立憲・枝野氏「違憲の安保法制棚上げできない」 憲法審査会停滞批判に

立憲・枝野氏「違憲の安保法制棚上げできない」 憲法審査会停滞批判に

ボードを手に話す日本維新の会の松井一郎代表=東京都千代田区の日本記者クラブで2019年7月3日、藤井達也撮影

 日本維新の会の松井一郎代表は3日の党首討論会(日本記者クラブ主催)で、憲法改正議論について「憲法改正は国民投票という究極の民主主義で是非を問うもの。(国会の)憲法審査会は発議をする場所だ。議論するのは衆参両議員の仕事だ。それをやらないのは無責任極まりない」と述べ、憲法審査会の議論に応じていないとして、立憲民主党や共産党などを批判した。

討論会でボードを手に話す立憲民主党の枝野幸男代表=東京都千代田区の日本記者クラブで2019年7月3日、藤井達也撮影

 これに対し、立憲民主党の枝野幸男代表は「憲法違反の安保法制が存在している。違憲の状況を棚上げしといて、その条文を変えるということこそ、無責任だ」と反論した。

 

コメント: 基地提供だけで双務性完全と考えていないから違憲の安保法制を強行採決した:

関連記事

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close