ムンバイ市街を一人歩き実感「インドはすべてが過剰」

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

ムンバイ市街を一人歩き実感「インドはすべてが過剰」

藻谷浩介・地域エコノミスト

巨大都市ムンバイの中心にあるチャトラパティ・シバージー・ターミナス(CST)駅。ひっきりなしに通勤電車が発着する(写真は筆者撮影)

巨大都市ムンバイの中心にあるチャトラパティ・シバージー・ターミナス(CST)駅。ひっきりなしに通勤電車が発着する(写真は筆者撮影)

インド・ムンバイとゴア編(3)

 
 

どこに行っても人が群れているムンバイ。混雑する船でのエレファンタ島往復を終え、ホテルの部屋でしばし一人静かにビールをいただいた筆者。元気をチャージしてから、夕方のムンバイ都心を歩いてみる。

 
 

ムンバイはあか抜けた町

2019年12月上旬の日曜日午後4時過ぎ。ムンバイ中心街の南端近くにあるタージマハルホテルを出た筆者は、まずは北に3キロ弱にあるこの町の中心駅、チャトラパティ・シバージー・ターミナス(CST)駅まで歩くことにした。この区間は、市街を南北に縦貫するメトロ3号線を建設中だが、現状では軌道系交通機関はない。

路上で綱渡りの芸をする女の子
路上で綱渡りの芸をする女の子

ちなみにメトロ1号線は、北部のムンバイ国際空港の、さらに北を東西に走っている(メトロといっても地下鉄ではなく高架鉄道)。2号線は計画だけで未着手のようだ。南北方向には通勤鉄道が3線と、モノレールもあるが、いずれも走っているのはCST駅より北側だ。今歩いている市街地は、おそらくムンバイの最初のビジネス街と繁華街だが、軌道系交通機関の整備は後回しにされた感がある。

10年前に訪れたデリーに比べれば、ムンバイのこのあたりはずっとあか抜けた印象だ。今ではデリーもそうなのか、最新状況を見ないとわからないのだが、おそらく両都市には中国の政治都市・北京と経済都市・上海のような違いがあるだろう。デリーは古代にさかのぼる王都だが、ムンバイは16世紀に、マカオや長崎にやや先駆けてポルトガル人によって建設された町だ。17世紀からは英国領となり、西洋からの玄関口として発展した。

ムンバイを南北に縦貫するメトロ3号線の工事現場
ムンバイを南北に縦貫するメトロ3号線の工事現場

そのような歴史からか、道行く人にも今風の人が多いし、街並みにも建物にも、インド独特の宗教色があまり感じられない。デリーでも、あるいはムンバイ沖のエレファンタ島でも、犬や牛がたくさんいたのだが、ムンバイのこのあたりではあまり見かけないことにも気づいた。

大道芸をしていた少女に思う

と思って歩いていると、歩道に細い綱を張って、綱渡りの芸をしている小さな女の子がいた。下から険しい顔で見上げているのは母親だろうか。傍らにはもっと幼い弟もうずくまっている。しかし、こうした芸人は珍しくないのか、それとも母親があまりに怖い表情をしていて近寄りがたいからか、人だかりはなく、投げ銭も稼げていないようだ。

ビクトリア朝様式がインド風になったチャトラパティ・シバージー・ターミナス(CST)駅舎は世界遺産
ビクトリア朝様式がインド風になったチャトラパティ・シバージー・ターミナス(CST)駅舎は世界遺産

少女が、このような芸をしなくてもいいような社会にインドが向かっているのであれば、やがてこうした光景も見られなくなる。日本で、子どもが演じる獅子舞の大道芸でお金をもらう「角兵衛獅子(かくべえじし)」や、その他の門付けの芸人が消えて行ったのと同じプロセスが、やがてこの国でも進むのか。ゆっくりかもしれないが進むとすれば、この町はその先端を走るはずで、彼女がさらに自分の子どもを仕込む時代は来ないかもしれない。

ムンバイ都心の南北に広がる公園で物を売る人たち
ムンバイ都心の南北に広がる公園で物を売る人たち

CST駅は、ビクトリア朝の巨大伽藍(がらん)にインド風の装飾がゴテゴテとついたような、いわゆる“奇想建築”だった。あまりの奇想ぶりか、世界遺産にもなっている。ここから北に向かう通勤鉄道・中央鉄道の起点で、通路を挟んで両側に3席ずつある恐ろしく幅の広い電車が、頻繁に発着している。改札はなく、切符売り場もよくわからないのだが、まさに南北に長いムンバイを支える基幹インフラといえるだろう。

日曜日なのでさほどのラッシュにはなっていないが、それでも多くの人が行き交っていた。女性はサリーではなく洋装の人が多く、日本発で東アジアや東南アジアでは当たり前になった漫画による案内広告もある。インドがムンバイを先頭に急速に現代化しつつあることを実感した。

インドの鉄道は広軌。ムンバイの通勤列車は車両の幅も広い
インドの鉄道は広軌。ムンバイの通勤列車は車両の幅も広い

夕日を望む海岸には大勢の人

駅を出た筆者は、西に向きを変えることにした。ムンバイの都心には、南北方向に細長く緑地があり、まるでニューヨークのセントラルパークのようになっている。そこを横切って歩くと、はげかけた芝生の上に多くの市民が憩っていた。そこかしこにゴミが放置されているのは、これまたインドらしい。ここを再び歩いた時にゴミが見違えるように減っている、というような日は来るだろうか。

関連記事

<ムンバイ「エレファンタ島観光」で感じた濃厚なインド>

<インド最大都市「ムンバイ」豪華ホテルを選んだワケ>

杉原千畝がいた「リトアニア」中世は大国だった片りん

ビリニュス「バルト3国で最も耽美的」な首都の誘惑

リガで知る「百万本のバラ」に込めたラトビア人の魂

ラトビア首都リガ「バルト海の真珠」に隠された歴史

欧州「エストニア」なぜかアジア系言語の国のバス旅

インドにも漫画での案内が登場し始めた。顔と服装は東アジア風だが……
インドにも漫画での案内が登場し始めた。顔と服装は東アジア風だが……

それにしても、これまで飲食店をほとんど見かけないことに気がついた。服を売る屋台はあるが、食べ物の屋台はない。庶民は食事をどうしているのだろうかと思いながら公園の西端まで来ると、一角が食堂と屋台の集積する通りになっていて、突然に東南アジアと同じ空気が流れている。その先には中央鉄道と並ぶムンバイの基幹インフラである西部鉄道がある。起点のチャーチゲート駅はCST駅よりもやや小ぶりで、同じように幅が広い電車が並んでいた。

さらに西に向かうと、バック湾に面した海岸沿いのプロムナードに行き着く。高層ビル群を背景に、海に沈み始めた夕日を眺めに来たのだろう。この日見た中でも最大の数の人たちが、思い思いに座っていた。

たそがれのバック湾沿いに多くの人が集まる
たそがれのバック湾沿いに多くの人が集まる

南北5キロほどの海岸沿いがこのように埋まっている感じなので、総勢では何万人もの人になるだろう。しかし規制されているのか物売りの姿はなく、皆ただただおしゃべりかスマホいじりに興じている。

1日歩いて浮かんだフレーズは……

夕日の美しさ以上に人の数に圧倒された後、東の方向へ、ホテルへと戻る。すっかり暗くなった街路の一角にこうこうと蛍光灯がともり、その下にある石造の机に向かい本とノートを広げる数十人の若者の姿があった。富豪が地域貢献として作った、無料の勉強スペースだという。パソコン用の電源などはないが、明かりがつくだけで、暗い自宅では勉強できない層の若者にとってはたいへんな恩恵というわけだ。彼らにはどのような未来が待っているのか。

街頭にある無料の勉強場所。電灯がついていることが貧しい若者を助けている
街頭にある無料の勉強場所。電灯がついていることが貧しい若者を助けている

1日歩いて脳裏に浮かんできたフレーズは「中国はすべてにおいて過大(Massive)、インドはすべてにおいて過剰(Overwhelming)」というものだった。CST駅の外観もインドの人々の“濃さ”もすべてにおいてそうだ。

駅で買った唐揚げやサモサをさかなに、部屋の冷蔵庫にあったワインを飲みながら、過剰からようやく逃れて静かな一人の時間を楽しんだ。とはいえカレー味のスパイスの使われ方が過剰で、舌がだんだんとしびれてきたのではあるが。(続く)

◇    ◇

この連載は、余計な予習は無用、ぶっつけ本番の「世界のまちかど見聞記」である。「世界中の国に行きたい」という子供時代の夢を捨てきれない中年男が、可能な限り多くの世界の街にほんの短時間でも降り立ってひたすら歩く。世界の片隅に身を置いてこそ見える現実をリポートする。

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」は毎週月曜日の更新です>

藻谷浩介著「世界まちかど地政学--90カ国弾丸旅行記」(毎日新聞出版)定価1210円
藻谷浩介著「世界まちかど地政学--90カ国弾丸旅行記」(毎日新聞出版)定価1210円

世界まちかど地政学」好評発売中

藻谷浩介さんの連載が本になりました。連載にさらに加筆して、現代人の知識として欠かせない世界の「地政学」をより深く考えます。毎日新聞出版から好評発売中です。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close