原水協マーシャル島民支援代表団:テレビ報道が一部ご覧いただけます

皆さま
日本原水協は、2014年2月25日から3月9日まで、ビキニ被災60年マーシャル島民支援代表団を派遣しました。
代表団には、第五福竜丸元乗組員の大石又七さん、放射線測定を行なう科学者や被爆者医療に携わってきた医師、平和活動家などが参加して、現地で精力的に活動しました。島民に対する医療相談や、60年を経た被ばく者の聞き取り、島民の健康相談、ロンゲラップ島での放射線測定などを行いました。
大石又七さんは、マーシャル政府が主催するビキニデー式典に参加して、自らの被ばく体験を語り、被ばく者への正義と補償、核兵器廃絶をよびかけました。
以下、同行取材したマスメディアによる報道の一部分です。是非ご覧下さい。
日本原水協
=============================================
Japan Council against A & H Bombs (GENSUIKYO)
2-4-4 Yushima, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8464 JAPAN
phone: +81-3-5842-6034
fax: +81-3-5842-6033
Email: antiatom@topaz.plala.or.jp
URL: http://www.antiatom.org/
=============================================

Categories 核廃絶

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close