オミクロン: 日本政府に独自対策なく、他国頼り、小さい政府では勝てない、日本の医療の良さ生きていず、検査・隔離徹底でやらないと日本破綻!

文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2021/1/24) 倉持仁 コロナ・オミクロン対策を語る、日本政府に独自の対策はなく、他国に頼るのみ、小さい政府ではコロナに勝てない、日本の医療の良さがコロナで生きておらず、検査・隔離を徹底してちゃんとやらないと日本破綻を警告する

永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、本日のメインディッシュは医師の倉持仁さんでした。パートナーは阿佐ヶ谷姉妹さん、アシスタントは砂山圭太郎さんでした。要点のみ書きおこします。

報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さん、ブログで岸田政権では接種も検査もできず、立憲のふがいなさ、維新の暴走をブログで批判されています、https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12722996629.html

倉持さんのお話は1月19日に事前に収録されたもの、テーマはコロナ・オミクロン株のこと、2年コロナとの闘いに関り、倉持さんの病院、年が明けて急速に感染者200人程度、外来も駐車場100台もパンク、医療機関のキャパ越え、かぜの症状と、接触者が主で陽性率は2,3割だが、第5波までとは異なる。オミクロンは肺炎を起こしても軽度だが、インフルより厳しく、17の入院のところは5程度でこちらは余裕はあり、デルタのように死にそうでも入院できないではないが、大変。

保健所に連絡して病状管理だが、若い人も歩けないなどは入院でも、保健所で観察しても数が多すぎて、大変、軽く済むようにと神頼み。治療薬は、検査して翌日には結果がわかり、誰に処方するか保健所が決めて、倉持さんのところに3人分あるが、最多40人分必要、その場合点滴で対応、モヌルピラビルは足りず、保健所で管理、検査など、倉持さんのところに情報が来ず処方できない。

デルタの第5波まで、宇都宮市だと入院して保健所で管理だが、50万都市で毎日100人患者で、感染爆発に対処できず、倉持さん、目の前の患者さんで手いっぱい、子供たち、高齢者の処置はできず、ここで感染だと高齢者は大変。大竹さん、病院は大変だと理解されて、自治体のこと、妊婦さんが大変だと説かれて、国は何をしているかと怒られて、倉持さん、子供たちへのワクチンは、オミクロンだと3度接種しないと間に合わず、今は高齢者の3回目を優先すべき。大竹さん、3度目の接種は自衛隊の対応でどうかと問われて、倉持さん、遅い、2年間コロナに対するデータの集積を怠り、8カ月間隔のワクチンは外国の例で、日本での治験がなく、1週間前のデータをどうするか決まっておらず、短期的には入国禁止、ワクチン推進はやっても、長期的な、空港に隔離施設をどうするか、検査・隔離体制が破綻して、それを2年何もせず、今からでも改善すべき。在日米軍が穴、沖縄に犠牲を押し付けて、コロナはたくさんの問題点を見せて、政府はそれらにちゃんと対応せず、このままだと永遠に解決しない。

大竹さん、マンボウの効果はあるのか、今だしても遅いかと、国の姿勢を問われて、倉持さん、過去の経験から他に手がなくやっているのみ、ちゃんと補償して自粛してもらう、そしてオミクロンの対策を現状に合わせてすべきなのに、していない。大竹さん、国は経済と両立というが、学校などちゃんとしていないと説かれて、倉持さん、自治体、学校に丸投げ、小さい政府のやり方ではダメ、国がリーダーシップをとるべき。

そして、後遺症があり、オミクロンでも感染しても無症状で出るかについて、倉持さん、まだ治験が少ないが、第5波まで自覚症状の有無で判断してしまい、しかし肺の検査をしたら、肺炎なしでも呼吸器障害もあり、自覚なし、それを倉持さん対処して、ガンの場合、自覚症状なしでOKでないのと同じ、自治体、国は症状で重症・軽症とわけて前者のみやる短絡的、しかし日本の医療の良さがコロナ対策で生かされていない。

倉持さんは、国、県に対して、PCR検査は個人任せではなく、自治体でやり、インフルだと5日休むコンセンサスがあるが、コロナでは小さい子を持った母親が陽性だと今では困り、そんなことではダメ、オミクロンは誰がかかっても不思議ではなく、その対策を国、自治体はすべき。大竹さんは、国に注文すべきかと説かれて、倉持さん、検査、検疫、隔離の体制、熱効率のいい換気扇、高性能な衝立などあり、ポスト・コロナで、国がリーダーシップ、開発費用を出し、ワクチンを日本でちゃんとしてやる責任体制が必要、選挙目当てはダメ。

2類から5類というものは、今5類にしたら経済的に困窮する人もあり、感染しても仕事に行かざるを得ない人もあり、2類、5類を合わせてコロナ対策のものを作るべき。インフルはこの2年皆さんの努力で皆無になり、居住環境、社会制度を整えて、治療薬、ワクチン整備をして、5類はそこから、今は2類でやるべき。

砂山さん、オミクロン対策で個人に出来るとこを問われて、倉持さん、友人との会食、旅行はやめて、体調の悪い段階、37度4日ではなく、早く医療機関に行くと命は大丈夫、体調が悪いと、医療機関に家族、友達を繋ぐべきと説かれて、大竹さん、倉持さんにお大事に、と締めくくられました、以上、倉持さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close