朝日放送おはようコール 二木啓考が北朝鮮のロケット発射通告と清原容疑者逮捕、南米ジカ熱感染を語る

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝はジャーナリストの二木啓考さんのお話でした。

今朝の朝刊一面トップは、朝日はシャープ再建、読売は北朝鮮ロケット発射、毎日も北朝鮮のロケット発射、産経は防衛省がこれを迎撃、日経は大病院の治療実績公表です。

 

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)がロケットを発射すると通告し、経路は2012年の時と似ていて、これは衛星の発射と言うものの、日本ではミサイルと見られており、2/816日に発射、なぜロケット発射かは、二木さん、核実験とロケット発射はセット、アメリカへの示威行為であり、核弾頭を小型化してロケットに載せるものであり、国際会議期間中に打ち上げる、ゴルフのパースに似ており、横方向より縦の方向が実験は難しく、地球の自転に逆らうもので、核とロケット技術を持ちたい金正恩氏の意向があると言われました

 

中南米で拡大しているジカ熱、性交渉でも感染するという報告で、ウィルスを持った蚊による感染から、アメリカで性交渉による二次感染が確認されて、ジカ熱の症状は軽いものの、妊婦では小頭症の子供が生まれる危険性があり、日本でも厚労省がチェック個所を100カ所に増やして対応するというのです。予防は、ワクチンも治療法もなく、まだまだ分からず、小頭症は、生まれつきの障害で、しかしジカ熱との関連も確認されていません。ブラジルではカーニバル(100万集まる)、オリンピックもあります。

これについて二木さん、ジカ熱はほとんど何もわかっておらず、解明されていないことが問題で、1947年にウガンダで発見されて、風土病が、交通手段の普及で様々な地域的なウィルスがあり、ここ10年で広がる感染症があり、デング熱も同じ、症状も自覚のものがなく、なぜワクチンがないかは、ワクチンの開発には莫大なお金が要り大きな流行にならないと開発されず、ブラジルで小頭症が4000件出てWHOも不安し、アメリカでは人の間での流行があり、日本にも来る可能性はあり、世界にはまだまだこういう感染症があると言われました。

 

元プロ野球選手の清原容疑者逮捕、87年に覚醒剤打たずにホームラン打とうと言うポスターを作って29年、所持だけでなく使用も認めており、警視庁は携帯を解析して覚醒剤の入手ルートを探っており、注射器を使うのは重度の常習犯で、芸能人用のチーム特命班(ASKA被告もここが捜査)、2014年に週刊文春が清原容疑者の疑惑を報じてから2年内定を続けており、関西でも逮捕に残念との声がありました。清原容疑者は5年前から暴力団から入手した模様です。

これについて二木さん、組織犯罪対策5課がやり、ここは精鋭部隊、前身は暴力団対応の4課から離れて、薬物と銃器をやる部署であり、捜査班は家宅令状を持って入り、これは空振りは許されず、裁判所に家宅捜索の許可を得るので失敗すると二度と出してもらえず、しかし覚醒剤は4日で体外に出てしまい、3日のチャンスを狙い踏み込んで、捜査は完璧で、特命班はこういうことをやり、捜査班は清原容疑者が誰(売人)から買い、売人はもう判明しており、売人がどこから得たか、「清原容疑者を突破口に暴力団を潰すのが目的」で、覚せい剤の逮捕11000件/年のうち6000件が暴力団関係で、今後、自供と携帯の解析が問題と言われました。

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close