で対応して、青木さん、重要だが、検察で不起訴となると一事不再理でも、国会、メディアで真相を追及すべきと指摘されて、室井さん、籠池夫妻、森友学園、加計学園について、一般の人はテレビのワイドショーだけだと情報に接しないと指摘されて、青木さん、一般の人はテレビしか見ない、ゴールデンラジオは良くやっていると言われて、大竹さん、トランプ大統領の来日で、日米関係について、青木さん、興味深いのは、トランプ大統領の韓国訪問に、反対のデモが起きて、韓国は歓迎ムード一色の日本と異なり、フィリピンでも反対デモ、中国とベトナムは社会主義で反対デモなし、つまり、日本以外の自由主義国ではトランプ大統領の訪問に反対デモ、韓国だと歓迎デモもあったが、ヨーロッパではトランプ氏を批判するデモはあり、韓国とフィリピンに多様性はあるものの、日本に多様性はなく、おかしいものをおかしいという空気がないor上げようとする声のエネルギーがない、室井さん、仕事でないと安倍政権に反対できない、ネットで青木さんネトウヨに叩かれていると指摘されて、青木さん、あるネットメディアで青木さん炎上にコメントを求められて、知らず、編集者から、知らないのは最強(笑)と言われて、そしてサンデー毎日の今週のトップ記事でスクープ記事を青木さん書かれて、日米同盟の暗部、自衛隊の情報機関の幹部が自衛隊のムチャクチャを実名+顔出しで告発されたことの意味で締めくくられました。

 

大竹紳士交遊録、今週の金子さんのお話、モリカケ問題はあるが、社会が底割れ、三菱マテリアルの子会社のデータねつ造、日産、神鋼と続いて、経営者は処分されず知らなかったで終わり、安倍政権になり、小保方晴子氏の件、三菱自動車、その他企業不祥事が当たり前になり、バブル崩壊後のデタラメが明らかになり、デタラメをしても許される空気、室井さん、マスコミは自分のところにこないと言われて、金子さん、デタラメを総理がしても許される、底が抜けて、誰も追及しないと、ものつくり現場の日本が誇るべき品質が崩壊、政治家、官僚につづいて、企業も崩壊、リーマンショック後、企業もごまかしをして、しかし飛行機、原発と安全性必須のもので、神戸製鋼がデタラメをして、日本の誇る品質、グローバル競争で株価をあげても、日本の本当の強さ、高品質の崩壊は日本そのものの崩壊、原発は世界最高の安全基準というのはうそ、日本は行き詰まり、一つ一つをあいまいに放置したら、社会そのものが崩壊、司法も立法府も破壊されて、暗澹たる気持ちになり、室井さん、権力の私物化について、一般の人たちがいつまでモリカケ問題をするというものを指摘されて、金子さん、一部の情報に踊らされて、籠池氏は推定無罪の崩壊、原理原則の崩壊で、日本の土台が崩壊して、学級崩壊でいじめを見逃したら崩壊するもので、藻谷浩介さん、日本が人知主義か法治主義の分岐点と指摘されて、しかし金子さんはもう独裁と指摘されて、室井さん、安倍総理がご指摘に当たらないというのは答えにならないと指摘されて、金子さん、メディアがおかしいことをおかしいと言わない、メディアが神戸製鋼化して、国会で安倍総理は誰一人モリカケ問題に関与していない=忘れることを前提として、文書がない→あった、前川氏の証言があっても安倍総理は認めず、会計検査院は鴻池氏の質問に安倍総理は守ると言うものの、デタラメ、佐川氏は国会に出ず、あんな堂々と嘘をついて、しかし当事者の佐川氏をちゃんと国会に呼ぶべき、ルールに基づいてやるべき、大竹さん、リーマンショックでトリクルダウンは起きず、アメリカで民主主義嫌との声が上がり、体制の中で、要領よく生き残るのが当たり前の社会と指摘されて、金子さん、そんな社会は崩壊する、室井さん、企業の内部留保をためるのは、今後企業の発展はないからと指摘されて、どうして本当のことを言わないか、オリンピック成功などウソだけと指摘されて、金子さん、政治家、企業のトップ、官僚も失敗を繰り返して、それを認めず、モリカケ問題を糺さないと日本は崩壊する、ゴミの問題も近畿航空局が認めたのに菅氏は否定して、資料は籠池氏経由の谷氏のファックス、口利きのファックス、池田氏の音声データがあり、籠池夫妻を出して、国会でちゃんとすべきで、室井さん、籠池氏は他人事でない、正月を自宅で過ごさせてあげたいと締めくくられました、以上、金子さんのお話でした。

 

 

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close