東日本大震災10年:地方に迷惑を押し付けて東京のみ繁栄が破綻、日韓関係を良くしてアジアの発展につなげるべき、飯舘村の豊かな自然を奪った原子力マフィアを許さない&日米首脳会談

J-WAVE JAM THE WORLD(2021/3/9) 青木理&姜尚中 東日本大震災10年を語る、地方に迷惑を押し付けて東京のみの繁栄が破綻、日韓関係を良くしてアジアの発展につなげるべき、飯舘村の豊かな自然を奪った原子力マフィアを許さない&前嶋和弘 日米首脳会談を語る

 永岡です、J-WAVEのJAMTHE WORLD、グローバーさんのナビゲート、火曜日のニューススーパーバイザーはラジオジャーナリズム界の首位打者、ジャーナリストの青木理さんでした…テレビでは東日本大震災、福島原発事件((c)浅野健一さん)10年をやっているものの、完全にアリバイ作り、特に原発事件では原子力マフィア、東京電力の責任を追及するものは皆無、要するに毎年8月15日の一億総ざんげ、昭和天皇の戦争責任をマスメディアが問わないのと同じ、テレビでは原子力マフィアは皇族並みです!そして、日刊ゲンダイによると松井市長で大阪のコロナ対策は破綻(https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/286199 )、神戸で変異株が発見されるのは検査しっかりしているため(もし神戸のみ問題なら神戸新聞とサンテレビが警告します)、神戸も問題だらけの町だけど、維新を見たら、私は大阪市民でなくて胸をなでおろしていますといいたくなります!

 

 菅総理とバイデン大統領がアメリカで首脳会談?(電話会談ではない)というネタ、上智大学の前嶋和弘さんが解説されました。日米政府で菅総理の訪米を計画、バイデン大統領と最初に面会する首脳となるのかについて、アメリカ現代政治のスペシャリストの前嶋さん、このネタの出どころはアメリカのネットサイトで、別のサイトから独立したもので多くの人が見ているが裏は取れておらず、加藤氏も断定せず、しかし開催の方向。早いと4月だが、アメリカもコロナで大変、アメリカの死者は52万人!日本は8300人、しかしアメリカは感染防止よりワクチンをいかに早く行きわたらせるか、すでに2割は1回打ち、バイデン政権は全ての成人に5月まで=日本の方がワクチンが遅れているのは世界が問題視。グローバーさんも、ワクチンはアメリカや日本の関係するものとロシアのものの対立があり、国際社会は東西に分かれていると説かれて、前嶋さんその通り、中国はワクチン外交=従うとワクチンをやるもので、世界での普及は遅れている。日米会談は実現したらバイデン大統領が最初に会うのは菅総理になり、バイデン大統領は電話会談して、親密な関係を印象付けたい、ケネディ元大使がいて、菅氏のことをバイデン氏に言い、それで実際に会ってとなったが、どちらも人間つくり、ネットワークを広げるので似たタイプ。

 議題は何か、日米同盟が最初、国務長官が中国を意識して、いかにして中国とうまくやるか、安全保障、貿易が議題+バイデン政権なのでトランプ政権と異なり環境問題も出て、DPRK問題は、バイデン政権はイランの次に課題となる。今後の注目ポイントは、オリンピックについて具体的な話が出るか、バイデン氏は科学的根拠を問うものの、日米会談でオリンピックの可否は決まると説かれました。

 

 青木さんの気になったニュース、明後日東日本大震災、福島原発事件10年、被災地から聞いている人もあると説かれて、この番組は様々な被災地を取り上げて、ニューススーパーバイザーも取材、これだけ巨大な災害を一人で取材するのは困難だが、様々なジャーナリストが取材、飯舘村、青木さんは定点取材、原発事件前は自然が豊か、農家では野菜は買わなくても畑にたくさんあり、裏山では山菜・きのこもたくさんあり、山椒、キウイフルーツなどあり、近くの小川にはワサビもあり、水がきれい、農家はスーパーで買うのは肉のみ、が飯舘村にはスーパーはなくコンビニのみだが、それほど豊かな自然を原発事件が奪い、移染したら土地はダメになり、高齢者は食べても子孫には食べさせられない、孫にはスーパーで買った野菜を与えていて、今帰還したのは1500人、6000人の1/4+高齢者のみ、飯舘村はなくなると村民は語り、青木さんも今後も飯舘村の取材を続けると説かれました。

 

 UPCLOSE、東日本大震災10年、政治学者の姜尚中さんとの対話がありました。お二人はサンデーモーニングで同席するものの電波メディアでの対談は初めてとのことです。世界情勢も話してみたいと青木さん説かれました。

 姜さん、J-WAVEのナビゲーターもされて、姜さんは熊本出身、震災で軽井沢に来られて、東日本大震災は千葉、茨城が報じられず、東日本複合震災、原発が抜けている+千葉県、茨城が触れられず、加藤周一さんと接点があり、追分におられたことでそこと接点。青木さんはこの10年を振り返り、東日本複合災害、津波の被災地も復興せず、原発事故は始末のめども立たない、戦後史としての位置付けを問われて、姜さん、戦後史にない大災害で地域により視点は異なり、3つ変化があり、(1)原発事故矮小化+復興五輪=社会的なローラーの開発を国がやり、(2)他方もう国はだめとの視点があり、地域を拠点に日本を分散化、国家のGDPの物差しではなく、参加型地域主義も芽生えた、(3)しかし風化、忘却があり、コロナで東日本大震災どころでない、その中で(1)と(3)が大きくなった。

 青木さん、東日本大震災の2年前に日本戦後初の政権交代があり、民主党政権で震災、そして安倍政権8年、支持者もいるが、(1)のオリンピック、アンダーコントロールと風化を進めたもの、対局の地域分散を問われて、姜さん、ミクロだと動きはあり、姜さんもラジオで定点観測して、東京と異なる動きはあるがまたせ微弱、日本という国は問題が起きたらコンクリート詰めにする、水俣もそう、東日本大震災、原発事件をなかったことにしたい権力、しかしデブリは処置なし、汚染水タンクは満杯、作業員多数で、一番やばい仕事の人に取材できず、彼らがどう来て、多重下請けの実態は庶民には伝わらず。青木さん、GDPではなく、地域のもので考えるべきは地域、福島、新潟に東電の原発を押し付けたものを見直すべきなのにならないのは政治の責任と説かれて、姜さん、原発は国策民営化、電力の鬼の仕事、国が原子力マフィアを化け物にして、コングロマリットが事故で露になり、失われた20年、いや30年、他国はGDP増加なのに、日本は過去の栄光にすがる(日本凄い)幻想、この30年に本の生産性は落ちて、購買力は韓国より日本は下、一人当たりGDPも下、重厚長大の産業優先、地方に原発など迷惑施設を押し付けて東京が一人勝ち、このままだと日本はさらに縮む。

 重厚長大産業に固執して日本が閉塞+地球環境問題があり、青木さんは熊本の豪雨災害もあり、毎年どこかで大災害はその矛盾の発露と問われて、姜さん、150年の明治維新以来、太平洋戦争の前も関東大震災など大災害もあったが、東京一極集中ではさらに脆弱になり、一極集中こそ弱く、健康な国土発展も政府は言わず、角栄氏も日本列島改造でも均衡あるものを目指したのに、今は東京がよければいい、典型はリニア新幹線、リニアで結ぶ=関西も東京の郊外になるのみ、人口の半分でGDPの2/3という分断国家は破綻する、これは全世界的なものだが、日本はかつて中産階級が強く一億総中流が格差社会。

 青木さん、アメリカのトランプ氏、ヨーロッパの極右、日本も失われた30年の反動の極右化があり、向かう方向に不安を感じられて、姜さん、アメリカではリベラルの破綻がトランプ氏を生み出し、ドイツは理想といえないものの、社会民主主義はコアにあり、緑の政党もある。ドイツはナチスを克服して民主主義はあり、社会に統合力はあるが、ドイツ以外は当地のコスト増に耐えられず、生かす人、切り捨てる人、コアな支持基盤と分断による統治コストカットが安倍政権、全体の1/4~1/3で政権は運営できる。青木さん、最近の選挙は投票率が低く、自民は2割のみで勝つ、選挙制度のため、姜さんも青木さんも反日と言われるが、姜さん、自民には竹下登氏らまともな保守がいたのに、都市部のみ発展、東京のみよければいいの政権で日本が分断。

 青木さん、アメリカでリベラルが破綻してトランプ政権になり、しかしバイデン政権になりアメリカは正気を取り戻すかと問われて、姜さん、対外的な問題点、ブッシュ親子の湾岸戦争、アフガン戦争もあったが、アメリカの戦争は民主党がして、ニクソン大統領がベトナム和平をして、こういう海外派兵を民主党はして、シリア空爆、10万殺されてそれでも戦争、ドイツではアフガン戦争は失敗と位置付けられて、バイデン政権が同様の戦争をしないか危惧する。

 青木さん、他方、中国の成長と覇権主義があり、今後米中の覇権争いになり、中国は人権弾圧をやっていて今後は暗いと説かれて、姜さん、日本は地政学的に中国に近く、内需が多くても中国に経済は依存して、アメリカと対中関係は100%同調できず、つまり日本は中国に対して独自のものが要り、福田康夫氏の時に全方位外交を語り、日米同盟があっても、日本は主導権なし、しかしアメリカの金魚の糞追いでは行き詰る。

 青木さん、アメリカの金魚の糞はダメで、他方朝鮮半島、韓国と、日本は中国より関係悪化であると説かれて、姜さん、青木さんはソウル特派員で、日本の国民感情は韓国には負けたくない、韓国は格下として、慰安婦合意のことも、文政権はミスリード、安倍氏は2015年の慰安婦合意は最大の屈辱、外交は矛を収めて、人道支援で韓国はやるべき+日本もこれで終わりにせず、互いに知恵を絞りやるべき、日本は中規模国家、日本+韓国で1.7億+双方のGDPを足すと大きく、日韓の連携は今こそ必要。青木さん、コロナで首脳外交は世界的に止まり、日本は菅政権になり、韓国も来年大統領選挙だと説かれて、姜さん、バイデン政権は日米韓の関係修復、国務長官を日本に派遣することになり、しかし韓国は対中国の姿勢は日米と異なり、日本も経済ではアメリカと共同歩調をとって東アジア版のNATOはできず、対中国で様々な模索を日韓でやってアメリカを動かすべき。アメリカは責任分担しないとならないほど相対化されて、日韓の位置は大きいと締めくくられました。素晴らしい対談でした、以上、青木さん、姜さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close