安倍醜態と統一協会、五輪汚職など欲望下品クズ政治、野党、メディア機能してアホ退場させ国葬、辺野古など中止させよ‼

ジャム・ザ・ワールド-UP CLOSE(2022/9/13) 青木理&松尾貴史 アホのことをアホという立場から、安倍氏の醜態と統一協会、五輪汚職などを切る、芸人が政治社会の奴隷の絶望を超えて、サーモスタットの機能しない日本社会、欲望に忠実な下品なクズが跋扈する政治のクズぶり、野党、メディアが機能してアホに対してアホといいアホは退場させて辺野古を中止させるべきことを語る

 永岡です、アマゾンミュージック配信のジャム・ザ・ワールド-UP CLOSE、火曜日の担当はラジオジャーナリズム界の首位打者、ジャーナリストの青木理さんでした(https://music.amazon.co.jp/podcasts/8b57f1db-5114-443e-8ff9-eb4f6c35dc41/episodes/cda601db-7113-4ea4-83d5-3933698cd244/jam-the-world—up-close-2022-09-13-%E9%9D%92%E6%9C%A8%E7%90%86%E3%80%8C%E6%9D%BE%E5%B0%BE%E8%B2%B4%E5%8F%B2%E3%80%8D )。

今日の神戸新聞の社説は、沖縄県知事選、政府は辺野古やめろのことです、https://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/202209/0015634942.shtml 大竹まことゴールデンラジオでは武田砂鉄さんで、子会社の野球チームが裏天王山の新聞は辺野古進めろと書いている模様ですが、そんなことだから原監督の首が飛ぶのです(笑)。砂鉄さんも読売や産経のデタラメを批判されていました。そしてデニーさんや翁長さんが知事になったら中国が攻めてくるとわめいていたネトウヨの皆さん、どうして攻めてこないのか説明してください、考えたら夜も寝られません(笑)。

そして、安倍氏の大喪礼、元国会議員にも招待状とのこと、だから武道館でなく、ホテルニューオータニでサントリーのただ酒飲み放題にしたらよかったのに、ウワバミが殺到するぞ(笑)。その上日程が国連総会とバッティング、まさにチキさんの言われた勘定の悪い忘年会の幹事です。私は値切りの名人、こんなアホなことはしないぞ(笑)。

例により脱線しましたが、UP CLOSEのゲストは俳優・タレント・コラムニストの松尾貴史さん、青木さん呼びたかったゲスト、毎日新聞にコラム書かれて、政治に関して積極的に発言される数少ないタレントさん、政治風刺、安倍氏暗殺と大喪礼、統一協会、五輪汚職など斬り捨て、私も楽しみに書き起こししました。

松尾さんは、ちょっと違和感は青木さんもファン、世相風刺、政治を風刺される芸能人、松尾さんは日常的に伝わることに感想を書いているのみ、2012年に連載開始して10年、最初はテレビの話に難癖などして、2012年にエライ人が違和感だらけのことを開始、政治に怒り、そういう志向になった。青木さん、芸能人にもたくさんのタイプがあるが、政治家に辛辣にすべきものが本質なのに、正反対のネトウヨの跋扈を説かれて、松尾さん、お抱え芸人、豊臣秀吉のもの、秀吉の権力で茶化すものを許されたものもいて、お座敷遊びのお旦那に毒気で面白おかしくやるものがあり、ヨーロッパの王様の宮廷道化師もいて、歌舞伎役者、芸人は世相風刺して、庶民のうっ憤、お上風刺で受けたはずが「芸人」は意味が深く、能狂言、相撲取り、歌舞伎役者、そして野球選手も芸人になり、「エライ」人におかしいというべき、懐疑的にあるべき。外国が正しいのではないが、ゼレンスキー氏もそのタイプ、アメリカだと選挙にアホな候補を批判、が日本だと政治家のやることに異を唱えたら叩かれて、しかしこんなアホなことにどうしてなったか、日本の芸人は所属事務所にいて「置き屋」、芸人は逆らったら干される。しかしアメリカだと俳優でもマドンナさん、レディ・ガガさんは自分でエージェントを雇い、タレントが自分のやり方で行けて、しかし日本だと大きい事務所に寄らば大樹、経営母体に迷惑だとアカンと忖度で、政治に言えないと松尾さんの意見。

青木さん、アメリカの芸能人、お笑い芸人は政治風刺をやり、日本も過去それはあったが3・11以降特にない、政権批判だと干されるのは芸能事務所の力が多すぎると説かれて、松尾さん、御用コメンテイター、スシロー氏がいて、太田光氏らそれに続いて、テレビでこんなアホなことになったのはここ10年。青木さん、地上波テレビで言えないもので貴重と説かれて、そして最近のネタ、松尾さん気になったものを問われて、松尾さんは大喪礼を是が非でもやるとしてしまい、矛盾、屁理屈を糊塗してやり抜くケチ田総理、自分で自分の梯子を外した(笑)+エリザベス女王の訃報、ケチ田氏、祈る思いで賭け。青木さんも、ケチ田氏、後悔だと説かれて、松尾さん、未確認情報で麻生氏の横やりも聞いたが、ケチ田氏、自分の足場固め、そして安倍政権の時から閣議決定、アベ教の信者たちも離れて、一番稚拙な閣議決定。

青木さんはアベ教と言われたのに賛同、暗殺は容認できないが、統一協会への恨みがあの事件、もちろんそれで暗殺は容認できないが、しかしアベ教信者が原因の統一協会にダンマリ、火の粉の来ないように、を見て唖然。松尾さん、下村氏、山谷氏、萩生田氏は統一協会のために権力を持てたのに知らんぷり、調査もせずデタラメアンケート、秘書もいるのにデタラメ、これで調査のふりは国民もおかしいと思い、数字にも出て、これだけの犯罪組織と自民は蜜月、自民は嵐の過ぎ去るのを待つ、愛知の議員もそうで、タダのアホ。

青木さん、安倍氏は国を守ると抜かして、知っていたか知らずか、「反日」組織に頼ったのはおかしい、教団を追及ならともかく、知らんぷりはデタラメと、自分の保身のみと怒られて、松尾さん、自分はかわいいとしても、政治家になるのは、公共のためは当たり前、その覚悟なしで選良になった=情報弱者、国民はそんなアホにリードしてもらえない、政治家失格。知らなかった=自分は無能と言ったのと同じ。青木さん、進も地獄、引くも地獄のアホで嵐の消えるのを待つのはアホと説かれました。

そして、東京五輪、慎太郎氏の老人性ノスタルジー+安倍氏、猪瀬氏の悪乗り、松尾さんは五輪、万博で成功は昭和で終わり、IT技術も進み、地域のお祭りは文化財だが、五輪は世界でやる意味はなし、電通が儲けて政治家にこびへつらうもの、ぼったくり男爵の横やり、今後アテネでやったらいい。青木さんも金食い虫イベントのアホさを説かれて、松尾さん、何千億使ってスタジアム、旧国立競技場をレジェンドでしたらいいし、甲子園で高校野球のようにアテネで毎回やったらいいのに、土建に湯水、負の遺産を積み重ねて、ダーティーな金、ロス五輪から商業主義というが、もともと政治的なアホさの塊。原点に戻り、冬季はモンブラン、夏はアテネで4年ごとにしたら放送時間もOK(笑)。

青木さん、利権など招致段階から、東京のために賄賂、疑惑は状況証拠もあると松尾さん説かれて、田中康夫さんが長野知事にになり、長野五輪の帳簿焼却、しかしそれでアホさを田中さんも暴けず、五輪は、クーベルタン男爵のいうような理想も昔は会ったが、今はアホの塊。青木さん、東京五輪はコロナ禍で1年延期、安倍氏の最後の花道、一度決めたから引けないとアホと説かれて、松尾さん、国は所帯も大きく、権限を持つリーダーはフレキシブルになるべきがなれないのは日本の弱点、それで後進国丸出しのアホとして、五輪はあった。

青木さん、太平洋戦争も早く降伏していたら空襲、沖縄戦、原爆投下なしと同じ、そして森氏、谷口真由美さんバッシングで女性蔑視で、開会式の連中のレイシズム、日本の自画像が世界に発信されたと説かれて、松尾さん、日本のアホのシンボル、本来は運動会なのに、利権をむさぼるものの万能感の極致、証拠隠滅の極み、東京五輪、一度失敗して慎太郎氏言いだして、学生たちが五輪したいというのを松尾さんは聞いて、しかしなぜやりたいかちゃんと説明できず、ある政治家からの勧めでの官製サークルでアホ。日本は財政もこんな浪費はできないのに、国家破綻のシンボル、そして大阪に万博、何をかいわんや。青木さん、60年代への老人性ノスタルジー、松尾さんは70年万博参加してよかったが、その後のアホなイベントを見て70年で日本は終わった、後のものは利権のため、大阪・関西万博はアホの塊でついていけない。

青木さん、松尾さんの、間違いを糺すことのできない政治の柔軟性欠如は、アメリカがすべていいのではないが、トランプ氏を否定して右旋回を何とかしたかと説かれて、松尾さん、サーモスタット、加熱を止めるものがアメリカでは機能して、しかし日本は言い出したら終わり、そして東京五輪、関西万博をしたい連中は下品!青木さん、その「下品」の意味を問われて、松尾さん、欲望に忠実にクズ(笑)、64年、70年は日本も戦後復興の地元愛は主観であったと思い、万博もそうであり、小松左京さんたちは必死にやり成功が、今は金目当てのクズばかり。

青木さん、五輪汚職がそれを暴露したと説かれて、森氏も結局賄賂をもらっていたのみと説かれて、松尾さん、森氏のような下品な人はいなかった(笑)、舌禍の常習犯がやり、ジェンダー差別もするもの、単なる下品な口利きではない、庶民のためと詐称して、本当に下品、下地とクズ、青木さん、麻生氏のクズぶりを見事に示したと説かれて、松尾さん、慎太郎氏も弟の七光りにあったのみ。

松尾さん、戯曲を練習、コメディ名作を再演、有楽町のよみうりホールでプレビュー公演、さらに浜松町でやり、高田果歩さん、戸田恵子さんら松尾さんと5人のみであるが、濃密な会話劇、はだしで散歩、兵庫、大阪、神奈川でもやり、青木さんも楽しみ。こんなネタ、地上波ではできないが、まじめに楽しく世相を斬りたいと青木さん、松尾さん説かれました。

青木さん、久しぶりに松尾さんと話して楽しめて、さすが才人、サーモスタット、社会、政治に加熱したら止めるものがない日本社会への警告、サーモスタットは野党、メディアがやるべきが・・・と締めくくられました。

文化放送ラジオの西川文野 おいでよクリエイティ部にも青木さん出られて、統一協会問題、自民の自己申告だとダメ、第3者機関の調査が必要、さらに、ケチ田政権の支持率低下、青木さん、ケチ田氏後手後手、たいものれい、統一協会でパー、政権維持に黄色信号、国政選挙なしの黄金の3年ではなく、政局だと説かれて、ケチ田氏は考えても反転の要素なし、国葬は閉会中審査に納得できずこの始末、国会で審議なし+エリザベス女王の国葬+大喪礼は国連総会とバッティング=弔問外交破綻、国民は大喪礼はアカンと考えて、ケチ田政権、落ちるのみ、青木さんは国葬をやめて内閣・自民党葬儀にすべき、軌道修正、案内状もデタラメ、しかし国葬中止の決断はすべきだが、やらないと嘲笑されました。

さらに、青木さんの言っておきたいこと、予想通り沖縄県知事選、一昨日辺野古反対のオール沖縄支持のデニーさん圧勝、佐喜真氏に6万差をつけて圧勝、今度の選挙の特徴を歴史的背景も見て、オール沖縄は翁長さんが2014年に作られて、翁長さんは自民の人でも辺野古NOで一致して反対、翁長さん亡くなられて2018年にデニーさん当選、佐喜真氏は2018年に辺野古をあいまいにして負けて、直後に安倍政権は辺野古に土砂投入、菅氏は知事選が辺野古は争点ではないと嘯き、そして2019年に県民投票をして7割辺野古NO=2014~2022と沖縄は辺野古NO、そして佐喜真氏は辺野古OKで惨敗、ウチナーンチュは民意は示されて、「問われているのはヤマトンチュの意志」、ヤマトンチュが自民党に投票するのかと青木さん警告。今も辺野古は埋め立てされて、止める様子なし、しかし軟弱地盤があり、今埋め立てられたのは1割程度に過ぎず、軟弱地盤は海面90mの広大なもの、そんな埋め立ては技術的に無理、完成のめどなし+予算は防衛省試算で1兆円、沖縄の試算で数兆円、ヤマトンチュはこんなあほ自民に投票するのか、そしてヤマトンチュの税金浪費+完成に十数年、問われているのはウチナーンチュではなく、ヤマトンチュが自民党を下野させないと民主主義、法治国家破綻、そもそも辺野古新基地(海兵隊のため)はダメ、沖縄はNOなら、日本政府はアメリカにあきまへんというべき、それがヤマトンチュに問われている、政府にヤマトンチュはアメリカにあきまへんと言えと迫るべきと強調されました。いや、松尾さんとのやり取りも書き起こし本当に楽しかったです、これも拡散しください、以上、青木さん、松尾さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close