集団安保とは、、、侵略国を叩く措置、、、同じ武力行使でも「守る」ことを目的とする集団的自衛権とはまるで次元が違う

〈むしろこの機会にとにかく自衛隊を海外へ外交のツールとして展開させたいという、
外務官僚の宿願が安保法制を推し進めるようになってきた。これは大変危険な事態です
。もちろん集団的自衛権の問題ではあるのですが、集団安全保障のほうに官僚たちの宿
願があるわけで、積極的平和主義という名のもとにそれをやろうとしている〉

山崎さんの言う外務官僚とは即ち条約局マフィアのことだろう。ちなみに集団安保とは
、国連決議に基づいて侵略国を叩く措置だ。同じ武力行使でも「守る」ことを目的とす
る集団的自衛権とはまるで次元が違う。

安保法制、デモ隊も見逃した「陰の主役」?外務省条約局マフィアの狙いと画策

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45350

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close