サンテレビニュースPORT(2018/1/9) 阪神・淡路大震災23年、震災で母を亡くした美容師の思い

 

永岡です、サンテレビのニュースPORT、阪神・淡路大震災23年企画、明石市(神戸の西となり、タコで有名)で美容師を営まれる矢野勇さん(56歳)、震災時に神戸市東灘区で母・英子さん(当時57歳)を亡くし、当時働いていた美容室の営業も出来ず、震災を忘れたくても忘れられない矢野さんの思いが伝えられました。

矢野さん、震災がなかったら明石に来ることはなかったと言われて、阪神・淡路大震災で母を亡くして、これから親孝行の時期になくされて、震災から23年でも、当時の地震のことを鮮明に覚えておられて、まさかの揺れ、地震で家が潰れるなど想像もつかず、阪神・淡路大震災では阪神高速道路が倒壊、6434人死亡、東灘区では1474人死亡、1万棟以上倒壊、矢野さんは2階建てアパートの2階にいて、奥様が妊娠中、上の子供を守るために必死、寝ているところに家具が倒れて、けがせずに済んだものの、そのアパートで4人死亡、両親と弟、母は救出できず、母は倒壊した建物の1階で亡くなり、どうやって生きていくのか、JR六甲道駅(神戸の東から2つ目、六甲山に登るバスの出るところ)近くの美容院は営業できず、95年8月に明石市に美容院をオープン、つらいことは忘れたいが忘れられず、これからの人には阪神・淡路大震災のことを無理して知ってほしいとも思わないが、災害の対策は必要と言われて、様々な方との出会いで前を向けて、震災の経験から前を歩くものであり、阪神・淡路大震災は、私は家族には犠牲者はなかったものの、西宮北口で叔母が亡くなり、神戸は全く変わってしまいました。17日にはサンテレビで当然特番があります、以上、ニュースPORTの内容でした。

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close